vintagesurfboards

フィンボックス

2017-01-20-16-00-54
これまた今日は、レアなボードの登場ですね〜。

2017-01-20-16-01-33
Gordon&Smith時代のスキップさんのハルシェイプ8'0"と、


2017-01-20-16-01-39
先日初乗りした、Sunset Surfboardsのナメクジ君。

2017-01-20-16-03-01
本日は、この2本のフィンシステムに触れてみましょう。

2017-01-20-16-03-22
先ずは、スキップ。
このフィンは、プラッチック製。
60年代後期にフィンが取り外せる画期的なシステムが、
世の中に出回る事になったのですが、当時のフィンの多くは、
プラッチック製。グラスフィンもありましたが、やはりここは時代性。
成型により大量生産できるブラッチックモノは、コストも安く上がるので
重宝されたのでしょう。

2017-01-20-16-03-15
このプラッチックフィンは、ボックスに入れ
ボルトで固定するというシステム。
これがまた、割れちゃうんですよ〜。

だから、このボードに関しては、ほとんど、取り外しはしません。
割れたら、代わりが無いですから。

2017-01-20-16-05-31
このフィン、フレックスが凄いんです。
GL Flexなんて比じゃありません。
ブニャンブニャンとまではいきませんが、
指で簡単にひん曲がるぐらい柔らかいフィンなのです。


2017-01-20-16-03-55
続いて、ナメクジ君。
当時、ボックスのツインフィンってのは、結構、普通にありました。
でも、現代のフィンボックスのようなスタイルのものが中心で、
この手は、かなり、目面しいですね。

2017-01-20-16-04-11
このボックスは、フィンを前にスライドさせて引っこ抜くという構造。

2017-01-20-16-04-29
こんな風に、先の方がデカくなってて
抜けないような構造になってます。

2017-01-20-16-04-37
ボックスは、前後に5段階で位置調整が可能。

このボードを発掘した時、どやって外すんだか、
ジョシュのファクトリーで皆んなで悩みました。

サーフボードの進化と共に、フィンシステムも大きく進化してるんですね〜。
一瞬で無くなっちゃったフィンシステムも沢山ありましたからね。

今日は、昨日よりもっと良いサーフィンがしたいという、
今も変わらぬサーファーの想いがそうさせたのでしょう。


2017-01-20-16-06-15
それにしても、両方とも凄いボトムだわ〜。


本日もガッツリお願いいたします!
にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村



プラッチック、違和感感じなかったら
正真正銘のオッサンです。
ホーリー梶川




SUNSET SURFBOARDS

sunset1
1960年代にスタートしたSUNSET SURFBOARDS。


sunset2
エド・ライト、ビル・シュロスビー等、
多くのレジェンドシェイパー達を排出したブランドです。

このボードは、昨年の秋にカリフォルニアで見つけ手に入れたもの。
その後、日本に持ち帰りフルレストアに出していたのが、
ようやく、昨晩、無事完成し手元に帰ってきました。

sunset3


sunset4
まず、アウトラインからして普通じゃありませんね。

でも、この手のアウトラインを持つツインフィンは、
70年代に多くのシェイパーがシェイプしていたのです。

他にも過去に色々と見た事がありますが、マーク・アンドレイニ氏も
70年代頭にこんなツインをシェイプしていました。

それにしてもレアなフィンボックスとフィンのセット。
ビシッと使える状態で発見できたのは、奇跡に近いのではないでしょうか。

フィンポジションを好みで変えられるシステムになっているのですが、
正直、どこにセットしてもコントロール出来なさそうな薫りが漂ってますね〜笑

sunset5
私は、このボードをナメクジって呼んでます。
如何でしょうか?
ナメクジでしょ?

sunset6
ノーズロッカーだけ妙に強くて、

sunset7
ボトムはペッタンコ。
フィン廻りはVeeになってますね〜。

そんで、レイルがヤバイ。

見た事もない強烈ダウンレイル。

そう、ノーズからテイルまで強烈に入ってます。

sunset8
そんで、センター厚は?

ビビりました。

4インチです・・・。


因みにこのボードのディメンション。

5'10"×19 1/2×4

凄まじい数字ですね。

こんなに細いのにこの厚さ。
間違いなく暴れん坊でしょう。


せっかくレストアしたナメクジ君。

近々、試乗レポートさせていただきます!



本日のカワイイお婆ちゃん

image

分かりますか?どういう事か。

ドアの向こうから覗いてんすよ。
目がこっち向いてるでしょ〜。

リビングで私が何か食べてないか
向こうからチェックしてんですよ〜。

放っておいたら、ず〜っと、このまんま。

すごい執着心ですよ〜。




今日もヨロピク〜
にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村



ホーリー梶川




70's Liddle

09105
あらら、一気にサイズダウンです〜。

本日の湘南方面は、台風17号からのウネリが入らず、
セット腹前後のプアーコンディション。

昨晩は、明日、板、何持って行こうかな〜?
なんて、色んな事を考えながら期待してたんですけどね。


09102
朝一の波情報で、腰腹って出てたので、持って行ったボードは
こちらただ一本。
Liddleの73〜4年シェイプのビンテージ物。

アメリカで手に入れ、日本でフルレストアしたまま
まだ、一度も乗っていなかった私のお宝。

09103

09104
長さは7’4”。
アウトライン、ロッカーは、今のシェイプとほぼ同じ感じですが、
レイルの落とし具合が違うんです。
今のシェイプの様なピンチレイルではなく、
少し、大人し気味のソフトボキシーレイルで、ノーズのコンベックスっぷりも、
少し控えめ。
フィンボックスの位置も、今のものより後ろにセットされています。

09106


09107

まあ、こんなコンディションですから、
かっ飛びビンビンってのは味わえませんでしたが、
やはりハルですね。テイクオフ後、ボトムに降りていく時のスピード感が
まるで違います。
ギュ〜ン!!って、スゴイ加速感でした。

プアーコンディションって言っても、時折、形の良い波もあったのですが、
そんな時は、アップスが最高でした。
※ハルのアップスは、通常のボードのレイルの入れ方と違い、
波に入れる側のレイル付近のボトムを使ってアップスをします。


やっぱ、ハル最高です!!

最近では、ハルに乗っているサーファーの数が
めっきり減ったような気がしますが、私的には、
今後も引き続き、ハルを積極的に展開していきたいと考えております。

ハルに乗ってしっかりとコントロール出来る様になった後に
普通のレイルのボードに乗ると、レイルワークが一気に上達した事を
すぐに感じますよ。

これ、マジですから。

09101

信じるか、信じないかは、あなた次第・・・。


でも、確実に言えるのは、ハル最高!!



ポチるかポチらないかもあなた次第。
いやいや、こちらは、どうか宜しくお願い板します!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ポチらないと、マイケル・ピーターソンがマジギレしますよ。

ホーリー梶川





Skip Frye Pintail

04202
先日、カリフォルニアでゲットした、ビンテージのスキップ・フライ。
80年代前半のシェイプと見受けられるこのPintailが、
本日、フルレストアから戻って来ました。
かなり年期の入ったボードでしたが、見た目の雰囲気はそのまま残し、
傷ついたところや浸水しそうなところを数十箇所リペアしてもらいました。

04201
これは、サイズのある波では、最高に気持ちが良さそうですね〜。
もしかしたら、早速、明日いい感じでサイズアップしたら、
出番が回ってくるかも知れません。

04203
このボードの40年近い歴史の中で、
何人のサーファーがこのボードに乗って来たのでしょうか。
このボードに、さぞかし色んな思い出が詰まっている事でしょう…。

私も、その仲間入りが出来ると思うと、何だか、ワクワクして来ますね〜。



ポチ、随時、募集中で〜す!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川





Liddle

11191
これ、私のLiddleコレクション。

Burrito DX 5'7"(一番左)。
これ、かなりのレアボード。現在は、5’7”はシェイプしてくれないんです。

PG 5'8"(その右)。
最近、ちょこちょこ乗ってるボードで、結構、楽しませてもらってます。

M3P 6'8"(真ん中)。
シェイプのバランスが気に入り、先日入荷した際に、キープしてしまいました。

Point Breaker 7'1"(右から2番目)。
先日、デッキにガラスクロスを追加したボード。重さが楽しみです。

Point Breaker 7'9"(一番右)。
先日手に入れた、95年のデッドストック。ロゴが今のと違ってレアでしたので
取り敢えずキープ。
(その内、売りに出すかも。)

そして、床に置いているのは、70年代初期にシェイプされたビンテージ。


何故、こんなにLiddleばかり集めているのでしょうか?

答え)
Liddle氏がお爺ちゃんだから。
イカンイカン。それは失礼です。
結局のところ、やっぱり、好きだからですね。
あの、乗り味とスピードを知ってしまうと、離れる事が出来ません。

でも、正直なところ、実際、年齢からして
何時シェイプをやめてしまうか解りませんからね。

ハルは、サーフボードとして、最終的な完成形とは言えないかも知れません。
でも、あの強烈なスピードは、絶対に他のボードでは味わう事が出来ません。
絶対ですよ。絶対。

サーフィンをしていて、あの信じられない程のスピードを感じた時の気持ちの良さは、
とにかく、病み付きになりますからね〜。

11192

11193
70年代初期には、サーフボードのスピードの限界を、
既にシェイパー達は知っていたのです。
最近のコンケーブにより加速させる考えではなく、
とにかく、水への抵抗を一番小さくするボトムデザイン。
それが、”ハルボトム”なのです。
水を逃がしてやって、とにかく、抵抗を少なくする考え方です。

(現代のボードは、バランスが最高です。スピードは、ハルに敵いませんが・・・。)

11194
ほら、これ見て下さい。
スキップ・フライ氏の60年代後半のシェイプ。
G&Sのシェイパーを務めていた時のものですね。

このボード、Liddleのビンテージと良く似てるんですよ〜。
アウトラインからボトムデザイン、そして、レイルの感じまで。

今となっては、”ハルスタビー”と呼ばれ、特殊なジャンルとされるぼーどですが、
当時のシングルフィンのスタンダードだったんですね〜。


・・・・・・。


今日は、何が言いたいんだ?

って事になりました。

はい。

今日は、Liddleをたくさん持ってって、凄いだろ!
ってな話。

でした。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川



Revolver Maps
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
人気BLOGランキング
人気ブログランキングへ
SURFSIZE
サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中
ブログ村 サーフィン
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
ブログ村 マリンスポーツ