08264
本日も湘南方面へ。
それにしても、風の強い朝でした。そして、体感温度がめちゃくちゃ低い。
今朝、出かける時は、ジーンズにT-Shirts。それに、パーカーを羽織って行きましたよ。
実際、気温は何度だったか確認しておりませんが、T-Shirtsでは、ちょっと、厳しい感じでしたね。

ウエットも、シーガルを着用しましたが、自分的にはギリギリって感じ。
タッパーだけのサーファーもいましたが、皆、ガタガタ震えちゃってましたね。

08265

08266
波の方は、セットオーバーヘッドのワイドなブレイクが中心。
偶に来る、切れたショルダーの波に乗れば、多少走れるレベル。
今日は、流れがすごく、最高のパドルトレーニングになりましたが、
肝心な波乗り自体は、パッとしない感じ。

風が強いから、テイクオフは、目を瞑って、ただ、ひたすらに突っ込むだけ。
開けてなんかいられません。物凄い水しぶきですから。

08261
そして本日は、Travis Reynolds Fresh Juice 6'6'に乗ってみました。
ここまで、デカくなるとは思っていなかったので、
ボリュームのあるこのボードを持って行ってしまったのですが、
まあ、せっかく、試乗しようと持って行ったボードですからね。

このボードは、ロッカーが弱くボリュームもバッチリ。
なので、今日の様にオフショアが強くても、結構、頑張ってボードは
ボトムに向かい降りてくれました。

乗り味は、実に素直。

これぞ、シングルフィン!って感じで、大きくゆったりと
ターンをするサーフィンに向いたボードです。

実は、風と寒さが気になり、2ラウンド目は強いオフショアを避ける
ポイントに移動。

予想通り、そのポイントは風もが弱く、メローないい波がブレイクしていました。
そうですね、波のサイズは、セット胸ぐらいだったでしょうか。
アウトでブレイクしたショルダーは、インサイドまでショルダーを張り続けながら
走って行ける素晴らしい波でした。

やはり、テイクオフは、相当早いですね。
ターンも力を抜いてゆっくりと踏み込んであげれば、
グーンと気持ちよく伸びてくれます。
ボトムのテイル付近がVeeになっている事もあり、
レイルの切り返しも早く、動きに関してもストレスを感じる事はありません。

そう、このボードは、テイルエリアのエッジがビンビンなんです。
だから、踏み込んだ時、キレてる感をしっかりと感じますよ。

08262
引き続き、いろんな波に乗りレポートを続けたいと思います。
このボードが気になっていた方は、次回の試乗をたのしみにしててくださいね。





にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川