shapesandhulls

Shapes and Hulls Flex Fin Fish 5'6"

image
昨日のフォトセッション。
実は、このボードに乗ってるところを一番見せたかった。
(ウエットは、忘れたくなかった・・・。)

というのも、どうも、皆さん、このボードを理解していない様だから・・・。

いや、理解しないままで売れなくたって、正直、それでも良いんです。
もっと、売りやすいボードだけを沢山仕入れちゃえば良いだけなんですから。

でも、実は、私が大好きでオススメしたい!っていう気持ちがあるのに
皆さんに伝わってなかったら、そんなに勿体無い事って無いじゃないですか!
(うん、ウエットも勿体無い・・・。)

そんで、今回、藤本氏にお願いしたって言う訳なんです。

昨日の波は、セット胸肩。

実際のところ、かなりのトロワイドで、
波のトップだけがブレイクする感じ。
だから、思いっきり深いボトムターンをぶっかます
ってのは、結構、至難の技。

でもね。

こいつは、やってくれましたよ。

あのライディングは、忘れられ無いな〜。

まあまあ、写真を見ていきましょう!


HEBA1
題名、オッさんサーファーの波待ち。

HEBA2
はい、それでは、スタート!!

HEBA3
やはり、波がトロいです。
走り過ぎない様に、ショルダーの奥に戻ってますね。

でも、このボードはワイズが22インチもあります。
なので、普通のフィッシュに比べたら、パワーの無い
セクションでのコントロールは、圧倒的に楽。

HEBA4
カットバックで深いポジションから再スタート!!

HEBA5
でも、やっぱ、戻らないといけない様ですね。

もっと細いボードに乗ってたら、この辺りでズブズブって、
レイルが波に入り過ぎて失速。そして、ボッチャ〜ン!!
よく見る光景ですよね。

HEBA6
これだって、大して掘れてませんよ。
それでも、アップス&ダウンでガンガン前に進んで行けちゃいます。

こんな波では、R/P Stubbie Quadでは、まともに走らないでしょうね。
サーフボードも適材適所っちゅうか、波に合わせたボードで遊ばないと
楽しいはずが楽しくなくなるってもの。

波のパワーが無くてトロい

波のサイズが無い

海が混雑している

こんな時は、このフィッシュなんかドンピシャ!!
間違いありません!!


HEBA7
出ました!!
このボトムターンは、良いじゃないですか。

しっかりと覚えてますよ〜。

テイクオフしてすぐは、波がメチャトロい。
そんで、一気にワイドにブレイクしてくる。

だから、テイクオフ後は、ストレートにボトムに降り、
こいつの武器である、フィンのフレックスによる爆発的な
ターンの伸びに期待したライン取りを取りました。

しかし、我ながら、この写真いい感じだな〜。
いや〜、最高に良い感じ。カッコイイよ。カッコイイ。

HEBA8
シークエンスで行きますよ!

さっきの写真からこの辺りまでは、思いっきりレイルをぶち込み、
フィンに力を思いっきり溜め込んでる感じ。

幅があるボードのターンに見えないでしょ?

そうなんです。それが、このフィッシュのスゴいところ。
パワーのあるセクションでも、思いっきり踏み込めるフィッシュなんです。

HEBA10
このショットだけ見たら、ちょっと、ダサい感があるけど、まあまあ。

ここは、思いっきりフィンが反発してぶっ飛んでるところですね。
波をよく見てくださいね。先まで、かなり、掘れ上がってますから。
普通なら、先に抜けていかないと捕まっちゃうよ〜。そんな感じ。

HEBA11
もう、ここでは、スピードマックス状態!
本当に速かったです。

この時の加速感が、乗ってて他のボードとの違いを
一番感じる瞬間。
ボトムから伸び上がる時のスピードが
まるで違うんですよ。

HEBA12
イケ〜!!オッさん、ガンバレ〜!!
(うんうん。ボクは大丈夫。どうせ、オッさんなんだから・・・)

HEBA13
Yeeewww!!!

HEBA14
オッさん、軽く飛んでんぞ!!

ミスんな!!

HEBA15
オッケー!任せろぅ!!
今日は、撮ってもらってんだ。意地でも立ってみせるぜ〜。

HEBA16
どうですか!?

この、トップでの流れ・・・。

これも、実は、幅があってフレックスフィンを持つ
このボードの優位性が現れています。

ボトムターンで加速するという事は、波のリップとコンタクトする際、
スゴいスピードで向かって行くという事ですよね。

そんで、そのまま、波のリップにコンタクト!

幅のあるこのボードは、ボトムで受ける波のリップの水の量が多い。
っちゅう事は、パッチーン!!って、勢い良くボードが返ってきます。
そして、安定しているのです。


どうなんでしょうね〜。

皆さんには、このブログがどう写ったでしょうか?
私が伝えたい事は、全てお伝えしたつもり。

本当にFlex Fin Fishは素晴らしいボード!
小波から頭ぐらいまでをメインに考えるなら、
正直、このボードは特別です!!



次回は、WILDERNESSの'71 George Greenough Original Edge Board。

こいつも、中々、良いのが撮れてましたよ!!



HEBA17
ご期待ください!!



今日は、ポチボタン、
強めに押してもらいたいです!!
にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川






今日もフレックスフィンで伸び伸びです。

2017-11-23-12-23-18
本日は、平塚某ポイントへ。

2017-11-23-12-24-17


2017-11-23-12-24-32


image
波の方は、セット頭前後。
ドシッとパワーのある良いブレイクでした。

2017-11-23-10-20-24
本日、登場したのはコチラ。
Shapes and Hullsのフレックスフィンフィッシュ5’7”。

2017-11-23-10-20-39
R/P Stubbie Quadが腹胸ぐらいからオーバーヘッドの波に適しているのに対し、
このボードは、腰から頭ぐらいまでの波で最高のパフォーマンスを発揮。

今日のサイズでも、全然、テイルを踏み込む事は可能で、
ボードの幅がある分、加速性能も抜群。

なんせ、テイクオフが圧倒的に早い印象ですね。
R/P Stubbie Quadと比較しても、そりゃ、フィッシュテイルで
このワイズですから、早いに決まっています。

頭以上のセットにも何本も乗りましたが、今回、私が乗っているこのボードは、
少し、薄めにシェイプされている事もあり、実にコントローラブル。
カチコチの波のフェイスをガッチリとレイルが食いつき、深いボトムターンから
トップターンまで、ミスもなく安定してこなす事ができました。

まあまあ、言葉では、何とでも言えますよね。

分かっています。

近い内、このフレックスフィンを装備したフィッシュボードの素晴らしさを、
ちゃんと、岸から撮ってもらって皆さんにお見せしたいと思います。

GoProもご期待ください!


ここまで執着する意味。

いつか、絶対にご理解いただけると信じております。



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





微妙な波で撃沈

image
今朝は寒かったですね〜。

でも、澄んだ朝焼けは、本当に綺麗でした。

Busのヒーターじゃ寒く無いかって?

私のBusは、純正のヒートエクスチェンジャーだけで
真冬もボッカポカ。

タイプ4エンジンは、ヒーターの風を効率良く車内に送り込む様、
ヒートエクスチェンジャーの温風をファンで効率良く車内に送り込んでくれるので、
アイドリング時だってポッカポカ。

純正のヒートエクスチェンジャーが付いてるのに
暖かくないって思われている方は、多分、ヒーターホース類とか
ちゃんと、見直した方がいいですよ。
しっかりハマって無いとか、そんな事もありますからね。

あとは、ラバー類の交換ですね。
微妙な隙間風だけで、車内の温度はまるで変わってきますから。

はい、話を戻しましょう。

2017-11-21-11-11-44
朝イチ、先日の野池をサクッとチェックし、
潔くボウズマンとなった私は、こんな格好で波チェック。

サーファーの格好じゃないですね笑。

2017-11-21-11-14-39


2017-11-21-11-16-15
今日は、これを乗って最高のレポートをする為に
海に来た様なもの。

先日、Shapes and Hullsが入荷した時、
ものの1時間で、R/P Stubbie Quadが完売。

大変、嬉しい話ではありましたが、どうも、皆さん、
フィッシュに対してご理解されていない様で・・・。
と言うか、完全に情報操作にやられてる的な・・・。
(冗談です。そこまででは無いですね。)

まあ、私のブログのこれまでの流れでこういう結果となったのでしょうが、
ちょっと、勘違いされちゃったかなというような思いがあり、フィッシュの良さを
今後、徹底的にお伝えしようと考えている次第であります。

2017-11-21-11-37-32


2017-11-21-11-37-44


2017-11-21-12-54-16
そんで、肝心の波の方は、セット胸のダランチョ。

1枚目の写真の波なんか、めちゃくちゃ良さそうに見えますが、
実際は、スーパーダランチョ。

5'7"のフィッシュだと、まともに走る様な波ではありません。
ロングや長めのミッドレングスで、ギリ、インサイドまで
繋げられる感じ。

いや〜、残念でしたわ〜。

ダランチョウエーブ。
乗ったら、直ぐにスブスブンチョでしたから。

このボードの本当の良さを、皆さんに早く知っていただきたいですからね〜。

取り敢えず、1時間ぐらい粘って乗りましたが、
この波じゃ、なんのこっちゃ全く分からん感じ。
フィンもフレックスするほどの波じゃ無いし、
ボードは走ん無いし、カットバックしたって、
フェイスがフニャンチョ過ぎて、失速しまくるし。

誠に残念ではありましたが、本日のレポートは中止。

2017-11-21-12-51-16


2017-11-21-12-51-45
結局、守護神7'3" フィッシュシモンズで遊んで帰りました。


今度、改めてちゃんと乗り、皆さんにShapes and Hullsの
フィッシュの凄さってのを思いっきり感じていただこうと
思っております。

フィッシュは、小波から胸肩前後の波でしたら、
確実にR/P Stubbie Quadより走りますから(断言!)。



2017-11-21-11-34-14
今日も海でいろんな方とお会いしました。

Tsuneさん、お疲れさまでした〜!!




近々、公開されるShapes and HullsのFishの動画を楽しみにしててください!
最高の波で最高のライディングをして、最高の動画にしてみせますから。



それでは、皆さん、ごきげんよう!



本日もお願いしま〜す!
にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村



ホーリー梶川




Shapes and Hulls

2017-11-18-17-12-40
こちら、今回、私がキープしたShapes and Hullsの3本。

左から、5'7" Fish、6'4" R/P Stubbie Narrow、5'8" New Model。

フィッシュは、今まで乗ってたのと同じ長さですが、
こちらの方が薄い仕上がり。

私に丁度良さそうな浮力です。

2017-11-18-17-15-20
Veeが強いですね〜。

これが、ワイドなこのボードを軽快な乗り心地にする
最大のポイント。

そうです。Steve Bromと同じ構造なんです。

サンディエゴ系フィッシュは、基本、センター付近から
シングルコンケーブが入るのに対し、北の方のフィッシュは、
Veeボトムが中心。

ボトムの構造とテイルの絞りでターンさせる構造。
サンディエゴ系のフィッシュは、ターンが難しいと
思われている方は、是非、お試しください。

ターンの軽さにビビり上がるハズです。


2017-11-18-17-14-23
こちらは、6'4" R/P Stubbieのナローモデル。

デカ波用に幅を細くデザインしてもらいました。
同じ長さのR/P Stubbie Quadと比べると、
1インチ以上も細い仕上がりとなっています。

そこそこボリュームがあるので、小波でも
テイクオフが早くて面白そうですね。

こちらも、イカついVeeボトム。

レイル切り返しが早そうですね。
しかも、ワイズが無くなった分、ストレートラインが長くなり、
加速性能は抜群なハズ。

コロッとしたアウトラインに見えますが、
ナメちゃいけませんよ。殺し屋です。


2017-11-18-17-13-51
そんで、こちらは、新しくアウトラインから
作ってもらったニューモデル。

よりパフォーマンス性能を追求したデザインで、
ほぼ、ショートボード的な仕上がり。

全体的に仕上がりも薄く、ラミネートは4ozのSクロス。
軽い仕上がりです。

ボードは、絶対に調子が良さそうですが、ホーリースモークの
お客様にマッチするかこれから試乗して判断し、販売に
結びつけたいと考えております。


2017-11-18-16-59-27


2017-11-18-16-56-50
今回は、このフレックスフィンが、トライとクワッドで
どう、乗り味に変化が出るか。その辺りを検証してみようと
5プラグで作ってみました。


そうそう、Shapes and Hullsをお買い上げの方で、
フィンを折っちゃったよ〜って方がいらっしゃいましたら、
当店でスペアをストックしていますので、お問い合わせください。

普通のボードに付けても、フィンの位置が思いっきり後ろになってしまって
全く機能しませんので、興味があってもお勧めしません。

このフィンが試してみたいという方は、ボードを買いましょう笑。

2017-11-18-17-08-18
またまた、試乗ボードが増えてしまいました。

ナインライツも2本乗って無いのがあるし、
この3本もあるしで、ちょっと、溜まってきました。
でも、ご安心ください!!
5本ぐらいだったら、1日でみっちりと乗り倒してやりますよ。

オッサンサーファーですが、まだまだ、楽勝です。

今日も朝ラン10キロ。
走ってる最中は、基本、レースだと思ってやってますから笑。
前にランナーがいたら、確実に抜かし倒す!

たまに対抗してくる野郎もいます。
もう、その時は、デッドヒート(マジ笑)

以前、ブッチぎってやったら、その数日後、
そのオヤジ、待ち伏せしてて仕掛けてきましたよ。
その日は、呑んだ後で飛ばせなかったから、
一番最初の路地にフェイントかけて曲がったんです。

したら、そのオヤジ、バックして付いて来やがったんです。
あの時は、ビビりましたね〜。


若人よ。よく聞け。
(デタ!久々のシリーズ。)

ランニングは、エクササイズなんかじゃね〜。
そんな、甘っちょろいもんじゃね〜んだよ。

そう、戦いなんだよ。戦い。

お前ら、最近、戦ってるか。
男は、戦え。

戦ってこそ、本物の男になるってもんだ。

分かったか、若人よ。



アレッ、今日の感じ、ちょっと、違うかな・・・。


なんか、Shapes and Hullsの記事だったけど、
全然、違う方向に・・・。




それでは、ごきげんよう!


にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





Shapes and Hulls 5'8" R/P Stubbie

昨日撮影した、Shapes and Hulls 5'8" R/P(ラウンドピン) Subbie
の動画編集が終わりました。

ぶっちゃけ、波のパワーは凄かったのですが、潮が多かった事で、
ショルダーが張らない波もあったりして、もしかしたら、スピード感が
伝わって来ないかも知れません。

でも、頑張って撮ったので見てやってください。




そんでそんで、昨日、ティムさんから、
送るぞ!って、連絡をいただきました。
予定では、週明けの水曜日に日本に到着予定!!


11121
私も、次に乗るボードをオーダーしたので
楽しみでしょうがありません。

動画見て、想像を膨らませて
買う気満々になっちゃって下さいね〜。



お休みのところ恐縮ですが、
ポチッとお願いしますね〜。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





Shapes and Hulls

08303
Shapes and Hullsのティムさんから写真が送られてきました。

こちら、ティムさんの6'6" R/P Stubbie Quad。

元々あったティムさんのモデルでしたが、ノーズを少し細く作ってください!
って、アレンジしていただき、前回、当店で販売したモデルだったのですが、
どうやら、ティムさん。シェイプしながら、これ、良いじゃね〜か。
ってなって、自分で乗ってみたくなったのでしょう笑。

08302


まだ、彼のインプレッションは聞いておりませんが、
今度、聞いてみたいと思っております。

08301


それにしても、良いアウトラインですね〜。

ノーズの微妙な丸っこさとちょい広めなテイルエリアが、
最高のバランス。

現在、2回目のストックボードを大量にオーダーしておりますので、
皆さん、完成を楽しみにしててください。

来月は、カリフォルニアに出向き、ティムさんとも会って
一緒にサーフセッションもする予定です。

自分用のバスボートも作ってもらっちゃおっかな〜。ウソ。

取り敢えず、近況報告でした。




にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村





ホーリー梶川




明日はピックアップ

07181
明日は、待望のShapes and Hullsの入荷。

朝イチ、入水して成田に向かいたいところですが、
なんか、波の方がヤバそうですね〜。

今日も最大でセット腰っすからね〜。

まあまあ、とにかく、楽しみなニューブランドの入荷。

はい。確実に私はどれか下ろし乗りますよ。

皆さんも、この一風変わったフィンシステムに
期待しててください。


ブログアップが遅くなった分、
ポチの追い込み宜しくお願い致します!
にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





Shapes and Hulls

07152
いままで、内緒のブランドとか言って
名前を公開していなかったボードが、いよいよ、
来週、日本に到着します!!


shapeshulls2
ブランド名前は、Shapes and Hulls。
シェイパーのティム・ボウラーさんは、
サンタバーバラ出身のシェイパーで、10代からシェイプを始め
50年近くのシェイプ歴を誇る大ベテラン。

(写真は、1974年。サンタバーバラのファクトリー前にて。
ティムさんは、ワンコを持ってるマッチョマン。カッコイイですね〜。)

彼は、サンタバーバラでシェイプを学び、その後、アラスカに移住。
アラスカでは、シェイプをやりながら、鮭漁をやっていたそうです。
アラスカの極寒の海は、ブレイクが最高だったって言ってましたね〜。

そして、彼のもう一つの顔が船造り。
はい、ボートクラフトマンです。

一人で全ての作業をこなすのですが、木やグラスファイバーを巧みに使い、
お客さんからもらったオーダーを何ヶ月もかけて作るのだそう。

07151
ファクトリーに行った時は、2艇の船を作っている最中でしたが、
いやいや、結構、大きなものでしたよ。

それを、全て自分で作るって、ちょっと、想像がつきませんよね。

結論から言ってしまうと、彼は、サンタバーバラ仕込みの
レジェンドシェイパー。

なのですが、80年代から、ずっと、アラスカで生活していた為、
メディアに出る事も人に騒がれる事も無く、ひっそりとやられていたのです。

凄いでしょ〜。何がって、私が。

よく、そんな方を探し出会えたと思いませんか?

はは〜ん。いつも、とことんアンテナ張ってますので。。

私は、ティムさんの別格とも言えるクラフトマンっぷりに
一発でヤラレてしまいました。

サーフボードどころか、船まで作っちゃうっていうんですから、
こりゃ、本物中の本物ですよ。

サーフボードのボードデザインも、船の流体学なんとかみたいなのを応用し、
水の抵抗や動きの良さを、独自のアイディアで形にするのです。

私も2本のボードをオーダーし、既にテストライドは終わっております。
実は、その段階で気に入らなかった場合は、大人しく止めようって
思っていたのですが、これまた、独特な乗り味で、堪らなく面白いんです。

レポートの時、あまり詳しく言えないのが、もどかしかったですよ〜。

そんで、今回、私が乗り確実にお勧め出来る
2つのモデルをティムさんにオーダーしたのです。


TIM3


TIM4



TIM1


TIM2
フィッシュとエッグモデルです。


TIM6


TIM5
このフィンシステムは、本当に素晴らしい!

あまり、テイルを踏み込めないサーファーでも、
すごく簡単にドライブする感覚が味わえ、スピードがどんどん増していく。

テイルを蹴り込むのが上手なサーファーでも、
あの、軽いターンに驚く事でしょう。


今後、この2モデル以外の展開も考えておりますが、
一先ず、私が気になったこれらのモデルからスタート
という訳でございます。


到着は、週明け。


どうですか。
こりゃ、楽しみでしょうがないですね〜。



にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村



ティムさん、ジェントルマンで
マジ渋です。
ホーリー梶川




Online Store
HOLYBLOGLOGO2
livedoor プロフィール
BLOG内検索
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
Revolver Maps
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
人気BLOGランキング
人気ブログランキングへ
SURFSIZE
サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中
ブログ村 サーフィン
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
ブログ村 マリンスポーツ