scorpionbayhotel

Scorpion Bay

100620
今回のカリフォルニアトリップ。

ジョシュの結婚式。

スキップさんとのサーフセッション。

その他って言ったら失礼ですが、他にも多くのレジェンドとお会いし、
心に残る充実した2週間を過ごさせていただきました。

そんな中、私が一番印象に残った出来事・・・。

はい、それは、スコーピオンベイの波。

向こうにいる際も、波が良かったよ〜って、
お伝えしましたが、ぶっちゃけ、私のサーフィン人生の中でも、
もしかしたら、一番の波だったかも知れません。

10063
サイズは、頭ほどではありましたが、パワー、ブレイク共に
これ以上文句の付けようのないブレイクで、自分が求めるラインを
理想通りにトレース出来る究極の波。

しかも、いい波に乗れば、その状態が300メートルは続く・・・・。

100614
今回炸裂したのは、3rdlポイントと4thポイント。

共に崖からエントリーする、ちょっと、危険な場所なのですが、
そんなもん、波を見たら関係なし。

ただ、タイドをしっかりチェックして入らないと、
上がる時が地獄・・・・。

普通に立つことが出来ないほどのシャープな岩が、
容赦無く体に傷を付けます。

はい、私も10箇所近く傷を作りました。

でも、ホント波が良いから、傷ついたまま、
また、海に戻っちゃうんです笑。

こんな波、人生の中であと何回出会えるんだろう・・・。

オッサンだから、チャンスは少ないだろうな〜笑。

10061


10062


10064


10065
これ、デヴォンが乗ってる波なのですが、スープが凄いでしょ。
これでも、胸ぐらいの波ですよ。
水の量が半端ないからパワーが凄いんです。

10066


10067


10068
4thポイント。
セットが入ると、頭から頭半だったですかね。
いつかハルスタビーで入ってみたいですね〜。

10069
こちらは3rdポイント。
形はこっちの方が上でした。
この画面分の4倍ぐらいは走れちゃうんです。
しかも、最後まで波のサイズが落ちずにそのままかっ飛びで。

100610


100611


100612


100613


100615
ジョシュは、両日ともに30分ぐらいしか入ってませんでした。
メインの結婚式の準備とかで忙しかったみたいですね。

100616


100618
これもデヴォン。
後ろの崖スゴいでしょ。ここ降りてくるんですよ。
でも、この波見たら、11'のボード持ってても
皆、頑張っちゃうんだな〜。

100619




それでは、みなさん、ごきげんよう。




昨晩、ボロ馬車の事を忘れようと、
お酒飲んで寝ようとしましたが、
酔い切れませんでした・・・笑。

可哀想な私にポチ下さい・・笑。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





Scorpion Bayの波

0922a
本日は、スコービオンベイの波について。

スコーピオンベイは、世界三大ライトブレイクの一つと言われる、
まさに、世界中のサーファーの憧れの場所。

バハカリフォルニアは、北と南に分けられていて、
スコーピオンベイは、南バハに位置します。

過去に行った際も、このブログで紹介したと思いますが、
サンディエゴから、オフロードを丸2日走破しなければ
ならないのが、聖地に辿り着く条件。

でも、これまた、沢山のサーファーが、カリフォルニアから
来ているんです。いやいや、ヨーロッパやオーストラリアから
移住している方達までいるほど。


0922b
ポイントは、1stから7thに分かれています。
この航空写真を見ていただければ分かりますが、
ポイントが、完全に東を向いていますよね。
はい、ウネリは太平洋側から、すなわち、
西ウネリが基本となりますので、そりゃ、入り難いですよね。
(過去、2回外し気味でしたので・・・笑)

ただし、ここは砂漠。気温が上がり始める朝の9〜10時には、
ほぼ確実にオフショアが吹き続けるという好条件。

要は、ウネリさえ入れば、常に面ツルでサーフィンが出来るんです。


0922c
今回のトリップは、5泊6日の短い滞在ではありましたが、
毎日胸以上、最初の2日は、軽くオーバーヘッドの波を
味わう事ができました。

短いボードに乗りたければ、ウネリを拾い易い3rd。
ロングライドしたければ、ウネリが更に回り込み、
最大7〜800メートルも波に乗り続ける事のできる2nd。

2枚目の写真を見ると、ウネリが完全に回り込んでるのが分かりますね。

ウネリがモロに横から入ってくる2ndでは、腿腰あれば、軽く、
1分はライディング出来てしまいます。

今回のトリップでは、最大、2分半のスーパーロングライディングを
体験しましたが、そりゃそりゃ、大変なもんですよ。

波は、常にメローで長いスロープ。

ブレイクは完全に安定しているので、私の様なヘボ野郎でも、
安心して11'のイーグルをノーリーシュでコントロール出来てしまう。

ただ、帰りは流石の11'イーグルでも気が遠くなります。
乗った後、2ndの波待ちポジションを見ると、人が見えないほど
遠いんですから・・・。

そうですね〜。1ラウンドで10本も乗った後には、
モンスターサイズのタコスを躊躇なく平らげる事が出来るほど。



長々とすみません。

今回は、本当に多くの良い写真が撮れましたが、
その一部ではございますが、ご紹介したいと思います。

09229
2ndでのマット・ハワード。
彼もマリブからの移住組。ブリタニー・クインと
毎日、2ndで波乗りしてます。


09228
このショルダー完璧でしょ?
この状態がインサイドまで、ず〜っと続くんです。
このサイズだったら、いいウネリに当たれば軽く2分は繋げますね。


09227
2ndの奥の奥からかっ飛んできたジョシュ・ホール。
このまま、200メートル以上ノーズに足を掛けてました。


09226
こちら、カウアイ在住のジミーさん。
12ftイーグルでかっ飛んでましたね〜。


09225
誰か知らないけど、最高のショルダーですね〜。


09223



092211
3rdでのクリスチャン・ワック。
波が上がるのを予想し、急遽、南下して来たんでしょうね。

良い波乗りしてました。


092212
こちら、3rdでのジミーさん。
乗っているのは、6'8"フィッシュシモンズツイン。

水が綺麗〜。


092213



092214
3rdでのジョシュ。
彼女のトーリーにシェイプしてあげた6'0"のSSフィッシュ。
短いボードも上手ですよ〜。


092210
3rdのミドルセクション。
ここでは、今回、マックスで300メートルぐらいでしたが、
ショルダーがパンパンに張り続けての300メートルなので、
乗った後は大満足!

このサーファーも、ストークしちゃって両手を
上げちゃってますね〜。


09224
早朝の3rd。
こんな波を数人でローテーション。

2時間でパドル筋はパンパンに。


FullSizeRender
ジョシュと彼女のトーリー。

ジョシュが12’のフィッシュシモンズで、
トーリーは、11'のイーグル。
気持ち良さそうにクルーズしてましたよ〜。

はい、そんで、2ndでは、誰もリーシュはつけません。

というか、このブレイクなら要らんな〜って、
誰でも思うでしょうね。



それで、今回、GoProを持って行ってた訳でして、
色々と撮影して参りました。

実は、2分半ライドの時もカメラを回してたんですが、
なんと、動画じゃなく2分半連写し続けてたんですよ〜。

くぅ〜

その後、何度もトライしたのですが、タイドがどんどん低くなって、
インサイドで繋がり始め、撮影できたのは最大で1分半でした。

その動画は、また、明日にでもアップしようと思いますが、
本日は、ジョシュとトーリーのラブラブライディングを
お届けしま〜す。





波も良いし仲も良いし・・・。

後方で必死になってるオッサンを
さらに後ろから撮ってたら、さぞかし、面白い動画なんでしょうね〜。




それでは、本日もポチ確実デス!
よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川





Revolver Maps
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
人気BLOGランキング
人気ブログランキングへ
SURFSIZE
サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中
ブログ村 サーフィン
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
ブログ村 マリンスポーツ