scorpionbay

Mateo&Brittany

カリフォルニアからスコーピオンベイに移住した、
マット・ハワードとブリタニー・クイン。

彼らの個性豊かな発想と感性は、
今回入荷した、スケートデッキとカレンダーを見ただけで、
全てが伝わって来るはず。

その位、インパクトの強い彼らのハンドメイドアイテムが入荷しました。


CALENDER
カレンダーは、全て、マット・ハワードの手書きによるもの。

calender5

calender4

calender3

calender2
13枚で構成された、素晴らしいアート作品です。

calender6
単なるカレンダーとしてでは無く、
あなたの部屋を彩る、素晴らしいアートとして、
お一ついかがでしょうか。


12271500_567f7e9629365

12271501_567f7ec4c5476


12271459_567f7e391e7fb

12271500_567f7e6a3f8a5
スケートデッキは、サーフボード同様に、
ビンテージファブリックを両面に貼り付けています。
ブリタニーが、年に数回、カリフォルニアに出向いた際に
調達してくるビンテージファブリックは、60〜70年代の
サーケデリックな雰囲気満点。

こちらも、単なるスケートデッキとして使うのは勿体ないですね。

部屋の片隅に置くだけで、一気に、部屋の雰囲気が変わると思いますよ。


それでは、チェックタイムです!




カレンダー


デッキ




こちらもよろしくお願い致します!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川




Matt&Brittany

11042
はい、こちら、ブリタニー・クインとツーショットの変態オヤジ。
先日のスコーピオンベイトリップの際、
マット&ブリタニー宅で撮ったスナップ。


11043
今日は、ここに写ってるボードが、近々、入荷しますよ〜。っていうお知らせ。

ちょっと、マットが邪魔で見えにくいのですが、
マットの後ろに置いてる黄色いミッドレングス、
”8'4 Mini Mello Yello Modelo”と、
(マットさん、冗談、冗談。邪魔なわけありませんよ〜。)

11041
こちらの、画素数荒すぎの
”6'5" Flixer Naorugada”(何のことやらサッパリ分からん。)
が入荷する予定!!

”8'4 Mini Mello Yello Modelo”は、クーパーフィッシュ時代からの
二人のお気に入りモデルで、それを、彼らが再現したモノ。
クラッシックなファンシェイプで、ファブリックの柄がシャレオツな1本。

11044
6'5" Flixer Naorugada”は、6チャンネルのシングルフィンで、
最近、彼らのお気に入りだそうです。

さっきの写真が分かりにく過ぎなので、分かり易い様に
同モデルの別の写真を用意してみました。

フラットロッカーで6チャンネル。

気になりますね〜。

本当は、最初の写真に写ってる、ガンシェイプも手に入れようと思ったのですが、
ゴツ過ぎて、日本だと使う頻度が少ないのではないかと思い、今回は、
画素数荒すぎの6チャンネルとMello Yellooの2本をチョイス。

あと、同時に以前も入れた、オールファブリック巻きのスケートデッキも
7本入荷する予定です。

彼らは、来週、メキシコからカリフォルニアに北上する予定で、
その時に、ロサンゼルスにあるシッピングカンパニーに持って行ってくれるそうです。


堪らんですね〜。


ちょっとお高いですが、気になる方はお問い合わせください。




お二人のファンの方はポチ必須ですよ!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川




Scorpion Bayの波

101023
本日は、スコーピオンベイの波のお話し。

この地図がバハ半島なのですが、写真の真ん中あたりに赤線で印した、
San Juanicoって町がそこにあたります。

直線距離で約1,000キロ。今回は、右上のMexicaliから東ルートで南下し、
Loreto(多分)って町からウエストコーストに向けて横断するコースだったんですね。

101024
そんで、これが、スオーピオンベイのポイント。
ここでは、4thまでしか載ってませんが、6thまでポイントはあります。
そして、今回、キャンプをしたのは、1stポイントの浜辺。
写真のちょうど一番下の辺りです。

101027
これは、1stの岬のところからキャンプをとった写真。
何台か車とテントが見えますよね。

そんで、この辺りは、赤道に近いから干満差が大きいんです。
だから、よほど波がデカくならないと、一日中サーフィンができないんです。

例えば、今回のトリップでは、毎日、セット胸肩前後。
このくらいのサイズでは、1日に出来る時間は、せいぜい3時間。
ポイントによって、引いた方がいいところや上げてた方がいいところがあるので、
あとは、移動しながらって感じ。

10104
移動は、Pierさんが持ってきてた、このちっこいバイクかトラック。

今回、朝一の波が結構良くて、皆、のんびりしてるから、
私は、このバイク借りて、勝手に一人で3rd、4thまで通ってました。

101028
Gypsyをハードケースに入れ、背中に背負って行くんすよ。

人っ子一人いない海で、3時間貸切っすからね。
でも、ビーチには、サメの歯が落っこってんですよ。
って事は、ウヨウヨいるって事っすからね。

でも、波がいいからそんな事気にしてる場合じゃないって感じで、
一人で満喫させてもらいました。

101013
因みに、ここのボトムはリーフ。

101014
引いたらヤバイんすよ。
岸に戻るのに、必ず、足を切っちゃうんです。

101015
しかも、すんごく深い切り傷が、両足に10箇所近く出来ちゃって、
しばらく、まともに立つ事もできないぐらい酷い事になっちゃいましたよ。
でも、テイクオフした時は、痛みを感じないんですよね〜。

10105

10106

10108

10109

101011

101010

101012
これが、今回撮った、3rd、4thでの波。
サイズは胸肩。でも、力があってかっ飛び系のいい波。
距離は、決まった時の1stや2ndほど乗れませんが、それでも、
十分ロングライドできるいい波です。

101020

101018

101019


101016

101017


101021
人は本当に少なくて、殆ど、仲間だけで楽しめる感じ。
一回、朝一に一人で5thで入った時は、ローカルのキッズ達に出会いました。
入ってら、一気に全員が海から上がり、岸から私の方を見てるんですよ。
その直前に、イルカがすぐ近くを通過したのですが、
エッ!!もしかして、シャークなの?って、不安が過ぎり、
私も上がっちゃいました〜。
だって、5thは、沖のブレイクだし、岸からずっと見られちゃったら、
不安になっちゃうじゃないですか。ねえ。

10101

10102

10103
今回乗ったのはこの3本。
そうそう、もう一本、写真は無いですが、9'6"のFish Simmonsも乗りましたね。
写真のグリーンのボードは、10'10"。引いた時の1st、2ndで最高に楽しかったです。
腿腰の波でも、ウネリから、ずーっと乗り続けられるんです。
距離は、100〜200メートルぐらいですかね。何しろ、地形がパーフェクトだから、
とにかく、ロングライド出来るんですね。

白い9"0"のフィッシュシモンズも最高でしたね〜。
このボードは、前々回にカリフォルニアに行った時くらいから、
毎回、借りて乗ってますが、すごく調子がいいんです。
軽くて薄いシェイプ。だから、いい感じで動くんです。

テイクオフも早いし、結構、今回はこのボードに乗りました。


101026

101025

101027
ヤバくないっすか?この波。
7月のスコーピオンベイですよ。
たまに、こんな、とんでもないウネリが押し寄せてくるんです。

マテオが言ってましたが、この日の波は、本当にヤバかったらしいです。
セットダブルオーバーで、3キロ乗れたらしいですよ。
3rdとか4thでテイクオフして、1stまで乗り続けるんですからね。

こういう日は、乗りまくりたくても、一日に4本が限界だそうです。
戻る時間と体力の問題だそうですが、そりゃそうですよね。
3キロ乗ったら、足、ガクガクでしょうね。

こんな写真を見ちゃうから、また来年も!
って思っちゃうんですよね。

ジョシュと話したんですが、来年は、ウエイティングの時期を決めて、
ウネリが入る予想が出た瞬間にチケットをとって直行!!
そんなパターンにしてみたいと思ってます。
(出来ないかもしれ無いけど・・・。)


101022
いずれにせよ、とんでもない場所です。ここは。



明日は、何の話にしましょうかね。

引き続き、明日に期待して
ポチッとお願い致します!!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川




今日も色んな事がありました。

1

2
スコーピオンベイ5日目。
本日の朝イチは、1人でみっちり3時間サーフィン。
終始、右も左も人っ子一人見かけることはありませんでした。

でも、波はバッチリセット肩前後の完璧なライトブレイク。
自分が乗らなきゃ、当然、無人ブレイク。
もったいない事をしないように、ひたすらパドルをしてひたすら乗るだけ。

3
途中、サメに食われたら、誰にも気づかれないな〜
なんて、想像もしましたが、それより、この状況を楽しむことの方が先。
貴重な時間を過ごすことのできた、最高のひとときでした。

4

5
海上がりに、食料を調達する為、近所のスーパーに。
(スーパーって言っても、想像もつかないほど何も置いてない店ですが。)

そこで気になったのがコレ。

怪しすぎるパンやケーキが、ショーケースに入ってるではないですか!

6
ヤバすぎず、面白そうなコレを買ってみました。

店から出て、早速、試したら、、、。

カチンコチンのメロンパン。

元々なのか、それとも、カラッカラに乾いちゃったのか、、、、。

店の前でゴソゴソやってたら、、、。


7
マテオとブリタニーに会っちゃいました!

本当はキャンプサイトに戻らないといけなかったのですが、
家に来い来いって猛烈パワーに押され、今回もお邪魔させていただく事に。


色々と話はしましたが、今日はここまで。
詳細は、また、帰国後にご報告しますね。



今日は、この位でヨロピクお願いします。

隣のテーブルで、ジョシュたちが、大盛り上がりのパーティーをやってるんすよ。
1人でポツンとブログをやってるのを想像してみてください。
ど浮きまくりもいいところなんすから。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川


4日目

1

2

3

4

5

6
本日は、ポイントを変え3ラウンド入水。

とにかく、人が少なく、
朝イチのジョシュとの入水では、2人で貸し切り。
(途中でPierが入ってきましたが。)

セット胸前後の素晴らしいブレイクでした。

毎日、潮と砂まみれ。
そして、そのままテントで寝る。

かなりのワイルドライフを満喫させていただいております。

Wi-Fiが遅すぎなので、本日もこの辺で
失礼させて頂きます。


ジョジュの10'10"最高です。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川




Scorpion Bay

2015-09-28-23-50-19

2015-09-28-19-44-40

2015-09-28-19-08-01

2015-09-28-15-01-05

2015-09-27-21-21-07

2015-09-27-16-16-54

2015-09-27-05-29-13

私は、本日、スコーピオンベイに到着し、3日目となりました。
ビーチでキャンプしているので、当然、Wi-Fiがありません。

Pierのちっこいバイクを借りて、Wi-Fiが繋がる場所まで来ましたが、
激遅で、あまり詳しい事はお伝え出来ませんので、
詳細は、後ほどという事でお願い致します。

店の方も、2人が頑張っておりますので、
皆様、何卒、宜しくお願い致します。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川




Scorpion Bay

1970年代のBaja Surf Tripの動画を発見しました。

Scorpion Bayまでの道のりは、今でも変わることなく、延々と砂漠を横切り、
16時間の道のりを2日かけ移動。

でも、そこに待っているのは、究極の自然と長く続く究極のブレイク。
世界三大ライトブレイクの一つとも言われるだけあり、コンディションが整うと、
4キロ以上ものロングライドもある、モンスター級のサーフポイント。

Scorpion Bayは、1970年代に発見されて以来、カリフォルニアのサーファーにとって、
憧れのサーフポイントとなり、今でも、長期の休みには仲間とトリップするサーファーも少なくないようです。
(途中、危険な地域も存在するので、むやみに行くのはお勧め出来ません・・。)

一昨年行った際は、最大で腹胸ブレイクだったので、今回は、是非とも、
こんな波に当たってもらいたいものですね。


70年代の雰囲気が最高の映像です。
是非、ご覧ください。

Scorpion Bay 1973, from "Fluid Drive" from ENCYCLOPEDIA of SURFING videos on Vimeo.




Bruce Raymond from ENCYCLOPEDIA of SURFING videos on Vimeo.






今日も一発お願いいたします!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川




Josh Hall Surfboards

09022
ジョシュから写真が送られてきました。
当店がオーダーしているボードが、最終段階に突入とのこと。

ここんところ、ジョシュは、ファクトリーを移動しテンテコ舞い。
ラミネーターやサンディングマンなど、5人ものクラフトマンとも契約し、
自社の工場で、シェイプから最終のフィニッシュまで全てを一貫して管理するようになったのですが、
バッタバタになったのでしょうね。

それにしても、ビッグになってきましたね〜。

5人のスタッフを抱える大社長ですよ。

地元で評判の良い腕利クラフトマンを集めることができたので、
仕上がりも、”今まで以上だ!”って、かなり、息巻いているご様子。

とりあえず、今月には6本のフィッシュシモンズが入荷する予定です。

楽しみですね〜。

おそらく、その後は、立て続けに入荷してくると思いますよ。

09023
そんで、こちらの真ん中のボード。
これは、私にシェイップしてくれた6’8”のGypsy。
先日、スキップさんがジョシュに同じ長さのGypsyをシェイプしたのを
このブログでご紹介いたしましたが、オレのも頼む!
って言ったら、お前のは、俺がやる!ですって。

そんで、シェイプしてもらったのがこのボード。

ジョシュのスキップGypsyと同じように、101のバンブーフィンをクワッドでセッティング。

09021
実は私、今月末からカリフォルニアとバハに行くのですが、
その時を想定してシェイプしてもらったボードなんです。

また今回もスコーピオンベイに行く予定。

潮回りとウネリをチェックしながら、向こうに着いて出発を決めよう!
って事になっています。

3db51507
今回も、トリップには大好きなPierさんが同行するので、
今から楽しみでしょうがありません。

0e081e42

18100ca7

e113264c

9d19283f
波、当たると良いですね〜。

まあ、ロングなら潮回りだけで500メートル以上のロングライドは確実なのですが、
短いボードでガンガンに行けるような波に乗りたいですよね。

そう、今回のトリップでは、BromさんやPendoさんにもお会いし、
今後の展開について話をしてきたいと思っております。

そりゃ、毎日寝ずにレポート頑張りますので、
その期間のブログは、要チェックですよ〜!!



今日も、情報満載!!
ポチッとお願いしますね!!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川




Baja California 前編

10051
今回のカリフォルニアトリップ。
当初の目的は、そう、スコーピオンベイに行こう!っていう話だったのですが、
行く前の週に強烈なハリケーンが、バハカリフォルニアを直撃し、
多くのエリアで洪水が発生。道が寸断され、結局、行くのを断念したのでした。

なので、今回は、カリフォルニアにずっと滞在し、今回は、ジョシュ以外の多くのシェイパー
にも会ってみよう。って考えていたのです。

ところが、カリフォルニアに着いて3日目辺りだったでしょうか。

いきなり、ジョシュが、メキシコに行こう!って言い出したのです。
今回は、道路的にも大丈夫なセブンシスターズ。
多分、3日後には4フィート前後のウネリが届くから。

もう、瞬間的に興奮は頂点まで上り詰めました。

行きたかったメキシコ。しかも、行ってみたかったセブンシスターズ!

ピアーさんが行けないのが残念でしたが、ジョシュとジョシュの友達ジミーさん、
そして、息子のミゲル君、そして、私の4人でバハトリップがスタートしました。

10052
今回も、コーストラインのティファナ経由ではなく、サ
ンディエゴから東に入り、メキシカリという小さな国境の街から入国。

10053
朝の10時前に出発し、今日の目的地まで、とにかく走り続ける。
入国し、しばらくは、舗装された道を走るのですが、
途中からは、ずっと、砂漠地帯を横断。
こんな景色が延々と続き、夜の7時過ぎにようやく、中継地点に到着。
そう、移動にはスコーピオンベイ同様、2日かかるのです。

10055
前回も寄った事のあるレストラン。
地元の男どものたまり場的な場所。

10054

10056
向こうのタコスは、本当に旨い。
種類もたくさんあるのですが、私は、フィッシュタコスが好きですね〜。
コレは確か、チキンだったと思います。
フレッシュな野菜がまた最高に良く合うんですよ。

10057
そんで、外で寝る。(笑)
気候が良いから快適です。
因にこの写真は、朝、起きた時に撮ったものです。

10058
奇麗でしょ〜。
ここは、ウエストコーストじゃなくて、まだ、カリフォルニア湾。
そう、2日目にカリフォルニア半島を横断し、ポイントのあるウエストコーストに向かうのです。

100510

100511
2日目も朝から延々と走り続ける。

10059
途中、何度か給油しながら・・・。
凄いでしょ、このスタンド。
ドラム缶とホースがあるだけっすよ。

100515

100512
そしてまた走り続け、2日目の夕方にようやく現地に到着!!

いや〜、本当に凄い場所でした。

今回、到着した場所は、ジョシュは4回目の場所で、
セブンシスターズの中でも、シークレットポイントだって言ってました。

私達がテントを張った場所から、数百メートル先に漁師小屋がある以外、
半径数十キロ以内に人の手の加わったものは一切無し。

当然、海には誰もいないし人影なんて辺りを見回しても全く無し。
だから、夜は、星以外の光は一切無し。私達が使っているランタンの光だけです。

私なんか、夜、目が覚めちゃった日があって、
テントから出て、イスに座ってずーっと夜空を見上げてました。

最高でしたよ〜。

星と波の音。

それ以外、全く存在しない空間。



つづく・・・。


ポチってくんなかったら、
続きは無しっす。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川




Scorpion Bay

0e081e42
突然ではございますが、来月、2度目となるスコーピオンベイトリップに行く事が決定致しました。

今回は、ジョシュとピア・ムーアー、そして、ジョシュのお友達2人と一緒に。

0f5de705

97da7578
今回は、どんな旅になるのでしょうか。
とにかく、今は、連れて行ってくれるジョシュとピアに感謝あるのみです。

18100ca7

984cee23
予定は、来月の19日に日本を出発し、21日にメキシコトリップスタート。
28日か29日にサンディエゴに戻り、30日の便でサンディエゴを発つというスケジュール。

そして、今回は、ジョシュと一緒に帰国を予定しています。
ジョシュは、5日に辻堂海浜公園で開催を予定している、
『ONE CALIFORNIA DAY/FISH FRY』に出席しますので、
皆さん、ジョシュに会いにきて下さいね。

その前日の4日・土曜日は、店で昼間っから
BBQ&酔った勢いでオーダーしちゃおうよ?!パーティーを企画中!
まだ、具体的になっていませんが、ジョシュのボードをジョシュにアドバイスを貰いながら
オーダーしちゃおう!っていうのと、ジョシュも着ているAXXE CLASSICの秋冬物のオーダー会
を同時に開催する予定!

※オーダーと無縁の方も、お気軽に参加出来る内容にしますよ!


まあ、あんまり固っ苦しい雰囲気にならない様に、ビールを呑みながら
楽しいイベントにして行こうと考えておりますので、皆さん、お時間の方
調整しといて下さいね〜。


とにかく、今年は、どんな波が迎えてくれるのでしょう。
今から楽しみでしょうがありません。



それでは、皆さんごきげんよう!



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川

Free Bird

毎回恒例のペリカンショット。

何故でしょうね〜。とにかく、好きなんですよね〜。
もしかしたら、メキシコ人の前は、ペリカンだったかも。

あの優雅な飛び方と、愛嬌のある顔。

海面すれすれをグライダーの様に、
自由に飛び回る姿に、とにかく惹かれてしまいます。

それでは、Free Bird、ペリカンのショットをお楽しみ下さい。


930c




930a




930d




930j




930b




930e




930f




930g




930i




930k




930l



どうですか?
いいでしょ、ペリカン。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川




スコーピオンベイまでの道のり 其の3

926t

本日の”スコーピオンベイまでの道のり”は、車にまつわる話でいってみましょう。

9268
延々と続く、砂利道。
時には、深い砂地があったり、

926h
塩の道があったり。
(バハカリフォルニアは、遠い昔、海だった場所もあり、
この様に海水が干上がり、塩で覆い尽くされた真っ白で広大な平地を多くみかけます。)

9266
時には、川を渡らなければならない時も。

926e
だから、お金のある地元の人は、砂漠の走り屋仕様に改造しています。
サンディエゴからスコーピオンベイまでの道のりを走破出来るのは、
4駆のタフな車のみ。
普通の乗用車じゃまず辿り着く事は出来ません。

9264
そんな厳しいオフロードを走っていたら、
なんと、ジョシュご自慢のエアサスがぶっ壊れてしまいました。
強い衝撃で、エアバッグが破裂してしまったのです。
しかも、そのパーツがタイヤと干渉し、タイヤもバースト寸前。
砂漠は、色々とトラブルが起きます。

だから、基本、車にはエマージェンシーキットが積載されています。
途中の何も無いところで何かが起きたら、
本当に大ピンチですからね。

9263
結局、エンジンも不調になってしまいました。
あれだけの悪路を走っていたら、
どんなにタフなトヨタ/タンドラでも厳しかったのでしょう。

927C
修理工場にやってきました。
これでも、街の頼りの修理工場なんです。

927G
修理工場の奥は、そのまま住居。
あっ、そう。あっちの家は、台所が屋外にあるんですよ。
このお家もダイニングキッチン的なスペースは外でした。
なんだか、のんびりしてて良いですね〜。

9262
こちら、何をしていると思いますか?
実は、ガソリンスタンドでガソリンを給油しているところなのです。
イケてますね〜。このやり方。
あまりにもクラッシックなやり方に、思わず笑ってしまいました。

927D

927E

ついでにこちらは、スタンドのお隣のスーパー。
何だか昭和な雰囲気で最高でしょ?
洗練されていない感がいい雰囲気ですね。

927F
レジ周りは、主婦の井戸端会議真っ只中。
外は日射しがヤバいですからね。


最後にオマケ
9267
バハカリフォルニアでは、多くのカウボーイを見かけました。

かっこいいでしょ〜。

大体が2人組みで、親子っぽい感じ。
オヤジに付いて修行を積み、一人前のカウボーイになるんでしょうね。

よくあるカウボーイがロープを振り回し、ビュ〜ンって投げて牛をとっ捕まえる”あのアレ”。
”あのアレ”をやってるところも見ましたよ。

この人達、頑張って生きてるな〜って、感激もんでしたよ。


はい。今日はここまで。

そうですね〜、次回は、”男3人の旅編”でもやってみますか。


それでは、本日もポチタイム!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川









Scorpion Bay

9256
昨日まで行っていた、バハカリフォルニア/スコーピオンベイ。
何しろ、あまりにも多くの事を経験し、皆さんにご紹介したい事だらけ。

何から話せば良いか・・・。

やはり、皆さんが一番知りたいのは、

”どんな波なのか?”

これですよね。

では、メキシコレポート第一弾。

”どんな波だったか編”をお送り致します!

9257
実際、私達が滞在していた期間中は、セット腰腹のスモールウエーブ。
それでも、300メートルも走れる、とてつもない地形とウネリの入り方。
本当に、サーファーにとっては、奇跡のポイントとも言える程、
毎日、素晴らしいブレイクがありました。

乗っていて、特別長いショルダーという感じではないのですが、
いくら走って行っても、どんどんその先にショルダーが現れてくる。

そして、そのショルダーのサイズは、300メートルを走り切るまで、
ずっと、同じサイズで続く。

何だか、不思議な感覚でした。

先日もお伝えしましたが、マット・ハワードも言ってましたが、
コンディションが整った時は、5thポイントから1stまで、
一気に6キロ走り抜ける事が出来るそうです。

9255

9254

9253

9252
そして、皆さん。
実にサーフィンを楽しむのがお上手。
バハカリフォルニア自体が、メローな雰囲気に包まれいる感じがしますが、
海の中も同じ。
皆で波をシェアし、凄くいい雰囲気でした。



そして、ここで、皆さんに初めてお伝えする、

”大事件”


実は、今回、荷物を減らす為、ヘルメットサーファーから
ストラップサーファーになろうと企んでいました。
(向こうの人は、”何だそれ?って、やたらと質問してきたり、
俺のライディングも撮れとか言ってくるので、
なるべく、目立たない様にする為もありました。)

事件は、2日目だったでしょうか。

早速、ストラップサーファーに変身だ!
なんて、張り切ってやっていたら、なんと、1本撮っただけで
GoProが頭から外れ、しかも、ちゃんと用意していたGoProリーシュ
も外れてしまい、海の中に無くしてしまったのです。

今の自分の命とGoPro。

GoProの方が大事だよ。
だって、ここはスコーピオンベイ。

動画無しで帰ったら、皆を裏切る事になる・・・。
何やってんだ、俺のバカ!

そんな事を考えながら、無くしたその日は、かなり落ち込みました。

周りの皆も心配してくれて、一緒に探してくれる方もいました。
マットは、カレントを全て理解していて、必ず、あの辺りで見つかるから、
潮が引いたら探すと良いよ。って教えてくれました。

でも、毎日潮が引いた時は探してみましたが、
見つかる事はありませんでした。

そして、最終日の朝。

「これ、君のだよね。」

なんと、見つけた人が私のところに持ってきてくれたのです。

何回も、ありがとう!って言っちゃいましたよ。

本当に親切な人ですよね。そして、私のだって、よく分かったものですよね。
実は、まず出て来ないだろうって、完全に諦めてましたから。

9251
数日の間、リーフの間にゴロゴロ。
傷だらけとなったGoPro。


そして、リミットは1時間。

最終日の朝、気合いで撮りました。

でも、潮が多くて今一。
でも、是非、見て下さい!

2本のライディングをまとめたのですが、
1本目が無くす直前に撮ったライディング。
そして2本目が最終日のもの。
どちらも、大した波ではありませんが、1分近くは乗ってます。






そしてこちら。
マット・ハワードのアライアでのライディングや、
ブリタニー・クインのスキップ・フライ/イーグル11’チョット
(本人も正確な長さを知らないって言ってました。)
の素晴らしいライディングも映っていますので、
宜しかったら見て下さい。





お解りの様に、これは、ポチ必須の内容ですね。
という訳で、宜しくお願い致します!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川











Return home

150899_582784521784464_364637025_n
現在、サンディエゴ、9月23日 早朝の5時半。
飛行機で寝る為に、敢えて早く起きてみました。

私にとって、初めての事だらけのメキシコは、
子供の頃に戻った様に新鮮な事ばかり。

本当に素晴らしい旅でした。

帰国後、ゆっくりと頭の中を整理し、皆さんに
お伝え出来ればと思っております。

そして、来年。

スコーピオンベイに戻って参りたいと思っております。
今度は、ビッグスウェルを確実にゲット出来る様に、
ジョシュと色々な作戦を話し合ってみました。

店を空け、色々とご迷惑もお掛けしました。
明日、帰国致します。

また、その際、ゆっくりと。


Trip is done.
I will be back soon!!


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川


スコーピオンベイ3日目

3日目を迎えたスコーピオンベイ。
波は、セット腰腹。相変わらずのスモールコンディション。
1234409_581002185296031_820591000_n

でも、ここの地形はとてつもないです。
完全に、サーフィンの為にあるかの様な地形。
1209039_581005098629073_1643051151_n

昨日、マット・ハワードとブリタニー・クインと会い話を聞きました。
彼らは、ここに移住し10年を迎えるそうですが、
過去最高の波は、4thポイントから1stポイントまで繋がり、
なんと、一気に6kmものロングライドが出来たそうです。

同行している、Pさん(敢えて、個人の方ですので名前は伏せます。)も、
一回、5kmのスーパーロングライドを経験しているそうです。
601513_581005518629031_1985051701_n

その日は、3本乗って終了。だって、そりゃそうですよ。
戻るのに5km以上。しかも、足場の悪いところを歩いて戻るんですから。

まあ、話の尽きない今回の旅。帰国後の報告を、皆さん、楽しみにしてて下さい。
1238110_581005461962370_513843140_n
996003_581005375295712_932605918_n
1234543_581005305295719_2030479538_n


それでは、ごきげんよう。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川



スコーピオンベイ初日

トロ松です。
昨日いよいよスコーピオンベイに入水したそうですね。
セット腰の小さなウネリながらも300メートル近くのロングライドができるそうです。
b
う
e
g

今日からサイズアップしていくとのこと。
今後の写真にも期待ですね!
a




本日もポチっとよろしくお願いします!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


トロ松



Day2 San Diego

914e

914d
2日目を迎えた今日は、ジョシュの地元
パシフィックビーチでロングボードの大会がありました。
この大会。ジョシュもエントリーしていて、
2011年には、優勝した大会らしいです。

それにしても、波が良い。

私も2ラウンド入水しましたが、レフトを中心にいい波がブレイクしていました。
セット頭位なのですが、ドルフィンの際に引っぱられるパワーが別物に感じます。

914c
話しによるとこの大会、1969年以前のボードのみ使用していいらしく、
会場となるビーチは、ビンテージボードだらけ・・・。
宝の山と化していました。

914f

914g

914h
張り切ってましたね〜、ジョシュ。
地元で、しかも、P.B.S.C.(パシフィックビーチサーフクラブ)の
会長を務めているだけあって気合いが違います。

でも、この辺りに居る全てのサーファー全てが仲間。っていう意識が強く、
本当にいい雰囲気。最高の大会でした。

914i
結局、ジョシュは3位。
ちょっぴり悔しそうでした。

914a
でも、パーティータイムとなれば、そんな事はどうでも良い。

914K

914J
ロコ達のヘビーでベロンベロンな時間で大盛り上がりでした〜。

明日は、念願のスコーピオンベイへ出発!

どんな珍道中となるやら、楽しみでしょうがありません。



今日も遠く離れたサンディエゴから、
ポチッと宜しくお願い致します!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


なんか、ジョシュがボソッと言ってました。
カメラと高価な物は、隠さないとマズいよって。

んっ?

取り敢えず、気を付けなきゃ。

カメラは、シートの下。
そして、お金はお尻の間に挟んでおこう・・・。

何があるか分かんないからね。

ホーリー梶川







Day1 San Diego

913b
今日は、まず、Joshのシェイプルームに行き

913
そしたら、Yuichi Sanに会って話をして

913j
途中、Mccallumの所に寄って

913d
Joe Roperサンのところに行ってきました。

913a
ここは、お宝の山。スゴいのがたくさんあります。

913i
その後、Windanseaに行って波に乗り

913e
ジョシュの彼女、ステファニーと家族に会って

913g
激ウマのフィシュタコスをビーチで頂きました。

913f
途中、カモメに狙われながら

913h
気が付いたらサンセット。

昨日からそのまま続く、長い長い1日でした。

明日は、思いっきりサーフィンをしてみましょう。



913k
今晩は、Joshと一緒に寝ます。
いやいや、ジョシュの家で寝ます。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ジョシュが造った自家製ビール、
とにかく激ウマ!
ホーリー梶川





Baja California

昔から、一生の内に、一度で良いからメキシコに行きたい!
そう夢を抱いていた私でしたが、やっと、このタイミングでその夢が実現しそうです。

いやいや、波乗りとかの以前に、とにかく、メキシコの土地に足を踏み入れたいって・・・。

でも、何故、メキシコなのでしょう?
正直なところ、私にも解りません。

自分の中では、前世がメキシコ人だったのではないかと、
勝手に想像しておりますが・・・。

いや〜、妙に惹かれるんですよ。

そんで、この度、夢が実現しそうなのです!

ジョシュが、スコーピオンベイに一緒に行こうよ!って誘ってくれたのです。
話しを聞いたときは、嬉しくて嬉しくて、確か、その日は酔い倒れだったと思います。
(まあ、いつもの事かもしれませんが。)


でもね。メキシコって相当治安が悪いって聞きますからね〜。
警官がマフィアに買収されているとか、殺人はそこら中でおきているとか・・・。
とにかく、恐ろしい話ばかり耳にします。

正直、少しの戸惑いはありました。

でも、昔からの憧れの土地・・・。

いやいや、怖じ気づいている場合ではありません。
このタイミングを逃したら、もう、二度と巡って来ないかも知れない。

人生は一度ですから。

この程度のリスクなんて忘れてしまいましょう!
(結構、ヤバいかも知れませんが・・・。)


scorpion2

ScorpionBay

scorpion3
最近、毎日ジョシュからスコーピオンベイについてメールが来ます。

テント用意した?とか、最近の波情報はこんな感じだよ。とか。
サソリやタランチュラがヤバいぜ!って、私をビビらせようとしてきたり、
Wi-Fiスポットを見つけといたよ!なんて、嬉しい情報も・・・。

もう、メールのやり取りをしているだけで興奮してきます。

ボーダーから、片道1,000キロ以上のオフロード。
道中、治安の悪い地域もありながら、
夢のポイントへ向かう・・・。

コンディションが整うと、ファーストポイントから4thポイントまで
ずっと、続けて乗る事が出来るらしく、乗ってる時間は、ナント、4分間!!

極上のブレイクを4分間乗り続ける・・・。

多分、気が狂うでしょうね。

truck2

truck1
ジョシュは、年に数回もスコーピオンベイに通う、超ベテラン。
スペイン語だってネイティブだから、もう、
彼に頼り切りになってしまうでしょうね。

最近、H.I.Dのヘッドライトとドライビングランプを取り付けだぜ!
って、ジョシュの方も準備万端!


そんなこんなで、
9月13日出発、そして、24日帰国の予定で、
カリフォルニア〜メキシコに向かう予定です。


その期間中は、トロ松が一時的に店長に昇格し、店を取り仕切ります。

通常営業は勿論、通常以上のおもてなしで皆様をお待ちしておりますので、
いつも通り、ご来店下さいます様、宜しくお願い致します。

尚、サーフボードに関してのご質問等ございましたら、
出来るだけ12日までにご来店、または、ご連絡頂けます様、
何卒、宜しくお願い致します。
ホーリー梶川が、手取り足取り丁寧にご説明させて頂きます。


メキシコにはカメラ2台、ヘルメットサーファーキット一式を持って行きます。
それぞれのバッテリーも買い足し、万全体制で向かいますので、
サーフィンレポートの方も思いっきり楽しみにしてて下さいね!
(スコーピオンベイ史上初の、ヘルメットサーファー誕生の瞬間!)

そうそう、マテオ&ブリタニーにも会う約束しましたよ〜。
色々と期待してて下さいね〜。



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



swallowtail1
本日、Swallow Tail Skosh 6'6"のシェイプが上がったみたいです。
メチャクチャカッコいいアウトラインですね〜。ヤバいでしょ〜。
これから大至急でラミネートし、スコーピオンベイに間に合わせてくれるとの事。
でも、大丈夫かな〜。ソフトシェルクラブ状態でサーフィンしたら、速攻でベコベコですよ〜。
ラミネート後、1週間ですからね。

ホーリー梶川







Revolver Maps
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
人気BLOGランキング
人気ブログランキングへ
SURFSIZE
サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中
ブログ村 サーフィン
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
ブログ村 マリンスポーツ