sandiegofish

Huntington Fish 6'8"

11154
Steve Bromがシェイプするフィッシュボード。

サンディエゴフィッシュとは、全く別の生い立ちを持つ、
もう一つのフィッシュボード・・・。

諸説あるが、誕生の時期も共に同じで、
それぞれの言い分が存在し、実は、真相は定かではない・・・。

11152
テールが2つに分かれ、魚の様な形をしていてフィンが2本。
基本構造が同じ様に見えるが、実は、全く別の個性を持つ。

とかく、サンディエゴという地域は、古くから多くのシェイパーや
サーファーが腕を競い合い、独自のカルチャーを築き上げてきた。

一方、マリブから北の地域は、それぞれのサーフコミュニティーがあり、
しっかりとしたカルチャーがあるのは事実なのだが、どうしても、
情報発信量の多いサンディエゴには叶わなかった。

雑誌を中心とするメディアは、一度の取材で複数の仕事がこなせる
といった好条件もあり、昔から、カリフォルニアの情報源は、
サンディエゴかマリブ界隈が中心となっていた。


はい、もうやめましょう。
この、カッコつけた言い回しの文章は・・・笑。

そうなんですね〜。
北の地域にも、有名なシェイパーはたくさん居ましたし、
ディープなカルチャーもたくさん存在するのですが、
どうしても、取り上げられる機会が少なく、常に主導権は、
サンディエゴやマリブ界隈の地域だったんですね〜。

なので、こんな素晴らしいブロムがシェイプするフィッシュボードも、
どちらかと言うと、まあまあ、こんなのもあるね〜的な存在のまま、
今日まで時間が流れたと言う感じ。

だけど、私は、ブロムフィッシュの凄さを知っています。

11151
スティーブ・ブロムさんから、直接聞いた事があります。

当時、フィッシュボードには、幾つかの問題点があった。
(これは、サンディエゴフィッシュの事を指しています。)

あのワイドなテールエリアとストレートなラインは、
ターンの際、フィッシュテールの先端の部分が、
確実に水に引っ掛かり、スムースなターンが出来なくなる。

そして、ダブルフォイルというフィンは、直進性を得る事ができない。

11155
私とクライドビーティーは、そこを分かっていたから、
テール付近のアウトラインにカーブをつけテールを絞った。

フィンも角度をつけて片面フォイル。
これにより、スムースなターンが可能になるんだ。

そうだよ。ロケットフィッシュって言葉。
今、どのシェイパーも使ってるあの言葉は、
僕たちがデザインしたフィッシュの事なんだよ。

僕らが作ったフィッシュボードに、ロケットフィッシュ
という名前をつけて売り出したんだ。

その後、一瞬で皆んながその言葉を使い出したけどね。

ちょっと、悔しそうな表情のスティーブさんが、
私は、今でもハッキリと覚えています。


私が、スティーブさんのフィッシュに乗り出し、
ドップリとハマってしまったある日。
(確か13年ぐらい前です。)

6'8"か6'9"のビッグフィッシュってのを借りた事があって、
初めて、長いフィッシュを体験したんです。

その頃、6'以下じゃないとフィッシュとは言えないよ。
って言うくらいの固定概念があったのですが、乗った瞬間に
考えが変わりましたね〜。

もしかしたら、初めてミッドレングスボードの魅力を感じた
一瞬だったかもしれません。

猛烈に早いテイクオフとスピード感。
ワンテンポ遅らせてやれば、自由に動く滑らかさ。

その日は、狂った様にそのボードに乗り続けましたが、
ボードは、持ち主に返さなければなりません。

何度も何度も、スティーブさんに私の希望する
そのビッグフィッシュをオーダーしたんですが、
届くボード全てイメージのものと違う・・・。

はい、そのまま、知らん顔してお客様に販売しました笑。
(いやいや、私のイメージじゃないだけで、確実に良いボードでした。)

そんでそんで、今回入荷したこちらの6'8"。

実は、このアウトラインが、私が待ち焦がれていた
あの時のビッグフィッシュそのものなんです。

11153
入荷した当初は、やっぱり販売しましょう・・・。
って見ない様にしていましたが、本日、やっぱり、
自分のものにしようと、在庫から消させていただきました。

また同じのお願いします!ってやったって、
確実にそれが出来上がって来る保証なんて、
何処にもありませんからね〜。

このビッグフィッシュ、いや、ハンティントンフィッシュは、
小波もボリュームで持ってっちゃうから、すごく楽しいし、
デカ波の時も、このテールの絞りが良い仕事するんですよ。

いや〜、狙ってた方がいたらゴメンちゃ〜い。

近々、あの時を思い出しながら、
このボードに乗り捲ってみようかと・・・。



それでは、みなさん、ごきげんよう。



フィッシュはどっちも最高だよ。

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





Larry Gephart

09271
スコーピオンベイに行く前日、
ジョシュ宅から徒歩3分のところにある、
大レジェンド、ラリー・ゲファート氏宅に
お邪魔してきました。

こちら、何度か当ブログでご紹介した事もある、
ゲッピーさん(ここからゲッピーさんとさせていただきます。)
ご自宅内にある作業場。

09274


09275

ゲッピーさんの性格がよく表れていますね。
工具や製作中のフィンが、整然と並んでおります。

09273
それにしても、本当にありがたい話です。
普通なら、絶対に会えない様なお方から話が聞けるんですからね〜。
(紹介してくれたジョシュに感謝です。)

今回も、色んな話を聞かせて下さいました。

スキップさんやリズさんとの昔話や
ゲッピーさんのフィンについて・・・。

ゲッピーさんの英語は、何故だか聞き取り難くて、
ただでさえ、ヘボ野郎な私ですが、途中で分かんなく
なっちゃう事も何度か・・・笑。

今度から、録音しようと・・・。

まあまあ、色々と話をお伺いした中で、
私的に一番印象に残ったのがこちら。

09279
1974年の春に撮った写真だそうです。

ゲッピーさんは、若かりし頃、メキシコにハマり、
かなり通っていたそうです。
それも、数ヶ月の滞在なんて当たり前。

09272
仲間とのトリップは、最高だったよ。
って、遠くを見ながら話されてました。
(マジ、渋かったっす。)

09277
こちらの写真を見てください。
はい、ポイント名は忘れてしまいましたが、
この波、20フィート近いモンスターウエーブ。

いやいや、ただそれだけじゃない!

09278
真ん中にポツンといる黒い影。
これ、ゲッピーさんでございま〜す。

分かりますか〜?

当時のメキシコなんて、サーファーなんかどこにもいやしません。
サーフィンしているのは、自分たちだけ。

当然、当時は、リーシュコードなんて存在しませんよ〜。

はい、レスキューのジェットもヘリも、そこにはいません。

頼るものは、自分の体力と運のみ・・・。

数人で沖に行き、こんなクソでかい波に乗るっちゅ〜んですから、
ちょっと、現代のサーファーでは考えられませんよね。

話はちょっと逸れますが、こんな波のスープの高さは数メートル。
グルングルンに掻き回されて、やっと上がってきても、水面の上には、
数十センチの泡が浮いてるんです。
人間の体は、水には浮きますが泡には浮きません。
という事はどういう事か・・・。

やっと、這い上がったとしても、息を吸うのは泡ごとしかないそうです。
なんか、その話、カウアイ島のジミーさんにも聞いた事がありますが、
アワアワの空気を吸い、水分を肺に入れない様に気を配りながら、
肺に新鮮な空気を入れるって言っていました。

んっ?

良く分からんし、やってみたくないですね笑。


それで、ゲッピーさん、こんな波にボッコボコに打たれ、
悔しくて、急いでカリフォルニアに!
当時、シェイプしてもらってたビル・キャスターにお願いし、
新しいシェイプ、そして、より長いガンを車に積み込み、
またすぐにメキシコに戻った事もあるよ〜。
なんて、おっしゃってました。
(9フィートだって言ってました。)

ゲッピーさんは、サンディエゴフィッシュを語る上で、
必要不可欠な存在の大レジェンド。

でも、今回、ビッグウエーバーとしても、レジェンドだという事を、
私。初めて知ってしまいました。

何気に、先輩とかジイさんの昔話を聞くのって、
とてつもなく退屈なもの。

でも、ここまで話がスゴイと、聞いてる最中、
ず〜っと、鳥肌が立ちっ放しでした。

昔のサーファーはカッコイイですね〜。
本物の海の男。男の中の男です。

と同時に、当時に生まれなくて良かった〜。
って、正直、思っちゃいました〜笑。


09276
こちら、ゲッピーさんが趣味で作っている、イルカのアート。

以前、当店で限定販売したハートに続き、
今回、こちらのイルカとシャークを数個ずつお願いしてきました。

ゲッピーさんの毎度のロゴが入った、
地元のサーファーも手にした事のない、
激レアートです!

入荷が楽しみですね〜。



おしまい。




明日は、スコーピオンベイから帰り、その後お会いした、
Shapes and Hullsのティム・ボウラーさんのお話。

ティムさんが、どれだけ、ゴイス〜なレジェンドなのか・・・。
明日、解明します。


今日のゲッピーさんへ、
そして、明日に期待のポチを!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





緊急出動

02111
朝イチの情報見て、なんだよってな感じで二度寝。

そろそろ、ランニングでも・・・・。

って、走る前に念の為の安心波チェック。

エッ!!

一気にサイズアップ〜!!

胸肩〜頭ぐらいになっちるぅ〜。

迷いましたわ〜。この時間からのスタートは、
確実な遅刻に繋がる・・・。でも、今日行っとかないと、
今週は、カリフォルニア前でやることだらけ・・・。

ヨシ!!

1持間だけでも入水だぁ。


鎌倉の山から下りて来た時のこの絵図らを見た時は、
ビンビンにストークしちゃいましたね〜。

02115
今日は、七里が浜の駐車場は、フリーマーケットで大満車!!

数台の駐車場待ちの間、運転席でウエットに着替える程の
時短モードっぷり。

車を駐車した、数分後には入水しとりました。

02113


02112
波は、胸肩ぐらいのサイズはあるものの、
トップだけがブレイクするヘビーダランチョ。

02117
7'6"のEggでも、インサイドまで繋ぐのが難しいほど。
(それにしても、アウトライン綺麗だな〜。)

でも、1時間限定の今日は、端っこのこぼれ波を中心に
来た波は全て乗る勢いで頑張らせていただきました。

こういう日。

そう、サイズがあってもショルダーが張って来ないコンディションの日は、
やっぱり、ミッドレングスに限ります。

なんやかんや、長さと浮力でボードが走ってくれますからね。

ミッドレングス、気になってんだよな〜。

って、いつも思ってるアナタ。

試してみてください。最初は、ターンのタイミングが違うから、
なんだよ〜。やっぱ、動かないじゃんか〜。ってなると思いますが、
”少し待つ”これさえ覚えてしまえば、今まで感じたことのない、
スピードとターンのドライブ感にシビれますから。

02116
はい。ウエットは、車に引っ掛ける事にしました。

ここいいじゃん!って、フェンスとかに掛けちゃったら、
またやっちゃいますからね〜。


それでは皆さん!!良い週末を〜!!


ポチもお願いしま〜す!
にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村



今日も後でユーズドボード
アップしますよ〜。
ホーリー梶川





Josh Hall Surfboards

5'10' Gen 2 Fish
2018-01-06-06-51-59


2018-01-06-06-51-59



5'10" SS Fish
2018-01-06-06-51-58


2018-01-06-06-51-59


ジョシュから写真が送られてきました。

この2本買わないか?って。

そのまま、要らん。ゴメンよ。

って答えたのでしたが、その直後、
ゲッピーフィンだぜ!って、追加のコメントが!!

即、返事しました。

抑えてくれ〜!!

最近、ゲッピーさんは、自分のブランドと仲間内のボードにしか、
ゲッピーフィンを供給していません。

肩が痛くて、あまり、仕事が進まないからです。

なので、ストックボードとしては、かなりのレアボードとなります。

どうですか!?

楽しみですね〜。

ゲッピーフィンがグラスオンされた、激レアサンディエゴフィッシュ。

どうでしょう。恐らく、今月には入荷すると思います。

皆さん、楽しみにしててくださいね〜。




ポチが少なかったら、ヤフオクで売ります。

ポチ、お願いしますね〜!

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村





ホーリー梶川





Fish SimmonsとFish

ジョシュ・ホールの人気モデルでもある、
フィッシュシモンズとフィッシュ。

これがまた、よく似てるもんだから、
どっちがどうなんだか、さっぱり分からんのよ〜。

金ならバッチリ用意してんのに、
どっち買ったら良いか分かんないから、
いつまでたっても買えないよ〜。

はいはい。

そうですよね〜。

それはいけません。

では、本日、しっかりと、説明させていただきましょう。


Fish Simmons
08051758_5985889f24d88


まずは、フィッシュシモンズに関して、何もわからんよ。
って方も少なく無いと思いますので、簡単に歴史から。

フィッシュシモンズは、スキップ・フライ氏が、1990年代頭に開発したモデル。
実は、その頃、スキップ・フライ氏は暗黒時代だったのです。

90年代といえば、ペラッペラのハイパフォーマンスボードの時代。
ロングボードに乗るサーファーは殆どいなくなり、とにかく、サーフィンと言えば、
ショートボード。

ショートボードをシェイプしないスキップ・フライ氏は、
オーダーが入らず大変だったんです。

そこで、スキップ・フライ氏は、ニューモデルを開発し、
この苦しい状況から脱出しようと試みました。

試行錯誤とテストの繰り返し・・・。
得意分野のフィッシュボードにアレンジを加え、
全く新しい乗り味のサーフボードが完成しました。

それが、Fish Simmons。

当時のFish Simmonsは、フラットからVeeで抜けていく
クラッシックなスタイルのボトムデザインでした。

それから、改良を加え現在のFish Simmonsになったのですが、
現在のFish Simmonsのボトムは、シングルコンケーブから
ディープなリバースVee。

シングル〜ダブルコンケーブに似ていますが、
テイル付近のコンケーブは、センターが一番張り出しています。
要は、Veeボトムの様に真ん中が飛び出ていて、その両サイドに
深いコンケーブが入っている感じ。

ダブルコンケーブは、レイル側の方が飛び出ているか、
センターと同じ高さが基本です。

そして、Fish Simmonsは、ロッカーが弱くストレートラインが長い
アウトラインを持っています。
更に、8’以上の長さになると、ノーズ付近のレイルはボトム側から
デッキに向けてレイルが捲り上がっています。

乗り心地は、とにかく、スピードが出る。
そして、リバースVeeにより驚くほどターンが軽い。

手に入れた方は、皆んなハマってしまい、2本目、3本目と
買い換えたり、買い足したりする方が大変多いモデルです。

(既に、文章を書くのが疲れてきました・・・。)


12161440_58537e5b5ef25
こちらは、SS Fish。
Gen 2というモデルもありますが、基本的な作りは同じ。

センター幅が1インチ広くテイル幅を1インチ狭くしたのがGen 2。
(ジェネレーション2)

共にシングルコンケーブです。
ここが、Fish Simmonsと大きく違うところですね。

乗り味の方は、SS Fishは、とにかく、スピードとドライブ感が最高!

一方、Gen 2は、スピードとターンをバランス良く調和させたモデル。
ターンのし易さは、Gen 2が上で、スピードを求めるならSS Fish。

Fish Simmonsとの違いの一番は、グライド感。

Fish Simmonsは、グライド感を強く感じるボード。
フィッシュは、感じないという事はないのですが、
Fish Simmons程では無いかも知れません。

その代わり、フィッシュは、レイルに体重を思いっきり乗せた、
ドライブの効いたターンが抜群に気持ちが良いのです。


う〜ん。


分かった様な分からない様な・・・。


まあ、そうかも知れませんね〜。


結局、サーフボードは、実際に自分で乗って感じるのが一番。

今日、私が説明させていただいた時に出てくるキーワードを
もう一回思い出し、その中で、自分が求めているものを選ばれるのが
宜しいんじゃないかと・・・。


いずれにせよ、どっちも、素晴らしいボードです。

ご自身のイメージでお選びいただくのが一番ですね。



それでは、皆さん、ごきげんよう。



にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川







Josh Hall Surfbords

image
本日入荷のジョシュ・ホールです。
8’から上のサイズが中心で、長いのは10’6”で、何と、3本入荷!!

環境さえ整えば、そりゃ、長ければ長いほどスピードも出るし
グライド感も増してきます。


とにかく、明日、アップしますので
それまで、この一枚の写真で想像しまくってて下さい。


本日最終ポチのお時間です。
にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





南房総2本乗り

05163


05164
本日は、南房総某ポイントへ。

波の方はイマイチ。

胸前後のセットは、多少、横に走れはするものの、
朝一は潮が多くバックウォッシュでボヨンボヨン。

05165


05166
まあ、こんなコンディションだから、ミッドレングスで行こう!
っちゅう感じで、選んだのはJosh HallのFish Simmons Twin 8'4"。

05161


05162
そして、ウエットは、今シーズンのニューモデル、BOHEMIAN PREMIUM "GOLD" LIMITED CHEST ZIP。
3ミリのジャージなのですが、過去に経験した事のない、
異次元の柔らかさ。

これは、オッさんサーファーには、最高の武器になりますね。
きてる感じがないぐらい柔らかいんですから。


そんで、波乗りの方は?

今日のボードは、テイクオフが早いので沖から走り始めますが、
どうも、スピードに乗らないし、インサイドは、
強烈ドッカーンダンパーだから距離が走れない。

結局、軽く1ラウンドで、一旦、休憩。
GoProで撮りましたが、多分、ろくなのが無いと思います・・・。

05168


05169
2ラウンド目はコチラ。
まだ、内緒にしてるニューブランド。

既に、8本のオーダーを入れてますので、
到着の時に発表しますね。

しかし、今日みたいなヘボ波でも、このボードはよく走ります。
2ラウンド目は、風が入ってきて、フェイスもガタガタだしブレイクも最悪。

刺し乗りでクルンッて一気に巻き上げるブレイクをテイクオフし、
そのまま、一気に走らないと即終了。

でも、何本か気持ちよく乗れましたね〜。

テイクオフが本当に早くて、レイルの切り返しが軽いから、
ガタガタフェイスのボヨンボヨンでも、どうにか対応出来ちゃうんです。

このボード、きっと、多くの方に喜んでもらえるハズ。
入荷を期待しててください。


05167
それにしても、やっぱ、
アリーの事が頭から離れないですね〜。

波待ちしてても、ず〜っと、考えちゃうんすよ。
(ウエットきて撮ってもらってる写真見ても、
なんか、魂が抜けてる感じだし・・・)

オッさんになると、色々とシミるんだな〜。

ごめんなさい、ここまで。


そんなこんなの、イマイチな本日のレポートでした〜。



オマケ

今日、ジョシュから連絡がありました。
あんにゃろー、ボード送ってませんね〜。

どうしたんだよ!?

って聞いたら、箱が変だからとか、運送屋が取りに来ないとか、
言い訳にならない言い訳をしまくっておりました。

多分、今週末に出して来週の中にピックアップ出来る
流れになるんじゃないかと思います。

今回は、長めのボードが中心。

フィッシュシモンズ、イーグルあたりを狙ってる方は、
お見逃しのない様に集中しといてくださいね〜。


ではでは。

ごきげんよう。


本日もよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




南房総、結構、水冷たかったよ。
ホーリー梶川




ピックアップ前のGoProサーファー

2017-05-11-11-45-45
本日は、ゲッピーフィッシュのピックアップ前に
茨城某ポイントで入水。

2017-05-11-07-32-46


2017-05-11-09-41-29
波はセット胸。
ミッドレングスには文句なしのブレイク。

ただ、どうして?って言うほど流れがゴイス〜。

あれ、肩頭だったらアウトに出れなかったでしょうね〜。
このサイズでギリって感じでした。

2017-05-11-07-36-13

2017-05-11-07-35-23
本日、一緒に入水したのはフォトグラファーの藤本氏。
彼も流れに苦しんでました〜。

2017-05-11-07-31-14


2017-05-11-11-03-07
私は、久々のWilderness。

ガッツリ2ラウンド、GoProを頭に引っ付けたまま
サーフィンさせていただきました。

2017-05-11-07-56-27
どうかな〜、多分、ソコソコの動画が撮れてると思うんですけど・・・。

動画アップは、ゲッピーフィッシュの後で。

先ずは、ボーの到着をお楽しみに!


PCポチでお待ちください。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


2017-05-11-12-49-46
海上がりはガッツリ中華屋さん。
でも、ボクら大人なんで肉野菜炒め。



ホーリー梶川





Fish比べ

2017-01-06-15-16-34
サンディエゴフィッシュの伝統を継承する
正統派のシェイプを得意とするJosh Hall。

彼は、多くのフィッシュモデルをラインナップしていますが、
その中でも、特に人気の3モデルを本日は分析してみましょう。

年始一発目の豆知識。

最後までお付き合いくださいね。

2017-01-06-15-17-09
比較するボードは、左からFish Simmons、SS Fish、Gen 2 Fish。

まず、アウトアインから。

基本はどれも似た様なもん。
ノーズが尖ってて、テイルが二つに割れてる。

まあそんなところですが、よく見たら、結構、違うものなんです。

まず、Fish Simmonsは、SS Fishに似た様でもありますが、
ワイデストポイントがセンター寄り。
共にストレートラインは長いですが、SS Fishは、ノーズ寄りに
ストレートラインを備えてます。

この6’代後半の長さとなると、SS Fishは、若干、テイル幅を細く
してあるので、差が判り難いですが、基本は、SS Fishの幅が一番あります。
そんで、Fish SimmonsとGen 2 Fishが同じぐらい。

Gen 2 Fishは、デレク・ハインドモデルとして、昨年、スキップ・フライ氏が
リリースしたモデルですが、このモデルは、SS Fishに比べ、
センターワイズをインチ持たせ、テイル幅を細めたモデルとなります。


2017-01-06-15-21-40
続いて、大事なボトムデザイン。

2017-01-06-15-22-34
Fish Simmonsは、センターがシングルコンケーブで
テイルがリバースVee。
リバースVeeというのは、Vボトムベースでセンターとレイルを結ぶラインに
コンケーブが入ったものを指します。
一見、ダブルコンケーブに見えますが、センターのポイントが一番
飛び出てるのが特徴ですね。

これにより、シングル〜ダブルコンケーブ以上にレイルの切り返しの速い
乗り味に仕上がるのです。
(ショートだとフラつきすぎてダメ。ミッドレングスならではのボトムデザインですね。)


2017-01-06-15-22-51
SS Fishは、シングルコンケーブ。
センター付近から、結構な深さでコンケーブが入ります。
幅のあるボードは、水面にペッタンコ張り付いてしまう。
それを解消出来るのと、水の流れの良いシングルコンケーブは、
抜群の加速力を生みます。


2017-01-06-15-23-23
Gen 2 Fishは、SS Fish同様シングルコンケーブ。
ただ、SS Fishがセンターからコンケーブが入るのに対し、
Gen 2 Fishは、ノーズから1/3の位置からシングルが入り始めます。

幅のありカーブの強いボードですので、スピードが落ちるのを
微妙に調整しているって訳ですね。



最終的に乗り味はどう違いがあるのでしょうか。


Fish Simmonsは、とにかく、動きが良くて皆んなビックリしますね。
反応が抜群で、その長さのボードに乗っているとは思えない軽い乗り心地が味わえるボード。
そして、7'オーバーのグライド感は、まず、他のボードでは味わえないレベルの
快楽を感じるはずです。


SS Fishは、70年代頭には完成していたボード。
そこから、進化なく今に至っているというのはどういう事なのか。
はい、完成されたものだからです。

長いストレートラインから生まれるスピードは、確実に虜になります。
急激なターンは、基本、得意としませんが、ボードの長さやスタンスで
いくらでも対処出来るので問題ありません。
とにかく、そんな事以上にスピードにヤラレてしまうボードですね。


Gen 2 Fishは、SS Fishからの進化版。
ジョシュは、以前、こう説明してくれました。

SS Fishは、最高に波の良い掘れたパワーのある波で威力を発揮する。
特に、速いブレイクでは最高だよ。
Gen 2 Fishは、マニューバビリティーを重視して考えられたフィッシュ。
ターンが軽快でどんな波でもマッチする。
普段使い的なボードかな。でも、スピードは、SS Fishの方が上だよ。

確かに、私も乗った感想として、そんな印象を感じますね。
でもまあ、結局、波がよければどれに乗っても最高なんですけどね。


如何でしたでしょうか?

2017年一発目の真面目豆知識ブログは。





本日の山ちゃん


山ちゃん1
これ、本日、緊急入手した山ちゃんの写真。
本日じゃないですよ。今日これだったらヤバイっすから。

詳細は分かりませんが、山ちゃん、やってましたね〜。

こんなの一枚見せられたら、もっと見たくなっちゃうんだよな〜。
でも、本人が簡単には見せてくれないんです。
これだって、相当頼んで送ってきたんですから。


皆さん、もっと凄いのを期待して、思いっきりポチっときましょう!
私もゲットする様、全力で頑張りますから。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村





ホーリー梶川





Josh Hall Surfboards

image
はい。撮影完了です!
今回入荷した10本のJosh Hall Surdboardsです。

今回は、ビッグガイにオススメのGun Fish、トリップにも活躍する
FCS仕様も織り交ぜてみました。

そして、仕上がりの良さが際立ってますね。

もはや、サンディエゴではナンバーワンクウォリティーと言える
ショアライングラッシングのラミネート技術は芸術レベル。

どのカラーを見ても、文句のつけようがありませんから。


とにかく、ホームページへのアップを楽しみにしててくださいね。




本日もよろしくお願い致します!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川




Josh Hall Surfboards

image
Josh Hall Surfboardsが12本入荷いたしました。

今回もニューモデルを含む素晴らしい内容となっております。

それでは、早速、ご紹介。


The Punta Model 7'6"&7'0"
EAGLES1


EAGLE1
こちら、ニューモデルのThe Punta Model。
Pointed Nose Egg Pintailにそっくりなこちらのモデルですが、
基本構造が全く違います。

The Punta Modelには、フィッシュのノーズテンプレートと
イーグルのテイルテンプレートを組み合わせた、
非常に美しいアウトラインを持つミッドレングスモデル。

Pointed Nose Egg Pintailより、ノーズエリアは、若干、細く、
そして、テイルエリアは、若干、幅をもたせています。

オールラウンドなミッドレングスをコンセプトに開発された、
乗り手を選ばないオススメモデル。

今回、7'0"は、試乗しレポートしますので、楽しみにしてて下さい。


JH Egg 7'6"
EGG1

ジョシュイチ押しのミッドレングスの代表作!

Breden 5'9"
breden1

ショートボーダーでも楽しめる、小波キラー!


Fish Simmons 6'7"
fs1

定番ですね。
大好きです!


SS Fish 5'7"&6'4"
gen2brown1


jhkeel641

サンディエゴフィッシュの決定版!!
サンディエゴフィッシュを知りたければ、
これに確定です!!


Gen2 Fish 5'11",5'7"&5'6"
gen2yellow1


gen2maroon1


zaki1

定番のSS Fishより1インチ幅を持たせ、1インチテイルを絞った
マニューバー重視のキールフィンフィッシュ。
頭前後ぐらいまでの波なら、抜群のパフォーマンスを発揮!


Rocket fish 6'2"&6'0"
rocket621


rocket61

今回、初めて入荷するRocket Fish。
カリフォルニアのトラッセルズで、既にテスト済みですが、
このボードのパフォーマンスは、ハンパないです。

元々、ショートボーダーで、最近、オルタナティブ系にハマってる方、
このボードに乗ったら感激間違いありません!

SS Fishより2〜3インチ長いボードをセレクトしましょう。




ざっと、こんな感じでございます。

ジョシュは、昨年からラミネートファクトリーを経営しております。
サンディエゴでなの通る、腕利きの職人は、全てジョシュが抑え、
仕事の評判は、確実にナンバーワン!

ボーその仕上がりを見てください!

今までに見たことが無い、最高レベルのラミネート。

全てがベストと言える、Josh Hall Surfboardsは、
確実に貴方を満足させます!




満足したい方、入り口は

ココ





本日もPC版に切り替えたらポチ!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川




Larry Gephart Surfboards

GEPPY1
Larry Gephart Surfboardsが入荷!

先日、ゲッピーさんとお会いした際、その場で手に入れたボードです。
ゲッピーさんが試作ボードとしてお持ちだったボードですので、当然、
自信作って訳ですね。

初めからレイルに5ミリほどの軽〜くぶつけた様な痕がレイルにありましたので、
私の方でササッとリペアさせていただきました。

全くわからないレベルに修復されておりますのでご安心ください。

GEPPY2


GEPPY3

ゲッピーさんの考えが全て集約された歴史に残るフィッシュ。
コレクターアイテムと言える、シェイプ数の少ないレアなボードです。

動きは非常に軽く、長さを全く感じさせない素晴らしいフィッシュ。

GEPPY5
本物のキールフィンフィッシュってのを、是非、体験してみてください。



CHECK!!




本日、最初のポチタイムです!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川




Legend

2016-09-02-02-50-42

2016-09-02-02-50-49

2016-09-02-02-52-17

2016-09-02-02-52-22

到着したカウアイ。
あまりにも多い出来事でまとめる事が出来ません。

写真中心のブログとさせていただきます。
なんせ、既に深夜の1時ですので・・・・。

2016-09-02-06-10-42

2016-09-02-06-08-02

2016-09-02-07-24-59

2016-09-02-07-25-40
2016-09-02-07-30-49

2016-09-02-07-52-02
2016-09-02-06-08-30

2016-09-02-08-04-18
2016-09-02-08-04-29

2016-09-02-08-04-50
2016-09-02-08-07-30
2016-09-02-08-07-58

2016-09-02-08-12-18

2016-09-02-08-14-35

2016-09-02-07-38-26
スティーブ・リズさんとお会いするという大ミッションも、
無事、終える事が出来ました。

2016-09-01-14-44-04

2016-09-01-14-45-18

2016-09-01-14-42-14

2016-09-01-14-40-33

もう、クタクタを通り越し、物も記憶も無くし捲っております。


明日は、サメと戦います。



本日の大ニュース

リズさんとお約束して参りました。

当店でスティーブ・リズ サーフボード、
取り扱い開始でございます!!
前代未聞の記念すべき日に
ポチっとお願いいたします!!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



きっちり決めさせていただきました!
ヨロピク!!
ホーリー梶川



先回りしてみました

image
昨晩は、仕事を終えシャワーだけ浴びたら静岡方面に向け出発。

夜の11頃に到着したでしょうか・・・。

暑くて眠れませんでした・・・。
(リアカーゴのネットは使用せず。だって、なんか不安で。)


2016-08-26-13-29-59

2016-08-26-13-30-20
朝起きて、波を見たら大興奮しちゃいましたよ。
まあ、波情報から予想し、多分、セットで肩頭とかかな〜って思ってましたから。


2016-08-26-13-31-14

2016-08-26-13-30-43

2016-08-26-13-31-00

2016-08-26-13-29-04

2016-08-26-13-28-42

2016-08-26-13-29-39

2016-08-26-13-33-12

パンチの効いた良い波でしたね〜。

セット間隔が長いから、頑張ればミッドレングスでも
アウトに出れるギリギリな感じ。
ショルダーが張ってこない感じでしたが、波のパワーがハンパないから
インサイドまで突っ走れる感じ。

08265
朝一は、Gen 2 Quad 5'7"で臨みましたが、
水量が多くてテイクオフがレイトになりやすかったので、
途中でFish Simmons 6'8"に乗り換え。

Fish Simmonsは、ブレイクとパーフェクトにマッチ。
セットのデカいのをアウトからインサイドまで、気持ち良く
ターンを織り交ぜながら、よ〜く走ってくれました。

08264
外しは覚悟で向かった某所でしたが、今日は、行って大正解ですね!!

08263

08261
何しろ、このポイントは、ロケーションが最高!!

海はガラッガラだし景色も抜群!!
もう言うことなしですよ。

昔は、本当によく通ったこのポイントですが、
ホント、久しぶりでしたからね〜。

また、ちょくちょくお邪魔したいですね。

本当は、もっとのんびりしたかったのですが、
そうもいきません。

08266
帰りも2時間半かけ、現実が待つ横浜に戻ったのでした〜。


今度は、七輪持ってもうちょっとのんびりパターンで
行きたいですね。




にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川



オフショア

08082


08083


08084
本日は、明るくなり始めた瞬間からのスタート。
まさかとは思いましたが、まさかでしたね〜。

オフショアに思いっきり抑えられ、入水した4時過ぎ頃は
肩前後の良い波もあったのですが、ものの30分ほどで
一気にサイズダウン開始〜。

潮は上げてくるし、オフショアに抑えられちゃうしで、
待って待って、ようやく腹ぐらいのセットが来る感じ・・・。

昨日は、サイズアップするであろう今日の事を想像し、
店でディスプレイしているビンテージのシングルフィンを
高いところから必死になって引っ張り出したんですけどね〜。


08085
この強いオフショアのお陰で、富士山はご覧の通り。
メチャクチャ綺麗でしたよ〜。

08081
本日の朝一は、Gen 2 Fish Quad 5'7"の初乗り。

このボードは、絶対に良いに決まってるから、
今回は新しいモデルだけど、乗らなくても良いかも・・・。
そのくらい思っていたのですが、やはり乗ってみて正解でした。

ジョシュのフィッシュ系は、全て乗ってきた私。
先日もお伝えしている通り、Gen 2 Fishは動きが抜群で最高!!
って言ってましたが、やはり、クワッドになると更に反応が良いですね。

アップス&ダウンの段階で歯切れの違いをしっかりと感じ、
加速感がキールフィンと比べると明らかに上ですね。
(アップス&ダウンによる加速感)

いや、本当に今日は、良い波の時間がほんの僅かしかなかったので、
このボードで最高のライディングが出来たのは、数えるほどしかありませんでしたが、
最高の手応えを感じました。

注:クワッドが全てというわけではございません。
乗った時のフィーリングなんかは、キールフィンの方が
上と感じる方もいるし、その辺りは好みです。


08087


08089


08086
潮が上げ、サイズダウンも進んだところで、
昨日もお世話になったFish Simmons Twin 6'9"にチェンジ!!

でも、時すでに遅し・・・。

朝一の波情報が良すぎた事で、多くのサーファーが押し寄せ、海はごった返し。
その反面、波は無くなるしで、雰囲気ヤバヤ〜バ〜。

軽く入水したところで、怒られる前に退散〜!



080810
ドッヒェ〜!!
こちら、先ほど、山ちゃんから送られてきた写真。
本日の西湘方面某ポイントです。
この感じだと、潮が上げた頃、
キレキレの良いブレイクになってたでしょうね〜。

昨日入水して、良い思いをしただけにこの写真一枚で
ヤバヤバ感が伝わってきますよ。

今日もこっちの方だったんですね〜。ガクッ。



それにしても、月曜なのに人多かったな〜。
皆さん、もう夏休み?


今日も元気良くポチッとお願いいたします!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川










Pendoflex

image
本日、一枚の写真が送られてきました。
本日、当店のRubber Duckieを梱包したそうです。

何だか、色もいいしいい感じじゃありませんか。

全部で8本オーダーしたRubber Duckie。楽しみですね〜。


image
Rubber Duckieは、ミニシモンズでもなくフィッシュでもない。
独自の乗り味を持つ魅力満載のパフォーマンスボード。


到着まで、今しばらくお待ち下さい。




ラバーダッキー、マジで良いぞ!!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川




試乗インプレッション

07113


07112
本日は、ボロちゃん、初の遠出。
ですので、行きは音楽なし。

常に異音が聞こえやしないか、
そこに集中しながらのドライブをしないといけないので。

でも、なんとなく、今のところ問題なさそうですね。

高速も100キロ巡行バッチリだし、途中の峠道も元気良く登ってくれました。

07111


07114
到着したのは、南房総某ポイント。
潮が上げ切る朝一は、多少のボヨつきはあったものの、
十分、走れるコンディション!!

サイズはセット肩前後で、結構、パワーのあるブレイクでした。
正直、もう一本持って行ってたBoogieでの入水は、ヤバイっしょ〜的な
気持ちが先行し、先ず乗ったのは、Josh HallのGen 2 Fish 5'7"。

071113
このボードは、ジョシュが来日した時と同じタイミングで入荷したボード。
覚えてますか?そう、あの、31本大量入荷の日。
あの時、自分用に抜いといたボードなんです。

そんで、本日、ようやく、初乗りという訳です。

07116
自分には、ベストな長さの様ですね。
そして、当然ですが、前回乗ってた5'9"と比べると動きが軽くなりましたね〜。

07117
Gen 2は、とにかく、ターンが軽いです。
私は、Gen 2もスタンダードなテイルを絞っていないフィッシュも乗りますが、
この差は、結構、はっきりと感じますよ。

以前も言った事があると思いますが、Gen 2は、マニューバー系。
どちらかというと、ショルダーの短めの波で、カットバックやターンを
多様したいコンディション向き。
一方、スタンダードフィッシュは、踏み込んだ時の伸びが物凄い。
波の力を最大限に生かす事ができるデザインで、カッ飛び派にはお勧めです。
ただ、やっぱ、乗り比べると、ターン時はしっかりとテイルを踏まないといけません。
(テイルをしっかり踏めば、全然、問題ありませんが・・・。)

Gen 2に乗ってたら、徐々に潮が上げてきて、波が厚くなってきました〜。

一旦、そのラウンドを終了させ、先ずは休憩。


07118
波を見ながら、このパターンは、Boogieだろ〜!って、
結局、本日、2本目のニューボード下ろし決定!!

07119
案の定、ミドルのグリングリンセクションで嵌りまくり。

皆さん、ニヤニヤしながら私の事を見ておられましたわ。

アウトに出れる寸前で食らっちゃって、また降り出し〜!!
行ってらっしゃ〜い!ってパターンが、結構ありましたからね。

ドルフィンは、私の体重じゃあほぼ無理。

何度かトライしてみましたが、エアードルフィンになっちゃって、
ドルフィンしている様で、体は完全に海面の上で波をスルーって
感じになっちゃうんすよ〜。

でも、初心者にはいい教材になったと思いますよ。

そっか〜、ドルフィンって、水中であんな風な姿勢をとるんだ〜。ってね。

071112
セットの切れ目に全開パドルでアウトに出る。
アウトに出たら、波を少々選ばないと、本当にどんな波でも乗れちゃうから、
これがまた、エラく疲れちゃうんです。
本数乗るだけなら何度もないのですが、とにかく、帰りがヤバいっすから。

私は、これまでBoogieは、基本、小波専用として乗ってきました。
腿腰ぐらいの波では、とんでもない武器となりますからね〜。

今日ぐらいのサイズの波で、しかも、パワーがあるコンディションで試すのは初めて。

でも、Boogieは、ゲットさえ出来れば、パンチの効いた波でも
しっかりと抑えられるボードですね。

そんで、やっぱ、動きが軽い!!
波にパワーがあっても、全然問題なくテイルを踏み込めます。

一言で言うとミズスマシ。

レイルをガッツリ入れてターンするというより、軽い体重移動だけで
ギュイ〜ン!!って、回ってくれるボード。

しかも、浮力がスゴいからスピードが半端じゃない。

乗ってて、どんどん、その乗り味にハマっていき、
最後の方は、インサイドのチューブを狙ってましたね〜。

浮力がスゴいから、巻いてきた時にヤラれるのが怖かったのですが、
ガンガン突っ込んじゃいましたよ。
気持ちよかったっすよ〜。

そうそう、実はこのボード。
私がカツさんにオーダーしたパーソナルボード。

このボードは、とにかく、使用目的がハッキリしてて良いですね。

パワーの無い波で、思いっきり動かしたい時には、これがベストって言えるぐらい
極端に小波寄りに作られたボード。
他のボードには無い、独自の乗り味を持った面白いボードです。

そして、慣れてきたらパンチの効いた波で、
その浮力と軽快な動きを利用したサーフィンが十分に楽しめるって事を
本日、知ってしまいました〜。



今日は、パドル筋とエアードルフィン筋がクッタクタっす。




それでは、次回の試乗インプレッションをお楽しみに〜。




にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川















ブリブリッ!!

0629B


0629A



ブリっと入荷!!


明日、頑張って作業を進めさせていただきます!
本日のところは、ポチでご勘弁を!!



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川




Fish vs Fish Simmons

06277
ここんところ、大変多いお問い合わせ。

よく似たフィッシュとフィッシュシモンズの違いって、
結局、何なんでしょう?

迷える子羊ならぬ、オヤジさんにお答えさせたいただきます。

まず、歴史的に言えば、フィッシュが先に生まれております。
フィッシュボードは、スティーブ・リズ氏が、二ーボードとして
テイルが二つに割れたボードを60年代後半に開発。
運動性能が高い事で、多くのサンディエゴのニーボーダーが、
注目している中、サーフボードとしても開発が始まったのです。

その第一人者が、スキップ・フライ氏。
よく言われるのが、スティーブ・リズにより開発され、
スキップ・フライ氏がサーフボードとして、世の中に広めた・・・。

フィッシュボードは、70年代の前半には完全に完成し、
その後も、大きく変わる事なく40年以上も引き継がれてきた、
歴史が深く完成度の高いサーフボードなのです。

フィッシュボードは、短いボードにも拘らず、長いストレートラインを持ち、
早いテイクオフとドライブの効いたターンが味わえる、
素晴らしいデザインのサーフボードです。

06278
ここに写っているGEN 2 Fishは、テイルを少し絞っていますので、
スタンダードなフィッシュとは、若干、違う乗り味にアレンジされています。

スタンダードなフィッシュは、テイル幅がある分、少し慣れるまでに
時間を要します。

いつもの要領で、ボトムにしっかりと降りる前にテイルを踏み込むと、
きっと、レイルが入らないと感じる事でしょう。
でも、それは何を意味するか・・・。

テイルが波のパワーを最大限に受け、その分、スピードや伸びに力を変えているのです。

ですので、GEN 2 Fishの様に、テイルが絞られたフィッシュは、ターンが容易に出来る一方、
爆発的なターンの伸びは、若干、抑えられてしまいます。

まあまあ、それでも、十分速いと感じますが・・・。

キールフィッシュを一言で言うと、やはり、スピードとターンの伸びです。
(一言じゃなかったですね。)

一方、フィッシュシモンズは、どんな感じなのか。
実は、スキップ・フライ氏は、80年代、暗黒の時代を迎えていました。
花形のシェイパーとして注目されていた、70年代のスキップ・フライ氏
でしたが、時代は、スラスターのショートボード時代真っ只中。

熱狂的なスキップ・フライ氏のファンは居ましたが、
彼は、それだけでは満足していませんでした。

何か、新しいモデルを開発し、注目を集めてやろう!
そんな考えの元誕生したのが、フィッシュシモンズだったのです。
確か、92年の事だったと記憶しております。

06279
フィッシュシモンズは、スキップ・フライ氏が得意とするフィッシュボードが
ベースとなっています。
得意なフィッシュをアレンジする事が、一番、確実だと考えたのだと思います。

オリジナルのフィッシュシモンズは、9'0'とうう長さを持ち圧倒的なスピードで、
サンディエゴのサーファーを驚かせました。

そして、スキップ・フライ氏は、一瞬にして起死回生!!

そうなんです。
フィッシュシモンズによって、改めて再注目されたのです。

フィッシュシモンズは、トライフィンのフィッシュボードという事で、
初めてご覧になられた時は、きっと、驚かれた事でしょう。

でも、これが、本当に凄いボードなんです。

とにかく早くて、とにかく動く。

なんだ!そりゃ!!

って思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
本当に、凄いんです。
サーフボードの常識を、ある意味、覆したニューデザインと言えるでしょう。


そんで、結局、どっちが良いんだ!?


はい、答えは、どっちも良いです。

どっちも最高のサーフボードです。


フィッシュは、ターンのタメ感が実に気持ち良いボード。
そうですね。ボトムターンなんか、他のボードじゃ、
あの感覚は絶対に味わえません。
最高です。

一方、フィッシュシモンズは、とにかく速い!!本当に速い!!
なのに、動きが抜群に軽い!!
そうだな〜、単純に高性能ボードを選ぶのなら
フィッシュシモンズがオススメですかね〜。

ターンの伸びとか、フィッシュという、ある意味出来上がった、
そのスタイルを味わいたいならフィッシュボード。




どうでしょう?

こんな感じで・・・。




頑張って記事にしましたよ〜。
今日も、ポチ大連打決定です!


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



真面目人間による真面目ブログ
ホーリー梶川




入荷です。

06141
Josh Hall Surfboardsが、無事、入荷いたしました。
新品が15本。デヴォン。ハワードが乗っていたユーズドも同時に入荷。

今回も、フィッシュが中心となる内容。

ラストゲッピーも、確か、2本ばかし入ってましたよ〜。



それでは、明日に向け、ポチ大連打会、
宜しくお願い致します!


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川




Revolver Maps
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
人気BLOGランキング
人気ブログランキングへ
SURFSIZE
サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中
ブログ村 サーフィン
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
ブログ村 マリンスポーツ