ranchcoat

ランチコート

当店は、ヴィンテージ物やインポート物のランチコートを、多く取り扱っております。

それは、アメリカ西海岸の70sカルチャーを語る上で、非常に重要なアイテムだからです。

P1170046

当時は、ウエストコースト系のロックミューシャンの必須アイテムでした。

ウエストコーストロックの原点はカントリーロックにあり、
ニールヤングのサウンドと、レコードジャケットのように、
土臭いサウンドと、ランチコートの相性は完璧でした。

<ランチコート>
ランチとはアメリカでいう「大牧場」。
つまり、そこで働くカウボーイたちが着る防寒用コートを意味します。

古くは毛を付けたままの羊の一枚革(ムートン=メリノ種の仔ヒツジの毛皮)を、
裏出しにしてつくられていたことから
シアリング(羊毛の刈り込み)・コートとも呼ばれていました。

現在ではスエード地、コットン地、裏にボアを貼ったタイプなどがあります。

比較的、日本では「コート = トラディッショナル」という概念がある中、ランチコートは、
コートの中で唯一、アメリカ西部などの土臭い匂いがするカジュアルコートなのです。

いかがですか?
ランチコートは、タイトに着るも良し。少しオーバーサイズで着るも良しです。
チェックは、写真のHOLYSMOKEオリジナルランチコートです。
CHECK!!!


Pコートやダッフルコートも良いですが、ランチコートは冬のサーフコートですね!
本日はコートの豆知識でした。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

トロマツ



Johnson Woolen Mills×Holy Smoke Ranch Coat Jacket

ブラウン×ベージュブロックチェック
P1110130


グリーンバッファローチェック
P1110127


レッドバッファローチェック
P1110133

本日は、ホーリースモークが、アメリカの老舗ブランド『ジョンソン・ウーレンミルズ社』に形、素材、柄全てを依頼して作った、ホーリースモークオリジナルのランチコートのご紹介です。

襟周りは、70年代のランチコートを思わせる大き目なものにしましたので、とてもクラシカルな雰囲気に仕上がっています。

使用しているボタンは、リアルレザーから作り上げた、本物のクルミボタンを使用!

アウターに使用しているウールは、20ozの厚手のもので、インナーボアも、分厚くしっかりとしたものを使用しておりますので、非常に暖かく保温性はバッチリです。

兎に角、ジョンソン社と何度もやり取りを繰り返した末に出来上がった、一切妥協無しの、ホーリースモーク自信の一着!

是非、チェックしてみて下さい!

CHECK!
※着用モデルの身長は171cm 体重65kg でMサイズを着用しております。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村
Revolver Maps
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
人気BLOGランキング
人気ブログランキングへ
SURFSIZE
サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中
ブログ村 サーフィン
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
ブログ村 マリンスポーツ