pendoflexsurfboards

Pendoflex Rubber Duckie

08032


08034

Pendoflex/Rubber Duckieが入荷しました!

しかも、堂々の8本入荷!!

これには、ちゃんと根拠と確信があるのです。

私は、当店で扱うボードは全て乗る。
そして、そのボードの特性を必要とするお客様が
当店にいらっしゃると感じたら、適正だと思われる数を
シェイパーにオーダーするのです。

例えば、ジョシュ・ホールに今まで何本のFish Simmonsや
Fishをオーダーした事でしょう。

確実に調子が良くて、それを買った皆さんが絶賛してくださるから
結果、これだけの数となった訳です。

今回、こんな異色のボードなのに大量に発注したのでしょうか?

はい。答えは簡単。

乗って、最高に楽しいからです。

Rubber Duckieは、乗り味に特別な個性を感じます。
その個性が、好きな方には堪らないのです。

ダラッダラの波でも、スピードを落とす事なくガンガン突っ走るし、
カッポレの速いブレイクもスッパーン!!って、とんでもないスピードで
抜けちゃう、もの凄いボード。ホント。

なんで、そうなのか?

何ででしょうね〜?

多分、デッキパッド下に隠された極秘のテクノロジーだと・・・。


08035

08033
そして、この特殊なボトムデザインでしょう。

ノーズは、どっちがボトムか分からないほど捲れあがってるし、
テイル付近は、強烈なVeeと派手なチャンネルが入っています。

ワイドなノーズエリアでも捲られたレイルで引っかかる事はなく、
深いチャンネルがターボを利かせてくれるのでしょう。


このRubber Duckie、ちょっと、お値段が高い。
でも、皆さん、そこいら辺はどうかご理解ください。
なんせ、仕入れ価格が、他のシェイパーのロングボードと同じなのです。

まあ、手の込んだ造りのボードです。

たかが数万の違いで、最高のサーフィンライフの1ページを
飾ってくれるなら、ヨシとしようじゃないですか。


5'0" EPS
PBEIGE1



5'2" EPS
PGRAY1



5'2"
PRED1



5'3"
PART1



5'4"
PPURPLE1



5'6"
PPINK1



5'8"
PYELLOW1



5'10"
PORANGE1



選ぶ基準は、ミニシモンズと比べたら3、4インチは短くしても良いでしょうね。
フィッシュなら6とか8インチ。
だから、6のフィッシュに乗ってたら、5’6”とか5’4”で十分。

まあ、オーバーフローで乗ったほうが面白いボードなので、
その辺は、好みもございますが・・・。


ヤバイです。

本当に面白いボードです。





CHECK!!






世界一、ダッキーをストックしている店、
ホーリースモークにポチッとお願いいたします!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





試乗レポート

06101


06102


06103


06104


本日は、北千葉方面へ。

仕事のタイミングやら波のタイミングで、
ようやく、今週初となる入水のタイミングが回ってきました。

でも、朝一からオンショアが吹き、コンディションはイマイチ・・・。

06107

まあまあ、天気が良いだけで良しとしましょう!

そして、今日は、アンドレイニ大好き野郎のN君と入水。

1ラウンド入った後、せっかくだから、お互いのライディングを撮ろう!
って事になり、30分交代で2セットずつ撮影しました〜。

06106
私が本日乗ったのは、4本を車に積んでいた中から、
PendoflexのRubber Dacky 5'4"。

はい、昨日まで販売していたボード。
ずっと、このRubber Dackyが気になってたんです。
前乗ってた、黄色の5'2"が絶好調だったから、
とにかく、2本目を乗ってみたかったんですよね〜。

そんで、もう、我慢できなくなっちゃって、今朝、
車に積んじゃったって訳です。

06108
今日は、セットハラ前後のダラダラブレイク。
ショルダーが張って来ない波だったので、色々ある中から、
Dackyがドンピシャだろうと迷わず決定。

06149
いやいやいや〜、一本目から絶好調でしたね〜。
このボードは、このボードにしかない乗り味なんですよ〜。

まず、テイクオフが異常に早い。
そうですね〜。フィッシュに当て嵌めたら、6’6”ぐらいの
テイクオフの早さでしょうか。

061012
そんでもって、動きがめちゃくちゃ軽い。

はい、軽いって言っても、とにかく、ハンパなく軽いんです。
軽いといっても、スッカスカな感じじゃないですよ。
しっかりと伸びてくれる、気持ちの良いドライブ感・・・。

しかも、波が全然張ってない場所でも、遠慮なくレイルをぶっ込んで
ターンが出来るんです。

061011
乗りながら、何度も、このボード、自分が試してよかった〜。
って思っちゃいましたよ。

いろんな波があって、いろんなボードがある。
そして、サーファーの要望も様々。

でもね。今日のコンディションにDackyの組み合わせは、
自分にとって、最高の組み合わせだったんじゃないかって
思ったほどです。

061017
まあ、楽しませてもらいました。
結局、私は、撮影の2セット共にDackyでやらせていただきました。

次回は、コンディションの良い波で、思いっきりカッ飛びたいですね〜。


続いて、N君。

彼も色んなボードに乗るサーファーなのですが、
特に、アンドレイニがお気に入りなんです。

しかも、彼は、脚力がハンパないので、ごっついレイルのボードで、
ガンガン走って、波のリップを抉る様なサーフィンをするおバカさん。
(おバカさんは、余計でした。)


061016
まずは、ANDREINI Fish Hawk 5'6"でトライ!
(変な写真でゴメン!)

061313
この板もテイクオフが早いっすね〜。
まだ割れる前に、完全に立っちゃってますからね。

061314
ちょっと、撮るタイミングが悪かったな〜。
でも、この後、ビシッとリッピングを決めて、
バッシャ〜!!って、スプレー上げてましたよ〜。

061213
こちらは、インサイドで拾った、ヘボ波のバックサイド。
でも、いいラインで波のトップに入ってますね〜。

061013
その直後のショットがコチラ。

抉ってるでしょ〜!!
この波でこのスプレーっすから。

恐らく、彼は、日本一ANDREINIで蹴り込むサーファーですね。

特にバックサイドの蹴り込みは、ハンパないですから。


061315
続いて、ANDREINI Square Tail Twin 5'9"。
(またまた、変な写真でゴメン!)

061015
この写真な〜。当て込んだ直後なんですよ。
私の完全なシャッターミス。でも、いいリッピングしてましたよ〜。

波がトロいっすからね〜。
ターンも慎重にいかないとレイルが食っちゃいますから。

でも、上手い事バランスをキープし、しっかりとターンしてますね。

いやいやいや〜。

どんどん、オンショアが強くなっちゃって、
ショルダーの張らないダランダランになって来ちゃいました〜。
私も頑張って撮りたかったのですが、もう、どうしようもない波になっちゃって、
本日は、ここで終了〜。

次から、飯おごるから付き合ってくれ〜って、
彼にお願いしときましたので、今後、彼のタイミングがあったら、
テストライダーとして写真を撮っていこうかと。

今後の展開を楽しみにしててくださいね〜。

色々乗せたいけど、野郎の蹴り込みはハンパないから、
ボードが、ボロボロになっちゃうから、それが、心配だな〜。

蹴るな!を条件にしましょうかね。


2016-06-10-12-29-04
帰りは、久々にこちら。
ここ、昔ながらの味で、上手いっすよ〜。
いつも駐車場が満車だから、早めに行くのが良いかもですね。

2016-06-10-12-12-04
蹴り込み野郎は、焼肉定食。
そして、私は、餃子ライス。

ここの、餃子が、これまた、堪らんのですわ〜。

炭水化物の摂取を制限している私ですが、
今日は、思う存分、餃子ライスを堪能させていただきました。



それでは、皆様、久々のライディングショット付きレポートに
ポチを宜しくお願い致します!

ポチが少ないと、蹴り込み野郎が、
自動的にクビになるシステムとなってますので、
その点、ご考慮の上、宜しくお願い致します!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



来週は、ジョシュが入荷します!
ホーリー梶川




Pendoflex

2016-05-12-13-49-11


2016-05-12-13-49-51


2016-05-12-13-52-03


2016-05-12-13-53-08


2016-05-12-13-53-35


2016-05-12-13-52-35


Pendoflexも出来上がり!

本日、奥さんのシェールさんから写真が送られてきました。
あと、他にもう一本ありますが、それは、今日仕上げるとの事。

ラバーダッキーにラウンドノーズクワッドフィッシュ。
そして、2本のエッグボード。

いやいやいや、どれも、私好みのアウトラインで最高です。

送られてきた写真が小さくて、あまり細かいところが分かりませんが、
私ようにオーダーした、ディープフィッシュテイルのラバーダッキー、
早く乗ってみたいっすね〜。

エッグも乗ってみたいし、他にも乗りたいのがあるから、
こりゃ、商売にならんね〜。

多分、週明けには、すぐに次のオーダーを入れる予定。
カスタムオーダーを入れたい方は、ご連絡ください。
今なら、便乗出来ますよ〜。


今日は、盛りだくさん。
ポチってくんないと、ブログやめちゃうぞ〜!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





Steve&Cher

2016-03-21-16-55-36
昨日は、ぺんどフレックスのスティーブさんとシェールさんにお会いしました。
それにしても仲が良いですね〜。
30年以上も連れ添って、まだこれですから。

2016-03-21-15-35-01
そして本日は、スキップさんの大親友でもある
マサさんも合流し、豪華メンバーでの朝一のサーフセッション。

2016-03-21-15-35-07

2016-03-21-15-35-23

2016-03-21-15-35-24
はい、実は、お二人を撮る振りして、
私の頭の中では、スティーブさんがメイン。

美味しいショットいただきました。

2016-03-21-15-46-10
シェールさんは、昨年、サーフィン中に足の大怪我をし、
まだ、完治していないので、入水は出来ません。

2016-03-21-15-51-51

2016-03-21-15-56-28

2016-03-21-16-24-03

2016-03-21-16-24-06

2016-03-21-16-24-15

2016-03-21-16-24-16
私は、ゲッピーさんからお借りしたフィッシュで入水。
ゲッピーさんが、今迄、ずっとこのフィッシュにこだわって来た理由が
よく分かりました。
ノーズエリアのラウンドしたボトムが、動きを軽くしてるんですね〜。
今日の波は、オーバーヘッドぐらいだったのですが、
私は、インサイドの掘れててロングライド出来る
セクションの波に乗っていたのですが、
いやいや、6’4”とは思えない軽い動きのボードでしたね。
次に5”代に乗るのが楽しみになる今日の感触。

2016-03-21-17-19-00

2016-03-21-17-19-02

2016-03-21-17-18-56

2016-03-21-17-18-51

2016-03-21-17-18-55
2016-03-21-16-52-27
第二ラウンドは、またまた、スキップさんの6’9”。
長いフィッシュって、最高ですね。
テクオフが早くて、深いターンが最高位気持ちいい。
結局、今回のトリップで、一番活躍してくれてるボードです。

2016-03-21-16-31-25

2016-03-21-16-31-44

2016-03-21-16-31-33
スティーブさんは、ピークで知り合いの方達とのトークが忙しく、
結局乗ったのは3本だけだったそうです。

スティーブさんは、何処に行っても人気者ですね。

2016-03-21-21-16-13

2016-03-21-21-08-27

2016-03-21-21-08-54
海上がりは、ご自宅にお招きいただき、
オーダーしているボードの話や、
スキップさんやゲッピーさんとの過去の話など、
たくさん聞かせていただきました。

この青いボードは、私がオーダーしていたジャンピングビーン!

スティーブさんがシェイプし、シェールさんがペリカンを描いて
下さった、時間と手間のかかったアートボード。

2016-03-21-20-21-59

2016-03-21-20-22-06

2016-03-21-20-22-07
2016-03-21-20-22-09
でもね、今週ラミネートしたばかりだってお聞きしたのですが、
この波を見たら、我慢なんて出来やしません。

お二人と別れた後、早速、試してみました。

セット頭半のサンセットクリフス。

最高の波でした。

でも、数本乗ったところで終了!?

ワイプアウトした時、ジャンピングビーンが、
私の側頭部にクリーンヒットしたんです!

半端ない衝撃でした。

その瞬間、頭蓋骨が陥没したんじゃないかって思う程の衝撃で、
ヒットした耳の辺りの頭蓋骨が凹んでないか、
何度も手で触って確認した程。

結局、耳の中から血が出る程度で済みましたが、
場所が悪かったら、マジヤバでしたね。
(耳の中から血ってのもヤバいっすけどね。)

2016-03-21-13-11-43

2016-03-21-13-11-51

2016-03-22-00-34-05


本日は、スティーブさん、シェールさん、色々と有難うございました。
また、秋にお会いしましょう!



お二人の記事は、また、帰国後にやりますね。


これから、早朝の波偵察。
多分、昨日と同じぐらいはあるでしょう。
明日は、場所によっては
10フィートまでサイズアップするとの事!
ちょっと、楽しみですね〜。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ジャンピングビーン、
無事で良かったわ〜。
ホーリー梶川





Pendoflex Surfboards

Rasta Fish 6'2"
rastatwin621


Keel Fish 5'11"
pendokeel5111


Double Wing Quad 5'10"
doublewingquad5101



昨日入荷した、Pendoflexが当店のHPに掲載されました。
50年以上ものシェイプ歴を持ち、スキップ・フライ氏とも深い交流を持つ
サンディエゴを代表するレジェンドシェイパー。

スピードを生むボードを開発するため、1970年代から開発され生まれた、
独自のテクノロジーは、テイルを踏む毎にスピードを増していく”マジック”が
彼のボードには隠されているのです。

これまでに、バテンス・カルヒオカラニ、リチャード・ケンビン、
ダン・マロイ、ゲビン・ベッシェン、マーフィー・ブラザーズ、
ダニエル・トムソン、デイブ・ラスタビッチ等、
世界中の多くの有名サーファーが、彼のボードに乗り、
そして、虜となって来た事が、その”マジック”の揺るぎない答えなのです。

シェイプからラミネートまで全てを1人でこなす、本物のクラフトマン、
スティーブ・ペンダービス。


本当に素晴らしいボードです。
とにかく、チェックしてみて下さい。



CHECK!!




今回、本当に悩みました。
どれを自分で試そうかと・・・。
でも、結局、出た答えがこれ。

07011
入荷した6本の内3本はテストする為、
今回の販売は見送りました。

いつも、申し上げておりますが、私は、とにかく、
乗った事も無いのに、「このボード、調子良いよ〜。」
って、絶対に言いたくないんです。
乗って初めて、良いのか、それとも悪いのかが判断出来、
そして、HOLYSMOKEという看板を汚す事の無い、
しっかりとした説明をお客様に出来る。

正直、入荷した半分も乗ったんじゃ、商売になんかなりゃしません。
でも、乗らなきゃ始まらない。これ、ポリシーですので。

皆さん、今回は、期待させて申し訳ございませんが、
そんな訳で、この3本はお預けとなります。


最後に、ちょっとだけ、説明を。

左のボードは、Makoっていうモデルで、どちらかと言うと、
パフォーマンスツイン。
薄いシェイプでレイルもテイパー。Rasta Twinの原型となったモデルです。
これは、始めから、自分で乗ろうとオーダーしていたボード。
大き目の波で、絶好調そうですね。

真ん中は、今回、ちょっと、アレンジして作ってもらったボード。
スタンダードなQuadモデルのノーズを少し丸くしてもらったんです。
シェイプは、ノールエリアが、引っ掛からない様に捲られてて、
結構、良さそうなボードですね。
これも、かなりのパフォーマーだと思いますよ。

右のど変態野郎は、Rubber Duckyってモデルで、ベースは、ニーボード。
サンディエゴには、多くのニーボーダーがいて、彼らの要望で生まれたモデルなんです。
でも、今回は、スタンディング仕様にアレンジしてください。
ってお願いして出来たサーフボード。
深いシングルコンケーブと、独特のレイル形状が気になってしょうがないボード。
まだ決定ではないけど、このボードは、HOLYSMOKE #1(うちに削ってくれた一番目)
なので、記念にとっとくかも知れません。
(そう言っとかないと、ハイエナ野郎が辺りをうろつき回るので・・・。)


という事で、こちらの3本の試乗レポートもご期待下さい。


それでは、Pendoflexの入荷を記念して、
皆でバンザイ三唱ポチです!!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



最後に値段について。
Pendflexって、地元でもかなりの高額ボードなんです。
そりゃ、普通のボードより全然、手間が掛かってますから。
今回、これでも、値段は、かなり頑張っております。
多分、個人輸入したら同じぐらいになっちゃうんじゃないかな・・・。
他の業者さんだったら、これに数万円は高くなるはず。
(そんな事まで言わなくていいか。)
まあまあ、ホント、今回は頑張ってます。

だから皆さん、遠慮しないでボーナスを使い果たしちゃいましょうね〜。
ホーリー梶川




Pendoflex Surfboards

02165
実は、今回でお会いするのが2回目となるPendoflexのスティーブさん。
サンディエゴでは、根強い人気のローカルシェイパーです。

彼は、ボードのフレックスに対し、独自の理論を持っていて、
ボードをフレックスさせる事により、伸びのあるターンを実現。
そんな素晴らしいボードを提供してくれる、博士みたいなシェイパー。

02162
その存在は、前から知っていましたが、ジョシュが、俺らの仲間だしホーリーでもやった方が良いよ!
って勧められて、前回、渡米した際にお会いしたのが始まり。

02161
スティーブさんは、最高に面白い方なんです。
ふざけた話が大好きで、色んな話を楽しく説明してくれる。
そんで、最後にオチがあるんだけど、そのオチを自分で受けちゃって、
1人で笑っちゃってるんですよ。
この写真だって、楽しそうな顔してるでしょ〜。

02163
実は、既にボードはオーダー済み。
今回は、そのオーダーの細かいところを確認しに行ったって訳です。

まあ皆さん。楽しみにしてて下さい。

スティーブさんのボードは、本当に素晴らしいボードですから。

多分、あの長話がなければ、直ぐにでも出来上がりそうですが、
来る客皆に大サービスしちゃって時間をかけちゃうもんだから、
多分、まだしばらくかかりそう。

でも、春には間に合うと思いますよ。

次回は、一緒にサーフィンを楽しもうと考えています。




それでは、本日も宜しくお願いします!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川






Online Store
HOLYBLOGLOGO2
livedoor プロフィール
BLOG内検索
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
Revolver Maps
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
人気BLOGランキング
人気ブログランキングへ
SURFSIZE
サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中
ブログ村 サーフィン
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
ブログ村 マリンスポーツ