hulls

Hulls

11121
最近、お問い合わせの多いハルスタビー。

何故なんだか、私には全く分かりませんが、
盛り上がり感を感じております。

カリフォルニアのロサンゼルスエリアでは、
相変わらずというか、ここ最近、ハルスタビーの
人気が再燃している様で、先日のマリブでの入水でも、
2日間で軽く10本以上のハルスタビーを見かけたほど。

そんな訳で、本日は、当店で扱っている、
二つのブランドのハルスタビーについてまとめてみたいと思います。

こんなマニアックな記事、マジで世界中探したって無いと思いますよ〜。
お好きな方は、一生懸命読んでくださいね。


まずは、両ブランドの特徴について。

111216


Liddle Surfboards

グレッグ・リドル氏が、1968年に設立したLiddle Surdboardsは、
ベンチュラで誕生し、その後、ロサンゼルスの内陸部に拠点を置きます。
はい、ちょうど、ショートボードレボリューションの時代。

多くのロングボーダーが短いボードに興味を持ち始め、
特にマリブを中心に爆発的な人気を博したブランド。

80年代から90年代にかけ、ハルスタビーを乗るサーファーが
ほとんど存在しなかった頃、生きていく為、グレッグ氏は、
ツインフィッシュやスラスターなどもシェイプしていましたが、
ハルスタビーの思い入れは、決して、薄れることはなく、
売れるあての無いハルスタビーを、ひたすらにシェイプし続けました。

結局、自身が所有するショップを閉め、
カウアイ島に移住したグレッグ氏。
それまでと違う環境の中でシェイプし続けましたが、
2016年、シェイプ人生に幕を閉じます。

今となっては、貴重すぎるグレッグ氏自身がシェイプした
ハルスタビーですが、その後、グレッグ氏と親交の深い
カーク・プットナム氏が、引き続きブランドを守っています。


111217


Wilderness Surfboards

サーフィン界の天才と言われる、サーフボード業界の中で、
最も、多くの功績を残したジョージ・グリーノウが
1966年に立ち上げたWilderness Surfboards。

ジョージ・グリーノウは、天才である一方、
流体力学の部門においても、一目置かれる存在でした。

彼は、サーフボードの研究のみならず、船の船底の研究から始まり、
サーフマット、ニーボードに関わる発明や、エッジボード、フィンなどの
発明や研究の成果も残した偉大なサーファー。

ジョージ・グリーノウは、オーストラリアに移住しましたが、
当時からのオリジナルメンバーである、シェイパーの
ボブ・ダンカンが、現在でも、ブランドが誕生した
サンタバーバラでブランドを継承し守り続けています。

ボブ・ダンカンのシェイプ歴は50年。
はい、半世紀という長い月日をWilderness Surfboardsと
共にしてきたシェイパーなのです。


はい、続いては、両ブランドのシェイプの特徴。
恐らく、世界初となる2本のハルスタビー徹底比較!!

と行きたいところですが、本日は、ここまで〜笑。



続きは、会員限定ページのみでの公開となります。

入会したい方は、ポチボタンをポチッとすれば、
自動入会手続き完了となりま〜す。

ポチッてしないと、次のブログが見られないだけじゃなく、
貴方のボード、明日の朝になったら折れてます。ヤバッ!!


にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村



ホーリー梶川







Wilderness Surfboards

090711
ティムさんにお会いした後、
Wildernessのボブ・ダンカンさんにお会いする為、
ボブさんのご自宅まで移動。

ボブさんは、サンタバーバラから北に30分ほど走った
海沿いのランチに住んでいます。

こんなとこに入ったの、今回が初めてですが、
ランチってホント凄いんですよ。

ここのランチは、多分、海沿いで奥行きが10キロ以上、
丘に向かって奥行きも数キロはあるんじゃ無いかってぐらいの
広大な土地の中に、数百メートルから数キロ単位毎に家が建ってるんです。

090710
しかも、全部、こんな家。

デカくて自然に囲まれてて、隣家まで数キロ・・・。

日本じゃ、到底想像もつかない贅沢な場所。

09078


09077


09079
ランチの入り口には門番がいて厳重なゲートで守られています。

住んでいる方かゲスト以外、絶対に入る事が出来ません。

そして、こんな最高の景色を見ながら4マイル走ったところに
ボブさん宅にアクセスする路地が。

09076
谷間の上の方に見えるのがボブさん宅。

これまた、凄い場所でした〜。

因みに、上の写真の岬になってるところ。
そこは、ウネリが入るとカリフォルニアでも
ナンバーワンの波が押し寄せてくるんだって、
ティムさんが仰ってました。

もちろん、そりゃ住んでる方達とそのお友達だけの
スーパーシークレットポイント。

これまた、贅沢な話ですね〜。

09075
こちら、ボブさんのシェイピングルーム。
自宅から数十メートル離れた場所に設置され、
鳥のさえずりしか聞こえ無い、世界一贅沢な
ロケーションに建つシェイピングルーム。

09074
ボブさん宅もこのシェイピングルームも、
70年代がそのまま残っていました。

40年代に生まれ、60年代から70年代を
青春時代として生きて来たボブさんです。
しかも、こんな、隔離された場所。

ボブさんそのものが、この空間に現れますよね。

すごく刺激的でしたよ〜。
なんか、タイムスリップしたみたいで。

 09071
何度も申し上げますが、ボブさんは、
これまで、すべての取材を断ってきたお方。

なので、地元の一部の方以外、ボブさんの名前は知っていても、
顔は見た事がないんです。

私の場合は、ボブさんに催眠術をかけ、ようやく、
許可を取れた訳で、今回が特別な写真の公開となります。
(本当は、本人、渋々なんです。でも、有難いですね。)

ボブさんは、ジョージ・グリーノウ氏が立ち上げた、
Wilderness Surfboardsの創設メンバーで、当時から、
マイケル・カンデスと共にWilderness Surfboardsを
支え続けてきたお方。

私は、ハルが大好きなのですが、ハルが登場した時から
ハルをシェイプし続けている、貴重なシェイパーとして、
ボブさんは、やっぱり、特別な存在なんです。
(昨日のティムさんも同じくですね。)

数年前に、グレッグ・リドル氏がシェイプを辞め、
もはや、ボブさんとティムさんぐらいしか、現存する
オリジナルハルマスターは、存在しませんからね。

写真の壁に掛かってるテンプレート。
貴重ですね〜。60年代後半から、そのまま使い続けている
テンプレートですよ。

歴史を感じますね〜。

09073


09072
ジョージ・グリーノウ氏との昔話や、
最近の日本について色々と話しながら、
ハルスタビーのオーダーを入れさせていただきました。

ボブさん、何気にニュース見てますね。
日本で起こる様々な事をよく知っていました。

ボブさん、今年、70歳。(71だったかな?)

波乗りとシェイプを続ける為、今年、古傷の肩の手術を受け、
まだまだ、意欲的に取り組んでいく姿勢を見せてくれました。

ボブさんは、貴重な貴重な歴史を引き継ぐシェイパーです。

私達もボブさんを応援し、教わる事を後世に引き継がねばなりません。


恐らく、年内には入荷するボブさんのハルスタビー。
歴史をそのまま引き継いだ、本物のハルスタビーです。

皆さん、楽しみにしていてくださいね。



本日も、大レジェンドの記事。
ポチしないと、あなたは呪われますよ。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ごきげんよう〜
ホーリー梶川





サイズアップせず・・・

07091
本日は、鎌倉方面へ。
そろそろサイズアップ!って期待しながら向かいましたが、
ダメでしたね〜。

07092
形は悪くないのですが、セットで腹・・・。

出来ない事はないけど、ミッドレングスでギリ。
そんな感じでした。

07093
本日出番となったのは、Liddle Point Breaker 7'9 1/2"。

本当は、パワーのあるショルダーの張った波で
楽しむのがハルスタビーの魅力ですが、
まあ、今日みたいな日は、浮力のあるボードによる
ゆったりクルーズも悪くはありません。

なるべく沖でテイクオフし、波がブレイクするパワーゾーンを
キープしながら、少しでも長くクルーズしていく・・・。

07094
こんな日は、スタンスや立つ位置というものが一番大事。
波にパワーが無いので、波に置いて行かれない様に
コントロールしたり、逆に走り過ぎた時は、後ろに
体重を乗せてスピードを抑えたり・・・。

パワーのある波ではやる必要がない事を、
こんな、小さな波の日では必要だったり・・・。

07095
こんな、小さな波の日。
ハルスタビーでゆったりとクルーズするのも、
これまた、楽しいものです。



では、このへんで。


ごきげんよう。



本日も宜しくお願い致します!

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





Liddle Design

liddleall
Liddle Designsが入荷いたしました。

今回の入荷は計4本。

どうですか?横ロゴ。

これはこれで、カッコイイでしょ。

アップですが、明後日以降となってしまいそうです。

皆さん、娯しみにしててください。




マイケル・ピーターソンが、
ポチ必須だ!って仰っております。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





Hulls Session

05312
波の無い時期に突入しましたが、
本日は、梅雨前線の隙を抜いて南房総某ポイントへ!

05315


05311
波の方は、セット腹胸のクリーンなファンウエーブ!

多少、繋がり気味なブレイクが目立ちましたが、
そんなの関係ありません。

05313


05314
何故なら、ハルスタビーを持ち込んでいたから。

05316
今日は、ハルラーのかっちゃんとのセッション。

かっちゃんは、最近、キャンベルのボンザーを手に入れたものの、
ここ最近は、リドルのハルしか乗らなかった、もっぱらのど変態ハルラー。

今回は、お互いのライディングを30分ずつ撮り合おう!って事で、
撮ってみましたよ〜。

05317
先ずは、特攻隊長ホーリー梶川から。

05318
本日の1本目はバックサイドから。

05319
オッケー、オッケー。
カッコつけて乗ってますね〜。それで正解です!
シングルフィン。特にハルスタビーなんか、
カッコつけて乗ってナンボ。

これが一番大事なんです!

053110
オッケー、オッケェーイ!

カッコの付け方完璧です!

053113
あくまでもクローズドスタンスで力を抜いて・・・。

053112
波が掘れてきたら見せどころ!

オッケー、オッケェーイ!

もう、何でもいいからカッコつけよう!

053114
オッケー、オッケェーイ!

スタンスを前にとって、一気に抜けるよ〜!

オッケー、オッケェーイ!

053115
続いて8枚の写真でシークエンス。

スピードの出るハルスタビーは、
波の奥からテイクオフするのが基本。

力だけは抜いて、波の動きをしっかり確認しながら
微妙にボードをコントロール。

3では、すでに前が落っこち始め、
4では、完全に捕まったかのようですが・・・。

053116
オッケー、オッケェーイ!

ハルスタビーは、こっからが違う。

いとも簡単、一気に抜けていきますよ。

7辺りでは、抜けられるのを確信し、
完全にカッコつけモードに入ってますね〜。

それ、正解です!

ハルスタビー、カッコつけてナンボ。

オッケー、オッケェーイ!

053117
どうですか!
この、パワーみなぎる自信あるポージング。

カッコつけ倒した、いい顔してますよ。


053118
続いてかっちゃん!

かっちゃん、サーフィン歴7年。

でも、中々やるんですよ。

スタイルを追求してきたサーフィンってのが
良く分かりますね。

まだまだ、若いし、これから、もっともっと
カッコ良くなると思うけど、今日も良いライディングしてましたよ〜。

053119
ディープだね〜。
ボトム全出しだよ。

オッケー、オッケェーイ!

良い感じでカッコつけてる。

053120
ハイラインで走り抜けてくかっちゃん。

オッケー、オッケェーイ!

これはスタイリッシュだな〜。

053121
どことなく、硬い様にも見えるけど、これは、撮ったタイミング。

クローズドスタンスで、ボトムに向かって良いラインで抜けてますよ〜。

オッケー、オッケェーイ!
俺も、ちょっと前までロン毛だったんだよ〜。

復活してみたい気もするけど、オッサンだから、
栄養が毛根に行き届かなくて、後ろだけしかロン毛にならなかったら怖いから、
やっぱ、やめとくよ〜。

オッケー、オッケェーイ!

053122
いいねいいね〜。

分かりますか?

これ、ハルスタビーの独特な乗り方。
レイルワークの違いが、ハルスタビーなんですが、
この掘れた波に対して、ボードが垂直になってるでしょ。

そう、あの薄いレイルの意味ってのが、この写真で分かる筈です。
波の一番パワーのある場所にレイルを垂直に差し込む。
そうする事で、普通のボードでは不可能な、あの加速が生まれるんです。

053123
良いですね〜。

ハルラーは、掘れたセクションが大好き。
波が、掘れたら掘れるほど、加速スイッチが入って
波のその先に向かって全神経を集中!

そう、ハルラーは、誰もが無理だろうと思う速いブレイクを
抜けられるって事を知ってるから・・・。

ハルスタビーバンザ〜イ!!

Liddleバンザ〜イ!!




オッケー、オッケェーイ!
今日も、どしどし、ポチって下さいね〜。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川




'05 Liddle Surfboards Point Breaker 7'9 1/2"

IMG_2828
本日、戻ってきたこちらのボード。

はい、ジョージくんにデッキ強化をお願いしていました。

2005年にシェイプされたこちらのポイントブレイカー。
もう、ずいぶん前に手に入れたボードなのですが、
勿体なくて、ずっと、キープしていたのですが、
ようやく、乗っちゃえ!って思えるようになって来たのは良いのですが、
デッキが、見るからに弱そう・・・・なんだよ。

多分、数ラウンドでべこべこになる事間違いなし。

そんで、4ozクロスをデッキに追加してもらったのが、
今日、帰ってきたという訳です。

いつもは自分でやってるのですが、今回は、時間がないのと
最近、雨も多いからお願いしちゃいましたよ。

IMG_2829
このボード、相当、ペラってます!

FullSizeRender

レイルは、かなりのナイフィーレイルで、
テールなんか、見た事もないほど薄〜い。
ホント、ペラッペラなハルスタビーなんです。
それが最高な訳なんですが・・・。

FullSizeRender
ロゴもカッコイイでしょ〜。

一昔前の旧ロゴですよ。
高さのあるロゴで、古臭さが堪らんです。

IMG_2833
やっぱ、ハルは最高っすね〜。

The Simple

波のパワーを一番感じるというか、
波に一番近づけるボード・・・。

ハルなんて、ああじぇねぇ〜こうじゃね〜
とか言ってるオッサンには到底分からない、
サーフィンというスポーツの楽しさの原点を
ハルは教えてくれます。

フルレイルで深〜い本気のターン。
フィンでは、あのターンは出来ませんよ。
はい、出来ません!


ハル最高!!

リドル最高!!

サーフィン最高!!




ポチして寝てください。
にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





WILDERNESS 6'10"



先日の茨城某ポイントで撮影したGoPro動画です。

波のパワーがそんなになかったので、
そこまで迫力のある映像ではありませんが、
ダラついたミドルでも、しっかりとつなげる感じ、
インサイドでの伸びなどは、見ていただければ
分かっていただけると思います。

今回が2ラウンド目のこのボードでしたが、
やはり、最高に面白いボードです。

シングルフィンに興味がある方、このボードはオススメです。
ハルスタビーの良いところは残しつつ、
コントロールし易くデザインされていますので。

リドルファンの方も、1本乗られてみるのも良いと思いますよ。
また違ったハルスタビーの魅力に取り憑かれると思います。



それでは、本日も元気良く
ポチですよ〜。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





11月10日

111416



111418


11月10日

千葉県某ポイント。


111419


久し振りのハル。


11148



11149



111410

ハル、最高!

やっぱ速い!

でも、残念。


111120

狙う


111121

行け!


111122

消えた・・・

洗濯機。


11111



11112



11114



11146



11147

決まった!!

アウトでグライド感を味わい、
ミドルで攻める。

最高のパターン!

111411


111415

カットバック!!

はじめは遠慮してたけど、慣れてきたら
レイル全体に思いっきり体重を乗せられた。

快感。


111413

セットの波でのボトムターン。

もう少し、待った方が良かったかな。


111414
ハルに乗るとペリカンになった気になる。
初めて乗った時、波の上を滑ってる感覚がしなかった。

波の上を飛んでいるような感覚。

ペリカンが水面ギリギリを優雅に滑空する様に・・・。

ハル、改めて最高!!



昨日お邪魔したポイントの皆様、
波を分けていただき有難うございました。

そして、こんなに素晴らしい写真を撮ってくれた
フォトグラファー 藤本 薫氏に感謝でございます。



今日もMPがポチれ!
っておっしゃってます。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川



DISPLACEMENT



そう言えば、これ、見た事あるような・・・。

10年前にAlex Coppsが手掛けた"DISPLACEMENT"。

近所に住む友達がリンクを送ってくれたトレイラーなのですが、
もしかしたら、9月に本編が発売されるんじゃないか!
って彼は言っとりました。


ヤバイですね〜。


何度も見ちゃいました〜。
そんで、その後、自分のリドルを引っ張り出して
弄り倒しちゃいましたよ〜。


やっぱ、ハルのサーフィンってかっこいいな〜。



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川





Hulls

昨日に続き、本日も真面目ブログ第二弾!!

なんで、急にまた〜?


私も人の子。私にはボーナスはありませんが、
そろそろ、ボーナスの時期でしょ。
何だか、人のボーナスが気になりだしたんよ〜。



はい、それでは、本日もよくあるご質問から。

06281
本日は、ハルスタビーについて。
よく、電話でこんなお問い合わせをいただきます。

ハルって、どんなボードですか?
難しいって聞くんですけど、実際、どうなんでしょうか?

こうやって、アウトラインだけを見ただけなら、
普通のエッグボードにしか見えないんですけどね〜。

私は、この様にお答えします。

ハルスタビーは、レイルの使い方が全く違います。
動画などを見ると、本当にかっこいいサーフィンをしていますよね。
最高に速くて、本当に面白いボードですが、
今まで乗られていたボードと同じ様に乗るには、ちょっと、無理がある。

もし、貴方が、あの様なかっこいいライディングをする為に、
ハルスタビーのレイルワークを覚える為の努力を惜しまないのなら、
私も大賛成しますが、ただの通過点に過ぎない1本という事だったら
やめときましょう。

私は、こうやって、せっかく買いに来られたお客様なのに、
売らずにサヨウナラした事が、何度もありますね〜。
いやいや、かなりありますね〜(笑)

だって、何にも知らずに買って、何だよ〜、難しいじゃんか〜。
って、すぐに中古で戻ってきたり、他の店の中古ボードコーナー
に並んでたら、残念じゃないですか。

私も残念だし、お客さんは、もっと残念。

だから、はっきり聞くんですよ。

その反面、ハルスタビーに興味があって、嵌っていきたい!
って意思表示をしてくださった方には、ゴリゴリに押し込みます(笑)

だって、あのスピードを体験するチャンスが、
そのサーファーに巡って来たって訳ですからね。

その時は、乗り方のレクチャーから、メンテナンスの方法まで、
事細かくご説明しますよ〜。


まあまあ、とにかく、私が、もう一度、しっかりと考えた方が良いです。
って、闇雲にハルスタビーを売らないのは、やはり、乗り方の問題。

そうですね〜。ロングボーダーの方は、無理なレイルワークをしないのと、
ボードの流れを待ったサーフィンが得意なので、多分、ハルスタビーは、
すぐに乗りこなせると思います。

問題なのはショートボーダー。
ショートボードの、アップス&ダウンを基本とするあの動きが、
ハルスタビーに一番適していないんです。
そう、レイルが波に食い込んじゃって、逆に失速に繋がるのす。

06184
こんだけ薄いレイルですから。
引っ掛かっちゃうに決まってますよね。

06282
ノーズエリアも、ここまでラウンドしてるから、
アップス的にレイルを波に引っ掛けようとしても、
ズルンって、滑って落っこちちゃいます。

私もそうでした。

ハルスタビーに初めて乗った時、なんて難しいボードだ!
って思いましたね〜。
でも、今まで経験した事のない、とんでもない速さだけは感じたのです。
そして、その最高の思いだけが、私を3ヶ月近くもハル乗りの修行に導く
原動力となったのです。

毎日の様にハルに乗り、色々と練習しました。
そして、何度も、最高の経験をしました。

絶対に抜けられそうもない速いブレイク。
ハルなら、何故か、抜けられる気がして突っ込もうとするんです。

一気に波は掘れていき、体を少しずつ、コンパクトになる様膝を曲げていく・・・。

普通なら、そこは、ミドルセクションのダンパー。

でも、私とハルは、ツルンツルンのグリーンルームに一気に突入!!

恐らく、過去に経験したチューブライディングの多くが
ハルスタビーと共にしたと記憶しております。

そういう意味じゃ、ハルは、チューブメイカーと言えるかもしれませんね。



ハルスタビーは、慣れてくると、実は、アップス&ダウンやカットバックも
普通に出来る様になってきます。
結局のところ、その方が益々スピードを増し、本来の性能を引き出せるのです。

そして、あの繊細なレイルワークは、普通のレイルを持ったボードの
コントロール能力まで上げてしまうのです。

私もそうでした。

ハルスタビーに、一時期、嵌まり込んだ事がありましたが、
徐々に、他のボードにも乗る様になり始めた頃、ハルスタビーに乗る前に比べ、
ターンに差が出た事に気がついたのです。

アップス&ダウンの伸び、カットバック・・・。

そういう意味では、一からサーフィンを鍛え直したいと
思ってらっやる方には、打ってつけのボードかもしれませんね。


ハルスタビーの事は、何も知らない。
でも、あのオヤジ、やたら熱く語ってたな〜。なんか、面白いのかも・・・。
あそこまで言うんなら、ちと、気合い入れて乗り込んでみるか!

そう思われた貴方。

私、一生懸命ご説明しますよ〜。

皆で、ガンガン、ハルっちゃいましょう!!




因みに私。
Liddleは、現役シェイパーで最多の
10本オーバー持っとります。

これ、説得力あるでしょ!?
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




真面目なホーリーさん、
これで思う存分、ボロちゃん弄りが出来るってもんです。
ホーリー梶川




ポイントパニック

2015-12-27-07-46-39
本日は、湘南方面。

2015-12-27-09-47-07
日曜日という事もあり、大混雑を懸念しながら向かった海でしたが・・・。

2015-12-27-09-44-31
案の定、大爆発!!

2015-12-27-07-40-44
それでも、本日は、Cometを持って行っていた事もあり、
まあ、大丈夫でしょう。
てな感じで入水したものの・・・。

鉄壁の人壁を崩す事は出来ませんでした〜。

テイクオフをしようと、沖からパドルを始める・・・。

自分の進むラインが見えない・・・。

何度となく、ボードを引いた事でしょうか。

結局、1時間もしない内に退散。
完全に、心が折れました。

2015-12-27-09-16-05
完全に着替え終わり、そろそろ、帰りますか・・・。
そんな流れではありましたが、波を見ると、
何だか、どんどん、ブレイクが良くなり始め、皆、楽しそう・・・。

待て、もう時間はない。

ここで入ったら、完全に遅刻だ。
どうする気だ、お前。

え〜、でも、良くなってんじゃんか〜。
今年、もう、いい波ないかも知んないよ!
ちょっとでも、入っといた方がいいよ〜。だろっ〜?

馬鹿野郎!店はどうすんだ!!

そうだけど、この波は逃せないよ〜。

暫く、自分の中で葛藤が続いている最中も、いい波が押し寄せる・・・。

・・・・・・。

気がついたら、私は、ビショビショの冷たいウエットに
足を突っ込み始めていました。

おい、お前、何やってんだ!

遅刻してもいいのか〜っ!

最後まで、私の中の弱っちい善玉君は叫んでいましたが、
結局、悪玉君は、聞こえない振り。

2ラウンド目に突入で〜す。

2015-12-27-07-54-05

2015-12-27-09-16-15
まあまあ、とは言っても、やっぱり、大混雑な海。
まともに、気持ち良く乗れやしません。

結局、本日のところは、Cometの良いところも分かる事無く退散。

しかも、遅刻付きで・・・。


今日は、マテオ&ブリタニーから送られてきた、
スケートとカレンダーをアップいたします!!

皆さん、今暫くお待ちくださいね〜。




にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川




70's Liddle

09105
あらら、一気にサイズダウンです〜。

本日の湘南方面は、台風17号からのウネリが入らず、
セット腹前後のプアーコンディション。

昨晩は、明日、板、何持って行こうかな〜?
なんて、色んな事を考えながら期待してたんですけどね。


09102
朝一の波情報で、腰腹って出てたので、持って行ったボードは
こちらただ一本。
Liddleの73〜4年シェイプのビンテージ物。

アメリカで手に入れ、日本でフルレストアしたまま
まだ、一度も乗っていなかった私のお宝。

09103

09104
長さは7’4”。
アウトライン、ロッカーは、今のシェイプとほぼ同じ感じですが、
レイルの落とし具合が違うんです。
今のシェイプの様なピンチレイルではなく、
少し、大人し気味のソフトボキシーレイルで、ノーズのコンベックスっぷりも、
少し控えめ。
フィンボックスの位置も、今のものより後ろにセットされています。

09106


09107

まあ、こんなコンディションですから、
かっ飛びビンビンってのは味わえませんでしたが、
やはりハルですね。テイクオフ後、ボトムに降りていく時のスピード感が
まるで違います。
ギュ〜ン!!って、スゴイ加速感でした。

プアーコンディションって言っても、時折、形の良い波もあったのですが、
そんな時は、アップスが最高でした。
※ハルのアップスは、通常のボードのレイルの入れ方と違い、
波に入れる側のレイル付近のボトムを使ってアップスをします。


やっぱ、ハル最高です!!

最近では、ハルに乗っているサーファーの数が
めっきり減ったような気がしますが、私的には、
今後も引き続き、ハルを積極的に展開していきたいと考えております。

ハルに乗ってしっかりとコントロール出来る様になった後に
普通のレイルのボードに乗ると、レイルワークが一気に上達した事を
すぐに感じますよ。

これ、マジですから。

09101

信じるか、信じないかは、あなた次第・・・。


でも、確実に言えるのは、ハル最高!!



ポチるかポチらないかもあなた次第。
いやいや、こちらは、どうか宜しくお願い板します!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ポチらないと、マイケル・ピーターソンがマジギレしますよ。

ホーリー梶川





Liddle Burrito DX

burritodx62a

burritodx62b

burritodx62c
いつも、不足気味な空気漂う、Liddle/Burrito DX。
このボードは、ハルスタビーです。ですが、当店では、ナンバーワンじゃないかって言う位、
人気の高いボードなのです。
まあ、そんな事は乗れば分かる話です。


1本買った方が、他のサイズも欲しくなったり・・・。

友達が買い、そのライディングを見て欲しくなったり・・・。


人気のあるボードには、ちゃんとした理由があります。

気になっていた方は、是非、チェックして下さいね。


私が、Liddleをコレクションしている理由が解りますか?

Greg Liddle氏のボードは、とにかく、素晴らしい。
そして、お年も考えて下さい。もう、70歳を超えてらっしゃるのですから。


素晴らしく感じるボードは、40年前も今も同じ。
サーファーに、どう、語り掛けて来るか・・・。



CHECK!!



ちょっぴりカッコいい文章を読んだ後は、
ポチッとするのが一番かな・・・。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川


サンディング

0119a
日中も気温が上がらない今日この頃。
いつ、このLiddleのサンディングをやってやろうかと、
ずっと、タイミングを待っていましたが、今日は、日射しが気持ち良いではありませんか。

てな訳で、早速作業開始です。

0119b
恒例の水研ぎ用サンディングペーパー#320を使用し、
未完成で納品されるLiddleをサンディングし仕上げてやります。

水を使いながらのサンディング・・・。

流石に手が冷たいですね〜。

0119c
作業の方は慣れたもの。1時間も掛かる事無く完成致しました。


0119d
それにしても、Liddle 2+1のフィンセッティングは凄いですね〜。


0119e
サイドフィンは完全にパラレルだし、そもそもがセンターフィンとサイドフィンの位置関係が凄い。
一直線ですからね〜。

これを、原始的と見るか、斬新と見るかは貴方次第・・・。

私は、原始的と見ま〜すっ(笑)!



それでは、毎度のポチタイム!
楽しいお話の後は、ちゃんと、締めくくんなきゃね!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



近々、Liddleに乗ってみます!
楽しみにしててくださいね!
ホーリー梶川



Revolver Maps
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
人気BLOGランキング
人気ブログランキングへ
SURFSIZE
サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中
ブログ村 サーフィン
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
ブログ村 マリンスポーツ