gregliddle

Hulls 本編

11121
集中力が続かず、本題に入る前に
終わらせてしまった先日のブログ記事でしたが、
本日、後編をお送りしたいと思います。

ハルスタビーが、カリフォルニアの特にマリブを中心に
盛り上がりを見せたのは、1970年前後。

68年頃にグレッグ・リドルを中心に何人かのシェイパーが
ハルスタビーをシェイプし始めていますが、実は、当時は、
それほどまでに変わったボードとしては認識される程の
ものではありませんでした。

当時の感覚からしたら、ごくありがちなエッグノーズのシングルフィン。
ロングしかなかった時代から、この手のミッドレンジのボードに
サーファーは乗り換える時代で、その内の1本に過ぎなかった。
そんなレベルの存在のハルスタビー。

はい、ハルスタビーの特徴とも言える、Sデッキ、コンベックスボトムなどは、
当時の一般的なシングルフィンの殆どが、その特徴を備えています。
言い換えれば、当時のシングルフィンは、どれもハルボトムだったんです。

私は、1970年頃にシェイプされた、初期のハルスタビーを
2本所有していますが、シェイプは、現行のハルスタビーとは
かなりかけ離れています。

共に、Sデッキとコンベックスのコンビネーションですが、
レイルは、決してピンチレイルとは言えない、ぽっちゃりしたもの。
当時の他の誰もがシェイプしていたシングルフィンと、
なんら変わりのないシェイプ。
皆さんが認識しているハルスタビーは、極薄なレイルですもんね。
実は、当時のリドルは、今のものとは全然違うんです。

私がカリフォルニアで見た、Shapes snd Hullsのティムさんが
シェイプした70年代前半のビンテージハルスタビーは極薄レイル。

それまで、私の解釈では、ハルスタビーのあの極薄レイルが完成したのは、
80年代以降だと思っておりましたが、ティムさんのボードを見る限り、
70年代から存在していた事になります。

もしかしたらもしかすると、あの極薄レイルを定着させたのは、
ティムさんかもしれませんね。
ティムさんは、グレッグ・リドル氏と当時から、テンプレートを
分け合ったり、シェイプに関する情報交換をしていたほどの仲。
そして、今でも交流のある古い親友なので、この辺りの真相は、
次回、カリフォルニアに行った際、色々と話を聞きながら
紐解いてみたいと考えております。

いや〜、ますます、ディープになって参りましたね〜。

困りました・・・。

それでは、ようやく、本編に入りましょう。


11122


111214


上がLiddleで下がWilderness。

リドルにもたくさんのモデルがあり、
ポイントブレイカーは、もっと強いノーズロッカーがついていますが、
こちらのデスマシーンはフラット。ペッタンコフラットロッカーです。
Sデッキ具合も強調されていますね。

一方、ウィルダネスの方は、そこまで強いSデッキではないですね。
ノーズロッカーも軽くついてます。

ここで、一つ、大きな差がある事に注目してください。

レイルのポイント部分。
(一番端っこ。写真だと白く反射してるラインです。)

リドルは、ノーズからテール前まで50/50となっていますが、
ウィルダネスは、ノーズが30/70。または、それ以上に捲れ上がってます。
センター付近も軽く40/60。要は、デッキ側よりもテール側からの方が、
強く巻き上がっているという事ですね。

ここは、性能に大きく影響してきますね〜。

巻き上がれば巻き上がるほど、ハルシェイプの個性が強く出ますので。


11125
リドルをノーズからテール付近まで、数枚の写真で見てみましょう。

11126
カーブの途切れないコンベックスボトム。

11123
50/50。

11124
テール付近は、弱いVee。

全てをカーブで繋いだ、実にシンプルで綺麗なボトムデザインです。

ビンテージのリドルは、同じボトム形状ですが、
レイルが全く違います。かなりのぽっちゃりさん。
(それはそれで乗りやすいです。)

そうだ、今、思い出しました。

私が所有しているスキップさんのビンテージエッグ。
あのボードとリドルのボトムやレイルの感じがよく似てますね。
そうそう、さっき言った、当時のハルは特別なものじゃ無かったって話ですよ。
そのエッグの様に、多くのシングルフィンが、同じ様なコンビネーションで構成された
デザインだったということなんです。


111212
続いて、ウィルダネス。

111213
先ほども申し上げましたが、ウィルダネスのレイルは、
強烈なアップスタイル。
ですが、レイル以外のボトム部分は、そこそこフラットに近い感じ。

11128
凄いでしょ〜。これ、ノーズ付近。
ほぼ、100%デッキ側に反り上がってます。
ボトムとのバランスが絶妙なんです。

11129
右側がボトム。
巻き上がりの強さが分かりますね〜。

111210
テール付近は、リドルと同じ感じ。
ゆる〜いVeeボトムです。

ウィルダネスは、レイルが超強烈なアップレイルで、
その分、ボトム部分で調整しトータルバランスを調整しています。

一見、ウィルダネスの方が癖が強そうに見える
シェイプデザインですが、乗り易いのはウィルダネスの方が上。

スピードは、どっちかな〜。

同じ乗り比べた事がないので、はっきりと申し上げられませんが、
なんとなく、リドルの方が上の様な気もします。
(本当に分からんよ〜。でも、とにかく、どっちも早いことだけは間違いないですよ。)


60年代後半から歴史が始まったハルスタビー。
レイルが薄くなったり、年を重ねる毎にシェイプは進化してきたボードですが、
クラッシックなマインドを重んじる、スタイリッシュなサーファーから
支持されている事は、紛れもない事実。

当時のオリジナルシェイパーが、今尚、シェイプし続ける、
まさにクラシカルそのものとも言える、
ジョージ・グリーノウが生んだウィルダネスを選ぶか、

グレッグ・リドル氏は、引退したものの、グレッグ氏の
熱いハルスタビー魂が、そのまま引き継がれたLiddle Designs
を選ぶかは、あなた次第。

ここで、はっきりと言えるのは、共に他のボードでは、
決して味わう事のできない、乗った瞬間から強烈に感じるスピード。

その景色は、確実に今まで乗ってきたボードとは違い、
プルアウトした時、思わず、声が出てしまう程の感動が、
そこにあるのです。


それでは、みなさん、ごきげんよう。



全国のハル乗りの皆さん、
これポチってくれなかったら残念だな〜。

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村



書いてて、ハルに乗りたくなってきた〜。
ホーリー梶川





Hulls

11121
最近、お問い合わせの多いハルスタビー。

何故なんだか、私には全く分かりませんが、
盛り上がり感を感じております。

カリフォルニアのロサンゼルスエリアでは、
相変わらずというか、ここ最近、ハルスタビーの
人気が再燃している様で、先日のマリブでの入水でも、
2日間で軽く10本以上のハルスタビーを見かけたほど。

そんな訳で、本日は、当店で扱っている、
二つのブランドのハルスタビーについてまとめてみたいと思います。

こんなマニアックな記事、マジで世界中探したって無いと思いますよ〜。
お好きな方は、一生懸命読んでくださいね。


まずは、両ブランドの特徴について。

111216


Liddle Surfboards

グレッグ・リドル氏が、1968年に設立したLiddle Surdboardsは、
ベンチュラで誕生し、その後、ロサンゼルスの内陸部に拠点を置きます。
はい、ちょうど、ショートボードレボリューションの時代。

多くのロングボーダーが短いボードに興味を持ち始め、
特にマリブを中心に爆発的な人気を博したブランド。

80年代から90年代にかけ、ハルスタビーを乗るサーファーが
ほとんど存在しなかった頃、生きていく為、グレッグ氏は、
ツインフィッシュやスラスターなどもシェイプしていましたが、
ハルスタビーの思い入れは、決して、薄れることはなく、
売れるあての無いハルスタビーを、ひたすらにシェイプし続けました。

結局、自身が所有するショップを閉め、
カウアイ島に移住したグレッグ氏。
それまでと違う環境の中でシェイプし続けましたが、
2016年、シェイプ人生に幕を閉じます。

今となっては、貴重すぎるグレッグ氏自身がシェイプした
ハルスタビーですが、その後、グレッグ氏と親交の深い
カーク・プットナム氏が、引き続きブランドを守っています。


111217


Wilderness Surfboards

サーフィン界の天才と言われる、サーフボード業界の中で、
最も、多くの功績を残したジョージ・グリーノウが
1966年に立ち上げたWilderness Surfboards。

ジョージ・グリーノウは、天才である一方、
流体力学の部門においても、一目置かれる存在でした。

彼は、サーフボードの研究のみならず、船の船底の研究から始まり、
サーフマット、ニーボードに関わる発明や、エッジボード、フィンなどの
発明や研究の成果も残した偉大なサーファー。

ジョージ・グリーノウは、オーストラリアに移住しましたが、
当時からのオリジナルメンバーである、シェイパーの
ボブ・ダンカンが、現在でも、ブランドが誕生した
サンタバーバラでブランドを継承し守り続けています。

ボブ・ダンカンのシェイプ歴は50年。
はい、半世紀という長い月日をWilderness Surfboardsと
共にしてきたシェイパーなのです。


はい、続いては、両ブランドのシェイプの特徴。
恐らく、世界初となる2本のハルスタビー徹底比較!!

と行きたいところですが、本日は、ここまで〜笑。



続きは、会員限定ページのみでの公開となります。

入会したい方は、ポチボタンをポチッとすれば、
自動入会手続き完了となりま〜す。

ポチッてしないと、次のブログが見られないだけじゃなく、
貴方のボード、明日の朝になったら折れてます。ヤバッ!!


にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村



ホーリー梶川







Liddle Design

liddleall
Liddle Designsが入荷いたしました。

今回の入荷は計4本。

どうですか?横ロゴ。

これはこれで、カッコイイでしょ。

アップですが、明後日以降となってしまいそうです。

皆さん、娯しみにしててください。




マイケル・ピーターソンが、
ポチ必須だ!って仰っております。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





Hulls Session

05312
波の無い時期に突入しましたが、
本日は、梅雨前線の隙を抜いて南房総某ポイントへ!

05315


05311
波の方は、セット腹胸のクリーンなファンウエーブ!

多少、繋がり気味なブレイクが目立ちましたが、
そんなの関係ありません。

05313


05314
何故なら、ハルスタビーを持ち込んでいたから。

05316
今日は、ハルラーのかっちゃんとのセッション。

かっちゃんは、最近、キャンベルのボンザーを手に入れたものの、
ここ最近は、リドルのハルしか乗らなかった、もっぱらのど変態ハルラー。

今回は、お互いのライディングを30分ずつ撮り合おう!って事で、
撮ってみましたよ〜。

05317
先ずは、特攻隊長ホーリー梶川から。

05318
本日の1本目はバックサイドから。

05319
オッケー、オッケー。
カッコつけて乗ってますね〜。それで正解です!
シングルフィン。特にハルスタビーなんか、
カッコつけて乗ってナンボ。

これが一番大事なんです!

053110
オッケー、オッケェーイ!

カッコの付け方完璧です!

053113
あくまでもクローズドスタンスで力を抜いて・・・。

053112
波が掘れてきたら見せどころ!

オッケー、オッケェーイ!

もう、何でもいいからカッコつけよう!

053114
オッケー、オッケェーイ!

スタンスを前にとって、一気に抜けるよ〜!

オッケー、オッケェーイ!

053115
続いて8枚の写真でシークエンス。

スピードの出るハルスタビーは、
波の奥からテイクオフするのが基本。

力だけは抜いて、波の動きをしっかり確認しながら
微妙にボードをコントロール。

3では、すでに前が落っこち始め、
4では、完全に捕まったかのようですが・・・。

053116
オッケー、オッケェーイ!

ハルスタビーは、こっからが違う。

いとも簡単、一気に抜けていきますよ。

7辺りでは、抜けられるのを確信し、
完全にカッコつけモードに入ってますね〜。

それ、正解です!

ハルスタビー、カッコつけてナンボ。

オッケー、オッケェーイ!

053117
どうですか!
この、パワーみなぎる自信あるポージング。

カッコつけ倒した、いい顔してますよ。


053118
続いてかっちゃん!

かっちゃん、サーフィン歴7年。

でも、中々やるんですよ。

スタイルを追求してきたサーフィンってのが
良く分かりますね。

まだまだ、若いし、これから、もっともっと
カッコ良くなると思うけど、今日も良いライディングしてましたよ〜。

053119
ディープだね〜。
ボトム全出しだよ。

オッケー、オッケェーイ!

良い感じでカッコつけてる。

053120
ハイラインで走り抜けてくかっちゃん。

オッケー、オッケェーイ!

これはスタイリッシュだな〜。

053121
どことなく、硬い様にも見えるけど、これは、撮ったタイミング。

クローズドスタンスで、ボトムに向かって良いラインで抜けてますよ〜。

オッケー、オッケェーイ!
俺も、ちょっと前までロン毛だったんだよ〜。

復活してみたい気もするけど、オッサンだから、
栄養が毛根に行き届かなくて、後ろだけしかロン毛にならなかったら怖いから、
やっぱ、やめとくよ〜。

オッケー、オッケェーイ!

053122
いいねいいね〜。

分かりますか?

これ、ハルスタビーの独特な乗り方。
レイルワークの違いが、ハルスタビーなんですが、
この掘れた波に対して、ボードが垂直になってるでしょ。

そう、あの薄いレイルの意味ってのが、この写真で分かる筈です。
波の一番パワーのある場所にレイルを垂直に差し込む。
そうする事で、普通のボードでは不可能な、あの加速が生まれるんです。

053123
良いですね〜。

ハルラーは、掘れたセクションが大好き。
波が、掘れたら掘れるほど、加速スイッチが入って
波のその先に向かって全神経を集中!

そう、ハルラーは、誰もが無理だろうと思う速いブレイクを
抜けられるって事を知ってるから・・・。

ハルスタビーバンザ〜イ!!

Liddleバンザ〜イ!!




オッケー、オッケェーイ!
今日も、どしどし、ポチって下さいね〜。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川




'05 Liddle Surfboards Point Breaker 7'9 1/2"

IMG_2828
本日、戻ってきたこちらのボード。

はい、ジョージくんにデッキ強化をお願いしていました。

2005年にシェイプされたこちらのポイントブレイカー。
もう、ずいぶん前に手に入れたボードなのですが、
勿体なくて、ずっと、キープしていたのですが、
ようやく、乗っちゃえ!って思えるようになって来たのは良いのですが、
デッキが、見るからに弱そう・・・・なんだよ。

多分、数ラウンドでべこべこになる事間違いなし。

そんで、4ozクロスをデッキに追加してもらったのが、
今日、帰ってきたという訳です。

いつもは自分でやってるのですが、今回は、時間がないのと
最近、雨も多いからお願いしちゃいましたよ。

IMG_2829
このボード、相当、ペラってます!

FullSizeRender

レイルは、かなりのナイフィーレイルで、
テールなんか、見た事もないほど薄〜い。
ホント、ペラッペラなハルスタビーなんです。
それが最高な訳なんですが・・・。

FullSizeRender
ロゴもカッコイイでしょ〜。

一昔前の旧ロゴですよ。
高さのあるロゴで、古臭さが堪らんです。

IMG_2833
やっぱ、ハルは最高っすね〜。

The Simple

波のパワーを一番感じるというか、
波に一番近づけるボード・・・。

ハルなんて、ああじぇねぇ〜こうじゃね〜
とか言ってるオッサンには到底分からない、
サーフィンというスポーツの楽しさの原点を
ハルは教えてくれます。

フルレイルで深〜い本気のターン。
フィンでは、あのターンは出来ませんよ。
はい、出来ません!


ハル最高!!

リドル最高!!

サーフィン最高!!




ポチして寝てください。
にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





Liddle Surfboards

2017-11-28-14-01-32
どうも、昨日のブログは、皆さん、お気に召さなかった様でポチも少なめ。

という訳で、本日は、気合い入れてみました。

2017-11-28-15-25-20
本日のネタは、Liddle。

60年代後半のショートボードレボリューション時代に誕生し、
当時のままのシェイプを頑なに守り続けてきた、グレッグ・リドル氏率いる
シングルフィン専門ブランド。

ハルスタビーと言われ始めたのは、ごく最近の出来事。

グレッグ・リドル氏に始まり、WILDERNESSのボブ・ダンカン氏にしても、
特別な思いでハルスタビーをシェイプをしている訳ではありません。

そう、当時は、これらのサーフボードは、ロングボード時代から新たに生まれた、
単に短いショートボードなだけなのです。

結局は、当時のシングルフィンをそのまま形にしているだけ。

それが、現代のサーフボードの構造と大きく異なり、特殊なサーフボードとして
注目される様になったのです。


1128

ジャジャーン!!

ビックリしろ!!

インパクト!!インパクト!!

ない、こんな写真!!

・・・・・・・・。



如何でしょう。

頑張って掻き集めて、パーソナルボードラックや天井に吊ってるビンテージを
一枚の写真にまとめてみました。

こちら、私が集めてきたLiddleのファミリーショット。

結構、サプライズ感あると思うんだけどな〜?


それでは、左から順番に。

5'8" Late 80's 2+1

5'7" Burrito DX

5'9" PG

5'10" Burrito DX

7'4" Early 70's Vintage

7'5" Early 70's Vintage

7'10" Old Point Breaker

7'1" Death Model

6'8" Death Model

7'0" Hawaii Kine 2+1

7'2" Hawaii Kine

6'6" M3P Pintail

6'8" M3P


これでも、結構、手放した方なのですが、
それでも、13本!!(バカですね〜。)
でも、本気で好きだって言う答えですよね。


実は今日、コレクションの中から手放してもいい
Liddleってどれだろう?

って、全部ひっくり返したのが始まり。

でも、今日の段階では、どれも、手放せないって感じですね〜。

中古ボードやビンテージボードが、一期一会。
二度と、同じものは手に入らないから、迷ったら買っちゃいなさい!
って、私がいつも言っているのと同じで、一度手放したら、
もう、二度と自分のところには戻って来ない。

そう思うと、手放せないんですよ。

やっぱり、ハルスタビーは、カッコイイですね〜。

無駄な贅肉を全て削ぎ落とした、究極のサーフボードだと
私は、そう思います。



まあ、人生一回、体は一つ。

こんなに沢山持っていても、乗り切れない事は分かっています。

他にも沢山キープしときたいボードもある事だし、

その内、手放す時が来ると思いますので、
ハルマニアの方は、ブログチェック、マメにしていて下さいね。

いや、逆に、オレはこのボードに大金を積むわ!
って言う私のシッポ全開フリフリになる話があれば、
それは別。笑

まあまあ、冗談はこれくらいにして、今日は、結構、
汗掻きましたよ〜。
13本のボードを引っ張り出したり、拭いたり並べたり。

これでポチってくれなかったら、真面目ブログ屋になるつもり。

一枚目の写真の目を見たら、分かっていただけますよね。




それでは、ポチタイム開始!!


マイケル・ピーターソンが
カンカンに怒ってます!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




明日は、死に物狂いで
千葉の波、攻め倒します!
ホーリー梶川






納品&セッション

09121
本日は、私の釣りの先生にサーフボードの納品を兼ねてセッション。

Liddle PG 6'4"の配達をさせていただきました。
はい、特別待遇でございます。

09122
私もそれに合わせ、久々に登場のM3P 6'8"。

09124


09125
波の方はこんな感じ。

オフショアが強く、抑えられた形でしたが、
3本に1本は、いい波でしたよ〜。

潮が多めで、インサイドよりのパンチの効いたブレイク。
サイズは、セット胸。

完全にミッドレングスに向いた波で、テイクオフと一発目のターンがキモ。
底掘れするブレイクでしたので、のんびりしてたら叩きつけらえる感じ。

でも、スリルを味わえるテイクオフって良いもんです。

09127
こちら、Fish Simmons 7'6"でカッ飛び中のYさん。

やっぱり、長いボードは、早いブレイクに強いですね。
Yさん、フィッシュシモンズ気に入っちゃって、
こればっかり乗ってるって言ってましたよ〜。

09128
早速、納品されたPGに乗る高橋先生。

初Liddleとは思えないライディングでしたよ〜。
ハルスタビーは、本当のレイルワークを覚える事の出来るサーフボード。

特に、2+1セッティングのPGとかBurrito DXは、ターンもし易く
サーフィンの基本を身につける最高のボードです。

当然、一番の魅力はスピードですよ。


09123
2ラウンド目、私は、ボードチェンジ。
久々にスキップさんのデレク・ハインドフィッシュに乗ってみました。
(ジョシュで言ったらGen2。)

今日は、セッション楽しかったな〜。

先生!次回は、釣りの方で勉強させてください!!




よろしくお願いしま〜す!
にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




09129
先生からいただいたお宝。
大会の賞品だそうです。

先生、先日、野尻湖で行われたバスの大会で
多くのプロを退け、見事優勝!!

やっぱ、ボクの先生はスゴイな〜。

先生の教え子は、やる気は十分あるのですが、
しょっちゅうボウズ食らっちゃって
どうもすみませ〜ん。

ホーリー梶川









16本入荷!

03084
本日は大量入荷!

こちら、リドルはDeath Modelが4本とBritto DXが2本。
そして、PGが1本入荷!

左に写ってるのは鼻じゃぁ〜ありません。

昨日、GoProサーファーパアーアップ計画の為、
新たにHERO5 BLACKをゲット!

広角っぷりを試したく撮ってみましたが、
手まで写ってしまいました〜。


03081
続いて、Nine Lights。
Monolithは、4本入荷!
そのうち1本は、私のオーダー分ですので売り物は3本。


03082
Mini Bobも4本入荷!
小波スペシャルの激ヤバボードです。


03083
Travis Reynoldsは、今回、こちらの2本。
個性的なシェイプのフィッシュは魅力的ですよ〜。



はい。

これから、画像編集並びに商品アップ作業に入ります。

皆さん、アップされるまで楽しみにしてて下さいね〜。




PCポチでお待ち下さい。
にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村



今週末、Pendoflexも入荷しますよ〜。
ホーリー梶川




腰腹の西湘でした。

2017-02-10-07-50-07

2017-02-10-08-52-13
本日は、久々に西湘某ポイントへ。

2017-02-10-07-22-17
山ちゃんとのサーフィンも久々。

image


2017-02-10-07-49-44


2017-02-10-07-51-18
波の方は、セット腹前後。

情報では、胸肩△40ってなってたので、
結構、期待して行ったんですけどね〜。

入る前は、速めのブレイクが中心ではありましたが、
結構、出来そうな感じの波もあってワックワクだったのですが、
入ってみたら、何だか、ダンパーが中心でした〜。

2017-02-10-07-52-13

2017-02-10-08-52-13

2017-02-10-08-45-09
でも、天気が良くて人が少ないだけで、
リフレッシュ出来ますね〜。


2017-02-10-08-08-16
山ちゃん、GoPro買ったみたいっす。

今後の動画のアップを楽しみにしましょう!



GoProサーファー2号の山ちゃんに期待し、
PCポチをお願いいたします!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川




Liddle入荷!

2017-01-30-22-48-18
いきなりですが、こちら、私の手。
完全に職人の手となりました。

2017-01-31-09-05-53
波のサイズが一気にダウンし、安心したところで本日も朝一スタート。

本日から、装飾用のチークを使います。
チークは、密度が硬く程よく硬いので強度が必要な箇所に最適。
そして、木目が素晴らしい木なのです。

ワクワクしながらの作業・・・。堪らんです。

2017-01-31-09-06-04
チーク2枚を圧着し中をくりぬく。

当事物のマップライトを組み込めば、
一気にゴージャスな照明に変身!

2017-01-31-09-06-36
2017-01-31-10-27-51
激シブです!

2017-01-31-10-28-04
先日酸化させた真鍮の照明も設置。

雰囲気抜群です。

2017-01-31-10-50-06
山ちゃん、出社。

本日は、月末という事で色んな仕事が重なり、
作業も断続的となりましたが、少しずつ進んでおります。

2017-01-31-13-59-39
Liddleも無事到着!!

すみません。本日は、アップ出来ませんでした。
明日、朝一に写真を撮り午前中にはアップさせていただこうと思っております。

2017-01-31-14-01-24


2017-01-31-14-02-38
Greg Liddle氏の魂を完全に継承するスコット・アンダーソンが仕上げた
Greg Liddle Surfboard Dsigns。

今回は、長めのDeath Model3本とPoint Breaker1本。
そして、Kirk Putnamプロデュースによるフレックステイルハルスタビーも
2本入荷していますよ〜。

2017-01-31-17-21-11
まだ仮止めですが、室内の鉄の部分は全て木で覆いかぶされました。

2017-01-31-17-21-36
最高に最高にカッコよくなりましたよ〜。

2017-01-31-17-22-23
職人さんも喜んでますね。


明日は、朝日の8時に撮影開始!

とにかく、Liddle最優先で進めて参ります。



それでは、皆さん、ごきげんよう。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


こいつでのんびり
サーフトリップ行きて〜な〜。
ホーリー梶川




北千葉

12026
本日は北千葉。
湘南も期待していたのですが、見事な湘南マジックでしたね〜。

12024
それにしても、今日は、雲ひとつ無い気持ちの良い朝でした。
(これ、画像編集ナシですよ!)

寒くなるのは、これぐらいにしてもらいたいものです。

12023
のっぽさんは、朝からのんびりモード。

12022


12021
波の方は、セット肩前後のスーパートロワイド。

潮が乗った朝一は、ボチボチなコンディション。
引き出したら厳しかったっすね〜。

12027
朝イチは、Liddle PG 5'10"。

12029
ハルは、もう少し、掘れた波向きですね。
掘れた張ったショルダーが、もうちょっと、欲しかった・・・。

120210
2ラウンド目は、Josh Hall The Punta Model 7'0"。
隣は、F氏の7'6"。Tバンドストリンガーが激シブです。

12028
最近、ミッドレングスに目覚めたF氏。
今日、言ってました。

波数乗れて、インサイドまで繋げられて・・・。

最高に楽しんでます。って。

次は、Fish Simmonsが気になってるそう。

マイドアリ〜でございます。


波の方は30点。

天気が100点。

プラマイ、大満足な朝でした〜。


北千葉は、ブーツ直前の水温になっております。
皆さん、そろそろ、車に積んでおきましょう!



波が良い時はポチッてくんないけど、
こんな感じだったら、ポチりたく無いってこと無いっしょ?

本日も、ヨロピク!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川







リペア予告

2016-11-12-18-35-41
一昨日の激戦で、ボロボロになった私の大事な大事なDeath Model。
レイルは、フォームまで達した横幅7センチほどのエグリ系。


2016-11-12-18-35-55
ボトムは、先日お見せした様に、
長さ20センチ、幅10センチ、深さ3〜4ミリの激デカヘコミ。

(画像悪くてすみません。)


そりゃ、残念です。

でも、このボードは、私にとって大事な大事なメモリアルボード。
だから、ちゃんと治してまた良い波に乗って、そんで、また最高の記憶を
このボードと一緒に刻んでいく。


明日、時間作ってリペアに集中します!

多分、その時ご来店されても、全く反応しない私がいるかもしれませんが、
その時は、どうか、大目に見てくださいね〜。



ポチが多ければ、どうやって直すか、
明日、ブログにて公開させていただきます。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川



11月10日

111416



111418


11月10日

千葉県某ポイント。


111419


久し振りのハル。


11148



11149



111410

ハル、最高!

やっぱ速い!

でも、残念。


111120

狙う


111121

行け!


111122

消えた・・・

洗濯機。


11111



11112



11114



11146



11147

決まった!!

アウトでグライド感を味わい、
ミドルで攻める。

最高のパターン!

111411


111415

カットバック!!

はじめは遠慮してたけど、慣れてきたら
レイル全体に思いっきり体重を乗せられた。

快感。


111413

セットの波でのボトムターン。

もう少し、待った方が良かったかな。


111414
ハルに乗るとペリカンになった気になる。
初めて乗った時、波の上を滑ってる感覚がしなかった。

波の上を飛んでいるような感覚。

ペリカンが水面ギリギリを優雅に滑空する様に・・・。

ハル、改めて最高!!



昨日お邪魔したポイントの皆様、
波を分けていただき有難うございました。

そして、こんなに素晴らしい写真を撮ってくれた
フォトグラファー 藤本 薫氏に感謝でございます。



今日もMPがポチれ!
っておっしゃってます。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川



通常営業です

11101
本日も千葉方面某ポイントへ。
もしかしたら、ジョシュとゲッピーさんのボードが、
本日成田に到着するかもって、昨日の遅くに連絡が入ったので、
急遽、連チャンで千葉方面で入水し、運送会社さんからの連絡を待って
成田に向かってやろうかなと・・・。

波の方は、昨日に続きセットはオーバーヘッドのパンチの効いた素晴らしいブレイク。

11104
今日は、LiddleのDeath Modelを持って行ってみました。

11102


11103
入ってみると一癖あって結構、トロっ速い感じ。
そんで、久々のDeath Modelだったのとパンパンに張った波で、
最初の数本は手子摺りましたね〜。
テイクオフ後のレイルワークに慣れるまで、数本はバランバラン。

でも、今日は、思いっきり攻め込みましたよ〜。

ミドルからインサイドで巻くんです。

そこにタイミングを合わせ、体を丸めると、スポンッ!って、
入れちゃうんですよ〜。

何本だったでしょうか、3本ぐらいはいい感じで被れました。マジっす。

かっ飛んでミドルのマッキマキセクションに突っ込んでいくと、
スッコーン!!って入っちゃうんですよ〜。

実は、今日、同行したプロカメラマンのFさんが、
私のライディングを少し撮ってくれたのですが、
マジでいい写真を撮ってくれてましたよ〜。

もし機会があったら、ブログにアップしますね。


そんな訳で、今日は、思いっきり気合い入れながらの朝一ラウンド。

11106
お陰で、私の大事なDeath Modelは、レイルが大クラッシュしたのと、
ボトムに激デカコンケーブが入っちゃいました〜。

大ショ〜ック!!

とにかく、チューブに入ることばかり意識して乗ってたから、
ガンガン突っ込んでグリングリンに巻かれ捲りましたからね〜。

レイルの大クラッシュは私のオツムと激突。
長さ10cmぐらいが大陥没ですよ。
あっ、オツムじゃないですよ。
オツムの陥没だったらヤバ過ぎですから。

ボトムは私の肘と。

深くて巨大な凹み。

早く直したくてしょうがないです・・・。

11107
2ラウンド目は、髭モジャカメラマンFさんにDeath Modelに乗ってもらい、
私はJosh Hall Fish Simmons Twin 6'9"。

11105
さっき乗ってたDeath Model 7'1"より
こっちの方がテイクオフが早いってかんじましたね。

ボリューム的には同じぐらいな感じ。

ハルは、レイルが思いっきり薄くシェイプされてるから、
見た目以上に容積が小さいのとテイルが細めだから、
それより短いフィッシュテイルの方が早いんですね。

走り出したらハルはヤバイですけどね。

それにしてもFish Simmonsは、抜群のコントロール性能ですね〜。
さっきまでハルに乗ってたから、余計にそう感じちゃって。


そんで、今日の一番ビッグなお仕事、ボードのピックアップの方は?

はい。飛行機に載らなかったみたいで〜す。
明日には到着するって言ってましたが、ちょっと、怪しいですね。

先日から話してるLiddleの方も同様に、数日以上遅れちゃっております。

多分、来週には届くと思うんですけどね〜。

という訳で、本日も明日も通常通り営業し、
通常通り家に帰って焼酎を呑みたいと思っとりやす。


お待たせしている皆様、浮気しないで今しばらくお待ちくださいね。



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川




Hulls

昨日に続き、本日も真面目ブログ第二弾!!

なんで、急にまた〜?


私も人の子。私にはボーナスはありませんが、
そろそろ、ボーナスの時期でしょ。
何だか、人のボーナスが気になりだしたんよ〜。



はい、それでは、本日もよくあるご質問から。

06281
本日は、ハルスタビーについて。
よく、電話でこんなお問い合わせをいただきます。

ハルって、どんなボードですか?
難しいって聞くんですけど、実際、どうなんでしょうか?

こうやって、アウトラインだけを見ただけなら、
普通のエッグボードにしか見えないんですけどね〜。

私は、この様にお答えします。

ハルスタビーは、レイルの使い方が全く違います。
動画などを見ると、本当にかっこいいサーフィンをしていますよね。
最高に速くて、本当に面白いボードですが、
今まで乗られていたボードと同じ様に乗るには、ちょっと、無理がある。

もし、貴方が、あの様なかっこいいライディングをする為に、
ハルスタビーのレイルワークを覚える為の努力を惜しまないのなら、
私も大賛成しますが、ただの通過点に過ぎない1本という事だったら
やめときましょう。

私は、こうやって、せっかく買いに来られたお客様なのに、
売らずにサヨウナラした事が、何度もありますね〜。
いやいや、かなりありますね〜(笑)

だって、何にも知らずに買って、何だよ〜、難しいじゃんか〜。
って、すぐに中古で戻ってきたり、他の店の中古ボードコーナー
に並んでたら、残念じゃないですか。

私も残念だし、お客さんは、もっと残念。

だから、はっきり聞くんですよ。

その反面、ハルスタビーに興味があって、嵌っていきたい!
って意思表示をしてくださった方には、ゴリゴリに押し込みます(笑)

だって、あのスピードを体験するチャンスが、
そのサーファーに巡って来たって訳ですからね。

その時は、乗り方のレクチャーから、メンテナンスの方法まで、
事細かくご説明しますよ〜。


まあまあ、とにかく、私が、もう一度、しっかりと考えた方が良いです。
って、闇雲にハルスタビーを売らないのは、やはり、乗り方の問題。

そうですね〜。ロングボーダーの方は、無理なレイルワークをしないのと、
ボードの流れを待ったサーフィンが得意なので、多分、ハルスタビーは、
すぐに乗りこなせると思います。

問題なのはショートボーダー。
ショートボードの、アップス&ダウンを基本とするあの動きが、
ハルスタビーに一番適していないんです。
そう、レイルが波に食い込んじゃって、逆に失速に繋がるのす。

06184
こんだけ薄いレイルですから。
引っ掛かっちゃうに決まってますよね。

06282
ノーズエリアも、ここまでラウンドしてるから、
アップス的にレイルを波に引っ掛けようとしても、
ズルンって、滑って落っこちちゃいます。

私もそうでした。

ハルスタビーに初めて乗った時、なんて難しいボードだ!
って思いましたね〜。
でも、今まで経験した事のない、とんでもない速さだけは感じたのです。
そして、その最高の思いだけが、私を3ヶ月近くもハル乗りの修行に導く
原動力となったのです。

毎日の様にハルに乗り、色々と練習しました。
そして、何度も、最高の経験をしました。

絶対に抜けられそうもない速いブレイク。
ハルなら、何故か、抜けられる気がして突っ込もうとするんです。

一気に波は掘れていき、体を少しずつ、コンパクトになる様膝を曲げていく・・・。

普通なら、そこは、ミドルセクションのダンパー。

でも、私とハルは、ツルンツルンのグリーンルームに一気に突入!!

恐らく、過去に経験したチューブライディングの多くが
ハルスタビーと共にしたと記憶しております。

そういう意味じゃ、ハルは、チューブメイカーと言えるかもしれませんね。



ハルスタビーは、慣れてくると、実は、アップス&ダウンやカットバックも
普通に出来る様になってきます。
結局のところ、その方が益々スピードを増し、本来の性能を引き出せるのです。

そして、あの繊細なレイルワークは、普通のレイルを持ったボードの
コントロール能力まで上げてしまうのです。

私もそうでした。

ハルスタビーに、一時期、嵌まり込んだ事がありましたが、
徐々に、他のボードにも乗る様になり始めた頃、ハルスタビーに乗る前に比べ、
ターンに差が出た事に気がついたのです。

アップス&ダウンの伸び、カットバック・・・。

そういう意味では、一からサーフィンを鍛え直したいと
思ってらっやる方には、打ってつけのボードかもしれませんね。


ハルスタビーの事は、何も知らない。
でも、あのオヤジ、やたら熱く語ってたな〜。なんか、面白いのかも・・・。
あそこまで言うんなら、ちと、気合い入れて乗り込んでみるか!

そう思われた貴方。

私、一生懸命ご説明しますよ〜。

皆で、ガンガン、ハルっちゃいましょう!!




因みに私。
Liddleは、現役シェイパーで最多の
10本オーバー持っとります。

これ、説得力あるでしょ!?
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




真面目なホーリーさん、
これで思う存分、ボロちゃん弄りが出来るってもんです。
ホーリー梶川




入荷

03252


03251



本日、アンドレイ二が6本とリドルが4本入荷しました。

撮影はの方は完了したのですが、発送作業に追われ
本日のホームページへのアップは見送りとなります。

この二枚の写真で想像しまくってください。



ポチは忘れずに!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川






Pintail

2016-02-10-07-19-52
この冬は暖冬と言われてきましたが、
年明けから、思いっきり寒くなりましたね〜。

はい。今朝もかなりの寒さでしたよ。

こうなる事を見越して、年内中にアウター買わなかったから、
こんな事になっちゃったんじゃないですか〜。

オフィスの廊下で、部下の女性社員とすれ違う・・・。

アレ〜、◯◯課長〜、それ、去年、着てたやつじゃないですか〜。

もしかして、年収、落ちちゃったの〜?

はははっ〜。ダサいね〜。

はははっ〜。

(多分、こんな事はあり得ないけど、もしあったら、どうするの?)

2016-02-10-07-23-19

ねっ。どうするの?

こんな最悪事態を考えると、早いうちにアウターを買うのが得策。
今年の秋は、ガンガンぶっ飛ばしとかなきゃ、大恥かいちゃいますよ〜。

今季は、支払い大変だったんですから・・・。
(そこまで言わ無くて良いか。)


2016-02-10-07-20-03
はい。そんで、波の方は、予想以上のセット胸肩。

朝一は潮が多く、ダラダラのボヨンボヨン。

待ってりゃ、その内、潮が引いていい感じになるんじゃないの〜?

って、持ち出したのがコレ。

2016-02-10-07-20-16

2016-02-10-07-22-19
2016-02-10-07-20-27
昨日、悶々としたLiddle M3P Pintail 6'6"。

でも、結局、張ったフェイスの波にななりませんでしたね〜。

パワーのないダラダラ波は、何に乗っても面白くないけど、
ハルスタビーにとっては、一番、力を発揮できないコンディション。

ハルのレイルはピンチレイルと言われる、テーパーされた薄いレイル。
ボヨンボヨン波だと、レイルが波に引っ掛かり易くなるのです。
ハルに慣れた私でも、今日は、何度かすっ転びそうになりましたから。

でも、何本か良い波に乗れたのですが、その時は、ピンテイルの良さを感じましたよ〜。
ステップバックしなくても軽いターンが可能で、ボードの真ん中に立ち
クローズドスタンスでターンをしても、気持ち良〜くカットバックが出来る。

M3Pは、マニューバーが面白いハルスタビーなのですが、このピンテイルは、
パワーのある波の時は、相当、キレそうですね〜。

これなら、多分、ハルに乗った事が無い方でも楽しめるボードでしょうね。

02102

02103

2016-02-10-07-22-29
でも、時間が経つに連れ、案の定、ポイントパニック寸前に。

2016-02-10-08-50-04
そんで、引っ張り出したのがコチラ。

昨日、併せて名前の挙がった、スキップ・フライ氏のフライフィッシュ 6'9"。
ボリューム満点で、6'代とは思えない驚異の激ッパヤテイクオフは、
こんなコンディションに威力を発揮してくれます。

空いてる沖からテイクオフ。

ダラダラブレイクでもスイッスイ〜。

ショルダー無くなりゃ、クイっとカットバック。

ジジイになった時用にとオーダーしたこのフィッシュでしたが、
既に、思いっきり活躍をしてくれている、私の大事な大事なフィッシュ。
大事に乗らないと、ジジイになる前にボロボロになっちゃうかも知れませんね。



おい!お前!!

そんな事より、昨日、写真見せるって言ったじゃないか!!

どうなってんだ。このタコ野郎!!



おいおい、お兄さん。
タコ野郎には参ったね〜。

写真は、ちゃんと、おいらの懐にあるってもんよ。
そう心配すんなって、お兄さんよ〜。

でもな、ここで、もう一発ポチっとかなきゃ、ダメってもんだろ〜。

なっ、分かるだろ?兄さん。
世の中、こうやって回ってるってもんだろ〜?



はい。
上の人は、私ではありません。
あまり深く考えず、ポチってやってください。

きっと、兄さん、後で写真出してきますから。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



これから、眠眠打破行かせて頂きます。
ホーリー梶川




Liddle

image
入荷情報!!
今週、Liddleが4本入荷する予定です。

今回は、ポイントブレイカーの7'10"&8'0"という、
今まで、入荷したことのない長めが2本と、
M3Pピンテイルの6'6"&7'6"が2本。
M3Pもマニューバーのし易い、オススメのモデル。
ハルスタビー初心者の方も、すぐに楽しめるボードです。

Liddleが気になっていた方は、今回の入荷をお見逃しのない様、
しっかりとブログチェックお願いしますね〜。



マイケル・ピーターソンも
ポチってくれって言ってますよ〜。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川




ビーチブレイク

10194
本日は、いつも通う鎌倉方面をパスし、江ノ島越えの某ピーチへ。

10191
途中、バッタリ、トロ松と遭遇!そして、一緒に移動。

10193
相変わらず、忙しいみたいですね〜。
でも、合間を見つけ、ちょくちょく海には通ってるみたいですよ。

10192
私は、Liddleの80'sシェイプ。
そして、トロ松は、ジェフ・ホー。
良いの乗っちゃってんじゃないですか〜。

10195
波の方は、セット間隔が長いものの、たまに肩近いものも。
基本、潮が多くタプタプ気味のブレイクが多かったのですが・・・。

10197

10196
たまに、良い感じに切れたライトが入ってくるんです。
そして、このLiddle。何だか、私のバックサイドとの相性が良いみたいで、
今日は、バックサイドばかり乗ってしまいました。

Liddleなんだけど、ハルシェイプじゃなく、普通のレイルで、
バランスが物凄く良い。
テイクオフもメチャッパヤだから、混雑した海でも、
ガンガン行けちゃう最高のボードです。

明日から、台風スウェルが入ってくるんですかね?
ジョシュのボードの入荷も控えてるし、今週は、
大忙しとなりそうです。



それでは皆さん、ごきげんよう。



本日も、ポチの大連打、
宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川










70's Liddle

09105
あらら、一気にサイズダウンです〜。

本日の湘南方面は、台風17号からのウネリが入らず、
セット腹前後のプアーコンディション。

昨晩は、明日、板、何持って行こうかな〜?
なんて、色んな事を考えながら期待してたんですけどね。


09102
朝一の波情報で、腰腹って出てたので、持って行ったボードは
こちらただ一本。
Liddleの73〜4年シェイプのビンテージ物。

アメリカで手に入れ、日本でフルレストアしたまま
まだ、一度も乗っていなかった私のお宝。

09103

09104
長さは7’4”。
アウトライン、ロッカーは、今のシェイプとほぼ同じ感じですが、
レイルの落とし具合が違うんです。
今のシェイプの様なピンチレイルではなく、
少し、大人し気味のソフトボキシーレイルで、ノーズのコンベックスっぷりも、
少し控えめ。
フィンボックスの位置も、今のものより後ろにセットされています。

09106


09107

まあ、こんなコンディションですから、
かっ飛びビンビンってのは味わえませんでしたが、
やはりハルですね。テイクオフ後、ボトムに降りていく時のスピード感が
まるで違います。
ギュ〜ン!!って、スゴイ加速感でした。

プアーコンディションって言っても、時折、形の良い波もあったのですが、
そんな時は、アップスが最高でした。
※ハルのアップスは、通常のボードのレイルの入れ方と違い、
波に入れる側のレイル付近のボトムを使ってアップスをします。


やっぱ、ハル最高です!!

最近では、ハルに乗っているサーファーの数が
めっきり減ったような気がしますが、私的には、
今後も引き続き、ハルを積極的に展開していきたいと考えております。

ハルに乗ってしっかりとコントロール出来る様になった後に
普通のレイルのボードに乗ると、レイルワークが一気に上達した事を
すぐに感じますよ。

これ、マジですから。

09101

信じるか、信じないかは、あなた次第・・・。


でも、確実に言えるのは、ハル最高!!



ポチるかポチらないかもあなた次第。
いやいや、こちらは、どうか宜しくお願い板します!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ポチらないと、マイケル・ピーターソンがマジギレしますよ。

ホーリー梶川





Revolver Maps
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
人気BLOGランキング
人気ブログランキングへ
SURFSIZE
サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中
ブログ村 サーフィン
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
ブログ村 マリンスポーツ