gordonandsmith

Gordon&Smith

FullSizeRender
サンディエゴ滞在中にお邪魔したゴードン&スミス。

今回は、シェイパーの皆さんとはお会い出来ませんでしたが、
経営されてるデビーさんとエリックさんにお会いし話をして来ました。

話によると、最近では、若いサーファーからの
カスタムオーダーが、かなり増えてると言ってましたね。

何十年もお付き合いのある、ロングボーダーのお客さんだけでなく、
短いボードを好む新規の客が増え、ミッドレングスのオーダーが、
かなり増えたそうです。

FullSizeRender
こちらはエリックさん。

創設者のラリー・ゴードンさんの息子さんです。

今回もファクトリーを見せてくれましたが、
ラミネート待ちのサーフボードが、大量に並んでましたね〜。

ブランド名は言えませんが、サンディエゴで有名な
あのブランドもここでやってんだね〜。ってのが
たくさん並んでますよ。

G&Sのラミネートのクウォリティーの高さは有名。
なので、多くのシェイパーがここに依頼に来るんです。

そう、スキップさんのボードもたくさん並んでますよ〜。

IMG_6913
Gordon&Smithは、ハンク・ワーナー、クリス・ダービー、それから、
トッド・ピンダーも加わり、充実のシェイパー陣が揃っていますので、
今後も当店では、積極的に取り扱いを進めていきますよ。

ご期待くださいね。




それでは、みなさん、ごきげんよう。





本日も宜しくお願いします!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川





Gordon&Smith

202208011
今回のカリフォルニアトリップで
最後に訪問したのがGordon&Smith。

202208014
はい、世界で最も歴史の長いサーフブランドです。

ファクトリーは広いスペースで、シェイプルームが3部屋に
ラミネートルームには馬が6台。

202208013
ラミネートのクウォリティーは高く、
スキップ・フライ氏を始め多くのシェイパーが、
シェイプしたボードを持ち込みラミネートを
依頼しております。

そう、ジョシュも、最近、仕事のペースを上げる為、
G&Sと契約しラミネートをお願いしてるみたいですね。

202208012
まあ、こんなことを言うのは、ちょっとアレですが、
アメリカの景気は、今、下降傾向。

今回会った全員が言ってました。

こんな事も言ってました。

2019年からコロナがスタートし、アメリカ政府は、
国民にお金のサポートを続けていました。

それは、かなりの金額で、仕事を辞めた人も沢山いたそうです。
まあ、そんなんでサーフボードの納期が遅く鳴っていたんです。

そんで、サーファーは、その国からの助成金で、去年一昨年と
バンバンサーフボードを買っていたそうです。

その反動もあるっていってましたね〜。
買いまくってお腹いっぱいだそうですよ笑。

202208016
今年でGordon&Smithは63年目。

これからも、素晴らしいサーフボードを、
世の中にどんどん送り出してもらいたいものです。

202208015
因みに、この方はエリックさん。

Larry Gordonさんの息子さんです。
いつも、日本に行きたいって言っております笑。




それでは、みなさん、ごきげんよう。






本日もヨロピコね。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




今日のランニング。
暑さのあまり、途中でぶっ倒れそうになって
歩いて帰りました〜笑。

ホーリー梶川




鎌倉

202107263
朝イチの波情報ではセット腹胸。

でも、到着したらこんな感じ。

202107261


202107262
セットは、軽くオーバーヘッド。

予想以上のサイズアップでしたね〜。

そんで、ブレイクもいい感じ。

捕まると厳しそうだったので、
202107265
Andreini/6'8" Selena Pocket。

相変わらず動きが軽い素晴らしいシングルフィンですね。
このくらいなら、でかいセット食らっても、
ドルフィン可能な浮力感。

サイズのある時に重宝するボードです。

202107266
何故でしょう。
入ってる内にサイズダウンして来ましたよ。
もしかしたら、ウネリが東に寄り過ぎたのかも知れませんね。

そんで、登場したのは、Gordon&Smith/6'6" Summer Fish。
本日初乗りとなります。

このボード、ボリューム満点なのですが、
感覚的に7’オーバーの浮力感を感じました。

だから、テイクオフが超速い。

そんで、短い分動きが軽いっすね〜。

Veeボトムだからってのもあると思いますが、
なんせ、気持ちの良い乗り味でしたよ。

テイクオフが超速いから、ウネリから走り始めて、
大きなラインで気持ちよくターンが楽しめます。

ハンク・ワーナーさんのボードだから、
とにかく乗ってみたいなってキープしてたボードでしたが、
まさか、ここまでの最高ちゃんだとは思いませんでした。

シングルフィンの良いとこが、全面的に感じられるボード。
そんで、乗ってて、とにかく、ターンが気持ち良い。

海の中で決定しましたよ。

追加で4本ハンクさんにシェイプして戴こうと。



これから、いろんな波乗って
色々と感じたいですね。





それでは、みなさん、ごきげんよう。




本日もヨロピコリン。

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村





沖でオリンピックの
ヨットレースやってたよ。

ホーリー梶川





入荷しましたよ〜

FullSizeRender
2日連続で成田行って参りました笑。


FullSizeRender
本日の入荷は、今となっては貴重なJosh Hall Surfboardsと、

FullSizeRender
Gordon&Smirh。

どれも素晴らしいボード。

IMG_5166
でも、個人的には、コレが気になりますね〜。

FullSizeRender
なんせ、これモンですから。

ハンク・ワーナーシェイプの最新鋭。

EPSにカーボン巻きでゲキカル。

そんでもって、このチャンネルと
アシンメトリーでヤバヤバ。



明日、コレに合うフューチャーを
マニューバーラインの池ちゃんが持ってきたら完成。

なんせ、軽いんだから。




それでは、みなさん、ごきげんよう。




ポッチってね。

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村





今週末はフリーダムツアー
気になる方は、場所やらなんやら
お問い合わせ下さい。

ホーリー梶川





Gordon&Smith

GORDON&SMITHのご紹介です。

今回入荷したのは、全部で6本。

テーマは、60年代。

今まで、70年代のリバイバルシリーズを
展開させていただいていましたが、今回、初めて、
60年代にリリースされていた、よりクラッシックな
モデルをG&Sに復刻していただきました。


Retro Red Fin 9'6"
RED1


gs4


gs3
1965年にマイク・ヒンソンのシグネーチャーモデル
としてデビューしたレッドフィン。

グライダーモデルの原型と言える、スピード性能抜群の
クラッシックロングモデルです。


Stretch 9'4"
stretch1


gs1


gs2
ストレッチは、マイク・ヒンソンのコンテストボードとして、
1965年に誕生したモデル。
ノーズライディングの安定性とターンのし易さを追求したモデルとなります。

デザインも、3インチのバルサストリンガーと、
デッキのブラックレジンパネルで当時を再現。


SS Model
ss1
SS Modelは、'68年にデビューしたモデル。
ショートボードレボリューションで、
サーフボードが短くなり始めた頃のモデル。

センターには、レッドウッドのストリンガー。
そして、ウェッジフォームストリンガーで、
当時のデザインを完全に再現しています。

ノーズ付近はスクープデッキ。

強めのロールドボトムで、軽い取り回しが特徴のボードです。

Farrelly Stringerless V-Bottom 8'0"&8'6"
olieve1


kelp1


VBOTTOM-2
'67にミジェット・ファレリーがデザインしたモデル。

薄いピンチレイルと強烈なロールドボトムが特徴の
ミッドレングスモデルです。

ハルスタビーの様なボトムデザインですが、
テールがVeeで抜けている事で、更に軽いターンが可能なボードです。

Hot Curl 8'0"
hotcurl1


HOTCURL(1)
'67にデビューした、G&S史上初のショートレンジモデル。

特徴でもある、カラードフォームをノーズとテールに
挟み込んだ仕様は、U.S.Blanksを通し完全復刻。

細部に至るまで拘ったボードです。




如何でしょうか。

これだけの説明と写真だけでも、70年代とは違う60年代の重みを
感じて頂けたのではないでしょうか。

ここにある現物は、他のボードにはない
オーラを放つほどの存在感で溢れています。

流石、G&S。そう、言わざるを得なくなるほどの
圧倒的な迫力を、ホームページの方で確認してみて下さいね。





CHECK!!






こちらも宜しくお願い致します!

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村



ホーリー梶川





Gordon&Smith

IMG_3876
昨日は、もう一つ、レジェンドな
皆さんのところに行って参りました。

今年で60周年を迎える、サンディエゴのサーフィン史を
築きあげてきたブランド、ゴードン&スミス。

IMG_3874


IMG_3875
なんと、ゴードン&スミスは、今年、60周年記念を迎え、
サンディエゴ市は、5月10日をゴードン&スミス
の日と定めたそうです。

FullSizeRender
今年シェイプされたボードには、
ボトムに60周年記念のロゴが入る予定。

早速、シェイパーのクリス・ダービーらと打ち合わせしながら、
ボードをオーダーして参りました。

今年のホーリースモークの展開としては、昨年、皆さんに
ご紹介してきた、60年代から70年代にリリースされてきたボード
のリバイバルと平行し、現代のモダンスタイルのモデルも積極的に
展開していく予定。

IMG_3886


IMG_3881


IMG_3882
同時に、スケートボードからアパレルまで
幅広く展開していく予定。

ご期待ください。


それでは、皆さん、ごきげんよう。



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川










'71 G&S Twin

03066
本日は、先日入荷した、Gordon&Smithの
5'7" G&S Twinを試乗する為、鎌倉方面へ!!

03064


03063


03062
昨日の春の嵐による風波は、
強いオフショアに抑えられながらも、
どうにか、胸前後のサイズをキープ!

少し、風が気になるものの、中々のコンディションの中、
初乗りする事ができました。

03065
正直、このボード、ロッカーが弱く
レイルのボリュームもハンパないので、
初め見た時、暴れん坊将軍かも。って、
なんとなくそう感じていました。
(見た目は、初めから抜群にかっこいいって思いましたが・・・。)

それでは、入水!!

やはり、ボリュームが凄いですね。
ドルフィンに苦労するレベルではないですが、
5'7"とは思えない浮力感。

なので、テイクオフは別格に早い。

はい、最初の1本目でこのボードの性格が
すぐに分かりました。

ミズスマシの様な感覚というか、なんなんだ、このスムース感は?

そのくらい、ボードがスルスルと走る走る。

03067
悪い予想でしたが、もう少し、ノーズが暴れて
ターンにドライブ感を感じないボードかと
勘違いしていたのが、その場で訂正されました。

なんだか、久しぶりのサーフボードによるトキメキ感。
分かりますよね。新しいサーフボードを手に入れて、
それが、絶好調だった時、思いっきりときめいちゃって
夢中になる時。

まさに、そんな感じで、乗り捲っちゃいましたよ。

テイクオフして、ショルダーがまだ貼ってこない時・・・。
そんな時でも、アップス&ダウンでどんどん先に走っちゃいます。

ミドルからインサイドセクションで一気に波は掘れた時・・・。
ボトムで思いっきり溜めてたパワーをリップに向けて爆発!!
波のトップからボトムに降りるまでの流れが、安定してますね〜。

こんなにポテッとしたレイルを持つボードからは、
想像出来ない機敏な動きとドライブの効いたターンの伸び。


結論、出しちゃいましょう。

短いボード部門、ここんところの最高傑作です!!
はい、言い切っちゃいますよ!

Shapes and HullsのR/P QuadやFlex Fin Fishで
ぶっ飛んだ記憶が、まだ、記憶に新しいところですが、
その後の圧倒的インパクトは、このボードで間違いありませんね。

いつも言いますが、ボードの乗り味には好みがありますので、
このボードが一番とは言い切ることができません。

でも、毎年、たくさんのボードを試乗してきた私が、
猛烈なインパクトを感じ、最高に気に入ってしまったボード
であるという事は、他に変え難い事実です。



乗ってる最中、色々と考えてたんです。
あの時のあの伸びは?とか、あの時引っ掛かんなかったのはなぜ?って。


店に帰って、早速、シェイプを再チェックしてみました。

IMG_1714
フィンは、通常のキールフィンが、約5インチ弱なのに対し、
こちらのフィンは、6.5インチ。ダブルフォイルで
フィンの角度は一般的です。
ベースが狭いから、それだけで暴れん坊に見えるのですが、
恐らく、ゴン太レイルが抑えてくれるのでしょう。

ドライブが効いてるんすわ〜。ホント。
そんで、レイルが入れば入るほど、ゴン太レイルは反発がある分、
ダイレクトにスピードに繋がるのでしょうね。

そんで、ボトム。

FullSizeRender
ノーズ

FullSizeRender
センター

FullSizeRender
フィン前

はい、どこもフラット。
浅く全体がVeeボトムになっている感じ。

この引っかかるところのないフラットなボトムが、
ターンを軽くし掘れた波のトップから降りる時も
スムースなんでしょうね。


02163
先ほど、絶好調でしたよ〜!
って、G&Sのデビーさんに報告したのですが、
このモデルは、'71のビンテージをシェイパーのクリス・ダービーと
G&Sのエリック・ゴードンが実際に試乗し、フィンのセッティングや
レイルのデザインを変更させたボード。


最近では、ミッドレングスブームが世の中を駆け巡っておりますが、
ショートレンジ部門では、多くの方が絶賛するボードだと思います!



'71 G&S Twin

次回レポートもお楽しみに!!



なんか、アップスの頑張りすぎで、
ギックリ腰気味な・・・。

本日も宜しくお願い致します!

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村



しゃがんだ時の為に、
杖を持ちながら動いています笑。

ホーリー梶川








Revolver Maps
QRコード
QRコード
Recent Comments
人気BLOGランキング
人気ブログランキングへ
SURFSIZE
サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中
ブログ村 サーフィン
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
ブログ村 マリンスポーツ