gordon&smith

'71 G&S Twin

04128
本日は西湘某ポイントへ。

04121
これに乗ってみたかったんですよ〜。

'71 G&S TWIN。

G&Sを取り扱う様になり、先ずは、皆さんにG&Sの歴代のボードを
ご紹介しようと、60年代から70年代の名作を復刻させる
プロジェクトを始めました。

これまでに、数本のG&Sに乗りましたが、
特にこのボードの衝撃が凄かったんです。

まさか、アレンジを加えてると言っても、ここまで完成してるとは!
そんな衝撃的な出会いだったこのボードですが、私なりに、
もっと、良くなるはず。って、乗った時、確信したんです。

04123
先ずは、フィン。

オリジナル(ビンテージ)のG&S TWINは、
テールギリギリにフィンがセットされています。

G&Sのクルーが、試乗したらしいのですが、
引きずっちゃって話にならなかったそうです。

そんで、シェイパーのクリス・ダービーさんが考え出したのが、
2インチほどフィンを前に移動。

そのボードは、今まで、何度かレポートしてきたやつ。
ターンは軽く、ボードも暴れる事なく調子は良かったのですが、
トロい波の時、思いっきり、テールを踏み込むと、少し、
テールがスライドしすぎる様に感じました。

迫力のあるサーフィンになったりして、それはそれで面白いのですが、
スピードを損なう事もあるんです。

そんで、今回、フィンを1インチ後ろに移動してもらいました。

04124
それが、今回入荷したボードという訳です。

04122
そうだ、波の写真、載せてませんでしたね。

今日は、セット胸肩のパンチングブレイク。
ミドルからインサイド寄りの底掘れブレイクは、
サーフボードの性能が良く分かるので、試乗には
持って来いなコンディション。

もう、一本乗っただけで、ハッキリと分かりましたね。

フィンポジション変更大成功です!!

ボトムターンのドライブする感じが、タマランですよ。
通常のツインフィンより高さのあるフィンは、
ガッポリ掘れ上がった波でも、100%フィンが波に食いつき、
ボードが、波のボトムでブレる事など全くナシ!

フィンが、たった、1インチ後ろにセットされただけで、
ここまで、ターン性能が変わるんですよ。

04125
はい、こちら、レイル形状を表現した図。
今回のレイルは、前回より薄くしてもらいました。

前回は、フルボキシーなスーパーかまぼこレイル。
個人的には、好きなレイルですが、今回は、このボードの
良さが分かり易くなる様、適度な厚さのダウンレイルに
変更していただきました。

フィンのセッティングと相まって、これまた、いい仕事をしてくれております。
フィンが後ろになる事で、ボードの反応が鈍るのを
レイルでカバーしちゃってんです。コイツ。

これで、トータルでのバランスが良くなりましたね。

あとは、このボードに乗って、新しい感動を見つけるだけ。
オッサンになっても、サーフィンって楽しいよね〜。



04126
いやいやいや〜、今日も、速攻でオンショアとなり、
2時間も入水しないで上がっちゃいましたが、
このボードの底知れぬポテンシャルを
感じてやまない朝だったのでした〜。



次は,ど変態フィンをセットしたWATER SKATEかな。
HOT CURLも乗りたいですね〜。




本日も宜しくお願い致します!

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村



Forever keep surfing
ホーリー梶川










'71 G&S Twin

03066
本日は、先日入荷した、Gordon&Smithの
5'7" G&S Twinを試乗する為、鎌倉方面へ!!

03064


03063


03062
昨日の春の嵐による風波は、
強いオフショアに抑えられながらも、
どうにか、胸前後のサイズをキープ!

少し、風が気になるものの、中々のコンディションの中、
初乗りする事ができました。

03065
正直、このボード、ロッカーが弱く
レイルのボリュームもハンパないので、
初め見た時、暴れん坊将軍かも。って、
なんとなくそう感じていました。
(見た目は、初めから抜群にかっこいいって思いましたが・・・。)

それでは、入水!!

やはり、ボリュームが凄いですね。
ドルフィンに苦労するレベルではないですが、
5'7"とは思えない浮力感。

なので、テイクオフは別格に早い。

はい、最初の1本目でこのボードの性格が
すぐに分かりました。

ミズスマシの様な感覚というか、なんなんだ、このスムース感は?

そのくらい、ボードがスルスルと走る走る。

03067
悪い予想でしたが、もう少し、ノーズが暴れて
ターンにドライブ感を感じないボードかと
勘違いしていたのが、その場で訂正されました。

なんだか、久しぶりのサーフボードによるトキメキ感。
分かりますよね。新しいサーフボードを手に入れて、
それが、絶好調だった時、思いっきりときめいちゃって
夢中になる時。

まさに、そんな感じで、乗り捲っちゃいましたよ。

テイクオフして、ショルダーがまだ貼ってこない時・・・。
そんな時でも、アップス&ダウンでどんどん先に走っちゃいます。

ミドルからインサイドセクションで一気に波は掘れた時・・・。
ボトムで思いっきり溜めてたパワーをリップに向けて爆発!!
波のトップからボトムに降りるまでの流れが、安定してますね〜。

こんなにポテッとしたレイルを持つボードからは、
想像出来ない機敏な動きとドライブの効いたターンの伸び。


結論、出しちゃいましょう。

短いボード部門、ここんところの最高傑作です!!
はい、言い切っちゃいますよ!

Shapes and HullsのR/P QuadやFlex Fin Fishで
ぶっ飛んだ記憶が、まだ、記憶に新しいところですが、
その後の圧倒的インパクトは、このボードで間違いありませんね。

いつも言いますが、ボードの乗り味には好みがありますので、
このボードが一番とは言い切ることができません。

でも、毎年、たくさんのボードを試乗してきた私が、
猛烈なインパクトを感じ、最高に気に入ってしまったボード
であるという事は、他に変え難い事実です。



乗ってる最中、色々と考えてたんです。
あの時のあの伸びは?とか、あの時引っ掛かんなかったのはなぜ?って。


店に帰って、早速、シェイプを再チェックしてみました。

IMG_1714
フィンは、通常のキールフィンが、約5インチ弱なのに対し、
こちらのフィンは、6.5インチ。ダブルフォイルで
フィンの角度は一般的です。
ベースが狭いから、それだけで暴れん坊に見えるのですが、
恐らく、ゴン太レイルが抑えてくれるのでしょう。

ドライブが効いてるんすわ〜。ホント。
そんで、レイルが入れば入るほど、ゴン太レイルは反発がある分、
ダイレクトにスピードに繋がるのでしょうね。

そんで、ボトム。

FullSizeRender
ノーズ

FullSizeRender
センター

FullSizeRender
フィン前

はい、どこもフラット。
浅く全体がVeeボトムになっている感じ。

この引っかかるところのないフラットなボトムが、
ターンを軽くし掘れた波のトップから降りる時も
スムースなんでしょうね。


02163
先ほど、絶好調でしたよ〜!
って、G&Sのデビーさんに報告したのですが、
このモデルは、'71のビンテージをシェイパーのクリス・ダービーと
G&Sのエリック・ゴードンが実際に試乗し、フィンのセッティングや
レイルのデザインを変更させたボード。


最近では、ミッドレングスブームが世の中を駆け巡っておりますが、
ショートレンジ部門では、多くの方が絶賛するボードだと思います!



'71 G&S Twin

次回レポートもお楽しみに!!



なんか、アップスの頑張りすぎで、
ギックリ腰気味な・・・。

本日も宜しくお願い致します!

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村



しゃがんだ時の為に、
杖を持ちながら動いています笑。

ホーリー梶川








フィンボックス

2017-01-20-16-00-54
これまた今日は、レアなボードの登場ですね〜。

2017-01-20-16-01-33
Gordon&Smith時代のスキップさんのハルシェイプ8'0"と、


2017-01-20-16-01-39
先日初乗りした、Sunset Surfboardsのナメクジ君。

2017-01-20-16-03-01
本日は、この2本のフィンシステムに触れてみましょう。

2017-01-20-16-03-22
先ずは、スキップ。
このフィンは、プラッチック製。
60年代後期にフィンが取り外せる画期的なシステムが、
世の中に出回る事になったのですが、当時のフィンの多くは、
プラッチック製。グラスフィンもありましたが、やはりここは時代性。
成型により大量生産できるブラッチックモノは、コストも安く上がるので
重宝されたのでしょう。

2017-01-20-16-03-15
このプラッチックフィンは、ボックスに入れ
ボルトで固定するというシステム。
これがまた、割れちゃうんですよ〜。

だから、このボードに関しては、ほとんど、取り外しはしません。
割れたら、代わりが無いですから。

2017-01-20-16-05-31
このフィン、フレックスが凄いんです。
GL Flexなんて比じゃありません。
ブニャンブニャンとまではいきませんが、
指で簡単にひん曲がるぐらい柔らかいフィンなのです。


2017-01-20-16-03-55
続いて、ナメクジ君。
当時、ボックスのツインフィンってのは、結構、普通にありました。
でも、現代のフィンボックスのようなスタイルのものが中心で、
この手は、かなり、目面しいですね。

2017-01-20-16-04-11
このボックスは、フィンを前にスライドさせて引っこ抜くという構造。

2017-01-20-16-04-29
こんな風に、先の方がデカくなってて
抜けないような構造になってます。

2017-01-20-16-04-37
ボックスは、前後に5段階で位置調整が可能。

このボードを発掘した時、どやって外すんだか、
ジョシュのファクトリーで皆んなで悩みました。

サーフボードの進化と共に、フィンシステムも大きく進化してるんですね〜。
一瞬で無くなっちゃったフィンシステムも沢山ありましたからね。

今日は、昨日よりもっと良いサーフィンがしたいという、
今も変わらぬサーファーの想いがそうさせたのでしょう。


2017-01-20-16-06-15
それにしても、両方とも凄いボトムだわ〜。


本日もガッツリお願いいたします!
にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村



プラッチック、違和感感じなかったら
正真正銘のオッサンです。
ホーリー梶川




Gordon & Smith Tee

G&SのTシャツがアメリカから入荷致しました。
g&s1g

こちらもかなり少量です。カラーは3色展開。
g&s1a

好きな人にはたまらないTシャツ。スキップフライ氏も在籍していたのは有名な話。
quarterly_skateboarder_no2_i


60年代70年代のサーフィン文化の礎を築いたG&Sサーフボードも、
DOGTOWNな70年代80年代のG&Sスケートも、
これ一枚にジーンズでも穿いてれば、解る人には解る無言のかっこよさです。

CHECK



現在、アメリカの匂い浸み込みキャンペーン中。
このTシャツにもカリフォルニアの香りがたっぷり付着している。はずです。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

トロ松




Skip Frye Magic 7'8" USED

skipmagiclogo
出ました!スキップ・フライ氏のMagicが入荷!

skipmagic78a

スワローテイルの珍しいMagicです。
私が持っているボロルックMagicもそうですが、
その長さやボリュームからは想像出来ない、軽快なマニューバーが描ける、
素晴らしいボードです。

状態も、デッキのフットマークも少ない、大変、コンディションの良いボードです。

貴方も是非、一生に一度くらいは、スーパーレジェンドと言われる
スキップ・フライ氏のボードに乗ってみては如何でしょうか?

本当に感動しますよ!



CHECK!!



本日もポチッと宜しくお願い致します!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川






Skip Frye Frye Fish 6'4"

SKIP64H
またまた出ました!
スキップ・フライ氏のフィッシュ6’4”です。

skip64a
こちらも、元オーナーは、ゲッピーこと、ラリー・ゲファード氏。

スキップさんが、ゲッピーさん用にシェイプした、激レアボードです。

skip64b

skip64c
シェイプは新しく、まだ、日焼けも殆どございません。
デッキには、使用に伴うフットマークがございますが、然程、気にするレベレでは無いでしょう。

skip64d
ダウンレイルが最高にカッコいいシェイプです。
1ラウンド、試させていただきましたが、本当に調子の良いフィッシュです。

これだよ!これ!これがスキップさんなんだ!

そんな風に思ってしまう程、感激する乗り味ですよ。

SKIP64G


SKIP64
こんなレアなボード、手に入れたくたって、そう簡単に巡り会えるものではございません。

skip64f
是非、この機会にレジェンドのボードを体感してみて下さい!

サイズ
6’4”×21・1/4×2・5/8

クリア サンドフィニッシュ

SOLDOUT!!


どしどし、お問い合わせ下さい。


こちらも、どしどしポチって下さい!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川



FRYE

0205c
結局、2ラウンド入水して参りました。
先程も申し上げましたが、Skip Frye氏のこのボード、
実に気持ちの良いグライド感を味わえるHullです。

Joshにこのボードについて質問したところ、
シェイプ数の少ない、ミニガンモデルだとの事。

そして、Skipさんに詳しい方に聞いたところ、
モデル名は、"FRYE"という事が判明しました。
正確に言うと、"FRYE Speed Model"だそうです。

やはり、当時、スピードを求めるデザインとして
このボトムが生み出されたのでしょう。
0205a
本当は、今日の様なダラダラブレイクでは無く、
もっと、サイズのある掘れた波で一気に走り抜けるのが得意なボードなのでしょう。
それにしても、素晴らしいボードに出会い、感謝感謝でございます。

0205b
こちら、Liddle Burrito DX 6'2"に乗るお客様。
いい感じに乗られてました。
完全なるハル師ですね〜。


ところで、風邪の方。

お陰様で、2ラウンド入水した事で完治っす。


ポチッとよろしくお願い致します!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川




Vintage Skip Frye!!

0204a
出ました!
Gordon&Smith時代のSkip Frye Model 8'0"。

これまた、とてつもなくレアなボードですね〜。

0204b
何と言うモデルなのでしょうか。
スラッとした、奇麗なアウトラインが印象的です。

0204c
そして何より、このボードの最大の特徴は、ハルってる事。
Sデッキにコンベックスボトム、レイルも思いっきりテーパー。

0204f
こうやって見ると、コンベックスっぷりがお解りになるでしょう。
結構な”お椀ボトム”です。

このボードは、正に60年代後半にシェイプされたもの。
恐らく、Skip Frye氏がG&Sのシェイパーとなり、そう月日が経っていない頃の物だと思います。

当時は、ショートボード革命が起き、ボードの長さが短くなり始めていました。
そして、その頃のサーフボードのボトムの多くが、こんなデザインだったのです。
例に漏れず、Skipさんもこの様なシェイプをされていたのです。

0204g

0204d
その後(70年代に入る頃)に、イーグルノーズを持ったレトロシングルフィンが誕生し、
シェイプの中心は、移行されていきます。

それにしても、こんなにレアで貴重なボードなのですが、
今直ぐにでも入水可能な、素晴らしいコンディション!

う〜ん。

乗りましょう。
乗ってみましょう。

そりゃ、試してみたくなりますよね。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川



Revolver Maps
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
人気BLOGランキング
人気ブログランキングへ
SURFSIZE
サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中
ブログ村 サーフィン
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
ブログ村 マリンスポーツ