VWレイトバス

ウインドウォッシャー復活

image
今日は期待していたんですけどね〜。
湘南方面でも、風波ながらウネリはしっかりと入ってきているようですが、
風が、全然ダメですね〜。
千葉も考えましたが、かなりの強風みたいですもんね・・・。

ノッポさんは、ノッポだから風の抵抗を受けまくっちゃって、
高速もヤバそうだし・・・。

そんな訳で、本日は、作業の日と決め朝早くからスタート!

image
まずは、フィンの加工。
先日乗った、マテオのシングルフィン。
あまりにもフィンがぶっとかったので、乗る前に思いっきり薄くサンディングしたのですが、
少し、やり過ぎた様で、フレックスし過ぎフィンになってしまっていたのです。
それはそれで悪くはないと思うのですが、クロスを追加し、もう少し、硬さを確保してみました。

まだ、完成に至っていませんので、仕上げは明日以降。

とりあえず、両サイドに6ozクロスを一枚ずつ貼ってみましたが、
果たして、どの程度変わるのでしょうか・・・。

はい、続いてノッポさんの”本日の一歩”。

2015-11-27-10-57-50
本日は、こちらのワイパーコントロールシステムと

2015-11-27-10-58-11
電動ウォッシャータンクの装着を計画。

レイトバスは、2段階のワイパー速度の設定があるのですが、
間欠モードがないんです。あれ、結構、使いますよね。

そんで、以前も付けたことのある、ワイパーコントロールシステムを装着し、
間欠モードが使える様にしましょう。という訳です。

あと、電動ウォッシャータンクの方ですが、空冷ワーゲンは、ウォッシャー液を出すのに、
電動式ではなく気圧式で水を噴射する仕組みになっているんです。
例えば、ビートルだったら、スペアタイヤのプレッシャーを利用し、
ウォッシャー液を噴射します。
バスの場合は、タンクに直接圧力をかけ、その圧力を利用し水を噴射させます。
でも、まともに作動する車なんて見たことがありません。
長い年月の間、タンクがボロくなり、ホースがボロくなり、そして、
それを操作するレバーもダメになっている場合が多いからです。

だから、ノッポさんが届く前から、電動式のタンクを手に入れていたのです。
そう、ノッポさんのタンクも例外に漏れることなく、ぶっ壊れているものだと
思っていたからです。

2015-11-27-11-02-14
ここが、ウォッシャー液を入れ、圧力をかける場所。
助手席の足元に付いてます。

2015-11-27-11-05-56
カバーを開けたら、こんな感じ。中にタンクが見えますね。
上の方から垂れ下がってるのが、空気入れに繋げるホースです。

まずは、全ての作業の前に、本当にコイツは死んでいるのか。
確かめたくなりました。

2015-11-27-12-00-07
早速、ガソリンスタンドに行き、ガソリンを入れたついでに空気入れで、
圧力をかけてみましょう。
そうそう、ウォッシャー液も購入し入れてみましたよ。

2015-11-27-12-01-17
タイヤと違い、タンクが小ちゃいから、一瞬で3気圧!!

2015-11-27-12-01-20
その瞬間、ワイパーレバーの付け根(ステアリングシャフトの付け根ですね。)
から、ドッピュー!!って、ウォッシャー液が、すごい勢いで吹き上がってきました。

2015-11-27-12-01-17
急いでタンクの圧力を下げようと、タンクのキャップを緩めたら、
今度は、緩んだキャップから大噴出!!

あ〜あ〜。

運転席周りは、ウォッシャー液まみれ。

やっぱ、ダメか〜。なんて、考えながら、ウォッシャー液を吹いている時、
私のチャレンジ精神が一気に爆発したのです。

2015-11-27-14-13-32
作業場(店)に戻り、早速、分解です。
ウォッシャー液が吹き出した、ワイパーレバーを分解してみました。

すると、こんな感じ。

これじゃあ、漏れるな。

image
そこで、タイラップを巻き、圧力に耐えられる様にしてみました。

そして、元どおりに組み直し、再度、ガソリンスタンドへ!

2015-11-27-14-52-17
ガソリンは、さっき、満タンにしたばかり。
店員さんに、さっき満タンに入れた常連の者です。
空気入れ使っていいですか?

なんて、アホ臭い言い方でしたがお断りを入れ再挑戦!!

2015-11-27-14-53-46
おっ!!ウォッシャー液が漏れないぞ!!

レバを引いてみると・・・・。

シャ〜〜〜。

2015-11-27-14-53-46
ウォッシャー液が勢い良く出てくるじゃないですか!
でも、出てくるのは運転席側だけ〜。

アタシタ〜!って、店員さんに声をかけ、またまた、作業場(店)へ!

2015-11-27-15-16-06
そういう時は、大概、これで直るんすね。
針とか、先のとがった者をノズルにぶっ刺したら、詰まってるワックスとかゴミが
抜けてくれるって話。

多分、中でゴミが詰まっていた様で、何回かやってる内に、
少しずつ、勢いが増していき・・・。

2015-11-27-16-07-13
最後は、ダブルでドッピュー!!

不思議な感じ・・・。

普通、モーターの音がするじゃないですか。
この仕組みだと、空気圧だから音がしないんです。

嬉し〜。

でも、せっかく買った電動式のタンク、使わないなんてもったいね〜。

まあ、純正の機能が正常に動くのであれば、それを使うのが、本物の空冷VW野郎。
しばらくは、このまま、様子を見ることにしましょう。

結局、本日は、ワイパーコントロールシステムも付けること無く、
日が暮れてしまったのでした。


早く、フロントガラス汚れないかな〜。




当店は、アメカジとサーフの店。
空冷ワーゲンの店ではございません。
でも、空冷ワーゲンは、70'sサーフスタイルの基本。
当時のサーファーは、こよなくVWを愛し空冷ワーゲンは、
アメリカで育ちました。

だから?

・・・・・。

そんなこと言わないの〜。

ポチです。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川




'71 DX BUS

06278
いつも海でお会いするSさんがご来店。
彼の愛車は、71年式デラックスバス。

06272
この車ね〜、鉄のコンディションが、抜群に良いんですわ〜。
ボディーもフロアもRUST FREE!!

06271

06273
塗装は、100%オリジナルで、つや無しのカサカサボディーが最高。

06274

06276
あっちゃこっちゃ、フェードしてるところも雰囲気抜群ですね。
やっぱり、空冷VWは、オリジナル塗装が一番ですな〜。

Sさん、要らなくなったらボク買うよ。


本日の
”あなたの車勝手に紹介したよ。”
のコーナーでした。



全国の空冷VWフリークの皆さん。
今日は、ポチ必須ですよ〜。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川






初入院

11081
本日は、ワーゲンの整備でお世話になっている、
ご近所のバグスナッツさんに行って参りました。

11082
先日、日本に入って来ましたが、きちんとした整備をしてから乗らない事には、
また止まっちゃったよ〜。ってなり兼ねませんからね。

そんで今回、何箇所かの気になる不具合の他に、
ブレーキ周り、足回り等を再確認してもらう事にしました。

そんで、私は、車がリフトで上がっているタイミングを見計らって、
下廻りの錆の状態をチェックし、アンダーコートを吹き付けてやろうと、
アンダーコートとシャーシブラックを大量に購入しお邪魔したって言う訳。

いや〜。そえにしても、この車にはビビりました。
下廻りの腐りが、全く無いんです。マジで。

表面に多少のさびが出ている所がありましたが、全く気にする必要の無いレベル。
ビンビンのソリッドフロアをキープした、極上のタイプ2だったのです。

そんで、私は、バグスナッツ三橋さんの邪魔にならない様に、
下から必死にアンダーコートを吹き付けまくる。

急に思い立った作業だったので、マスクも用意せず作業を進め、
何だか、途中でのどが痛くなってきました〜。

夢中になって解りませんでしたが、あとで顔を見たら、塗料がたくさん飛び散ってるし、
洋服にも飛び散りまくってる。

あんだけの吸い込み量だと、おちょこ一杯分ぐらいは肺に入っちゃったかも知れませんね。

まあまあ、そんな事より、とにかく、車のコンディションが最高だった事が嬉しくって、
最高の気分の本日の午前中でした。

11084
この車には、ちゃんと、アンダーガードが付いてますね〜。

11085
タイプ2の腐り易い箇所、全てをチェックしましたが、全てパーフェクト!!
凄いぞ!お前!!

11083
アンダーガードを吹き付けて、
奇麗になった私のニューキャンパー!

今回は、ブレーキ周りの消耗パーツ全取っ替え。
フューエルライン交換。
プッシュロッドガイド交換。
ブレーキランプ、バックランプのチェック。
クーラーの動作確認。

等々・・・。

来週になって、手元に戻って来たら、
ようやく、本格的な修復作業がスタート致します。

やる事は盛り沢山ですよ〜。

まずは、ダッシュボードの交換から始まって、
シート関係全ての貼り替え。
そして、ポップアップテントも破れてるから貼り替え。

いやいや、まだまだ、他にもやりたい事はたくさんあります。

日本一コンディションの良いレイトバス(T2b)を目指し、
しばらくの間レストアを進めていきたいと考えておりま〜す。


全国の空冷VWフリークの皆さん。

今回のレストア日記を楽しみにしてて下さいね〜。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川




返事をしてくれ。

engine





殆ど、組み上がりました。
私が担当する、ペイントの方もいい感じで、あの鉄屑エンジンから、”新車で買って3年目ぐらい”の見た目になってくれました。

今回、塗り直した、エンジンルーム内の”マットブラック”が、たまらなくカッコいいんですよ。
男にしか分からない、”男の色マットブラック”。
この写真じゃ、分かり難いんで、今度、天気のいい日に写真撮って、皆様にお見せします。

そんなことより、問題は中身。
昨日、取り合えず、エンジンをかけてチェックする段階まで来たので、試したのですが、セルの音がキュルキュルキュルキュルっていってるだけで、失敗に終わりました。
メカニックのおっちゃんも、ちょっと、ガックリきた様で、3本ぐらい立て続けにタバコを吸っていました。

明日から、再スタートです。

配線を見直して、細かいチェックを色々とやるらしいです。
私は、おっちゃんがエンジンいじってる脇で、フォグランプの取り付けです。

早くビシッと仕上がって、こいつで海に行きたいもんです。

※右の方の、生き物みたいな物体は、おっちゃんの体の一部です。エンジンの一部ではありません。
Revolver Maps
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
人気BLOGランキング
人気ブログランキングへ
SURFSIZE
サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中
ブログ村 サーフィン
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
ブログ村 マリンスポーツ