VWタイプ2

空冷VWと私

a1aa7b52
私がワーゲンバスに乗り始めて10年。何気にまだ10年なんですね。
でも、なんだかんだ、このBUSで7代目となってしまいましたよ。
本当に好きなんですね〜。BUSが。

本日は、私の空冷VWの生い立ちをご紹介致させていただきます。


f58bb24d
まず、一番最初に乗った空冷VWは、この72年のスタンダード。
1,200ccのフラット4って、最高の排気音なんすよ。
バタバタバタ・・・っていうより、パタパタパタっていうか、
とにかく、軽い音がタマんないんです。
乗ってって凄く心地よくて、よく海の帰りなんか音楽を消して
窓全開で走ってました。
音楽なんか聞いてるより、全然、心地良いんす。

038804fb
空冷VWにドップリと嵌ってしまった私は、
次に79年の最終年式レイトバスに買い替えました。
安く手に入れたコイツは、ボディーに腐ってるところが何箇所かあって、
思い切ってオールペンしちゃいました。マジで!
下地作りから始めて、パテで面出ししたり整形して、
オリジナルカラーでセルフペイント。
一ヶ月以上かかりました。でも、いい感じに仕上がりましたよ〜。
そして、良い経験にもなりました。

e871ee80
でも、結局、人気どころのアーリーレイト(T2a)に乗りたくなっちゃったんすね。
そして、キャンパーってところに惹かれ、69年のコイツと出会ったのです。
キャンパー仕様が、とにかく嬉しかったっすね〜。
仕事が遅くなるからとか適当な事言って、
店に停めてるこいつによく泊まってましたね〜。
この車は、自分でベバストヒーターを付けたり、シートを全て貼り替えたり。
まあ、色んな事をして色んな事を勉強させてもらった車です。

1a0e9a56
でもね。よく言うアレですよ。
結局、どんどん古いのに乗りたくなるってヤツ。
私もそんな流れで、60年のウエストファリアに乗り換えたのです。
リダクション付きのノーマルミッションに1679ccのエンジン。
嬉しかったですね〜。何だか、本物の空冷VW乗りになった気分がして。
でも、ビッカビカに塗装されたこの子に、何だか、愛想が尽きてしまったのです。
全然、良い車だったんですけどね。

8597b2f5
ちょうどその頃、ひょんな流れで73年のBUGも乗ってました。
なんか、ちょい乗りする車って良いな〜。って思ってたら、
こんなんあるけど、買わない?って話が転がり込んで来て、
結構、お買い得だったんで手に入れたって訳です。
この車は、スポルトマチックで面白かったですね〜。
でも、うちの奥さんからの手放せ命令が入り、泣く泣くバイバイ。
BUGは、今でも、乗りたいっていつも思っちゃいます。
(なんか、良いのがあったら、こっそり声をかけてね〜。)

5719365d
そんで、コイツとの出会い。66年のE-Zキャンパーです。
アメリカのVWサイトで発見し、ビビビッ!!ってきましたよ〜。
その時、60年のに乗ってたから速攻で買い手を捜したりして・・・。
でも、写真だけでよく買ったもんですよね。

当時は、円も90円切ってたから、かなりお買い得なプライスで
手に入れましたが、多分、今だったら、こんなコンディションの車だったら、
500万円以上払わないと、引っぱってこれないでしょうね〜。
本当にソリッドなボディーの良い車でしたよ。

0067d54b
そんでそんで、まだ記憶にも新しい、この子との出会い。
そう、ひょんな事で私のとこに転がり込んで来た76年のウエストファリア。
もう、完全に忘れていたレイトの乗り心地だったのですが、
これに乗った瞬間、本気で乗り換えを考え始めたのです。
アーリーと全く違うまともな乗り心地とキャンパーとしての豪華な装備。
これでサーフキャンプするとこなんて想像しちゃったりしてね。

もう、我慢出来なくなってしまったのです。

そう、この車がきっかけで、今の78年ウエストファリアを
探す様になったんですね〜。

しばらく、アーリーに乗ってて、それで、十分満足してた私でしたが、
レイトの楽さというか、心地よさに負けちゃったんです。

だってね。乗り比べたら、とにかく、その差に驚きますから。
ガッタンゴットンバタバタバタ〜。と、パタパタパタ〜ス〜イスイ♪♪の違いっすよ。

基本、私の使い方として、空冷VWは、休みの日の遊び車ではないのです。
毎日を共にする、バッキバキに働いてもらう車。そうでなくてはならないんですね。

だから、実用性も踏まえレイトバスに乗り換えようって決断した訳なのです。

california_surf_project1

しかもね。結局、私の好きなのって70年代のサーフカルチャー。
当時の雑誌とか色々見てると、結局、出て来るのはレイトバスなんすよね。

70年代の大好きな音楽を聴きながら、レイトバスでサーフトリップ。
そう、積んでるボードは、全てビンテージ・・・。


うんうん。

空冷VW最高!!


結局のところ、アーリーだろうがレイトだろうが何だって好き。
BUGもタイプ3も全部ぜ〜んぶ大好きな、変態空冷オヤジななのですぅ。



変態空冷オヤジはポチ強制です。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川




今日は何の日?バス弄りの日〜!

1123a

1123b

1123c

本日は、天気もよく最高のBUS弄り日和。
前から気になっていた、運転席周りのゴム類の劣化。
見たところ、全て新車時から交換された気配がありません。
逆によく持ったな。ってところですが、流石にひび割れや欠け等があったので、
交換してやる事にしたのです。

1123d
まずは、ドアパネルから取り外し作業開始です。

1123e

1123g
そして、全ての古いゴム類を外していきます。

1123f
アルミのトリムフレームがボディーに干渉し、
その部分を中心に若干の錆がありましたので、
亜麻仁油を塗込みます。

これで、錆が広がる事はありません。

1123h

1123i
続いて、三角窓も取り外します。
これで、ようやく取り付け作業に入る事が出来ます。

1123j
一番緊張するトリムフレームの装着。
アルミですので、曲がってしまうと、もう元には戻ってくれません。
このパーツを買った、某有名パーツ屋の担当の方は、
難しいよ〜。素人には無理じゃないかな〜。
て言っておられましたわ。

1123N

1123k

1123O
ジャジャ〜ン!!
パーフェクトに装着出来ちゃったよ〜。
出来るじゃん。素人でも。

このあと、インナースクレイパー、フェルトチャンネルを装着。

1123l
最後にリペッターで三角窓を装着すれば完成!!


1123m
非常に良く出来ました。
ただ、予想以上に時間が掛かった為、助手席側は明日に持ち込みです。

このあと、ドアシールラバーを全て交換し、ゴム類はオール"NEW"にしてやりましょう。

恐らく、来週辺りには、アメリカからダッシュパッドが届きますので、
次は、そちらの交換といきましょう。

まだまだ、道のりは長い・・・。

そうだ。FFヒーターもそろそろ欲しいところだな〜。



はい。本日の超マニアックなBUSブログ。
興味のない方は、途中で眠くなった事でしょうね。


でも、ひとまずポチっちゃいましょう!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川






初入院

11081
本日は、ワーゲンの整備でお世話になっている、
ご近所のバグスナッツさんに行って参りました。

11082
先日、日本に入って来ましたが、きちんとした整備をしてから乗らない事には、
また止まっちゃったよ〜。ってなり兼ねませんからね。

そんで今回、何箇所かの気になる不具合の他に、
ブレーキ周り、足回り等を再確認してもらう事にしました。

そんで、私は、車がリフトで上がっているタイミングを見計らって、
下廻りの錆の状態をチェックし、アンダーコートを吹き付けてやろうと、
アンダーコートとシャーシブラックを大量に購入しお邪魔したって言う訳。

いや〜。そえにしても、この車にはビビりました。
下廻りの腐りが、全く無いんです。マジで。

表面に多少のさびが出ている所がありましたが、全く気にする必要の無いレベル。
ビンビンのソリッドフロアをキープした、極上のタイプ2だったのです。

そんで、私は、バグスナッツ三橋さんの邪魔にならない様に、
下から必死にアンダーコートを吹き付けまくる。

急に思い立った作業だったので、マスクも用意せず作業を進め、
何だか、途中でのどが痛くなってきました〜。

夢中になって解りませんでしたが、あとで顔を見たら、塗料がたくさん飛び散ってるし、
洋服にも飛び散りまくってる。

あんだけの吸い込み量だと、おちょこ一杯分ぐらいは肺に入っちゃったかも知れませんね。

まあまあ、そんな事より、とにかく、車のコンディションが最高だった事が嬉しくって、
最高の気分の本日の午前中でした。

11084
この車には、ちゃんと、アンダーガードが付いてますね〜。

11085
タイプ2の腐り易い箇所、全てをチェックしましたが、全てパーフェクト!!
凄いぞ!お前!!

11083
アンダーガードを吹き付けて、
奇麗になった私のニューキャンパー!

今回は、ブレーキ周りの消耗パーツ全取っ替え。
フューエルライン交換。
プッシュロッドガイド交換。
ブレーキランプ、バックランプのチェック。
クーラーの動作確認。

等々・・・。

来週になって、手元に戻って来たら、
ようやく、本格的な修復作業がスタート致します。

やる事は盛り沢山ですよ〜。

まずは、ダッシュボードの交換から始まって、
シート関係全ての貼り替え。
そして、ポップアップテントも破れてるから貼り替え。

いやいや、まだまだ、他にもやりたい事はたくさんあります。

日本一コンディションの良いレイトバス(T2b)を目指し、
しばらくの間レストアを進めていきたいと考えておりま〜す。


全国の空冷VWフリークの皆さん。

今回のレストア日記を楽しみにしてて下さいね〜。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川




ワーゲン日和

0510G

0510F
'76 Westfalia。奇麗なフロアですね。
ほぼ、錆の無いクリーンな状態をキープしてます。

本日は、純正のシフトロッドが届いたので、そちらの交換と
(一昨日は、右ハンドル用で使えませんでしたからね。)

0510H
電動ウォッシャータンクの取り付け。
空冷のVWは、元々、電動でウォッシャー液が出る仕組みになっていません。
密閉されたタンクの内圧を上げ、その力を利用して水を噴出する仕組みなのです。

でも、大抵タンクはぶっ壊れていて、水なんか出やしません。

なので、こんな電動式の汎用タンクを後付けする方も少なくないのです。


0510I
完成しました!
フロアのラバーマットも新品に交換したので、見違える様に奇麗になりました。

0510J
クリーンなイメージの運転席周り。
これなら、快適なドライビングが出来ますね。



0510A
そうこうしてたら、わざわざ御前崎からお客様がご来店。

この車、67年のサンダイヤルキャンパー。
自分で塗装されたらしいですよ〜。

でも、塗ったのはペンキ。
しかも、ローラーで塗ったらしいです。(笑)

このシーンを見る限り、ワーゲン屋にしか見えませんよね。



0510E

0510C
かなりヤレた渋いボロバスでした。
オーナーのIさん。Busがお似合いのいい感じの方でした。

0510B
お前らも大変だな〜。
熱いし、うるさいし、排ガス臭いし、乗り心地悪いし。
ヘタしたら、止まっちゃうんだもんな。

でも、皆で一緒なら、それが一番だよね。


Iさん、今度は、御前崎で!



全国の空冷VWフリークの皆様、
下のVWロゴをクリックして下さい!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


2週間波乗りしてません。
何だか、体調がおかしくなってきました。
ホーリー梶川




VW BUG '69

0328I
面白いBUGがご来店されました。

0328H
69年式のタイプ1をエンジンからボディーに至るまで、
かなりのカスタムが施されたこの車。

フロントの色の濃い部分は、FRP製みたいです。

0328E
後ろから見たら、BAJA BUG(バハバグ)みたいですね。
鉄板を切り取ってこのスタイルにしたみたいです。
リアのバンパー等は、ワンオフ物。

0328D
こんな遊びもしちゃってます。

0328F
運転席周りも、かなり弄ってますね〜。

話によると、本日、登録に行ったばかりだそうです。
オーナーの方、これから、どう弄るかワクワクしてました。
自由に遊ぶBUGライフも楽しそうですね。


全国の空冷VWファンの皆さん。
ポチってお願いします!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川



良い子です。

0201a
おっ!変わった車でご来店!!
いやいや、違います、違います。

今日は、ちょっとしたアクシデントに見舞われた一日でした。


少し前から、ミッションの具合が悪く、見てもらおうと近所のVWショップへ
向かおうとしたら・・・。

おっ!エンジンが掛からね〜じゃねぇか。

ミッションを診てもらう筈だったのに、その前にエンジンも〜!
そんな感じになってしまったのです。

0201b
それにしても、うちの子は良く出来た子です。

外出先でトラブらないで、ちゃんと、ウチで壊れてくれる。

手の掛からない子です。

0201d
それでは、出発です!

0201c
工場に着き、作業は10分で終了しました。
この、ディストリビューター内にある、ポイントっていう小ちゃなパーツが原因。

まあ、消耗品なんでしょうがありませんね。

ついでに、本来の目的だったミッション周りのチェックもしてもらい・・・。

0201e
無事、定位置に戻って参りました。

大丈夫。私は慣れっこ。
こんな事で空冷VW乗りを辞めたりはしません。


お互い古いもんで・・・。

ガタもある事でしょう。

でも、ごまかしごまかし、
上手い事やっていきましょう。

お互い古いもんで・・・。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川






ショック交換

KYB1
本日は、東京のマイボウズさんで手に入れたKYBのガスショックをインストール。
少し前から、妙に乗り心地が悪く感じ始めたのがきっかけ。
まあ、元々、自慢出来る乗り心地の車ではありませんが、
空冷VW乗りは、車のちょっとした変化に気付くものなんです。

KYB2
それでは、早速、作業に取り掛かりましょう。

KYB3
まずはフロントから。

KYB4
古いのがコレで、

KYB5
新しいのがコレ。
実際、ショックの反発力をチェックしてみましたが、
やはり、軽くヘタってました。
でも、こんなもんか?って思いながら、右側のタイヤを外すと・・・

KYB6
何やら、油まみれ〜。

KYB7
ショックからオイルが漏れてますね〜。

そんで、外そうとしたのですが、下の取り付け部が固着して、全く歯が立ちません。

考えている暇はありません。トロ松にチャリンコを借り、近所の工具屋で物色です。
頭の中で”あの絵”を想像し、使えそうで安い工具をゲットするのです。

しばらく、店内をウロウロしコレじゃないかと決め込んだのがポンチ。
マイナスドライバーの取っ手無しバージョンみたいなヤツなのですが、
まずは、そいつを使ってみようと購入してみました。

KYB8
ポンチ君は、ある程度の成果はありましたが、そっから先が全くダメ。
もうこうなったら、グラインダーでブッタ切りです。
力の入り難い場所ですので、慎重に慎重を重ね、
一先ずは、本体がもぎ取れました。

KYB9
これは、ショック側についてるはずの受けのパイプ。
(軸のぶぶんですね。)
コイツもグラインダー攻撃で、切れ目をたくさんつくり、
後は、さっきのポンチとハンマーでぶん殴り倒す。

コレだけの作業に2時間近く掛かったでしょうか。

KYB10
やっとの思いで、ショックパイプ(勝手に名前をつけました。)が外れてくれました。

この時点で、本日のビール指数はメーターを完全に振り切ってしまいました。

KYB13
KYB14
くじけてる場合ではありません。
後ろの2本がまだ残っています。

汗だくの油だくになりながら、リアの2本は問題無く終了!

KYB15
国道246から見るとこんな感じ。
渋滞で退屈なドライバーに軽い刺激を与えてあげました。


後で、軽く試乗してみましたが、全くの違いに感激ものです。
何だか、足回りがしっかりしてて乗り心地バッチし。
走行距離20万キロのハイエースよりはいいかも。
(それで充分。)

そうですね〜、
走ってるとき、道路のギャップを探しながら運転してる自分に気が付きました。

ギャップを見つけては、ハンドルをそっちに向け、
その衝撃を楽しむ・・・。

・・・・・・。

完全にイカれ気味ですね。


それでは、コレを読んだらパソポチ。
とにかく読んだら直ぐにパソポチです
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



早く高速に乗って、
高速コーナリング試したいね〜。
ホーリー梶川



















'71 Type-2 DX Bus

late4
本日お越しのWさんがお乗りの車は、71年のレイトバス。

late1
ヤレたカサカサボディーが、たまらなく渋いBUSです。
見た感じ、ほぼ100%がオリジナルペイント。
このままの状態をキープし乗って欲しいですね〜。

先日、Wさんも亜麻仁油のブログを見てやってみたそうです。

late3
助手席にチャイルドシートですよ!
Wさん、中々やりますね〜。

子育てには、最高の環境じゃないですか〜。

late2
ボロとボロが仲良く並んでますね〜。

Wさん、また、海でお会いしましょうね〜!


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川




Bus日和

0505BUS3
本日は、Busのワックスがけ。
天気の良いこんな日は、愛車のメンテナンスに限ります。

0505BUS4
解ります?
右がワックスを塗込んだところで、左がまだ塗っていないところ。
随分と差がありますね〜。ワックスを塗込むと、
カサカサボディーが一瞬にしてピカピカボディーに。

0505BUSS2
これまで、4〜5種類の植物性天然カルナバロウ配合のハンネリワックスを
試してみましたが、これは調子良いですね〜!
伸びが抜群に良く拭き取りも楽。
カサカサボディーは、ワックスの伸びが最悪で作業が大変なのですが、
これは、本当に伸びが良くて調子が良いです。

0505BUS1
ほら!ピッカピカに輝いてますよ〜。

カサカサボディーの空冷オーナーの方は、是非、試してみて下さい!

本当に調子が良いですから。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


今日はいい汗をかいた事だし、
ホーリー2階のスカイラウンジで
七輪でもやっちゃいますか〜。
ホーリー梶川



ハーフ

0120a
ホーリー梶川:こんにちは〜。いらっしゃいませ〜。おっ!ミニ。何年式ですか?
お客様:これ、ミニっていうかミニとアルトの間の子なんだよ!
ホーリー梶川:ヒェ?
お客様:アルトのシャーシにミニのボディーを載っけた車なんだよ。
ホーリー梶川:フォ〜。

0120b
本日ご来店のお客様が乗られていたこの車。
ボディーがボロボロになった、スズキ/アルトのボディーを引っ剥がし、
ミニのボディーを載っけてしまった、珍車中の珍車。

パッと見、全然解んないっすよ〜。
センターマフラーだって、ちゃんと演出されてるし。

0120d
ミニのボディーだとアルトのエンジンが収まらないらしく、
ボンネットを少し浮かせて納めているらしいです。
グリル前のオイルクーラーが雰囲気出してますね〜。

0120e
シャーシから足回りは全てアルトの物。
ほら、何となく、ホイールアーチの空間がミニじゃないですよね。
ノーマルのミニだと、パンパンに収まってる感じだし、
ロードクリアランスもこんなに無いですもんね。

0120c
ボディー以外全てアルトという事は、内装は全てアルト。
これは不思議な雰囲気でしたよ〜。
ミニなのに室内はまるで国産の雰囲気。

たまに見るワーゲンバス仕様にした軽のワンボックス。
あれって、すぐにバレバレじゃないですか。
でも、この車は、言われないと解んないですね。

黄色ナンバーの希少なミニでした。


本日のBUS
0120f
本日は、エンジンルーム内を弄っておりました。

0120i
そして、こんな物が装着されました。
サブバッテリーのバッテリーチャージャーです。

これとサブバッテリーを用意すれば、メインバッテリーが上がる事が無く、
エンジンを切ったままでも、ず〜っとFFヒーターを付けっ放しに出来るのです。
例えば、夏場なんか車載用の冷蔵庫なんか積んじゃって、
海から上がったらギンギンに冷えたビールをグビグビィ〜!
なんて、夢みたいな話しも実現出来ちゃう!

小ちゃな装置だけど、凄い働き者なんです。

0120j
配線もバッチリ!
奇麗に収まってくれました。


このブログをへの評価は、ポチでお願い致します!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川











CURTAIN

BUSCARTAIN1

BUSのカーテンを作ってみました。

ヒーターが取り付けられて、快適な室内となった私のBUS。
夜のうちに海に着き、暖かい室内でワインでも一杯...。

そりゃ、やってみたくなりますよ〜。

BUSCARTAIN2

どうですか。いい感じでしょ。

近所の手芸屋さんがセールをやってたから、そこで、好みの生地をゲット!
安いもんですよ。材料費は、たったの5,000円ですから。

BUSCARTAIN3

普段は、こんな感じでレザーのストラップで留めておけば、
ブ〜ラブラする事も無くスッキリです!
(これも自作。カット売りのレザーベルトにスナップボタンを
打ち込んだシンプルストラップ。)


小ちゃな移動リビングの完成です!
朝一出では無く、夜出がやってみたくなりました。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川






ポッカポカです!

1209
完成しました!
ポッカポカですね〜。
最高です!

1209a
本日の作業はフューエルライン周り。
とにかく、これが一番厄介なんですね。
ガソリンタンクからエンジンルームに向かうフューエルラインから、
分岐させてガソリンをとるのです。

奥の方だから手の届き難い場所だし、仰向けでの作業は、
ヘタをすると”ガソリンシャワーの刑”に処される可能性があり、
大変、危険!

以前、”ガソリンシャワーの刑”に処され、肌がタダレちゃって大変な思いをした事があるので、
今回は、慎重に作業を進めました。

1209b

作業は無事終わり、各箇所の点検、
そして、緊張の着火!

ヒュイ〜ン

暖かいですね〜。

これで、朝一どころか、夜のうちに海に着いても安心。
どんなに外が寒くても、車内はポッカポカ。

そして何より、エンジンを止めたまま、
ヒーターだけ稼働させる事が出来るので、
環境にも優しいエコグッズなんですよ。

静かで燃費が抜群!電気も食わない超優れものです!

楽しみだなぁ〜!

今晩、わざと早く出てみよっ!

1209d
チェックしてるN.S.O.氏。


全国の空冷ファンの皆様、本日もポチッと宜しくお願い致します!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

ホーリー梶川




エベスペッヒャー Day2

1208B
昼前から始まった、本日の取り付け作業。
まずは、キャビネットに穴開けです。
裏に充て木を固定し、ドリルで穴を開けた際、
バリが出ない様にします。見た目も大事ですから。

1208C
それでは、思い切って開けてみましょう!

1208D
おっ!いい感じに穴が開きました!

1208E
ホラ!裏から見ても奇麗ですね〜。

1208F
誰だー!そこで覗いてるヤツは〜!

1208G
お〜い!誰だー!そこで嗅いでるヤツは〜!

1208H
なんだ!トロ松じゃないかぁ〜。穴のとこばっか見てたから、気付かなかったよ。

1208I
ホースとL字の接続パイプを取り付けて...。

1208J
ほら、いい感じ。コントローラーも取り付け完了!
このL字出のやり方、結構、いいっすよ。
吹き出し口の向きを、前後に変える事が出来るんです。

1208K
いい感じ...。
この後も、バッテリーまでの配線作業やフューエルポンプの取り付けが完了!

あとは、フューエルラインの取り回しだけ。

明日、不足してたパーツが届けば直ぐに完成!


ご安心下さい!
ホーリー梶川は、仕事も少しやってます。
1208A
お預かりした、2本のUSEDボード。
ヤバいっすね〜。人気のHESSとBULLETですよ〜。

明日には、詳細をご紹介出来ると思いますので、
楽しみにしててください。

それでは、皆さん。
ごきげんよう。

もっと、ポチを!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

トロ松、今日もお疲れ!
ホーリー梶川




エバスペッヒャー

冬場のBUSは地獄。

そう。ヒーターがエラく弱いんですよ。
朝一サーファーの私にとっては、相当、悩ましい問題で、
今回のこのBUSも、徹底的に対策をして参りました。

すきま風対策をしたり、ヒートエクスチェンジャーを外し、
点検修理など全てやりました。

だから、私のBUSは、まだマシな方。
高速道路を走ってれば、朝一の寒い日でも、どうにか、凌ぐ事は出来ます。
でも、一般道に入った途端、一気に車内温度は下がります。
千葉とか、下道の距離が長い海に向かう時は、
到着する頃には、完全に体が冷えきってしまう程。

HEATER2

そして!これが、今回手に入れた、”エバスペッヒャー”。

色々と考えましたが、やはり、朝一サーファーの私にとって、必需品だと判断したのです。

この手のFFヒーターだと、”ベバスト”ってのが有名ですが、
この”エバスペッヒャー”は、故障が少ないって話しです。

でも、コイツ。素人が取り付けをやっちゃいけないんす。

危険なガソリンを扱う事ですし...。

HEATER1

でも、始まっちゃいました...。

今回は、運転席の後ろのフロアーに設置する事にしました。
私のBUSはキャンパーだから、この場所は、独り掛けのシートとなっています。
座面下の収納部分に設置すれば、前も後ろもいい感じで暖まるだろうという計算。

それにしても、奇麗なフロアですね〜。

穴を開けなきゃいけないんですけど、ちょっと、躊躇しちゃいますね〜。

HEATER3
思い切って、一気にやってしまいました。
26mmが2箇所と7.5mmが5箇所。
ドキドキですよ〜。
失敗したら、無駄な穴になっちゃいますからね〜。

HEATER4

んっ?

・・・。

HEATER5


オマエ〜ッ!

何しとんじゃ〜!

トロ松じゃろ〜が〜!
(やらしたのは私ですが...。)

・・・。


ハイ!今日はここまで。



続きは明日。

電気の配線、燃料の配管とポンプの設置等、
面倒な作業が続きますが、快適な朝一サーフィンを目指し、
頑張りたいと思います!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


お疲れ!トロ松。
ホーリー梶川







深夜のドライブ


念の為、湘南に来てみました。
波は、今にところ無さそうです。今日は、駄目かも知れませんね。

でも、これで良いんです。

可愛い相棒が帰って来たので。

こいつと二人で深夜のドライブ。

それだけで最高です。



何だか、ブログがぶっ壊れてるみたいですね〜。ヘッダーが消えちゃいました。私の手に負えない雰囲気です。週明けまで、このままになりそうですがお許し下さいね。そろそろ、リニューアルしろって事かも知れませんね。

取り敢えず、ニセモノブログじゃ無いですから…。安心してポチって下さいね。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

波の方は如何でしたでしょうか?

関東では、今日辺りから海に出かけたサーファーが、一気に増えたみたいですね。

久し振りの海。

どうでしたか?

きっと、多くの事を感じながらサーフィンを楽しんだことでしょうね。


『自粛』って言葉を最近では、よく耳にしますよね。


当然、今回の出来事は、決して忘れてはいけない。

でも、次に繋げなくてはならないし、前に進まなければならない。



だから、環境が整った方は、海に行って思いっきり楽しんだ方が良いと思います。
まだ、海に行きたくない方は、行きたくなったら行けばよい。
自分で決めればよいのです。


まあ、とにかくオジサンも、波情報がやたらと気になる一日でした。



busseat1という訳で、今日は、マイカー弄り。50年も経過したベッドシートの生地はボロボロ。快適に後ろで休める様、思い切って、シートの張替え作業を開始!


busseat2中身はこんな感じ。空冷の古いワーゲンは、スプリングとココナッツの繊維みたいな天然繊維で形成されているんですよ。この、ココナッツの繊維みたいなやつが古くなると、ボロボロ崩れてきて、外に飛び出てくるのです。何か汚くって気になるんですよね。

busseat3そこで、今回は、ウレタンチップとスポンジを組み合わせた、現代の素材を使用する事に。キャンピングカーやソファー等もこの組み合わせが多いみたいですね。


半世紀も前の私のバスに使用していた、純正のシートの生地は、なんと、バッファローチェック。ビッグブロックのブラックとイエローのチェックなんです。
これって、完全に時代ですよね。

今なんか、絶対にバッファローチェックなんて使いませんもんね。



完成は明日。

最高の座り心地が楽しみでしょうがないです。
バッファローチェック、楽しみにしててくださいね。




オッサン!こんな時に、何、のんきにやってんだ!
なんて、思わないで下さいね。

普通でいるってのも大事じゃないですか。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

パネルバンの内装

先日ご紹介した、61年のパネルバンの内装の写真です。
パネルバンは、内装が空っぽ。なので、私のキャンパーの様にキャビネットや内貼りが無い分車重が軽いんですね。

結果、燃費が良い(若干)
加速が良い(若干)
カスタムが楽しめる

なんてメリットがあるのです。

先日、私が見た際の印象としては、経年変化というか、『いい感じのヤレ』があり、中々、雰囲気のある車でした。
シートは、ブラウンのビニールレザー(TMI製)に張り替えられていて、破れ等もなくいい状態でしたよ。

私だったら、セカンドシートは折りたたみ式のZ-BED KIT(当時のオプションで後ろがフルフラットになるパーツ。今でもリプロが出てるんです。)を組み込んで、後ろで寝れるようにアレンジしちゃいますかね。

そうすれば、海上がりにビールを飲んで、そのまま、ドアを全開にしたまま後ろで寝る。そんな、気持ちの良さそうな事も出来ますからね。


興味のある方は、画像をクリックしたら大きい画像になりますので、チェックしてみて下さい。

空冷VWに乗っている方、少しでも興味がある方は、ポチコンしてくださいね。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


DSC00113DSC00115





DSC00114DSC00110





DSC00109DSC00108





DSC00118DSC00123

VW天国

vw13











カリフォルニアは、VW天国。
60年代から70年代にかけて、若者から絶大な人気を博していたVW。

当時、VW車は、アメリカの厳しい安全基準に適合させる為、様々なモディファイを加え、巨大なアメリカマーケットに大量のVWをアメリカに送り込んだのです。

大きく角ばったバンパーやウインカー、ハイウエイでも充分に対応する為に新たに開発された、2000ccのタイプ4エンジン等、マニアの間では、敬遠されるものも多い様ですが、私はそれが好き。それが、自然な時代の流れだし、当時の時代背景をそのまま感じることが出来るから...。

カリフォルニアは、空気が乾燥し雨も極端に少ない。
だから、古い車が今でも現役で頑張れるのです。(湿気が低い=錆びないでしょ)


どうでしょう。
今回、少し気にしてVWの写真を撮ってみましたが、見かけた数はこの数倍はあったでしょうか。

これまた、どのVWもカッコいいんですよね。
ボロはボロで渋いし、ピカピカ君も素敵だし。

フラット4のエグゾーストを耳にすると、確実に振り返ってましたね。





vw1カリフォルニアでは、バハバグなんて当たり前。結構、見かけます。




vw2VWが2台並んでるなんて、こんな事、日本じゃ空冷VW専門店ぐらいでしか見ること出来ないですよね。



vw3車から慌てて撮ったレイトバス。バスはレイトが圧倒的に多いですね。アーリーは、殆ど日本に引越しちゃったかな?




vw5ハイウェイで撮ったBug。女の人が乗ってました。バタバタと元気に走ってました。




vw4bヴェニスで見かけたレイト。ボロさが最高でした。





vw4上の写真のレイトのうしろ姿。良く見ると何かおかしい。そう。年式からしてこの顔とお尻の組み合わせは存在しないはず。事故ったか何かでフェイスの交換でもしたのかな?

vw13スーパー朝一サーフィンでサンオノフレの駐車場の開門待ちの際に見つけたアーリー。サーファーでアーリーに乗ってる人って、圧倒的に少ないみたい。高くて買えないか?

vw12これも、朝一に海に向かう時に撮ったBug。コイツ、弄ってましたね。スゲー強そうな音してました。(そう、カリフォルニアでも、日の出前到着基本です。)

vw11サンオノフレの駐車場で撮ったBug。綺麗にしてましたね。





vw14木陰で休むボロバス。カリフォルニアだと、ボロバスをそのままの状態で維持するのって簡単なんですけど、日本じゃ直ぐに腐っちゃう。


vw16ウエストファリア(キャンピング仕様)のレイトバス。ラフな感じで雰囲気がありますね。




vw15ハイウェイを走ってたら、ずっと、後ろを走ってたタイプ3バリアント。キャリアにロングを乗っけて頑張ってました。他の車がデカイもんだから、チョコンってしてて可愛かったな〜。

vw10コスタメサのキャプテンヘルムを見に行った時に見かけた、シングルピック。最高に綺麗にしてました。



vw9フロントとバンパーのカラーが違うところまでは、最高にカッコいいんだけど、ホイールとルーフのボックスが、らしさを台無しにしちゃってますね〜。


vw8オーシャンサイドで見かけた、レイト。





番外編
vw7vw6





カリフォルニアは、とにかく、キャンピングカーが多い。こんなチビじゃなくて、日本の大型バスぐらいのヤツを個人で所有して、あっちやこっちやフラフラしてるらしい。でも、個人的には、こんな感じのボロチビが最高に好き。バスみたいにデカイと、サーフポイントの駐車場に停めらんないもんね。


生き生きと頑張ってるVWをたくさん目にした私。
成田に着き自分のバスと対面した時、何だか、今迄以上に可愛く感じてしまいました。

長生きしてくれよ〜。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

今日は記念日

しかし、まあ。今日は、久しぶりに晴れましたね。
何日ぶりだったでしょうか?
この前の晴れも6日ぶりって言ってましたから、最近、雨ばっかり降って、寒くて、なんだか、嫌なかんじでしたね。

今日は、休みという事で、朝からバスが少しでも良くなる様に、シコシコと頑張りました。(海に行きたかったのですが、我慢して。)

やっと、エンジン、掛かりました。

感激です。

エンジン静かです。

ガス臭くないです。

凄い加速です。

とにかく、とにかく、嬉しいです。

今晩は、酒も美味かった事だし、よく眠れそうです。

明日は、じっくり、洗車してあげます。

洗車したら、写真撮って、ブログアップします。

早く、こいつで、海に行きたいです。

返事をしてくれ。

engine





殆ど、組み上がりました。
私が担当する、ペイントの方もいい感じで、あの鉄屑エンジンから、”新車で買って3年目ぐらい”の見た目になってくれました。

今回、塗り直した、エンジンルーム内の”マットブラック”が、たまらなくカッコいいんですよ。
男にしか分からない、”男の色マットブラック”。
この写真じゃ、分かり難いんで、今度、天気のいい日に写真撮って、皆様にお見せします。

そんなことより、問題は中身。
昨日、取り合えず、エンジンをかけてチェックする段階まで来たので、試したのですが、セルの音がキュルキュルキュルキュルっていってるだけで、失敗に終わりました。
メカニックのおっちゃんも、ちょっと、ガックリきた様で、3本ぐらい立て続けにタバコを吸っていました。

明日から、再スタートです。

配線を見直して、細かいチェックを色々とやるらしいです。
私は、おっちゃんがエンジンいじってる脇で、フォグランプの取り付けです。

早くビシッと仕上がって、こいつで海に行きたいもんです。

※右の方の、生き物みたいな物体は、おっちゃんの体の一部です。エンジンの一部ではありません。
Revolver Maps
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
人気BLOGランキング
人気ブログランキングへ
SURFSIZE
サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中
ブログ村 サーフィン
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
ブログ村 マリンスポーツ