STUBBIES

茨城

10021
今日は、茨城某所へ。

10022
カリフォルニアトリップで紛失しかけてたサーフボードが、
昨日、無事、到着いたしました。

はい、このWILDERNESSもその中の1本。

このボードは、ボブさんのストックだったのを
現地で購入したもの。
このボード、とにかく、シェイプに特徴があって、
見た瞬間に購入が決定したほど、魅力満載というか、
ど変態なボードなんです。

10023
ロッカーは、ノーズが少し強いですね。

10026
そんで、強目のロールドボトム。
ノーズ付近は、かなりの捲り上がり具合です。

10027
レイルは強烈ダウンレイルで、
ボトム側もデッキ側もエッジがあるぐらい激しい感じ。

テイル付近も完全にボトム側から捲られています。

10024
そんで、デッキにもVeeが入ってんです笑。
Veeデッキとでも言うんでしょうか。

ちょっと、この写真では分かり辛いですが、
棒を当ててみると両サイドが1センチぐらい浮くぐらい
強いVeeが入ってるんです。

10028
この写真なら、少しは分かるかな?

まあ、とにかく、興味深いシェイプ。

帰国したら、速攻で乗ってみようと楽しみにしてたので、
無くなってたら、相当、ガックシでしたよね〜。

10025
そんで、乗り味の方は?

100212
波は、セット肩前後で、結構いい感じに見えたのですが、
入ってみるとブレイクが超厚くて分かりませんでした〜。

テイクオフして、ちょっと走ったら、波が無くなっちゃうんですよ。

でも、数本、いい感じの波に乗れたのですが、
なんか、初体験な感じでしたよ〜。

アンドレイニのバレットとかリドルのブリトーDXに似てんのかな〜。
って思ってたのですが、そんな感じじゃないですね。

レイルが台形っちゅうか、カキコキダウンレイルなので、
パンチ力がある感じ。そんで、ボトムのラウンドが、
ハル感を相当感じさせます。

とは言っても、結構、テイルを踏み込める感じ。
う〜ん。まだ、分かりません。

でも、凄い手応えアリという感じでした。

そう、ボードには、"STUBBIE"って書かれてましたが、
Veloスプーンのスタンディング用にアレンジしたもの
じゃないかと思います。

ボブさんに、肝心な事を聞くのを忘れてました〜。

ちょっと、このボードは、早くいい波で試したいです。
多分、掘れた波では、波のフェイスにボトムがフィットして、
最高に楽しいんじゃないかと・・・。


100213
今日も、釣りの先生と入水。
お疲れ様でした〜。

100211
ホーリーオリジナルのアロハラックを
74年のバグに付けてる方にお会いしました。

その方、買ったばかりのスキップさんのフィッシュを
キャリアに乗っけて東京から来たとおっしゃってましたよ〜。

太っ腹ですね〜。


それでは、次回の試乗レポートを楽しみにしててくださいね。


10029
2ラウンド目は、8'4" FISH SIMMONS。
このボードだったら、アウトから岸まで繋げられてオモロかったな〜。
やっぱり、車に1本長いのを忍ばせといた方がいいですね。
乗りまくって、パド筋死亡です・・・。




PCです!
にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





Wilderness Surfboards

03231
待望のWildernessが入荷しました。

1967年にジョージ・グリーノウが中心となって誕生した
Wilderness Surfboardsは、ジョージ・グリーノウのアイディアにより
サーフボード界に多くの革命をもたらせてきました。

ニーボードのVeloから始まり、ボートのデザインも手掛けていた
ジョージ・グリーノウは、サーフボードにそのアイディアを注ぎ込みました。

まずは、ハルスタビー。
水の抵抗を最も少なくするデザインとして生まれたボードです。

そして、エッジボード。
レイルに段差を加え効率の良い水の流れで、
サーフボードにスピードを与えました。
(ボブ・ダンカンは、ギズモレイルと呼んでいます。)


多くのシェイパーに会うと、ジョージ・グリーノウの
凄さを改めて感じます。

ジョージ・グリーノウがサーフボードデザインに与えてきた影響は実に大きく、
そして、確実に現代のサーフボードデザインに残されています。

ボブ・ダンカンは、当時からのオリジナルメンバー。
現在、70歳。

当時の考えや具体的なシェイプの技術を自らの手で形に出来る
シェイパーは、もはや、彼しか存在しません。

ジョージ・グリーノウが残した、ショートボードレボリューション時代の
素晴らしいデザイン。
そして、当時から、変わる事のないボブ・ダンカンのオリジナルシェイプを
Wilderness Surfboardsで思う存分感じてください。


テンプレートは、全て、当時のものを使用しています。



Gizmo 7'8"
781


Gizmo 7'0"
71


Gizmo 6'0"
61



Stubbie 7'6"
761


Stubbie 7'2"
721


Stubbie 6'10"
6101


Stubbie 6'8"
681


Stubbie 6'6"
661





CHECK!!





宜しくお願い致します!
にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





ハル最高!

11281
本日は北千葉。


11282
あまり期待せずに向かった海でしたが、
思いの外、中々のブレイク。


11284



11287
セットで胸前後のトロワイド系中心でしたが、
むしろ、そっちの方が嬉しい・・・。


11285
急いで車に戻り準備。

何千回も波チェックして来たけど、
いい波の日は、今でも早足になっちゃう・・・。


11288
そう、今日は、こないだデッキパッチを貼った、
Liddle PG 5'10"デビューの日。


PGは、今までも乗ってきたけど、
今回は初のシングルモデル。


短いのに、グライド感がスゴイ!
サイドバイトが付いていないだけでここまで違うのか〜。


112810
動きは、サイドバイト付きに軍配は上がるけど、
グライド感がタマラン。


やっぱり、ハル最高だ〜!!



皆さん、大丈夫。

これからもハルはガンガン扱っていきます!
マシンに生まれ変わったLiddleを始め、アレとコレ・・・。

今まで以上にパワーアップして展開していきますよ〜。


11283



11289
周りは皆んなショートボーダー。

一人でど変態スタイル貫き通しました。





本日もPCモードに切り替えて
ポチッとお願いいたします!


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川






70's Cultuer's Tee 

オールドサーファーはもちろん、クラシックスタイルが好きな方なら
絶対手にすべきアイテムが再入荷致しました。



deadgonia
大好評のPataginiaとGratefull Deadをかけたパロディーデザイン。

ホーリーセレクトの“激シブ”バンドTシャツは要チェックです。


dead gonia Tee




many dvd
76年に公開された、サーフムービーの傑作
”メニー・クラッシック・モーメンツ”。



many
そのロゴを左胸にワンポイント、背中にドドーンとデザインした、
マニアも唸らせるプリントTシャツ。


MANY CLASSIC MOMENTS Tee  




stubbbies
70年代80年代を代表するサーフィンコンテスト
「スタビーズサーフィンクラシック」。

1977年のスタビーズカップトーナメント表をバックプリントに
デザインしたプリントTシャツ。


STUBBIES 1977 Tee





2
大好評で、あっという間に完売してしまうほどの
人気アイテムですので、お買い逃しのないよう、
今回のチェックは必須ですよ!


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




一休



PRINT TEE SHIRTS

集合printteeAA
またまた、ホーリーセレクトの“イケてる”Teeが入荷しました。


LT C



peace CC



NEIL C
デッドベアがデザインされたTeeが2型と
ロックの殿堂入りも果たしている、ニール・ヤングのTeeが1型。


そして…。


stubbi A
STUBBIES 1977 Teeです。


stubbi C
70年代80年代を代表するサーフィンコンテスト
「スタビーズサーフィンクラシック」。


stubbi C
バックプリントのトーナメント表にはショーントムソン、
マークリチャーズ、ラビットバーソロミュー、ウェインリンチ、
テリーフィッツジェラルド、マイケルホー、ローリーラッセルなど、
名サーファーの名前が所狭しと書かれております。


今回も、オールドサーファーはもちろん、クラシックスタイルが好きな方なら
絶対手にすべきアイテムが入荷しましたよー。


それでは、コチラを要チェケラッチョ!!

CHECK!!




そして最後は、ポチラッチョをお願い致します!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




一休














STUBBIES SURFING CLASSIC

「STUBBIES SURFING CLASSIC」

伝説のサーフィン大会を、昔の資料と共に、より深く紹介させて頂きます。

P1120301

P1120305

70年代から80年代。
今では"レジェンド"と呼ばれるサーファー達が数多く誕生した時代。
サーフィンというスポーツに、スポンサーが付き賞金がかけられ、
"サーフィン"が大きく変動しました。

当時のトップスターたちが、No.1を目指して戦い頂点を狙う。
中でもこの大会、「スタビーズ」の頂点は非常に価値ある称号でした。

70年代に比べ80年代に入ると、その頂点を目指す資格は日本にも与えられました。
コレが1982年「スタビーズカップ」のスタッフTシャツです。日本の国旗も上がっています。
"レジェンド"のお陰もあり、サーフィンは日本全国から注目されるスポーツとなったのです。
P1120294
スタビーズの盛り上がりは郡を抜いていました。


マーク・リチャーズ、ショーン・トムソン、ラビット・バーソロミュー、
ウェイン・リンチ、ローリー・ラッセル、マイケルピーターソンなど。。。
スーパースターの名前が山盛り刻まれたパーカー、1977年スタビーズの復刻。
10121118_50777df1a8202

いかがですか?

即、チェックですね!

CHECK!

ポチ、お願い致します!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

トロマツ



STUBBIES

コレクターズアイテムの入荷です。

stubbies1


70年代、80年代の伝説的サーフコンテスト、
「STUBBIES SURF CLASSIC」

stubbies5
stubbies3


1977年のスタビーズカップは、サーフィンカルチャーを語る上で重要な大会。
ショーントムソン、マークリチャーズ、マイケルピーターソン、ウェインリンチやローリーラッセル、
テリーフィッツジェラルド、ラビットバーソロミュー、マイケルホーなど。
各国の名サーファーが集結し、白熱した試合展開の中No.1を争いました。

バックには、そのトーナメント結果がプリントされております。
stubbies4


あなたの好きなサーファーの名前、一人は入ってると思います。

下記のリンクからチェックしてみてください。

STUBBIES CHECK!!!


もちろんポチもお願い致します。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

トロマツ



Online Store
HOLYBLOGLOGO2
livedoor プロフィール
BLOG内検索
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
Revolver Maps
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
人気BLOGランキング
人気ブログランキングへ
SURFSIZE
サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中
ブログ村 サーフィン
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
ブログ村 マリンスポーツ