ROCKYMOUNTAIN

俺の秋冬

12171
本日は、この秋冬、私が手に入れたアイテムのご紹介。
実は、細かい事を言ったら、もっとあるのですが、
写真に収まり切れなかったので、一部、省略させていただきました。

それにしても、エラくたくさん買ったものですね〜。

それでは、早速、ご紹介。

まず、左は、ROCKY MOUNTAIN×WAREHOUSE Mountain Parka。
これは、コットンとレザーヨークの雰囲気にやられて購入。
男臭いというか、無骨な感じがたまらなく気に入ってます。
濃い目のボトムスに合わせて、シンプルに着こなすのがパターンですね。

着込むほどに味が出てくるのが楽しみな一着。


CHECKです。



続いて、Crescent Down Works Montage Down Parka。
これは、今季、初めて作った別注モデル。
マウンテンパーカに650フィルパワーのダウンが程良く入った、
シルエット抜群のダウンパーカ。
やっぱり、この時期になると、ダウンが欲しくなるんですよ。
去年も、クラシコダウンセーターのターコイズを手に入れたばかりなのですが、
これは、我慢できませんでした。
冬のサーフキャンプで活躍しそうですね〜。
それが、何よりの楽しみ。
ポケットが多くて、便利な相棒となりました。


CHECKです。


一番左は、当店定番のスクーカム。
今年作った、このブラックを手に入れたのですが、
実は、私にとって、人生初の黒いアウターなのです。
このスタジャンの場合、ブラックって言っても、袖のラインの
オレンジとホワイトが、一気にカジュアテイストに変えてくれ、
重たさの取れた最高の雰囲気にまとまってるんですよ。
アメリカの古き”学園もの青春ドラマ”に出てきそうな、
そんな雰囲気がお気に入りの一着。
ネイビーと迷ったけど、自分は、こいつに決まりです。


CHECKです。


12172
いやいや、それにしても、すごい量ですな〜。

それでは、続きを。

まずは、左上Jamieson's Crew Neck Sweater。
これは、入荷した当時から気になる存在でした。
色目が最高に可愛くて、私にピッタリなところが
決め手となりました。(流してください。)
タイトにフィットし、ハイゲージながら、やはり、
スウェットとはまるで違う暖かさ。
ニットは、伸縮性があるので、体が疲れなくていいですね。


CHECKです。


上の真ん中は、CANADIAN SWEATER Crew Neck Sweater。
今季、カナディアンセーターに編みパターンから全てをオーダーした当店力作。
何気に、カナディアンセーターって、シンプルなフィッシャーマンスタイルの
クルーネックセーターが存在しなかったんです。
そんで、作ったら絶対いいのができるだろうって、お願いしたのがコレ。
セーターって言っても、この下にサーマルとネルシャツを組み合わせて着たら、
真冬でもバッチリな暖かさです。
ローゲージのニットって、優しい雰囲気が良いですよね。
私みたいで。(ここも流してください。)


CHECKです。


CAMBER Sweat Pants Cross Knitは、人生3本目。
これは、マジで暖かいし楽で最高!太い昔ながらのシルエットも
私は好きですね〜。
スクーカムと合わせて、カレッジスタイルでコーディネイトするのが
お気に入りパターン。


CHECKです。


左下のRIVENDELL MOUNTAIN WORKS DAYPACK。
これも、リベンデル社にカラー別注した自信作。
何気にポケットがなくて、ダメじゃんこれ。って、正直思ってましたが、
私は、オーガナイザーバッグっちゅんですかね、小物入れ用のスタッフサック
みたいなヤツに小物を入れ、それをこのバッグにぶっ込んで使ってます。
そのやり方、結構、使い勝手良いですよ。
なんせ、このカッコ良さ。言う事無しです。

CHECKです。

続いて、Rainbow Sandals Baja Boots。
昔は、よくUGG BOOTSを履きましたね〜。
しばらく、ムートンブーツは遠慮しときますって感じで、
店で扱う事は無くなっていたのですが、今季、レインボーで復活!
久しぶりに履いて、やっぱり、ムートンブーツの素晴らしさに感激です。
軽さ、履き心地、別格の暖かさの三拍子揃った最高のブーツですよ。
それに、僕らはサーファーですからね。
レインボーってのが、これまた良いじゃないですか。


CHECKです。

そうだな〜。
全部、一個一個説明してたら、皆さん疲れちゃうから、
少し、省略パターンでご説明しますね。
面倒臭くなった訳じゃないですよ。

バンズは、私にとって定番中の定番。
毎年、5〜6足は手に入れます。
(すぐぶっ壊れちゃうから。ははっ。)
私のコーディネイトに切っても切り離せない存在ですね。
ブルックスも好きですね〜。
当然、ナイキも好きですが、このクラッシックな雰囲気がたまらんのですよ。
履き心地も抜群だし、何にでも合わせやすいとこが気に入ってます。

その他、ネルシャツやスウェットも、毎年、ワードローブに
追加するアイテム。ともに何枚持ってるか数え切れない程ですね。
(数えられるけど、面倒くさいだけ。)

ハイランドも私のお気に入りニットキャップ。
何個持ってるかな〜。多分、5個ぐらい。
形が良くて、フィット感も良くて、それに、何故だか、
匂いがつかないんです。加齢臭が気になる年頃ですが、
匂いがつかないって、嬉しいじゃないですか。
明るめカラーもダークカラーも一通り持ってますよ。

まだまだ、個人的に欲しいものがあるのですが、
今のところ、今季は、これぐらいで留めております。
っちゅうか、多すぎるって感じですけど・・・。

まあまあ、サーフボード同様、着てもいないのに
これ最高ですよ〜。なんて、適当な事言えないじゃないですか。
自分でちゃんと試してから、お客様にオススメする、
これが、当店のやり方。




久しぶりのホーリー梶川によるアパレルブログ。
如何でしたか?
ユウスケが、急遽、辞める事になってしまったので・・・。
(言っとかないと変な感じがするので、敢えて言わせていただきます。)

今後は、しばらく、私が、アパレルもご紹介して参りたいと思っております。
俺にやらせろっていう、アパレル業界経験者の貴方。
遠慮せずに、当店スタッフに募集してみましょう!



それでは、皆さん、ごきげんよう。



本日も、ポチッとお願いいたします!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川




Down Vest

70年代当時より、サーファー、アウトドアマン、ヘビーデューティーな男にとって、
”ダウンベスト”は、ほぼオールシーズン対応の万能ウエアとされております。

特にこれからの季節には、温度調節がしやすく、トップスやアウターの上に
羽織るだけで断然暖かさが変わり、コーディネートの幅も広がる、頼もしいアイテムです。

本日は、ちょっとしたうんちくを交えながら、当店お勧めのダウンベストを
ご紹介させて頂きます。


ROCKY MOUNTAIN × WAREHOUSE Nylon Christy Vest

rocky
まずは、ヴィンテージのロッキーマウンテンをベースに、ウエアハウスが
忠実に再現した、ナイロンクリスティーダウンベスト。


rocky B
ボディーにはタフタナイロン、襟には厳選されたシープムートンファー、
ウエスタンヨーク部(肩部〜襟)には、ヴィンテージ古着を忠実に再現するため
レザー本来のキズやスレ、ムラを活かしたままのリアルホースレザーを使用した
拘りの逸品です。


【うんちくその壱:ウエスタンヨーク】

ウエスタンシャツの肩の部分に補強のために付けられている切り替えの布。
元々は補強のためだったが、すぐに装飾の意味合いが強いものとなりました。

70年代はダウンジャケットが流通し、多くのアウトドアブランドがダウンジャケットを製作。
ダウンジャケットを作る者、アウトドアを愛する者の追求は更に深くなっていき、
よりアウトドアを追求した結果、生まれたのは“ウエスタンヨーク”の装備でした。



Crescent Down Works Italian Vest - 別注60/40 Cloth -

cre
当店の創業時から永きに渡り、取扱いをさせて頂いている、
鉄板アイテム“クレセントダウンワークス”のイタリアンベスト。


creBB
意外とありそうでない発色の良い、別注生産の60/40クロスは、
恐らく、ご近所のお店に行かれても、なかなか出会わない
相当なインパクトがある存在です。


【うんちくその弐:60/40クロス(通称ロクヨン)】

60/40クロスはコットン60%とナイロン40%の率で混紡された生地。
肌触りが良く、摩擦・熱に強いという特性を持つコットンと、水に強く、
軽くて柔らかいナイロンの両方の特性を良いとこ取りした素材。

コットンが水分を吸収すると、膨張して生地全体の密度を高めるので、
水の浸入を防いでくれます。



Crescent Down Works Italian Vest - 別注Quilt Pattern -

cent
こちらは、同じイタリアンベストでも、ちょっと一捻り加えた別注アイテム。
従来の定番イタリアンベストをベースに、キルトパターンを縦にも入れ、
ポケット形状を変更。

後ろ身頃も若干長くし、しっかりと腰周りを保温してくれるデザインに。


cent B
さらに、ボディーには60/40クロス、内側にリップストップナイロンを
使用しております。


【うんちくその参:リップストップナイロン】

リップストップとは、裂け止めの意味でコットン/ナイロン素材の服に、
碁盤の目状にナイロンの繊維を縫い込み、万が一生地が裂けても、
それ以上の進行を防ぐことをいう。ちなみに、ripは裂けるという意味。


どのモデルも中綿には高級グースダウンを使用し、保温性はバッチリ。
今の時期は、薄めのシャツと合わせていれば十分の暖かさ。

一着手に入れれば、必ず一生物のダウンになります。

じゃあどれが一番なの?

悩みますよね〜。

言えることはただ一つ。

全部良いってこと!

当店が自信を持ってお勧めするダウンベストを、
是非、チェックしてみて下さいね〜。


CHECK!!




あなたの秋冬を、より一層暖かくしてくれますよ。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



一休


ROCKY MOUNTAIN × WAREHOUSE

1995年の創立以来、決して流行に流されない「ヴィンテージ古着の忠実な復刻」という
テーマを追い続けているブランド“WAREHOUSE/ウエアハウス”。


BLOG
ヴィンテージのロッキーマウンテンをベースとした、
ROCKY MOUNTAIN×WAREHOUSEの
めちゃくちゃかっこいいアイテムが入荷致しました!!

一着のヴィンテージから、それが生産された時代の背景を考察し、
生地、縫製、そして洗い加工にいたるまで徹底的に研究して
仕上げるアイテムは、本当に素晴らしいものばかりです。


BLOG4
まず、こちらのナイロンクリスティーダウンベスト。



UP
ボディーのメイン素材には、タフタナイロンが用いられ、
ヨーク部にはホースレザー、襟には厳選されたシープムートンファーを装備。


NVY D

MUST D
中綿には高級グースダウンを使用しているので、
保温性は言うまでもありません。

そして何より、カラーコンビネーションが抜群ではないですか!

パーカーやネルシャツ、カットソーにも合わせやすい配色なので、
流行に左右されない永遠の定番アイテムとして、長く着用できますよ〜。



KHAKI A
続いてこちら。

ウエアハウスオリジナルの生地を使用した、本格的な機能性を持ちながらも、
どのスタイルにも合わせやすい仕上がりとなっているマウンテンパーカー。


KHAKI F
衿にはフードを内蔵。


BLOG3
ウエストと裾に取り付けられた
ドローコードによってフィット感と防寒性の微調節が可能。


KHAKI E
フロントにはフラップ付きポケットとハンドウォーマーポケットが
装備されております。

その他にも、胸やインナーに多目的ポケットが取り付けられており、
実用性とファッション性を兼ね備えた一着。

こちらも、色合いが抜群。激シブです!


ヴィンテージウエアを忠実に復刻することで
定評のあるウエアハウスのアイテム。

当店、自信を持ってお勧め致します。

無くなる前に確保して下さいよ〜。



CHECK!!




素晴らしいアイテムが続々入荷しております!
是非、ポチッとお願い致します!!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



一休


Online Store
HOLYBLOGLOGO2
livedoor プロフィール
BLOG内検索
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
Revolver Maps
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
人気BLOGランキング
人気ブログランキングへ
SURFSIZE
サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中
ブログ村 サーフィン
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
ブログ村 マリンスポーツ