MIDLENGTH

The Punta Model

091518
本日の湘南方面。
前線ブロックを掻い潜ってきたスウェルは、セット胸肩で湘南方面に到着。

なんだか、期待してたほどではありませんでしたが、
そこそこ形の良い波がブレイク。

090519
先日、初乗りしたThe Punta Modelの2ラウンド目として、
最高の舞台となりました。

09051
梶川さ〜ん!
おはようございま〜す!!

海から上がってきたFさんが声をかけてきました。

むむっ!これは、チャンスかも。

写真撮ってよって、お願いしてみっか。

Fさん、快く受けてくださいました〜。

09052
私が入った時間帯は、人も少し減りブレイクも上々。

皆さんにThe Punta Modelの素晴らしさをお伝えするには、
最高の撮影日和となりました。

09053
The Punta Modelは、7'0"という長さながら、テイクオフが異常に早く、
動きが抜群に軽い。

はい、抜群に軽い。

09058


09056


09055
正直、7'0"という長さの動きではありませんね。

09054


09059


090510
もう、スッコーン!!って、テイルを踏んだら、思いっきり反応してくれるんすよ〜。

090517
7'0"っすよ!
ピンテイルは、これだから最高!!

しかも、ツインとのマッチングが抜群に良く、
スピードもグングン乗るし、思いっきり走ってる時だって、
カットバックも出来ちゃう。

このボードは、本当にお勧めできるボードですね。

多分、私の感覚だと、6'6"より短いと動きすぎちゃってダメ。
短くて6'6"。でも、それで、ショートボードの様に動くし、
長さがある分、テイクオフも早いからそれに越したことはありません。

あと、8'オーバーも面白そうですね。

ロング波のテイクオフから、グイグイアップスが出来て、
カットバックもバッシ〜って出来ちゃうでしょう。

現在、フィッシュシモンズで思いっきり楽しんでくださっている皆様。
次は、コレにしても良いんじゃないですか〜?


本日のイナバウアー
090516
あっ!

090515
耐える耐える!

090514
デタッ!!
イナバウアー!!
俺、出来てるよ!!

090513
しかも、復活〜!!

はい、これも、The Punta Modelの抜群の安定感のお陰。


皆さんが欲しくてしょうがないThe Punta Modelは、
既に、ジョシュにオーダー済み。

恐らく、年内には届くと思われます。

それまで、楽しみにしててくださいね〜。

プン太、最高!!



本日もPC版でガッツリと
お願いいたします!!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



Fさん、本当にアタース!!
ホーリー梶川





ANDREINI

Double Enda 7'6"&8'0"
andreinidoubleenda76a

WHITE 1


Vaquero 7'6"
BLUE 1


Bullet 6'0"
GREEN 1


Fish Hawk 5'8"
BROWN 1



マーク・アンドレイニの入荷です。
気合いの画像編集で、どうにか、この時間にアップさせる事が出来ました。

これで、今日も胸を張ってお酒が呑めるという訳です。


それでは、チェックお願い致します!


CHECK!!



本日最終です!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川





爺さんガメになるまで頑張りました

03041
久々に鬼パドルしちゃいました。
到着し波をチェックしてる感じでは、たまに来るセットにやられる可能性は大だけど、
頑張っちゃえば、セットの切れ目からどうにか出れるでしょうって判断で、
敢えて、本日持って行ったボードの中で一番長い、8’3”のフィッシュシモンズをチョイス!!

03042
まあ、簡単に出させてもらえないだろうとは感じてましたが、たまには挑む事も大事。

03048
早速、偶然出会った山ちゃんとゲッティングアウト開始!!

でも、幾らパドルしても前に進みません。
セット頭ぐらいだったのが、パドルしてる内に見る見るサイズアップし、
気が付きゃ、セットオーバーヘッドの波数激増!!ほぼ、クローズアウトです!!

でも、今日は試練の日と決めていた私は、絶対に波に背を向ける事はありませんでした。
一緒に居た山ちゃんが、あのボードで出れないんだから、私の8’3”じゃ、厳しいに決まってる。

それでも私は、パドル、パドル、ローリング、パドル・・・・。って、
殆どカメの様になりながらも沖を目指しました。


・・・・・。


でも、世の中、不可能って事もあるんです。

「絶対にアウトに出るんだ!」それが、今日の目標。
その位の気持ちで頑張りましたが、私のパドル筋は完全に死亡しておりました。

40分以上もパドルし続けましたからね。


岸に戻り浜を歩くのもやっとな程、体力は消耗していました。
しかも、数百メートルは流されていましたから、歩いて元の場所に戻るのもひと苦労。

悔しさを噛み締めながら、トボトボと歩いていたら、
私はチャンスがある事に気が付きました。

少し、落ち着き始めているのです。
まあ、セットは相変わらずオーバーヘッドのパンチングウエーブですが、
セット間隔が少し長くなっている様な・・・。

当然です。リベンジです。
休む間も無くパドル再スタート!!

パドル、パドル、ローリング、パドル、喰らう、パドル・・・。

もう、パドル筋は、「無理だ〜っ!」って泣き叫んでましたが、そんなもん許す訳にはいきません。
最後は、半分下を向きながらパドルする程、気合いだけで乗り切り、どうにか、ゲット成功!!

嬉しかったよ〜。

パドルパワーは、完全にエンプティーに達していたので、
暫く、安全な沖に出て休憩をとり、念願のフィッシュシモンズ8’3”で
デカ波グライドを楽しむ順番が回ってきました。

私は用心深く、セットの最初の波に乗らず、
乗った後に喰らわない様に注意しながらチャージ!!

やっぱ、気持ち良いわ〜。最高のご褒美〜。

フィッシュシモンズでデカ波を突っ走る”あの感覚”は、本当にたまらんのですよ。
ウネリからスタートし、掘れて来てもガンガン抜けていく。

1時間程楽しんだでしょうか。

流石に疲れを感じ、ちょっと休憩&ボードチェンジです。

03045
とにかく、今日はボードのセレクトを失敗しました。
まさか、ここまでデカくなるとは思っていませんでしたので、
デカ波用のボードを持って行ってなかったのです。

そして私は、本日4本持って行ったボードの中で、
一番浮力の小さいリズフィッシュ5’7”をチョイスし2ラウンド目スタート!!

03046

03043
でも、もう既にパドルパワーは半分も残っていませんでした。
1本乗って戻るのにひと苦労。ドルフィンもボードを沈める事が上手く出来ない程。
せっかく、サイズアップした良い波だったので、意地で続けてるって感じ・・・。

何本か良いのに乗れましたが、やっぱ、一旦、カメになったらもう戻んないっすね。
(爺ちゃんカメって感じで、頭が上がんなくなるんスよ。)

結局、4時間ぐらい入ったでしょうか。

久々に、良いトレーニングが出来ました。
特に、1ラウンド目は、心のトレーニング。

海から上がって思いましたけど、たまには、自ら追い込んでやんないとダメですね。
楽してたら、確実に弱くなるだけですから。


明日はどうなんでしょう。

あの後、極強オンショアが吹き荒れていましたので、
明日の朝は、しっかりと残るかも知れませんね。

今日は、ゆっくりとパドル筋を休ませてあげ、
明日も頑張れればと思っております。




長々とすみませんでした。
でも、今日は、ちょっと、気合いが入りました。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村





とにかく、なるべく多くのラウンドをこなし、
なるべく多くのボードインプレッションをする。
これが、サーフボードを売る立場の人間として、
一番大事な使命だと信じております。
ホーリー梶川








ミッドレングスボードの勧め 其の2

412e
これまで日本では、ミッドレングスボードをファンボードと呼んでいました。


ファンボード


単純に”楽しいボード”という意味だけではありませんでした。


テイクオフが楽で乗り易いボード。

↓↓↓

ビギナーやオッチャン向き。

↓↓↓

カッコいいもんじゃない。



こんなイメージだったでしょう。


ところが、一昨年辺りから、ファンボードは、
ミッドレングスボードという、ちょっと、カッコいい言い方に変わり、
一躍注目される存在に。

これまでの、初心者ボードのイメージから、オシャレボードの代表的なイメージとなり、
次に手に入れたいボードNo.1となりました。

私は、大変、素晴らしい流れだと思っております。

ただ、このミッドレングスを小波用のセカンドボードだと
勘違いしている方が多いのは事実。

確かに、テイクオフが早く小波でもスイスイ走ってくれるので、
そんなコンディションでも大活躍してくれる事間違い無しなのですが、
実は、大波で最高に楽しいボードなんです。

412d
オーバーヘッドの掘れるパワフルな波。
ショートボードでは、テイクオフが送れ直ぐに捕まってしまう。
そんなコンディションって、結構、多いですよね。
(そりゃ、上手い人は別ですよ。)

そんな時、ミッドレングスボードは、ウネリからテイクオフし、
ボトムターンから、一気にその先のセクションへ走り抜ける。

ターン自体も、ショートボードだと大きなラインでターンを描くのって、
かなり難しくなってきます。
(どうしても、アウトラインが、大きい波のフェイスに合わないんですよね。
抑えるのには、技術が必要となります。)

一方、ミッドレングスボードの場合、ある程度の重さと長いストレートラインのお陰で、
伸びのある大きなラインのターンを自然に味わう事が出来るのです。

そして、今まで抜ける事の出来なかったロングウォールを、
波のトップから突っ込んでいく

”あの視界”

これは、ホント、乗った事のある方にしか解らない、異次元の悦び。


私が、最近、ミッドレングスに嵌ってるのには、ちゃんと、意味があるのです。

本当にタマラン感覚ですから。

そして、敢えてデカ波に挑むのも・・・。

30分かけてでも、沖に出る理由があるのです。



如何ですか?皆さん。


ミッドレングスボードを甘く見てはいけません。

小波だけでなく、大波を攻める最高のサーフボードなのです。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川




2本のミッドレングス

0410a
先日入荷した2本のミッドレングス。
左がPointed Nose Egg Pintail、そして、右はSmoked Egg。

良く似た2本ですが、本日は、その差についてご説明させていただきます。

04102
ノーズのアウトラインは、基本同じ。
Pointed Nose Eggのテンプレートが使用されています。

04103
一番の差はこちら。テイルです。
Smoked Eggのテイルは、定番モデルJH Eggのテンプレートが使用されています。
細過ぎず太過ぎず、素晴らしいアウトラインです。

一方、Pointed Nose Egg Pintailのテイルは、Pintailというガンモデルのテイルアウトラインを使用しています。
基本、パワーウエーブ用ですが、ノーズエリアがワイドな為、早いテイクオフが可能です。
よって、腰腹位の波から十分に楽しめるボードに仕上がっています。

04104

04105
基本、ロッカーは同じです。
ナチュラルロッカーは、スピードと回転性を両立させます。

04106

04107
フィンをセットしてみました。
Pointed Nose Egg Pintailの方は、シャープでカッコいいですね。
Smoked Eggの方は、どんな波でもいけるラウンドピンテイル。
こちらも、良い形です。

04108

04109
何気にボトムデザインは異なります。
Pointed Nose Egg Pintailの方は、フラットからVeeボトムで、Smoked Eggの方は、シングルコンケーブから強目のReverse Vee。
やはり、Smoked Eggは、小波からスピードが出る様なボトムデザインを採用しています。


どちらも、魅力的なモデルですね。
取り敢えず、Smoked Eggの方は、既にテスト中ですので、
早いとこPointed Nose Egg Pintailの方を試してみたいと思っております。



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川



ANDREINI

ANDREINI2014

ANDREINIBLUE1

ANDREINIGREEN5

ANDREINIORANGE5

VAQUEROSELENA710A2


いつ見ても、ため息が出る程の抜群に奇麗なアウトライン。

マーク・アンドレイニ氏のサーフボードは芸術品。
大袈裟ではなく、本当にいつもそう思ってしまいます。

どうぞ、じっくりとチェックしてください。



CHECK!!




にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川



2014年1発目

ANDREINI2014IST2
突然ではありますが、本日、アンドレイニが4本入荷致しました!

とても素晴らしい内容です!

とにかく、今は、お預けです。

画像処理が終わるまで、今しばらくお待ち下さい。


ポチ数次第で、頑張りが変わります。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川



Online Store
HOLYBLOGLOGO2
livedoor プロフィール
BLOG内検索
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
Revolver Maps
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
人気BLOGランキング
人気ブログランキングへ
SURFSIZE
サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中
ブログ村 サーフィン
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
ブログ村 マリンスポーツ