HULLS

Liddle

image
それにしても、今回の台風は、どうも、焦らしてきますね〜。

いつからサイズアップしてくるのでしょうか・・・。

ご来店のお客様も、電話で話す相手も、皆んな、その話題で持ちきりです。

話は変わって・・・

本日、Liddle Designsが入荷しました。


9'0" L-Spoon

8'0" Death Model

8'0" Point Breaker

6'6" Burrito DX


明日、撮影し商品アップします。

ご期待ください。




好きです。PCポチ。
にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川









WILDERNESS SURFBOARDS

WILERNESS
昨日、色々と調べました。

そして、WILDERNESSのボブ・ダンカンさん
からも返答をいただきました。

やはり、ヘラブナではなかった様です。

こちらの写真。

70年代半ばのものなのですが、真ん中のボード。
そう、これが、オリジナルのエッジボードなのです。

ジョージ・グリーノウ氏が開発した、初期のエッジボード。

実際に誕生したのは1971年。ショートボードレボリューション時代に
ジョージ・グリーノウ氏が、レイルにエッジをつけ、
短くなったボードのスピードと安定性を持たせる為に考案したデザイン。

06221
ほら、まさにこれです。
ジョージ・グリーノウ氏自らが持っていますね。

こちらは、数年前の写真で、当時のオリジナルエッジボードを
復活させて作ったものだそうです。

062214


06222
そして、そのエッジボードを乗るデイブ・ラスタビッチ。
ヤバイっすね〜。

シングルフィンですよ!

でも、エッジボード。レイルが波にしっかりと食いつくから、
こんなパンチの効いた波でも、しっかりとコントロール出来ちゃう訳です。

さき程のブログでもお伝えしましたが、エッジボードは、
ただのシングルフィンとは違うのです。
レイル自体がエッジとしての機能も持つ為、
波が掘れ上がったりしてもズルズルしない。

しっかりと波に食いつきパワーのロスを防ぐ構造なのです。
だから、スピードも出る。

ノーズが、若干細いのは、抵抗によってスピードを落とさない為。
その分、センター厚を確保する事で、テイクオフの早さをキープしたり、
パワーのない波でもスピードを落とさない仕組みになっているのです。

0621B
最近では、ショートボードにもエッジレイルがセットされてるものがあったり、
様々なアウトラインのモデルをエッジボード化させている様ですね。

乗っていないので強くは言えませんが、恐らく、どれも
スピードが出て楽しいボードだと思います。

そうですね。

当店でも、WILDERNESSの他にANDREINIがエッジボードをやっています。
マーク・アンドレイニ氏は、ジョージ・グリーノウ氏と昨年会い、
色々とレクチャーを受けエッジボードをシェイプしています。
相当、エッジボードにハマっている様です。

どのエッジボードが一番か、私には分かりません。

マーク・アンドレイニも抜群の才能を持つシェイパーですので、
魅力満載のエッジボードを提供してくれますし。

ですが、皆さん如何でしょうか。

ここんところ、世界中で騒がれているエッジボード。

ここは、一回、WILDERNESSをリストに入れても良いと思います。
先日、WILDERNESSのエッジボードを何と呼べばいいか。
シェイパーのボブ・ダンカン氏に、直接、聞いたところ、
"George Greenough Original Edge Board"
返事を頂きました。

そうなんです。

あの天才ジョージ・グリーノウ氏が開発したものを
そのまま、ダイレクトに受け継ぎ形にする、
貴重な貴重なブランドなのです。

これぞ、グリーノウオリジナル!


0621A
そして、今回、ひっそりと入荷した印象のハルスタビー。

全然、ひっそりじゃないですよ〜。
これ、シェイプ抜群に良いんですから。
スピードも強烈だし、安定性も備えてる。


とにかく、先ずはチェックです!




CHECK!!





久々のクラッシックスタイルポチ!
行っちゃってください!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川








Wilderness Surfboards

03231
待望のWildernessが入荷しました。

1967年にジョージ・グリーノウが中心となって誕生した
Wilderness Surfboardsは、ジョージ・グリーノウのアイディアにより
サーフボード界に多くの革命をもたらせてきました。

ニーボードのVeloから始まり、ボートのデザインも手掛けていた
ジョージ・グリーノウは、サーフボードにそのアイディアを注ぎ込みました。

まずは、ハルスタビー。
水の抵抗を最も少なくするデザインとして生まれたボードです。

そして、エッジボード。
レイルに段差を加え効率の良い水の流れで、
サーフボードにスピードを与えました。
(ボブ・ダンカンは、ギズモレイルと呼んでいます。)


多くのシェイパーに会うと、ジョージ・グリーノウの
凄さを改めて感じます。

ジョージ・グリーノウがサーフボードデザインに与えてきた影響は実に大きく、
そして、確実に現代のサーフボードデザインに残されています。

ボブ・ダンカンは、当時からのオリジナルメンバー。
現在、70歳。

当時の考えや具体的なシェイプの技術を自らの手で形に出来る
シェイパーは、もはや、彼しか存在しません。

ジョージ・グリーノウが残した、ショートボードレボリューション時代の
素晴らしいデザイン。
そして、当時から、変わる事のないボブ・ダンカンのオリジナルシェイプを
Wilderness Surfboardsで思う存分感じてください。


テンプレートは、全て、当時のものを使用しています。



Gizmo 7'8"
781


Gizmo 7'0"
71


Gizmo 6'0"
61



Stubbie 7'6"
761


Stubbie 7'2"
721


Stubbie 6'10"
6101


Stubbie 6'8"
681


Stubbie 6'6"
661





CHECK!!





宜しくお願い致します!
にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





LIDDLE DESIGNS

02012
LIDDLE DESIGNSが入荷。

グレッグ・リドル氏が引退し、ブランドを受け継いだ
カーク・プットナム氏プロデュースによる初の入荷となります。

マシンでプレシェイプを行い、スコット・アンダーソン氏がフィニッシュ。
グレッグ・リドル氏のシェイプを完全に復元されたハルスタビーに仕上がっています。

ラミネートは、以前より、格段に良くなっています。
ラップラインも90年代頃までの細いスタイルに変わり、
ロゴも当時使われていた小振りなものを採用。
雰囲気もバッチリです。

02011
フレックステイルにアレンジされた、
フレックス・フライヤーは、ハルスタビーを知り尽くした
カーク・プットナム氏によるニューモデル。

LIDDLE DESIGNSは、伝統を100%受け継ぎ、
そして、確実に進化しスタートしました。



FLEXY FLYER 6'8"
flex1


flexpurple1



DEATH MODEL 6'8",7'6",7'10"
dm681


dm761


dm7101



POINT BREAKER 7'4"
pb1



次回は、BURRITO DXの入荷となります。



CHECK!!




マイケル・ピーターソンも納得
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川



RINCON

RONCON2016
カリフォルニアトリップを満喫中のHさんから送られてきた一枚の写真。

リンコンですよ、リンコン。

いいですね〜。

セット腰腹で最高の波だったそうです。

Hさんは、今回のカリフォルニアトリップに、
Little Death Modelを持って行ってるんです。

そんで、どうしても、リンコンでハルを試してみたかったそう。

だから、波が当たって嬉しかったでしょうね。

リンコンは、波の無い日が多いですから。
そんで、サイズアップすると、大混雑ですからね〜。

だから、腰腹ぐらいのサイズの方が人が少なくて遊べるんですよね。

Hさん、明日はベンチュラのCストリート。

あそこも波いいからな〜。当たるといいですね〜。

ハルボードと行くカリフォルニアトリップ。

最高っすね。


15f77f65
これは、確か一昨年ぐらいのリンコン。
ブロムさんのとこ行ったついでにリンコン行ったら、
激空きで腹前後のパーフェクトウエーブだったんです。

311bc82e
1時間ちょいしか入水できなかったけど、
私もその時Death Modelで最高の思いをした記憶がございます。

日本の波もいいけど、やっぱ、カリフォルニア最高!
ロケーションからして違うもんね。



Hさ〜ん、明日も波当てていい写真送ってきてね〜。




大統領、決まりましたね〜。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ズランプさん、
日本に悪くしないでよ〜。
ホーリー梶川




Liddle

2016-10-04-12-57-59
はい、こちら、Liddle Point Breaker 6'8"。
先日、告知なしにも関わらず、1時間で完売となった
Liddleでしたが、実は、もう一本入荷してたんです。

ですが、このボード。

2016-10-04-12-58-30
ボトムにダメージがあったんですね〜。
少し、表面にまでダメージがあって、中はピリピリピリって筋状のヒビ。

先日、軽くリペアしといたのですが、まだ、仕上げていなかったので、
本日、表面のサンディングの仕上げも含め作業してみました。

2016-10-04-12-59-40
もう、このブログをすっと見てくださっている方は、
何度も見ている内容ですが、まだまだ、ご質問が絶えないので、
改めてご説明させていただきますね。


はい、ここでポチんなかった方は、
この先が読めない様にセットさせていただきました。
この先が読みたい方は、PC版に切り替えてポチっとしてから
読んでくださいね。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


まず、サンディングに必要なのは、320番の空研ぎサンドペーパー。
そして、面出しが可能なハンドル君。(本当は何て言うんすかね。)

最初、このハンドル君にペーパーを取り付け、全体のデコを取り除きます。
これなしで初めたら、デコは取れませんよ。
リドルは、トップコートを刷毛で塗って、そのまんまだから、
刷毛ムラもあるし、誇りなんかも入ってて表面は、結構、デコだらけですからね。
そんで、もし、ハンドル君を持ってなかったら、カミさんにカマボコが食いて〜とでも言って、
カマボコを買ってきてもらいましょう。(言えない方は、自分で買ってきましょう。)
そんで、カマボコに引っ付いてる木の板に、サンドペーパーを巻きつけてサンディング
してもオッケーですよ!

2016-10-04-13-05-54
全体を均したら、次は、サンディングマットが便利ですね。
無ければ、ペーパーだけでも綺麗に仕上がりますが、サンディングマットの方が、
初心者には楽かもしれませんね。

結構、やり過ぎかもって思うぐらいやっても、まだまだ。

出来たら、太陽が出てる時に作業し、光に当てて表面の状態をチェックしながら
作業するのが良いでしょう。

まだ、削りが足りない箇所は、ピカピカ光ってますので、それが無くなるまで
やり続けてください。

2016-10-04-13-10-41
裏が終わったら表も同じ要領で。

2016-10-04-13-14-04
レイルは少し慎重に!
レイルは、力がかかり易いので直ぐに削れます。

まあ、オーバーサンディングしても、ボードがダメになる事はありませんから
恐れずやっちゃってください。

2016-10-04-13-33-49
最後に、縦に沿って、なるべく、長〜いストロークで研いであげます。
そうして、縦に水が流れやすくなるようにしてあげるのです。
これが目的ですからね。

はい、完成です!!


2016-10-04-13-33-59
元々ついてた傷は、少し、誤魔化されましたが、
消す事はできませんでしたね。
でも、貴重なリドル氏ハンドシェイプ。
このくらい、気にしてる場合じゃありませんね。

2016-10-04-13-37-54
何度見てもカッチョ良いボードですね〜。

サーフィン史に残る素晴らしいボード、ハルスタビー。

堪らんですね。

2016-10-04-13-34-21
ついでに、フィンの位置について、ちょっとだけ触れときましょう。

基本、こんな感じでボックスの真ん中にセットします。
波質により、前の方が良いとか後ろの方が良いとかありまして・・・、
それは、実際に感じながら調整してみましょう。

ハルの場合、結構、フィンの位置で乗り味が変わります。

ですので、フィンは固定せずにマジックスクリューで
常に移動出来る様にしておくのがベストです。

2016-10-04-13-35-50
マジックスクリューは、安くて便利ですよ。
こうやって、プレートが斜めになって、ボックス内でしっかりと固定されています。

2016-10-04-13-36-37
ネジを緩めると、真っ直ぐになるタイミングがあるので、
そこで、ネジを回すのを止めます。

2016-10-04-13-36-55
あとは、フィンを引っこ抜くだけ。

入水中にヘコヘコとフィンを動かしてみてください。

きっと、何か発見があると思いますので。


こんな、実践ブログやってんの、他にありますか?

サーフィン、ワーゲン、ライフスタイル、その他何でも・・・。
全てを実践で見せる体当たりブログ。

さあ、評価のお時間です!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


09041
本日は、サラッとコーディネイトネタも。
まだ、ちょっと早いですが、直ぐにダウンベストの時期はやってきますよ。
今日は、自前の古着の上下にただ羽織っただけですが、
まあ、こんな感じが良いんじゃないでしょうか。

自然な感じが良い感じだと思いますよ。


2016-10-04-13-49-36
もう一丁!
波乗りばっかりやってるオッさんは、世間から何て思われてるか・・・。
ロン毛で真っ黒に日に焼けて。

どう見ても、まともには見えませんね。

でも、こんな感じで、ボタンダウンのオックスフォードシャツでも
羽織っちゃえば、あらら、あの人、ちゃんとした方ね〜。

って、近所のオバハンの間で好印象になる事間違いナシ!

いつも、夏はいつもTシャツに短パン。

秋は、少し、大人な感じでオバハンに迫ってみましょう!
ウソ、直ぐに勘違いするから気をつけようね。


それでは、秋物にも注意を注ぎながら、
最終ポチをよろしくおねがいします!


今日は、ためになり過ぎだな〜。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川




Liddle Surfboards

02
大変、残念なお知らせです。

1968年から始まったLiddle Surfboardsが
10月をもって幕を閉じる事になりました。

ご高齢の為、予てからこのような事になる事は想定してはいましたが、
目の当たりにすると、想像していた以上に残念な気持ちでいっぱいです。

ショートボード革命が起きた1968年にスタートしたLiddle Surfboardsは、
ロングボード時代では考えられなかったマニューバーと、
ハルの最大の魅力でもあるスピードにより、
一瞬にしてカリフォルニアのサーファーを魅了しました。

その後、時代ともにサーフボードは大きく進化していきましたが、
Liddle Surfboardsは、開発された当時のままを頑なに守り続け、
今日まで、多くのサーファーに親しまれてきた歴史に残る大変、
素晴らしいサーフブランドです。


残念で仕方がありません・・・。


今後は、これまでもグレッグ・リドル氏の右腕として動いていた
カーク・プットマン氏がブランドをハンドリングして参ります。
そして、今後、Liddle Surfboardsはマシンでプレシェイプを行い、
スコット・アンダーソンがフィニッシュをするという運びとなっています。


今のところの予定では、グレッグ・リドル氏ご本人によるシェイプボードは、
10本ほどが今後入荷する予定です。(モデルや長さ等は未定となります。)

残された僅かな数ではございますが、最後のハンドシェイプを
逃す事の無い様、今後の動きを注視されます事をお勧めいたします。




マイケル・ピーターソンも悲しんでおります。
全国のハルフリークの皆様、ポチ、確定です!!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川




Liddle

08171
昨晩は、土砂降りの中、ウチの子の散歩。

そりゃもう、雨風共にヤバかったっすわ〜。

そしたら、ウチの子、これ、ちょっと無理〜!って、
トイレをしてくんなかったんすよ〜。

だから、朝2時に起きて再アタック!!

今度は、眠いから帰る〜って、またアウト〜。

もう、こればっかりはしょうがないっすね。
放ったらかしにして、出て行く訳にはいきません。
朝になったら、改めてトイレ散歩に行ってあげないと・・・。

もう、今日は海には行けない事が決定決し、
恐る恐る朝一の波情報をチェック。

なんと、湘南マジック大発生!!
しかも、オンショア〜!!

心の中で、ちっちゃくイエ〜ィって言ったような・・・。ダハ〜ッ。
(期待していた皆様、大変、申し訳ございません。)


それにしても、サイズダウンが早すぎですね〜。
今回は、通過するのが近過ぎたんですね。
だから、グラウンドスウェルじゃなくて、近所の風波だったのでしょう。

今年は、ちょっと、コースがいかんすね。




話は長くなりましたが、本日は、Liddleの入荷。

pg641

pg642

pg643
PGが2本と、


dm6101

dm6102

dm6103
Death Modelが2本入荷致しました。

PGの5'10"は、ゴメンなさい確保してしまいましたが、
残りの3本はまだ健在。

今回は、レイルが薄めで、最高にパンチの効いたシェイプとなっています。
思わず、私も予定外ではありましたが、1本抜いてしまうほどの素晴らしい
出来栄えですよ。

Gregさんは、今年73歳。

どういう事か分かりますか?

73歳で仕事をしている事が、普通ではないんです。
いつ辞めてしまうかわからない、大変貴重な入荷です。

後悔する前に手に入れておく事をお勧めいたします。
(私のキープっぷりを見れば、どういう事か分かりますよね。)




CHECK!!




千葉行きて〜よ〜。
でも、往復の時間を考えるとな〜。
一時間だけの入水でも行っちゃうか・・・。


夏休み明け、仕事の方は最悪気分だけど、
ポチは別!何卒、よろしくお願い致します!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村





ホーリー梶川




Liddle PG 5'9"

07291
Josh Hall Surfboardsは入荷しましたが、
この晴れ間で写真を撮るタイミング待ちでございます。

12本入荷しましたが、最低でも2本は自分用となってしまいそうです。
素晴らしいニューモデルが入荷した今回ですが、今しばらくお待ちくださいます様、
何卒、宜しくお願い致します。

という訳で、本日は昨日の写真んを。


まずはこちらから。

やっぱ、バレるってますね〜。

皆さん、降り捲ってましたからね。


07294
写真を撮ってくれたのは、昨日同行したN君。

これなんか、もう少し奥から行けたら最高だったんですけどね・・・。
多分、この長さと私の実力ではこんなもんでしょう。
でも、もう少し長いボードだったら、スッポリ行けてたかも知れませんね。


07292
これはハルライダーですね。
波のトップで波のパワーを完全に利用した
ハルの典型的な乗り方。
思いっきりグライドを感じてるのが、皆さんにも伝わるんじゃないですか。
こう見えて、この波、先まで壁の様に掘れてんですよ。


07293
ハルに慣れると、ちゃんとボトムターンも可能です。

ハルのボトムターンは、異常なほど伸びます。

ちゃんと下に降りたら、あとは一気にトップに向かって突っ込むだけ。
たまらんよ〜。

昨日、久しぶりにハルに乗りましたが、やっぱ、最高に楽しいですね。
シングルの長いやつも面白いし、サイドバイト付きもコントローラブルで最高!


07295
みんなでハルっちゃいましょう!



ジョシュのアップは、明日っすね。
まあまあ、カッチョいいっす。




花金ポチ、よろしくね!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



今朝、スマホランしてたら、
思いっきり転んでしまいましたよ。
でも、完璧な受け身でクリア!
高校、大学の授業で柔道をやってたからかもね。
当時、得意技は、ずっと洗わず学校に置きっ放しの道着による臭い固め。
決める時、最高に気持ちよかったな〜。

ホーリー梶川



Burrito DX

BURRITO5
先日入荷したLIDDLE/Burrito SingleがBurrito DXに生まれ変わりました。
グレッグさんから送られてきた、サイドフィンボックスを
指定されたポジションに埋め込んだのです。

当然、プロのリペア万に依頼しております。

BURRITO1


BURITTO2


BURITTO3


BURITTO4


当然、仕上がりはパーフェクト!!

新品でBurrito DXのサイドボックス付きが手に入れられるチャンスです!!

送られてきたボックスには、数に限りがございます。

一先ず、このサイズがお好みの貴方は要チェックです。



CHECK!!




週末もポチです!!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川




LIDDLE SURFBOARDS

liddle
Liddle Surfboardsが入荷しました。

いつも言う事ですが、Liddleのハルスタビーは、本当に速いんです。
いやいや、ロングボードだからって、勝ち目はありません。

ハルスタビーは、水に抵抗を与えず、なるべく、スムースに水面を滑る事が出来る様
設計されているのです。

水を迎えるノーズエリアはラウンドし、スムースにボードのセンターから
テイルエリアに水を送ります。

ナイフィーで薄く50/50にシェイプされたレイルも、
やはり、水を逃し抵抗を少なくしています。

ロッカーも弱く、波の力が最大限にボードに伝わる様、設計されています。


乗ってみないと分からない、不思議なデザインのボードですが、
スピードの魔力は、サーファーなら、必ず、虜になってしまうでしょう。


興味があったら、是非、ハルスタビーの世界に足を入れてみてください。
少々の慣れが必要ですが、直ぐにスピードの魔力に引きずり込まれ、
きっと、乗り方も直ぐに覚えると思いますから。



BURRITO 6'0"&6'4"
BURRITO641


BURRITO61



HAWAII KINE 7'4"
HAWAII1



BURRITO65
今回入荷した上記の3本に関しては、
グレッグ・リドル氏が、自らサイドフィンの印をボードに記して下さいました。
そして、今回、オプションでサイドフィンとボックスをセットでお付けする事も可能です。
ボックスの加工代、ボックス、フィン2本で27,000円のオプションとなりますが、
このスペシャルな内容は、決して、高いオプションではないと思います。

ニューボードで、取付ける事の出来るサイドボックス。

グレッグ・リドル氏がストックしていた、残り僅かのボックスとフィンのセット
となりますので、是非、この機会にゲットしちゃってください!


DEATH MODEL 7'0"
DEATH1
DMモデルは、マリブのローカルサーファー、
スティーブ・クラウジェウスキーのモデルとなります。
ノーズワイドがあり、最もスピードの出るモデルと言われる
究極のハルスタビー。



それでは皆様。

リアルクラシックを楽しみたかったら、
とにかく、LIDDLEです。

チェックしてみましょう!!



CHECK!!



リドル好き、クラッシックスタイル好きの方は、
是非、ポチってくださいね!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川




Liddle

liddleimage1


liddleimage9


liddleimage2

スティーブ・クラジャウスキー



liddleimage8


liddleimage3

アレックス・コップス



liddleimage5

タイラー・ウォーレン



liddleimage4

アレックス・ノスト



liddleimage7

ダン・マロイ



liddleimage6

ジーン・クーパー




いつの時代にも、スタイリッシュなサーファーというものは存在し、
周りのサーファーの注目を集めてきた。

そして、多くのスタイリッシュなサーファーに愛され続けてきた
Liddleのハルスタビーは、そんな彼らと同じように注目の的となってきた。

60年代後半から、その姿を変えることなく・・・。





カッコいいスタートを切った、本日の入荷情報。
Liddleが4本入荷しましたよ〜。


M3P Pintail 6'8"&6'10"
68pintail1



Hawaiikine 7'6"
761



Point Breaker 8'0"
81



今回の入荷は、マニューマビリティーナンバーワンのM3P Pintailが2本。
私も1本乗ってますが、これは、本当に動きが軽い。
シングルフィンとは思えないほどターンが軽いです。

ハワイカインのシングルは7'6"。
こちら、グレッグさんに、サイドバイトのフィンポジションを
マジックで印を入れてもらいましたので、2+1にアレンジしたい方は、
サイドフィンをセットすることも可能!
ナント、昔やってたサイドフィン用のスモールボックスも
送ってもらってますので、ご希望の方は、おっしゃっていただければ、
別途、オプションで装備させることも出来ます。

そして、グレッグさんがシェイプ出来る最長となる8'0"のポイントブレイカー。
この長さがあれば、どんな波でも抜けられるって思えるほど、
驚異的なスピードが体験出来るスーパースピードボード!


如何ですか?


シンプルで基本的な構造は、60年代後半には完成されていた
Liddleのハルスタビー。

是非、一度試してみてください。



CHECK!!





本日も、接客、大量出荷の為、ブログが遅くなってしまいました。
皆様、その分、大連打、よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川









Liddle Surfboards

01221
待望のLiddle Surfboardsが入荷いたしました。


M3P Pintail 7'6"&6'8"
m3p761

m3p661


M3P

このボードは、イージーなマニューバーを可能とするハルスタビー。
加速性は勿論の事、レイルをしっかりと波に食い込ませた
ドライブの効いたターンが楽しめるモデルです。

c054e908

1ddac92f



Point Breaker 8'0"&7'10"
pb7101

pb81


Point Breaker

ハルスタビーでしか味わえない、異次元のスピードを最も感じさせてくれるモデル。
リドルのラインナップの中でも、最もスタンダードなモデルと言える、
ハルスタビーの定番です。

b80e7309




ハルスタビーは、その異次元のスピードと
宙に浮いて走ってるかの様な、独自のグライド感が味わえる、
素晴らしいサーフボードです。

まだ、未体験の方は、是非、ハルスタビーを研究し、トライしてみてください。




CHECK!!





マイケル・ピーターソンが、
ポチをしない奴は嫌いだと
言っております。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川




Burrito DX Twin

09071

09075

09072

いやいやいや〜。

本日は、朝一の波情報でチビオンショアだったので、安心して二度寝。
店に出る前にも、再チェックしたけど変化なし。

それではってんで、ランニングウエアに着替えコースの途中の店に立ち寄る。
店で、おもむろに波情報を再チェックしたら、ナント〜!!セット胸のオフショア〜!!

予定を急遽変更し、猛ダッシュで海に!!

そんで、着いたらコレです。

ガックシでした。

オンショアビンビンで、一斉にサーファーが海から上がり始めました。
恐らく、私が到着する直前から強いオンショアが一気に吹き始めたのでしょう。

ガタガタのノンショルダー。こんなの分かってたら、絶対に来ないコンディションです。

少し悩みましたが、せっかく来た事だし、Burrito DX Twinも試乗したかったので、
テンション下げ下げ状態でとりあえず入水。

お気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、
3枚目の写真。空に浮かぶこの黒い影、これ、UFOです。

はい、UFOです。


09073

09077

09074

今日のサーフボードレポートは、止めにしておきましょう。
なんせ、このコンディションですから・・・。


090711

09079

090710

でも、海から上がるちょっと前から、風はピタッと止まり、
実は、結構、遊べる時間帯も有ったんです。
ガラガラの海で、波は選び放題。

最高の波とは言えませんでしたが、なんとなく、少し、得をした気分になりましたよ〜。


09078
こちらの写真。
また、UFOがいますね。しかも、少し、移動しています。
この写真を見たとき、始めは、レンズについたホコリかと思いましたが、
移動していることを考えると、やはり、UFOです。

どこから来た何星人なのか、そして、何が目的で、地球にやってきたのか。
その辺りは、これから調査しないといけませんね。


皆さん、今日、私が一番皆さんにお伝えしたかったのは何だったか分かりますね。
本当は、『私、UFOを見ました!』。
ブログのタイトルは、そうしたかったぐらいです。


信じるか、信じないかは、あなた次第・・・。

ポチをするかしないかもあなた次第・・・。

私的には、ポチをしなかった人は、
宇宙人に連れ去られるのではないかと心配です。



あとは、自己責任でお願いいたします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川




HULLS

08191
2本のLiddle。
左が今年になってオーダーした、Hawaiikine 7'2"。
右は、2年前にオーダーしたM3P 6'8"。
M3Pは、たったの2年でこんなに焼けちゃってますね。

それにしても、どちらも、良いアウトラインのシングルフィンです。
Liddleのハルは、100%当時のまんま。
言ってみれば、サーフボードのシーラカンス。

60年代の後半にこの手のシェイプが流行し、Gregさんは、その当時から、
何も進化させる事無く、このシェイプを信じ、そして、守り続けてきたのです。

何を守ったか?

それは、いつも言ってるじゃないですか。

脅威のスピードですよ。ハルスタビーってボードは、
本当にロングよりも何よりもスピードを出す性能を秘めているのです。

丸いボトムは、水の抵抗を極力抑えた構造となっているので、
とにかく、ボードが良く走るんです。

まあ、ボードは、波のコンディションに合わせボードを選び、
そのボードでサーフィンをするのがベスト。
小さなパワーの無い波でショートボードに乗っても面白くないし、
バカデカい波で、クラッシックのロングに乗っても怖いだけ。

そんな中、ハルスタビーは、速いブレイクの時に、
とんでもない性能を発揮してくれるんです。

皆が、波に捕まりロングライド出来ない日、ハルスタビーだけが、
アウトからインサイドまで、猛スピードで抜けていくって、
そんな事も、本当にあるのです。


a0394591
まさに、この日はそんなコンディション。
胸肩ぐらいの波でしたが、かなり速めの巻き巻きウエーブ。
結構、いい感じのチューブも巻いてる、スペシャルな日。

テイクオフ直後から、ボードは一気に加速し、インサイドまで一瞬で
抜けまくりでしたよ。
調子こいて、チューブを狙いまくってたら、インサイドは、水深30cm
ぐらいしかなくて、その日に、首を遣っちゃたんです。

そう、今でも、冬になるとずっと調子が悪くなる慢性の痛み。

プルアウトしようと思って、波側に体ごと潜ってやろうと思ったら、
そこは地面だった・・・・。

まあ、最悪の思いでもありますが、この日は、ハルの凄さを思いっきり
知らしめさせられた一日でした。


08193
そんな、私の大好きなハルスタビーだから、フレックスフィンもたくさん持っています。

08194

081910
RFCのHULL FLEX 9.5"。
自分でクリアコーティングして、グロス&ポリッシュ仕様に仕上げたお気に入り。

08195

081911
GL Flex 9.5"。

9.5"は、このボードには、少し長そうですね。
随分とテイルを絞ってますから・・・。

08196
081912
GL Flex 9"。
これなんか、丁度良い感じかも知れませんね。

081915
このフィン、凄いんですよ。
指で、こんなに曲がっちゃうぐらいフレックスするんです。
マニューバー系のボードには、向いてませんね。
でも、ハルスタビーだと、抜群に調子が良い・・・。

これも、自分で薄く削って、フレックスさせる様にチューンナップしたフィン。

08197

081913
こちらは、Paul Gross 9"。
ティップがひん曲がってるけど、GL Flexよりも立ってるフィンです。
これも、よく使いますね。

08198

081914
これは、カリフォルニアで手に入れた、無名のフレックスフィン。
持ってる中で一番レイキが強く、波がデカい時なんかに調子の良いフィンです。
確か、これも、9"だったと思います。



台風が近づいてくると、どうも、ボードを弄りたくなるもんですね。
本日は、私的に”今、気になってるハル”を勝手にご紹介させていただきました。



ポチんないと、MPさんが
カンカンに怒りますよ〜!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川




アップ完了です!

Death Model 7'0"
liddledm701


Burrito DX 5'10&6'4"×2
burritodx64green1


Burrito 6'4"
buritto64single1


M3P 6'8×2&6'6"
m3p66green1



ホームページへのアップが完了致しました!!
私は、Liddleが大好きだから、既に9本も所有しているのですが、
今回の中から、もう一本、欲しくなってしまいました。
最近、グレッグさんは、ラミネートを自分でしなくなった事で、
シェイプに集中出来、シェイプが良くなったと言われています。
(確かにそう感じます。)

如何でしょうか?

リアルアーリー70’s!!

シンプルな中に渋さを感じる一生ものです。




CHECK!!





マイケル・ピーターソンも
ポチをせがんでいます。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


M3Pマジでカッコいいっす。
ホーリー梶川





変態ボード北千葉テスト

06224
本日は、北千葉某ポイントへ。
どうしても、昨日セットしたBurrito DXに乗りたくなっちゃってね〜。もう。

06223


06222


06221
波の方は、セット胸肩、たまに頭。
朝一は無風のツルンツルンでスタート。
2ラウンド目になると、弱いオンショアが入り始めましたが、
然程、面に影響が出る程でもありませんでした。

でも、潮周り的にイマイチ。

潮が多く、かなりのボヨンボヨンウエーブで、ショートの人は、
結構、大変そうでしたね〜。

まあ、写真で見る程波は良くなかったと言うか、
浮力のあるBurrito DXだから、どうにか遊べたってレベルだったでしょうか。

06229
出ました!!
スラスターバージョン!!

06227
始めは、センターフィンを一番後ろにセットして挑んだのですが、
土曜日に試した普通のトライセットと比較するとまるで違う感覚。

TRUEAMES Stage-6の後ろのボッコンって出っ張ったデザインは、
想像以上にフィンとしての役割を主張して来るのです。

最初の内は、かなり意識してテイルを踏み込む様に
乗っていました。
テイルが粘る分、ターン時の加速感は驚異的でしたね〜。

でも、全体のバランスを考えると、少し前にセットした方が
コントロールがし易くなって乗り易い。かも・・・。

フィンの後ろの部分をカットしたので、フィンを前にセットするのが、
悔しいって言うか、前にセットした方が調子が良いとしたら、
無駄な事をやってしまったって事になるのを認めたくない気持ちが
先攻してしまい、乗ってて、頭が混乱し始める一面も・・・。

まあ、今日の波のコンディションは、ショルダーの張らない
ボインボインウエーブ。(いいね、こんな波があったら。)

もっと、ショルダーがパチン!と張った時に、本来のテストが出来る
ってもんですが、はっきり解った事・・・。

それは、普通のトライのセンターをつけるより、ターンの粘りが
格段に向上する。

結果、乗る側は、腰が低くなり何時でも思いっきりテイルを踏み込める
状況を準備した乗り方に変わった様な気がしました。

まあまあ、今度は、ボインボインウエーブじゃなくて、
ホレッホレウエーブで試したいですね。

06225
第二ラウンドはコチラ。
ラウンドツイン仕様です。

やはり、直ぐに感じたのは、ターンの軽さ。そして、ルース感。
やはり、スラスターとの差は、しっかりと感じます。

でも、今日の朝一は、セットが入るとちょっぴりハード。
ドルフィンが厳しいBurrito DXに乗ってる私だけだと思いますが・・・。

何度もミドルで嵌り、カメオヤジ状態になりかけるぐらい、
結構、パドルしまくりましたので、長い時間ラウンドツインに
乗り込む事は出来ましぇんでした〜。

2ラウンド目は、波、良くね〜じゃん!とか、勝手に波のせいにして、
そそくさと上がってしまいました。


06226
フィンセッティングの旅は、まだまだ続きます・・・。


本日もよろしくお願いします!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川



パッチ入れちゃうよ。パート1

0123N
本日の鎌倉方面。
なんだかんだ、一番コンディション的に良かったのは、朝一だったでしょうか。
潮が引くに連れ、波のパワーはどんどん無くなり、肩前後のセットに乗っても
今一走ってくれない困った波でした。

今日は、Josh HallのFish Simmons 8'3"とLoddle PG 5'9"に乗ってみました。

Fish Simmonsの方は、動画を撮ってみました。
明日、編集しますので、公開されるまで楽しみにしてて下さい。

そして、今日は、PGのデッキにパッチを入れてみました。

0123a
久々に乗り、このボードの楽しさを再認識。
ただ、個人的にもう少し重い方が好みな様です。
テイクオフも早くなるし板も走りますからね。

0123b
それでは、作業開始!!
まず、パッチの位置決め。ガラスクロスを当て場所を決めます。

0123c
続いて、あまりにも必要の無い部分をはさみでカット。

0123e
レジンに硬化剤を加え、

0123g
柔軟性のあるゴムヘラでペタペタ伸ばしていきます。

0123d
ボランパッチみたいなお洒落な切り返しが出来ました。

0123f
先ずは、一旦、この状態で生乾きさせます。

0123h

0123i
微妙な堅さになったところを見計らい、
カッターナイフで余分なガラスクロスをカットしていきます。
この時、レジンがまだ柔らか過ぎると、ガラスクロスは奇麗にカット出来ません。
逆異に固くなっちゃうと・・・。解りますよね。固くてカット出来ません。

0123j
余分なクロスを全て取り除いたら、もう一度レジンを塗ったくります。

0123k
どうですか?
パッチの部分がツルンツルンになりました。

0123l
ツルンツルンです。

今日の作業はここまで。

数日置いて、完全硬化させます。

固まったら、次はサンディング。

それでは、パート2をお楽しみに!!


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川





Real Classics

Point Breaker 7'6"
liddle pointbreaker 76


Hawaiikine 7'6"
liddle hawaiikine 76


M3P 6'6"
liddle m3p 66


Burrito DX 6'4"
liddle burrito dx 64



4種類のLiddleが入荷致しました。
今回入荷したLiddleは、今、私がお勧めしたい4つのモデル。
そして、それぞれのオススメサイズ。

どれも個性的で魅力的なボードです。

Liddleファンの皆さんは、是非、チェックして下さい。


CHECK!!



異次元のスピードを経験するならハル。
間違いありません。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川


Greg Liddle

0521C
4本のLiddleが入荷致しました。

いつも、大人気のLiddle。

今回も、既に2本のボードが嫁入りしてしまいました。

残り2本!

急げ!!


CHECK!!


こちらも、宜しくお願いします!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川



Online Store
HOLYBLOGLOGO2
livedoor プロフィール
BLOG内検索
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
Revolver Maps
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
人気BLOGランキング
人気ブログランキングへ
SURFSIZE
サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中
ブログ村 サーフィン
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
ブログ村 マリンスポーツ