AMC

'72 AMC GREMLIN

FullSizeRender


FullSizeRender
'72 AMC GREMLINが帰ってきた!

今回は、機関系を一通りGREASE MONKEYさんに診ていただきました。
エンジン周りを完璧にし、エアコンガス注入。

昨日、仮ナンバーを付けて試乗してみましたが、
この車、メチャクチャ速いっすね〜。

AMCジープのエンジンと同じだから、
車重が圧倒的に軽いGREMLINは、
相当、加速が良いです。

思いっきり踏み込んだら、フロントが浮きますよ。
(ドラッグマシーンじゃないんだから、タイヤが浮くまでじゃないよ。)

IMG_2241


IMG_2242
あとは、内装を仕上げたら完成!!

最高に綺麗で調子の良いGREMLINになりそうです。

FullSizeRender
それにしても、この後ろ姿。
堪らんですね〜。

フロントから運転席辺りまでは至って普通なのに、
後ろがスッパ〜ン!!ってブッチ切れてて。

なんか、この、本気で車を作ってない感が
GREMLINの魅力なのかもしれませんね。

FullSizeRender
多分、いや、ノリで作ったんだろうな〜。




最初は、この車を販売します!
なんて言ってましたが、完成した時点で、
こいつを残すかウーパーを残すか決めようかと・・・。

変態サーファーは、車もど変態ですね〜。



天気、回復しましたね。
今日も気持ちよくポチっちゃってください!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





着々と進行中です

IMG_1970
今日は、綾瀬のNEW OLD平井さんが、お願いしていた
グレムリンのボディーワークを終え、車を納車しにご来店。

IMG_1971
一緒に来た、56年のバグ、ヤバかったな〜。

パーフェクトパティナでしたよ。

抜群のコンディションですね。
(はい、ワーゲン界では、これがパーフェクトなオリジナルコンディション笑)


IMG_1974
そんで、その足でご近所のアメ車修理屋のGREASE MONKEYさんへ。

IMG_1973


IMG_1976
ヤベ〜アメ車だらけのスンゴイショップ。

ウチの店から5分のところにあるアメ車修理工場で、
かなり有名な店だった様ですが、知りませんでした〜。

オーナーの毛塚さんは、何でも弄れる
なんか、どエラいメカニックっぽいっすね〜。
時間があまりなくて、詳しく話しは聞いておりませんが、
置いてある車の全てのエンジンを降ろしバラしてたので、
ただ者では無さそうです。

それにしても、なんで、こんなに近いところにある店なのに
気が付かなかったんだろう・・・。

IMG_1981
今日は、ウーパーのキャブ調整をして頂きました。

IMG_1979
グレムリンは、そのまま居残り。

この車は、完璧になるまで仕上げますよ〜。

ボディーと内装は、既にパーフェクト。

残すは、機関周りです。

GREASE MONKEYさん、宜しくお願い致します!






本日も、よろしくお願いいいたします!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



皆さん、GREASE MONKEYさんには行か無いでください。
沢山の人が行っちゃうと、作業待ちとかで自分のが進まなくなっちゃうので笑。

ホーリー梶川





ホーリーオート2018スタート!

2018-01-06-12-48-10
本日は、車の内装屋さん。
名前は、ケイン梶川。

インスタとかにも、ちょくちょく出しちゃったから、
この車の存在の事を知ってる方もいらっしゃるかと思います。

この車、知ってますか?

6a74a0c519d4552088ef81fb871959ba
1975年にデビューした、AMCのペーサーっていう車。

究極にマニアックなアメ車です。

そして、私が思うに、70年代を象徴するアメ車の中の1台で、
この車無しでは、70年代のアメリカのモータリゼーションは語れません。

4551036114_5bf244ba78
そもそも、AMCって?
って話ですが、AMCは、今は無きアメ車ブランド。

GM、フォード、クライスラーという、あまりにもデカいビッグスリーブランドがある中、
はなっから外し系で勝負に挑んでいた自動車ブランド。

1954年にスタートし1987年にクライスラーに買収されるまで、
30年足らずで消えていった幻の自動車ブランドです。

それにしても、AMCは、とんでもない車を次々と世の中に送り込みました。
なんせ、真っ向勝負しても勝ち目が無いって分かり切ってましたからね。

このペーサーは、1975年にデビューしたコンパクトカー。
前身のグレムリンに続くコンパクトカーで、当時、日本車やら
ヨーロッパの車が一気にアメリカで人気を博し、それに対抗しようと
送り出したコンパクトカーなのです。

でも、このペーサー。長さは、日本車並みなのですが、
幅はフルサイズ。はい、当時は、キャデラックの幅を持つ
コンパクトカーとして売り出していた様です。

まあ、それにしても、とんでもないスタイルを持つ車で、
日本では、金魚鉢って言われてたそうです。

極端に大きな面積を持つグラスエリアは、車と言うより、
70年代当時のアニメやB級映画に出てきそうな小型宇宙船。

パッと見、出来損ないのUFOにしか見えません笑。

実はこの車、昨年、ボロちゃん(VW THING)を手放した代わりに
アメリカで発見し、手に入れてしまったというワケ。
(まあ、現時点で、自分のものにするか売っぱらっちまうか検討中ですが・・・。)

めちゃくちゃ程度が良いのが見つかり、そのままでも十分乗る事が出来る
コンディションなのですが、そこはホーリーオート。

追求しちゃうワケです。

2018-01-06-15-46-32
欠品パーツは、全てNOSかグッドコンディションのユーズドを
アメリカで探し輸入。

2018-01-06-13-18-21


2018-01-06-13-18-16
室内もほぼ完璧でしたが、フロントシートは、現在、シート屋さんで
張替え中。

その間に、アメリカで手に入れたカーペットを張り替えてしまいましょう。
って流れで、先日から作業しているという感じ。

2018-01-06-15-45-59
カーペットの張り替えって、何気に初めてだったのですが、
これ、結構、技術と手間が必要ですね。

前後左右のズレのチェック、シワが出ない様に隅々まで
バランスを見ながら場所を決めていくのです。

この写真は、ホーリーオートの基準に達し、
オッケーサインが出たところで撮影。

ホコリやらゴミが散らばってますが、最後に掃除をするので
そんなのかんけ〜ね〜。

2018-01-06-15-45-45
コレ何て言うんですかね。
サイドプレート?
それを取り付けたり、カーペットを交換するに当たって
取り外しが必要だった内装パーツを再装着して完成!

2018-01-06-15-45-36
リアシートは、ダメージゼロだったので、
このままオリジナルを残しました。

ボロちゃんの時も、日本一のコンディションを目指し
作業を進めましたが、今回のペーサーも、私、獲りに行きます!
はい、日本一、コンディションの良いペーサーを目指しますよ〜。

2018-01-06-12-51-06
可愛いっしょ〜。

UFO

昔の宇宙船

ウーパールーパー

色んなものに見えてしまう、今じゃ考えられない
デザインなのですよ〜。

実は、数日前からエンジンが掛かんなくなっちゃって・・・。

デスビ、イグニッションコイル、プラグコード、プラグ等の
点火系パーツとフューエルポンプ、それから、なんか、ガタがきてる
キャブをアメリカにオーダーしたから、それらが到着するのを待ってるところ。

早く完成するといいですね〜。




それでは、本日もポチッとお願いします!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





Revolver Maps
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
人気BLOGランキング
人気ブログランキングへ
SURFSIZE
サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中
ブログ村 サーフィン
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
ブログ村 マリンスポーツ