空冷bus

1966 VW Type-1 Bahama Blue

04291
本日、バハマブルーのシャレオツBUGがご来店。

そう。このBUG。
ちょっと前に、近所をすれ違った車ですね〜。
オーナーの方も、気付かれていた様です。

04292
1966年式のこのBUG。
ヘッドライトが斜めになっている、ビンテージな雰囲気を持つ最後の年式。
1967年もレアな存在から、高い人気がありますが、66年までのBUGは、
全体のラインが丸っこくて、上品な雰囲気がありますね。

04293
テールレンズも、70年代のビッグテイルとは大違い。
小ちゃくて、バランスが良いですよね。

まあ、これも、70年代に入り北米の高い安全基準に合わせ、
バンパーをごっつくして安全性を高めたり、
視認性を高める為にテイルランプを大きくしたり・・・。

まあ、これも時代性ですね。

04294
インパネ周りは、自分好みに、色々と弄ってますね〜。
これも、空冷VWの楽しみの一つ。

時間さえあれば、皆、チョロチョロ弄るんですね〜。

04295
バハマブルー、いい色ですね。

また、遊びに来て下さいね〜。



皆さんも、ワーゲンに乗って遊びに来てくださいね。
一緒に写真を撮りましょう!!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川



ビシッとしました

0519c
どうもしっくり来ない、この軟弱野郎なBus。
何処が気に入らないかって?
この、エレガントにまとめあげた、白いホイールがダメなんす。

何でバスをエレガントにしなきゃいけないんだ!って思ってしまうのです。

アーリーバスや、レイトでも初期のモデルは白いホイールが純正カラーだから
それは、許される話なのですが、この年式のバスはシルバーが純正。

好みの問題なのですが、どうも、違うって感じてしまうのです。
(あくまでも好みの問題ですよ。)


そんで、この軟弱野郎に気合いを入れてやる事にしました。

0519d
先ずはタイヤを外す。

0519e
ほら、何か違う感じしませんか?
この、軟弱感。

0519f
塗装の乗りを良くするため、紙ヤスリこすり上げてやります。

0519g
次にマスキングをして塗装。
今回も2液タイプのウレタン塗料。
これは、塗膜も固く強いのでオススメです。
あらゆるケミカル剤にも強いですし。

0519h
前だけシルバーに塗り替えられたところ。
上半身は、硬派に生まれ変わったけど、下半身はまだ軟弱野郎。
そんなところでしょうか・・・。

0519i
後ろのタイヤも塗り替えました。
でも、作業は真っ暗になるまで続き撮影不可能。(昨日の事。)

0520A
そして、本日。
塗装もほぼ乾き、ホイールキャップを装着!

0520B
どうですか?
ビシッとしましたね〜。
やっぱり、シルバーの方が余計にカッコつけた感じが無くて素敵ですよ。


何やら、最近、このBusばかり弄っちゃって、
66年の先輩アーリーちゃんをほっぽらかしにしちゃってない?

はい。モロに無視してます。
孤独死しちゃマズいから、エンジンだけは、常にかけてあげてますが、
正直、このBusをえこひいきしまくってます。

まあ、最初のうちはしょうがないですよね。



それでは、皆さん、ごきげんよう。



今日も元気よくポチの連打です。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


Bus専門店店長
ホーリー梶川





ワーゲン日和

0510G

0510F
'76 Westfalia。奇麗なフロアですね。
ほぼ、錆の無いクリーンな状態をキープしてます。

本日は、純正のシフトロッドが届いたので、そちらの交換と
(一昨日は、右ハンドル用で使えませんでしたからね。)

0510H
電動ウォッシャータンクの取り付け。
空冷のVWは、元々、電動でウォッシャー液が出る仕組みになっていません。
密閉されたタンクの内圧を上げ、その力を利用して水を噴出する仕組みなのです。

でも、大抵タンクはぶっ壊れていて、水なんか出やしません。

なので、こんな電動式の汎用タンクを後付けする方も少なくないのです。


0510I
完成しました!
フロアのラバーマットも新品に交換したので、見違える様に奇麗になりました。

0510J
クリーンなイメージの運転席周り。
これなら、快適なドライビングが出来ますね。



0510A
そうこうしてたら、わざわざ御前崎からお客様がご来店。

この車、67年のサンダイヤルキャンパー。
自分で塗装されたらしいですよ〜。

でも、塗ったのはペンキ。
しかも、ローラーで塗ったらしいです。(笑)

このシーンを見る限り、ワーゲン屋にしか見えませんよね。



0510E

0510C
かなりヤレた渋いボロバスでした。
オーナーのIさん。Busがお似合いのいい感じの方でした。

0510B
お前らも大変だな〜。
熱いし、うるさいし、排ガス臭いし、乗り心地悪いし。
ヘタしたら、止まっちゃうんだもんな。

でも、皆で一緒なら、それが一番だよね。


Iさん、今度は、御前崎で!



全国の空冷VWフリークの皆様、
下のVWロゴをクリックして下さい!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


2週間波乗りしてません。
何だか、体調がおかしくなってきました。
ホーリー梶川




Door Seal Rubber

0406a

0406b

古いワーゲンでも、タイプ1(ビートル)等は気密性が高く、ドアを閉めた時の音は
シュポンッ!って感じで、凄く心地の良い音がします。

ところがタイプ2(特にアーリー)のソアを締めた時の音は最悪。

ガッシャンッ!!

って、ぶっ壊れそうな音がするのです。
しかも、ドアシールは、ご覧の通りただの四角いスポンジ。
ドアとボディーの間に隙間があるところもあり、
冬なんかは、外の冷たい外気が入ってくるもんだから、
ヒーターを付けても一向に暖まらない車もある程。

だから、私は、気密性を上げる為、ホームセンターで柔らかめのスポンジ(ドアの隙間用等)
を買って来て、隙間の空いている箇所にそのスポンジを貼っていました。

でも、見た目も悪いし、今一ドアの締まりも悪いので、今回、
ドアシールラバーを新品に交換する事にしてみました。

0406d

0406e
ドアシールラバーのキットは、片側4本で構成されています。
断面もそれぞれ種類があり、取り付ける位置によって形が違うのです。

何か、期待出来ますね〜。

0406c
まずは、古いドアシールラバーを引っ剥がします。

0406f

0406g

0406h

0406i
あとは簡単。その形にあったドアシールラバーを嵌め込んでいき、余った部分をカットするだけ。

まだ、ゴムが馴染んでいないので、ドアが閉まり難い感じですが、
締めてドアとボディーの隙間をチェックすると、明らかに以前より
隙間が少なくなった感じです。

これは、オススメですよ。

この冬、とにかく、あらゆる隙間を塞いだだけで、暖房の効きが一気に良くなりましたので、
冬は寒くてバスに乗れないって方は、是非、試してみて下さい。



話は変わって、入荷の話。
恐らく、今週は、Josh Hallが10本ぐらいと、Gibbsが8本ぐらい入荷する予定ですよ!
お見逃しの無い様にブログチェック宜しくお願い致します!




こちらも宜しくお願いします!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川



VW BUG '69

0328I
面白いBUGがご来店されました。

0328H
69年式のタイプ1をエンジンからボディーに至るまで、
かなりのカスタムが施されたこの車。

フロントの色の濃い部分は、FRP製みたいです。

0328E
後ろから見たら、BAJA BUG(バハバグ)みたいですね。
鉄板を切り取ってこのスタイルにしたみたいです。
リアのバンパー等は、ワンオフ物。

0328D
こんな遊びもしちゃってます。

0328F
運転席周りも、かなり弄ってますね〜。

話によると、本日、登録に行ったばかりだそうです。
オーナーの方、これから、どう弄るかワクワクしてました。
自由に遊ぶBUGライフも楽しそうですね。


全国の空冷VWファンの皆さん。
ポチってお願いします!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川



模様替え

0324a
私のバスは、66年式のE-Z Camper。
バスのキャンパーだと、ドイツのウエストファリアが有名ですが、
このE-Z Camperは、アメリカのキャンパービルダー。
ウエストファリアに比べると、チープな印象もありますが、私は、味があって好き。

でも、キャンパーって、結局、色んな装備が場所を食って、
室内は、結構、狭いんです。

そこで、小春日和の今日は、”バスの模様替え”を、急遽、決行してしまいました。

0324b
とにかく、入り口のキャビネットが邪魔なんす。
そこを取り外すだけで、一気に室内は広くなる。

どうです?

大分、スペースが確保されたでしょ?

0324c
取り外したキャビネットは、大事に保管です。
欠品したら、車自体の価値が、一気に下がりますからね。

0324e
まずは、キャビネットの下に空いていた穴を塞ぎます。
シンクの排水溝ですね。

0324f
防水用のアルミテープ。
今回は、ブラックを選択してみました。

それにしても、フロアが奇麗でしょ?
何処を見ても、一切、サビはありません。

0324g
アルミテープは、床下からも貼ります。

0324d
続いて、キャビネットを外した事で段差が出来た部分を、
ベニヤを使い面合わせをします。

0324h
寸法を合わせ、床に貼ればこんな感じ。
既に、大分、スッキリした感じになりました。

0324i
今回は、フローリングっぽいクッションフロアで仕上げます。
水はけも良いし、砂もほうきで簡単にははける。
これ、何気にサーファー向けなんです。

0324j
色々と入り組んでるから、貼るのが難しいんすよ〜。
慎重に型を合わせながらカットしていきます。

0324k
両面テープで貼り合わせれば完了!
ちょっと、浮いてる部分もありますが、良い感じに出来上がりました。
室内が一気に広くなった感じです。

サーフボードもたくさん積める様になったし、
それこそキャンプも道具がたくさん積めてバッチリです。

機関系も調子がバッチリになったし、室内もリフレッシュしたので、
サーフトリップにでも行きたいですね〜。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川




お帰り〜

0322c
可愛い我が子が帰ってきました。
エンジン、キャブレター、ミッション、足回り。

オールチェックしてもらいました。

0322d
あちこち、色々とあったみたいです。
少し走ってみましたが、見違える程素晴らしい走りを見せてくれました。
気になっていた箇所は、全て完璧に直っています。

0322b
コイツと出会って以来、ウンともスンとも言わなかったフューエルゲージでしたが、
こちらも、ちゃんと機能してくれてます。
(満タンにしてみましたが、この子は、これが満タンだって言い張ります。)

まあ、とにかく、絶好調に生まれ変わった我が子。

この子と一緒に、サーフトリップ行きたいな〜。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


みつはしさん、有り難うございました!
ホーリー梶川




Revolver Maps
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
人気BLOGランキング
人気ブログランキングへ
SURFSIZE
サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中
ブログ村 サーフィン
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
ブログ村 マリンスポーツ