空冷ワーゲンマニア

凄いぞ、ボロちゃん!

2016-10-19-11-53-32
朝、目が覚めカーテンの隙間から漏れる光を確認し、
スマートフォンを片手に波情報を確認しながら、
本日のスケジュールをベッドの中で組み立てる。

天気が良く波がサイズダウンしてたら、
ボロちゃんの燃焼式ヒーターの復活を目指し作業。

昨晩、焼酎を飲みながら考えていた、今日こうあって欲しい
と考えていたシナリオ通りの朝を迎えた。


いつもより早くトレーンングウエアに着替えジムに向かう。

黙々と淡々と、いつも通りにメニューをこなしたら、
ボロちゃんが待つ店に一直線。

作業の途中で他の事をしたくないので、先にボードの梱包を済ませる。

ヨシッ!スタートだ!!

今日まで、インターネットで調べ尽くしてきたエベスベッヒャー BN4
の知識には、結構、自信がある。

でも、この手の電装系は、ドツボに嵌るとトコトン嵌るって事を知ってる私は、
とにかく、すべてのチェック事項を順番に、そして確実に進めていこうと、
まずは、燃料系のチェックから開始。

という事は、燃料タンクから外さなければ。

2016-10-19-13-13-50
ボタボタ、ガソリンをこぼしてしまったが、
問題なく取り外し完了!!

2016-10-19-14-08-27
早速、ヒーター用の燃料ポンプが生きてるか、
まずはそこからチェック。

2016-10-19-13-17-55
バッテリーに直結して、ポンプがカチカチ作動するか?
おっ!!生きてるね〜。
見た目は、泥だらけのボロポンプだったが、しっかりしてる感じ。

でも、ここでも、見てくれの良い予備のポンプに交換。

2016-10-19-13-32-25
上のが中古だけど見てくれの良い、一応、通電テストしたポンプで、
下が、元々付いてた泥まみれポンプ。

2016-10-19-14-08-27
ポンプ装着完了!!

2016-10-19-14-08-35
こうやっとけば、もう、ポンプを疑う必要はない。

2016-10-19-15-39-20

2016-10-19-15-00-07
ポンプが終わったら、タンクを元に戻し、
ガソリンホースの交換。

結構、カチンコチンになってるから、ここは、交換しておかないと
トラブルの原因になり兼ねません。

こうやって、新しい消耗品が入るだけで、しっかりとメンテナンスされた感が見えて、
一気にリフレッシュされた感じになるもの。

2016-10-19-15-16-13
続いて、ヒーターのマフラーの装着。
本体を固定するには、マフラーから進めないと
この接合部分(クランプ)がしっかりと閉まらないのです。

続いて配線関係を全て結束させ、一応、形になったところで試運転。


スイッチオン!!

フワ〜ン。

先ずは、ファンが元気良く回り出した。

ヨシヨシ。

耳をポンプに近づけると、ちゃんとカチカチ言ってるな〜。

なんか、いい感じかも・・・。

すると、数秒後、ブウォッフ!!って、ガソリンに火がついた様な音がっ!!

そう、燃焼を開始したのだ〜!!

私は、思わず、ヒャッホゥ〜!!って、大声をあげてしまいましたよ。

まさか、ポンプ交換して、フューエルラインを交換。
あと、配線を繋いだだけで、簡単に復活する訳ないと
予想してましたからね〜。

2016-10-19-15-26-46
この、ダッシュ下のエアダクトから、温風が勢い良く出てくるよ〜。

しかも、手をそこに置いとけないほどアッツアツ。

イヤ〜、本当に嬉しかったな〜。

2016-10-19-15-39-28
みんなに聞かせてあげたいな〜。

この、ヒューンっていう、エベスベッヒャーの音を。

多分、この風量と暖かさだと、真冬もTシャツ一枚で楽勝っぽいですね。
しかも、速攻で暖かいのが出てくるから、エンジンが温まる前には
室内はポッカポカ。

ヤバいな〜、ボロちゃ〜ん。

2016-10-19-15-43-04
最後にココマットを敷いてあげたら完成!!

私の予想では、あと、最低で数日。

最悪では、最新式のファンヒーターを買って、
同じ場所にうまい事付けるしかないなって考えてましたからね〜。

早く寒くなんないかな〜。

波チェックして、冷え切った体をボロちゃんで温める・・・。

ヤバいな〜、ボロちゃ〜ん。

2016-10-19-16-34-30
奥のノッポさんが、羨ましそうにこっち見てますね〜。

お前は、先週、オーニング付けてやったろ〜。

もう一個、予備で持ってるBN4をオイラにも付けてよ〜。

そんな風に見えますね。


今日は、そんなミラクルな1日でした。

ボロちゃん、バンザ〜イ!!



本日のオマケ
2016-10-19-12-46-39
元々、オマケの様な本日のブログですが、
もうひとつオマケを。

本日、N.S.O.氏ご来店。

そして、カリフォルニア帰りのF氏も同じタイミングでご来店。

F氏が気を利かせてくれて、私にお土産をくれたのです。

60年代のお洒落なコースターだったから、写真を撮って
皆さんにご紹介しようと撮影場所を探していたら・・・。

おお、いい所にN.S.O.氏が座ってんじゃないのよ。

てな感じで、N.S.O.氏の頭をコースターの台座とさせていただき
撮影させていただいたのでした。

このコースター、雰囲気抜群です。
Fさん、ありがとうございます!!

N.S.O.さん、撮影協力有難うございました〜。



本日も100%PCポチを
お願いいたします!!
N.S.O氏が報われませんので。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ボロちゃん、無敵だな。
ホーリー梶川




ご安心ください

image
今日は、早朝ドライブ。

はい。車が趣味のオッサンに成り切ってみました。

だって、2月にボロちゃんと出会って、
やっと、ナンバーが取れたんすから。

まあまあ、何が起きるか予測がつかないんで、
取り敢えず、近所をトコトコ走るだけ。

気持ちよかったよ〜。

オープンにして走ると、パタパタ〜って、
フラット4サウンドがよく聞こえて最高!

はやく、ボロちゃんと一緒に波乗り行きたいな〜。




ここからが本編。

ご安心ください。仕事、ちゃんとやっておりますので。
撮影は、無事終了。これから、画像編集に入りホームページへの掲載に向け、
作業を進めてまいります。

皆様、ホームページにアップされるまで、今しばらくお待ちください。




ポチが少ないと、ボロちゃん弄って、今日はアップせんぞ〜!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川






ボロちゃんこんにちは。

2016-06-17-17-06-31

キーターッ!!


店の屋上から、ボロちゃんが店に到着する時間を見計らってカメラを向けてました〜。
こちら、数百メートル離れたボロちゃん!!

パンプキンオレンジが、目立ってましたよ〜。

2016-06-17-17-06-39
頑張って走ってるね〜、ボロちゃん。

2016-06-17-17-06-40
しかも、元気そうな音してるよ〜、ボロちゃん。

いやいや、無理言って、予備検を取ったところで店に置いてもらう事にしたんです。

だって、弄りたくて、弄りたくて・・・。

2016-06-17-17-46-07

2016-06-17-17-46-24

2016-06-17-17-46-34

到着、到着ぅ〜。

2月にボロちゃんを発見してから、彼此、5ヶ月という長い時を経て、
ようやく、私の手元に到着です!!

もう、弄りたくて、弄りたくて。

2016-06-17-19-12-35
ボロちゃん、のっぽさんとお似合いだね〜。

あれ!?

ちょっと、雰囲気が変わったんじゃ!?

2016-06-17-19-36-40
よく、お分かりで〜!!

ボロちゃんは、夏に向けFRPのシェルから、キャンバストップ
(実際は、ナイロントップ)に衣替え。

ボロちゃん、似合ってるぞ〜!!

2016-06-17-19-37-21
のっぽさんが、ちょっぴり、寂しそうな顔をしておりますが、
そこは、ダマらっしゃい!!弟なんだから、アンタも、面倒見るんだよ!!

明日から、ボロちゃんプロジェクト開始でございます。



ボロちゃんに、こんにちは。
のポチをお願いいたします!


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川




ボロちゃん

06056
本日、ニューオールドの平井さんから写真が送られてきました。

ボロちゃんは、ほぼ、作業が完了したとの事です。

はい、普通の方が見たら、相変わらずのボロにしか見えないでしょう。

はい、私からしたら、そっちの方がいいんです。

ボロちゃんは、ボロいところをなるだけ弄らずに、ピンポイントで補修していただきました。
ですので、ボロいまま完成というわけです。

車は、そこらじゅうに傷や凹みだらけ・・・。

嬉しいですね〜。最高ですね〜。

40年以上かけ、時間とともに出来上がった、リアルなエイジングは、
どうやっても、再現できるものではありませんからね。

06054
フロアの室内側だけは、黒く塗ってもらいました。
リアシートの下にバッテリーが設置されているのですが、
その辺りに穴もあったりしてましたので、修復後、今後、錆が蔓延しない様、
しっかりと、処理をしていただきましたよ。

ボロちゃんは、カリフォルニア育ちの抜群にコンディションの良いオリジナルカー。
はい、何にも手を入れず、40年の歳月を考えたら、
こんな状態でキープできた事自体がすごい話。

見方によっては、というか、好きな人からしたら、
実は、エクセレントコンディションなんですよ!

ははっ。まあ、どう説明しても分かっていただけないでしょうね。


ボロちゃんは、明日から、ウチの子になる為、身体検査を受けに
検査場に行き、その後、来週あたりにナンバーが着く予定。

ま〜、やる事だらけですよ。

走るのはバッチリだと思いますが、シートの張替えから始まって、
ハードトップの補修&塗り直し、各消耗パーツの交換等、
山済みですね〜。

新しい車が手元に来ると、店の売り上げダウンに陥った事も
過去に何度かありましたので、その点、十分注意しながら
弄り倒してやろうと思っとります。


夏になったら、オープンにして、助手席にボードを置き、
TUBEのシーズン イン ザ サンを大音量で
流しながら海岸線沿いをクルーズ・・・・。


ボロちゃんと、ど変態行為やってみたいな〜。



TUBEが完全に頭から外れてた方、
思い出せたお礼にポチをください。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川




僕のパティナ

thing1
本日、ロサンゼルルに到着した、私のVW THING。

日本だと、スイングとかスウィングって呼ばれてる車。

この車、色々と調べると、昨年末までは、ずっとカリフォルニア
に居たみたいなのですが、ペンシルバニアのオッチャンが購入し、
西から東に大移動したばかりだったのですが、再び、西に戻ってきたのです。

何を買ったんだ?

って、皆さん、気になってたんじゃないですか?

そうなんです。今度は、この、おかしな車に手を出したんですよ〜。

thing13
この車は、100%オリジナルペインント。
今回、全米どころか、メキシコ、そして、ヨーロッパにまで触手を伸ばし、
探しに探しまくり、悩みに悩みまくって、ようやく、決めた車がこの子。
(候補に上がった中で、一番のボロく見える子を選びました!)

thing2
73年式だから、ノッポさんの一つ先輩。
アメリカでは、73、74年の2年間しか販売しなかった車なので、
球数もメチャクチャ少ない空冷ワーゲンなのです。
北米では、25,000台程しか販売されていませんので、
現存している車は、相当限られてくるのでしょうね。

そんなんだから、ボディーカラーも選んでる場合じゃありませんでした。
オレンジ?大好きですよ。でも、ノッポさんと被っちゃうので、
出来るだけ避けるようにはしていたのですが・・・。

まあ、いいかって感じ。

thing9
この車の最大の魅力は、オープンになること。
元々、ワーゲンが、ドイツ軍から軍用の車をオーダーされて開発した車なんです。
だから、いっちょまいにジープっ面してるんですね。

thing11
ウインドシールドを倒すことだって可能なんです。
よくいるでしょ?軍服着て、ウイリスとかに乗ってる、
コマンドーオヤジ。ああいう風に見られないように注意しないとね〜。
だったら、袖をカットオフしたジージャン。それから、
頭に赤いバンダナ巻いて、体にサンオイル塗ったくって、
ランボー気取りした方が、全然カッコいいよね〜。
(ウソ、もっとキモいね。)

thing7
この車の決め手は、何と言っても、ゴマかし無しのフルオリジナルってところ。
フロアパンも当時のまま。
シャーシブラックで、実際、下回りがどうなってたか分からないって事も無し!

100%ピュアでスーパードライなところが、決め手となったのです。

thing3

thing4

thing5
この、擦れたり、日差しでフェードしていったパティナ感が堪らんのですよ。
(オリジナルペイントがヤレて、カッサカサになった状態。)

パティナは、自然が織りなす芸術品。ははは〜。
どんなに腕の良い職人だって、絶対にこれを再現することはできません。
(する必要ないってか・・・?)

大抵の方は、これをボロと見ますが、本当は、塗られた車にボロが多いのです。
塗られたってことは、塗らなきゃいけない理由があったって証拠。
(まあ、その基準は、オーナーそれぞれなので、まだまだ全然綺麗なのに、
オールペンしちゃう、勿体無い車も多いのですが。)

とにかく、塗った後じゃ、その理由がわからない。
そして、どうやっても元には戻れない・・・。

だから、塗った車を買うのは、バクチなんですね〜。
あとあと見たら、大事故車をパテ盛りし、はっつけ合わして作り上げた車だったり、
ヤードに転がってる腐った車をタダ同然で手に入れ、同じく、コッテコテにパテを
モリモリし、ペイントされた車だったり。

怖いんですよ。本当に。

でも、素人は、ビッカビカでコンディション抜群じゃんか!!
って、手を出しちゃうんですよね。(はい。私も素人でっす。)

私も最初は、選ぶほどタマがないTHINGですので、
オールペンした車でもいいっか?って、何度も飛び付きそうになりましたね・・・。

ビンビンにレストアされてて、抜群に綺麗なんだけど、写真を見まくってたら、
大体、オチがあるんですよ。色替え車で、元色がチラッと見えたりね・・・。
あと、ボディーはパーフェクトなパティナで、最高じゃんかよ〜!
って、興奮しまくってたのですが、下回りの写真を送ってもらったら、
グッサグサだったり・・・。
売る側は、最初っから、そんなの見せてくれないですからね。

あっぶね〜って、そんなのばかりでした。
そんなの買っちゃったら、最悪ですからね。


一ヶ月以上探し捲り、お陰で私は、睡眠不足になりましたよ。


thing10
thing8

thing12

THING13
でもね、この車。
今まで、な〜んにも手を入れていない分、ボロッボロなところも・・・・

最初、この写真を見た時、腰が抜けるかと思いました。
想像してたより、遥かにボロかったんで(笑)

そして、THINGの内装、外装パーツは、ほぼ、日本では流通してないから、
この子と一緒に日本に届くよう、莫大なパーツを全米からかき集めました。
(機関系は、ほぼ、バグを中心とする車の流用だから全く問題なし。)

ここだけの話、パーツ代は車両代以上!?ははっ。
(カミさんにバレたら、半殺し確定!)

シートや内装は、気に入らないところは全て交換し、
コンパウンドで磨きに磨く。
外装も、ゴム類は全て交換し、これまた、磨き上げ。
欠品パーツなんかは、N.O.S.かグッドコンディションのユーズドを手に入れました。

あと、トップのキャンバスも悪くないけど、
レアなハードトップが見つかったから、それを乗っけてこようかと。
FRPで出来た、ハードトップは、日本の気候にバッチリですしね。

THING14
そう、73年式のTHINGは、当時のガスヒーターがついてるんです。
これも、壊れたら凍え死ぬだろうって、同じヒーターを見つけ、
これも、手に入れちゃいましたよ。

そうっすね。
この車をフルレストアする際に交換したい全てのパーツを
買い漁ったって感じですかね。
(だから、オールペンしちゃえば、超極上車っすよ〜。絶対しないけど。)


まあまあ、このオンボロ君が、何処まで見違えるのか、
皆さん、楽しみにしててください。

ヤレたボロに見えるけど、しっかりと愛情の注がれた、
味わいのある、スーパーオルジナルに仕上げてやりますから。(多分。)


ところで、今、このTHINGがアメリカで大高騰してんすよ。
そんなの知らずに買いましたが・・・。

ノッポさんクラスの超極上オリジナルは30,000ドルですよ!
40,000ドルってのもありますからね。
激ボロからほどほどに仕上げた車でも20,000ドル。

ってことは、レイトバスより全然高くなってるって事。
同じ年式のバグの数倍以上もする車が高値で取引されてますね。

車選んでる時、私は、そんなスゴイのは、
とにかく、見ないように避けてましたけど(笑)



うまくいったら、来月、カリフォルニアに行った際に
この子に会えるかもしれませんね。

あまりのボロさに、この子はウチの子じゃない!
って、放ったらかしにしちゃったりして・・・。



それでは、皆さん、本日は、私の病気のご紹介でした〜。



これから、どうなっていくんだか、
みんなで、ワクワクしよ〜ね〜。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



その前に、カミさんにこのブログ見られて、
今すぐ手放せって言わるる可能性も無いとは言えない・・・。
ホーリー梶川



復活

02193

しばらく、欠品が続いているブキットのボードバッグですが、
本日、倉庫整理をしていたら、カラーサンプルとしてキープしていたものを発見。
と申しますか、キープしていた事を完全に忘れていました。

各サイズ一個ずつ発見し、確か4サイズは欠品していたので、
もし、ご希望の方がいらっしゃいましたら、
この機会にゲットし上げちゃってください。

ブキットは、毎回、カラーを変更し別注をかけているのですが、
今回ご紹介するカラーコンビネーションは、大変人気で
早々に無くなったものもございます。

とにかく、一個ずつしかございませんので、
気になる方は、速攻ですよ〜。



CHECK!!




本日は、朝の8時から本格的な倉庫整理。
この店に引っ越してきて早5年。

知らぬ間に余計なものでいっぱいになっていましたね。
4トントラックが満載になる程の廃品が出ましたから。

日々、余計なものは思い切って捨てる癖をつけないといけませんね。


とにかく今は、綺麗になって気分サッパリです。




新しいVW、ようやく、アメリカで見つけました!
毎日、ネットで探しまくり、そして、向こうの方との
やりとりの連続で寝不足全開です。

今日から、ようやく、ゆっくりと落ち着いて寝ることができそうです。
楽しみですね〜。

何でしょうね〜。気になるでしょ〜。

近々、ご紹介しますから、楽しみにしててください。

ポチが少なかったら、隠し通しますよ〜。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川




天板作り

IMG_3031
本日は、BUSのセンターテーブル作り。
元々付いてるオリジナルのものは、どうも、サイズがしっくり来ないんです。
ならば、自分好みのサイズで作ってしまいましょうという事で、
本日は、ホームセンターに行き使用する合板を購入して参りました。

IMG_3039
まずは、丸鋸で好みの大きさにカット。

IMG_3044
これ、豆知識。
丸鋸を使った事がある方もいらっしゃるかと思いますが、
素人だと、どうも、真っ直ぐに切れませんよね。
そこで、真っ直ぐな木をこのように当てて、定規の要領で丸鋸を滑らせていくのです。
この木の棒は、カットする板にビスで打ち付けちゃって下さいね。

IMG_3042

IMG_3043
こんな感じで、歯がちょうど切りたいところに来る様に木の棒を固定するんですよ。

あとは簡単、定規役の木に沿って丸鋸を滑らせれば、超ストレートカットが実現!

IMG_3045
100%ストレートカットの真四角です。

IMG_3046
続いて、このカップのカーブが丁度良いので、これを使いテーブルの形を完成させます。

IMG_3047
ちょうどいい感じですね。

IMG_3050
使用するのは、ジグソー。

IMG_3051

IMG_3054
奇麗にカット出来ました。

IMG_3055
最後は、手で整形したら、アウトラインは完成!!

IMG_3058
続いて、トリマーという工具で板の小口に溝を入れます。

IMG_3059
これは、小口にT型のモールを埋め込む為です。
よく、テーブルの恥じっこが塩ビのモールに囲まれてるのがありますよね。
あれを取り付ける為の溝なんです。

IMG_3061
いい感じです。
この次は、モールの取り付けと天板のトップに木目シートを貼る作業が残っていますが、
まだ、手元にそれらが無いので、作業の続きは後日という事で。

まあまあ、仕上がりを楽しみにしといて下さいね。
今回も完璧仕上げをお見せしますので!!


それでは、皆さん、ごきげんよう!


ゴールデンウイーク、最後まで思いっきり楽しんで下さいね〜。



こちらもお忘れずに‼︎
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





Online Store
HOLYBLOGLOGO2
livedoor プロフィール
BLOG内検索
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
Revolver Maps
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
人気BLOGランキング
人気ブログランキングへ
SURFSIZE
サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中
ブログ村 サーフィン
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
ブログ村 マリンスポーツ