空冷バス

蚊帳

2016-08-25-14-52-06
今日は、蚊帳の取り付け。

こちら、リアゲートを跳ね上げた時に取り付ける蚊帳。
そう、モスキートネットです。

当時のウエストファリアキャンパーの装備となるのですが、
ノッポさんは、アドベンチャーキャンパーと呼ばれる、
別会社が作ったキャンピング仕様のレイトバス。
なので、当時のオプションとしては存在しなかったのですが、
当然、規格は全く同じなので取り付けは可能!

長く空冷VWのキャンパーに乗っていると、このくらいのパーツは、
ストックしてんですね〜。はい、持ってましたわ〜(笑)

2016-08-25-14-52-21

2016-08-25-14-52-25
この蚊帳は、ホックで取り付けする仕組みになっています。

2016-08-25-17-51-12

2016-08-25-16-12-15
ちょっと勇気はいりますが、慎重に位置を確認しながら
メス側のホックを取り付ける為、ドリルで穴あけをしビスでホックを留めていきます。

まあ、簡単な単純作業ですね。

2016-08-25-17-54-01
あとは、ホックを留めるだけ。

これで、サーフィン後の一休みなんか、
風の抜ける最高の快適空間で休めるってわけですね。

久々にノッポさん弄ってあげたら、
ノッポさん、嬉しそうでしたね〜。




にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川



その日がやってきた。

2015-12-22-13-41-44
すみません。本日も、ノッポさんネタになってしまいました。

まあまあ、そう言わずに読んでください。
色々とミラクルがあったんですから。


今日は天気も良く、ノッポさん弄りにはもってこい。
ならば、やってしまおうと、ノッポさんプロジェクト至上、
最大の難関であるフロントガラスの交換にチャレンジしてみました。

とにかく、41年前のガラスですからね〜。
細かい傷や長い年月に浴びた紫外線により、新品のガラスに比べ
強度が極端に落ち、シールラバー交換中に割れてしまうリスクが
高い(というか高すぎる)、危なっかしい作業なのです。
割れたら、リプロダクトされている新品のガラスに換えればいいって話ですが、
そうもいきません。とにかく、純正に拘りたいですからね。

多くの場合、交換せずに見ない振りをする事が多いフロントガラス。
でも、やるなら早くやっとかないと、錆の心配も出てくるのです。

元々、レイロバスのウィークポイントでもあるフロントガラスの下。
ここは、水が溜まりやすく錆で腐っちゃってる事が殆ど。
表っ面は綺麗でも、中は錆でグッサグサて事も珍しくありません。

2015-12-22-13-41-56
ゴムがこんなですからね〜、中身を見るのが怖いですよ。

でも、やらんと大事なボディーが腐る。
でもでも、失敗は絶対に許され無〜い・・・・。

悩みに悩んで、今まで見無い振りをし続けてきましたが、
決心出来た今日こそ行動の日。
もう、後ろを見ずに前に進むだけです。

2015-12-22-13-43-31
始まりました。カッターで、内側のシールラバーをカットし、
ガラスを外す準備に取り掛かります。

2015-12-22-13-49-26
パッカーン!!
ベイウインドウサファリ。

外れましたよ〜、外れました。

2015-12-22-13-50-21
おくのも慎重に。
割れる割るって、相当、脅かされてきましたから。

2015-12-22-13-51-43
はいはい、いい感じに錆びてますね〜。
でも、想定内。というか、想定していたほど酷く無い様です。

2015-12-22-14-15-41
まずは、錆を全部取って、

2015-12-22-14-17-58
こいつの登場です。
ここから、また何十年も頑張ってくんないといけませんから。
手を抜かず、徹底的に作業を進めます。

この後、例のタッチペンで同色ペイント。
写真撮るの忘れちゃったけど、見違える様な美しい窓枠に変身してくれました。

2015-12-22-14-20-11
41年お疲れ様のシールラバーと、これから宜しくシールラバー。

2015-12-22-14-22-08
ボードラックが役に立ちます。
てか、コレが無いと作業になりませんね。

2015-12-22-14-35-41
まずは、シールラバーを装着し、

2015-12-22-15-33-47
続いて、アルミモールの装着。
フロントガラスは、少し、時間が掛かりました。
モールを装着する時、カーブが難しいんです。

2015-12-22-15-32-53
最高のタイミング。
はい、最高でございます!

実は、左のB府さんは、今日、来るって分かってたのもあって
始めたこの作業。
でも、私とB府さんの二人だと少し心配だったんです。

そんな時に、いいタイミングで現れたN.S.O.。
(わかんない方は、ブログ内検索のN.S.O.で検索してみてください。
思いっきり笑えるネタ満載ですから。)
最大の難関を突破するのに、最高のメンバーが揃いました!|

私は、車内から紐で引っ張る係。
そんで、お二人は、外からグイグイ押してもらう係。

声を掛け合いながら、慎重に嵌込み開始!!

B府さんの押しのパワーが凄すぎて、
途中、B府さんにガラスをバリバリに割られちゃうんじゃないかって、
ハラハラしながら紐を引く・・・。

2015-12-22-15-50-49
やった〜!!出来ましたよ!!
ガラス、割れずに嵌りましたよ〜!!

二人の手垢が、その過酷だった作業を物語ってますね〜。

2015-12-22-15-50-58
ジャジャ〜ン!!

完璧です!!

ノッポさんと出会ってから、ずっと、ず〜っと頭から離れなかった、
フロントガラス交換と、そのリスク。

それが、今日、完璧にクリアとなったのです!!

2015-12-22-15-51-02
作業直後のお二人。
N.S.O.の目の部分が、ワイパーで隠れてますが、
口元の表情を見たら、成功した事への達成感が伝わってきますよね。
(イエーイみたいな。)

2015-12-22-15-52-10
それでは、お疲れ様ショット。

2015-12-22-16-07-18
お礼に、先日のヤングマン同様、ソックスをお礼にプレゼント。
お二人には、AHOPE HEMPのソックスをお気持ちとして差し上げました。

いや〜、それにしても、ガラスが割れる事なく無事終わり、
良かった良かった。

お二人様、今日は、本当に有難うございました〜。

image




今日もワーゲンネタだけど、いいネタだったでしょ?
ポチって、お願いしますね。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川




ノッポさんは今

2015-12-14-16-52-30
やっと、ノッポさんは、安定期に入ってくれた様ですね。
エンジンも一発始動ですこぶる好調。

何だか、燃費も良いみたいで、平均で8km/Lぐらいは走ってくれます。

最近、あまり、ノッポさん情報をアップしていませんでしたので、
軽〜くではありますが、ここんところでやった事を
ご紹介させていただきま〜す。

2015-12-14-16-52-47
まずは、タイヤの交換。
アメリカから届いた時に着いていたのは、COSTCOのオリジナルブランド、
KIRKLANDのヘボタイヤ。
山はしっかり残っていましたが、トレッドパターンもダサいし、
早く変えたいと思っていました。

何でも揃うホーリースモークでは、このホワイトリボンタイヤの新品も
ストックしておりました。(信じられませんね。)

昨年、当時、乗っていたウエスティーにつける予定でしたが、
嫁いでいっちゃったので、そのままになってたんですね。
そんで、ようやく、出番が来たというわけです。

サイズは、195/80 R14。

外径が668mmなので、一般的にレイトバスで選ぶ185/80 R14と比べると、
18mmほど大きくなるのですが、私だけなのでしょうか?
185だと、妙に小さく見えるんですよね。ホワイトリボンだと、
余計に小さく見えて、何だか、バランスがイマイチな様な・・・。

195だと、タイヤハウスとのクリアランスのバランスも良く、
私は、見た目的にも大好き。

そんで、外径が大きい分、高速では回転が下がるので、
燃費も伸びる筈。
下道で、ブンブン踏んじゃうと、逆に燃費は下がりますけどね。

まあ、新しいホワイトリボンで、見た目は、かなり良くなりました。

2015-12-14-17-07-47
昨日は、こないだやった小窓の防水処理を、
反対側もやっときました。
一旦、窓を外し、コーキングをどっぷり流し込み、
そして、また、窓をはめ込む。

もうこれで、雨漏りの心配もないでしょう。

2015-12-14-17-08-28
それからこちら。
ルーフベントです。
これって、中にハンドルが付いてて、回すと上に開いて換気ができる、
エアコン無しのバスには嬉しい装備なのですが、
以前ついてたこの蓋の部分が、紫外線にやられボロッボロになってたんです。

だから、アッセンブリーで探して交換しようと思ってたら、
ナント、当時もののこの蓋の部分だけがパーツで売ってたんです。
しかも、アウトレットプライスの2,000円で!
いつか、どっかにぶつかって割っちゃうことも考え、
2個買いしちゃいました。

そう目立つ場所じゃないですけど、中から天井を見ると、
くすみが無くなって気分が良いですね。

2015-12-14-17-07-34
そしてこちら。
ワイパーアームの塗り直しです。
まあ、然程、気になる事でも無かったのですが、
他に塗る必要のあったつや消しブラックが余ったので、
ついでに塗ってやりました。

これも、綺麗になると引き締まっていい感じ。

その他、細かい事は書ききれない程、色々と弄り倒している
ノッポさんですが、まだまだですよ。やりたい事は尽きませんね。

今のところ、一番きになるのは、ウエザーストリップの交換。
大分痛んでて、場所によっては、完全にゴムが割れちゃってる所がありますので、
早く直してやんないと、中の鉄板が逝っちゃいますからね。
いや、もう、逝っちゃってる感じの所もアリですけど・・・。

早いうち、天気の良い日に作業しないといけません。

image
そんなこんなで、私とノッポさんは、最高に幸せなVANLIFEを
過ごしているのでした〜。



全国の空冷VWフリークの皆さん、
ポチッとお願いしますね〜。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



スタッフ募集、数名の応募が来ました。
あなたも、躊躇せず、応募してみては?
ホーリー梶川

1966 VW Type-1 Bahama Blue

04291
本日、バハマブルーのシャレオツBUGがご来店。

そう。このBUG。
ちょっと前に、近所をすれ違った車ですね〜。
オーナーの方も、気付かれていた様です。

04292
1966年式のこのBUG。
ヘッドライトが斜めになっている、ビンテージな雰囲気を持つ最後の年式。
1967年もレアな存在から、高い人気がありますが、66年までのBUGは、
全体のラインが丸っこくて、上品な雰囲気がありますね。

04293
テールレンズも、70年代のビッグテイルとは大違い。
小ちゃくて、バランスが良いですよね。

まあ、これも、70年代に入り北米の高い安全基準に合わせ、
バンパーをごっつくして安全性を高めたり、
視認性を高める為にテイルランプを大きくしたり・・・。

まあ、これも時代性ですね。

04294
インパネ周りは、自分好みに、色々と弄ってますね〜。
これも、空冷VWの楽しみの一つ。

時間さえあれば、皆、チョロチョロ弄るんですね〜。

04295
バハマブルー、いい色ですね。

また、遊びに来て下さいね〜。



皆さんも、ワーゲンに乗って遊びに来てくださいね。
一緒に写真を撮りましょう!!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川



シート貼り替え

03221
今日の様な小春日和は、
アウトドアでの作業が一番健康的。

てな訳で、BUGちゃんのシート貼り替え作業を進めてみました。

03222
今回で、5回目となるシートの貼り替え。
全て違う種類のシートとは言え、もう慣れたものです。

でも、予想以上に時間がかかり、私の腰はボロボロ。

03223
暗くなるまで作業を続けましたが、フロントしかできませんでした。

明日、リアシートを完成させたら、作業の様子をブログにしたいと思います。


シートの貼り替えには、かなりのパワーを要します。
そして、腰が死にます。


それでは、明日にご期待下さい。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川





今日は何の日?バス弄りの日〜!

1123a

1123b

1123c

本日は、天気もよく最高のBUS弄り日和。
前から気になっていた、運転席周りのゴム類の劣化。
見たところ、全て新車時から交換された気配がありません。
逆によく持ったな。ってところですが、流石にひび割れや欠け等があったので、
交換してやる事にしたのです。

1123d
まずは、ドアパネルから取り外し作業開始です。

1123e

1123g
そして、全ての古いゴム類を外していきます。

1123f
アルミのトリムフレームがボディーに干渉し、
その部分を中心に若干の錆がありましたので、
亜麻仁油を塗込みます。

これで、錆が広がる事はありません。

1123h

1123i
続いて、三角窓も取り外します。
これで、ようやく取り付け作業に入る事が出来ます。

1123j
一番緊張するトリムフレームの装着。
アルミですので、曲がってしまうと、もう元には戻ってくれません。
このパーツを買った、某有名パーツ屋の担当の方は、
難しいよ〜。素人には無理じゃないかな〜。
て言っておられましたわ。

1123N

1123k

1123O
ジャジャ〜ン!!
パーフェクトに装着出来ちゃったよ〜。
出来るじゃん。素人でも。

このあと、インナースクレイパー、フェルトチャンネルを装着。

1123l
最後にリペッターで三角窓を装着すれば完成!!


1123m
非常に良く出来ました。
ただ、予想以上に時間が掛かった為、助手席側は明日に持ち込みです。

このあと、ドアシールラバーを全て交換し、ゴム類はオール"NEW"にしてやりましょう。

恐らく、来週辺りには、アメリカからダッシュパッドが届きますので、
次は、そちらの交換といきましょう。

まだまだ、道のりは長い・・・。

そうだ。FFヒーターもそろそろ欲しいところだな〜。



はい。本日の超マニアックなBUSブログ。
興味のない方は、途中で眠くなった事でしょうね。


でも、ひとまずポチっちゃいましょう!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川






さようなら。そして、こんにちは。

1022bus
今までお世話になったHOLY号が、今日でサヨウナラ。
色んな思い出を作ってくれた、最高のBUSでした。

こんなコンディションの良いBUSは、二度と出会えないかもって、
手放す前は相当悩みました。

でも、この子を大事にしてくれる、次の良いオーナーが見つかったという事もあり、
意思が固まりバトンタッチする事に。

本当に今まで有り難う!!

新しいオーナーさんのところで、思いっきり可愛がってもらうんだぞ〜。









そんでそんで。

これが、私の次の車。

102214
78年のウエストファリア。
2リッターのインジェクションでエアコン付きのオートマちゃんで〜す。
まあ、ズバリ、硬派な空冷VW乗りからしたら、腰抜け軟弱野郎って訳ですよ。

いいんす。これから私。腰抜け軟弱野郎で生きていきますから。


はい。それでこの写真は、先日、カリフォルニアのロングビーチでの出航前。
そして、太平洋を航海し、明日、横浜に到着する予定。

楽しみですね〜。

現物を見ずに手に入れた訳ですから、正直、ちょっと不安ですけど、
結局、今回バイバイするBUSだって、アメリカで手に入れた車ですからね。

まあ、しばらくの間、ああじゃね〜こうじゃね〜って、イジり倒す事になるのでしょう。

そうだな〜。次のBUSは、天井がポップアップして上で寝れるから、
ちょくちょくサーフトリップに行きたいですね〜。

そんで、テーブルなんか外に出しちゃったりして、ランタンの光の下で
チビチビお酒を呑んでる自分を想像しちゃったりして・・・。

んで、呑んでたら、暴走族に絡まれてオヤジ狩りにあっちゃったりして。

いやいや、それはダメ。

ん〜。楽しみ〜。



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川






1969 TYPE-2 WESTFALIA & 1972 ALFA ROMEO GIULIA SUPER

9142


9143


9141


本日ご来店のお客様。

と言うか、店の前を走っててギアが入り難くなったから、
店の駐車場でクラッチワイヤーの調整をしてもいい?ってな話。

どうぞ!どうぞ〜!

9143
キャンプに向かう途中のアクシデントだそうですが、
オーナーさんは、慣れたもんで下に潜って調整されていましたよ。

9141
空冷ワーゲン乗りのオーナーさんは、皆さん、アクシデントに慣れてますね。

これからの長距離ドライブ。
お気を付けて〜!!

このレイトバス、近々、2,000ccオーバーのエンジンを積むそうですよ。
相当、速くなるんでしょうね。



9146
続いて、アルファロメオ/ジュリアスーパーがやってきました。

9144
カッチョいいですね〜。
イタ車らしく、思いっきり錆びまくっていましたが、
それがまた、渋くて最高!

9147
昔、これ、欲しかったんですよね〜。
お客さんが帰られて、ちょっと気になったから相場を調べてみたら、
結構、高いみたいですね〜。

それにしても、この、洗練されていないかの様な、
ちょっと、ブサイクなところがたまらなくカッコいい。

9145
リアビューも抜群ですよ。

アロハキャリアでもつけて、ボードを上に積んで海に行ったらお洒落ですね〜。

本日ご来店された、ちょっと変わったお車のご紹介でした。



連休中もポチをお忘れの無い様にお願いします!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川




1978 Type-2 Riviera Camper

78riviera9
本日は、Riviera Camperがやってきました。

78riviera2
ヤレ具合がたまらないこの車。
雰囲気抜群でした。

78riviera3
Rivieraは、屋根全体が垂直にポップアップするタイプ。
ウエストファリアより、FRPの部分が少し大きいですね。

78riviera4
後ろ姿もいい雰囲気ですね〜。
個人的には、クロームバンパーが当時っぽくて好きです。

78riviera6
腐って穴が開いてるところを、こうやって補修してるところなんか、
シャレオツでいいじゃないですか。

78riviera5
エンジンは、ビシッと整備された、タイプ1エンジン。
1,835cc(かな?)ちょっと、パワフルなエンジンが載っかってって、
いい音してました。

78riviera7
室内は、モロにキャンパー。
実際にキャンプがお好きな方で、
この車でガンガンキャンプに出かけてるとの事でした。

78riviera8
あらら、クーラーが付いてていいですね。

圧倒的に見る事の少ない、Riviera Camperですが、
室内の雰囲気はWestfariaより落ち着いてていい感じ。

そして、このボロさが雰囲気満点のバスでした。



78riviera10
そして何より、一番凄いのは、
こちらのオーナーは、女性ですよ!

バタバタバタバタッ〜!!!

こんなの乗って、お子さんのお迎えなんか行っちゃったもんなら、
周りの奥様方は、思いっきりビビり上がるでしょうね〜。

そのスタイル、思いっきり貫いてやって下さいね。

明日からのキャンプ、お気を付けて!



キャンパーフリークの皆さん!
是非、ポチって下さいね!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川






1966 VW TYPE-2 E-Z CAMPER FOR SALE!!

66bus1

エ〜!売っちゃうの〜?!
そんな言葉が聞こえてきそうです。

はい、私、この車を手放す事に致しました。
でも、大丈夫。私は空冷VWから降りる事はありませんから。

この車は、2年前に私がアメリカから直接輸入した車。
カリフォルニアで登録され、アリゾナの砂漠地帯でずっと暮らしていた、
奇跡的なコンディションの車です。

このボディーの雰囲気は、好みが分かれますが、空冷VWフリークにとっては、
夢の様なコンディションと言えます。
2度と出会う事の無いコンディションですから、相当悩みましたが、
こればっかりは、しょうがありません。
2台の大好きな車を同時に可愛がるなんて、基本、不可能ですじゃないですか。
(金銭面的にも時間的にも。)


100%オリジナル塗装で、腐りはゼロ!
フロアーから下周りから、とにかく、スーパーソリッドな状態をキープした、
奇跡の車なのです。
室内もオリジナル塗装ですが、コンディションの良さに驚かれると思います。
シートは、フロント、リア共に貼り替えております。
ドアパネル、フロントゴムマットも交換しております。

その他は、全てオリジナルをキープ。

表面の錆は、あくまでも表面。
日々、ちゃんと、メンテナンスしてあげれば、このままの状態を
今後もずっと、維持する事が出来ると思います。

ここまでのコンディションの車は、恐らく、日本中探しても無いと思います。
これまで、多くのプロの方に見ていただきましたが、皆さん、口を揃えて
このコンディションの素晴らしさに驚かれます。

実際、アメリカでは、このクラスの車だと、$50,000ー以上で取引されています。
当然、そんな高い車を日本の業者が輸入する訳がありません。
だから、非常にレアで非常にお買い得な車だと私は思います。


66bus2

66bus5

66bus7

bus6612

bus6614

66bus19

66bus20

66bus28

66bus23
bus668

bus6628



写真は、まだ他にもあります。
実際に気に入った方は、ご連絡ください。
出来たら、VW初心者の方ではなく、マニアの方に見ていただきたい車です。

そう、この車の情報です。

車検は1年付き。
エンジンは、1,679ccのツインキャブ。
ミッションは、先日載せ変えたばかり。Ring/Pinionが3.88ですので、
高速で回転が上がらず、楽なクルージングが可能です。
(100km/hで約3,000rpm)
現状、このままで、車検もパス出来る素晴らしいコンディションを保っています。
サイドカーゴ脇にあるキャビネットは、取り外して室内に保管しております。
こちらのコンディションも良好です。
あと、サイドに付くオリジナルのテントも付属致します。非常に奇麗な状態をキープした
キャンバス地のテントです。


とにかく、こんなコンディションの車は絶対に見つかりませんから。

金額は、応談ですが車屋さんよりは、大幅にお安くお譲り致します。


それでは、興味を持たれた貴方。
是非、お電話かメールを下さい。


こちらに他の画像も用意致しました。
画像チェック!

ホーリーオートセールスからのお知らせでした。



この車が気になる方も
売っちゃダメだよっていう方も
取り敢えずポチッとお願いします!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




オートセールス梶川





ビシッとしました

0519c
どうもしっくり来ない、この軟弱野郎なBus。
何処が気に入らないかって?
この、エレガントにまとめあげた、白いホイールがダメなんす。

何でバスをエレガントにしなきゃいけないんだ!って思ってしまうのです。

アーリーバスや、レイトでも初期のモデルは白いホイールが純正カラーだから
それは、許される話なのですが、この年式のバスはシルバーが純正。

好みの問題なのですが、どうも、違うって感じてしまうのです。
(あくまでも好みの問題ですよ。)


そんで、この軟弱野郎に気合いを入れてやる事にしました。

0519d
先ずはタイヤを外す。

0519e
ほら、何か違う感じしませんか?
この、軟弱感。

0519f
塗装の乗りを良くするため、紙ヤスリこすり上げてやります。

0519g
次にマスキングをして塗装。
今回も2液タイプのウレタン塗料。
これは、塗膜も固く強いのでオススメです。
あらゆるケミカル剤にも強いですし。

0519h
前だけシルバーに塗り替えられたところ。
上半身は、硬派に生まれ変わったけど、下半身はまだ軟弱野郎。
そんなところでしょうか・・・。

0519i
後ろのタイヤも塗り替えました。
でも、作業は真っ暗になるまで続き撮影不可能。(昨日の事。)

0520A
そして、本日。
塗装もほぼ乾き、ホイールキャップを装着!

0520B
どうですか?
ビシッとしましたね〜。
やっぱり、シルバーの方が余計にカッコつけた感じが無くて素敵ですよ。


何やら、最近、このBusばかり弄っちゃって、
66年の先輩アーリーちゃんをほっぽらかしにしちゃってない?

はい。モロに無視してます。
孤独死しちゃマズいから、エンジンだけは、常にかけてあげてますが、
正直、このBusをえこひいきしまくってます。

まあ、最初のうちはしょうがないですよね。



それでは、皆さん、ごきげんよう。



今日も元気よくポチの連打です。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


Bus専門店店長
ホーリー梶川





Door Seal Rubber

0406a

0406b

古いワーゲンでも、タイプ1(ビートル)等は気密性が高く、ドアを閉めた時の音は
シュポンッ!って感じで、凄く心地の良い音がします。

ところがタイプ2(特にアーリー)のソアを締めた時の音は最悪。

ガッシャンッ!!

って、ぶっ壊れそうな音がするのです。
しかも、ドアシールは、ご覧の通りただの四角いスポンジ。
ドアとボディーの間に隙間があるところもあり、
冬なんかは、外の冷たい外気が入ってくるもんだから、
ヒーターを付けても一向に暖まらない車もある程。

だから、私は、気密性を上げる為、ホームセンターで柔らかめのスポンジ(ドアの隙間用等)
を買って来て、隙間の空いている箇所にそのスポンジを貼っていました。

でも、見た目も悪いし、今一ドアの締まりも悪いので、今回、
ドアシールラバーを新品に交換する事にしてみました。

0406d

0406e
ドアシールラバーのキットは、片側4本で構成されています。
断面もそれぞれ種類があり、取り付ける位置によって形が違うのです。

何か、期待出来ますね〜。

0406c
まずは、古いドアシールラバーを引っ剥がします。

0406f

0406g

0406h

0406i
あとは簡単。その形にあったドアシールラバーを嵌め込んでいき、余った部分をカットするだけ。

まだ、ゴムが馴染んでいないので、ドアが閉まり難い感じですが、
締めてドアとボディーの隙間をチェックすると、明らかに以前より
隙間が少なくなった感じです。

これは、オススメですよ。

この冬、とにかく、あらゆる隙間を塞いだだけで、暖房の効きが一気に良くなりましたので、
冬は寒くてバスに乗れないって方は、是非、試してみて下さい。



話は変わって、入荷の話。
恐らく、今週は、Josh Hallが10本ぐらいと、Gibbsが8本ぐらい入荷する予定ですよ!
お見逃しの無い様にブログチェック宜しくお願い致します!




こちらも宜しくお願いします!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川



VW BUG '69

0328I
面白いBUGがご来店されました。

0328H
69年式のタイプ1をエンジンからボディーに至るまで、
かなりのカスタムが施されたこの車。

フロントの色の濃い部分は、FRP製みたいです。

0328E
後ろから見たら、BAJA BUG(バハバグ)みたいですね。
鉄板を切り取ってこのスタイルにしたみたいです。
リアのバンパー等は、ワンオフ物。

0328D
こんな遊びもしちゃってます。

0328F
運転席周りも、かなり弄ってますね〜。

話によると、本日、登録に行ったばかりだそうです。
オーナーの方、これから、どう弄るかワクワクしてました。
自由に遊ぶBUGライフも楽しそうですね。


全国の空冷VWファンの皆さん。
ポチってお願いします!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川



模様替え

0324a
私のバスは、66年式のE-Z Camper。
バスのキャンパーだと、ドイツのウエストファリアが有名ですが、
このE-Z Camperは、アメリカのキャンパービルダー。
ウエストファリアに比べると、チープな印象もありますが、私は、味があって好き。

でも、キャンパーって、結局、色んな装備が場所を食って、
室内は、結構、狭いんです。

そこで、小春日和の今日は、”バスの模様替え”を、急遽、決行してしまいました。

0324b
とにかく、入り口のキャビネットが邪魔なんす。
そこを取り外すだけで、一気に室内は広くなる。

どうです?

大分、スペースが確保されたでしょ?

0324c
取り外したキャビネットは、大事に保管です。
欠品したら、車自体の価値が、一気に下がりますからね。

0324e
まずは、キャビネットの下に空いていた穴を塞ぎます。
シンクの排水溝ですね。

0324f
防水用のアルミテープ。
今回は、ブラックを選択してみました。

それにしても、フロアが奇麗でしょ?
何処を見ても、一切、サビはありません。

0324g
アルミテープは、床下からも貼ります。

0324d
続いて、キャビネットを外した事で段差が出来た部分を、
ベニヤを使い面合わせをします。

0324h
寸法を合わせ、床に貼ればこんな感じ。
既に、大分、スッキリした感じになりました。

0324i
今回は、フローリングっぽいクッションフロアで仕上げます。
水はけも良いし、砂もほうきで簡単にははける。
これ、何気にサーファー向けなんです。

0324j
色々と入り組んでるから、貼るのが難しいんすよ〜。
慎重に型を合わせながらカットしていきます。

0324k
両面テープで貼り合わせれば完了!
ちょっと、浮いてる部分もありますが、良い感じに出来上がりました。
室内が一気に広くなった感じです。

サーフボードもたくさん積める様になったし、
それこそキャンプも道具がたくさん積めてバッチリです。

機関系も調子がバッチリになったし、室内もリフレッシュしたので、
サーフトリップにでも行きたいですね〜。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川




お帰り〜

0322c
可愛い我が子が帰ってきました。
エンジン、キャブレター、ミッション、足回り。

オールチェックしてもらいました。

0322d
あちこち、色々とあったみたいです。
少し走ってみましたが、見違える程素晴らしい走りを見せてくれました。
気になっていた箇所は、全て完璧に直っています。

0322b
コイツと出会って以来、ウンともスンとも言わなかったフューエルゲージでしたが、
こちらも、ちゃんと機能してくれてます。
(満タンにしてみましたが、この子は、これが満タンだって言い張ります。)

まあ、とにかく、絶好調に生まれ変わった我が子。

この子と一緒に、サーフトリップ行きたいな〜。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


みつはしさん、有り難うございました!
ホーリー梶川




波の方はイマイチでした。

0319B
朝一は、たまに良いのが入っていたのですが・・・。
今日のサイズダウンは早かったです。
朝一から徐々に潮が引いているにも拘らず、
逆に割れ辛いコンディションとなってしまいました。

0319A
先日の『One California Day』を見て以来、乗りたくなっていたLiddle。
期待して乗ったものの、ダラダラのパワー無しブレイクでは、
このボードのいい所を発揮する事は出来ませんでした。

0319C
店に向かう途中。可愛い我が子の様子をチェック。
最近、ミッションの調子が悪かったので、足回りからミッション、
そして、エンジンまで、一通り見てもらう事になり、現在、入院中。
(それにしても、お前。相変わらず、可愛い顔してるよな〜。)

0319D
世話のかかる子です。
でも、世話がかかる分可愛いものです。

0319E
今回は、エンジンを降ろしたので、奥にあるガソリンタンクに付いている、燃料計のセンサーも交換。
何気にこの機会を、ずっと待ってました。

これで、燃料計が復活してくれるでしょう!

そして、ガス欠ともオサラバ出来ます。


早く帰ってこいよ〜!


本日もポチッと宜しくお願い致します!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川




良い子です。

0201a
おっ!変わった車でご来店!!
いやいや、違います、違います。

今日は、ちょっとしたアクシデントに見舞われた一日でした。


少し前から、ミッションの具合が悪く、見てもらおうと近所のVWショップへ
向かおうとしたら・・・。

おっ!エンジンが掛からね〜じゃねぇか。

ミッションを診てもらう筈だったのに、その前にエンジンも〜!
そんな感じになってしまったのです。

0201b
それにしても、うちの子は良く出来た子です。

外出先でトラブらないで、ちゃんと、ウチで壊れてくれる。

手の掛からない子です。

0201d
それでは、出発です!

0201c
工場に着き、作業は10分で終了しました。
この、ディストリビューター内にある、ポイントっていう小ちゃなパーツが原因。

まあ、消耗品なんでしょうがありませんね。

ついでに、本来の目的だったミッション周りのチェックもしてもらい・・・。

0201e
無事、定位置に戻って参りました。

大丈夫。私は慣れっこ。
こんな事で空冷VW乗りを辞めたりはしません。


お互い古いもんで・・・。

ガタもある事でしょう。

でも、ごまかしごまかし、
上手い事やっていきましょう。

お互い古いもんで・・・。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川






1962 Type-1

1962BUG1
本日、素晴らしいType-1がお店にやって来ました。



1962BUG6
最高のコンディションです。
オリジナルを見事にキープした、素晴らしい車。
塗装のヤレ具合は、私のBusとそっくり。
カリフォルニアのワンオーナーカーだそうです。

それにしても、ルビーレッドっていい色ですね〜。

1962BUG4
後ろから見ても完璧です。
ホント、しばらく見まくっちゃいました。
だって、本当にいい車なんですから。

1962BUG8
今年で51歳のこのType-1。
半世紀以上もよく頑張って来ましたね。
それにしても、ラッキーな車です。
素晴らしいオーナーに、ずっと可愛がってもらってたんですから。

1962BUG7
50歳も過ぎると、ハゲて来ますよね・・・。

頭じゃなくて、塗装がですよ。


1962BUG5
1200ccのオリジナルエンジンも絶好調!
1200は、エンジン音が抜群ですね。

ヒュルヒュルヒュルって、鈴の音の様な可愛い音がするんです。


1962BUG3
室内もオリジナルをキープしてるって言うから驚きです。
カッターナイフでシートをブッタ切りにしたくなる程、
素晴らしいコンディションでした。
(ウソ、大事にしましょうね〜。)

1962BUG2
シャレオツだな〜。


そして、なんと、この車オーナーは女性なんですよ!
そんで、これまたマニアな方なんだわ〜。

こんな激シブType-1に女性が運転してるって、
カッコいいですよね〜。



そう、私のBUSは、只今、入院中。

先日のあれですよ。
ミッションオイルの漏れ。

それにしても、この車との2ショット。
撮れなくて残念だな〜。



全国の空冷VWフリークの皆さん。
このシタノボタンを押しときましょう!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川




1963 BUG

1963d
出ました〜!!

本日、アロハキャリアをご購入頂いたお客様の愛車。
1963年式のワーゲン/ビートルです。

1963c
この車のオーナーの方が、アメリカに留学していた際にホームステイをして、
そこのお婆ちゃんが、新車から乗っていたワンオーナーカーを譲って頂き、
日本に持ち帰った車だそうです!

1963f
ボディーは、ほぼ、オリジナル塗装。
実に素晴らしいコンディションです!

ただのボロじゃんって?

いえいえ。何をおっしゃいますか。
ピッカピカに塗装された車は、基本、鉄が腐ってどうしようもなくなったから、
仕上げ直しているのです。
ここまで、腐りがなくしっかりとした状態で残っている事は、本当に奇跡的な話。

だから、貴重なんですよ〜。

1963a
私のバスとの相性もバッチリじゃないですか。
こんな事、初めてですよ!
ボロとボロが並んでボロボロ。
いやいや、最高です!

1963b
このカサカサ感、タマりませんね〜。
この方も、亜麻仁油やったみたいです。

1963e
純正のホイールもいい感じに遣れてます。
ホント、タマランね〜。

今度は、アロハキャリアを着けてご来店下さいね〜。


全国の空冷VWファンの皆様、ポチッと宜しくお願い致します!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川





アクセルワイヤー交換

827a
昨日、早速、アクセルワイヤーの交換を行いました。

私は空冷VW乗り。

当然の様に消耗パーツは常に車に積んでいます。

という事で、パーツを買いにいく必要もなく、
作業は直ぐにスタート!

827b
たった、こんな針金1本が切れるだけで、Busは動かなくなっちゃんですね。
(元々、大して動かないですが・・・)

827d
それでは、切れたワイヤーを抜き取りましょう!
古いワイヤーは切れているので、既にたるんでますね。
(私と良く似ています。)

827c
アクセルペダルと繋がっている部分を外し、ワイヤーをグイグイと引っぱり抜きます。
やはり、エンジンルームへの入り口付近で、
擦り切れる様にプッチリ切れていました。

827e
エンジンルームのキャブレター側も外しましょう。

827f
全て抜き取ったら、今度は、新しいワイヤーにグリスを塗りながら、
差し込んでいきます。
途中で引っ掛かってしまい、手子摺るシーンもありましたが・・・

827g
どうにか、最後まで入ってくれました。


ここで皆さん、想像タイムです。


サーフポイントの大きな駐車場。

ボロいBusの下に潜っている人がいる。

どうしたんだろう、あのオジさん・・・。


どう考えても、興味深い光景です。
面白そうじゃないですか!


すぐに人だかりが出来、知人からは茶々を入れらる・・・。


う〜ん。

恐ろしい。

恐ろし過ぎる。



俺のBusくん、出発前に切れてくれて有り難う!
本当に、世話のかからない良い子だよ。



ハイハイ、続き続き。

827h
エンジンルームの方にワイヤーが届きました!

827i
あとは、止めるところ止めたら完成!

827j
アンダーカバーも取り付け、
作業は全て終わりました。


そろそろ、クラッチケーブルもやっといた方が良さそうな予感が・・・。

想像するだけでも恐ろしい光景が頭を過りますから・・・。


空冷ワーゲン乗りの方もそうでない方も。
今日もポチッと宜しくお願い致します!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


どこまでもラッキーボーイな私。
ホーリー梶川










Online Store
HOLYBLOGLOGO2
livedoor プロフィール
BLOG内検索
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
Revolver Maps
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
人気BLOGランキング
人気ブログランキングへ
SURFSIZE
サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中
ブログ村 サーフィン
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
ブログ村 マリンスポーツ