今日は昨日軽くブログでお見せした梱包の話。

随分梱包してきたので、今ではだいぶ慣れてきたサーフボード梱包。
サーフボードはとてもデリケート。
運送会社さんの扱いも心配なので、とにかくやりすぎくらいに越したことはない。

発送が心配な方のために梱包をお見せます。

まずはサーフボードに一枚エアパッキンを巻きます。
そして重要なレール。レールにはしっかりした厚めのエアパッキンを何重かに重ねて巻きます。
(もちろん、テールとノーズもです。)
2a


そしてダンボール。これが重要です。
2b

山を作るようにレールにかませることで、衝撃を与えても大丈夫になります。
2c
こちらももちろん、テールとノーズにも。

最後はデッキとボトム。
レールの梱包により、平面でとらえるとデッキとボトムに随分空間ができているので、
箱に入れたらデッキとボトムに衝撃が伝わることはまず、ありませんが、
万が一、運送中の事故で箱を突き抜けるくらいの衝撃を与えてしまうことを想定し、
こちらも重ねたエアパッキンを両面に貼ります。
2d


遠方の方や、どうしても来れない方、
皆様が安心して発送をお願いできるよう、1本に1時間かけて頑張っております。

届いた梱包材料は、また中古ボードなどの査定で送ったりするときや、
何かのタイミングで使うこともあるかと思います。
(箱も結構立派なダンボールなんで。。。)

なので綺麗にとっておいたらいいかもしれません。
(買うと結構高いと思います。)


頑張って巻きますよ!どんどん注文してくださいね!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


トロ松