ワーゲンビートル

ホーリーオート

私が乗っていた1975年のBUG。
私の知人が乗っていたのですが、彼も完全に空冷VWに嵌ってしまい、
この車を手放し次の空冷VWを手に入れる事になりました。

2017-03-16-13-48-42

2017-03-16-13-49-29

2017-03-16-13-48-48

2017-03-16-08-19-35

2017-03-16-08-19-48

2017-03-16-13-50-39

2017-03-16-13-50-33

2017-03-16-08-21-14

2017-03-16-08-20-56

2017-03-16-13-50-26

2017-03-16-13-49-38

2017-03-16-08-24-11

2017-03-16-08-23-40

2017-03-16-13-51-06

2017-03-16-13-51-34

2017-03-16-13-51-38

2017-03-16-13-51-55

2017-03-16-13-52-00


この車は、ヤナセ物でコンディションは抜群です。
一通り、私の方で手を入れて直しましたが、その後は、
トラブル一切無く、毎日通勤に使用しています。

ペイントはフェンダー周りとフロントフードが塗り替えられていますが、
その他はオリジナルペイント。

所々、小さな傷やスレ等ありますが、注意しなければならないサビは
一切ございません。

下回りも完璧な状態をキープしています。

エンジン、ミッション共に絶好調。
ブレーキも含め、気になるところは、今のところ一切無し。
(1600ccの4速マニュアル。全くの純正です。)

内装は、私の方で全て張り替え済み。
シートパッドからシートカバーは、
フロント、リア共にTMIに交換しております。

写真に写っているアロハキャリアは付属しません。

車検が切れています。
仮ナンバーをつけて、そのまま、陸運局で更新可能だと思います。

値段の方は、70万円。

如何でしょうか。

きちっと整備され、ボディーコンディション抜群の
70's BUG。

安心して乗れるスタイリッシュなサーファーズビークルです。


気になる方は、現車確認も出来ますので、
当店にご連絡ください。

本人との直接交渉が出来る様、私の方で責任を持って
セッティングさせていただきます。





ホーリーオートからの最新入庫情報でした。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリーオートオーナー
ホーリー梶川





70's KRACO 8 TRACK AUTO STEREO

05151
ボロちゃんと一緒にコイツもやって来ました。
そう、たくさん積み込んできたパーツの中でも、
一番、早く見たいと思ってたコイツ。

05152
ネットで探し、個人から購入した物なのですが、

なんと、コイツは、70年代当時のカーステレオ!

しかも、未使用品っすよ。

当時、誰かが安く買ったのは良いけど、使わずにしまっといたんでしょうね。
TARGETのロゴも今のと違いますね。

05153
これが、本体の箱。

05156
箱のデザインからして、レトロで渋いですね〜。

05154
説明書、保証書、

05155
付属品も全て揃っています。

幾らで買ったのって?

まあまあ、最新のデッキだったら、一番グレードの高いヤツ
が手に入るくらい・・・。アメリカ国内の送料なんか入れたら
結構しちゃいましたね。

05157
ジャジャ〜ン!!

これが、本体。

ヤバイっしょ!?

言ったでしょ!こないだ、自作した70'sテーブルと同じ様なデザイン。
そうなんすよ。これなんすよ。当時モンは。
メッキとウッド調のコンビ。これが、定番なんす。

60年代は、まだ、手作りの時代。
こんな、安っぽいウッドシートなんか使いませんでした。
ちゅうか、逆に高くついたのかもしれませんね。

でも、70年代に入り、量産の時代に!
生産体制が大幅に変わったところで、
全ての製品のデザインが、一気に変わったんですね。

こんな風に、ウッドシートでウッド風にしたり、
プラスティックにメッキして安モンメッキでごまかしたり。
でも、それが70年代らしくて、逆にかっこいいんすよね。
(このKRACOは、プラスティックじゃ無いっすよ。)

05158
この、KRACOってブランドは、安物カーアクセサリーブランドで、
当時、そんなのを集めてる店で販売してたんでしょう。
だから、これも、TARGETで売られていたのでしょうね。

でも、デザインは抜群。

そんで、コイツは、吊り下げ式。
だから、ステレオが入るグリルのない
ボロちゃんにぴったりですよ。

05159
このモデルは、FMラジオ、8トラックカセットが聴ける装備となっています。

8トラックカセットなんて、もう何処にも無いっすけどね。
自分は何本か持ってるから、いつか、ボロちゃんにこれを
装着したら、聞いてみたいですね。

あの、伸びたテープの音が、古臭い音をもっと古臭く感じさせて
たまらんのですよ。

まあ、メインはiphoneに入ってる曲をFMトランスミッターで飛ばし、
こいつを通して聴くって感じ。

051510
しかし、まあ、カッコいいな〜。

想像してみてくださいよ。

あのオンボロのボロちゃん。

シートを全部貼り替え、中から外まで磨きまくる。
あの、塗装がかすれて無くなった部分や、あっちゃこっちゃの傷がありながら、
車は、艶を取り戻す・・・。

そう、年記を感じながらもしっかりと手の入った、無修正車
にしか出せない、究極のオーラを放つんですよ。

そこにですよ!このKRACOがダッシュボードの真ん中から吊るされ、
70年代の粋なロックとオリジナルのフラット4サウンドが
混じって聞こえてみなさいよ。

そりゃ、もう、失神間違い無いっすから〜。


まだ、しばらく、コイツがボロちゃんに装着されるのは先となりそうですが、
想像するだけでゾクゾクしてしまう、凄いモノを手に入れちゃったって訳なんです。



皆さん、今後のボロちゃんプロジェクトを楽しみにしててくださいね〜。

あのボロちゃんを、日本一激シブなパティナスウィングに仕上げてみせますから。




今日も、空冷VWフリークの皆さんは、
ポチッとお願い致します!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川



Dual Carb

07231
ここ数日間、いつもお世話になってるBUGSNUTSさんに預けていたBUGちゃん。

今回は、ストックキャブからWEBERのツインキャブに換装を依頼。

07234
その他、ステアリングダンパーの交換と、
クラッチが滑り始めていたので、クラッチもついでに交換。

07235

07232
BUGSNUTSの三橋さん、
ファンハウジングやエンジンチンも
ご丁寧に塗装して下さいました〜。

丁寧なお仕事、いつも、有り難うございます!

07248
昨日、戻って参りました!
そして、今日、この車で海に行ったのですが、
やはり、トルクが変わった感じがしますね〜。

キャブのセッティングが、まだ、パーフェクトではない可能性もありますが、
低回転から、グイグイ伸びてくれる感じ。
特に、3速での坂道なんか、登りっぷりがまるで違う感じ。


そして、これまたWEBER特有の吸気音がいい感じなんすよ。

グウォーッ!!

って、アクセルを踏み込むと、キャブの音がいい感じで響き渡るんですね〜。

その内、マフラーも抜けの良い物に交換したいところです。
そしたら、もっと、いい走りをしてくれのでしょう。

07249
ファンハウジングが奇麗になると、
エンジンルームが生まれ変わりますね。


今日は、私の可愛いBUGちゃんの近況報告でした〜。



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川



小さな巨人

0321N
ちょっと、思いついちゃったんで、またまたBUGのお話。
ワーゲンビートルって、実はスゴい車。
だってですよ、1938年に生産が始まったビートルは、
年を重ねる毎に進化を遂げ、70年代のビートルなんか、
高速巡航で120km/hは楽勝、燃費はリッター10キロ以上。
1200ccのモデルなんか、リッター15キロぐらい走っちゃうんですよ。
当時のドイツの技術って凄いですよね。

考えてみて下さいね。当時の国産車を思い出してみて下さい。
大衆車と言われる車なんか、100キロなんて全然出やしませんでしたから。
燃費だって良くないし、ハンドルだってブルブル。
ビートルと比較したら、当時は、まだまだだったんですね〜。

そんなもの凄ビートル。
実は、居住性も素晴らしいのです

0321O
こちら、6’9”のフィッシュ。

0321P

積むのも楽勝。

それでは、どの長さまで積めるのでしょう?

一気に7’6”のエッグを試してみましたが、ギリ入らない。
入れるのは、助手席のドアの所からなのですが、
ドアの付け根の部分に引っ掛かっちゃって入っていかないんですね〜。

0321Q
結果、7’3”〜7’4”まで入る事が解りました。
0321R

結局、入れる事が出来るのがその長さって訳で、
実は、入ってさえしまえば、まだまだ余裕があるのです。

0321S
例えば、このKatsuさんの7’3”を入れたときの余裕は35cm。
という事は、8’6”ぐらいまでは入る室内長があるって事です。


0321U
実は、こんなのがあるんです。
バスではよく見かけるサファリウインドウ。

0321T
フロントだったらBUG用もあるのは知ってましたが、
リアサファリは知りませんでした。

リアサファリを装備しちゃえば、
8’6”までいけるって事です。

それは凄い!!

でも、64年までのスモールウインドウまでしか
リリースされていない様です〜。

残念!!



空冷VWオヤジ〜!!
ポチ連打だ〜!!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川









空冷VW天国カリフォルニア

恒例となった、カリフォルニア空冷VWウォッチング。
今回は、ずっと自分が運転だったので、スルーしちゃった
車が多かったですね〜。
でも、運転中もなるべく股の間にカメラをセットしといて、
見つけたら直ぐに撮るっていうのを心掛けておりました。

それにしても、相変わらず、カリフォルニアは空冷VW天国ですね。
カリフォルニアに行くと、空冷VWはアメ車と勘違いしてしまう程です。

そんで、他の車がデカいから、余計小ちゃく見えて可愛いんです。

それでは、チェックしてみましょう!!


先ずは、バスから。

2015vw17
これは、サンディエゴで。
ティントップのウエストファリアですね。

2015vw16
走りながら撮りなのでボケちゃいましたが、インパクトのあるレイトでした。
レアなシャンパネディションですね。

2015vw4
71年のDXですね。

2015ve8
夕方セッション後に見かけた67年。それにしても皆さん、好き勝手に好みの色に塗っていますね〜。
この自由なやり方が、カリフォルニアスタイルなのでしょう。

2015vw6
これは、リンコンの駐車場ですね。サーファーは、レイトを選びますね。
たまに、ロングの拘りオヤジがアーリーに乗っていますが、
やはり、実用性を考えるとレイトになっちゃうんでしょうね。
海では、圧倒的にヤレたレイトを多く見かけます。

2015vw7
これもレイトですね。そう、キャンパーに乗ってるサーファーも多いですね。
皆、海上がりは、こうやってポップアップを上に上げて寛いでます。

2015vw2
こちらはアーリーのパネルですね。
それにしても、このイエローのラインは、
どうしちゃったんですかね〜。

2015vw14
じゃじゃ〜ん!!この車は、スティーブ・ブロムさんが、
昔乗ってた79年のウエストファリア。
私のと同じっすね。



続いてBUG。

2015vw5
アイロンテール、良いっすね。

2015vw13
こちらは、73〜74年のビッグテールのBUG。
ふつ〜なところが良いですね。
こんなカラーのBUGが、カリフォルニアのグリーンと青い空に
最高にマッチするんすよね。

2015vw12
こちらは、泊まったモーテルに停まってた66年BUG。
オーナーは、女性の方でした。

2015vw3
このパティナは、去年も同じ場所に停まってました。
これがまた、抜群の雰囲気なんすよ。

2015vw9
ボロいBUGが一生懸命走ってました。
やっぱ、アイロンテール良いっすね。



そして、今回1台だけ撮れたスクエアバック。

2015vw1
高年式のスクエアバックも好みです。
気取ってなくてカッコいいですよね。



それでは番外編!!

2015ve10
カッコいいアメ車なんて、幾らでも見かけますが、
A100は、やっぱ良いですね〜。

2015vw11
W123も向こうで見ると、カッコいいんですよ。
この車は、思いっきりパティナってました。
カッサカサで、本当にカッコ良かったです。

2015vw15
古いポルシェも皆さん好きですね〜。
ナローポルシェなんか、ホント、よく見かけます。
914は、久々に見かけました。


いやいやいや。

今回も、色んな空冷VWを追っかけて撮ってみましたが、
皆さん、カッコ良く乗っていますね〜。

何だか、BUGにまた乗りたくなって来ちゃいましたよ〜。






それでは、全国の空冷VWファンの皆様。
ポチタイムがやって参りました。
お好きな方をポチって下さ〜い。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川








お帰り〜

0322c
可愛い我が子が帰ってきました。
エンジン、キャブレター、ミッション、足回り。

オールチェックしてもらいました。

0322d
あちこち、色々とあったみたいです。
少し走ってみましたが、見違える程素晴らしい走りを見せてくれました。
気になっていた箇所は、全て完璧に直っています。

0322b
コイツと出会って以来、ウンともスンとも言わなかったフューエルゲージでしたが、
こちらも、ちゃんと機能してくれてます。
(満タンにしてみましたが、この子は、これが満タンだって言い張ります。)

まあ、とにかく、絶好調に生まれ変わった我が子。

この子と一緒に、サーフトリップ行きたいな〜。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


みつはしさん、有り難うございました!
ホーリー梶川




1962 Type-1

1962BUG1
本日、素晴らしいType-1がお店にやって来ました。



1962BUG6
最高のコンディションです。
オリジナルを見事にキープした、素晴らしい車。
塗装のヤレ具合は、私のBusとそっくり。
カリフォルニアのワンオーナーカーだそうです。

それにしても、ルビーレッドっていい色ですね〜。

1962BUG4
後ろから見ても完璧です。
ホント、しばらく見まくっちゃいました。
だって、本当にいい車なんですから。

1962BUG8
今年で51歳のこのType-1。
半世紀以上もよく頑張って来ましたね。
それにしても、ラッキーな車です。
素晴らしいオーナーに、ずっと可愛がってもらってたんですから。

1962BUG7
50歳も過ぎると、ハゲて来ますよね・・・。

頭じゃなくて、塗装がですよ。


1962BUG5
1200ccのオリジナルエンジンも絶好調!
1200は、エンジン音が抜群ですね。

ヒュルヒュルヒュルって、鈴の音の様な可愛い音がするんです。


1962BUG3
室内もオリジナルをキープしてるって言うから驚きです。
カッターナイフでシートをブッタ切りにしたくなる程、
素晴らしいコンディションでした。
(ウソ、大事にしましょうね〜。)

1962BUG2
シャレオツだな〜。


そして、なんと、この車オーナーは女性なんですよ!
そんで、これまたマニアな方なんだわ〜。

こんな激シブType-1に女性が運転してるって、
カッコいいですよね〜。



そう、私のBUSは、只今、入院中。

先日のあれですよ。
ミッションオイルの漏れ。

それにしても、この車との2ショット。
撮れなくて残念だな〜。



全国の空冷VWフリークの皆さん。
このシタノボタンを押しときましょう!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川




1963 BUG

1963d
出ました〜!!

本日、アロハキャリアをご購入頂いたお客様の愛車。
1963年式のワーゲン/ビートルです。

1963c
この車のオーナーの方が、アメリカに留学していた際にホームステイをして、
そこのお婆ちゃんが、新車から乗っていたワンオーナーカーを譲って頂き、
日本に持ち帰った車だそうです!

1963f
ボディーは、ほぼ、オリジナル塗装。
実に素晴らしいコンディションです!

ただのボロじゃんって?

いえいえ。何をおっしゃいますか。
ピッカピカに塗装された車は、基本、鉄が腐ってどうしようもなくなったから、
仕上げ直しているのです。
ここまで、腐りがなくしっかりとした状態で残っている事は、本当に奇跡的な話。

だから、貴重なんですよ〜。

1963a
私のバスとの相性もバッチリじゃないですか。
こんな事、初めてですよ!
ボロとボロが並んでボロボロ。
いやいや、最高です!

1963b
このカサカサ感、タマりませんね〜。
この方も、亜麻仁油やったみたいです。

1963e
純正のホイールもいい感じに遣れてます。
ホント、タマランね〜。

今度は、アロハキャリアを着けてご来店下さいね〜。


全国の空冷VWファンの皆様、ポチッと宜しくお願い致します!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川





着々と

aloha2aloha





アロハキャリアの方、いい感じで進んでます。
昨日、キャリアのベース部分のサンプルチェックをさせていただきました。
流石、この道ウン十年のベテランが作るものは違いますね。
全て、手作業で作るところもスゴイ!

今回の、サンプルをベースに数箇所の修正点を伝え、2次サンプルが出来上がるのが、恐らく今週。

出来たら、直ぐにテストを繰り返し、完成度を上げたところで販売を開始いたします。

どうです?
楽しみでしょ。

コイツが貴方の車の屋根に付く事を想像してみて下さいよ。
カッコいいでしょ〜。

欲しい!って思った方は、ポチってやってお願いしますね。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

アロハキャリア

aloha1aloha2





ジャジャーン!!
どうです?コレ。スゴいっしょ。

何がって、良く見てくださいよ。
この艶と輝き。
新品みたいでしょ。

実はコレ。
以前、K’sコレクションで手に入れた、ボロいアロハキャリア(ゴメンなさい。下村さん。でも、本当にボロかったよ。)を、知り合いの板金屋さんに頼んで作り直してもらったんです。
まず、バーは完全にフルスキャンで作り直し。
ステーに関しては、今回はメッキをかけてもらいました。

そんで、出来上がったのを組んだらこの通り。
完全に70年代にタイムトリップです。

ステーの方は、ほぼ同じ様に作る事が可能だそうで、今後、この完全復刻『アロハキャリア』を販売する予定です。

問題は、サーフボードの留め方。
ここ、すごく肝心で、慎重に考えないといけませんね。

オリジナルはゴムで留めるのですが、イマイチ信頼性に欠けるんですよね。ボードがぶっ飛んだ。って話も聞いたことがありますし。
ですので、色んな方法でテストして、形になったら販売する方向で考えております。

いずれにせよ、PL法ってのがある以上、慎重にテストしながら進めていかないと、エライ事になっちまうのでね。

世界初の完全復刻『アロハキャリア』。

スゴいっしょ。コレ。

凄いと思ったら、ポチってやってください。
お願い致します。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

凄いのたくさんあんじゃん。盗撮させてもらったよ。

今日の午前中は、大和のVWショップ、K’sコレクションに冷やかしに行って参りました。
いつ行っても、こういう店ってのは面白いもんですね。
個人的に好きなんでしょうね。いわゆるプロショップって奴が。
ワーゲンの店だから面白いってのは、当然なんでしょうけど、特別興味の無いプラモ専門店とかに行っても(何でもいいんですよね。とにかく専門店好きなんです。)、心の片隅から湧き出てくる『ワクワク感』を感じてしまうんですよね。

店の中がゴチャゴチャしてたりすると、もっと奥が見たくなっちゃったりしてね。
とにかく好きなんでしょうね。プロショップ、専門店って奴が。

まあ、この先読む前に、とにかくポチろうよ。ねっ。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村

vw1店に到着して、いきなり目に飛び込んできたのが、コイツ。お客さんの車だそうです。69年式って言ってましたかね。フロントはFRP。凄い迫力ですね。

vw2リアは、ムキ出し状態。おいしいパーツ付けてたら、持っていかれそうで心配な車ですよね。それにしても、迫力満点ですね。

vw3こいつも負けない位、ぶっ飛んでますね。ビートルのシャーシにFRP製のボディーが乗っかってるデューンバギー。ラメと言うか、グリッター入りの派手なグリーンが最高にカッコいいです。去年の秋から作り始めてるのに、あんまり進んでないような?
実は、この車、私も好きな、ある名の知れた方の車だそうです。この車を乗りこなせるのは、あの人位しか居ないな〜。(でも、これを乗ってたら、車見てドライバー見て。みなさん目が釘付けでしょうね。)

この盗撮が終わった後、私は、Factoryの奥へ奥へと進み、「下村さ〜ん!コレ、幾らっすか〜?」だの、「コレくださいよ!?」だの、面倒な客(客じゃないですね、これじゃあ。)となり、下村さんを困らせてしまうのでありました。

すみません。下村さん。

でも、宣伝しときましたからお許しくださいね。



Online Store
HOLYBLOGLOGO2
livedoor プロフィール
BLOG内検索
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
Revolver Maps
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
人気BLOGランキング
人気ブログランキングへ
SURFSIZE
サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中
ブログ村 サーフィン
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
ブログ村 マリンスポーツ