ラリーゲファード

ピックアップ

2016-03-01-07-09-48
本日は北千葉方面。
昨夜、雪が降った様で、ビーチは真っ白。

2016-03-01-07-34-02
ボードは、小波を想定しスキップ師匠のビッグフィッシュ。
(それにしても、シングルコンケーブが凄いっすね。)

2016-03-01-07-40-39
波の方は、セット腰腹でしたが、朝一は、素晴らしいブレイクでした。
2016-03-01-07-34-44
これから、ジョシュ・ホールのピックアップに向かいます。



本日の店の営業は、夕方からのオープンとなります。
お急ぎの方は、店の方に電話していただけたら、
自動転送で私の携帯に繋がりますので、
遠慮なくお電話ください。

それでは、ボードの入荷をお楽しみに!



久々のフィッシュの入荷、
楽しみだぞ!ってポチってくださいね!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


急に北風が強くなってきました。
ノッポさん、揺れ捲ってます。
ホーリー梶川




Fins

image
本日は、フィンについてのお知らせ。

Josh Hall Surfboardsでは、これまで、パフォーマンスでは
プライウッドの上を行く101 Bamboo FInの使用は、
入手が困難な事が理由から、一部のオーダーボードのみ採用し、
リック・クロウ氏のハンドフォイルプライウッドフィン
をメインに使用しておりました。

ところが、最近になって大きな動きが。

なんと、101 Bamboo Finをメインに使うことが出来るようになったのです。
これは、すごく難しい事で、現時点では、ほぼ、マーク・アンドレイニシ氏と
ジョシュのエクスクルーシブとなる様です。

101 Bamboo Finは、その名の通り、竹を材料に作られたフィンなのですが、
プライウッドに比べ圧倒的に反発が強く軽い。
ターン時の伸びがまるで違う、最高のパフォーマンスを持ったフィン。

リックさんのプライウッドフィンもクラッシックなスタイルだし、
スキップさんも使っていますから、個人的にも大好きなフィンなのですが、
やはり、ここは、性能の良い101 Bamboo Finをジョシュは選択したのでしょう。

よって、今後のストックボードは、順次、101 Bamboo Finで入荷する事になりました。
(ご希望あれば、リックさんのフィンにする事も可能です。)


そして、もう1つ。

あの伝説のゲッピーフィンが、ジョシュのボードに使用される事が決まりました!

はい、決まりました〜!!


これは、凄すぎる大ニュース。

あれだけ貴重価値が高く、誰もが憧れるゲッピーさんのフィンが
ジョシュのボードに乗っかってくるのですから。

基本的には、キールフィンを中心とするツインフィンオンリーで、
場合によっては、フィッシュシモンズツインやエッグツインにも使用可能。

ただし、数に限界がありますので、全てのツインにゲッピーフィンが
使用されるという訳にはいかないかもしれません。

基本的には、ストックボードの一部と
お客様からのカスタムオーダーボードという事になります。


それにしても、ゲッピーさんのフィンがジョシュのボードに乗っかるってのは、
ただ事ではありません。

だって、どんな有名なシェイパーだって、
お願いしても出来る事じゃないんですから。


流石、サンディエゴの若大将。



昨日のスキップさんに続き、
本日は、若大将にポチッとお願いいたします!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川




気合いリペア

829b
私の大事な大事なSkip Frye Surfboards。
なんせ、このボード、あの、ラリー・ゲファード氏のお下がりなんですから。

ブログでも紹介したと思いますが、先日、千葉でこのボードに乗ったんです。
そしたら、その時、ボディーボーダーの女の子とぶつかっちゃったんです。

あっ!スミマセ〜ン。

大丈夫?

ダイジョウブで〜す!

そんな感じで、女の子はとっとと去って行ってしまいました。
まあ、何も無くて良かった良かったと思っていたら・・・。

829a
ギョエッ!ボトムに10cm位のブリブリダメージが!
強い力で押されたりした時に出来る、中がひび割れて白っぽくなっちゃうやつ。
あれが、結構、目立つ感じで出来ちゃってたんですぅ。

他のボードなら許せるんだけど、このボードは特別なのよ〜。
もぉ〜、もぉ!もぉ!もぉ〜!

しばらく、この件には触れない様にし、現実逃避していたのですが、
やはり気になるんですね〜。

そして今日。
一か八かの大ギャンブルに出てみました。

829c
サンダーでギリギリまで攻める!
これをしくじったら、全てが水の泡。
慎重に少しずつ攻め込み、ヒビのところで寸止めします。
ヒビが無くなったところで、クロスを乗っけレジンで復元。
(要は、ヒビの部分はクロスの層なんです。
だから、ヒビをとったら、その部分のクロスは無くなるのです。)

829d
レジンが乾く前に、クリアファイルを当て、表面を平らにするのと効果を早めさせます。
(これ、成功するリペアのコツです!今度、やってみて下さいね。)

829e
どおでしょうか?
今日のところはここまでとなりますが、多分、ブリブリダメージは消えている感じです。

数日放置し、完全硬化したところで成形します。

今のところ、順調に進んでますが、
この先無事に満足な仕上がりとなってくれるでしょうか



残暑厳しいですね〜。
台風スウェルが入って来ましたが、オンショアビンビン。
残念ですね〜。実に勿体ない。

本日もポチッとお願い致します!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川







Fish徹底検証

824A
本日は、ジョシュ・ホールがシェイプする2本のFishボードを徹底検証してみましょう!
まず、今回、比較する2本のFishですが、

左のグリーンの方が、いわゆるサンディエゴ・キール・フィッシュ。
スキップ・フライ氏からシェイプの全てを学んだジョシュ・ホール
のサンディエゴ・キール・フィッシュは、サンディエゴのレジェンドからも、
伝統を受け継ぐシェイプとして認められています。

そして、右の黄色いボード。
こちらも、スキップ・フライ氏が考案したボード、フィッシュ・シモンズ。
デッキ側からボードを比較すると、良く似たボード。

しかし、シェイプの味付けも、
そして、乗り味もまるで違う2本なのです。

まず、2本のディメンション。
左のキール・フィッシュは、6'0"×20・3/4×2・5/8。
右のフィッシュ・シモンズは、5'11"×20・3/8×2・1/2。

フィッシュ・シモンズの方が幅が狭いのが特徴です。

824B
ノーズ形状は、フィッシュシモンズの方が、少し、丸みを帯びた感じとなっています。
これは、レイルのストレートラインを伸ばそうとした結果です。

824C
テイルエリアは、フィッシュシモンズの方が絞られています。
因に、テイル幅は、キール・フィッシュが30.5cm、フィッシュ・シモンズが29cmとなっています。

824D

924E
続いてロッカーですが、良く似た様にも見えます。
両方とも、ノーズエリアはアッパー気味のエントリーとなっていますが、
若干、キール・フィッシュの方が、その傾向が強い様です。

これは、ワイズのあるフィッシュ系のボードが波のリップからボトムに下りる際、
ノーズが引っ掛かるのを防ぐ為のシェイプの工夫なのです。

824G

824F
レイル形状は、どちらもダウンレイル。
これは、スキップ・フライ氏のシェイプの特徴でもあります。
よって、サンディエゴのシェイパーの多くは、ダウンレイルを好む傾向にあります。
パワーのあるサンディエゴの波でも、しっかりと食い付くレイル形状という訳です。


それでは、それぞれのボードのボトムを見てみましょう!

まずは、キールフィッシュ。
824M
ノーズエントリーですが、ロールドボトムという事が、この写真でよく解ると思います。
レイル付近が、5mm以上も浮いてますね。

824N
センターより少し前付近から、シングルコンケーブが入ります。

824O
このままフィン近くで最大まで深くなり、

824P
そのまま、テイルまで抜けていきます。


続いて、フィッシュ・シモンズ。
824H
エントリーは、キール・フィッシュと同様です。
こちらも、レイル付近が浮き上がっていますね。

824I
センター付近はシングルコンケーブ。ここまでは、キール・フィッシュと同様です。

824J
そして、テイル付近、特にフィン周りは、強いリバースVeeとなります。

824K
テイルもそのままリバースVeeで抜けていきます。

如何でしょうか。
デッキから見ると、結構良く似た2本。
でも、ボトム形状は、まるで別人の様ですね。

最後にフィン。
824Q
定番のキールフィン。
サンディエゴのフィン職人、リック・クロウ氏によるものです。
最近のサンディエゴフィッシュは、リックさんのフィンが主流となっています。
スキップ・フライ氏を始め、ボブ・ミツベン氏等、多くのシェイパーが同じものを使用しています。

824L
フィッシュ・シモンズも、同じく、リック・クロウ氏のトライフィン。
スキップさんテンプレートのプライウッドフィンです。


結局、この2本。
乗り味的にどう違う?


やはり、キール・フィッシュは、ドライブターンが最高に気持ちの良いボード。
私も、久しぶりに乗ってみたくてしょうがなくなりました。
近々、1本乗り込んでみようと企んでいます。

そして、フィッシュ・シモンズは、とにかく動く!
現在、8’6”にお世話になっていますが、とにかく、このボードは、
その長さで考えて、確実にそれ以上動く。
そう感じるボードなのです。

どちらも、サンディエゴが生んだ、伝統ある素晴らしいボード。

もうこれで、貴方も迷う材料は、一切無くなりましたね。
あとは、ホームページで買い物かごに入れるだけです。

いつものポチの代わりに、今日は、買い物かごをポチってやってみましょうか。

そう、軽〜い気持ちでやれば出来ますから。

CHECK!!



やっぱり、ポチの方もお願い出来れば・・・
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


今日は、体休め?
いえいえ、
ジムでゴリゴリにシゴキ上げてきました〜
ホーリー梶川











売りです! Lis Fish!

LIS57A
現在、最も入手が困難なシェイパーと言われる、スティーブ・リズのフィッシュが入荷致しました!
世界中を探しても、そう簡単に見つかる代物ではございません。

探されていた方は、2度とないチャンスかも知れません。

相応のプライスとさせていただいておりますので、サイズが合えば即ゲットです!


CHECK!!


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川



Lisの日

0502a
本日は、小雨が降る中、南房総へ行って参りました。
先日、レストアから帰って来た、Lisに乗るのが一番の目的。

0502c
波の方は、セット胸前後。
少し、オフショアが強いのが気になりましたが、試乗するには十分なコンデョション。

0502b
このボード、とにかく、ダブルウイングによる細いテイルエリアと、
これまた見た事も無いフィンとフィンとの狭い間隔が、どの様な名乗り味となって現れるのか・・・。

凄く気になるとこでした。

実際に乗ると、全然癖の無い軽い動きのツインフィン。

そんな印象でした。少し、シングルに近い乗り味とも言えるかもしれません。

結構、言う事を聞いてくれて乗り易かったです。

0502e
そそいて、本日は贅沢にもLis2本乗り。
こちらは、去年手に入れた、Lis氏のパーソナルボード!!

こちらも久しぶりに乗りましたが、またひと味違った乗り味が楽しめるボードです。

ここんところ、ツインフィッシュに乗る機会が一気に減っていた私ですが、
先日、スキップ・フライの6’4”を乗って以来、フィッシュの楽しさを思い出してしまいました。

やはり、フィッシュは面白いですね〜。


本日のTeam KITA

0502h

0502g

それにしても、何処の海に行っても良く会いますね〜。
私とKitaさん。多分、赤い糸で結ばれてんでしょうね。

それより、どうです?

いい写真撮れたでしょ。

無断で写真を転用したら駄目ですよ〜。


皆さんもGW思いっきり満喫してますか〜
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川



Skip Frye Magic 7'8" USED

skipmagiclogo
出ました!スキップ・フライ氏のMagicが入荷!

skipmagic78a

スワローテイルの珍しいMagicです。
私が持っているボロルックMagicもそうですが、
その長さやボリュームからは想像出来ない、軽快なマニューバーが描ける、
素晴らしいボードです。

状態も、デッキのフットマークも少ない、大変、コンディションの良いボードです。

貴方も是非、一生に一度くらいは、スーパーレジェンドと言われる
スキップ・フライ氏のボードに乗ってみては如何でしょうか?

本当に感動しますよ!



CHECK!!



本日もポチッと宜しくお願い致します!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川






'81 Steve Lis Double Wing Twin Fish

lisdoublewing6
先日、カリフォルニアで手に入れた、スティーブ・リズのフィッシュ。
ボロボロだったこのボードを、いつもリペアでお世話になっているジョージ君に、
フルレストアしてもらいました。

lisdoublewing1
6’1” × 20・1/8 × 2・15/16

lisdoublewing2
十数箇所のリペアと、再ホットコート処理。
ボロさ加減はそのまま残してもらい、オリジナル感をそのまま維持。
でも、ピッカピカのツルッツル状態!!

実に美しい仕上がりとなりました!

lisdoublewing3
凄いでしょ〜。このダブルウイング。
折れてたフィンは、クロスとレジンで再現。
奇麗に直ってます。

lisdoublewing4
ホットコートにより、デッキのフットマークも無くなってしまいました。
見た目は年期が入ってるけど、触るとヘコミ無し!

う〜ん。

いい感じ!

lisdoublewing5
どうなんでしょうか?
このフィンの間隔の狭さは。

ちょっと心配な感じもありますが、早く試したくてしょうがありませんね〜。

週明けにでも、早速、乗ってしまいましょう!


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川



Skip Frye Frye Fish 6'4"

SKIP64H
またまた出ました!
スキップ・フライ氏のフィッシュ6’4”です。

skip64a
こちらも、元オーナーは、ゲッピーこと、ラリー・ゲファード氏。

スキップさんが、ゲッピーさん用にシェイプした、激レアボードです。

skip64b

skip64c
シェイプは新しく、まだ、日焼けも殆どございません。
デッキには、使用に伴うフットマークがございますが、然程、気にするレベレでは無いでしょう。

skip64d
ダウンレイルが最高にカッコいいシェイプです。
1ラウンド、試させていただきましたが、本当に調子の良いフィッシュです。

これだよ!これ!これがスキップさんなんだ!

そんな風に思ってしまう程、感激する乗り味ですよ。

SKIP64G


SKIP64
こんなレアなボード、手に入れたくたって、そう簡単に巡り会えるものではございません。

skip64f
是非、この機会にレジェンドのボードを体感してみて下さい!

サイズ
6’4”×21・1/4×2・5/8

クリア サンドフィニッシュ

SOLDOUT!!


どしどし、お問い合わせ下さい。


こちらも、どしどしポチって下さい!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川



For GEPPY

3skiplis
先日手に入れた激レア軍団。

なんと、その内の1本を販売する事に致しました。

67skip1
こちらが、そのボード。
スキップ・フライ氏がラリー・ゲファード氏にシェイプした、大変貴重なボード。
当然、元オーナーは、ラリー・ゲファード氏。
恐らく、シェイプは2011年か2012年のもの。
(フィンには、2011年と記されています。)

サイズ
6’7”×21×2・5/8

サンドフィニッシュ


skip672
状態の方ですが、今回手に入れた3本の内、一番コンディションが良いです。
デッキのフットマークも、然程気になるものも無く、他に大きなダメージもございません。
レイルに一箇所、小さなリペア痕がありますが、大変奇麗に修復されています。

skip673
ボトムのコンディションも良好です。
スキップさん特有のダウンレイルと、テイル付近のシングルコンケーブ。
素晴らしい組み合わせです。

skip674
ロッカーもナチュラルな感じです。

skip675
そりゃ、USEDですので、少しはフットマークはございます。
でも、ラリー・ゲファードさんの足跡だと思うと、ちょっと嬉しい。

skip676
細かいところもタマリマせんな〜。

皆さんもお解りだと思いますが、こんなレアなボード、そう滅多に出会うこことはありません。
もし、興味がある方はお問い合わせ下さい。
(本気で欲しいと考えてらっしゃる方のみの限定とさせていただきます。)

普通のUSEDよりは、若干、お高くなりますが、価値あるレアボードです。
是非、ご検討下さい。


こりゃ〜、大興奮だ〜!
その勢いでポチってお願いします!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川



Revolver Maps
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
人気BLOGランキング
人気ブログランキングへ
SURFSIZE
サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中
ブログ村 サーフィン
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
ブログ村 マリンスポーツ