プライウッドフィン

Larry Gephart

09271
スコーピオンベイに行く前日、
ジョシュ宅から徒歩3分のところにある、
大レジェンド、ラリー・ゲファート氏宅に
お邪魔してきました。

こちら、何度か当ブログでご紹介した事もある、
ゲッピーさん(ここからゲッピーさんとさせていただきます。)
ご自宅内にある作業場。

09274


09275

ゲッピーさんの性格がよく表れていますね。
工具や製作中のフィンが、整然と並んでおります。

09273
それにしても、本当にありがたい話です。
普通なら、絶対に会えない様なお方から話が聞けるんですからね〜。
(紹介してくれたジョシュに感謝です。)

今回も、色んな話を聞かせて下さいました。

スキップさんやリズさんとの昔話や
ゲッピーさんのフィンについて・・・。

ゲッピーさんの英語は、何故だか聞き取り難くて、
ただでさえ、ヘボ野郎な私ですが、途中で分かんなく
なっちゃう事も何度か・・・笑。

今度から、録音しようと・・・。

まあまあ、色々と話をお伺いした中で、
私的に一番印象に残ったのがこちら。

09279
1974年の春に撮った写真だそうです。

ゲッピーさんは、若かりし頃、メキシコにハマり、
かなり通っていたそうです。
それも、数ヶ月の滞在なんて当たり前。

09272
仲間とのトリップは、最高だったよ。
って、遠くを見ながら話されてました。
(マジ、渋かったっす。)

09277
こちらの写真を見てください。
はい、ポイント名は忘れてしまいましたが、
この波、20フィート近いモンスターウエーブ。

いやいや、ただそれだけじゃない!

09278
真ん中にポツンといる黒い影。
これ、ゲッピーさんでございま〜す。

分かりますか〜?

当時のメキシコなんて、サーファーなんかどこにもいやしません。
サーフィンしているのは、自分たちだけ。

当然、当時は、リーシュコードなんて存在しませんよ〜。

はい、レスキューのジェットもヘリも、そこにはいません。

頼るものは、自分の体力と運のみ・・・。

数人で沖に行き、こんなクソでかい波に乗るっちゅ〜んですから、
ちょっと、現代のサーファーでは考えられませんよね。

話はちょっと逸れますが、こんな波のスープの高さは数メートル。
グルングルンに掻き回されて、やっと上がってきても、水面の上には、
数十センチの泡が浮いてるんです。
人間の体は、水には浮きますが泡には浮きません。
という事はどういう事か・・・。

やっと、這い上がったとしても、息を吸うのは泡ごとしかないそうです。
なんか、その話、カウアイ島のジミーさんにも聞いた事がありますが、
アワアワの空気を吸い、水分を肺に入れない様に気を配りながら、
肺に新鮮な空気を入れるって言っていました。

んっ?

良く分からんし、やってみたくないですね笑。


それで、ゲッピーさん、こんな波にボッコボコに打たれ、
悔しくて、急いでカリフォルニアに!
当時、シェイプしてもらってたビル・キャスターにお願いし、
新しいシェイプ、そして、より長いガンを車に積み込み、
またすぐにメキシコに戻った事もあるよ〜。
なんて、おっしゃってました。
(9フィートだって言ってました。)

ゲッピーさんは、サンディエゴフィッシュを語る上で、
必要不可欠な存在の大レジェンド。

でも、今回、ビッグウエーバーとしても、レジェンドだという事を、
私。初めて知ってしまいました。

何気に、先輩とかジイさんの昔話を聞くのって、
とてつもなく退屈なもの。

でも、ここまで話がスゴイと、聞いてる最中、
ず〜っと、鳥肌が立ちっ放しでした。

昔のサーファーはカッコイイですね〜。
本物の海の男。男の中の男です。

と同時に、当時に生まれなくて良かった〜。
って、正直、思っちゃいました〜笑。


09276
こちら、ゲッピーさんが趣味で作っている、イルカのアート。

以前、当店で限定販売したハートに続き、
今回、こちらのイルカとシャークを数個ずつお願いしてきました。

ゲッピーさんの毎度のロゴが入った、
地元のサーファーも手にした事のない、
激レアートです!

入荷が楽しみですね〜。



おしまい。




明日は、スコーピオンベイから帰り、その後お会いした、
Shapes and Hullsのティム・ボウラーさんのお話。

ティムさんが、どれだけ、ゴイス〜なレジェンドなのか・・・。
明日、解明します。


今日のゲッピーさんへ、
そして、明日に期待のポチを!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





Geppy"s Heart

geppy
ラリー・ゲファート。
50年近いサンディエゴフィッシュの歴史の中で、
キーになってくるパーソン・・・。

スティーブ・リズ

スキップ・フライ

そして、ラリー・ゲファート。

この3人の手によりサンディエゴフィッシュが誕生し、
そして、歴史が守られてきました。

サンディエゴの拘りサーファーは、ゲッピーフィンが
グラスオンされたないサンディエゴフィッシュは、
本物のサンディエゴフィッシュとは言えない。

それほどまで言われる、大事な存在となるゲッピーフィンなのです。


そんな、歴史的にも重要な存在となるレジェンド、
ラリーゲファート氏によるハンドフォイルハートアート。

サンディエゴでも手に入らない、大変貴重なアイテムが、
限定数ではございますが、ホーリースモークに入荷しました。


P7021396b
使用しているマリンプライウッドも
全ての作業工程もフィンと同じ仕様となる
大変、貴重なアート作品となります。

4


3


2


P7021343b
フィンに入っているサインも同様に入っています。

サンディエゴフィッシュの歴史の重さを感じる
マリンプライハート。


あなたのお部屋のインテリアにお一つ如何かしら。




CHECK!!





こちらも宜しくお願い致します!

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村



えりちゃんのブログに出てた腰振り人形。
私はアレを、素っ裸になる様塗装して、
”エリちゃん”と名付けようと企てております。

ホーリー梶川






JOSH HALL SURFBOARDS

01161
無事、到着!

これまった、今回も色がヤバイ!

当然、シェイプも最高!!

01163
今回は、5’代のフィッシュが4本。

01162
そして、特にお勧めしたいと思い、
ガッツリ仕込んだJH Egg Twin Bat Tail。

01164
そして、2本のPointed Nose Egg Pintailと
久々の入荷、Magic。


計12本でございます!


とにかく、明日、撮影しアップしますので、
今晩は、この写真で思いっきり呑んじゃってください。


それでは、ごきげんよう!

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





PLYWOOD ART

IMG_1574
こんな激レア写真、そう簡単に見れるもんじゃありませんよ〜。

なんせ、ラリー・ゲファート氏は、これまで、頑なにメディアの取材を断り続け、
顔が表に出る事なんて、過去に一回も無かったお方ですので。
(でも、近々、とある雑誌で取り上げられる予定ですよ〜。楽しみですね〜。)

現在、ゲッピーさんには、クラッシックテンプレートのフィッシュ6本をオーダー中。
はい、それらは既に完成しており、今週の金曜日にサンディエゴを出発する予定。

そして今回、ゲッピーさんにもう一つお願い事をしておりました。

IMG_1533
それはコチラ。

ゲッピーさんがバレンタインの時、奥様にプレゼントしていた
プライウッドで作られたハートのアート。

これ、前回の渡米の時、ゲッピーさん宅で見たのですが、
ピーン!!って来たんですよ。

どうにか、これを作ってもらってお店で取り扱おうと。

はい、商売人です。

今まで売った事が無いんだけどな〜。って、初めは仰っていたのですが、
今回、4個限定で作ってくれたのです!

イルカは、私へのプレゼントなのでダメ。
これは、お店のオブジェ。いや、車に飾ろっかな〜。

ハートの方は、ボードと一緒に届きますので、
皆さん、楽しみにしててくださいね〜。

ちょっと高いけど、なんせ、ゲッピーさんメイドの
激レアアートですから。

同時にジョシュも10本入荷する予定です。
そちらも併せてお楽しみに!



こんなレアな写真ですよ!
ポチん無かったらバチがあたります。
今日もPCでお願い致します!

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村






ホーリー梶川







Larry Gephart

lg1
先日、カリフォルニアに行った際にゲッピーさんから直接買ったフィッシュ。

lg2


lg3
70年代に使用していたテンプレートで復活させたクラッシックなモデル。

lg4
適度なロッカーと幅のあるアウトラインを持ち、
ノーズエリアはラウンド気味のボトムデザイン。

ゲッピーフィッシュは、本当に運動性能の高いボードです。

この長さのフィッシュなら、フィッシュでガンガン攻めたい
サーファー向けと言えます。

とにかく、フィッシュで暴れまくりたいっていう貴方は、
迷わず、ゲッピーフィッシュです。

スピードと動きの良さに驚きますから。

lg5
フィンは、激レアなゲッピーフィン。
はい、当然、使用されています。

lg6
このロゴだけで、欲しくなっちゃいますね。




CHECK!!





にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村





ホーリー梶川





Larry Gephart

image
昨日は、ゲッピーさんとお会いしまいした。

その前に、この写真自体が凄過ぎる事なんです。

皆さん、ゲッピーさんの写真って、見た事ないでしょ?
昨日も、ゲッピーさん自身がおっしゃっておりましたが、
ゲッピーさんは、過去、メディアに出た事も、とにかく、
こうやって、公の場所に写真がアップされた事の無いお方なのです。

そうなんです。ずっと、撮影のオファーを拒んで来たからなのです。

それを、今回、特別に撮影のオッケーを出してくれて、
しかも、ブログにアップしても良いと仰って下さったのです。

image
だから、こんな、日本のオッサンとのツーショットなんて、
当然、初の出来事。ある意味、大スクープなのですよ。


今回、お会いしたのは、ゲッピーさんがご自身の
ボードブランドを立ち上げ、それを、日本で販売してくれないかと
ご依頼を受けたから。

元々、ゲッピーさんは、60年代から70年代は、
シェイパーとして活躍していたのですが、
いつしか、フィン専門のクラフトマンとして有名になり
シェイプする事は無くなってしまいました。

でも、元々、自分の考えるツインフィッシュのデザインがあり、
これまで、付き合いの深いスティーブ・リズやスキップ・フライに
シェイプしてもらっていたのを、自らのブランドとして
世の中に広めていきたいと考え始めたのです。

そのゲッピーフィッシュをご自身のボードブランドとして、
今回、販売を開始していく事になったのです。

詳細は、帰国後にご紹介させていただくとして、
取り敢えず、明日(いや、現在、翌朝の5時)。
あと2時間後には、今回お借りした6’4”のフィッシュを
試乗をさせていただく事になりましたので、
レポートの方を楽しみにしててくださいね。

波の方も、グングンサイズアップし始め、今日は、
4−6はギャランティーだって、ジョシュも言ってましたから、
楽しみですね〜。

それでは皆さん。
この激レアなゲッピーさんの激レアショットに
大ポチ祭り、宜しくお願い致します!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川



Revolver Maps
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
人気BLOGランキング
人気ブログランキングへ
SURFSIZE
サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中
ブログ村 サーフィン
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
ブログ村 マリンスポーツ