ビンテージサーフボード

オタク野郎

2017-11-09-16-47-25
オタク野郎の私が、最近、手に入れたビンテージボード。

はい、大好きなPlastic Fantastic Surfboards。

60年代後期に誕生したプラファン(勝手に短縮)は、
サイケデリックなイメージのサーフボードを世に送り出していたブランド。

2017-11-09-16-48-04


2017-11-09-16-47-59
ロゴの感じからして、サーケデリック臭ビンビンです。

当然、カリフォルニアのブランドです。

今回手に入れたのは、左のダブルウイングスワローテール。

長さは、6'1"で、今まで所有していた右の5'10"と比べると、
波のレンジは、少し、大き目を狙う用といったところでしょうか。

2017-11-09-16-47-46
幅のあるスワローテイルと細く絞られたダブルウイングスワロー。
大分、乗った感じは変わってくるでしょう。

この手のレトロシングルは、実は、乗り易いんです。

シングルフィンってのは、70年代に完全に完成されていて、
基本構造は、現代のシングルフィンも同じ。

フラットからVeeで抜けるボトムが中心。

最近のシェイプは、基本は同じですが、リバースVeeになってるものや、
ノーズからシングルコンケーブで抜けてるボードもありますね。

でも、やっぱり、今でもシングルフィンの基本は、
これらの70年代にシェイプされたモノと変わりません。

ただ、一つ、大きく違うのがレイルですね。

2017-11-09-16-48-50


2017-11-09-16-49-04
この二本を比べると、落とし方に差がありますが、共に極太。

一昔前のショートボードの倍はありそうな
マッスルカマボコマンです。

でも、こんなもん、すぐに慣れちまいます。

結局、テイル付近は、薄く落とされているので、
テイルを踏めば、結構、軽快にボードは反応してくれるし、
そもそも、浮力がハンパ無いので、カッポレる波でも、
ウネリから走り始めるので、今のボードとは、
ライン取りが完全に変わりますが、カッ飛びパワーは、
むしろ、上かも知れません。

2017-11-09-16-48-29
それにしても、今回手に入れた、6'1"のビークノーズっぷりがハンパないですね。
(日本では、イーグルノーズって言いますが、
カリフォルニアでは、ビークノーズって、皆んな言ってます。)

それにしても、プラファン、カッコイイですね〜。

新しい方は、今度、フルレストアに出して、
一線で活躍出来るボードに仕上げたいと目論んでおります。


2017-11-09-17-02-18
先日のカリフォルニアでは、こんなのもゲットしてきました。

2017-11-09-17-02-38
激レアなSchroff。
カリフォルニアでは、ビンテージ市場でも、
かなりの高値で取引されるピーター・シュロフが、
70年代の後半にシェイプしたボードです。

2017-11-09-17-03-13
これも、スゴイですわ。

手に収まらんばかりの極太カマボコ。

昔のサーファーは、こんなボードに乗って、
エグい波を突っ込んでたんですからね〜。

私も波がデカい時に、たまにビンテジのシングルを持ち出しますが、
実は、恐怖を感じる事もありますます。

なんせ、浮力がスゴイから、普通のショートボードは、
サックサク簡単にドルフィン出来ちゃってても、
こんなの出来るワケ無いですからね。

乗る時は、70'sスタイルでカッコつけて突っ込みますが、
戻る時は、ボロボロに叩かれまくって、ヒーヒー言いながら
、そりゃ、もう大変です。

想像してくださいよ〜。

こんな浮力のあるボード抱え込んで、目の前で頭半とかダブルの
波がブレイクした時の事を・・・。

昔のサーファーは、キモの座った野郎どもばかりだったんでしょうね〜。



という訳で、ビンテージボードが、またまた、追加された
ホーリービンテージボードコレクション。


私は、基本、乗る事を前提に手に入れます。
その内、今回手に入れたボード2本も乗って
ブログにアップさせていただきますので、
楽しみにしててください。



久々の70'sポチです!
よろしくお願いします!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川




フィンボックス

2017-01-20-16-00-54
これまた今日は、レアなボードの登場ですね〜。

2017-01-20-16-01-33
Gordon&Smith時代のスキップさんのハルシェイプ8'0"と、


2017-01-20-16-01-39
先日初乗りした、Sunset Surfboardsのナメクジ君。

2017-01-20-16-03-01
本日は、この2本のフィンシステムに触れてみましょう。

2017-01-20-16-03-22
先ずは、スキップ。
このフィンは、プラッチック製。
60年代後期にフィンが取り外せる画期的なシステムが、
世の中に出回る事になったのですが、当時のフィンの多くは、
プラッチック製。グラスフィンもありましたが、やはりここは時代性。
成型により大量生産できるブラッチックモノは、コストも安く上がるので
重宝されたのでしょう。

2017-01-20-16-03-15
このプラッチックフィンは、ボックスに入れ
ボルトで固定するというシステム。
これがまた、割れちゃうんですよ〜。

だから、このボードに関しては、ほとんど、取り外しはしません。
割れたら、代わりが無いですから。

2017-01-20-16-05-31
このフィン、フレックスが凄いんです。
GL Flexなんて比じゃありません。
ブニャンブニャンとまではいきませんが、
指で簡単にひん曲がるぐらい柔らかいフィンなのです。


2017-01-20-16-03-55
続いて、ナメクジ君。
当時、ボックスのツインフィンってのは、結構、普通にありました。
でも、現代のフィンボックスのようなスタイルのものが中心で、
この手は、かなり、目面しいですね。

2017-01-20-16-04-11
このボックスは、フィンを前にスライドさせて引っこ抜くという構造。

2017-01-20-16-04-29
こんな風に、先の方がデカくなってて
抜けないような構造になってます。

2017-01-20-16-04-37
ボックスは、前後に5段階で位置調整が可能。

このボードを発掘した時、どやって外すんだか、
ジョシュのファクトリーで皆んなで悩みました。

サーフボードの進化と共に、フィンシステムも大きく進化してるんですね〜。
一瞬で無くなっちゃったフィンシステムも沢山ありましたからね。

今日は、昨日よりもっと良いサーフィンがしたいという、
今も変わらぬサーファーの想いがそうさせたのでしょう。


2017-01-20-16-06-15
それにしても、両方とも凄いボトムだわ〜。


本日もガッツリお願いいたします!
にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村



プラッチック、違和感感じなかったら
正真正銘のオッサンです。
ホーリー梶川




サーフィンとサーファー、そして、サーフボード。

11081
ビンテージサーフボード・・・・。

たまりませんね〜。

これまで、何十本ものビンテージボードを集めてきましたが、
もういいやって気持ちになる事は、恐らく今後もないでしょう。

11082
私は、26歳というサーファーとしては、
限りなく遅い年齢でサーフィンをスタートしました。
でも、始めた瞬間からサーファホリックに陥り、
日々、サーフィンの事を考えるばかり。

はい、今でも全く変わる事なく。

私は、人より好奇心が強いのかも知れませんね。

今の仕事をする前から、気になるボードは片っ端から乗ってきました。
始めた年だって、いきなり、3本ぐらい新品ボードを買いましたかね〜。
最初は、ラスティーに夢中だったかな。確か、ムラサキスポーツで、
ローンを組んで買ってましたよ。

11083
この仕事に就いてからも、その気持ちは同じ。

新しく入荷したボードは、片っ端から試乗。
ウチが取り扱ってるボードじゃなくても、
気になるのがあれば、全て試乗。はい、試乗、試乗、試乗。

サーフボードを販売する仕事なので、とにかく、乗ってみるってのが一番大事
ってのも頭にありますが、私の場合、とにかく、好奇心が先走りしちゃうんですよね〜。

サラリーマンだった頃は、給料のほぼ全てをサーフィンに使うほどの
大バカ者。(今も同じです。)

今まで、何百本乗ってきたんでしょう。全く見当がつきません。

この行動の根源は、スタートが遅かったから、
少しでも、多くの事を経験しなきゃってのもあったかも知れませんね。

でも、今、確実に言えるのは、いろんなサーフボードに乗ってきた事で、
当然、ボードの個性や素晴らしさ、時によっては、これ、ダメじゃん。
って、いろんな事に気づき、こんな波にはこんなボードを。とか、
こんなサーファーには、こんなのに乗った方が良いって分かる様になった事。
(結果、仕事に結びついてくれましたね〜。)

そして、自分の悪いところやこんなサーフィンがしたかったら、
これに乗れば良いよ。ってのを、サーフボードが教えてくれましたね〜。

11088
私が、ビンテージボードを集め乗っているのも、単にスタイルじゃないんです。
サーフィンの長い歴史や文化を少しでも知る為に、
その当時に象徴されるボードに乗って体で感じる。
新しいボードだけじゃなく、過去の物もチェックしたくなったのが始まり。

時には、古い写真やムービーも見て、その当時のサーファーが、
どんな乗り方をしているかなんかもチェックしたりして。

過去の経緯があって、初めて現代のサーフィンがありサーフボードがある。

サーフボードとサーファーの関係って、昔っから、奥深いですから。

一本でも最高の波に乗りたい。

少しでも、昨日より上手くなりたい。

って、サーフィンが生まれた瞬間から、サーファーは、
サーフボードへ求める気持ちが今も変わらないのです。

11089
最近、取り扱うボードの種類が増えたから、
ビンテージボードに乗る機会が減りましたね〜。

さっき、写真を撮ってる時に頭を過ぎりました。

明日は、ビンテージボードだけ車に積んで海に行こう!って。

例え、波がデカくてアウトに出れないほどのカマボコ野郎でも、
当時のサーファーの事を考えながら、千本ドルフィンやらせていただきます!




PCポチお願いいたします!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



シンプルに生きるが一番。
初心に戻ります。
ホーリー梶川








ビンテージ

12231
本日は、トロ松が、スクーカムのスタジャンを買いに来てくれました。

なんと、トロ松は、今月の14日にお父さんになりましたよ〜。
27歳でお父さんですよ。凄いっすね〜。

12233
それにしても、相変わらずですね〜。
27歳の若さで、昭和の哀愁を漂わせてるのは、
世界中どこ探したってトロ松以外にいやしませんよ。

スクーカムの”古くさスタイルホーリー別注”が、
ビンテージに見えますからね。

生まれてきた子供は、ウチのお父さん、どう見ても普通じゃないだろ?
って、いつ頃、気付くんでしょうかね。

なんだったら、その前に、教えちゃおっかな。
君のお父さんは、普通じゃないんだぜ!
ふふっ・・・って。

でもね、あの"超拘り昭和スタイル野郎"が選んだ
スタジャンって訳ですからね。
彼がイメージしている、まんま、"当時物"って事なんでしょうね。

有り難い話です。



さてさて、こちらも、ビンテージな入荷案内。

TED Surfboards
ted1


PIPELINE Surfboards
pipe1


HAWK Surfboards
hawk1


それにしても、マニアック過ぎる今回の入荷。
日本の最古のブランドTED、
DYNOの姉妹ブランド、坂本氏率いるPIPELINE、
マイク・ホークシェイプの劇シブ80’s シングルHAWK。

どれも、強烈な個性を放つ、ビンテージファンには
たまらないラインナップ。


皆さん、チェックしてみましょう!!




CHECK!!





本日は、トロ松にオメデトウのポチですね。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川




Vintage AIPA Twin

11021
出ました!
泣く子も黙る、AIPA!
こんな写真、滅多に撮れるもんじゃありませんよ。

この強烈な個性を放つ2本のボードが、本日、ホーリースモークに届いたのです。

遠方にお住いのお客様からご依頼された委託ボードです。

販売に向け、傷の具合やシェイプなどじっくりとチェックした結果!

一本は、私がキープしちゃいました〜。

すみません。

まあ、ここまでコンディションの良いビンテージですので、
1ラウンドか2ラウンド乗って販売するかもしれませんが、
一先ず、キープしちゃいたいという衝動が私の心を駆け巡ってしまったのです。



AIPARED1
まず、キープした5’9”からご紹介。

AIPARED2
このボードは、今から35年ほど前にベン・アイパの愛弟子だった、
林 利夫氏によってシェイプされたボード。

AIPARED3
ボトムのコンケーブが恐ろしい。
ボンザー以上にボンザーコンケーブが彫り込まれた、
全く想像のつかない化け物ボード。

AIPARED5
どうですか?
凄いでしょ。

AIPARED4
でも、アウトラインが凄くいい感じだし、全体のボリュームの出し方や、
ロッカーの感じなんかを見ても、昔の難しいボードとは、
ちょっと違うんです。

80年代のビンテージって、どれに乗っても暴れ馬で、
見た目はヤバいんだけど、乗り味がイマイチで残念な
気持ちになることがよくあるのですが、このボードは期待できそうですね。

そして何より、デザインがヤバすぎですね。

ボードを小脇に抱え、鎌倉から茅ヶ崎まで浜をずっと歩いて
見せびらかしたくなるぐらい・・・。

すみません。

このボードは、一先ずキープです。


AIPAYELLOW1
続いてこちら、6’1”のツインピンモデル。

以前、同じモデルに乗ったことがあるのですが、
このボードは、現代のボードに引けを取らない乗り味の
素晴らしいボードでした。

AIPAYELLOW2
だから、今回は、赤い方をキープしたって訳です。
でもこのボードも、凄いコンディションですよ。

デッキのフットマークだって、数えるぐらいしか無いし、
リペア跡や傷など数カ所あるものの、当時のものとは思え無い、
抜群のコンディションをキープしたビンテージボードです。

AIPAYELLOW3
これまた、ツインのボックスが泣かせてくれますね。
当時のツインによく見られるツインボックス。

AIPAYELLOE5
しかも、フィンもレインボーフィンのオリジナルが付属です。
このボードも、スンゴイボトムでっす。

AIPAYELLOW4
レイルは、テイパー気味のダウンレイル。
最高にかっちょいい落とし方ですよ。

AIPAYELLOW6
いやいや、本当に素晴らしいコンディションですね。
しかも、激安ですので、お好きな方は、
是非、コレクションとしてキープして下さい。



Aipa-Green-Sting-with-Buttons
最高の時代の最高の思い出を、是非、このボードと一緒にで取り戻しましょう!




CHECK!!




やっぱ、昭和っていいね。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川



70's Liddle

09105
あらら、一気にサイズダウンです〜。

本日の湘南方面は、台風17号からのウネリが入らず、
セット腹前後のプアーコンディション。

昨晩は、明日、板、何持って行こうかな〜?
なんて、色んな事を考えながら期待してたんですけどね。


09102
朝一の波情報で、腰腹って出てたので、持って行ったボードは
こちらただ一本。
Liddleの73〜4年シェイプのビンテージ物。

アメリカで手に入れ、日本でフルレストアしたまま
まだ、一度も乗っていなかった私のお宝。

09103

09104
長さは7’4”。
アウトライン、ロッカーは、今のシェイプとほぼ同じ感じですが、
レイルの落とし具合が違うんです。
今のシェイプの様なピンチレイルではなく、
少し、大人し気味のソフトボキシーレイルで、ノーズのコンベックスっぷりも、
少し控えめ。
フィンボックスの位置も、今のものより後ろにセットされています。

09106


09107

まあ、こんなコンディションですから、
かっ飛びビンビンってのは味わえませんでしたが、
やはりハルですね。テイクオフ後、ボトムに降りていく時のスピード感が
まるで違います。
ギュ〜ン!!って、スゴイ加速感でした。

プアーコンディションって言っても、時折、形の良い波もあったのですが、
そんな時は、アップスが最高でした。
※ハルのアップスは、通常のボードのレイルの入れ方と違い、
波に入れる側のレイル付近のボトムを使ってアップスをします。


やっぱ、ハル最高です!!

最近では、ハルに乗っているサーファーの数が
めっきり減ったような気がしますが、私的には、
今後も引き続き、ハルを積極的に展開していきたいと考えております。

ハルに乗ってしっかりとコントロール出来る様になった後に
普通のレイルのボードに乗ると、レイルワークが一気に上達した事を
すぐに感じますよ。

これ、マジですから。

09101

信じるか、信じないかは、あなた次第・・・。


でも、確実に言えるのは、ハル最高!!



ポチるかポチらないかもあなた次第。
いやいや、こちらは、どうか宜しくお願い板します!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ポチらないと、マイケル・ピーターソンがマジギレしますよ。

ホーリー梶川





Skip Frye Pintail

04202
先日、カリフォルニアでゲットした、ビンテージのスキップ・フライ。
80年代前半のシェイプと見受けられるこのPintailが、
本日、フルレストアから戻って来ました。
かなり年期の入ったボードでしたが、見た目の雰囲気はそのまま残し、
傷ついたところや浸水しそうなところを数十箇所リペアしてもらいました。

04201
これは、サイズのある波では、最高に気持ちが良さそうですね〜。
もしかしたら、早速、明日いい感じでサイズアップしたら、
出番が回ってくるかも知れません。

04203
このボードの40年近い歴史の中で、
何人のサーファーがこのボードに乗って来たのでしょうか。
このボードに、さぞかし色んな思い出が詰まっている事でしょう…。

私も、その仲間入りが出来ると思うと、何だか、ワクワクして来ますね〜。



ポチ、随時、募集中で〜す!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川





当時スタイル

04121
本日は、70’sスタイルのフィン作り。
当時スタイルのフィンって、結構、作られていないんですよね。
個人的には、当時物のフィンは何本も所有していますが、
今日は、皆さんに、こうやれば作れちゃうんだから。ってところを
見ていただこうと思い、軽い腰を(笑)上げてみちゃいました。

こちらの写真。
右が当時物で左が最近の物。
この当時物は、中でも細い方なのですが、基本、当時のフィンって
立っててレイキが弱い物が中心。
フィンの後ろ側が、ストーンッて立ってる感じのフィンが多いんです。

因にこのフィンは、DYNOを手に入れた時に付いてたフィンです。

一方、左のフィンは、フィンの後ろ側が思いっきりカーブしてます。
ターンの粘りなんかは、こっちの方が良いのでしょうが、やはり、
当時物のボードには、当時スタイルがお似合い。
例えば、ブロムのシングルの様な、クラッシックなスタイルのボードにも、
当時スタイルがハマりますよね。

04123
せっかくの作業なので、ついでに新品のCalifornia Classicもやっちゃいましょう!

04122

04124
まずは、こんな感じで、理想とするフィンの形になる様、マジックでアウトラインをひきます。
今回は、当時物のフィンのアウトラインを利用しました。

04125
それでは作業開始!!

04126
まずは、ジグソーで大雑把に要らない部分をカット。

04127
こんな感じで全然オッケーです。

04128
続いてポリッシャーで一気に整形していきます。
#100のヤスリで削っていきますので、作業は一気に進みます。
反面、ミスもデカいので注意しながらの作業が肝心です。

04129
凄まじい粉塵です。
これまでの人生で、どれだけの粉塵を吸い込んでしまった事か・・・。

041210
こんな感じになりました。
左の方は、少しティップを太めにし、右は、ちょいトンガリで作ってみました。

041211
ここからは手作業。
#320の水研ぎペーパーで確認しながらゆっくりと整形していきます。

041213

041212


041214

041215
いい感じに仕上がりました。
当時のフィンそのものですね。

041216
最後にお決まりの2液性ウレタンクリアでトップコート。

041217

041218
生乾きの状態で再塗装を数回繰り返し、厚い塗装面を作り上げます。

あとは乾かすだけ。


はい。

ざっと、こんな感じで完成です。

ジグソーは無くても、サンダーかポリッシャーが無いと、
ちょっと、厳しいかも知れませんが、もし、お持ちの方で
やってみたいと思われた方は、参考にしてみて下さいね。



それでは、本日もポチタイムがやって参りました。
今日も読み応えバッチリだったでしょ!
是非、ポチってお願いしますね〜。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川







これはレアだよ

infinity2

ご存知ですよね?

カリフォルニアのINFINITY SURFBOARDS。

70年代から80年代にかけて、日本でも人気だった、
懐かしのブランド。
いやいや、今でも、現役のブランドですね。

INFINITY4
何年前ですかね〜?
多分、10年程前だったと思います。

このインフィニティーのビンテージシングルフィンを手に入れた際に、
付属品として付いて来たのがこちらのボードバッグ。

infinity1
ナイロン製の激レアなアイテム。

もしかしたら、本体のボードよりレアなんじゃないでしょうか?

infinity3


ナイロンの一枚もので、プロテクション機能はゼロ。
でも、古臭くてカッコいいですね〜。


当時、このボードバッグを人に見せつけて、
”俺、インフィニティーっすぅ。”って、
自慢げにしてた電車サーファーって、
絶対に居たでしょうね〜。


電車サーファーかぁ・・・。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川









DYNO Surfboards

dynoall
先日、スティーブ・ブロムさんが譲ってくれた一番左のDYNOを合わせ、
現時点で4本のコレクションとなった所でパシャリと一枚。

それにしても、ビンテージの中でもレアなブランドだけに、
本当に良くここまで集まったものです。
何度見ても飽きる事はありません。

DYNOALL2
昔のボードのロゴって、カッコいいですよね〜。

このDYNO以外にも、G&S、Skip Frye、Bolt、T&C、MR・・・・。
幾らでもカッコいいロゴがありましたよね。


03011



70年代・・・・。

やっぱ、最高です!




にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川




Local Motion 80's Thruster

12281
ローカルモーションの80年代後半にシェイプされた
古いスラスターが入荷しました。

localmotion1
古臭〜いデザインが、時代を感じさせるボードです。
でも、このボードは使えそうですね。
浮力もありそうで、テイクオフもかなり早いでしょう。
大きな波で乗るには持って来いのボードです。

localmotion2

localmotion3
状態もかなり良く、このまま、直ぐに入水可能です。

丈の短い海パン穿いて、このボードを脇に抱えビーチをウロチョロしてみたいですね。
想像するだけで、懐かしい思い出が込み上げてくるオジさんもいらっしゃる事でしょう。


それでは、チェックタイム!!


CHECK!!



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川




Liddle

11191
これ、私のLiddleコレクション。

Burrito DX 5'7"(一番左)。
これ、かなりのレアボード。現在は、5’7”はシェイプしてくれないんです。

PG 5'8"(その右)。
最近、ちょこちょこ乗ってるボードで、結構、楽しませてもらってます。

M3P 6'8"(真ん中)。
シェイプのバランスが気に入り、先日入荷した際に、キープしてしまいました。

Point Breaker 7'1"(右から2番目)。
先日、デッキにガラスクロスを追加したボード。重さが楽しみです。

Point Breaker 7'9"(一番右)。
先日手に入れた、95年のデッドストック。ロゴが今のと違ってレアでしたので
取り敢えずキープ。
(その内、売りに出すかも。)

そして、床に置いているのは、70年代初期にシェイプされたビンテージ。


何故、こんなにLiddleばかり集めているのでしょうか?

答え)
Liddle氏がお爺ちゃんだから。
イカンイカン。それは失礼です。
結局のところ、やっぱり、好きだからですね。
あの、乗り味とスピードを知ってしまうと、離れる事が出来ません。

でも、正直なところ、実際、年齢からして
何時シェイプをやめてしまうか解りませんからね。

ハルは、サーフボードとして、最終的な完成形とは言えないかも知れません。
でも、あの強烈なスピードは、絶対に他のボードでは味わう事が出来ません。
絶対ですよ。絶対。

サーフィンをしていて、あの信じられない程のスピードを感じた時の気持ちの良さは、
とにかく、病み付きになりますからね〜。

11192

11193
70年代初期には、サーフボードのスピードの限界を、
既にシェイパー達は知っていたのです。
最近のコンケーブにより加速させる考えではなく、
とにかく、水への抵抗を一番小さくするボトムデザイン。
それが、”ハルボトム”なのです。
水を逃がしてやって、とにかく、抵抗を少なくする考え方です。

(現代のボードは、バランスが最高です。スピードは、ハルに敵いませんが・・・。)

11194
ほら、これ見て下さい。
スキップ・フライ氏の60年代後半のシェイプ。
G&Sのシェイパーを務めていた時のものですね。

このボード、Liddleのビンテージと良く似てるんですよ〜。
アウトラインからボトムデザイン、そして、レイルの感じまで。

今となっては、”ハルスタビー”と呼ばれ、特殊なジャンルとされるぼーどですが、
当時のシングルフィンのスタンダードだったんですね〜。


・・・・・・。


今日は、何が言いたいんだ?

って事になりました。

はい。

今日は、Liddleをたくさん持ってって、凄いだろ!
ってな話。

でした。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川



My Boards

Bさんから贈呈品を頂きました。
Bさんありがとうございます。

「SURFIN LIFE 81年増刊号」
0613c

数々の名サーファーの名前。
この名前を見るだけで、興奮が収まりません。
0613d

MR、ラビット、トムキャロル、バートルマン等、
素晴らしいライディングのオンパレード。
ewfefvw

先日の台風3号で、
ビンテージボードを笑顔で取り出す、ホーリー梶川を見て、
古い物には男のロマンが詰まってるんだなと、感じました。

まあ、ホーリー梶川のビンテージボードは別格の逸品ばかりですが、
たまには私も、サーフブログを書いてみようじゃないかと思い、
本日は私が持っているビンテージボードを紹介してみます。
0613b
0613a

Tom Carroll
Mark Richards
Larry Bertleman
Wayne Rabbit

昔は良く、自分の部屋に並べて、眺めながら晩酌してました。

・・・乗れよ!って感じですね。

MRは結構乗りましたよ!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

トロマツ



Surfline Hawaii

surflinehawaii1
凄いものを手に入れました。
Surfline Hawaiiの70年代初期のシングルフィン。

surflinehawaii2
デッキのフットマークも数える程しか無い、極上品です。

surflinehawaii4
タマランですね〜。このエアブラシ。

surflinehawaii3
台風シーズンの大波で試したくなるアウトラインです。

surflinehawaii7
かつては、ディック・ブリューワーを始め、ベン・アイパ、ジェリー・ロペス等、
多くのレジェンド達がシェイプを務めた、超名門ブランドSurfline Hawaii。
このボードに関しては、Buddy Dumphyシェイプ。

surflinehawaii6
男のロマン。
これ見ながら、何杯でも酒が呑めます。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川



North Shore Fins

0309a
サイズ欠けしていた、ノースショアフィンが入荷致しました。
これまで無かったサイズも入荷しておりますので、

あ〜あ、残念。

と思ってらした方は、この機会に是非!
CHECK!!


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


私も確保させていただきました。
ホーリー梶川



2本のサーフボード

0209e
先日ご来店いただいた方がお持ちのFish Simmons。
確か、長さは9’位だったと思います。

0209a
それにしても、たまらなくカッコいいボードですね〜。
アウトラインも抜群です。

0209b
これまた、強烈なリバースVeeじゃないですか。独自スタイルのレイルとボトムデザインは、爆発スピードを生みます。
私も、丁度、この位の長さのFish Simmons(スキップさんシェイプ)に乗った事がありますが、
すんごいスピードに感激した事を覚えています。

0209c
ホント、とてつもなく深く、彫り上げたボトムですね〜。

因に、フィンは、ボブ・ミツベンさんのハンドメイドです。
(ジョシュも普段は、同じものを使用しています。)


あっ、これ?

残念ですが、売り物ではありませんよ〜。


そして、こちら。
0209f
トロ松から買ったBingのビンテージシングルフィン。
ちゃんと乗れる様に、フルレストアしちゃいました。

0209h

0209i
いいアウトラインしてますね〜。
長さは、6’10”。意外にも、ボトムはVeeじゃないんですね〜。フラットいたいです。

0209j
しばらくの間、トロ松が乗っていたからと言って、トロ松サイズ用のボードではありません。
セミガン的なシェイプですね。丁度、『FREE RIDE』時代のモノですね。

今度、大波の日にこのボードを試してみたいと思ってます。


2本の個性的なボードのご紹介でした。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


またまた3連休。羨ましい限りです。
思いっきり波乗りをして、その後は、
ホーリーで思いっきり買い物。
これ、ベストパターンですね!
ホーリー梶川











中々、渋いね。

becker1becker3


becker2


先日、お客さんが店に持ってきた、古いベッカーサーフボードです。
ティントとエアブラシの組み合わせが、最高にかっこいいボードでした。
ラウンドピンテイルにプライウッドのツインフィンが、たまらなく興味をそそられちゃいましたね。

「何箇所かリペアして乗りたいんすけど。」って言われたのですが、
「一回、キッチンテープでも貼って乗ってみて、調子が良ければ悪いところ全部直そうよ。」って、一旦、もって帰って頂きました。

その方、元旦にそのボードに乗ってるのですが、今のところ、リペアの要望は来ておりません。

実際のところ、乗り味どうだったんでしょうね。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

お前、シブ過ぎだぜ。

dn7本日、お客様からボードをお預かりいたしました。
80年代のデビッド・ヌイーバサーフボードです。アメ色に焼けたボードは、貫禄を感じますね。フィンボックスも魅力的です。
テールを直さないと入水できませんので、修理してから試乗してみようと思っております。乗った後は販売いたしますので、興味のある方は一報ください。

dn2dn1dn5dn4


dn3dn6

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

いいねぇ。

Juniorさんのパーソナルボードのご紹介です。Juniorさんって誰って?まあ、そんな事は気にしないで、この渋いボードをじっくりと見てください。
私は、思わずヤフオクをチェックしちゃいました。こんなの出てないかなぁ。なんて。
30年以上もの間、色んな波をくぐり抜け、今も現役で頑張ってる、幸せな爺さんボードです。

Sunset Surfboardssingle1single2




single4







1960年代にエンシニータスで生まれたサーフブランド、サンセット・サーフボードの貴重なシングルフィン。(シェイパー:エド・ライト)
ボランクロスでしょう。相当な重さでした。


Encinitas Surfboards
twin1twin2



twin3







私も何度か、足を運んだ事のある、エンシニータス・サーフボードの古いニーボード。ツインに比べ、薄く幅があり、長さも5’2”と、非常に短いのが特徴。フィンも背が低いですね。
Online Store
HOLYBLOGLOGO2
livedoor プロフィール
BLOG内検索
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
Revolver Maps
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
人気BLOGランキング
人気ブログランキングへ
SURFSIZE
サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中
ブログ村 サーフィン
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
ブログ村 マリンスポーツ