ハンティントンビーチ

Nine Lights Surfboards

先週の木曜日、ハンティントンにある
Nine Lights Surfboardsのファクトリーに訪問してきました。

ここに写っている髭もじゃの方が、クラフトマンのジェフ・ベック。

忙しい中、待ち合わせ時間も無理を聞いてくれ、本当に感謝のジェフさん。
色々と話を聞かせてもらいました。

彼のワークスペースは、かなり広め。

02132
シェイプルームに

02133
サンディングルーム。

02131
そして、ラミネートルームは、馬が6台設置されていました。

02138
シェイプ中のウッドボード。
この段階では、まだ、レイルが装着されていませんね。
EPSフォームをバルサのシートでサンドイッチし整形中ってとこです。
場合によっては、ポプラのウッドシート等も使用するみたいです。

彼のボードの軽さにヒミツは、バルサにあったんですね。

02137
こちらは、シングルフェイスの断面図。
解り辛いかも知れませんが、バルサウッドシートがあって、
EPSは、2重構造になっているんです。
微妙にEPSの真ん中辺りにス時があるのが解りますか?
バルサ側は、軽い1オンス物を使用し、ボトム側には、2オンス物を使用し強度を確保。
よく考えて作ってますね〜。

02134
これ、何だか解りますか?
台の上に乗っかってる半透明の物は、細長い巨大なビニール袋。
手前の方にバルブみたいなのがあるでしょ。
あそこにコンプレッサーを繋いで、真空状態にする道具なんです。
要は、EPSブランクスにウッドシートを貼り付ける際、
ボードをこの袋の中にぶっ込み、空気を抜いて真空パックみたいに
するって言う訳ですね。
これを使えば、しっかりと圧着してくれるって言う訳です。
それにしても、凄い道具ですね。

02136
ジェフお手製のフューチャーフィンを見せてくれました。
ウッドフィンを製作し、その後、グラスワークでベースまで作っちゃうみたいです。
彼は、素晴らしいクラフトマンでありながら、かなりの拘り屋です。
既製品じゃ納得出来ないって訳ですよ。凄いですね〜。

02135
彼のEPSのラミネートには定評があります。
下のボードは、ジミー・ハンズのシェイプ。
ジミーさんのボードのラミネートも、ちょくちょく引き受けてるみたいですよ。

上のボードも気になりますね。
パラボリックでウイング付きのツインフィンだっていってました。

いや〜、彼のウッドワークの素晴らしさは、
ボードを初めてみた時に直ぐさま感じました。
そして、そのボードが、どんなファクトリーで作られているのか。
ずっと、興味があったんですよね〜。
だから、今回、訪問出来て本当にいい経験になりました。


ジェフさん、忙しい中、本当に有り難う!
次回は、サーフセッションという事で!!



徐々にカリフォルニアネタをアップしていきます!
ポチが少なかったら、ヘソを曲げて封印しちゃうぞ〜。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川



ブロム到着!

1227a

到着しました。
私もまだ見ていません。

”オンボロルック”

楽しみです。



1227b

同時に、TRUEAMESのフィンが到着しました。



とにかく、抑えられない、貴方の気持ち。
ポチって、気を紛らわすのが一番です。




Steve Brom

brom8

先日、カリフォルニアに行った際、一年半振りにお会いした、Brom氏。

相変わらず、センスの良いジョークを織り交ぜながらの、楽しいお話を聞かせていただき、有意義な時間を過ごす事が出来ました。

お会いした当日のブログでも触れましたが、彼は、本当に強いオーラを感じさせる方なんです。

気さくでジョークばかり言ってって、何て事無いその辺のおっちゃんと、然程、見た目的には変わらないのですが、何故でしょう?

多分、普通の人では味わう事の無い多くの経験が、そうさせているのでしょうか。



今回は、私が大好きな彼のフィッシュを、より日本の波、日本のサーファーの方にフィットする様に、Brom氏と打ち合わせをするのが一番の目的。

色々な進歩に繋がる話が出来たと思います。

brom1brom2










80年代前半に、Brom氏が、CON Surfboardsでシェイプしていた頃のツインフィッシュも、リバイバルさせる事になりました。(このボード、本当にカッコ良かったんです。Brom氏もパフォーマンスは、抜群!最高に良いよ!なんて、言われたもんだから、迷わず、その場で2本オーダー!でも、1本は自分用。楽しみでしょ。)

brom7brom9










そして、古い話をたくさん聞かせて下さいました。

デビッド・ヌヒワとの話や、フィッシュの歴史等。

まさに、彼自身がフィッシュの歴史そのものでもあるので、そりゃ、とてつもなく有り難いお話ですよね。

今後、HOLYSMOKEでは、Brom氏のフィッシュのバリエーションを増やし、(彼は、10種類以上のフィッシュのバリエーションがあるのです。)より多くのサーファーの方に、Brom氏のフィッシュが、如何に調子が良いのかをお伝え出来ればと考えております。



brom6

Brom氏の相棒のデカインコ。

今回も、玄関口でご挨拶してくれました。


Brom氏と会話をしている時、何故だか急に、この子が ”ギャーギャー”騒ぎだした。
そしたら、Brom氏。ウルサいなー、あの、F◯◯king Bird!って。

それまで、真剣な話をしていただけに、思わず、笑っちゃいました。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村





Revolver Maps
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
人気BLOGランキング
人気ブログランキングへ
SURFSIZE
サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中
ブログ村 サーフィン
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
ブログ村 マリンスポーツ