ハルスタビー

DM 7'0"

07282
実は、昨日は私の誕生日。
もうオッサンになると、誕生日なんて
嬉しい事は何にもありません。

普段と同じ生活を繰り返すだけ・・・笑。

そんな中、当店ナンバーワンのエリ嬢から
ケーキのプレゼントをいただきました。

忘れないでいてくれたんですね〜。

07281
でもよく見たら、こんな事に!

ホーリーサン ワタシ アナタ ホシイ

写真アップしちゃマズかったかな〜。
そう言えば、ワタシからの大事なメッセージです!
って言ってたもんな〜。

ちゅうか、これ、外人か?笑



まあ、いいか。
この話題はおしまい・・・笑。




DM1
こちら、私がカリフォルニアで手に入れ、
1ラウンドのみ試乗したデスマシーン。

DM5
ノーズに描かれたシャークのマウスがヤバい1本です。

DM4
レイルは、バッキバキの極薄。

DM2


DM3


DM6
ダメージは、デッキに極小のフットマークが
2つあるだけの極上ボード!
(ほぼ新品。)


店に飾ろうと思ってましたが、手放す事に致しました。

ちょっとお高いですが、購入時の税金と送料を入れたら、
今回のプライス以上でしたので、その辺はお許し下さい。


それでは、チェックタイム!!




CHECK!!





それでは、ポチッと行っちゃいましょう!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




昨日もウナギ食っちゃった〜笑。

ホーリー梶川





Liddle

76JAWS5
Liddleが入荷しました!


6'10" DM
610DM1



7'1" DM
71DM1



7'4" JAWS
74JAWS1



7'6" JAWS
76JAWS1




jaws3

JAWSは、スティーブ・クラジャウスキーが好んで乗っていたモデル。
今回初の入荷となります。

DMに比べ、ノーズ幅がありテールは絞られている。

そうです。
ハルスタビーとして、究極に詰めたテンプレートを持つモデル。

ハルスタビーの良さを最も感じられるボードであり、
その一方では、癖を最も感じるボード。

生半可な気持ちで乗れるボードではありません。

でも、コンディションが整った時のハマりっぷりは、
他のどのモデルよりスピードが乗り、ターンも軽快。

はい、究極の男の乗り物でございます。




CHECK!!





ハルスタビー最高です!!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村





ホーリー梶川





Tim Bowler Nolan Flex

07211144_5d33d196a3eb2
ティム・ボウラー氏オリジナルテンプレートの
ボランフレックスフィンが入荷しました。

レイキが弱く立ち上がり気味のこのフィンは、
軽いターンとスピードを両立したデザイン。

657c2ff1
60年代後半からシェイプを始めたティムさんは、
同時にフィンの開発も進めてきました。

数え切れない程のテンプレートがある中、
先日の訪問の際、一番バランスが取れ見た目も美しい
このフィンの取り扱いについてティムさんに相談。

そして、ティムさんの全てのフィンの生産を請け負う
TRUE AMESが、カリフォルニアの自社工場で生産してくれました。

07211144_5d33d19c774bb
サイズは、8.5、9、9.5、10の4サイズ展開となっております。

07211144_5d33d1a1db94d
Shapes and Hullsのロゴがプリントされた、
当店のみで販売される激レアなフィンとなります。

07211145_5d33d1b31c133

Shapes and Hullsのハルスタビーだけでなく、
その他のハルスタビー、または、通常のミッドレングスとの
マッチングもバッチリ。

グレッグ・リドル

はい、確実にハルスタビーを語る上で外せない、
本物のハルマスター。

ティム・ボウラー

彼の情報が少ないだけで、実は、60年代からハルスタビーをシェイプする、
もう一人のハルマスターに間違いありません。


是非、お試しください!




CHECK!!







それでは、みなさん、ごきげんよう。




本日もヨロピクね!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川






Hulls

jimmie1
こちら、なんと、ジミー・ハインズがシェイプするハルスタビー。

先日、試乗ボードとして1本入荷してたんですね。

そりゃ、世界一のハルスタビーのラインナップを誇る
ホーリースモークですので、ジミーさんのハルスタビーも
乗ってみたいじゃないですか。

jimmie2
ジミーさんは、何でもシェイプ出来るマルチシェイパー
なのですが、実は、ハルスタビーも行けちゃうんですよ。

jimmie3
結構、メリハリの効いたシェイプにまとまってて、
かなりのピンチレイル。

このボードは、少し、ロッカーが強めですが、
リドルで言えば、ポイントブレーカーといったところでしょうか。

ボトムも強めのコンベックスになってて良い感じ。

でも、スパイス効いてんですよ〜。

jimmie4
ノーズエントリーは、典型的なハルスタビーそのものなのですが・・・・。

jimmie5
センター付近から、ジミーさんお得意の
ダブルコンケーブが入ってる。

jimmie6
レイル付近は、しっかりとハルってますが、
中央付近は、ジミーボトムが炸裂しちゃってるってワケ。
(いつもほどのディープなものではないですが。)

JIMMIE7
テール付近までダブルが入り、フラットで抜けていく感じ。

良いんです。

良いんですよコレで。

ハルスタビーってのは、特に2000年代に入ってから、
大きく進化し始めてるカテゴリーで、70年代当時の
シェイプとは、大きくかけ離れたボードになってますので。

だから、こうやって、まだまだ、進化し続けるハルスタビーってのは、
私は大正解だと思っております。

クラッシックな当時スタイルに乗りたいのなら、
WILDERNESSとかにお任せすれば良い。
(それはそれで大事な存在ですよ。)

でも、進化する事で見えなかったものが見えるなら、
そりゃ、そっちの方が良いに決まってますよね。


はい、このボード、近々試乗し、秋までには、
ホーリースモークの店頭に並ぶ事になると思います。

底無しハルスタビー。

全ては、スピードを求めた結果です。



マイケル・ピーターソンが怒り狂ってます。
ポチでなだめてあげて下さい。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村





ホーリー梶川





Greg Personal

05282
全国のハルスタビーファンの皆様、
お待たせ致しました。

70年代、グレッグ・リドル氏が好んで乗っていたモデルGPを、
オリジナルテンプレートを使用し復活させた今回入荷のGP。

私もカリフォルニアで試しましたが、やはり、DMやPBなど比較しても、
テイクオフが早く、グライド感も強く感じる堪らん仕上がりのモデル。

DMに比べても、全体的に幅をもたせたGPは、水の力をより強く受ける為、
素晴らしい加速感が味わえるモデルなのです。

今回入荷したのは4本。


6’10”
PG6101



7’0”
PG71



7’4”
PG741



7’6”
PG761




6’10”と7’6”は、当時あったLロゴを入れた
激レアボード!!

マニアックな貴方に乗っていただきたいボードです。


世界一ハルスタビーの魅力を理解しラインアップする店、
ホーリースモークからの入荷案内でした。




CHECK!!





こちらも宜しくお願い致します!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




本日のオマケ
05281
はい、こちら、新しいホームページのスマホ版。

安全ではありませんと書かれておりますが、
あんなもん気にしないで下さい。

何も考えてないコンピューターが、
勝手にホザいてるだけです。

今回の最大の変更は、デザイン以上にセキュリティー。
最先端セキュリティーが組み込まれておりますので、
安心してお買い物して下さい。
(はい、もうちょいで、このホザきも消えます。)

PC版もスマホ版も、今後、若干のアレンジを加えながら、
6月の中旬を目処に完成させる予定ですが、現時点でも、
安心してお買い物していただけますので、
引き続き、ゴリゴリに行っちゃって下さい。



明日は、久々の釣り。
根こそぎ釣ってきます!

ホーリー梶川








JUNGLE

jun45


ロサンゼルスを拠点にサーフィン、スケート、
そして、DJと多岐に渡り活躍するウェスリー・ヘロン。

彼のスタイルの基本は70年代。
ファッション、音楽、サーフィンの全てのスタイルが、
70年代カルチャーにリンクする個性豊かなサーファー。

ウェスリーは、マリブ育ちのサーファーで、
サーフボードの種類を選ばず、基本、何でも乗りこなすサーファーですが、
特にハルスタビーへの拘りがが強く、ここぞという時には、
常に、ハルスタビーに乗っています。

そんな彼がシェイプするハルスタビーが、
今回、ホーリースモークに入荷しました。

彼がシェイプするサーフボードは、非常に人気が高く、
カリフォルニアでも、店頭にサーフボードが並ぶ事はなく、
知り合いからの紹介のみオーダーを受け付けています。

04232
そんな人気のボードですが、今回、特別に
ホーリースモークの為にシェイプしてくれました。

jun11
私からのリクエストは2つ。

Liddleのデスマシーンの様なアウトラインを持ち、
ナイフィーナレイルで仕上げて欲しい。

jun24
そして、本日届いた4本のハルスタビー。

期待通りの出来栄えでした。

ハルスタビーには、ディテールの決まりがあります。

Sデッキ、コンベックスボトム、ナイフィーレイル。

jun32


jun33
全ての要素が完全に満たされ、そして、
彼独自のアレンジが加わった、”JUNGLEハル”は、
きっと、ハルスタビーを乗り継いできた、ハルジャンキーにも
受け入れられる筈だし、今後、ハルスタビーにチャレンジしてみたい、
ハルビギナーの方にもオススメ出来る本物のハルスタビーに仕上がっています。

jun35
なんせ、ウェスのボードは、カリフォルニアでも
オーダーする事が難しく、そして、納期も長い。

次回の入荷は何時になるのでしょう。

そんなボードですので、お見逃しの無い様に
ご検討下さい。




CHECK!!






本日もヨロピク!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




明日は釣り。
湖の魚が空っぽになるまで、
ネコソギ釣ってやります!

ホーリー梶川



Hulls

04222
昨日、今日と、エリちゃんがお休みで、
オジサン、今日は、汗かいちゃったな〜。

サーフボードの梱包やら何やらで、バッタバタの月曜日でした。

最近、ハルスタビーのお問い合わせが多くなってきましたね〜。

定期的にブログでその素晴らしさを綴ってきたのが、
少しずつ、浸透してきた感じがしております。

私がここまでハルスタビーに拘るって、
そりゃ、意味があるからに決まってますよね。

ハルスタビーの仕入れ金額が安くて、売れば売るほど
儲かっちまう・・・。

全然、そんなんじゃありません。

04221
ハルスタビーには、ハルスタビーにしかない
素晴らしい魅力があるからなんですよ。

その最大の魅力!!

ズバリ、スピードですね。

どんなに上手なサーファーが、ゴリゴリのアップス&ダウン
で加速したって、絶対にハルスタビーの加速には敵いません。

それは、ハルスタビーが、一番スピードが出る構造を持っているから。

基本、コンケーブってのは、加速を生んだりターン性能を高めたり
っていうのが目的で、サーフボードに細工を施しているのですが、
結局、凹凸という事は、時によって抵抗になるんです。

まあ、その抵抗によってターンのきっかけを作るってのもありますが、
なんせ、スピードだけを考えたら、ハルスタビーの様なラウンドボトムが一番速い。

04224
水の抵抗を受け辛く、水を効率よく後ろに流してくれるんです。

あのグライド感は、マジでヤバいんだ。

急にノリが変わりましたが笑、本当に気持ちがいい。

サーフィンをしてて、一番気持ちよく感じるのが、
スピードとターン。

その内のスピードに関しては、とにかく、ダントツ。

私なんか、ハルに乗ると、とにかく波を責めちゃう。
抜けれちゃうから、ガッポリ掘れた目の前のセクションがあっても、
体重を前に乗っけて、突っ込んじゃうんですね〜。

ちゅうか、突っ込んじゃえ、ば抜けれちゃうんです。


04223
はい、でも、乗り方は、確実に他のボードと違います。

でも、ちゃんとレイルでターンをしているサーファーは、
すぐに慣れちゃいます。

もし、コテンパンにヤラレちゃう方だったら、
乗り込むことをお勧めします。

ハルスタビーに乗り込めば、本物のレイルワークを覚えます。
そう、フィンに頼らないターン。

それを習得すると、普通のボードに乗った時、
ボトムターンの深さや伸びが、まるで、別物になりますからね。

サーフィンの基本を学ぶための道具ではありませんが、
結果、気持ち良さだけでなく、上達にも繋がるハルスタビー。

素晴らしいですね。

FullSizeRender
明日は、JUNGLEをピックアップしに成田に行ってきます。

これで、当店では、Liddle、Wilderness、Shapes&Hullsに続く、
4番目のハルスタビーブランドがラインナップされる事になります。

世界中のどのサーフショップより、ハルスタビーの魅力を理解し、
それを皆さんにお伝えする、ちょっぴり個性的なお店、ホーリースモーク。

いや、究極にど変態な店、ホーリースモークで間違いありません。


それでは、みなさん、明日にご期待。

ごきげんよう。



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ウェズが日本に来たら、彼を含め、
皆んなでハルセッションやりましょう!

ホーリー梶川





WILDERNESS SURFBOARDS

03062
WILDERNESSが入荷しました。

03064


03063
1960年代後半にしたーとしたWILDERNESS SURFBOARDSは、
ジョージ・グリーノウを中心にマイケル・カンデス、
ボブ・ダンカンらでスタート。

天才ジョージ・グリーノウが生み出すアイディアは、
サーフボードの世界に大きな影響を与え続けて来ました。


そして、50年経った今でも、オリジナルシェイパーの
ボブ・ダンカン氏がWILDERNESS SURFBOARDS
を守り続けているのです。



WILDERNESS681


WILDERNESS6101


WILDERNESS71


WILDERNESS761


WILDERNESS7101


WILDERNESS81

今日となっては、極めて貴重な存在となる
ボブ・ダンカン氏のオリジナルハルスタビーは、
当時をダイレクトに感じ取る事が出来る唯一のサーフボード。

是非、本物のハルスタビーを感じてみてください。

レイルの感じ、最高です!!



CHECK!!




本日も宜しくお願いいたします!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



自分も1本狙ってます!
ホーリー梶川





ピックアップ完了


IMG_6262


IMG_6263


IMG_6264

ホーリー梶川が、ボードのピックアップの為、成田に行きましたが
渋滞にハマってしまい、帰りが遅くなるとの事です。


なので、私が代行して、
サーフボードの入荷案内をさせていただきます。


WILDERNESS ハルスタビー

6本のピックアップ完了しました!


詳細は、ホーリー梶川が、明日以降アップする予定です。

皆様、お楽しみに(*^^*)





にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村


ここは、ポチ押すだけです。
宜しくお願い致します( ´ ▽ ` )ノ




渋滞って嫌ですね。。

ERI



Liddle

03031
本日は、こちらの2本について。

左は、グレッグ・リドル氏がシェイプしたデスマシーン。

そして、右は、先日、カリフォルニアでお世話になったGP。
はい、GPは、グレッグパーソナルの略でございます。

グレッグ・リドル氏は、無数のテンプレートを駆使し、
数え切れない数のモデルをシェイプしていました。

その中でも、最もスタンダードなシェイプと言われるのは、
DMことデスマシーンとポイントブレーカーの2本。

フルワイドなラウンドノーズが特徴で、テールは細め。

皆さんがイメージするハルスタビーそのものの
アウトラインを持ったモデルです。

基本的な長さは、6'6"ぐらいから8'0"ぐらいまでですが、
6'代後半から7'代前半が、最も適した長さと言われています。

そして、黄金サイズは、7'1"だそうです。

はい、それでは、本日の本題に入りましょう。

こちらの2本。何が違うのか・・・・。

ロッカーやレイルは、基本同じ。

アウトラインが微妙に違うんですね〜。

このボードを受け取った際、スコット・アンダーソンさんに
伺ってきました。

そしたら、ノーズとテール幅が、GPの方が広いんだそうです。
てことは、より、ビーチブレイクに合ったモデルなのかな・・・・。

03032
早速、計測してみました。

ノーズ幅は、約0.5インチPGの方が広いですね。

よく見ると、DMの方がシュンってしてますもんね。
微妙ですが・・・。

03033
同様に、テール幅もPGの方が、0.5インチ幅広でした。

と言う事はどう言う事か・・・・。

分かりますか〜?

要するに、四角い箱に近くなる。

つまり、ストレートラインが長くなる。

て事は、スピードが出やすい。

PGは、スピード重視のシェイプに仕上がっているということですね。

パッと見、同じ様なアウトラインのハルスタビーなのですが、
簿妙に違う曲線がもたらす性格の違い。

誤解しないでくださいね。

じゃあ、GPの方が良いから、DMは用無しだって。

サーフボードのカーブによる乗り味の差は、
サーファーの好みや使いたい波質で決まるもの。

分かり易く言うと、GPは、スピードが出る分、
抑えることができない方には難しい。
でも、スピードは、確実にDMより上。

DMは、GPの爆発力は無いかも知れないけど、
その分、パワーのある波でのコントロールがし易い。
(と言っても、充分、爆発しますが・・・。)

ここいら辺は好み。

そして、ディープなディープなオタクな世界。

こちらのGPモデル。

来月あたり入荷する予定です。





オタクな方、ポチ必須ですよ。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川







レジェンド

02135
本日も、朝イチの波チェックはモローベイから。

もしかしたら、もしかして。

そんな期待は、一瞬で撃破されてしまいました。

激烈オフショアでウネリは抑えられ、
コンディションは最悪。テイクオフすらも厳しい状況。

しかも、強い雨で入水する気にはなれませんでした。
当然、誰も入ってません。もし、一人で入ってたら、
ホワイトグレートシャークの餌食になってた事でしょうね。

02136
こちらは、今日明日と嵐が通過する予報。

ハイウエイも強烈な風で、車もフラフラするほど。

海を諦め、サンタバーバラまで南下です。

02131
午前中にアポを取ったのは、
ウィルダネスのボブ・ダンカン氏。

オーダーしていた6本のハルスタビーが完成していました。

良い感じに仕上がってましたよ〜。

自分も1本キープしちゃおっかな〜。
って思っちゃいました。

やっぱ、WILDERNESSは渋いっすね。

02132
ジャジャーン!

メディアからの全ての取材を拒んできた
ボブ・ダンカン氏が、今回も、撮影に協力して下さいました。

何気ないスナップですが、ボブさんの渋さが
溢れ出てる、何だか、凄い迫力のある写真。

最高にかっこいい写真ですね〜。

今回のこちらの6本は、恐らく、私が旅から帰った
直後に日本に到着する予定ですので、皆さん、
楽しみにしてて下さいね。

02137
ランチは、ティムさんと。

ティムさんオススメのメキシカンレストランに行ったのですが、
これまた、凄すぎるボリュームでした〜。

02138
はい、手前のが私の頼んだヤツですが、
とんでもないボリューム。

中にチキンがギッシリ詰まってて、
チリスープでグツグツ煮込まれた、
なんか、初めて食べるスープ仕立ての
メキシカン料理。

名前は、サッパリ覚えてませんが、
激アツの激辛で旨かったですよ〜。

12133
ランチの後は、ティムさんのファクトリーで
ボードについての打ち合わせ。

ハルスタビーの事や、新しいオーダーについて、
色々と話してきましたよ。

詳細は、帰国後に改めてご紹介したいと思います。

02134
ティムさんも、相変わらす、渋いっすね〜。

いつもジェントルマンで、サーファーとしても
人としても尊敬できるお方。

こんな、素晴らしいシェイパーの方にお会い出来て、
本当に私はラッキーだったと、つくづく思いました。

本日、ティムさんには、12本のボードをオーダーしてきました。

ハルスタビー、ハルフィッシュ、ラウンドピンスタビークワッド、
フレックスフィンクワッドフィッシュ。

夏前には完成すると思いますので、こちらも併せて
楽しみにしてて下さいね。

本日は、お二人の大レジェンドにお会いし、
充実した1日になりました。

明日は、昔のナオンに・・・いや、スティーブ・ブロムさんにお会いし、
その後は、一気に南下。サンディエゴに向かいます。

明日も天気が悪く、風もビンビンのオンショアが続きそうですので、
波乗りは、あと数日お預けかも知れませんね。





本日、お店はお休みですが、通販は、休み無くやっております!
注文いただいた方には、特別にナオンの写真送りますよ!(笑)




それでは、皆さん、ごきげんよう!





本日もポチお願い致します!

俺のパツキンナオンの写真は、
ポチ次第です!

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





Morro Bay

02122


02123
本日、カリフォルニアトリップ初入水。

場所は、モローベイ。
サンルイスオビスポという、サンフランシスコとロサンゼルスの
ちょうど中間にある、小さな街から15分ぐらい車を走らせた場所。

021214
今回、初めて行ったのですが、こんな綺麗な場所はあるのか〜!!
って叫びたくなるぐらい自然が綺麗な場所。

今日は、朝から曇りで残念でしたが、
晴れてたら、ホント、スゴい景色だと思います。

02126


02125


02124
そんで、波の方は、セットオーバーヘッドの
スーパークリーンウエーブ!!

021210


021211
ヤバいっしょ?

早めのブレイクながら、特にレフトは、完璧なシェイプ。

02127


02128
そんで、乗ったのはこちら。(選べません。これしかないので笑。)

Liddle Designs/7'1" Greg Personal

フィンの在庫が、10"しかなくて、それを付けてもらったのですが、
見た感じ、ちょい大きめ。

021212
だけど、このビーチは、パワフルなブレイクだし、
波もサイズがあったから、ちょうど良かった感じ。

カリフォルニアで乗るハルスタビー。
最高っすね〜。

いつもよりグライドを感じながら、ロングショルダーを
かっ飛びまくりましたよ。

この、GPってモデル。
開く実も申し上げましたが、日本の波に向いてる感じですね。
テイクオフも楽だし、グライド感も強く感じて気持ちいいし。
ビーチブレイクだったら、DMより調子が良いかも知れませんね。

朝イチ、がっつりサーフィンした後は、本日のメインイベント!!

021215


021216
おぅ、おぅ、おぅ〜、なんや、お前!!

ナオンと会うとか抜かしとったんちゃうんか〜!
ナメとんのか〜、こらぁ〜!!

はい、すみません。
カリフォルニアに来て、ついつい、デカい事言いたくなって
嘘ついちゃいました・・・。

それに、昨日、時差ボケもあったし・・・。



本日のメインイベントは、いつも通販でお世話になってる、
釣具屋さんに来てみました〜笑。もう許してね。

送料もかからなくて済むし、実物を見ながらの買い物って良いじゃないですか。
そう、期待しての訪問でしたが、なんか、ガックシ・・・。

こちらは、通販がメインの店で、店舗は、ヘボかったです笑。
(すみません。お店の皆さん。でも、ネットでの買い物はパーフェクト!)

ちゅーか、お前、今日、何しとんねん!!
仕事せんかいっ!!

1日ぐらい、お許しください。
期待外れだったし、良いじゃないっすか〜。

明日から、全力で取り戻しますよ。


そんなこんなの、何しとんねんなカリフォルニア初日。

明日は、Wildernessのボブさんと
Shapes and Hullsのティムさんとお会いします!!

女には合いません。笑





本日のかわい子ちゃん

021213
え〜!!
101で100キロ以上でかっ飛んでるトラック。

しかも、リアゲート無し!!

一瞬、目を疑いましたが、この子達、慣れてましたね〜。

このポーズをとったまま、動かない様に良い子してました。
右の子なんか、後ろ見たいんだけど、立って姿勢を変えたら危ないから、
無理やり、後ろ見てましたよ。

表情が、最高に可愛いワンちゃんでした。




ウソつきにポチして下さい。

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村





ホーリー梶川






Hulls

0126a


Liddle Designs

Wilderness

Shapes and Hulls

当店で取り扱っている、ハルスタビー3ブランド。

世界中見ても、3ブランドもハルスタビーを
扱う店は、他に存在しないのではないでしょうか。

何故、クセが強くて扱い難いと言われるハルスタビーに
ここまで拘り続けているのでしょう・・・・。

流行りのブランドを扱ってた方が、黙っても売れるし
楽なのに。ねっ。

答えは簡単。

01263
単純に乗ってて気持ちが良いから。

これまで、何百本もボードを試乗させてもらった私ですが、
そりゃ、色んな良いボードはありました。

ターンが抜群に気持ちが良いボードもあったし、
ボード全体のバランスが堪らないのもあった。

ハルスタビーの場合、ターンが凄いとか、
テイクオフが早いとか。
そんなのは、実は、何もありません。

ただひたすらに、乗ってて気持ちが良い。

それだけ。

7942434b
面ツルのカッポれた波。

そりゃ、どんなボードに乗っても
ボードはカッ飛んでくれ、気持ちいい事でしょう。

b17e2f9e-2
でも、
あのシンプルに五感に伝わって来る気持ち良さってのは、
他のどのボードにも無い、独特なものがあるんです。

もう、堪らんのですよ。

私は、無理にハルスタビーをお客様にオススメいたしません。
普通のレイルを持ったボードとは、乗り方がまるで違いますので。

7f2b0a32
でも、その、五感に響く感動を味わってみたい!
っていう、ちょっと変態な心の持ち主がいらっしゃいましたら、
是非、その扉を開いてみてください。

中で変態なオジサンが待ってますから笑。



そして、この春から、新たにハルスタビーのブランドが
追加されます。

詳細はナイショですが、私も、今から楽しみでしょうがありません。
そう、この春から、4つのハルスタビーブランドを引っさげて、
益々ハードコアなショップとして突き進んでいきます。


3dff8eb0-2


それでは、皆さん、ごきげんよう。




本日もよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





DM

リドルデザインズのデスマシーンが4本入荷しました。

昨日もお伝えした通り、パッキパキの強メリハリなハルスタビー。

ハルスタビーにも様々なスタイルがあります。

波のコンディションを選ばず、多くの日で活躍してくれるタイプから、
一か八かな遠慮なしのバキバキスタイルまで。

DMは完全なバキバキ君。

好みやスタイルもありますが、
ハルスタビーを語る上で、絶対に乗っておきたい
定番の一つである事に違いありません。

波やコンディションは選びますが、
ハマった時は、とんでもないスピードと
爽快感が味わえるボードです。

是非、チェックしてみてください。



DM 7'4"
dm741



DM 7'2"
dmr11



DM 6'10"
dmg21



DM 6'8"
dmr21





CHECK!!





全国のハルスタビー野郎の皆様。
ここは、ひとつお願い致します!!

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





Liddle Designs

01211
Liddle DMが4本入荷しました。

グレッグ・リドル氏から、ブランドを引き継いだ
カーク・プットナム氏は、グレッグ氏とは、
当時からの付き合い。

シェイプに関しても、隅々まで知り尽くした、
それこそ、Liddleの伝道師とも言える存在。

シェイプは、グレッグ・リドル氏が引退する前に
マシンでフルスキャン済み。

その後も、多くのビンテージボードをスキャンし、
多くのモデルを完全復刻させる体制が整っています。

シェイパーは、スコット・アンダーソン。

正直、最初の頃のシェイプは、オリジナルとは
かけ離れたものでした。

ですが、ここ最近、カーク・プットナム氏からの
リクエストなどにより、ほぼ、オリジナルと同様の
シェイプになっております。

01212
先ほどボードが入荷し、
隅々までチェックしてみました。

正直、オリジナルと変わりません。

と言うか、オリジナルの期待したいディテールが、
より突き詰められた形でまとめ上げられている感じ。

メリハリの効いたDMらしいシェイプにまとまっています。

サイズは、6'8"、6'10"、7'2"、7'4"となっています。

本日は、暗くなっちゃたんで撮影できませんでしたが、
明日のなるべく早い期間にアップしたいと思いますので、
皆さん、私のやる気が倍増する様に、ポチり上げちゃって
くださいね。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



それでは、皆さん、ごきげんよう。
ホーリー梶川





Hull Stubbies

IMG_2919
先日入荷した、Shapes and Hullsのハルスタビー。

マイルドな仕上がりとなっている。とお伝えしたところですが、
どんなもんか。ってのを、画像でお見せしようと思い、
写真を撮ってみました。

FullSizeRender
ロッカーは、ハルスタビーとしてスタンダード。
ローロッカーで、スピードが出そうな感じです。

Sデッキだとかそうじゃないとかてのは、
ハルスタビーとしての概念には関係ありません。

このボードも、Sデッキではないですが、
それを言うなら、こちらもそうです。

IMG_2930


IMG_2929


IMG_2931


IMG_2932
70年代前半のLiddle。

近年のLiddleとは違い、ボリュームもしっかりあって、
Sデッキではないですね。

今の感覚で見ると、普通にクラシカルなエッグボード。
って感じ。

でも、これが、本来のハルスタビー。

近年になって、薄くされたレイルに魅力を感じ、
ナイフィーだとか、ピンチレイルなんて言われ、
それが、カッコいいとされていますね。

うん。

どっちもカッコ良いです。


はい、それでは、ボトム。

IMG_2921
ノーズ。

IMG_2922
センター。

IMG_2924
フィン周り。

IMG_2925
テール。

若干、緩やかではありますが、ボトムは、しっかりと、
ラウンドしておりますね。

でも、やはり、穏やか。

IMG_2926
因みに、こちらは、LiddleのBurrito DX。

IMG_2927


IMG_2928
Burrito Dは、Liddleの中でもコンベックスっぷりの強いシェイプが特徴。

比べると、やはり、違いが分かりますね。
特に、ノーズのエントリーが違う様です。

まあまあ、Shapes and Hullsのティムさんが、
それが出来なかったと言う訳では決してありません。

当然、全てを知り尽くした上での判断。

結局、ボードってのは、見た目のカッコ良さも重要ですが、
何しろ、一番大事なのは乗り味と性能。

ティムさんのシェイプの理由ってのが、ちゃんと
ある訳です。

楽しみじゃないですか。

FullSizeRender
ついでに楽しみなもんだから、
フィンも色々と乗っけてみました。

FullSizeRender


FullSizeRender
これは、付属のフィン。
結構、ベースもしっかりしてて短めですね。
ティムさんは、山ほどのフィンのテンプレートを持ってるのですが、
今度、何種類か商品化してもらおうと考えてます。

FullSizeRender


FullSizeRender
Greenough Speed Fin
私、このフィン結構好きです。
細くて立ってて、見た目がカッコ良いですよね。

FullSizeRender


FullSizeRender
Power Blade
ウォ〜、これも、試したいですね〜。
そりゃ、調子がいいに決まってますよね。

FullSizeRender


FullSizeRender
GL Flex Narrow
一番の定番っすかね。

最初は、これからテストするのが良いかも知れませんね。
いつも使ってるフィンで初乗りしたら、ボードの特徴が
よく分かりますから。

ティムさんは、私達にのちゃんと機能するボードを
提供したかったんですね。
薄くてナイフィーレイルのハルスタビーは、
ハマれば爆発的なスピードが得られ最高に楽しめる反面、
多くの波のコンディションでは、パフォーマンスを発揮してくれません。

それは、グレッグ・リドルも同じ様な事を言っています。
ハルスタビーは、乗り難いと言うサーファーが多くいるが、
それは、マッチしたコンディションで乗っていないから。
そもそもが、簡単に手を出すボードでは無い的な言い方もしています。

ついでに、私も同様な事を思います。

まず、初めに乗り方が全く違う。
それを理解しないで手を出すとエラい目に遭います。
ハルスタビーに憧れ、スタイルも乗り方も全て学んだ
サーファーこそが楽しむ道具であり、あのスピードは、
そう言った限られたサーファーだけの特権だと。

一部のマニアックなハルラーは、そんなマニアックな
ハルスタビーにハマり、ハルスタビーにしか乗らない
サーファーも少なくありません。
でも、本来は、コンディションを選ぶハルスタビーが
1号機だとしても、ハルスタビーに合わない波のコンディションで
楽しめるボードを、ちゃんと、用意すべきだと思います。

話を戻しますが、ティムさんは、日本に入る最初のハルスタビーだけに、
トータルバランスの優れたデザインを選ばれたのでしょう。

50年もの間、ハルスタビーに関わり、その中で、
一番オススメしたいデザインが、今回入荷した
ハルスタビーという事ですね。




最近、真面目ブログ頑張ってます。

ご褒美ください!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川









Shapes and Hulls

昨日から、多くのお問い合わせをいただいている
Shapes and Hulls。

既に、数本のボードが嫁入りしてしまいました。

まだ、当店では、取り扱いを開始し歴史の浅い
このブランドですが、多くの反響と注目を集め始めているのは、
間違いなく私・・・。
じゃなく、既に買われた方の口コミからだと、私は推測します。

実際に乗ってみて、その素晴らしさに感動するのは、私だけではありません。
買われた皆さんが、ターンの伸びの違いを感じ、そして、そのサーファーの
ライディングを見た、周りの人間も、以前との違いを明確に感じているからだと思います。

私は、本当に凄いシェイパーの方とお会いしたんですね〜。
ティムさんに、心から感謝しなければなりません。

そう、ティムさんは、今年でシェイプ歴50年を迎えます。

50年ですよ!!

半世紀前にシェイプをスタートし、今日まで、
ず〜っと、続けて来られたのです。
そして、ティムさんの強い探究心が、この様にサーフボードに
現れているのでしょう。


はい、それでは、今回入荷したボード達です。


FLEX FIN FISH

FLEX FIN QUAD FISH 5'6"
QUADPINK1



FLEX FIN QUAD FISH 5'6"
QUADBLUE1



FLEX FIN QUAD FISH5'7"
QUADLEMON1



FLEX FIN QUAD FISH 5'8"
QUADGOLD1



FLEX FIN QUAD FISH 5'11"
QUADTURQOISE1



FLEX FIN TWIN FISH 5'7"
TWINGOLD1



FLEX FIN TWIN FISH 5'11"
TWINLIME1



フレックスフィンフィッシュのツインとクワッドの差。

はい、単純に、クイック希望ならクワッド。

ターンの伸びを希望するならツイン。

どっちもクイックだし、ターンの伸びは素晴らしいですが、
どちらかと言うと、こういった乗り味の傾向がありますので、
その辺りを目安にしてみて下さい。


HULL STUBBIES

7'6" WIDE
HULL761


7'0" WIDE
HULL71


6'8" WIDE
HULL681


7'0" NARROW
HULL7B1


6'10" NARROW
HULL6101


今回、初の入荷となるティム・ボウラー氏シェイプのハルスタビー。
1968年にグレッグ・リドル氏がハルスタビーのシェイプを始め、
その翌年には、同ファクトリーでティム・ボウラー氏も、
ハルスタビーのシェイプに取り掛かっています。

私は、彼のシェイプルームで見た、F1級のバッキバキな
ビンテージハルスタビーに目を惹かれ、今回、5本のハルスタビーをオーダー。

昨日、実際に手にし、イメージとはかなりかけ離れた
ボードに仕上がっていました。

レイルは、そこまでのピンチレイルではありませんし、
ボトムのコンベックス具合も控えめな感じ。

何か、意図する事があるのだろうと、本日、早速、ご本人に確認してみました。

彼の考えるハルスタビーは、多くの波のコンディションに対応出来る事。
そして、最終的にサーフィンを楽しめる事が、ボード作りの条件。

ティム・ボウラー氏は、言ってみれば、ハルスタビーのスペシャリスト。
50年も前から、ありとあらゆる種類のハルスタビーをシェイプしてきました。

そんな、大レジェンドのご意見。

嬉しいではありませんか。

本物のハルスタビーに乗るのが、楽しみでしょうがありません。


私の予想では、WILDERNESSのハルスタビーの様な
乗り味じゃないのかなぁ〜って読んでます。

乗り易くて波のコンディションを選ばない
オールラウンダーの顔を持ちつつ、ハルスタビーの
”あの加速感”が満喫できる乗り味。

楽しみです。

と言うか、実は、70年台前半のハルスタビーって、
結構、レイル厚いんですよね。


今回、本当は、6'8"か7'0"のワイドノーズモデルに
乗りたかったのですが、6'10"のナローモデルに
ダメージがあったんです・・・・・。

そりゃ、それに乗るしかないですよね〜。

はい、ワイドモデルは、分かり易く言うと、
デスモデル(デスマシーン)的なアウトライン。

ナローモデルは、マイケルピーターソンモデル的な感じですね。
ナローって言っても、全然、ナローではありません。
普通のボードと比べたらワイドです。




それでは、皆さん。

チェックしてみて下さい!!





CHECK!!


本日のマケオ

今日は、半端なく寒いっすね〜。
寒いと、何かと食べたくなるじゃないですか。
今日、エリちゃんは休みなんですが、
エリちゃんの置き菓子のカントリーマーム。
一個いただこうって食べたら、止まらなくなっちゃって・・・。
気が付いたら、もろバレレベルまで無くなってる〜。

途中で、軽く気付きだしたけど、もう、
止まんなかったよ〜。ヤベ〜。

なんか、別なの買って置いとかないと、
明日、お仕置きされちゃうよ・・・。
いや、わざと、お仕置きされちゃおっかな〜笑。

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村





ホーリー梶川






POWER BLADE

12203
真面目過ぎる私は、本日も波のある湘南方面へ。

一昨日も朝イチ波乗り、昨日も南房総で釣り。
そして、本日3連チャンの朝3時起きですよ。

きっと、私は早死にするんでしょうね〜。

122016
そうそう、昨日もビッグフィッシュ釣っちゃいましたよ。
今回は、53センチ!!

先日の61センチからしたら、全然ヤングマンでしたが、
まあ、普通に考えて53センチなんて、何年やっても
釣れないのが当たり前なレベルのデカバス。

ここまでラッキーが続くなんて、そろそろ、
私、死ぬんでしょうね。

はい、本題に戻りましょう。

1202
本日は、パワーブレードを試してきました。
用意したボードはこちらの2本。

WILDERNESSのハルスタビーとエッジボード。

ジョージ・グリーノウ氏が考案したフィンテンプレートには、
ジョージ・グリーノウ氏が産んだWILDERNESSが一番合う
ってもんじゃないですか。

12201


12204


1205


12206
今日の波はヤバかった〜。
敢えていつもの鎌倉を外し、パワーのある
某ポイントに向かったのですが、朝イチなんて私一人。
貸し切りですよ。

途中、知ってる方も含め何人か入ってきましたが、
それでも、マックス4人。

しかも、朝のブレイクはヤバかった〜。

ミドルからインサイドのショアブレイク気味な
スーパーホローウエーブ。

サイズは、肩前後で巻き巻きのグリングリン。
ハルスタビーやエッジボードにドンピシャな波でした。

12207
スタートは、ハルスタビーから。
私のWILDERNESSは6'10"。
最高に乗り易くて、メチャクチャかっ飛んでくれる
私の大好きなハルスタビー。

いつもは、GL Flex Narrow 9.5を使っています。
さてさて、どう変わるのでしょうか〜。
(そうそう、試したサイズは8.5。いつもより、1インチ短いってワケですね。)

1209


12208
1本目から、何の違和感もなく絶好調!!

しかも、スピードを感じるんです。
なんとなく、いつもより速い。

いや、確実にいつもよりスピードが出てる!!

今日の波は、フル加速パドルでテイクオフし、
速攻でレイルをセットしないとサヨウナラ。
ショアブレイクでグリングリンの刑。

途中で入ってきたショートの子は、基本、ほぼ乗れず・・・。
乗れたらそのままサヨウナラ〜。ってなるぐらい、
かなりスリリングなブレイク。

だけど、今日の私は、いや、セッティングは、完璧でしたね。
一言で言うと、スッコ〜ンです。はい、スッコ〜ン。

底掘れショルダーにへばり付き、ブレイクの速さを上回る
強烈な加速で抜けまくりですよ。

そして、アップスでは、フィンのティップが大きい分、
伸びがまるで違う。もう一度言います。

まるで違います。

伸びる伸びる、走る走る。

フィンが良いとか悪いとか云々以前に、
とにかく、最高に気持ちの良いサーフィンが出来ましたよ〜。

122010


122011
続いて、エッジボード。

122013


エッジボードにパワーブレード。

ど変態なスタイルですが、なんか、メチャクチャ似合いますね。

波は、少し、サイズダウン。
それでも、まだまだ、全然、かっ飛べそうな波は来ています。
急いでボードチェンジし、切れたセットを選び1本目!!

ファーストインプレッション。

すご過ぎます!!

もはや、これは、エッジボードではありません。
エッジボードの癖がまったく感じられず、しかも、
反応が抜群に良い。

アップス&ダウンなんて、スンゴイ動きが軽いですよ。

そうそう、忘れてました。
私のエッジボードは7'0"。

122012
いや〜、7'0"の動きじゃ無かったですね。
それに、今まで使ってた同じくGL Flex Narrowに比べて、
加速感も抜群に良い。

ちゅうか、ぶっちゃけ、次元が違うほどの差を感じました。
マジっすから。

今日は、感動の日。

久々にフィンで感動しちゃいましたね〜。
いや、ここまでは、多分、初めてでしょう。


122015
店に戻り、今度は、店内でフィンの再チェック。
(すみません。そういう真面目で不器用な男なもんで・・・。)

パワーブレードという名前と、
硬いマテリアルを使ってるって話だったので、
まさかと思いきや、手でフィンを捻ってみると、
ムチャクチャひん曲がるではないですか〜!!

しかも、捻じれ方が普通のフィンと違うんです。
特に、同じような形をしているStage6と比べたら一目瞭然。

写真でもわかると思うのですが、捻じれ方が、真横なんですよ。
分かりますか?
普通、ティップの方が斜めにひん曲がるのですが、
パワーブレードの場合は、ボードに対して真横。

縦方向には全くフレックスが無いのですが、
写真の様にティップの部分が、ボードに対して
真横にフレックスするんです。

しかも、結構、グニゥって曲がるんですよ。

これは、マテリアルの違いなんでしょうね。
恐らく、縦と横で違うものを組み合わせてます。
縦方向にはメチャクチャ硬くて、横方向にフレックスする
マテリアルの組み合わせ。

これには驚きですね。

このフレックスですよ。
今日の感動を生んだのは。

今回、パワーブレイドは、結構な数を仕込んだのですが、
予想以上の反響で既に一番小さいサイズは無くなってしまいました。

追加のオーダーも本日入れる予定ですが、もしかしたら、
すぐに無くなってしまうかも知れませんね。

本当に素晴らしいフィンです。

2万円のフィンって、びっくりしちゃいますが、
実際に乗ると、もっと大きな感動がありますよ。

気になってる方は、早速、ゲットしときましょうね〜。




小さなお知らせ

当店の年末年始のお休みは、
12月30、31日、1月1、2日
の4日間となります。

何卒よろしくお願いいたします。



今日の貴重なレポート。
ポチ無しは寂し過ぎますよ〜。

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村





ホーリー梶川





Hulls

11121
最近、お問い合わせの多いハルスタビー。

何故なんだか、私には全く分かりませんが、
盛り上がり感を感じております。

カリフォルニアのロサンゼルスエリアでは、
相変わらずというか、ここ最近、ハルスタビーの
人気が再燃している様で、先日のマリブでの入水でも、
2日間で軽く10本以上のハルスタビーを見かけたほど。

そんな訳で、本日は、当店で扱っている、
二つのブランドのハルスタビーについてまとめてみたいと思います。

こんなマニアックな記事、マジで世界中探したって無いと思いますよ〜。
お好きな方は、一生懸命読んでくださいね。


まずは、両ブランドの特徴について。

111216


Liddle Surfboards

グレッグ・リドル氏が、1968年に設立したLiddle Surdboardsは、
ベンチュラで誕生し、その後、ロサンゼルスの内陸部に拠点を置きます。
はい、ちょうど、ショートボードレボリューションの時代。

多くのロングボーダーが短いボードに興味を持ち始め、
特にマリブを中心に爆発的な人気を博したブランド。

80年代から90年代にかけ、ハルスタビーを乗るサーファーが
ほとんど存在しなかった頃、生きていく為、グレッグ氏は、
ツインフィッシュやスラスターなどもシェイプしていましたが、
ハルスタビーの思い入れは、決して、薄れることはなく、
売れるあての無いハルスタビーを、ひたすらにシェイプし続けました。

結局、自身が所有するショップを閉め、
カウアイ島に移住したグレッグ氏。
それまでと違う環境の中でシェイプし続けましたが、
2016年、シェイプ人生に幕を閉じます。

今となっては、貴重すぎるグレッグ氏自身がシェイプした
ハルスタビーですが、その後、グレッグ氏と親交の深い
カーク・プットナム氏が、引き続きブランドを守っています。


111217


Wilderness Surfboards

サーフィン界の天才と言われる、サーフボード業界の中で、
最も、多くの功績を残したジョージ・グリーノウが
1966年に立ち上げたWilderness Surfboards。

ジョージ・グリーノウは、天才である一方、
流体力学の部門においても、一目置かれる存在でした。

彼は、サーフボードの研究のみならず、船の船底の研究から始まり、
サーフマット、ニーボードに関わる発明や、エッジボード、フィンなどの
発明や研究の成果も残した偉大なサーファー。

ジョージ・グリーノウは、オーストラリアに移住しましたが、
当時からのオリジナルメンバーである、シェイパーの
ボブ・ダンカンが、現在でも、ブランドが誕生した
サンタバーバラでブランドを継承し守り続けています。

ボブ・ダンカンのシェイプ歴は50年。
はい、半世紀という長い月日をWilderness Surfboardsと
共にしてきたシェイパーなのです。


はい、続いては、両ブランドのシェイプの特徴。
恐らく、世界初となる2本のハルスタビー徹底比較!!

と行きたいところですが、本日は、ここまで〜笑。



続きは、会員限定ページのみでの公開となります。

入会したい方は、ポチボタンをポチッとすれば、
自動入会手続き完了となりま〜す。

ポチッてしないと、次のブログが見られないだけじゃなく、
貴方のボード、明日の朝になったら折れてます。ヤバッ!!


にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村



ホーリー梶川







Wilderness Surfboards

090711
ティムさんにお会いした後、
Wildernessのボブ・ダンカンさんにお会いする為、
ボブさんのご自宅まで移動。

ボブさんは、サンタバーバラから北に30分ほど走った
海沿いのランチに住んでいます。

こんなとこに入ったの、今回が初めてですが、
ランチってホント凄いんですよ。

ここのランチは、多分、海沿いで奥行きが10キロ以上、
丘に向かって奥行きも数キロはあるんじゃ無いかってぐらいの
広大な土地の中に、数百メートルから数キロ単位毎に家が建ってるんです。

090710
しかも、全部、こんな家。

デカくて自然に囲まれてて、隣家まで数キロ・・・。

日本じゃ、到底想像もつかない贅沢な場所。

09078


09077


09079
ランチの入り口には門番がいて厳重なゲートで守られています。

住んでいる方かゲスト以外、絶対に入る事が出来ません。

そして、こんな最高の景色を見ながら4マイル走ったところに
ボブさん宅にアクセスする路地が。

09076
谷間の上の方に見えるのがボブさん宅。

これまた、凄い場所でした〜。

因みに、上の写真の岬になってるところ。
そこは、ウネリが入るとカリフォルニアでも
ナンバーワンの波が押し寄せてくるんだって、
ティムさんが仰ってました。

もちろん、そりゃ住んでる方達とそのお友達だけの
スーパーシークレットポイント。

これまた、贅沢な話ですね〜。

09075
こちら、ボブさんのシェイピングルーム。
自宅から数十メートル離れた場所に設置され、
鳥のさえずりしか聞こえ無い、世界一贅沢な
ロケーションに建つシェイピングルーム。

09074
ボブさん宅もこのシェイピングルームも、
70年代がそのまま残っていました。

40年代に生まれ、60年代から70年代を
青春時代として生きて来たボブさんです。
しかも、こんな、隔離された場所。

ボブさんそのものが、この空間に現れますよね。

すごく刺激的でしたよ〜。
なんか、タイムスリップしたみたいで。

 09071
何度も申し上げますが、ボブさんは、
これまで、すべての取材を断ってきたお方。

なので、地元の一部の方以外、ボブさんの名前は知っていても、
顔は見た事がないんです。

私の場合は、ボブさんに催眠術をかけ、ようやく、
許可を取れた訳で、今回が特別な写真の公開となります。
(本当は、本人、渋々なんです。でも、有難いですね。)

ボブさんは、ジョージ・グリーノウ氏が立ち上げた、
Wilderness Surfboardsの創設メンバーで、当時から、
マイケル・カンデスと共にWilderness Surfboardsを
支え続けてきたお方。

私は、ハルが大好きなのですが、ハルが登場した時から
ハルをシェイプし続けている、貴重なシェイパーとして、
ボブさんは、やっぱり、特別な存在なんです。
(昨日のティムさんも同じくですね。)

数年前に、グレッグ・リドル氏がシェイプを辞め、
もはや、ボブさんとティムさんぐらいしか、現存する
オリジナルハルマスターは、存在しませんからね。

写真の壁に掛かってるテンプレート。
貴重ですね〜。60年代後半から、そのまま使い続けている
テンプレートですよ。

歴史を感じますね〜。

09073


09072
ジョージ・グリーノウ氏との昔話や、
最近の日本について色々と話しながら、
ハルスタビーのオーダーを入れさせていただきました。

ボブさん、何気にニュース見てますね。
日本で起こる様々な事をよく知っていました。

ボブさん、今年、70歳。(71だったかな?)

波乗りとシェイプを続ける為、今年、古傷の肩の手術を受け、
まだまだ、意欲的に取り組んでいく姿勢を見せてくれました。

ボブさんは、貴重な貴重な歴史を引き継ぐシェイパーです。

私達もボブさんを応援し、教わる事を後世に引き継がねばなりません。


恐らく、年内には入荷するボブさんのハルスタビー。
歴史をそのまま引き継いだ、本物のハルスタビーです。

皆さん、楽しみにしていてくださいね。



本日も、大レジェンドの記事。
ポチしないと、あなたは呪われますよ。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ごきげんよう〜
ホーリー梶川





Revolver Maps
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
人気BLOGランキング
人気ブログランキングへ
SURFSIZE
サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中
ブログ村 サーフィン
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
ブログ村 マリンスポーツ