ニーボード

世の中、諦めなきゃいけない時もあるのです

10281

10282
本日は、昼過ぎスタートで強引に湘南方面へ。

10283
というのも、昨日、フィンナップしたDYNOを、
とにかく、どうしても試したくてしょうがなかったから。

10284
まだ、未完成ではありましたが、どうにか乗れる状態となったDYNO。

波の方は、セット胸前後。

沖でオンショアでも吹いているのでしょう。
沿岸では無風なのですが、まとまりに欠けるボヨつきコンディション。
でも、贅沢なんか言ってられません。
試乗できるだけで十分です。


そんで、どうだったのか・・・。


はい。答えは、元に戻します。です。

ダメなものは、何をやってもダメ。
ツインにしたところで、特別、調子が良くなる事はありませんでした。

基本的に、ボードの面積に対してボリュームがあり過ぎて、
浮力が強すぎるのですかね。テイクオフは早いのですが、
やはり、フラッフラするし、スープに捕まると我慢できないんです。
レイルに少しでもスープが触れると、ツルンッ!って、
ボードがひっくり返っちゃうんですよね。

結構粘って、こうやったら、もしかして。
なんて、色々と試みてみましたが、先に心が折れてしまいました。

最後の最後、岸に戻ろうとした時、試しにニーボードで試してみようと、
膝立ちしてみたのですが、そしたら、何だか、絶好調!
ニーボードって、限られた体重移動の中でボードをコントロールしないといけないから、
サーフボードより、軽いアクションでターンできる様にセットされてるんですよね。

だから、膝立ちで乗ると、何だか、気持ちがいいんすよ。

何だか、楽しくなっちゃって、何本かインサイドの波で遊んじゃってみました。

という訳で、今回のDYNOツインフィン計画は終了となりました。
早速、明日にでもフィンをもぎ取りオリジナルの状態に
戻してあげたいと考えております。

そして、いつか、ニーボードをやりたくなった時に、
このボードの出番が来るでしょう。

それまで、店の大事な宝物として、天井に引っ掛けておくことにします。


10285
そして本日は、Gypsy 7'6"を下ろしちゃいました。
カリフォルニアとスコーピオンベイで乗ったGypsyがいい乗り味だったので、
別のサイズもチェックしたくなったのです。

7’6”ともなると、今日のようなトロッパヤの波でも、
ウネリから立てるし、早く落っこっちゃうワイドなブレイクを物ともせず、
グイングインにカッ飛んでくれますね。
ターンだけが、少し、心配だったのですが、正直、
Fish Simmons引けを取るって印象はありませんでした。

カットバックもボトムターンも、本当に気持ち良く
コントロールできるボードです。

今日、このボードをじっくりと観察したのですが、
Fish Simmonsとは、若干、ボトムデザインが違いますね。
ノーズからフィン周りまでは同じなのですが、テイルの部分が違うんです。
Fish Simmonsは、テイルまで強いリバースVeeで抜けているのですが、
Gypsyは、フラットで抜けてるんです。

これで、理由がわかりました。

若干ではありますが、フィッシュになっていないGypsyは、
水の力を受けやすい。だから、フラットにして、
ターンが楽に出来る様にアレンジしているんですね。

いいボードは、ちゃんと、理屈を考えてシェイプしているんですね。


はい。

Gypsymは、私が乗り始めたのでストックはゼロ。

興味を持った方は、次回の入荷までお待ちくださいね。

それまで、最高の波に乗り、最高のレポートを連発させていただきます。
そして、貴方を、欲しくてしょうがないのに売ってねーじゃんかコノヤロー状態に
陥れさせていただきます。

いかがでしょうか。



10286
ごきげんよう。




本日も、よろしくお願いします!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




Gypsyいいぞ!Gypsy!!
ホーリー梶川







悔しさがバネになっております

10272
綺麗な色のキールフィンですね〜。

いきなり、どうしたって?

実は、昨日、DYNOを持って北千葉で試乗をしていたのです。

そんで、実際どうだったの?

はい。大変、難しい手に負えないボードでした〜。

波に乗るまでは、ワクワクだったんですけど・・・。

まず、1本目はワイプアウト。
テイクオフ後、ボトムでテイルがスリップしすっ転びです。

そして、2本目。
ピークでセットの波を狙っていたのですが、頭っくらいのいいのが入ってきたので
乗ろうとしたのですが、テイクオフのポジションに無理があり、おケツから捲られちゃって、
あ〜あ、これまた、ワイプアウト。
(波数が少なかったから、ちょっと、焦っちゃったかな?)

3本目は慎重に波を選び、いい感じでボードは滑り出す・・・。
ところが、このボード、フラッフラなんすよ。
(まあ、ニーボードですからね。)

そんでもって、この日は、ワックスが湘南仕様だった為、
足が滑っちゃって、気が付いたら膝立ち状態でボトムに突入!
このボード、ニーボードだから、ついでに、このまま乗り続けるか〜。
なんて、自分の中で言い訳し、強引に捕まりかけのスープを抜けようとしていたら・・・。

私の前乗りしてた女ボディーボーダーが、

危ない!危ない!危ないよ〜!

ですって。

危ないのは、オメーだろ!って、ちょっと、カチンってきたけど、
立てなかった恥ずかしさで、その言葉をそのまま受け入れるしかありませんでした。
恐らく、その子は、後ろにいるオッサン、さっきから、危ないんだよ〜。
って、思ってたのでしょう。
と言うか、周りの皆んなもそう思っていたかも知れませんね。

3本立て続けにハチャメチャな事をして、しかも、ピークに居座ってんですから。
危ね〜野郎だな。って、そりゃ、誰だって思うでしょうね。

その後、恥ずかしさと完全敗北感に心が折れた私は、
ピークを避け、おこぼれ波に乗る為、端っこで波待ち。

何本か乗っている内に徐々に慣れ、気持ちの良いターンも出来るようになってきたのですが、
やはり、普通に乗れる感じじゃない。
フィンのセッティングを変えたり、色々と試してみましたが、
やはり、ボードのフラつきが強く、意識を集中させないと、
すぐにテイルはスリップするし、普段なら加速するところも
全くボードは反応してくれないのです。

これまで、何百本もの変態ボードに乗ってきた私ですが、
ここまでの暴れ馬は久しぶりです。

そして、私の中では、その時、既に答えが出ていました。

よし!ツインで乗ってみよう。って。


そんなこんなの、悲しい思い出をバネに、
本日、汗をかきながらのツインフィン計画が始まったのです。

10273
このフィンは、先日、Burrito DX Twin用に作ったグラスのキールフィン。
DYNOとの色の相性もバッチリなので、迷わず、このフィンを使用する事に。

10275

10277
スティーブさんシェイプのツインの研究から。
なるべく多くのデータをとり、それを元にフィンポジションを決める。

10278
このボードに適した(と思われる?)ポジションが決定!

10279
マスキングでフィンを仮止めし、

102711
レジンで固定。

102710
続いて、ガラスクロスとレジンを用いてベースの強度を上げる。

102712
バッチリ、フィンが立ちましたよ。

102713
シングルフィンから、立派なツインフィンへと生まれ変わりましたね〜。

この後、硬化したら整形し、最後にホットコートをしてから、
ポリッシュをかけるという作業が残っていますが、
試乗できるのもそう遠くはならないと思います。

私の理屈からすると、まず、シングルフィンでこの長さだと、
踏み込んだ力をフィンに伝え、それを加速に繋げる事が出来ない。
そして、このテイル幅とシングルの組み合わせでは、レイルの切り返しが
ワンテンポ遅れてしまう。
まあ、ニーボード用にシェイプしたボードですから、サーフィンで
調子がどうのこうの言うのもアレなのですが・・・。

でも、ツインだったら、多分、調子がいいと思うんですよね。
レイル近くにフィンがあるので、踏み込んだ力がすぐにフィンに伝わり、
スムースなターンと加速を生むのです。

いや〜。

こうやって、色々と試すってのも良い勉強になるもんです。

次、あの前乗り野郎(女)にあったら、ゴリッゴリにぶっ飛んでるところを
見せつけてやりたいものです。

あれ〜!?

こないだの危ないオヤジ、ちょっとは、乗れる様になってきたじゃん。

なんて、また、ムカつく事言われそうですけど・・・。




皆さん、こんなオジさんを
どうか、応援してくださいね〜。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



明日は、5本のUsedボードを
Webにアップいたします!
ホーリー梶川




作業二日目

10251
DYNO復活に向け、本日、二日目の作業に入ります。

10252
どうも、昨日から気になっていた、エッジの全くないこのボード。
スティーブさんは、これで良いとシェイプされたのでしょうが、
スタンディングで乗りたい私にとって、どうも、気になるところ。

10253
という事で、エッジをつける事にしました。
まあ、オリジナルに戻したければ、サンディングしてあげれば良い話。
元に戻せるのだから、一先ずやってみようという訳です。

マスキングをして、レジンをトロトロと流し込みます。

10254
マスキングを取り、これから、整形していきます。
任せてください。この辺りの作業は得意分野ですから。

10258
はい。ビンビンにレイルが立っちゃいました。
ボキシーなセンター付近から、徐々にレイルが立ち上がり、
フィンが来る手前辺りから、レイルはピンコ立ちしております。

10256
その他の最終の整形も行い、

10257
サンディング仕上げとしては、完璧な状態にまで辿り着きました。

涼しくなってきた本日でも、汗をかきまくっての作業です。

10259
出ました!エアーウレタン。
こいつで、最終のコーティングです。
レジンでのコーティングでも良いのですが、
こちらの方が、遥かに作業が楽。仕上がりだって、バッチリです。

102510
どうですか?
ご自慢のだんごっ鼻も、ビッカビカに光り輝いておりますよ。

102511
テイルも良い感じ。

102512
ほら、レイルもビシっとしてるでしょ。

あとは、完全硬化まで2日ほど待って、乾いたら、
今度はポリッシャーとコンパウンドでビンビンに磨き込んでやります。


そう、昨日から頭を過る”ツインフィン化計画”。

マジで、やっちゃおっかな〜なんて、考えちゃっておりますよ〜。

その前に、スティーブさんに相談して、フィンの位置とか教えてもらったりしてね。
まあ、それも、オリジナルに戻したかったら、グラインダーとサンダー使って
落とす事も可能ですからね。

まあ、世界に12本しかないDYNOのニーボードを、
オリジナルじゃ無くしちゃうってどうなの?って、
そんな事も考えてしまいますが、一回しかない人生。
いろいろ試してから死なないと、あの世で後悔するかもしれませんからね。



それでは、みなさんごきげんよう。



ポチが少なかったら。その後のこのボードは封印でっす。
乗っても、黙ってるよ〜。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



今日は、サンディングダストを
思いっきり肺に入れさせていただきました!
ホーリー梶川




Pendoflex/Rubber Ducky 5'2"



昨日お約束した、Rubber Duckyの動画、
遅くなりましたが、アップ完了です。

思った程、良いのが撮れていなかったというか、
予想以上に私のライディングがダサかった事が、
唯一、心残りですが、Rubber Duckyは、本当に素晴らしいボードです。
その証拠に、既に、シェイパーのスティーブさんには、2本目を
オーダーしているぐらいですので。

rubberduckyyellow2


どうか、皆さん、その点をご理解の上、ご試聴頂けます様、
何卒、宜しくお願い致します。



本日は、花金。
一杯行く前に、ポチッとお願いしますね!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川

向こうの世界に片足を突っ込んでしまった一休

P8270070

しばらく続いた台風スウェル。また、いつ波が来るのか・・・。

はい、そんな訳で、本日も朝一サーフィン。

久々に晴れ、そして、波もしっかり残った本日は、
素晴らしいサーフィン日和。

今日は、一休も一緒に行ってみました。

P8270050

いつも混雑する海。
朝一の駐車場がオープンする6時前、
混雑する前の海は、一休にとって最高の練習タイム。

P8270060

一休に、この辺りなら他のサーファーに迷惑をかけることはないから、
この辺りでとりあえずやってみよう!

そう彼に伝え、私は、沖のセットがブレイクする場所までパドルアウト。
波に乗りながら、ちょくちょく、後ろでもがいているであろう一休をチェック。

そうですね〜。30分ぐらいした頃でしょうか、
一休が岸で体育座りをしているではないですか!?

あれ!?

もう、疲れたのか?

私も、波に乗るのが忙しく、その後、一時間ほど入水し
岸に戻ってみると、一休が、魂の抜けたような表情で
私に駆け寄ってきたのです。

様子がおかしいぞ!って感じた私は、どうした?何かあったの?
って聞くと、

すみません!!

私の目を見る事なく、ボードのほうに駆け寄っていったのです。

どうも、すみません。ボードを壊してしまいました!

見ると、貸してあげてたボードのノーズがべっちゃんこ。
かなりの重症クラッシュをしていたのです。

一休は、怒られると思ったのでしょうか。

それより、体は大丈夫か?どうなって、こんなになっちゃったの?
そう聞くと、覚えてないって言うんです。エッ?

どうやら、テイクオフの練習をしてて、インサイドでグリンッて巻くとこで
ノーズから突き刺さったみたいですね。

ボードが突き刺さるだけだったらいいのですが、一休も頭からワイプアウトし、
ボトムにゴッツ〜ン!!

落ちた直後の記憶がハッキリしないらしのです。

申し訳ない話ですが、思わず、私は大笑いしてしまいました。
(ゴメンよ、一休。)


P8270076

それにしても、危なかったですね〜。

私は、タイドとブレイクをチェックし、ここなら大丈夫だろうと
一休をそこに行かせたのですが、悪い事をしてしまいましたね。

一瞬だと思いますが、脳震盪で頭がクランクランした訳ですから、
本当に危険な状況だったのだろうと思います。

という訳で、一休は本日のサーフィン30分で終了〜!

一休、ちょっと待ってってもらっていい?
そう、ついでに写真撮ってよ!

脳震盪直後の一休でしたが、遠慮なく撮影をお願いしちゃいました。

P8270116
本日もラバーダッキー。
トロ目のブレイクの今日の波には、ベストチョイスなボード。

P8270154
それにしても、よく走るボードです。

P8270135
そして、よく動く。

波待ちしてる間、次に自分が乗るラバーダッキーの
オーダー内容ばかり考ていました。

最初から、ものすごく楽しいボードだと、一瞬で感じましたが、
癖が強いので、少し、乗りにくさも感じるボードと思っていたのですが、
ラウンドをこなすに連れ、その癖が、たまらなく魅力に感じ始めてきたのです。

とにかく、あの、爆発的な加速感は、病みつきになりますね。
レイルがゴッツく浮力があるので、波のパワーゾーンに入った瞬間、
強烈なターボが思いっきり効くのです。それも、徐々にではなく一瞬にして。


みなさん、ご安心ください。
もう、何本かスティーブさんにオーダー済みですから。

今日のライディングは、GOPROで撮りましたので、
明日あたり、編集し皆さんにお見せできればと考えております。
楽しみにしててくださいね。


0827LUNCH
帰りは、命拾いのお祝いとして、
一休にランチをご馳走してあげました。

私も、数ヶ月ぶりのコロッケ蕎麦。
二人で、一言も言葉を交わす事なく、
一瞬で平らげたのでした・・・。


一休、来週、リベンジだ!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川



ど変態クラブへようこそ!

1115c











昨日、お客さんからお借りしたこちらのトライフィン。

「どしたの?トライなんて乗る事もあるんだ。」

って、聞きたくなるでしょうね。


いやいや、実はこちらニーボードでございやす。
そう、テイクオフしても立たずに膝立ちで乗る”あのボード”でやんす。

1115b1115a





先日、お買い物に来られたお客さんが古くからニーボードをやっていらして、
「私も、今度機会があったら乗ってみたいっす。」
なんて、言ったもんだから、持ってきてくださったのです。

しかも、貸してくれるんですって。

それにしても凄いんですよ。この方。
高校生の時から、30年以上ニーボードをやってる”超ベテラン”ニーボーダー。
ショートが流行ろうとロングが流行ろうと、ニーボード一筋。
どこまでも、ど変態まっしぐらっていうか、拘りがあっていいですよね。
(HOLYSMOKEで使うど変態は、褒め言葉です。)

それにしても、楽しみですね〜。

ニーボードデビュー。

これでまた、ど変態に磨きがかかるってもんです。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



Wilderness Surfboards入荷

wilderness6106











Wilderness(ウィルダネス)が入荷いたしました。
どれも、大変個性のあるハルボードです。
今回、3本入荷したのですが、内1本は、日本初上陸と言う事で、テストボードとして、何度か乗ってから中古ボードとして販売する予定です。
今回販売するのは、6’10”のNeedle Hullと、5’8”のVeloとなります。過去に両方ともテスト済みですが、どちらも大変楽しいボードです。興味のある方は、是非、ホームページをチェックしてください。

ITEM CHECK!!
wilderness6101wildeness581






このボード。
どうなってるか解りますか?
そう、レイルに段差が付いているのです。
ボブ・ダンカンは、これを『ギズモレイル』と呼んでいます。
明らかにハルのレイルを持っているのですが、ボトムは完全にフラット。

何だかワクワクしてくるじゃありませんか。
レポート、楽しみにしててくださいね。

何?!このレイル。って思いませんでした?
思われた方は、必ずポチッときましょうね。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村
wilderness636

いいねぇ。

Juniorさんのパーソナルボードのご紹介です。Juniorさんって誰って?まあ、そんな事は気にしないで、この渋いボードをじっくりと見てください。
私は、思わずヤフオクをチェックしちゃいました。こんなの出てないかなぁ。なんて。
30年以上もの間、色んな波をくぐり抜け、今も現役で頑張ってる、幸せな爺さんボードです。

Sunset Surfboardssingle1single2




single4







1960年代にエンシニータスで生まれたサーフブランド、サンセット・サーフボードの貴重なシングルフィン。(シェイパー:エド・ライト)
ボランクロスでしょう。相当な重さでした。


Encinitas Surfboards
twin1twin2



twin3







私も何度か、足を運んだ事のある、エンシニータス・サーフボードの古いニーボード。ツインに比べ、薄く幅があり、長さも5’2”と、非常に短いのが特徴。フィンも背が低いですね。
Revolver Maps
QRコード
QRコード
Recent Comments
人気BLOGランキング
人気ブログランキングへ
SURFSIZE
サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中
ブログ村 サーフィン
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
ブログ村 マリンスポーツ