スキップフライサーフボード

フィッシュの日

1203a
本日は、フィッシュ2本を持って来た千葉方面へ。
昨日の感じからして、もう少し残るかと思いきや、
一気にサイズダウンし、朝一でセット腹。
次第にサイズは落ち、10時頃にはセットで腰。

結構、渋いコンディションでした。

朝一は、スキップさんのフィシュで軽くクルージング。

1202b

やはり、サンディエゴフィッシュはいいですね〜。
溢れ出てくるクラシカル感が五感を刺激し、
自然にサーフィンがクラシックなスタイルになっていく・・・。

サンディエゴフィッシュには、完成されたスタイルを感じます。

1202c



続いて、2ラウンド目はコチラ。
1202d
出ました!DYNOです。
(ディノではありません。ダイノーですよ。)

日本上陸後、初となる入水です!

1202e
コイツに跨いでいると、特別な気分になります。
周りのサーファーは、
オヤジィ、どっから持って来たんだ〜。
その、ボロッボロのかまぼこボードよぉ〜。
なんて、ジロジロ見られてしまいましたが、

こっちは、DYNOですからね〜。
テンション上がりまくりですよ。

坊や〜、オジさんをナメたら痛い目に遭うよ。って、
センター厚8cmオーバーの脅威の浮力で、
沖から根こそぎ波を取り上げてやりました。
(冗談、冗談。そんな、根こそぎなんかしてませんよ。)

1202g
それにしても、凄い浮力です。
そして、”ロケットフィッシュ”と命名されただけあり、
とてつもなくカッ飛んでくれます。
普通にアップスしながら走ってるんだけど、
実はその波、前も後ろも全くブレイクしてなかったりして・・・。
その位、ウネリだけで行けちゃうぐらい浮力があるんです。

しかも、結構、動いちゃうんですよね〜。

正直、1回だけ乗ったら店に飾っとこう。
って、思ってたのですが、そうはいかないみたいです。
ちょっと色んな波で試してみて、もし、本格的に気に入ったら、
ブロム大先生に、このまんまをシェイプしてもらうのも面白いかも知れません。

本当に、その位、良い感触のボードでした。

1202f

そんな、贅沢な2本のフィッシュを楽しんだ、本日の朝。



それにしても、一気に冷え込んできましたね〜。
ポチでもして暖まりましょう!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川



Josh Hall Surfboards

joshallnew
Josh Hallから連絡がありました。
ボードの発送準備が整ったとの事。

今回の入荷は、葛飾のKikko'sさん分を含め25本!
ゴリゴリのパワフル入荷となります。

今回もミッドレングスを中心に、
素晴らしい内容となっていますので、
楽しみにしてくださいね!

気になる日本到着ですが、一応、来週頭には運送会社に引き渡すぜ!
って、ジョシュ様は言ってました。
ただ、このパターンで2週間待った事もありますので、
遅れは覚悟で〜す。


てな訳で、本日も入荷期待のポチをお願いいたします!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


多分、多分。
SOURCE/SPRITEも
入荷する予定!
このボードもヤバいぞ!
ホーリー梶川




Liddle

11191
これ、私のLiddleコレクション。

Burrito DX 5'7"(一番左)。
これ、かなりのレアボード。現在は、5’7”はシェイプしてくれないんです。

PG 5'8"(その右)。
最近、ちょこちょこ乗ってるボードで、結構、楽しませてもらってます。

M3P 6'8"(真ん中)。
シェイプのバランスが気に入り、先日入荷した際に、キープしてしまいました。

Point Breaker 7'1"(右から2番目)。
先日、デッキにガラスクロスを追加したボード。重さが楽しみです。

Point Breaker 7'9"(一番右)。
先日手に入れた、95年のデッドストック。ロゴが今のと違ってレアでしたので
取り敢えずキープ。
(その内、売りに出すかも。)

そして、床に置いているのは、70年代初期にシェイプされたビンテージ。


何故、こんなにLiddleばかり集めているのでしょうか?

答え)
Liddle氏がお爺ちゃんだから。
イカンイカン。それは失礼です。
結局のところ、やっぱり、好きだからですね。
あの、乗り味とスピードを知ってしまうと、離れる事が出来ません。

でも、正直なところ、実際、年齢からして
何時シェイプをやめてしまうか解りませんからね。

ハルは、サーフボードとして、最終的な完成形とは言えないかも知れません。
でも、あの強烈なスピードは、絶対に他のボードでは味わう事が出来ません。
絶対ですよ。絶対。

サーフィンをしていて、あの信じられない程のスピードを感じた時の気持ちの良さは、
とにかく、病み付きになりますからね〜。

11192

11193
70年代初期には、サーフボードのスピードの限界を、
既にシェイパー達は知っていたのです。
最近のコンケーブにより加速させる考えではなく、
とにかく、水への抵抗を一番小さくするボトムデザイン。
それが、”ハルボトム”なのです。
水を逃がしてやって、とにかく、抵抗を少なくする考え方です。

(現代のボードは、バランスが最高です。スピードは、ハルに敵いませんが・・・。)

11194
ほら、これ見て下さい。
スキップ・フライ氏の60年代後半のシェイプ。
G&Sのシェイパーを務めていた時のものですね。

このボード、Liddleのビンテージと良く似てるんですよ〜。
アウトラインからボトムデザイン、そして、レイルの感じまで。

今となっては、”ハルスタビー”と呼ばれ、特殊なジャンルとされるぼーどですが、
当時のシングルフィンのスタンダードだったんですね〜。


・・・・・・。


今日は、何が言いたいんだ?

って事になりました。

はい。

今日は、Liddleをたくさん持ってって、凄いだろ!
ってな話。

でした。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川



North Shore Fin

joshfin1
あれ?
ジョシュからだ・・・。

joshfin2
ウォッ!この前オーダーしたフィンだ!

joshfin3
スキップさんのがガッツリ入荷してるぅ!!

joshfin4
オット〜!
今回は、ジョシュのフィンも入荷してるじゃ〜ん!

joshfin5
ジョシュがデザインした、
オリジナルテンプレート!
ロゴもいい感じ。



猿芝居はここまで。

本日入荷したのは、North Shore Fin Co.のスキップさんのフィンと
ジョシュ念願のオリジナルテンプレートフィン!
スキップさんのフィンより、全体的にワードベースなのが特徴。

本日のところは、スキップさんのフィンをホームページにアップしました!
新たに、センターフィンの9.5"も入荷し、充実のラインナップです!

CHECK!!

ジョシュのフィンは、明日、アップしますので、
楽しみにお待ち下さい!


それでは、ポチタイム!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川



気合いリペア

829b
私の大事な大事なSkip Frye Surfboards。
なんせ、このボード、あの、ラリー・ゲファード氏のお下がりなんですから。

ブログでも紹介したと思いますが、先日、千葉でこのボードに乗ったんです。
そしたら、その時、ボディーボーダーの女の子とぶつかっちゃったんです。

あっ!スミマセ〜ン。

大丈夫?

ダイジョウブで〜す!

そんな感じで、女の子はとっとと去って行ってしまいました。
まあ、何も無くて良かった良かったと思っていたら・・・。

829a
ギョエッ!ボトムに10cm位のブリブリダメージが!
強い力で押されたりした時に出来る、中がひび割れて白っぽくなっちゃうやつ。
あれが、結構、目立つ感じで出来ちゃってたんですぅ。

他のボードなら許せるんだけど、このボードは特別なのよ〜。
もぉ〜、もぉ!もぉ!もぉ〜!

しばらく、この件には触れない様にし、現実逃避していたのですが、
やはり気になるんですね〜。

そして今日。
一か八かの大ギャンブルに出てみました。

829c
サンダーでギリギリまで攻める!
これをしくじったら、全てが水の泡。
慎重に少しずつ攻め込み、ヒビのところで寸止めします。
ヒビが無くなったところで、クロスを乗っけレジンで復元。
(要は、ヒビの部分はクロスの層なんです。
だから、ヒビをとったら、その部分のクロスは無くなるのです。)

829d
レジンが乾く前に、クリアファイルを当て、表面を平らにするのと効果を早めさせます。
(これ、成功するリペアのコツです!今度、やってみて下さいね。)

829e
どおでしょうか?
今日のところはここまでとなりますが、多分、ブリブリダメージは消えている感じです。

数日放置し、完全硬化したところで成形します。

今のところ、順調に進んでますが、
この先無事に満足な仕上がりとなってくれるでしょうか



残暑厳しいですね〜。
台風スウェルが入って来ましたが、オンショアビンビン。
残念ですね〜。実に勿体ない。

本日もポチッとお願い致します!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川







波は続いております

826A

826B
本日は、トロ松と鎌倉方面へ。
先程のトロ松ブログにもありましたが、
出発しようとアクセルを踏んだ瞬間に”プチッ”!

不幸中の幸いと言うか、店の駐車場で良かったです。

到着した鎌倉でやっちゃったら、赤っ恥マチガイ無しでした。

ホント、危なかったです。

波の方は、先日の台風スウェル以来、
ずっと、続いているみたいですね。
セット胸。少々、割れ辛い厚いブレイクでしたが、
十分に遊べるコンディション。
入水していた11頃までは、軽いオフショアでフェイスもクリーン。

それにしても、月曜日だというのに、とんでもない混雑ぶりでした。

826D

826E

826G
私は、またまた、Fish Simmons 8'6"。

今日も多くの方に言われました。

”短いの乗れなくなっちゃうよ〜。”

なんて。

やはり、私も最近そう思い始めました。


前足と後ろ足の体重の乗せ方の違い・・・。
まあ、やめる事はないと思いますが、
短いボードも積極的に乗らないといけませんね。

本日も、皆様、お疲れさまでした!


本日のトロ松
826h
ここからの〜

826C
えっ?


トロ松、電車出勤、お疲れさまでした。

本日も、一発ポチッとお願いします!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


これから、アクセルワイヤー交換します。
ホーリー梶川










最後にヤラれました

0821a
先程、最悪のタイミングで帰還致しました。
到着寸前に、超過激ゲリラ雷雨。

キャリアに積んだ箱は、一瞬にしてビシャビシャ。
一気に水を含み、とてつもない重さ。

あの時の、必至に降ろす後ろ姿は、
相当な見応えだったと思いますよ〜。
土砂降りの中、オッサンが必至になってるよ〜!って。



トロ松くん、これ見て笑ってんじゃないよ〜!
ホント、大変だったんだから。
ちゃんと、毎日、パソポチやってる〜?



ボードは、全部、無事でした。
最高の仕上がりに、思わず、ニヤニヤしてしまう程・・・。

今日のところは、軽〜くチェックしてみましょう!

0821e
まずは、Fish Simmons。
選び放題の7本入荷!!
短いのから長いのまで、今回のバリエーションはSUGOI〜!

0821d
続いて、Classic Keel Fish。
Joshのフィッシュは、貫禄がありますね〜。
Skipさんの正真正銘サンディエゴ・キール・フィッシュを
見事に受け継いでおります!

0821c
今回入荷のPescado Hinchadoは、色が抜群ですね〜。
魅惑のダウンレイルも健在です!

0821b
Mini Eagle,Egg,Pointed Nose Eggも入荷しました。
個人的には、この辺りが、特に気になりますね〜。


今日は、ここいらでおしまい。
明日に期待して下さいね!


さあ、皆さんもパソポチです!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川









Arrival information!!

JOSHSHAPESEAN1
今週は、Josh Hall Surfboardsが大量入荷する予定です!

今回は、皆さんの気になるFish Simmonsを始め、
EagleやKeel Fish等、幅広いラインナップをご紹介出来ると思います。

本数も全部で20本以上となりますので、
ボリューム満点の内容となっております!


皆さん、期待して待ってて下さいね!



本日は、夏休み最終日の方も多い事でしょう。
最後の休日をゆっくりと楽しんで下さい!

コッチの方も宜しくお願いします!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川







Fish Simmonsの魅力

07211
最近、私が乗ってる8’6”のFish Simmons。
まさか、こんなに動くとは・・・。
乗る前は、全く想像出来ませんでした。

このボードは、ジョシュの師匠スキップ・フライ氏の代表作のひとつ。
ジョシュなりのアレンジが施されてはいますが、基本は忠実に継承しています。

07213
このボードの最大の魅力はスピード。
そのスピードを生むボトムデザインをチェックしてみましょう。
まず、ボード全体の1/4辺りから深めのシングルコンケーブが入ります。

07215
センターより後ろ辺りから、一気にリバースVeeとなります。しかも、相当深く!
一見、激深のダブルコンケーブにも見えますが、やはり、リバースVee。
相当深いです。

07212
テイル側から見ても、その深い彫りが確認出来ます。
そして何より、このボードの最大の特徴がトライフィン。
フィッシュテイルなのにトライフィンなのです。
これは、スキップ・フライ氏が考案したセッティング。

フィッシュテイルとトライフィンのセッティングは抜群に良いですね〜。

ここまで長いボードを、結構、軽〜くコントロール出来るのは、
やはり、フィンセッティングにあるのだと思います。

07216
これまで、5’8”、6’8”、7’4”、8’6”乗って来たFish Simmonsですが、
乗れば乗る程嵌ってしまう魅力満載のボードです。

次回入荷分でも、数本のFish Simmonsがございますので、
是非、期待しててくださいね!



スキップ師匠!そして、ジョシュ。
最高のボードを教えてくれて、本当に有り難う!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川






ロングの日

0628c
本日はトロ松と鎌倉方面へ。
今日は、思いっきりサイズダウンしているだろうと見込みロングの出番。
ボードは、Josh Hall/JR 9'4"。

0628a

0628b
赤く染まった空が奇麗な朝でした。

0624d
潮が多い腰前後の厚〜いブレイクでしたが、ロングなので十分楽しめました。

0628e
波の小さい日は、やはりロングですね〜。

0624f
7’のミッドレングスに乗っていたトロ松でしたが、
今日のコンディションではキツそうでした。
その内、トロ松君もロングを調達しましょう!


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川







緊急出動

06273
一昨日からのサーフボード入荷に伴う業務に追われ、
波情報のチェックを怠っていた私。
朝の5時過ぎに何気なく情報チェックをしたら、
湘南方面は、胸前後だって言ってるじゃないですか!

こうなったら、緊急出動です!
速攻で着替え、大慌てで出動しました。

到着した7時頃は、潮が多くボヨンボヨンした波が中心。
でも、皆さん私と同じ様にノーチェックだったのでしょうか?

海はガラガラで乗り放題状態。

06272
今日の出番は、待望の到着、
Josh Hall /Deuce Coupe 5'8"。
因みにこのDeuceって、バリとかにあるお店のDeusとは一切関係ありません。
(ちゃんと言っとかないと、ホーリーの野郎、Deusの勢いにあやかろうとしてやがるぜ!
って思われちゃいますからね。)

この話しはこれくらいにしといて、
ボードを乗った感想は、一言で”激走りの激動き”でした。

ディープな8チャンネルと、新たにデザインしたシモンズフィンの組み合わせが良いのでしょう。
初めてこのボードを見にした一昨日は、フィンの小ささに少し驚いたのですが、
今日乗ってその意味が解りました。
ボトムのチャンネルとスーパーハードなテイルエリアのエッジ。
そして、この小振りなフィンの組み合わせが、抜群の回転性を生むのですね。

やはり、Josh様は波乗りを良くしてるから、バランスを調整するのが
本当に上手ですね〜。

06274

06275

06246
入水中徐々に潮が引き、10時前後の小一時間は、”軽いミラクルタイム”
が訪れました。
結局、いい波と気持ちの良いDeuce Coupeにより、開店ギリギリタイムまで
思いっきり入水してしまいました。

06271
サンキューネイチャー、そして、Josh様!


海に行けなかった方は、ムカっとしちゃうのでしょうか?
許してください。そして、ポチッと宜しくお願い致します!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川








Bottom Design

0602A
ホーリースモークのブログを見てくださっている方の中で、
”グライド感”ってどんな感じ?
って思われている方もいらっしゃるだろうと思い、
本日は、Josh Hall SurdboardsのMini Eagle 8'6"を元に
ご説明させていただきたいと思います。

実は、私も本当の”グライド感”というものに嵌り始めたのは、
最近の話しかも知れません。

短いボードにしか乗らなかった私には、その当時、”グライド感”など言葉の上でしか
理解していませんでした。

ところが、ここ数年、ミッドレングス系のボードに乗る様になりました。
そして、その中でも特定のボトム形状を持つボードには、とんでもない魅力が潜んでいる
と言う事を知ったのです。

とてつもない魅力・・・。

そうなんです。
”グライド感”って凄いんです。

そのメカニズムの原点は、レイル形状にあります。
例えば、上の写真。
ボトム面がフラットではないですよね。

ラウンドボトムじゃないですか。
特に、レイル付近はデッキ側に向かって、ボトム側からレイルが上を向いていますね。

0602B
これは、センターより少し前のボトムライン。
やはり、まだしっかりとレイル付近はロールドアップしています。
センター付近は、シングルコンケーブが入っています。
ここから後ろに掘られた、ディープなリバースVeeボトムに備えて、
水の流れを作っている訳ですね。

0602C
ほぼボードの真ん中辺りです。
アップレイルは、この辺りで収まっています。


0602D
これがテイル付近。深いリバースVeeボトムです。
ダブルコンケーブとの違いは、ダブルコンケーブとVeeボトムを組み合わせた物ですので、
センターが山の様に高くなっているのが特徴です。
水の流れとレイルの切り返しがし易い形状と言われています。

0602H
こうやって、斜めから見てもよく解りますね〜。

0602E
レイルだけをクローズアップしてチェックしてみましょう。
ノーズ付近では、しっかりとアップノーズしていますね。
レイルが水をひっかけるのではなくて、逃がしてあげる形状だと言う事が
お解りになると思います。

0602F
センター付近は、ハード気味のダウンレイル。
掘れた波で、しっかりと波に食い付くサンディエゴの伝統的なレイル形状です。

0602G
テイル付近は、テイパー気味の薄いシェイプとなっています。
テイルに足を乗せたら、軽くターンが出来るデザインです。


何だか、ゴチャゴチャな説明となってしまいましたが、

要は、ノーズ付近の下から上を向いた様なレイル形状により、水を効率よく抜く。
まず、これが、スピードを落とさず効率よくボードの後ろに水を流すデザインなのです。

続いてセンターからテイルにかけてのディープなリバースVeeは、
ノーズから運ばれて来た水の流れを、一気に後ろに流す、言わば、ターボの様な役割。

そして、ハードなダウンレイルは、フルスピードとなったサーフボードを
しっかりとコントロールが出来るためのもの。

スキップ氏から受け継いだ、長い歴史により生まれた絶妙なシェイプのバランスは、
サーファーを必ず魅了する”グライド感”を、思う存分味わさせてくれるのです。



説明してて、自分でも解んなくなっちゃうとこでした〜。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川





到着!

05302

05301

05303

無事、店に到着致しました。

今回もカラーリングが抜群にいい感じ。

ミッドレングス中心の最高にエキサイティングなラインナップ!

明日のホームページアップまで、今しばらくお待ち下さいね。


楽しみな気持ちは、
全てこのポチが承ります。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川



Online Store
HOLYBLOGLOGO2
livedoor プロフィール
BLOG内検索
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
Revolver Maps
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
人気BLOGランキング
人気ブログランキングへ
SURFSIZE
サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中
ブログ村 サーフィン
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
ブログ村 マリンスポーツ