サーフボード発送

久々に…。

サーフィン経験が数えるほどしかない私ですが、
サーフボードの梱包は経験に経験を重ね、

既に免許皆伝の域に達しております。

こんにちは。サーフボード梱包屋、一休です。

久々に、“サーフボード梱包スパイラル”がやってきました。

先日、ホリザップで筋トレをしてきたので
腕周りの筋肉がバッキバキの状態でサーフボード梱包。

なかなかハードです。(笑)


A
そんな中、ホーリー梶川に美味しい鰻を頂きました。



B
ギュッと旨味が凝縮された、フワッフワの身。

甘辛いタレとピリッと辛い山椒のアクセントが相まって
何とも言えないこの美味さ。

御馳走様でした!

私は、鰻パワーのお蔭でビンビン状態。

本日の梱包も気合を入れて頑張ります!!

サーフボードのご注文、ジャンジャンお待ちしております!

そして、皆様のユーズドボード、いつでもお待ちしておりますよ!



CHECK!!



梱包筋が発達してきました。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



一休




サーフボード梱包

サーフィン未経験の私“一休”ですが、
サーフボードの梱包は既にプロ級の域に達しております。

本日は、遠方から御注文頂くお客様の為に
どのように梱包しているのかをお見せしようと思います。


手順

ビニール被せ
まずは、サーフボードにビニールを巻きます。
これを巻くことで小傷を防いだり、梱包テープがサーフボードに
引っ付いたりする事を防ぎます。


手順

エアパッキン
次は、全体にエアパッキン(プチプチ)をしっかりと巻いていきますが…。


ノーズ
エアパッキンだけでは不安なので、ノーズにテール、
そして、レールやフィンにはこのようにクッション材をしっかりと装着。


手順

レール
重要なのがこのダンボール。
山状にすることで強度を増し、レールをしっかり守ってくれます。


ダンボール3
そしてここが“ミソ”!

箱の中でサーフボードが動いて傷が付かないよう
ノーズとテール部分の端は、必ず、少し出しておきます。


最終梱包
この手順が終了して、しっかり巻かれてるか最終確認したら
専用のダンボールに梱包。


積み込み
運送会社さんに集荷してもらってコンプリートです!!



遠方の方や、なかなか当店に来れない方。
ご安心下さい!

サーフボードに傷を付けない様、しっかり梱包致しますので
どんどん御注文して下さいね!!



CHECK!!





コチラも宜しくお願い致します。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



一休















梱包

今日は昨日軽くブログでお見せした梱包の話。

随分梱包してきたので、今ではだいぶ慣れてきたサーフボード梱包。
サーフボードはとてもデリケート。
運送会社さんの扱いも心配なので、とにかくやりすぎくらいに越したことはない。

発送が心配な方のために梱包をお見せます。

まずはサーフボードに一枚エアパッキンを巻きます。
そして重要なレール。レールにはしっかりした厚めのエアパッキンを何重かに重ねて巻きます。
(もちろん、テールとノーズもです。)
2a


そしてダンボール。これが重要です。
2b

山を作るようにレールにかませることで、衝撃を与えても大丈夫になります。
2c
こちらももちろん、テールとノーズにも。

最後はデッキとボトム。
レールの梱包により、平面でとらえるとデッキとボトムに随分空間ができているので、
箱に入れたらデッキとボトムに衝撃が伝わることはまず、ありませんが、
万が一、運送中の事故で箱を突き抜けるくらいの衝撃を与えてしまうことを想定し、
こちらも重ねたエアパッキンを両面に貼ります。
2d


遠方の方や、どうしても来れない方、
皆様が安心して発送をお願いできるよう、1本に1時間かけて頑張っております。

届いた梱包材料は、また中古ボードなどの査定で送ったりするときや、
何かのタイミングで使うこともあるかと思います。
(箱も結構立派なダンボールなんで。。。)

なので綺麗にとっておいたらいいかもしれません。
(買うと結構高いと思います。)


頑張って巻きますよ!どんどん注文してくださいね!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


トロ松




サーフボードのパッキング

boardpackingHOLYSMOKEからサーフボードを発送する際のパッキングのご紹介です。
如何ですか?凄いやり方でしょ?

シェイパーの方から教えてもらった、最強のパッキングです。

まず、ラミキャップ(プチプチ)でサーフボードを包み込み、テープで止めます。次に、ブランクスの耳(テイクダウンした際のブランクスの端っこ部分です。)をレイルにあてテープで止めます。最後に箱に入れてしまえば、最強のプロテクションが確保されたボックスの出来上がりです。
箱に入れる前にこの状態でレイルを下にして落としたとしても、レイルは全くダメージナシです。
この要領で梱包すれば、トリップ用のボードケースに入れてサーフトリップに行く際も安心ですよ。最高に軽くてかさばらず、何より保護能力が抜群。

このやり方、絶対のお勧めです。今度、機会があったら試してみてください。


為になったらワンクリック!
ネタの持ち逃げは罰が当るぞ。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村
Revolver Maps
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
人気BLOGランキング
人気ブログランキングへ
SURFSIZE
サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中
ブログ村 サーフィン
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
ブログ村 マリンスポーツ