Rasta Fish 6'2"
rastatwin621


Keel Fish 5'11"
pendokeel5111


Double Wing Quad 5'10"
doublewingquad5101



昨日入荷した、Pendoflexが当店のHPに掲載されました。
50年以上ものシェイプ歴を持ち、スキップ・フライ氏とも深い交流を持つ
サンディエゴを代表するレジェンドシェイパー。

スピードを生むボードを開発するため、1970年代から開発され生まれた、
独自のテクノロジーは、テイルを踏む毎にスピードを増していく”マジック”が
彼のボードには隠されているのです。

これまでに、バテンス・カルヒオカラニ、リチャード・ケンビン、
ダン・マロイ、ゲビン・ベッシェン、マーフィー・ブラザーズ、
ダニエル・トムソン、デイブ・ラスタビッチ等、
世界中の多くの有名サーファーが、彼のボードに乗り、
そして、虜となって来た事が、その”マジック”の揺るぎない答えなのです。

シェイプからラミネートまで全てを1人でこなす、本物のクラフトマン、
スティーブ・ペンダービス。


本当に素晴らしいボードです。
とにかく、チェックしてみて下さい。



CHECK!!




今回、本当に悩みました。
どれを自分で試そうかと・・・。
でも、結局、出た答えがこれ。

07011
入荷した6本の内3本はテストする為、
今回の販売は見送りました。

いつも、申し上げておりますが、私は、とにかく、
乗った事も無いのに、「このボード、調子良いよ〜。」
って、絶対に言いたくないんです。
乗って初めて、良いのか、それとも悪いのかが判断出来、
そして、HOLYSMOKEという看板を汚す事の無い、
しっかりとした説明をお客様に出来る。

正直、入荷した半分も乗ったんじゃ、商売になんかなりゃしません。
でも、乗らなきゃ始まらない。これ、ポリシーですので。

皆さん、今回は、期待させて申し訳ございませんが、
そんな訳で、この3本はお預けとなります。


最後に、ちょっとだけ、説明を。

左のボードは、Makoっていうモデルで、どちらかと言うと、
パフォーマンスツイン。
薄いシェイプでレイルもテイパー。Rasta Twinの原型となったモデルです。
これは、始めから、自分で乗ろうとオーダーしていたボード。
大き目の波で、絶好調そうですね。

真ん中は、今回、ちょっと、アレンジして作ってもらったボード。
スタンダードなQuadモデルのノーズを少し丸くしてもらったんです。
シェイプは、ノールエリアが、引っ掛からない様に捲られてて、
結構、良さそうなボードですね。
これも、かなりのパフォーマーだと思いますよ。

右のど変態野郎は、Rubber Duckyってモデルで、ベースは、ニーボード。
サンディエゴには、多くのニーボーダーがいて、彼らの要望で生まれたモデルなんです。
でも、今回は、スタンディング仕様にアレンジしてください。
ってお願いして出来たサーフボード。
深いシングルコンケーブと、独特のレイル形状が気になってしょうがないボード。
まだ決定ではないけど、このボードは、HOLYSMOKE #1(うちに削ってくれた一番目)
なので、記念にとっとくかも知れません。
(そう言っとかないと、ハイエナ野郎が辺りをうろつき回るので・・・。)


という事で、こちらの3本の試乗レポートもご期待下さい。


それでは、Pendoflexの入荷を記念して、
皆でバンザイ三唱ポチです!!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



最後に値段について。
Pendflexって、地元でもかなりの高額ボードなんです。
そりゃ、普通のボードより全然、手間が掛かってますから。
今回、これでも、値段は、かなり頑張っております。
多分、個人輸入したら同じぐらいになっちゃうんじゃないかな・・・。
他の業者さんだったら、これに数万円は高くなるはず。
(そんな事まで言わなくていいか。)
まあまあ、ホント、今回は頑張ってます。

だから皆さん、遠慮しないでボーナスを使い果たしちゃいましょうね〜。
ホーリー梶川