ゴードン&スミス

Gordon&Smith

皆さんは、Gordon&Smithというブランドをご存知でしょうか?

いやいや、このブログを見ている方でしたら知ってますよね。

1959年にカリフォルニアのサンディエゴでスタートした、
カリフォルニアのサーフィンカルチャーを語る上で、絶対に
切り離す事の出来ないスーパービッグな老舗ブランド。

カリフォルニアに行くと、よく見かけるこのブランドですが、
何故だか、日本では見かける事がありませんよね。

まあ、これにはちょっとしたワケがあって、日本で販売している
ショップが無いというのが、ここ数年の現状。
(ワケあってG&S側が、少し、引いていた様です。)

そんで、昨年のある日、先方から連絡が入りました。

G&Sをホーリースモークで取り扱ってみないか。って。

基本、私は、こちらから出向くスタイルを取るタイプで、
先方からのオファーは、全て断るのがちょっとした拘り。

なので、電話でオファーを頂いたり、ご来店いただいて
売り込みに来られても、殆ど、成立した事がありません。

だって、究極に拘りたいですから。特に取り扱う品物は・・・。

でも、G&Sからのオファーは話が別。

そりゃ、カリフォルニアのサーフィン史で
最も重要なブランドの一つですから。

2018-01-10-14-08-56


2018-01-10-14-07-32
スキップさんだって、

2018-01-10-14-11-36


2018-01-10-14-08-23
マイク・ヒンソンだって、G&Sのチームだったし、
シェイパーとしても活躍していたブランド。

歴史も古いですよ〜。
1959年にラリー・ゴードン氏とフロイド・スミス氏が
スタートさせた60年近い歴史を誇るブランドなんです。

実は、取り扱うかどうかについては、少し、迷いました。
同じサンディエゴのジョシュ・ホールがいたり、他にも
沢山のシェイパーを取り扱っているから、ボードが被っちゃわないかとか、
ちゃんと、全てに目が行き届くか・・・。なんて、考えたりして。

でも、せっかくのチャンス!

逃す訳にはいきませんね。
せっかく、声もかけていただいた事だし。

そんで、昨年末、1stオーダーを入れさせていただいたのですが、
本日、先方から1枚の写真が送られてきました。

01101
当店のストックボードのシェイプが終わった様です!
シェイパーは、クリス・ダービー。

そして、奥に立てかけているボードが、当時のオリジナル。
ラリー・ゴードン氏の私物だったボードです。

2018-01-10-13-32-54


2018-01-10-13-36-27
要するに、これをシェイプしていただいたというワケ。

今回、10本ほどのボードをオーダーしたのですが、
その全てが、当時のまんまを復刻!!

これをキーワードにお願いさせていただきました。

2018-01-10-13-34-35
なので、初代ワールドチャンピオンの
ミジェット・ファレリーのシグネーチャーモデルや、

2018-01-10-13-34-00
ホットカール!!

2018-01-10-13-33-27
そして、G&Sが生んだ名作、マジック等を
当時のままのデザインで再現していただく事になっております!

はい、ロゴやピンラインまで全てです!!

ヤバイっしょ〜!?

現行モデルも、そりゃ、素晴らしいんですよ。
最近では、ケビン・コネリーもシェイパーに加わり、
超充実したボードコレクションになってますから。

でも、最初のうちは、ホーリーらしくもあり、
そして、歴史のあるG&Sでしかなし得ない、
当時のモデルを、まんま再現してみようと考えたのです。

こんなのが届いたら、ヤッバイと思いますよ〜。

ビンテージなんか、絶対に手に入らないし、
見つかったとしても超高い。
でも、当時の事を熟知してる元G&Sのクルーが作り上げた、
完全復刻ボード!!ですから。

シェイプも、なるべく、現代風にアレンジを加えずに、
まんまでお願いしやす!って、伝えておりますので、
こりゃ〜、届いたら、店の雰囲気までがガラッと変わる程の
インパクトになる事でしょう!!

日本で言うと昭和の時代。

カリフォルニアで言うと、60年代後半から70年代。
そして、全世界が、大爆発の80年代ってのは、
本当に華やかで素晴らしく、何をやってもワクワクした時代。

こんな時代のサーフボードが、お店に届いてみてご覧なさいよ。

ワクワクを通り過ごしちゃって、オッサンサーファーは、
確実にオシッコ漏らしちゃいますよ。
(ただでさえ、甘くなり始めてんだから。)


まあまあ、皆さん、G&Sの今後の動きにご注目ください。
当店から、新たなG&S旋風を発信させていただきますので!!



70's野郎は、確実にポチです!
オッサンサーファーお願いします!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



イェ〜イ!!
ホーリー梶川










フィンボックス

2017-01-20-16-00-54
これまた今日は、レアなボードの登場ですね〜。

2017-01-20-16-01-33
Gordon&Smith時代のスキップさんのハルシェイプ8'0"と、


2017-01-20-16-01-39
先日初乗りした、Sunset Surfboardsのナメクジ君。

2017-01-20-16-03-01
本日は、この2本のフィンシステムに触れてみましょう。

2017-01-20-16-03-22
先ずは、スキップ。
このフィンは、プラッチック製。
60年代後期にフィンが取り外せる画期的なシステムが、
世の中に出回る事になったのですが、当時のフィンの多くは、
プラッチック製。グラスフィンもありましたが、やはりここは時代性。
成型により大量生産できるブラッチックモノは、コストも安く上がるので
重宝されたのでしょう。

2017-01-20-16-03-15
このプラッチックフィンは、ボックスに入れ
ボルトで固定するというシステム。
これがまた、割れちゃうんですよ〜。

だから、このボードに関しては、ほとんど、取り外しはしません。
割れたら、代わりが無いですから。

2017-01-20-16-05-31
このフィン、フレックスが凄いんです。
GL Flexなんて比じゃありません。
ブニャンブニャンとまではいきませんが、
指で簡単にひん曲がるぐらい柔らかいフィンなのです。


2017-01-20-16-03-55
続いて、ナメクジ君。
当時、ボックスのツインフィンってのは、結構、普通にありました。
でも、現代のフィンボックスのようなスタイルのものが中心で、
この手は、かなり、目面しいですね。

2017-01-20-16-04-11
このボックスは、フィンを前にスライドさせて引っこ抜くという構造。

2017-01-20-16-04-29
こんな風に、先の方がデカくなってて
抜けないような構造になってます。

2017-01-20-16-04-37
ボックスは、前後に5段階で位置調整が可能。

このボードを発掘した時、どやって外すんだか、
ジョシュのファクトリーで皆んなで悩みました。

サーフボードの進化と共に、フィンシステムも大きく進化してるんですね〜。
一瞬で無くなっちゃったフィンシステムも沢山ありましたからね。

今日は、昨日よりもっと良いサーフィンがしたいという、
今も変わらぬサーファーの想いがそうさせたのでしょう。


2017-01-20-16-06-15
それにしても、両方とも凄いボトムだわ〜。


本日もガッツリお願いいたします!
にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村



プラッチック、違和感感じなかったら
正真正銘のオッサンです。
ホーリー梶川




激レアです

先日、カリフォルニアに行った際にゲットした、
歴史あるサーフブランドのTシャツをご紹介します。

375f8dcd

02111842_54db23f575a08

02111848_54db25799ac1d

まず、こちらは、G&S。
2種類のデザインでロンTも少量ながら入荷。

02111828_54db20c85ee5c2

続いて、ジョージ・グリーノウのバックプリントTee。
これは激レアですね。

02111834_54db223e3ad38

出ました!!
ジョージ・グリーノウとマイケル・カンデスが築き上げた伝説のブランドWILDERNESS。
こんなもん、探しても見つかりませんよ。

とにかく、どれも激レアなTeeシャツ。
どれも少量しかございませんので、お好きな方は、速攻でチェックです!!


CHECK!!




はい、当然、私は全キープ。


今日も忘れずお願いします!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川




Gordon & Smith Tee

G&SのTシャツがアメリカから入荷致しました。
g&s1g

こちらもかなり少量です。カラーは3色展開。
g&s1a

好きな人にはたまらないTシャツ。スキップフライ氏も在籍していたのは有名な話。
quarterly_skateboarder_no2_i


60年代70年代のサーフィン文化の礎を築いたG&Sサーフボードも、
DOGTOWNな70年代80年代のG&Sスケートも、
これ一枚にジーンズでも穿いてれば、解る人には解る無言のかっこよさです。

CHECK



現在、アメリカの匂い浸み込みキャンペーン中。
このTシャツにもカリフォルニアの香りがたっぷり付着している。はずです。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

トロ松




Skip Frye Magic 7'8" USED

skipmagiclogo
出ました!スキップ・フライ氏のMagicが入荷!

skipmagic78a

スワローテイルの珍しいMagicです。
私が持っているボロルックMagicもそうですが、
その長さやボリュームからは想像出来ない、軽快なマニューバーが描ける、
素晴らしいボードです。

状態も、デッキのフットマークも少ない、大変、コンディションの良いボードです。

貴方も是非、一生に一度くらいは、スーパーレジェンドと言われる
スキップ・フライ氏のボードに乗ってみては如何でしょうか?

本当に感動しますよ!



CHECK!!



本日もポチッと宜しくお願い致します!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川






Skip Frye Frye Fish 6'4"

SKIP64H
またまた出ました!
スキップ・フライ氏のフィッシュ6’4”です。

skip64a
こちらも、元オーナーは、ゲッピーこと、ラリー・ゲファード氏。

スキップさんが、ゲッピーさん用にシェイプした、激レアボードです。

skip64b

skip64c
シェイプは新しく、まだ、日焼けも殆どございません。
デッキには、使用に伴うフットマークがございますが、然程、気にするレベレでは無いでしょう。

skip64d
ダウンレイルが最高にカッコいいシェイプです。
1ラウンド、試させていただきましたが、本当に調子の良いフィッシュです。

これだよ!これ!これがスキップさんなんだ!

そんな風に思ってしまう程、感激する乗り味ですよ。

SKIP64G


SKIP64
こんなレアなボード、手に入れたくたって、そう簡単に巡り会えるものではございません。

skip64f
是非、この機会にレジェンドのボードを体感してみて下さい!

サイズ
6’4”×21・1/4×2・5/8

クリア サンドフィニッシュ

SOLDOUT!!


どしどし、お問い合わせ下さい。


こちらも、どしどしポチって下さい!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川



FRYE

0205c
結局、2ラウンド入水して参りました。
先程も申し上げましたが、Skip Frye氏のこのボード、
実に気持ちの良いグライド感を味わえるHullです。

Joshにこのボードについて質問したところ、
シェイプ数の少ない、ミニガンモデルだとの事。

そして、Skipさんに詳しい方に聞いたところ、
モデル名は、"FRYE"という事が判明しました。
正確に言うと、"FRYE Speed Model"だそうです。

やはり、当時、スピードを求めるデザインとして
このボトムが生み出されたのでしょう。
0205a
本当は、今日の様なダラダラブレイクでは無く、
もっと、サイズのある掘れた波で一気に走り抜けるのが得意なボードなのでしょう。
それにしても、素晴らしいボードに出会い、感謝感謝でございます。

0205b
こちら、Liddle Burrito DX 6'2"に乗るお客様。
いい感じに乗られてました。
完全なるハル師ですね〜。


ところで、風邪の方。

お陰様で、2ラウンド入水した事で完治っす。


ポチッとよろしくお願い致します!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川




Vintage Skip Frye!!

0204a
出ました!
Gordon&Smith時代のSkip Frye Model 8'0"。

これまた、とてつもなくレアなボードですね〜。

0204b
何と言うモデルなのでしょうか。
スラッとした、奇麗なアウトラインが印象的です。

0204c
そして何より、このボードの最大の特徴は、ハルってる事。
Sデッキにコンベックスボトム、レイルも思いっきりテーパー。

0204f
こうやって見ると、コンベックスっぷりがお解りになるでしょう。
結構な”お椀ボトム”です。

このボードは、正に60年代後半にシェイプされたもの。
恐らく、Skip Frye氏がG&Sのシェイパーとなり、そう月日が経っていない頃の物だと思います。

当時は、ショートボード革命が起き、ボードの長さが短くなり始めていました。
そして、その頃のサーフボードのボトムの多くが、こんなデザインだったのです。
例に漏れず、Skipさんもこの様なシェイプをされていたのです。

0204g

0204d
その後(70年代に入る頃)に、イーグルノーズを持ったレトロシングルフィンが誕生し、
シェイプの中心は、移行されていきます。

それにしても、こんなにレアで貴重なボードなのですが、
今直ぐにでも入水可能な、素晴らしいコンディション!

う〜ん。

乗りましょう。
乗ってみましょう。

そりゃ、試してみたくなりますよね。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川



Revolver Maps
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
人気BLOGランキング
人気ブログランキングへ
SURFSIZE
サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中
ブログ村 サーフィン
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
ブログ村 マリンスポーツ