07082
川南 活氏の人気モデル、Boogieが入荷いたしました。

6’0”という長さながら、圧倒的なボリュームを持つBoogieは、
ロングボードに引けを取らないテイクオフの速さを可能とします。

それだけなら、よくある話。

単にボリュームを持たせれば、どんなサーフボードだって、
テイクオフは早くなります。
但し、それに比例しボードの動きは鈍るもの。

これ、常識ですね。

ですが、Boogieは違います。

スイスイ、ミズスマシの様に走りながら、
軽い動きを可能としているのです。

小波で大きなボードに乗り、ただ、クルーズするっていう、
まあ、一般的な小波の楽しみ方をするのではなく、
小波で、バンバン板を動かすっていう楽しみ方ができるボードなのです。

小波では、早いテイクオフが必須卯となりますが、
その点、Boogieは別格クラス。ウネリからボードは走り出し、
すぐにブレイクしてしまう小波においても、余裕を十分に持つ事が出来ます。

そして、細く絞られた絶妙なアウトラインと、
フラットからVeeで抜けていくボトムデザインにより、
軽いレイルの切り返しが可能なのです。

乗ってみないと分からないでしょう。
サーフボードですから。

まあまあ、ビックリしますよ。このボードには。


yellow1


yellow2


yellow3



green1


green2


green3



Boogieに乗り出すと、波が小さくても、海に行きたくなりますから。



究極の小波スペシャル、Boogie・・・。





CHECK!!





にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川