ウィネベーゴ

Freedom君、念願のオープンカー

052
今日も朝の8時から、助っ人の池ちゃんと作業スタート!!

すみません。解体してる途中の画像はございません。

なんせ、失敗が許されない作業の連続で、
写真を撮ってる場合ではなかったもので・・・。

053
照明やエアコンの配線を切らない様に注意しないといけないし、
キャビネットや壁を傷めない様、
これが、また、結構、気を使うんです。

なんせ、関係ないところをぶっ壊しちゃったら、
元も子もないですから。

だけど、屋根の後ろの方は、完全に木が死んでましたね。

工具を使う事なく、手でバリバリに引張がせました。
(恐ろしいですね〜。)

054
そんで今はこんな感じ。

贅沢極まりない、ウィネベーゴのオープンカー仕様ですよ。

フリーダム君も、アメリカを走ってる時は、
追い越し車線を優雅に抜き去って行くオープンカーが
羨ましかったに違いありません。

でも、フリーダム君は、この状態では動いちゃダメよ〜。
ドアをバタン!って締めるだけで、壁が揺れるぐらいだから、
走っちゃったら、一瞬でバラバラになるでしょうね。



はい、本日の作業はここで終了。

明日は、一気に屋根を作り込みます。

基本構造は、外壁材と内壁材。
そして、その間には断熱材を入れる予定。

明日には完成させないと、明後日は、なんだか
雨の予報が出てますからね〜。

週明けには、屋根の防水を終わらせ、壁紙を貼ったら、
今回の屋根プロジェクトは終了〜。

その後は、車検に向け作業を進め、年内には、
どうにか、ナンバーを取得出来たらって思っております。


引き続き、明日のフリーダム君にご期待下さい!




それでは、みなさん、ごきげんよう。




にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村



ムチャカッコ良くなったグレムリンでしたが、
早々に嫁入りが決定し、本日、バイバイしました〜。
なんか、寂しいわ〜。


そうだ!もう一つ。
来週、G&SとWILDERNESSが入荷する予定です!
楽しみにしてて下さいね〜。


ホーリー梶川







'72 Winnebago 屋根引っ剥がしスタート!

12041
とうとうスタートしました!

フリーダム君の屋根工事。

日本に同年代のウィネベーゴが何台いるのか分かりませんが、
正直、とても貴重な画像が続く本日のブログ。

その手の業界の方、または、オーナーの方は、
将来の作業の参考にして下さい。

なんせ、本場のアメリカでも詳しい情報が出てこない、
貴重な貴重な実録ブログでございます笑。


それではスタート!!


今回の作業は、助っ人に本職の池ちゃんを呼び、
二人で作業する事に。

はい、こんなもん、一人でできる訳がありません。
面倒とかじゃなくて、高い場所だし重いものも出てくるし、
まあまあ、一人じゃ不可能です。

12042
最初にルーフエアコンを取っ払ってみましたよ。

12045
ポッカリ穴が開きました〜。

12043
シャワールームの上に付いてる、ベントカバーも外しました。

恐らく、現存しているこの年代のウィネベーゴは、
ほぼ、屋根が逝っちゃってるでしょうね〜。

こういった箇所のコーキングは、経年変化で劣化し、
確実に水が侵入しているはず。

見て見ぬふりしてそのままにしている車がほとんどだと思いますが、
この当時のウィネベーゴは、木造住宅なんです。

なので、確実に木が腐り車の寿命は短くなるばかり。

120412
これが、屋根の断面図。

なんと、3センチほどの厚みしかありませんでした。

構造は、一番上が防水のコーティング、その下に薄いアルミ板があり、
その下に3ミリほどの合板。
そして、白い部分がスタイロフォームで、内臓材も3ミリぐらいの合板。

と言う事は、1ミリにも満たないアルミ板と
3ミリ×2枚の合板が屋根の強度を保っていると言う事。

いやいや、人が乗って耐えられるもんじゃないですよね。

これって、どう言うことかと言うと、アルミ板の張りで
強度を保っているんです。

12046


12047
この2枚目の写真が分かり易いですかね。

アルミ板は、屋根全体を覆い車体の前後左右に
役2センチほど折り曲げられ巻き込まれているのです。

そして、その折り曲げられてる部分がそれぞれの壁に
ビスで固定されていると言う構造。

要するに、太鼓式ルーフっていう訳です。

パンパンに張ったアルミ板の張力で屋根の強度が維持されているのです。
だから、発泡スチロールみたいなのと3ミリのベニヤ2枚だけでも大丈夫なんですね〜。

面白い構造ですね〜。

解体してる最中に、この構造の原理が分かったのですが、
確かに、軽く仕上がるし強度もあるしで、素晴らしい作りだと思いました。

12048
早速、アルミ板を引っ剥がしていきましょう!!

ドキドキするけど、もう後戻り出来ませんよ〜。

12049


120410
はい、案の定、屋根のベニヤは大変な事になっておりました。

ザクザクのグッサグサ。

ベニヤは波打っちゃってて、あってもなくてもと言うか、
ただの水を貯める空間になっておりました。

こんな大それたプロジェクトだけど、やってよかったー!
って、これ見た瞬間思いましたね〜。


はい、今日の作業はここまで。

明日のテーマはこちら。

”世界初の、オープンキャンピングカー作りましょう!”

ボロボロになった屋根を全て引っ剥がし、
まずは、一回、キレイキレイにする。

そんで、明後日から、フレッシュな屋根の製作開始。
って流れですね。


いかがでしたか〜。

同じの持ってるよ〜。ってかたも、
まさか、屋根ぶった切った事はないと思いますので、
是非、今回の作業を参考にして下さいね〜。



それでは、みなさん、ごきげんよう!



今後の動きに期待し、
ポチッとお願いしますね〜!

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





'72 Winnebago Brave

10216
フリーダム君を港に迎えに行ってきましたよ〜。

10215
やっぱ、実際見たらデカい!

これでも、シリーズ中、一番短いやつなんですけどね。

10214
午前中には完了し、工場に運ぶ予定が、
検査に引っ掛かってしまい、一日作業となってしまいました〜。

いや〜、疲れましたわ。

10217
なんか、装備がたくさんあるし、
使えるんだか使えないのかも分からなくて、
これから、まともな車になるまで時間が掛かりそう。

10212
でも、とにかく、無事、到着してくれて、一安心ですね〜。

10211
早くナンバーを取得し、ボードをたくさん摘んで
あちこち周りたいですね〜。



それでは、みなさん、ごきげんよう。




にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村





ホーリー梶川





WINNEBAGO BRAVE M-D18

brave1
はい、ロサンゼルスに無事到着したフリーダム君。

早速、工場入りし整備開始!!

brave2
ブレーキ、これは、一番大事。

突然、止まんなくなっちゃったら
大事故につながりますからね。

brave6
マスターシリンダー、ブースター、ブレーキシュー・・・・。

全て交換でございます。


brave4
どデカいフロントグリル、
スゴい開き方しますね〜。

brave5
日本の暑い夏に向け、ラジエターも新品に交換。

これで、安心して長距離走れますね。


brave3
ジェネレーター。
冷蔵庫や家電製品を稼働させる為の
大事な心臓部です。

ONANという、アメリカンキャンパーの定番ジェネレーター。

どうやら、問題なく作動する様で、
軽くメンテナンスしてもらうだけで済みそうですが、
実際、まともに使えるのでしょうか・・・。

多分、機能するのでしょうが、音がデカいんでしょうね〜。

ジェネレーターは、一先ず、このままにしといて、
実際に使ってみて音がヤバかったら、
国産の性能の良いヤツに交換ですね。

夢が膨らみますね〜。

これ乗って、あちこち行って・・・・。

通販でサーフボード買ってくださった方と
一緒にサーフィンしたり、デモボードに乗ってもらったり・・・。

そうだな〜。

内装もリフォーム拘んないとですね〜。

FullSizeRender
カーテンの生地は、既に、ビンテージの生地を
アメリカとイギリスから手配済み笑。

頭の中には、室内のイメージが完璧に出来上がってます。
楽しみだなぁ〜。

新しく、カッコいい七輪も買おっかな〜笑。



皆さんとのサーフセッション、楽しみ〜。

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村



エリちゃんにオルタナティブの世界を知ってもらおうと、
GEN2 FISHをプレゼントしちゃいました。
エリちゃん、ボードを手にした瞬間、嬉しさのあまり、
私にチュ〜チュ〜しちゃって大変でした〜。

ホーリー梶川







あり得ね〜。2台同時に新顔だぜ。

040712
深夜にロサンゼルスから連絡が入りました。

フリーダム君がL.A.に無事到着したとの事。

シアトルから遥々1100マイル。
お疲れちゃ〜ん。

早速、数十枚の写真を送っていただき、
深夜の2時ではありましたが、目を擦りながら
詳細をチェック・・・・笑。

04073


04074


04072
それにしても、見た目のインパクト凄過ぎです。

ヘンチクリンだけど、愛嬌があって・・・。

04076


04075


04077
70年代臭が凄いな〜。
フロントシートのキルト模様もカッコいいし、
室内のシャギーも最高!!

聴いてた音楽も、これまた、最高じゃないですか。

だけど、色々と直さないといけない部分もありそうで怖いな〜。
なんせデカいから・・・。

これから、フリーダムは、2つの病院に預け
診断してもらます。

はじめに機関関係をバッチリ直して、
その後、RV専門のファクトリー。

こんなデケ〜のが、遠出した場所で止まっちゃったら、
大変な事になりますからね。

そうだな〜、今月中は、ずっと、入院だろうな。
5月には、日本に到着し、6月からは、フリーダムツアー、
スタート出来ると良いですね。


04079
はいはい、車は変わり、こちら、F-100。
どうです?凄いっしょ、このピカピカベッド。

040710
信じられますか?

オリジナルペイントですよ!

普通、タイヤハウスのとことかベコベコだし、
そもそもが、スレスレ&サビサビ。っちゅうのが、
オールドトラックの定番スタイルですが、
この子は、何も載せた事がないんですかね。

余程、大事にされてた過保護トラックだったんでしょうね〜。

040711
はい、私も、もっと過保護にしてやろうと、
ベッドマット敷いちゃいました〜笑。



本日のお知らせ
今週は、サーフボード大量入荷週間。

JOSH HALL 12本

GORDON&SMITH 8本

STEVE BROM 4本

計24本のサーフボードが一気に入荷します!

お待ちいただいていた方は、今後の動向を
チェックしてて下さいね。



それでは、みなさん、ごきげんよう!



お花見中の方も、2ラウンド目の前の貴方も、
ポチッとお願いします!

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





'72 WINNEBAGO BRAVE 18'

2019年の主役はオマエだ〜ぁ!!

winne3
先日、衝撃発表したサーフボード試乗キャラバン。

多くの方に、期待のお言葉を頂き、
一気に気合が入ったキャプテン梶川は、
あの発表の翌朝、その勢いで一気に駒を進めていたのだった・・・。

実は、あのブログの日、良いのを見つけたとの連絡がロサンゼルスから入り、
とあるサイトに出てた一台のキャンパーを確認。

そう、これをずっと探していたのだ。

気になる箇所の追加写真と、いくつかの質問が返ってきたのが翌朝の事。

それを確認したキャプテン梶川は、悩む事なく
ほぼ即答でコイツを相棒と決めたのだった。

winne5
1972年のウィネベーゴ・ブレーブ18フィート。

幅2メーター40センチ!!

高さ約3メーター!!

幅と高さは、大型トラック並み!!
なのに、長さは、たったの5メーター40センチ。

たったの・・・って事もないですが。

メガノッポが5メーター20センチだから、
ほとんど変わんないレベル。

色々と他にも悩むキャンパーはあったのですが、
デカ過ぎるキャンパーってのは、機動力が悪すぎて
使い物にならんのです。

殆どのサーフポイントに停められない。
細くくねった道の先の美味しいポイントに辿り着けない。
店にも停めとく事が出来ない(これ、大問題。)

デカ過ぎると問題だらけです。

そもそもが、今回の目的は、オートキャンプを楽しむ為ではなく、
あくまでも、皆さんに試乗をしていただく機会を作るのがメイン。

そりゃ、基本は泊まりだから、少しは快適にってのも考慮し、
バランスを考えた結果、コイツを選んだって訳なんです。
(それにしても、コレ、選ぶか!?笑)

winne4
それにしても、どエライの選んだね〜。

だって、同じ金使うんだったら、ダサいの乗りたく無いし、
なんせ、セブンティーズスタイルのホーリーっすから、
そこは、徹底的に拘りたいってワケなんです。

winne2


winne1
室内最高でしょ?完璧な70年代ですよ。

シャギーに当時の雰囲気プンプンのシートやキャビネット。

トイレ、シャワー、ガスコンロ、エアコン、発電機など、
キャンパーとしての基本機能をすべて備えた、
バキバキのセブンティーズスタイル。

室内なんか、ホント、当時のアメリカの家みたいっすよね。

エンジン、ミッションは、ダッジの定番モノを使ってて、
こんなヤバそうな顔してるクセに、機関周りのパーツは普通に手に入る。

皆さんと待ち合わせしたのに辿り着かね〜。
っちゅうのだけは避けなきゃなりませんので、
整備には、時間とお金をかけて完璧にしとかないといけませんね。

現在、この車は、ワシントン州(アメリカ西海岸の一番北の州)
にあって、来週か再来週には、ロサンゼルスまでデカい車載車で陸送する予定。

実は、その料金が結構なもんで、キャプテン梶川自らが、
運び屋になるっていう話も浮上していたんです。

ワシントン州からロサンゼルスまでの道のり1800キロを
自ら運んじまうっていう、かなりの無謀な計画もありましたが、
セラーさんが、勘弁してくれ〜って、とにかく、心配がっちゃって・・・。

大変だけど、それも夢があって面白いかも!って、ちょっと、
期待してましたが断念です。

まあ、途中で止まっちまったら大惨事ですからね。
想像もできないほどの苦労が待ってたでしょう。

ロサンゼルスに到着したら、全ての点検と整備をやってもらい、
準備が整ったら船に乗ってプッカプカ〜。

これから、コイツ(フリーダム君。はい、もう名前付けました。)は、
夢と希望を満載し日本全国を回ります!
(最初は、怖いからその辺チョロチョロね。
だって、止まっちまったら、JAFじゃ無理でしょ笑。)



とにかく、みなさん。

今後のフリーダム君の動向にご期待ください!
(名前、変えよっかな〜。なんか、ダサい笑。)



それでは、みなさん、ごきげんよう!


にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村



ドリーミンにしようかな〜。
いや、もっとダサいな笑。

ホーリー梶川





Revolver Maps
QRコード
QRコード
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
人気BLOGランキング
人気ブログランキングへ
SURFSIZE
サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中
ブログ村 サーフィン
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
ブログ村 マリンスポーツ