アメ車

'72 AMC GREMLIN

FullSizeRender


FullSizeRender
'72 AMC GREMLINが帰ってきた!

今回は、機関系を一通りGREASE MONKEYさんに診ていただきました。
エンジン周りを完璧にし、エアコンガス注入。

昨日、仮ナンバーを付けて試乗してみましたが、
この車、メチャクチャ速いっすね〜。

AMCジープのエンジンと同じだから、
車重が圧倒的に軽いGREMLINは、
相当、加速が良いです。

思いっきり踏み込んだら、フロントが浮きますよ。
(ドラッグマシーンじゃないんだから、タイヤが浮くまでじゃないよ。)

IMG_2241


IMG_2242
あとは、内装を仕上げたら完成!!

最高に綺麗で調子の良いGREMLINになりそうです。

FullSizeRender
それにしても、この後ろ姿。
堪らんですね〜。

フロントから運転席辺りまでは至って普通なのに、
後ろがスッパ〜ン!!ってブッチ切れてて。

なんか、この、本気で車を作ってない感が
GREMLINの魅力なのかもしれませんね。

FullSizeRender
多分、いや、ノリで作ったんだろうな〜。




最初は、この車を販売します!
なんて言ってましたが、完成した時点で、
こいつを残すかウーパーを残すか決めようかと・・・。

変態サーファーは、車もど変態ですね〜。



天気、回復しましたね。
今日も気持ちよくポチっちゃってください!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





カリフォルニアの車

C21
今回も気になった車を撮ってきましたよ〜。

これ、何気に大変なんですよ。

これが目的で渡米して訳じゃないですからね。

こういうシーンって、突然、訪れてくるから、
カメラは、常に手元が基本。

どっかのパーキングで見つけた場合は、
じっくりと撮れますが、結局、走ってる最中が多いですからね〜。

実際のところ、まだまだ、良い車は山程ありましたが、
取り敢えず、撮るのに間に合った車達・・・。
そんなのをまとめてみました。

カリフォルニアは、旧車天国。
古い車を大事に乗る事を、皆さん、
誇りに思ってらっしゃる感じ。

素晴らしいですね〜。


C22
アイロンテール。
この辺りの年式、最高ですね。

C24
これもアイロンテール。
どっかのパーツカーからフェンダーを
引っこ抜いて来たのでしょう。良い味出してました。

C18
ビッカビカのバス。
多分、63年辺りでしょうか。

週末は、空冷ワーゲン発見率が上がります!

平日は仕事だから、トラブル怖いですもんね笑。

C16
ベンチュラで。
この車、毎日いましたね。
多分、毎日入ってるんでしょうね〜。

C11
素人VW野郎丸出しな車でしたが、
大事に乗ってらっしゃるならアリですね。

C10


C4


C3


IMG_1463


それにしても、皆さん、ウエスティーが好きですね〜。
カリフォルニアでは、とにかく目にする車です。

ワクワク感満点の車ですね。

C5
71年のレイトバス。
オリジナルのアロハキャリアつけてますね。

C1
これは高いですよ〜笑。

デイリードライバーとして乗られている様ですが、
こんなんでも、高級車クラスの値段ですから。

カリフォルニアのサーファーは、空冷ワーゲンが大好き!

IMG_1480
オーシャンビーチで見たバグ。
オリジナルをキープした、素晴らしい車でした。

IMG_1482
これもオーシャンビーチにて。

ランニングしてる最中に撮ったバハバグですね。

カリフォルニアは、雨が少ないから屋根がない車が
普通に走ってます。

日本だと、屋根付き車庫がないと厳しいですよね。



今回、アメ車も気になり、ちょこちょこ撮ってみました。

FullSizeRender


FullSizeRender
やっぱ、トラックが目を引きますね。
最近では、どんどん、値段が上がってる古いアメ車。
この手の旧車を持ってる方は、通勤用の壊れなくて
燃費の良い車も所有しています。

数台持ってるのが当たり前ですからね。

C8
カリフォルニアでは、のっぽ仕様のバンは、ごく一般的存在。
日本の何十倍も見かけます。

居住性が抜群だから、人気なのでしょうね。

都会に出なきゃ、立体駐車場も少ないし不便もないのでしょう。

C7


C6
フォードF100。
これは、カッコ良かったな〜。

色も抜群じゃないですか。

C15


C14
これもF-100。
カッコイイですね〜。

C-10も大好きですが、これも抜群ですね。

C17
またまた、F-100。
やっぱ、個人的には、F-100の方が好きかな〜。
なんちゅうか、無骨っていうか古臭い感じが
たまらんですね。
C26


C19
64年のシェビーバン。
オーナーさんと話しましたが、アロハラックは、
NOSだそうですよ!

室内からペイントまで、パーフェクトにレストアされてました。

C12
ナローポルシェもカリフォルニアの定番。結構、見ますね。
いつか乗りたいな〜。って思うけど、
自分には似合いませんね。
ワーゲンで十分です。

C2


C20
こういう、自分ちに置けるサイズのキャンパーも
サーファーには人気。

サーフスポットのパーキングには、必ず、こんな感じの車が止まってて、
中で寝たりサーフィンしたり・・・。
楽しそうにやってます。

日本だと、デカイんですよね〜。


C27


C28
今回のトリップで、ナンバー1だったのがコチラ。
ホンダが、アメリカ進出で大成功を収めた、
シビックに並ぶ歴史に残る名車です。

実はこの車。海から上がって、着替えようとしてる時、
このアコードが、駐車場に入ってきたんです。

思わず、写真を撮ろうとしたら、なんと、知り合いだったんですよ。
こちらに住んでる元日本人笑。(今は、アメリカ国籍)

もう、ビックリしましたね〜。

ヤッベ〜、この車!!
って、思った、その車のオーナーだったんですから。

こんなの乗って、良い波乗って最高の中でドライブ。
贅沢ですね〜。

いらなくなったら売ってください!
って、伝えときましたが、ベタ褒めしちゃったから、
多分、余計気に入っちゃって手放さないでしょう笑。

古いホンダとスバルは最高ですね。

C25
こちら、昨日のウチの子。

ペーサーは、見かけませんね〜。

何十回もカリフォルニアに行って、未だに見たことがありません。
だって、この子が日本に来る前、シッパーさんの家の前に止めといたら、
人だかりが出来たぐらい、向こうでも珍しいみたいですから。



今回もカリフォルニアでは、
最高にカッコイイ旧車に出会う事が出来ました。

また、次回をご期待ください!!





頑張って撮ってきました。
本日も宜しくお願い致します。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





ホーリーオート2018スタート!

2018-01-06-12-48-10
本日は、車の内装屋さん。
名前は、ケイン梶川。

インスタとかにも、ちょくちょく出しちゃったから、
この車の存在の事を知ってる方もいらっしゃるかと思います。

この車、知ってますか?

6a74a0c519d4552088ef81fb871959ba
1975年にデビューした、AMCのペーサーっていう車。

究極にマニアックなアメ車です。

そして、私が思うに、70年代を象徴するアメ車の中の1台で、
この車無しでは、70年代のアメリカのモータリゼーションは語れません。

4551036114_5bf244ba78
そもそも、AMCって?
って話ですが、AMCは、今は無きアメ車ブランド。

GM、フォード、クライスラーという、あまりにもデカいビッグスリーブランドがある中、
はなっから外し系で勝負に挑んでいた自動車ブランド。

1954年にスタートし1987年にクライスラーに買収されるまで、
30年足らずで消えていった幻の自動車ブランドです。

それにしても、AMCは、とんでもない車を次々と世の中に送り込みました。
なんせ、真っ向勝負しても勝ち目が無いって分かり切ってましたからね。

このペーサーは、1975年にデビューしたコンパクトカー。
前身のグレムリンに続くコンパクトカーで、当時、日本車やら
ヨーロッパの車が一気にアメリカで人気を博し、それに対抗しようと
送り出したコンパクトカーなのです。

でも、このペーサー。長さは、日本車並みなのですが、
幅はフルサイズ。はい、当時は、キャデラックの幅を持つ
コンパクトカーとして売り出していた様です。

まあ、それにしても、とんでもないスタイルを持つ車で、
日本では、金魚鉢って言われてたそうです。

極端に大きな面積を持つグラスエリアは、車と言うより、
70年代当時のアニメやB級映画に出てきそうな小型宇宙船。

パッと見、出来損ないのUFOにしか見えません笑。

実はこの車、昨年、ボロちゃん(VW THING)を手放した代わりに
アメリカで発見し、手に入れてしまったというワケ。
(まあ、現時点で、自分のものにするか売っぱらっちまうか検討中ですが・・・。)

めちゃくちゃ程度が良いのが見つかり、そのままでも十分乗る事が出来る
コンディションなのですが、そこはホーリーオート。

追求しちゃうワケです。

2018-01-06-15-46-32
欠品パーツは、全てNOSかグッドコンディションのユーズドを
アメリカで探し輸入。

2018-01-06-13-18-21


2018-01-06-13-18-16
室内もほぼ完璧でしたが、フロントシートは、現在、シート屋さんで
張替え中。

その間に、アメリカで手に入れたカーペットを張り替えてしまいましょう。
って流れで、先日から作業しているという感じ。

2018-01-06-15-45-59
カーペットの張り替えって、何気に初めてだったのですが、
これ、結構、技術と手間が必要ですね。

前後左右のズレのチェック、シワが出ない様に隅々まで
バランスを見ながら場所を決めていくのです。

この写真は、ホーリーオートの基準に達し、
オッケーサインが出たところで撮影。

ホコリやらゴミが散らばってますが、最後に掃除をするので
そんなのかんけ〜ね〜。

2018-01-06-15-45-45
コレ何て言うんですかね。
サイドプレート?
それを取り付けたり、カーペットを交換するに当たって
取り外しが必要だった内装パーツを再装着して完成!

2018-01-06-15-45-36
リアシートは、ダメージゼロだったので、
このままオリジナルを残しました。

ボロちゃんの時も、日本一のコンディションを目指し
作業を進めましたが、今回のペーサーも、私、獲りに行きます!
はい、日本一、コンディションの良いペーサーを目指しますよ〜。

2018-01-06-12-51-06
可愛いっしょ〜。

UFO

昔の宇宙船

ウーパールーパー

色んなものに見えてしまう、今じゃ考えられない
デザインなのですよ〜。

実は、数日前からエンジンが掛かんなくなっちゃって・・・。

デスビ、イグニッションコイル、プラグコード、プラグ等の
点火系パーツとフューエルポンプ、それから、なんか、ガタがきてる
キャブをアメリカにオーダーしたから、それらが到着するのを待ってるところ。

早く完成するといいですね〜。




それでは、本日もポチッとお願いします!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





Aloha Rack

11251
当店オリジナル企画のアロハラック(アロハキャリア)
のサンプルが上がって参りました。

今回は、工場を変えクウォリティーを追求。

世界的に見ても、アロハラックの本格的なリプロダクションは見当たりません。
何故でしょう?はい、金額が折り合わないから。

これ、結構なコストが掛かるんです。
同等の物を作る事は、日本国内の優秀な工場であれば
然程難しい事ではありません。

でも、とんでもない金額になってしまうのです。

なので、工場は探しましたね〜。

前お願いしてたところが、コストが合わないからって
サジを投げちゃったので、もう、必死になって探しました。

探し当てるまでに数カ月は掛かったでしょうか・・・。

11254


11252


11253


11255
そして、打ち合わせを繰り返し、出来上がってきたサンプルがこれ。

バーのカラーも以前の物に比べ、より、オリジナルに近い色が出ました。
このサンプルから、フットベースの部分のメッキをより良い物に変え、
量産に入る予定。

予定では、納期は年内。

販売価格は、以前販売していた価格とほぼ同じで行けそうです。
(税込で4万を切る感じ)


多くのお問い合わせをいただいていた、アロハラック。

大変長らくお待たせいたしましたが、もう一息です。

販売開始まで、楽しみにしてて下さい!!


※ニュービートルに付かないですか?
なんて、ご質問があったりします。

付ける事、出来ますよ!!簡単です。
アロハラックを板金屋さんに持って行って、
屋根に、直接、溶接してもらいましょう!!

アロハラックは、厩舎を愛する方達の為に復刻したドレスアップパーツ。
日本の古い車、空冷VW、古いアメ車、ボルボ240系、W123等、
多くの車種に装着可能ですが、レインガターの付いていない車には装着できません。

それに、私は、そもそもが似合わないと思うな〜。




それでは、全国の旧車フリークの皆様。
ブログをPC版に切り替えて、ポチッとやっちゃってください!
その方が、優先的にご購入いただける最新のシステムを
導入済みでございます。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





1965 FORD MUSTANG

2017-11-04-16-16-41
今日、こんなカッチョイイのが来ました。

65年のマスタング。

2017-11-04-16-15-54
かなりお金を掛けて仕上げた、
ツルピカで程度抜群の車。

2017-11-04-16-16-31


2017-11-04-16-16-03
やっぱ、マスタング、カッコイイですね〜。
デザインが洗練されてます。

2017-11-04-16-16-10
内装も、ビシッとしてました。
シートも完璧だし、幌なんて、当時の純正で電動ですよ!

私が乗ってた、ワーゲンのシングなんて、オープンにするのに
必死になって10分ぐらいかかってました。
(しかも、汗ダク・・・)

大人なスポーツカーですね〜。


2017-11-04-16-17-25
アメリカを代表する車。

フォード、マスタング。


堪らんかったです。


全国のアメ車野郎は、
ポチですよ〜!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



いつかは乗ってみたいけど、
似合わんだろうな〜。

ホーリー梶川





刺激もらいました

2017-04-21-12-32-08
本日の午前中は、メガノッポを診てもらう為、
ご近所のValley Autoさんへ。

はい、こちらの修理屋さんは、知る人ぞ知る名店で、
ホットロッドを中心にアメ車全般を取り扱う拘りまくりのショップ。
カリフォルニアの修理工場には色々行った事がありますが、
ここは、確実にそれ以上にアメリカでした。

久しぶりに”本物”をやってる方にお会いしましたね〜。

2017-04-21-12-33-03
たくろうくん(勝手にこんな呼び方していいのかな〜)の
古い車に対する情熱は、ちょっと、異常なぐらいですね。

車の知識だけじゃなく、その当時のカルチャまーで
よく知ってます。
(左がたくろうくん/35歳)

2017-04-21-12-25-57


2017-04-21-12-25-40


2017-04-21-12-25-51


2017-04-21-12-21-01


2017-04-21-12-26-10


2017-04-21-12-31-40


2017-04-21-12-29-11
ゴチャゴチャに並べられたパーツ類や工具類。
一見そう見えながら、実は、完璧に整理されたファクトリー。

仕事が丁寧な証拠です。

そんな、たくろうくんにメガノッポを褒めてもらいましたよ〜。
このコンディションはゴイス〜ですって!

コンディションの良いこの手のバンはよく見るけど、
こいつは別格だとの事!

嬉しいですね〜。

2017-04-21-12-11-03
ヤードにも、たくさんのゴイス〜車がたくさん並んでました。

2017-04-21-12-11-07


2017-04-21-12-11-27


2017-04-21-12-13-41


2017-04-21-12-09-10


2017-04-21-12-09-33
実は彼、大の空冷VWフリークでもあり、
こちらの57年の他、69年とオーバルのバグも所有しているとの事。

今後、私の車は全て彼に任せようって、
心の中で決定です。


こちら、Valley Autoさんは、私も紹介してもらった様に、
修理受付は、完全紹介制との事です。

ホットロッドのレストアは、3年待ちだそうですよ。

3年待ち。



それにしても、今日は、いい勉強、そして、いい刺激をもらいました。

なんでもそうですが、人と同じ事をやっててはダメって、
改めて、彼が教えてくれました。
こうやって、彼の様に特化した技術があるとか、ホットロッドに精通しているとか、
何かしら、他にはない何かを持っていれば、必ず、人から注目されるものなんですね。

彼はまだ35歳。

確実に、この業界で名を残す人間になる事でしょう。




若人よ、よく聞け。
人の真似ばっかりしてたんじゃ、
いつまで経っても芽はでね〜。


彼の様になりたければ、何でもいいから好きな事をとことん追求するんだ。
これに関しちゃ、誰にも負けね〜。ってやつだな。
最初は真似でいいんだ。コツコツやってりゃ、いつか、絶対に将来が開けてくるってもんだ。
いつの日か、自分なりのアイディアが生まれたり、個性が生まれてくるもんだよ。


いい学校に行って、一流企業に入社する。
それも、一つの人生かもしんないな。

でも、勉強だけじゃねえって事をしっかりと覚えとくんだ。

彼みたいに好きな事を毎日思う存分やってりゃ、
ちゃんと、メシが食えるって事も実際あるんだよ。
考え方によっちゃ、どんな大企業よりも安定しながら。

勘違いするなよ。

一流企業に入る為に、一生懸命勉強した奴がいる様に、
ここまで来るのに、どれだけの努力を必要とするか。


何!?

その前に、オメーは、どうなんだよって?

うるせ〜。

黙ってポチをしろ!

いや、ポチってくれないか。

いやいや。

本日も、ポチッとお願いいたしま〜す!
(言いたかっただけなんだよ〜。だから許してね。)


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川







GMC RALLY WAGON

0426B
昨日ご来店されたお客様の愛車、'77 GMC RALLY WAGON。

0426A
この年代のワゴンは、本当にカッコいいですね。
エンジンは、V8の6.6リッター!!
燃費は、ナイショ。プリウス10台分って感じ。

0426E
でも、そんな事より、とにかく、渋いですよね。
このデカい図体に丸目2灯が良く似合う。

0426D
そして、この色合いも最高!
オリジナル塗装で、カサカサ感が凄くいい感じでした。

0426F
内装も100%オリジナルで雰囲気抜群。

この車、ダブルエアコンが付いてましたよ。
後ろからも冷たい風が出る様になってました。

0426G
ホイールもオリジナルで渋いですね。



オマケ
0426C
70年代のアメ車って、歴史的にも大きく移り変わる時期。
オイルショックによって、慮無しのマッスルカー等が一気に売れなくなり、
小型化されたニューモデルが、どんどん、リリースされ始めた時代。
V8からV6やL6に変わったりしてね。

そんな中、ヘンチクリンな車も数多くリリースされてたんですよね。

例えば、AMCのグレムリンやペーサー。


800px-1978_AMC_Gremlin_X_blue_KA-rf

800px-1971_AMI_Rambler_Gremlin_AnnMD_openal

709px-AMC_Gremlin_logo_gas_cap_Cecil'10
1970年にリリースされた、AMC グレムリン。
日本車やワーゲンに対向して開発された小型車。

どうっすか?この中途半端感。
メチャクチャカッコいいじゃないですか。


CC-48-049-800

1976%20AMC%20Pacer%20DL%20Sport%20Coupe%20r3q
こちらは、AMC PACER。1975年にGREMLINの後継車としてリリース。
何か、一生懸命、未来風なイメージを演出してるところが、
ダサカッコよくないですか?

車って、その時代を象徴してて面白いですね。



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


グレムリン欲しいな〜。
ホーリー梶川




Chevrolet Monte Carlo '72

MONTE1
本日ご来店のお客様が乗って来られた、シボレー/モンテカルロ 72年。
初代のモンテカルロで、フルオリジナル状態。
久々に本気でアメ車に乗りたくなってしまいました〜。

ペッタンコにしてたりで、オリジナルを保ったこの時代のアメ車って、
結構、探しても少ないですからね。

そんな中、このモンテカルロは、当時のままの状態を保った素晴らしい車でした。

MONTE2
所々、ヤレた塗装もいい感じ。

とにかく、私にとってオリジナルの車高と、この、ちょいボロ具合が
たまらなくカッコいいんだわ。

MONTE3
ほら、見て下さいよ〜。
ピラーが無いっすぅ。
窓を開けたら、前から後ろまでフルオープンになっちゃう!最高!

内装もこれまたエラくカッコいいですね〜。
今時無いっすよ!グリーンのビニールレザーシート。
70年代の雰囲気抜群じゃないですか〜。

MONTE5
インパネ周りもフルオリジナル。
う〜ん、タマりません。

MONTE4
シフトも凄いですね〜。
多分、飛行機のスロットル?(って言うんですかね。)
あれを、意識したデザインじゃないでしょうか。
当時っぽい発想ですよね。

MONTE6
350エンジン(5,7litter)がスッカスカの状態で収まってしまうんですね〜。
流石!

MONTE7
欲しいな〜、コレ!
本当にカッコ良かった〜。

アロハキャリア付けて、ボードを積んで海に行ったら最高なんだろうな〜。

久々にアメ車に時めいた私でした。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川





Revolver Maps
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
人気BLOGランキング
人気ブログランキングへ
SURFSIZE
サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中
ブログ村 サーフィン
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
ブログ村 マリンスポーツ