空冷ワーゲン&70’s アメ車

天手古舞です

何故だか、本日は、驚異的にご来店の多い1日。

何故でしょうか・・・・・。

午前中雨で波乗り諦めて、暇だからホーリーにでも行って
冷やかしてやるか〜。

そんな感じなんですかね〜。

委託サーフボードのご依頼も本日だけで5本!

現在、溜まっちゃってる委託ボードは10本以上!!
ヤバイです、追いついておりません。

でも、この時期、とにかく、サーフボードが売れる時期ですので、
皆さんも、どしどしお持ちくださいね。


IMG_2351
たくさんのご来店があった中で印象的だったのが、
こちらのメルちゃん。

ボードの撮影やら、サーフボードの発送やら・・・。
やらないといけないことが押せ押せだったのですが、
もう、メルちゃんにヤラレちゃって、全てが完全ストップ。

IMG_2343

IMG_2341


IMG_2345
可愛いでしょ〜。

元気いっぱいの1歳の女の子。

やっぱ、犬は最高ですね〜。

FullSizeRender
オジさん、仕事するの忘れちゃいました・・・。

でも、ご安心ください!

本日、ご注文いただいていたサーフボードは、
全て発送済みでございます!


IMG_2354
メルちゃんのお父さんは、カルマンのオーナーさん。

IMG_2355


IMG_2356


IMG_2359


IMG_2357
カルマンギアは、空冷ワーゲンの中でも、
別格の気品が漂う大人の車。

いつかは、空冷ワーゲンのオープンも乗ってみたいですね。


明日、頑張って何本か中古ボードアップします!
ご期待ください!!




ポチください!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





グリースモンキー

IMG_2337
本日は、ウチのかわいいウーパー君の納車日。

はい、この度、ウーパー君は、気になるところを総入れ替え。
ブレーキマスターシリンダー、キャブレター、ディストリビューター、
イグニッションコイルをニューパーツに交換し、より一層の安心を
これで得た事になります。

こちら、グリースモンキーの毛塚さん。

最近では、グレムリン、メガノッポまでお世話になってる、
スーパーメカニックでございます。

毛塚さんは、メカニックとしてダントツの経験値を持つお方。
まあ、そんな事は、今回、お話ししたいんじゃなくて、
どうですか?この強烈なキャラクターは。

近所では、子供達を半径100メーター以内に近づけちゃダメって
言われてるほど、見た目がハンパなくイカついんです。
はい、どっから見てもイカつ過ぎる・・・。


初めてお会いした時に、私、一瞬で閃いたんですよ。

FullSizeRender
これこれ、これがやりたかったんですぅ〜。

今日、チラッと店に寄っていただいたのですが、
勇気を振り絞って、毛塚さんにお願いしてみましたよ。

毛塚さん、これ付けて写真撮らせてください笑!

決まりまくってませんか?


FullSizeRender

ザ・スナイパー。

それ以外、言葉が出てきませんよ。

毛塚さん、今回も、色々と有難うございました!




本日も、宜しくお願い致します!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



毛塚さん、見た目はスナイパーにしか見えないけど、
本当は、優しい方なんです。
(私、数日後に消されてるかも知れませんが・・・笑)
近所の子がどうしたって話も、当然ながらウソ。
毛塚さん、ゴメンなさい。

しかし、レイバン似合いまくりです!


ホーリー梶川





'72 AMC GREMLIN

FullSizeRender


FullSizeRender
'72 AMC GREMLINが帰ってきた!

今回は、機関系を一通りGREASE MONKEYさんに診ていただきました。
エンジン周りを完璧にし、エアコンガス注入。

昨日、仮ナンバーを付けて試乗してみましたが、
この車、メチャクチャ速いっすね〜。

AMCジープのエンジンと同じだから、
車重が圧倒的に軽いGREMLINは、
相当、加速が良いです。

思いっきり踏み込んだら、フロントが浮きますよ。
(ドラッグマシーンじゃないんだから、タイヤが浮くまでじゃないよ。)

IMG_2241


IMG_2242
あとは、内装を仕上げたら完成!!

最高に綺麗で調子の良いGREMLINになりそうです。

FullSizeRender
それにしても、この後ろ姿。
堪らんですね〜。

フロントから運転席辺りまでは至って普通なのに、
後ろがスッパ〜ン!!ってブッチ切れてて。

なんか、この、本気で車を作ってない感が
GREMLINの魅力なのかもしれませんね。

FullSizeRender
多分、いや、ノリで作ったんだろうな〜。




最初は、この車を販売します!
なんて言ってましたが、完成した時点で、
こいつを残すかウーパーを残すか決めようかと・・・。

変態サーファーは、車もど変態ですね〜。



天気、回復しましたね。
今日も気持ちよくポチっちゃってください!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





着々と進行中です

IMG_1970
今日は、綾瀬のNEW OLD平井さんが、お願いしていた
グレムリンのボディーワークを終え、車を納車しにご来店。

IMG_1971
一緒に来た、56年のバグ、ヤバかったな〜。

パーフェクトパティナでしたよ。

抜群のコンディションですね。
(はい、ワーゲン界では、これがパーフェクトなオリジナルコンディション笑)


IMG_1974
そんで、その足でご近所のアメ車修理屋のGREASE MONKEYさんへ。

IMG_1973


IMG_1976
ヤベ〜アメ車だらけのスンゴイショップ。

ウチの店から5分のところにあるアメ車修理工場で、
かなり有名な店だった様ですが、知りませんでした〜。

オーナーの毛塚さんは、何でも弄れる
なんか、どエラいメカニックっぽいっすね〜。
時間があまりなくて、詳しく話しは聞いておりませんが、
置いてある車の全てのエンジンを降ろしバラしてたので、
ただ者では無さそうです。

それにしても、なんで、こんなに近いところにある店なのに
気が付かなかったんだろう・・・。

IMG_1981
今日は、ウーパーのキャブ調整をして頂きました。

IMG_1979
グレムリンは、そのまま居残り。

この車は、完璧になるまで仕上げますよ〜。

ボディーと内装は、既にパーフェクト。

残すは、機関周りです。

GREASE MONKEYさん、宜しくお願い致します!






本日も、よろしくお願いいいたします!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



皆さん、GREASE MONKEYさんには行か無いでください。
沢山の人が行っちゃうと、作業待ちとかで自分のが進まなくなっちゃうので笑。

ホーリー梶川





ご来店

IMG_1806
本日は、スゴイ車が2台!

まずはこちら。

サーフィン雑誌Naluでお馴染みの、エイ出版社の大専務様、
猪田さんの超弩級ポルシェ930!!

930をナローポルシェスタイルに手を加えた、
なんとも、贅沢なお車でございます。

有難い事に、当店のアロハキャリアをこの車に付けていただける
という事でご来店いただきました。

後日、装着した写真を送ってくださるそうですよ。
楽しみですね〜。


IMG_1807
続いてこちら、
世界に羽ばたく10 BOXのMr.Pigu君の愛車、76年式の280S。

こちらもカッコイイですね〜。

昨日、車が不調だとピグ君から連絡が。

はい、いらっしゃい、いらっしゃい。
わかる範囲だけど、見てあげますよ〜。
って流れで、本日、ご来店〜。

症状を見て、多分、キャブ周り。多分・・・。

オジさん、出来るだけの事はやらせていただきました。
直ったか、分かんないけど・・・。



こうやって、古い車が集まるって、楽しいし嬉しいですね〜。

皆さんも、古い車で遊びに来てくださいね〜。



宜しくお願い致します!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川











カリフォルニアの車

C21
今回も気になった車を撮ってきましたよ〜。

これ、何気に大変なんですよ。

これが目的で渡米して訳じゃないですからね。

こういうシーンって、突然、訪れてくるから、
カメラは、常に手元が基本。

どっかのパーキングで見つけた場合は、
じっくりと撮れますが、結局、走ってる最中が多いですからね〜。

実際のところ、まだまだ、良い車は山程ありましたが、
取り敢えず、撮るのに間に合った車達・・・。
そんなのをまとめてみました。

カリフォルニアは、旧車天国。
古い車を大事に乗る事を、皆さん、
誇りに思ってらっしゃる感じ。

素晴らしいですね〜。


C22
アイロンテール。
この辺りの年式、最高ですね。

C24
これもアイロンテール。
どっかのパーツカーからフェンダーを
引っこ抜いて来たのでしょう。良い味出してました。

C18
ビッカビカのバス。
多分、63年辺りでしょうか。

週末は、空冷ワーゲン発見率が上がります!

平日は仕事だから、トラブル怖いですもんね笑。

C16
ベンチュラで。
この車、毎日いましたね。
多分、毎日入ってるんでしょうね〜。

C11
素人VW野郎丸出しな車でしたが、
大事に乗ってらっしゃるならアリですね。

C10


C4


C3


IMG_1463


それにしても、皆さん、ウエスティーが好きですね〜。
カリフォルニアでは、とにかく目にする車です。

ワクワク感満点の車ですね。

C5
71年のレイトバス。
オリジナルのアロハキャリアつけてますね。

C1
これは高いですよ〜笑。

デイリードライバーとして乗られている様ですが、
こんなんでも、高級車クラスの値段ですから。

カリフォルニアのサーファーは、空冷ワーゲンが大好き!

IMG_1480
オーシャンビーチで見たバグ。
オリジナルをキープした、素晴らしい車でした。

IMG_1482
これもオーシャンビーチにて。

ランニングしてる最中に撮ったバハバグですね。

カリフォルニアは、雨が少ないから屋根がない車が
普通に走ってます。

日本だと、屋根付き車庫がないと厳しいですよね。



今回、アメ車も気になり、ちょこちょこ撮ってみました。

FullSizeRender


FullSizeRender
やっぱ、トラックが目を引きますね。
最近では、どんどん、値段が上がってる古いアメ車。
この手の旧車を持ってる方は、通勤用の壊れなくて
燃費の良い車も所有しています。

数台持ってるのが当たり前ですからね。

C8
カリフォルニアでは、のっぽ仕様のバンは、ごく一般的存在。
日本の何十倍も見かけます。

居住性が抜群だから、人気なのでしょうね。

都会に出なきゃ、立体駐車場も少ないし不便もないのでしょう。

C7


C6
フォードF100。
これは、カッコ良かったな〜。

色も抜群じゃないですか。

C15


C14
これもF-100。
カッコイイですね〜。

C-10も大好きですが、これも抜群ですね。

C17
またまた、F-100。
やっぱ、個人的には、F-100の方が好きかな〜。
なんちゅうか、無骨っていうか古臭い感じが
たまらんですね。
C26


C19
64年のシェビーバン。
オーナーさんと話しましたが、アロハラックは、
NOSだそうですよ!

室内からペイントまで、パーフェクトにレストアされてました。

C12
ナローポルシェもカリフォルニアの定番。結構、見ますね。
いつか乗りたいな〜。って思うけど、
自分には似合いませんね。
ワーゲンで十分です。

C2


C20
こういう、自分ちに置けるサイズのキャンパーも
サーファーには人気。

サーフスポットのパーキングには、必ず、こんな感じの車が止まってて、
中で寝たりサーフィンしたり・・・。
楽しそうにやってます。

日本だと、デカイんですよね〜。


C27


C28
今回のトリップで、ナンバー1だったのがコチラ。
ホンダが、アメリカ進出で大成功を収めた、
シビックに並ぶ歴史に残る名車です。

実はこの車。海から上がって、着替えようとしてる時、
このアコードが、駐車場に入ってきたんです。

思わず、写真を撮ろうとしたら、なんと、知り合いだったんですよ。
こちらに住んでる元日本人笑。(今は、アメリカ国籍)

もう、ビックリしましたね〜。

ヤッベ〜、この車!!
って、思った、その車のオーナーだったんですから。

こんなの乗って、良い波乗って最高の中でドライブ。
贅沢ですね〜。

いらなくなったら売ってください!
って、伝えときましたが、ベタ褒めしちゃったから、
多分、余計気に入っちゃって手放さないでしょう笑。

古いホンダとスバルは最高ですね。

C25
こちら、昨日のウチの子。

ペーサーは、見かけませんね〜。

何十回もカリフォルニアに行って、未だに見たことがありません。
だって、この子が日本に来る前、シッパーさんの家の前に止めといたら、
人だかりが出来たぐらい、向こうでも珍しいみたいですから。



今回もカリフォルニアでは、
最高にカッコイイ旧車に出会う事が出来ました。

また、次回をご期待ください!!





頑張って撮ってきました。
本日も宜しくお願い致します。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





どうかしてます

IMG_1387


IMG_1386


IMG_1381


IMG_1382


IMG_1388
現在、70年代のサーフカルチャーをお届けするホーリースモークは、
完全にホーリーオート化しております。

空冷VWと違って、日本でパーツを探す事は絶望的なAMC。

はい、超上級者のジャンルなだけあって、パーツを探すのに一苦労な訳です。

でも、オタク野郎は見つけちゃうんですよ〜。
そんで、それが、また楽しいって訳。

今回は、アメリカだけじゃなく、カナダやヨーロッパからパーツを掻き集めました。
はい、代用品パーツは、モノタロウでも見つけましたよ。

IMG_1389
よって、70年代のサーフカルチャーをお届けするホーリースモークは、
現在、こんな状況となっております。

カリフォルニアに行く4日前だっていうのに・・・。

IMG_1397
作業は、朝のまだ寒いうちからスタート。
南風に変わり、オンショアになったところで
安心して作業が出来るってもんでございます。

IMG_1395
一先ず、嵌ってるのは、ペーサーのスピードメーターケーブル。
細かい話は、マニアック過ぎてこの場でお話しするのは遠慮しておきますが、
とにかく、すごい事になっております。

調べに調べ上げた結果、別の車種のスピードメーターが
取り付け出来る事を知り、カナダでそのパーツを発見!!

ようやく、先日届き装着したのですが、
上手い事いかんのですよ〜。

何度も取り付けたり外したり、
油被ったり、地面にぶっこぼしたり・・・。

IMG_1404


IMG_1405
作業を一からやり直すため、
ATFを入れたり抜いたり何度も繰り返し・・・。

ミリ単位のズレが起こす、スピードメーターの動作不良・・・。
本当に大変です。でも、大変だから楽しい〜笑。はい、マニアの証拠。

IMG_1401


IMG_1403
ついでに、エンジンオイルも交換。

IMG_1402


IMG_1396
添加剤も入れ、着々と車は調子を上げて行きます。

でも、未だスピードメーターの方は、言う事聞いてくれません。



今週は、WILDERNESSのピックアップもあるし、
他にもやる事が、山積み山積み山積み・・・。

帰ってから、落ち着いてゆっくりとね。

それが出来ない私は、押せ押せモードな中、
今日も油まみれになって、車を弄り倒したのでした〜
ばっかだな〜って、自分でも思いますが、こればっかりは・・・。

はい、作業が進まなければ、このまま、
寝ないでやり切るつもり笑。


それにしても、今日、確信した事。

来ていたトレーナーを油まみれにしてしまった私は、
夕方、ロンT1枚で作業していました。

この気温でも、作業の最中、寒さを全く感じませんでしたね〜。

オッサンになっても、集中するとアドレナリンが
出まくるんですね〜。

オッサンながらに生きてるって、
実感しましたよ笑。


神様、こうして生きててありがとう!



全国のマニア野郎は、
今日こそポチです!!
にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川












1972 AMC GREMLIN FOR SALE

FullSizeRender
最近、AMCのPACERって言う、
UFOみたいなヘンチクリンと戯れてるところをお見せしたばかりですが、
今回のお話は、AMC GREMLIN。

はい、グレムリンです。

グレムリンとは、映画のあのグレムリンがあまりにも有名ですが、
この車の名前の起源は、別のストーリーとなります。

グレムリンとは、ヨーロッパの妖精にネーミングしたもので、
ちょっと、イタズラする妖精の種族をそう呼んでいたみたいです。

この表情見て、イタズラっ子って感じしますもんね笑。

そう、映画のグレムリンは、84年の大ヒットハリウッド映画。
当然、私も、友達と見に行来ましたね〜。
まだ、彼女なんていませんでしたから。

そんで、このグレムリン。

デビューしたのは、1970年。

先日のペーサーでも、その当時の時代背景の話をしましたが、
なんせ、このグレムリンが、アメ車小型化の走りと言われています。

同時期にシボレーからはベガ、そして、フォードからはピントがデビューし、
アメ車が大きく変わった時代でもありましたが、この、グレムリンは、
別格の注目を浴びていました。

そりゃ、見れば答えが出ますよね。

目を引く可愛いキャラクター、そして、ド派手で斬新なボディーライン。

他社のコンパクトカーは、元々あったフルサイズのセダンやクーペをアレンジして
完成させたデザインで、小型化された分控えめな印象にまとまってしまいました。

ところが、AMCは、普通にやっても勝てないって事を知っていたのでしょう。

恐ろしく、非現実的なボディーラインを採用し、デビュー後、
街を走っているグレムリンは、とにかく、目立ちまくったのです。

結果、AMCとしては、大ヒットとなる67万台のセールスを記録し、
70年代のAMCを支える、代表作とも言えるモデルとなったのです。

FullSizeRender
そんで、何が言いたいのか・・・。

FullSizeRender
こちらの72年式、AMC グレムリンを販売いたします!

IMG_1270
はい。当店は、70年代のカリフォルニアサーフカルチャーを
皆様にお伝えするショップ。

サーフボードやアパレルを中心に売る店なのですが、
実は、今回、車にも挑戦してみようと、この車をカリフォルニアから
輸入してみたのです。

ちゅうか、正直なところ、ペーサーとグレムリンの
気に入ったのが、同時に見つかっちゃったから、
まとめ買いしちゃったってところ。

日本に到着し、色々と弄ったところで、どちらかを手放そうと
当初から考えていました。

当然、似たような車を同時に乗れる程、余裕もないし
そもそも、必要ありませんからね。

グレムリン/ペーサーは、私にとって、当時のアメリカを代表する車として、
いつかは、絶対に乗ってみたいと思っていた憧れの車でした。
良いのが同時に出て来たところで、ひとまず、どっちも実際に
見てみたかったってのが本音ってところです。


このグレムリン、ソリッドでオリジナルをキープした素晴らしい個体です。
雨の少ないアリゾナで育った車ですから、間違いありませんね。

ボディーは、フロアを含めドライで最高の状態をキープしています。
日本に入った時も、フルオリジナルペイントで、パテとも一切縁のない車でした。

FullSizeRender
欠品パーツもなく、大事に扱われてきた車だったと思われますが、
塗装のヤレ、内装のヤレを完全に修復し、ビンビンコンディションに仕上げてやろうと
プロジェクトスタート!

既に、綾瀬にあるNEWOLDさんで、オリジナルと同カラーで
オールペン完了!!

01301
そして、フロントシートもオリジナルにそっくりな
ビニールレザーで、ビシッと張り替えました!!

これから、私の方で、カーペットを全て新しいものに張り替えたり、
内装の細かいところも仕上げて行こうと思っております。

当然、機関系もしっかりとメンテナンスし、大人が安心して乗れる
リアル ’70sマシンを復活させてみせます!


如何ですか?

サーフィンはスタイル。

追求したら、服装だけじゃなく車までも
拘ってみるのも悪くないと思いませんか?

海に行く最中の道のりが、まるで違うものになると思いますよ。


車の情報

1972 AMC GREMLIN
258(4.2L)エンジン
オートマ、パワステ、エアコン付き!!
(グレムリンで、この3つが揃う車は、
そう簡単に見つかるもんじゃありません。)

完成したら、かなり綺麗な車に仕上がっていると思います。
興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

ペーサーの方が気になるって方も
遠慮なくご連絡下さい!



お問い合わせ先
ホーリースモーク
045(914)5573
info@holysmoke.jp




新しいチャレンジに
ポチをお願い致します!!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




明日は、ジョシュのピックアップに成田へ!!
こちらも、楽しみにしててくださいね。

ホーリー梶川




1975 AMC PACER 車検直前に炎上!!

IMG_1221
メガノッポのいない当店駐車場。

はい、メガノッポは、ディストリビューターのトラブルが原因という事でした。
それにしても、ウチの子は、どの子も良い子揃いです。

だって、もしですよ〜。

成田でボード20本積んだまま、サヨウナラ〜・・・・。
ってなってたら、とんでもなく困ってたと思いますよ〜。

それとか、湘南の七里ヶ浜の駐車場だったら、大恥かいてたでしょうね〜。
みんな寄ってたかって騒ぎ立てた事でしょう笑。

IMG_1226
はい、最近は、この子のお世話で付きっ切り。

先日、予備検に無事合格し、あとは、車検を取るだけ!
って状況まで持ち込んでいたのですが、預けていた
綾瀬のニューオールドさんから、店に持って帰り、
いいね、いいね〜ホッホゥって、アイドリングを掛けて
満喫していたら、何やら、ボンネットの脇から白い煙がモコモコ・・・。

んっ!!ウソだろ!!

即座にエンジンを止め、ボンネットを開けると、
ナントナントのエンジンルームから火がぁ〜!!

大慌てで、積んでいたポリタンの水をぶっかけ鎮火。

車内も真っ白になるし、辺りは、焦げ臭い匂いが立ち込め、
頭の中まで真っ白になってしまいましたよ〜。

IMG_1227
どうやら、色々と原因を調べてみたら、
この、キャタリックコンバーターという、当時のカリフォルニアの厳しい
排ガス規制をクリアする為に装備された、第二の触媒が詰まっていたようです。
(後ろにも、普通の車にある様に、似た様なヤツがもう一個あるんですよ。)

そうなんです。

これが詰まると、排気ガスが超高温となり、排気管全体が恐ろしく高温となるのです。

そこに、今回、エンジンオイルやらオートマオイルが、アクセルワイヤーに
纏わり付いてたところに引火したって事みたい。

アクセルワイヤーが、半分近く燃えてましたから・・・。

だけど、その場にいて本当に良かったですよね〜。

もし、エンジンをかけっ放しで、離れていたら、
その白い煙に気がつく事なく、大炎上してたかも知れませんからね。

そんな訳で、本日は、アクセルケーブルの取り外し。

アメリカで探そうとしたのですが、まんまは見つかりませんでしたね〜。
なので、先ずは、燃えたのを取り外し、現物をチェックした上で、
似たやつを探したり、違うのを2つとか購入して、組み合わせる事で使用出来る様に
加工してみようかと・・・。

IMG_1232
アクセルワイヤーは、ペーサーの場合、
ミッションに繋がっています。

IMG_1244
車の下に潜り、恐怖感を抑えながら、ミッション側を外し、
次に、スピードメーター側を外します。

IMG_1238


IMG_1239
もう、メーター周りもバラバラァ・・・・・。

IMG_1245
取り外したスピードメーターケーブル。

半分以上が燃えて、使い物になりませんねぇ。

実は、数日前から、メーターの針の動きが
ピョコピョコおかしかったので、アメリカでパーツを探していたんです。
でも、この車にドンピシャで使えるパーツが出てこない。

外したパーツの長さを測ったり、メーターとミッションにジョイントする部分の
形状を細かくチェックし、恐らく、これだろうと思われるパーツを隈なく捜索!!

そしたら、ようやく、見つかりましたよ〜。
(少し違うのですが、加工次第で多分大丈夫。)

早速、先ほど、ポチッときました。

AMCは、シェビーとか空冷ワーゲンと違って、
あるにはあるけど、細かいパーツを見つけるのが難しいですね〜。

多分、この数日で、ペーサーのスピードメーターケーブルについて、
私以上に、調べた人間は、世界中何処探したって居ないでしょうね笑。
今、かなり、詳しいです笑。

一段落し、何度も周りをチェック。

他が燃えていないかチェックしなきゃ〜。
って、下に潜ってチェックしていたら・・・。

FullSizeRender
あにぃ〜、ここ燃えてるぅ〜。
ボクの大事なペーサーのバックアップランプスイッチが溶けてるよぉ〜。
(バックに入れた時に点灯する白いランプのスイッチ。)

なんか、デロンデロンになってるし、配線も1本切れてたので、
もうダメだろうと諦め半分でバックに入れて後ろを見てみたら、
ちゃんと、点灯したよ〜。良かったわ〜。

でも、デロンデロンで気持ち悪いから、ここも、パーツ買って交換ですね〜。

車は、もう、車検が取れる準備まで進んでいましたが、
車の方が、色々とトラブル続きの今日この頃・・・・・。


でも、車の下に潜って、油まみれになって。

トラブルがまた発生して、色々調べたりしながら解決して。

男の子って、やっぱ、車が好きなんだな〜。

えっ?!お前はオッサンだって?



・・・・・・・・・。



パーツが届くまで、どうだろう?
2週間近くかかるのかなぁ〜。

スピードメーターケーブル取り付けて、
バックアップライトスイッチ交換して、
キャタリックコンバーターもなんか上手い方法で、
温度が上がらない様に改善して・・・。

はやく、ペーサーでブリブリの
‘70s ロッケンロールスタイルを
味わってみたいな〜。



明日は、綾瀬のニューオールドさんにノッポさんを持ち込んで、
足回りの点検&修理開始!!

帰りは、絶好調のに生まれ変わったメガノッポに乗って
余裕のV8クルーズ。(多分)



なんせ、男の子は、車が好きだよ。




このブログ、月曜だって火曜だって構いません。
ポチに曜日はありませんから。
見た時に、ポチってやっちゃいましょうね〜。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川











Aloha Rack

11251
当店オリジナル企画のアロハラック(アロハキャリア)
のサンプルが上がって参りました。

今回は、工場を変えクウォリティーを追求。

世界的に見ても、アロハラックの本格的なリプロダクションは見当たりません。
何故でしょう?はい、金額が折り合わないから。

これ、結構なコストが掛かるんです。
同等の物を作る事は、日本国内の優秀な工場であれば
然程難しい事ではありません。

でも、とんでもない金額になってしまうのです。

なので、工場は探しましたね〜。

前お願いしてたところが、コストが合わないからって
サジを投げちゃったので、もう、必死になって探しました。

探し当てるまでに数カ月は掛かったでしょうか・・・。

11254


11252


11253


11255
そして、打ち合わせを繰り返し、出来上がってきたサンプルがこれ。

バーのカラーも以前の物に比べ、より、オリジナルに近い色が出ました。
このサンプルから、フットベースの部分のメッキをより良い物に変え、
量産に入る予定。

予定では、納期は年内。

販売価格は、以前販売していた価格とほぼ同じで行けそうです。
(税込で4万を切る感じ)


多くのお問い合わせをいただいていた、アロハラック。

大変長らくお待たせいたしましたが、もう一息です。

販売開始まで、楽しみにしてて下さい!!


※ニュービートルに付かないですか?
なんて、ご質問があったりします。

付ける事、出来ますよ!!簡単です。
アロハラックを板金屋さんに持って行って、
屋根に、直接、溶接してもらいましょう!!

アロハラックは、厩舎を愛する方達の為に復刻したドレスアップパーツ。
日本の古い車、空冷VW、古いアメ車、ボルボ240系、W123等、
多くの車種に装着可能ですが、レインガターの付いていない車には装着できません。

それに、私は、そもそもが似合わないと思うな〜。




それでは、全国の旧車フリークの皆様。
ブログをPC版に切り替えて、ポチッとやっちゃってください!
その方が、優先的にご購入いただける最新のシステムを
導入済みでございます。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





Funmee

large


Funmee(ファンミー)ってご存知ですか?
最近流行りの、デジタルマガジン。

こちら、エイ出版社が企画してるもので、
趣味の世界を取り上げたデジタルマガジンです。

そこに、ワーゲンバカとして、今回、私を紹介してくださいました。

話だと、本日公開された号が第一回目で、
計3回に分けて掲載していただけるとの事です。

このブログを読んでる皆さんは、私の空冷ワーゲンどハマりっぷりは、
ご存知の事と思いますが、中々面白い記事が他にも沢山ありますので、
是非、読んでみてください。

私のところも見てくださいね。



Funmee




ポチもお願いしますね〜
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川




お漏らし

2017-10-17-16-00-46
こちら、ノッポさんのエンジンを右のタイヤハウスから見た所。

油と泥まみれのグッチョグッチョ。

そうなんです。少し前からオイル漏れが気になりだし、
いつか直さないとって思ってたのですが、ここんところの雨で
作業出来ず状態が続いていました。

今日、ようやく、雨がやんだところで、一気に状況確認&作業開始!

場合によっては、エンジンを下ろさないといけないかも・・・。

2017-10-17-15-53-40
まず、最初に疑ったのは、右側からのみのオイル漏れだったので、
バルブカバーガスケットの劣化、または、バルブカバーを抑えるクリップの歪み。

交換パーツの方は、既に準備済み。

もし、これで終わんなかったら、エンジン下ろしコース。(ヤバいね〜)

2017-10-17-15-56-04
早速、ヘッドカバーを外してみました。

2017-10-17-15-53-31
写真じゃ分かり難いのですが、コルクでできたガスケット。
これが、熱で縮みガスケットの機能を果たしておりませんよ。

2017-10-17-15-53-33


2017-10-17-15-53-37
この周りの枠いっぱいにガスケットがないとオイルは、当然、漏れますね。

なんか、嬉しぃ〜。

どうやら、これが原因の様でした。

2017-10-17-15-54-18
新しいガスケットを嵌め込み、あとは、ヘッドに戻すだけ。

ちょっと、慎重にやらないと、またズレてつけたら意味がありません。

2017-10-17-16-17-44
バルブカバーの位置を確認しクリップでしっかりと固定。

パーツクリーナーとブラシで油汚れをきれいに落とし、
本日の作業は完了!!

2017-10-17-16-07-48
オイルを吹きながら走ってたから、リアはオイルが飛び散ってましたわ〜。

2017-10-17-16-08-16
それなら、作業で使った軍手で拭き上げましょう!

2017-10-17-16-08-19
はい、これ、空冷ワーゲン野郎スタイル。

ごく普通でございます。

2017-10-17-16-08-56
エンジンオイルがいい感じのコーティングとなり、
ボディーを優しく保護してくれそうです笑。


まずは、この状態で乗ってみてオイル漏れが無くなってたら完璧!!

そう見せかけて、実はここかいぃ〜。って、
ヤバいとこじゃなければ良いのですが。

まあ、空冷ワーゲンは、いくらでもパーツはあるしパーツも安い。
車屋さんの工賃も、基本、安いですからね〜。

車は丈夫だから、しっかりとメンテナンスだけしといてあげれば、
長く長〜く乗れる、エコカーっちゅうワケなんです。

まあ、奥さんにそう説明しても、じゃあ、次はそれにしよっか!
とか、絶対に言わないと思いますが・・・。




はい、全国の空冷ワーゲン野郎の皆さんは、
ポチですよ〜!!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川







VW Thing

2017-10-09-16-37-15
先日、こちらのブログでお知らせしたVW Thing。

何件かのお問い合わせをいただきましたが、
まだ、車は、本人の手元にあります。

そして、本人から写真を送ってもらいましたので、
改めて本日ご紹介させていただきます。

2017-10-09-16-37-19


2017-10-09-16-37-24


2017-10-09-16-37-29


2017-10-09-16-37-34
こちらのVW Thingは、大変貴重なシェルが付属しております。

幌の方も、新しい物に交換済みですので、破れなどございません。

ボディーは、ほぼ、オリジナルペイントが残った、
雰囲気抜群のパティナ。

2017-10-09-16-37-42


2017-10-09-16-37-38
内装も、シートを貼り替え済みですので、
パリッとした乗り心地です。

これからの季節には嬉しい、73年式のみ装備されている
エバスペッヒャー社製の燃焼式ヒーターもしっかりと動きます。

如何でしょう?

人と違ったお洒落な空冷VW。

価格は、本人の意向で当初よりかなりのプライスダウン!
となっております。

興味のある方は、お電話かメールにてお問い合わせください!!




こちらもヨロシクお願いします!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





アロハラック

2017-10-01-13-30-55
凄いのがカリフォルニアから届きました。
当時モノのアロハラック、しかも、未使用品。

これまで、程度の良いアロハラックは見た事がありますが、
ここまでコンディションの良いモノを見たのは初めて。

2017-10-01-13-33-03
ゴムも全然柔らかいし変色もなし。

2017-10-01-13-31-49
フット部分もサビもほとんど無し!

2017-10-01-13-31-36

2017-10-01-13-32-22
バーもサビも無ければ目立つ傷も無し。

さ〜て、どの車に付けましょうか・・・。


現在、当店には、数本のビンテージのアロハラックがございます。
以前届いたまんまで、まだ、ご紹介できておりませんが、
近々、販売しますので、探していた方は、チェックしててくださいね。

そして、当店オリジナルの復刻アロハラックの方ですが、
現在、新たに見つけた工場で制作してもらっております。

しばらく、在庫切れとなっておりましたが、もう少しです。

こちらも、入荷次第、ブログにてご紹介させていただきますので、
楽しみにしててくださいね〜。



PCポチです!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





VW Thing在庫あります

2017-08-25-19-51-41
先日撮った、ボロちゃんとノッポさんのツーショット。

長い事、私のヘアーをカットしてくれてる
美容師のO君が、ボロちゃんの現オーナー。

まだ、乗り始めて1年も経っていないのですが、
生活苦の為、手放す事になりました。

O君家は、子供が三人いるのですが、現在、
子供を売るかボロちゃんを売るか迷っているとの事。

2017-08-25-19-52-36


どうしますか。皆さん。

O君のボロちゃんを買ってあげないと、
家族がバラバラになってしまいます。


はい、そんな訳がありませんね。

でも、どうしよう。売っちゃおっかな〜。って話はホント。
実は、新しい事を始めたいらしく、
その資金を作りたいとの事です。

2017-08-25-19-52-22


車は、ちょくちょく、見ていますが、
私が乗っていた時と同様に絶好調。

名義変更さえすれば、そのまま、乗れる状態です。
(お金を払わないといけませんが・・・。)


金額やらその他諸々の話は、直接、O君とやってください。
まずは、興味のある方がいらっしゃいましたら、
ホーリーオート代表/梶川までご連絡ください。

空冷VWの中でも、マニアックで注目されるThingです。
可愛くて、最高の車ですよ〜。

特にこの車は、オリペンで機関も極上。
シートカバーや幌を始め、100万円以上のニューパーツを
組み込んだナイスな車です。

そうそう、パーツ類ですが、機関系は、全て日本国内で揃います。
外装パーツは、アメリカに発注って形になりますが、
簡単に手に入りますので、その点、ご心配なく。



それでは、生活苦のO君に
ポチってあげてください!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


O君、このブログ、
奥さんに見せちゃダメだよ〜。
ホーリー梶川





夏本番、準備の方は?

2017-07-16-14-55-39
いよいよ、夏本番って感じじゃないですか。

気象庁も、梅雨明け宣言が出来なくて、
さぞかし、お困りの事でしょう。

一発、まとまった雨が降ったと同時に
梅雨明け宣言で間違いないですね。

さてさて、我々、空冷VWフリークにとって、
一年を通して、一番大変な時期が夏。

ちょろっと、買い物に出るだけで汗ダク状態となってしまいます。
私の場合、基本、朝イチ出発で帰りも渋滞なしってパターンで
乗る事が多いので、三角窓を開けてれば、然程、苦にならない
というか、元々、エアコンがそんなに好きじゃないから、
結構、自然の風を受けながら走るのが好き。

でも、渋滞にハマりまくりの空冷VW野郎は、
今頃、大変な思いをしている事でしょう。

2017-07-16-14-54-40
乗ってるこっちが大変だって事は、車の方も大変な思いをしているはず。

空冷VWに乗られている方は、最低でも、エンジンオイルのチェックだけは
怠らないようにしておきましょうね。

出来るなら、エンジンオイルぐらい自分で交換するのが良いと思いますが・・・。

オートバックスでエンジンオイルを捨て300円ぐらいの箱を買ってきて、
あとは、ドレインからオイルを抜くだけ。

オイルが落ち切ったら、ドレインを締め直し適量の空冷VW用のオイルを
入れるだけですから、手間だって、大したものじゃないですからね。

とにかく、空冷VWは、エンジンオイルとエンジンに流れ込む空気が頼り。
エンジンオイルが少ないと、エンジンの温度の上昇に、直接、繋がります。

2017-07-16-15-13-07
ファンベルトも、しっかりと、チェックしておきましょう!

緩んでいたり傷んでいたら、直ぐに交換した方が良いですよ。
なんせ、一瞬でエンジンが焼き付いてしまいますから。

2017-07-16-14-54-54
点火タイミングも見ておいた方が良いですね。
タイミングがズレてると、エンジンの調子が悪くなるのは当然の事、
同時に熱も出やすいので要注意です。

とにかく、空冷VWにとって、大きなトラブルを巻き起こす危険な夏にご用心。

2017-07-16-15-12-42
最近、私は、エンジンフードを開けっ放しにして走らせています。
これ、随分、効果ありますよ。

私のバスには、オイルテンプゲージが付いているのですが、
これを開けてると、10度は温度が下がりますから。

バスもバグもこの開けっ放しをお勧めします。
高速なんかを走ってても、巻き込む風でどちらかと言うと、
ゲートは閉まろうとするぐらいですので、パッカ〜ンって
なりっ放しで走る事はありませんので。

タイプ3は、これ出来ないんだよね〜。
熱がこもりやすい車だから、尚更注意ですね。


夏の空冷VW、乗ってる方が厳しくなってきたら、
車は、もっと厳しい状況にあると考えてあげましょう!


空冷VWバンサーイ!!



全国の空冷VW野郎は、
ポチってお願いしますよ〜!
いや、そうじゃない方も!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





刺激もらいました

2017-04-21-12-32-08
本日の午前中は、メガノッポを診てもらう為、
ご近所のValley Autoさんへ。

はい、こちらの修理屋さんは、知る人ぞ知る名店で、
ホットロッドを中心にアメ車全般を取り扱う拘りまくりのショップ。
カリフォルニアの修理工場には色々行った事がありますが、
ここは、確実にそれ以上にアメリカでした。

久しぶりに”本物”をやってる方にお会いしましたね〜。

2017-04-21-12-33-03
たくろうくん(勝手にこんな呼び方していいのかな〜)の
古い車に対する情熱は、ちょっと、異常なぐらいですね。

車の知識だけじゃなく、その当時のカルチャまーで
よく知ってます。
(左がたくろうくん/35歳)

2017-04-21-12-25-57


2017-04-21-12-25-40


2017-04-21-12-25-51


2017-04-21-12-21-01


2017-04-21-12-26-10


2017-04-21-12-31-40


2017-04-21-12-29-11
ゴチャゴチャに並べられたパーツ類や工具類。
一見そう見えながら、実は、完璧に整理されたファクトリー。

仕事が丁寧な証拠です。

そんな、たくろうくんにメガノッポを褒めてもらいましたよ〜。
このコンディションはゴイス〜ですって!

コンディションの良いこの手のバンはよく見るけど、
こいつは別格だとの事!

嬉しいですね〜。

2017-04-21-12-11-03
ヤードにも、たくさんのゴイス〜車がたくさん並んでました。

2017-04-21-12-11-07


2017-04-21-12-11-27


2017-04-21-12-13-41


2017-04-21-12-09-10


2017-04-21-12-09-33
実は彼、大の空冷VWフリークでもあり、
こちらの57年の他、69年とオーバルのバグも所有しているとの事。

今後、私の車は全て彼に任せようって、
心の中で決定です。


こちら、Valley Autoさんは、私も紹介してもらった様に、
修理受付は、完全紹介制との事です。

ホットロッドのレストアは、3年待ちだそうですよ。

3年待ち。



それにしても、今日は、いい勉強、そして、いい刺激をもらいました。

なんでもそうですが、人と同じ事をやっててはダメって、
改めて、彼が教えてくれました。
こうやって、彼の様に特化した技術があるとか、ホットロッドに精通しているとか、
何かしら、他にはない何かを持っていれば、必ず、人から注目されるものなんですね。

彼はまだ35歳。

確実に、この業界で名を残す人間になる事でしょう。




若人よ、よく聞け。
人の真似ばっかりしてたんじゃ、
いつまで経っても芽はでね〜。


彼の様になりたければ、何でもいいから好きな事をとことん追求するんだ。
これに関しちゃ、誰にも負けね〜。ってやつだな。
最初は真似でいいんだ。コツコツやってりゃ、いつか、絶対に将来が開けてくるってもんだ。
いつの日か、自分なりのアイディアが生まれたり、個性が生まれてくるもんだよ。


いい学校に行って、一流企業に入社する。
それも、一つの人生かもしんないな。

でも、勉強だけじゃねえって事をしっかりと覚えとくんだ。

彼みたいに好きな事を毎日思う存分やってりゃ、
ちゃんと、メシが食えるって事も実際あるんだよ。
考え方によっちゃ、どんな大企業よりも安定しながら。

勘違いするなよ。

一流企業に入る為に、一生懸命勉強した奴がいる様に、
ここまで来るのに、どれだけの努力を必要とするか。


何!?

その前に、オメーは、どうなんだよって?

うるせ〜。

黙ってポチをしろ!

いや、ポチってくれないか。

いやいや。

本日も、ポチッとお願いいたしま〜す!
(言いたかっただけなんだよ〜。だから許してね。)


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川







Go Cool

2017-04-16-14-04-32
本日は、空冷ワーゲン野郎、または、旧車オヤジに朗報。

この写真見て、おっ!エアコンか!?

って思ったでしょう。

はい、その通り。

日本では、ベバストをはじめとするFFヒーターは、
だいぶ普及して来ている様ですが、これは、知ってる人
少ないんじゃないでしょうか?

本日は、気温も上昇し車内温度もグングン上がってきたという事で、
試したくてしょうがなかった、Go Coolの試運転です。

2017-04-16-14-23-19
こちら、アメリカのコンフォートイノヴェーションLLC
という会社が開発したポータブルクーラー。

2017-04-16-14-05-24
家庭用電源と車の12V電源で稼働する画期的な代物。
家庭用のエアコンと同じ構造となっていて、この中には、
ポンプが内蔵され冷たい氷水を銅管をくぐらせます。
そして、冷え冷えになった銅管にファンからの風をあてれば、
ノズルから冷たい風が出てくるという仕組み。

シンプルだけど、よく出来ていますね〜。

色々とネットで調べてたらこれにヒットし、
メガノッポを日本に入れる時に一緒に積んで来たという訳です。

私が買った値段は、記憶では450ドルぐらい。
日本だと10万以上で販売されている様ですね。

正規輸入元では、アメリカの110Vから日本の100V電源に合わせ、
改善して販売している様ですが、私は、車以外で使用する事は100%
あり得ないので並行品でバッチリ。
アメ車もヨーロッパ車も日本車も、全て12V。
世界共通ですからね。

2017-04-16-14-32-31
こいつを動かすには、氷とコップ2杯程度の水だけ。
保冷剤でも良いみたいです。

ビールもどこまで冷えるのか実験させていただきました。
これも、非常に大事な試験なんです。
ビールが冷えないんだったら、Go Coolを皆さんにオススメ出来ませんから。

2017-04-16-14-37-50
こいつ、中々やりますね〜。

今回は、アイドリングをかけながら動かしてみましたが、
サブバッテリーを積んでいる車なら、アイドリングもストップさせたまま
稼働させる事ができます。

CO2を排出せず、静かで快適なVAN LIFEが送れる画期的な代物です。

今回、使った氷は、コンビニの板氷一個とブロックアイス一袋。
この量だと、結構、すぐに溶けてしまって、長旅では持たないでしょう。

説明書には、18キロの氷を入れてくれって書いてましたが、
かなりの量ですね〜。現実的ではありませんね。

保冷剤を何個か買っといて、使い回すのが賢明かもしれません。

私が思うに、パワーの弱い空冷VWや日本の旧車に後付けクーラーを付けるのは、
色々とリスクもあります。
そんな時、このGo Coolがあれば、かなり、役に立つと思いますよ〜。

私は、今日、これを買ってよかったと感じました。
シートの横に置いて、スポットクーラー的に冷たい風を、
体に直接あててやれば、かなり、効果的だと思います。


オジさんだって生きてんだ!
快適な方が良いに決まってる!


全国のエアコンが付いてない車に乗ってる
貧乏野郎の皆さん!
(はい、私もです。)

参考になったりましたか〜!?

なったでしょ〜!?




今年の夏も頑張ろう!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川






ノッポさん

2017-04-06-12-44-58
完成した筈のノッポさんバンクベッドでしたが、
どうも納得できず、本日、修正及び完成に向け作業開始。

2017-04-06-13-34-10

2017-04-06-13-34-16
こちら、後ろ側の板。

どうも、ボディー側の梁の部分に干渉している事が判明したので、
トリマーで溝掘り。

職人ですね〜。

2017-04-06-13-49-07
再度、組み上げて完成!

荷物が落ちない様にする、手前の壁もカッチョイイ
ウエスタンレッドシダーの一枚板に変更。

木目がイイ感じです。

2017-04-06-13-49-01


2017-04-06-13-48-55
この板は、角度調整出来る蝶番により、
前に倒したり、下に向けたりする事が可能。

2017-04-06-13-49-33
前側の板は、使わない時は、こんな感じで収納出来ます。

場所をとる事なく、効率の良い作りですよ〜。

2017-04-06-13-50-16
パッチン金具もデカくて丈夫なものに変更。

これで、安心して寝る事ができます。

2017-04-06-13-50-22


2017-04-06-13-51-54
前側を支えているのは、この2箇所。

間違いないでしょう。

2017-04-06-13-52-05
下から見たところ。

綺麗にまとまってます。
(と思ってます。)

2017-04-06-13-52-39
上から見たところ。

完璧です!
(と思ってます。)

あとは、ホームセンターに行ってマットやら
何やらを手に入れるだけ!

到着して気がついた、財布忘れ。

欲しいモノが沢山あるのに何も買えない絶望感・・・。

黙って、店に戻りました。

・・・・・。

我慢できず、再出発です・・・。

2017-04-06-17-49-57


2017-04-06-17-50-04
手に入れたのは、ジャストサイズのカーペット。
カットしてもらって、縁も縫ってもらいました。

2017-04-06-17-50-38
そして、ジャストサイズのマット。

じゃなくて、長座布団。

こんなのあるんですね。

2017-04-06-17-52-45
そのままでも、可愛らしいチェック柄でしたが、
オヤジ臭がダイレクトに着くのは避けたいので、
先日、カリフォルニアで手に入れたベッドカバーを巻き巻き。

完璧な寝床の完成です!!

2017-04-06-17-55-55
抜群の寝心地。

天井までが、ちょっと近いですが、
どうせ酔っ払って、すぐに寝るんですから、
目を開けてる暇なんてないでしょう。

2017-04-06-18-02-20
皆さん、ノッポさんを何処かで見かけたら
気をつけてくださいね〜。

こんな感じで、上から見てますよ〜。

2017-04-06-18-02-31
暫く、メガノッポの事ばかり相手してたから、
寂しそうだったノッポさん。

でも、最近、相手してあげてるから本当に嬉しそう。
早く、ノッポさんでバンライフしたいですね〜。


皆んなで、バンライフを楽しみましょう!

こっちも、宜しくお願いします!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川






バージョンアップ

2017-04-03-12-38-14
こちら、ノッポさんの室内。

ノッポさんは、室内で立って着替えが出来たり、
サーフボードを上にたくさん詰めて本当に便利。

でも、ロフトベッドが無いという残念な思いが常に頭から離れない。

せっかく、上にスペースがあるのに人が寝れるのは下だけなんて、
あまりにも勿体無い。

一番シンプルに、そして、いかに加工しないでロフトベッドを設置する事が出来ないか。

ずっと、ず〜っと、考えていたんですよ〜。

2017-04-03-12-56-56
そして今日。
思い切って作業してみました。

朝イチ、ホームセンターに向かい、色々な資材を見ながら想像タイム。
2時間ぐらい掛かりましたね〜。

売り場で一点を見つめ、ずっ〜と動かないオジさん。
なんとも奇妙な光景だったと思いますよ〜。

2017-04-03-12-57-04
後ろのラックを外しただけで、随分と広くなりますね。

2017-04-03-13-40-49
ベッドになる材料は、21ミリの合板。
少ししなるけど、こいつが一番安くて強度もある。

見た目はイマイチだけど、仕上がりも薄いので、
使わない時の場所もとらない。

2017-04-03-14-12-16
オリジナルのラックで型を取り、まずは、ベッド後方部分を製作。

2017-04-03-14-25-51
色付きのBRIWAXを塗り車に設置。

結構、いい感じじゃないですか。

2017-04-03-15-28-38
次は、寸法を確認しながら、前の部分の製作。

仮止めして、実際、使い勝手が良さそうなのかなどチェック。

何度か調整し、パッチン金具(これ、正式名称)等で板が動かない様に固定。

2017-04-03-17-23-30
完成しました〜!

前の部分は取り外し可能で、ベッドが必要ない時は、
後ろのラゲッジスペースに収納可能。

写真では分かりませんが、ラックには、オリジナル同様、
物が落ち無い様に壁も設置。

でもね、完成したからって簡単には上に登れないもんですね〜。
乗っかったところで、バッコ〜ン!!

なんて、ぶっ壊れたりでもしたら大怪我しちゃうじゃないですか。
そんなの想像しちゃうと、ドキドキしちゃってね〜。

初めは、山ちゃんに登ってもらおうと企みましたが、
やっぱ、自分の車。最初は、自分で試さないといけませんよね。

2017-04-03-17-24-15
でもね、大丈夫でした。
バッチリです。こちら、私の後に山ちゃんに登ってもらったところですが、
安定してて危なっかしさゼロです。

まあ、スペースはそんなに広くありませんが、
マットでも敷いてあげれば、快適に眠れそうです。

この仕様になり、ベッドを設置したままでも着替えは出来そうだし、
下で寛ぐ時は、邪魔なものを全部上にあげてしまえば
スペースも確保出来る。

という訳で、今日のノッポさんバージョンアップは、
成功に終わったのでした〜。



全国の空冷VWフリークの皆さん、
本日もPCポチでお願いいたします!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川




Revolver Maps
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
人気BLOGランキング
人気ブログランキングへ
SURFSIZE
サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中
ブログ村 サーフィン
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
ブログ村 マリンスポーツ