SURF

Twin Fin

01262
Josh Hall Surfboardsのツインフィン三種を並べてみました。
長さは、全て6'6"。

皆さんが思い浮かべるツインフィンって、
まあ、普通、フィッシュボードですよね。

世の中に出回っているツインフィンの大方が、
ツインフィッシュである事に間違いありません。

実際、フィッシュテールとツインフィンってのは、
抜群に相性が良く、ターン時にボードが傾くと、
水に接している側のフィンとテールの組合せは、
シングルフィンと同じ状況を作り、
そこで、軽いターンが生まれるのです。

しかも、シングルフィンは、サーフボードの
センターにフィンがセットされているのに対し、
ツインフィッシュの場合、フィンが、テールエッジの
すぐ近くにフィンがセットされている事で、
フィンの作用力が増し、より、軽い力で効率よく
ターンする事が出来る。

それが、ツインフィッシュの一番の魅力ですね。

でも、実は、フィッシュテールとの組合せだけが、
調子が良いツインフィンと言うワケではないのです。

01261


例えば、ピンテールのプンタモデル。
このセッティングは、とにかく、ターンが軽くなります。
ツインフィッシュの場合、テールの二つに分かれた先端同士は、
かなり、離れていますね。はい、因みに、
サンディエゴフィッシュの基本は、1フィート。
約30,5センチのテール幅となる訳ですが、この幅が、
逆にターンの邪魔と感じることもあるのです。

でも、ピンテールは、極限まで絞り込まれたテールデザイン。
余計な踏ん張りが邪魔する事なく、軽快なターンが可能となります。
(余計な踏ん張りと書きましたが、それが必要な時もあるし、
それがスピードとなる事もあります。)

と言う事は、ピンテールツインを持つプンタモデルは、
ターンを軽快に楽しみたいと言うサーファーや、
デカ波を制覇したい時に乗るのに向いていると言えます。

続いて、バットテールエッグツイン。
ラウンドピンテールは、最もクセの無い万能テールデザイン。
例えば、ショートボードの一般的なテールはスカッシュテール。
これは、絶妙な幅と角を有する事で、水のパワーを適度に受け、
尚且つ、テールの角を利用し、ターンのきっかけに出来ます。

ショートボードの様に、元々、軽い仕上がりで動きの軽い構造
となっていますので、スカッシュがベストな組み合わせとなるのですが、
ミッドレングスを中心とするオルタナティブ系のサーフボードは、
重さもあるし長さもあります。
なので、もう少し、ターンを軽くさせる角の無い
ラウンドピンテールの相性が良いのです。

ラウンドピンテールとツインフィンの組み合わせは、
とにかく、文句なし。

この3本の中でも、最もクセがなくバランスが良いと言えます。
小波からビッグウエーブ、メローからホロー。
全ての波で、70点以上のパフォーマンスを発揮してくれるでしょう。

1本で、全ての波に対応したいという方には、
最高のボードって事ですね。

最後にタブレット。
このボードは、ジョシュが、昨年考案した
ビーチブレイク用モデル。

スタンダードなアウトラインを持つエッグに対し、
更に幅を持たせたモデルで、波のパワーを最も
効率よくスピードに変える事の出来るデザイン。

テールは、ほぼスカッシュテール。
エッグのラウンドと見比べてみてください。
フィン付近のテール幅はほぼ同じなんです。
幅があるのは、そこから前の部分。
特に、ノーズワイドに差がありますね。

話をテールに戻しますが、同じくらいの幅ながら、
テールエンド部に角が付いたタブレットは、
水の力をより受け易い構造となっています。

ターンの軽さに関したら、ラウンドピンテールの方が上。
それを言ったら、ピンテールはもっと上。

ですが、このタブレットのテール形状と
全体のアウトラインの組み合わせは、
この長さ(6'6")でも、物凄いグライド感を感じる事ができます。

そうですね。
ターンの軽さという見方で言えば、フィッシュと同クラスです。
決して、悪い訳ではありません。



この様に、それぞれのアウトラインにより、
サーフボードの乗り味は大きく変わり、サーファーが、
何を求めているかによって、チョイスが変わってきます。



最後に一つお伝えしたい事。

ミッドレングスのツインフィンは、
まだまだ、サーフィンの新しい楽しみや感激を得る事の出来る、
可能性を大きく秘めたフィンセッティング
である事に間違いありません。

ツインフィンの可能性は、
まだまだ、この先も続き進化していくでしょう。



金曜日のお忙しいところではありますが、
何卒、ポチッとお願いいたします!
土曜日に見ても日曜でもオッケーです。
ポチッとお願いいたします!!

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村





ホーリー梶川





JOSH HALL SURFBOARDS

joshall
お待たせしました!!

ジョシュ・ホールサーフボード全12本の
ホームページへのアップが完了しました。

いつも言う事ですが、ジョシュのボードは、
シェイプは当然ですが、ラミネートが本当に素晴らしい!

今回のボードも、抜群に綺麗な色味と
ガラス細工の様な仕上がりは、ほんと、
乗るのが勿体なく感じるぐらい・・・。
(イヤイヤ、乗らなきゃ勿体ないですが。)

それでは、12本をズラ〜ッと並べてみましょう。

FISH SIMMONS 5'11" TURQOISE TINT
fsblue1
このカラーは、写真で表現し難いカラー。
実物は、この写真より全然綺麗なターコイズ。


FISH SIMMONS 6'6" LIMEGREEN OPAQUE
fslime1
最近、私が乗ってるフィッシュシモンズと同じカラー。
普通なら、ライムグリーンってティントの場合が多いのですが、
オペークも70年代な雰囲気で中々良いんです。

少し、厚めなシェイプでスピードが出そうなボード。


FISH SIMMONS 6'8" LT.KHAKI TINT
fskhaki1
6'代のフィッシュシモンズ。
動きが抜群で本当に面白いサイズです。

テイクオフと動きを両立させる、絶妙なバランスがオススメです。


FISH SIMMONS 7'6" LT.PINK TINT
fspink1
久々にこのサイズに乗ってみたくなり、
自分用にオーダーしたフィッシュシモンズ。

カラーは、ライトサーモンピンク。

思ったより、危ない色に上がってきました〜。
もう、そっち方面のイメージで生きて行く事にしました。


FISH SIMMONS 7'6" BLUEGRAY OPAQUE
1
このブルーグレーって色は、ティントもオススメですが、
オペークが渋くまとまって良いんです。

フィンもトライをセットしたので、
しっかりとしたターンが楽しめるボードです。


FISH SIMMONS 8'8" SEAFOAM TINT
1
このボード、欲しい〜。
カラー抜群、分厚っぷり最高!!
以前、私が乗った事のある、8'6"のマジックボードに
そっくりなボード。

マジでカッコいいですよ。


BAT TAIL EGG TWIN 6'6" GOLD TINT
1
ちょっと薄めなゴールドティント。
ディープなコンケーブがそそられるボード。
このサイズなら、ターンとスピードを両方楽しめます。


THE TABLET 6'6" GOLD TINT
1
上のエッグより、微妙に色目が濃いゴールドに仕上がったTHE TABLET。
このツインのセッティングは、波のコンディションを選ばない、
スーパーオールラウンダー。

トロイ波もパワーのある波もこなせる
デイリードライバーです。


THE TABLET 7'6" KELPGREEN TINT
1
このボードも綺麗なティントカラーで上がってきました。
この長さのタブレットは、テイクオフとグライド感が
ハンパなく気持ち良いです。

ロングボードからの乗り換えにもオススメな、
素晴らしいボードですよ。


THE PUNTA MODEL 6'6" ROOTBEER TINT
1
ちょっと、明るめなルートビアーで上がってきたプンタモデル。
いや〜、この色、最高にかっこいい!
ブラウンとオレンジの中間の様な、なんとも言えない
渋さと深みを感じる色合い。

6'6"のプンタツインは、私の大好きなサイズ。

特にバックサイドが生まれ変わります!


THE PUNTA MODEL 6'6" Dk.VIOLET TINT
1
いや〜、この色も素晴らしいですね〜。
濃いティントカラーって、結構、仕上がりを
綺麗に見せるのが難しいのですが、
このボードの仕上がりは完璧。

シングルフィンに乗ってるとは思えない、
軽いターンが売りのプンタシングルです。


GEN2 FISH 5'7"
1
発色の良い綺麗なターコイズカラーのGEN2 FISH。
GEN2は、ワイズがあるので、一般的なシングルに置き換えたら、
5'10"とか5'11"のテイクオフの早さが味わえます。

回転性が良くマニューバビリティーに優れた
パフォーマンスフィッシュボード。






それでは、チェックタイム!!




CHECK!!





安定のジョシュ・ホール。
とにかく、最高のシェイパーです!!

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川






Huntington Fish

BROMALL
ピックアップに行って参りました。

B47228EF-6276-4708-B4C4-AA642410E635
昨年末、思いっきりハマっちゃった
6‘8“のハンティントンフィッシュ。

4E88FD54-1BDB-4DDC-8B9F-89776CA6DFB1


FECDED69-6D82-4DE8-A442-08C685EB14CD
昔乗った時の最高の記憶があって・・・。

それを求めて、何回もオーダーして・・・。

やっと、その時のボードに再会出来た
あの時の感動は、皆さんにも
伝わっていたのではないでしょうか。

テイクオフが楽で、スピード感があって、
ターンがショートボード並みな
夢の様なフィッシュ。

そんなものが本当にあるんです。

ボードってのは、長くなればなるほど
テイクオフも楽になるし、スピードも出し易い。

でも、その反面、ターンが重くなるのが定説。

だけど、こちらのロングハンティントンフィッシュは、
どちらも犠牲にしていないんです。

様々な乗り手の好みがあり、
様々なフィッシュが存在する中、
ロングハンティントンフィッシュは、
ひとつの完璧な答え。


ショートボーダー、ロングボーダー。
そんな事、関係ありません。

乗ったら、誰もが感動する筈です。


6’7”
BORANGE1


6’8”
BGOLD1


6’10”
BYELLOW1


6’11”
BBLUE1






CHECK!!




フィッシュ最高です!
にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村



ホーリー梶川




DM

リドルデザインズのデスマシーンが4本入荷しました。

昨日もお伝えした通り、パッキパキの強メリハリなハルスタビー。

ハルスタビーにも様々なスタイルがあります。

波のコンディションを選ばず、多くの日で活躍してくれるタイプから、
一か八かな遠慮なしのバキバキスタイルまで。

DMは完全なバキバキ君。

好みやスタイルもありますが、
ハルスタビーを語る上で、絶対に乗っておきたい
定番の一つである事に違いありません。

波やコンディションは選びますが、
ハマった時は、とんでもないスピードと
爽快感が味わえるボードです。

是非、チェックしてみてください。



DM 7'4"
dm741



DM 7'2"
dmr11



DM 6'10"
dmg21



DM 6'8"
dmr21





CHECK!!





全国のハルスタビー野郎の皆様。
ここは、ひとつお願い致します!!

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





ワイルドサーファー

01222
全く期待していなかった湘南方面でしたが、
取り敢えず、行って参りました。

波の方は、思ってた通り、いや、それ以上のプアーコンディション。

01221
潮目を見て、少し遅らせて行ったのですが、
サイズダウンが早かった様です。

セットは、腰前後のダラダラ。

01223
まだ試せてなかった、Shapes and Hullsのハルスタビーでしたが、
このコンディション・・・・・。

01227
その前に!!

またまた、バスタオル忘れちゃいました〜。

こないだ、絶対忘れちゃダメ〜!!って、
ノッポさんに積んどいたのですが、スポーツジムに行った際、
ウーパー君にバスタオルを載せ替えたまんましてましたよ〜。

でも、大丈夫。

知恵のある男ってのは、その場にあるもので生きていけるってもの。
そう、サバイバルよ。

今回は、ホーリーオリジナルのニットケースで
大事なところを隠してお着替え。

うちのニットケース、ストレッチ効いちゃって
着替えには打って付けってもんよ。

01224
プカプカプカ〜。

この波じゃ、な〜んも分かりません。

プッカプカ〜。

01225


01226
海あがりに可愛い子に会いましたよ〜。

鵠沼のサーファードッグ、ピノ君。

今日は、鎌倉に散歩に来てたみたい。

ウチの子が2年前に他界し、いつも寂しい気持ちで
いましたが、久々にセッターに触れて、なんか、
嬉しかったな〜。
(余計思い出して、その後、寂しくなっちゃいましたが・・・。)

153560832214802810179


126485352447216416862


151781744639245660177
サーフィン、上手ですね〜。

ピノ君、鵠沼では、ちょっとした有名犬で、
自分も、凄いな〜って、昔からよく知ってました。



いつも海に入ってるピノ君。
今日も、なんだか、入りたそうでソワソワしてましたよ〜。

やっぱ、犬は最高。
また、犬と暮らしたいな。



はい、現実に戻りましょう。
私は、バスタオルを持っていな〜い。

どうする、ピンチマン!!


01228
オッケ〜、オッケ〜。

ワイルド男定番のサーマルよ。

グッドオンのサーマル。
これがまた、上質なコットンなもんだから、
吸水性が抜群で最高なワケよ。

若者よ、よく聞け。

ヤベッ!!ってなった時、
すぐにスマホに頼ってんじゃね〜。
バカヤロ〜。

お前の周りには、無限にチャンスが転がっている。

ニットケースだって、サーマルだって、
頭を使えば、何にでも化けるってモンよ。

オッケ〜。

次、バスタオル忘れした時は、
それ以外の物でキッチリとピンチを
凌いじまうとこを見せてやろ〜じゃね〜か。

何なら、ティッシュ1枚で着替えてるところ。
そう、カッコいいところ見せてやるぜ。





はい、せっかくのレポートとなるハズでしたが、
こんな形となってしまいました〜。



ワイルドサーファーと言うよりも
もの忘れサーファー・・・・。

ポチッと宜しく
お願い致します!

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ティムさん、このブログ見て、
なんて思うんだろうな〜。
ホーリー梶川









Liddle Designs

01211
Liddle DMが4本入荷しました。

グレッグ・リドル氏から、ブランドを引き継いだ
カーク・プットナム氏は、グレッグ氏とは、
当時からの付き合い。

シェイプに関しても、隅々まで知り尽くした、
それこそ、Liddleの伝道師とも言える存在。

シェイプは、グレッグ・リドル氏が引退する前に
マシンでフルスキャン済み。

その後も、多くのビンテージボードをスキャンし、
多くのモデルを完全復刻させる体制が整っています。

シェイパーは、スコット・アンダーソン。

正直、最初の頃のシェイプは、オリジナルとは
かけ離れたものでした。

ですが、ここ最近、カーク・プットナム氏からの
リクエストなどにより、ほぼ、オリジナルと同様の
シェイプになっております。

01212
先ほどボードが入荷し、
隅々までチェックしてみました。

正直、オリジナルと変わりません。

と言うか、オリジナルの期待したいディテールが、
より突き詰められた形でまとめ上げられている感じ。

メリハリの効いたDMらしいシェイプにまとまっています。

サイズは、6'8"、6'10"、7'2"、7'4"となっています。

本日は、暗くなっちゃたんで撮影できませんでしたが、
明日のなるべく早い期間にアップしたいと思いますので、
皆さん、私のやる気が倍増する様に、ポチり上げちゃって
くださいね。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



それでは、皆さん、ごきげんよう。
ホーリー梶川





ナメクジ

FullSizeRender
2本のビンテージボード。
70年代前半にシェイプされたこちらの2本ですが、
ナメクジを意識してシェイプしたとしか思えないぐらい、
ナメクジシェイプなんです。

FullSizeRender
左側のHANSENはシングルフィン。
そして、右のSUNSETはツインフィン。

FullSizeRender


FullSizeRender
歴史を感じますね〜。

ところで、どこがナメクジなのか。

この2本は、70年代の前半、一部のボードに見られた
ナメクジシェイプ。

基本、ダメだったという事で短命で終わった
シェイプデザインですね。

当時は、色々と試され、失敗と発見の繰り返しを重ねてきた時代。
とんでもないボードが、次々に生み出された時代です。

FullSizeRender


FullSizeRender
横から見ると、分かりやすいかと思いますが、
ボトムはペッタンコでデッキ部のみがラウンドした感じ。

HANSENなんか、テールロッカーゼロ!
真っ直ぐのペッタンコですよ。

IMG_3014

FullSizeRender


IMG_3020

FullSizeRender
こうやってみると、もっと良く分かりますね。
デッキ側が思いっきりラウンドしてて、
ボトム側からは、一切、デッキ側に向かって丸みを帯びないレイル。
(普通は、ボトム側も落とされていますからね。)

完全に100/0のスーパーダウンレイル、
しかも、センター極厚なのです。
(SUNSETは4インチ笑)

FullSizeRender

ボトム側を下にして、地面にボードを置くと、
ナメクジにしか見えません。

共にカリフォルニアで発見した、
実に奇妙なボードなのですが、
何気に、普通に乗れるんですよ。

FullSizeRender
特にSUNSETなんか、アップスとかも軽くて、
普通に楽しめるボード。

こんなのを見てると、70年代って良い時代だったな。
って思いますね。

全てが完成してなくて、もっと良いものを。
って、みんなで試行錯誤して新しいものを生んで。

間違いや無駄も沢山あった時代だったかも知れませんが、
勢いがあって、人間が生き生きしてて。

だから、私は、70年代のカルチャー全般が好きなんです。

ファッションも、車も、音楽も、サーフボードも。

どこか未完成で完璧じゃないんだけど、
魅力が詰まったパワーを感じるんですよね。


はい、私のつまらん話はこれぐらいにして、
明日は、Liddle DesignsのDMが4本入荷します!!

最近、オリジナルのシェイプにグ〜ンと近づき、
目を瞑ってボードを触っただけじゃわからないレベル。

ハルスタビーに興味がある方は、入荷情報要チェックですよ。

因みに、今週は、スティーブ・ブロムとジョシュ・ホールも
入荷する予定です。



にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川













カスタムオーダー

01194
当店では、多くのサーフボードブランドを取り扱っています。

01192


01191


01193


店内には、常に100本以上のサーフボードを取り揃えています。
そりゃそりゃ、大変ですよ。
ボードの管理だってそうだし、お金の方だって、そりゃ、大変大変。

でも、何故、そんなに店にストックするのか。

皆さんに、直接、ボードを見たり触ったりしていただき、
気に入ったボードを買っていただきたいから。

サーフボードって、フィーリングというか
これいい〜!!って、直感で感じるもの。

そう思うと、やっぱり、実際にボードを見て、
それで決めていただくのが、一番、望ましいのだと、
私は、そう信じやらせていただいております。

でも、どうしても、カスタムオーダーしたいという
お客様がいらっしゃいますよね。


自分の好きな色でオーダーしたい。

普段ストックしてるボードより、
ロッカーを強くしたいとか弱くしたいとか。

ロゴの位置が、どうしても、ここじゃないと困る。

生まれた子供の名前をそのボードにサインしてもらいたい。

などなど。

ただ、闇雲にカスタムオーダーってかっこ良くない?
って、そんな理由では、あまりお勧めしませんが、
ボードに対する、何かしらの拘りがあるなら、
カスタムオーダーする事によって、より、満足して
いただける事と思います。

基本、当店で扱っているブランドの全てが
カスタムオーダー可能です。

長さや幅、厚み。ロッカー、カラー、ロゴの位置やロゴカラー。
何でも、カスタム可能です。

納期は、ブランドによって様々。
およそ、3ヶ月前後といったところでしょうか。

SNSなどで見た事のあるモデルで、
当店で取り扱っていないボードが欲しい!
って場合でも、承りますので、
もし、ご希望な方がいらっしゃいましたら、
いつでも、遠慮なくお申し出下さい。

それでは、皆さん、また明日。



にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川






ウッドコアフィン

FullSizeRender
先日入荷した、ジミー・ハインズに付属する
チェリーウッドをコアに使用したセンターフィン。

コレ、見た目じゃ分からないんですが、
軽さがハンパないんですよ。

なので、量ってみましたよ〜。

FullSizeRender
こちら、ノーマルのソリッドグラス。
227グラム!

卵3つ分と思えば、かなりの重さです。

FullSizeRender
デタ〜!!

チェリーウッドコアは、なんと、103グラム〜!!

半分以下です。

だから・・・?

ダメダメ〜、そういうこと言っちゃダメ〜。

見た目は抜群だし、軽さも抜群。

最高じゃないですか。ねぇっ。


その内、スペシャルオーダーしといた、
チェリーウッドのボンザーフィンが入荷しますので、
楽しみにしてて下さいね。

でも、値段もスペシャル〜笑。


FullSizeRender
はい、ついでと言っちゃなんですが、
5フィンボンザーのフィンセッティングについて。

ボンザーは、後ろのサイドフィンの後ろ側と
センターフィンの前が一直線で繋がる感じが理想的。

FullSizeRender
こんな感じ。

多少の前後で、好みの乗り味が出てくると思いますが、
基本は、一直線って言われてますよ。

もし、このセッティングでターンが重く感じる様だったら、
フィンを前にセットするのではなく、
フィンのサイズを落とす事をお勧めします。



そう感じてた方は、
この勢いで買っちゃえ。

BONZER



今日も、お勉強になりましたね〜。



ポチしてください・・・。

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





Shapes and Hulls R/P Stubbie Quad 5'11"

rp1
Shapes and HullsのRound Pin Stubbie Quadが入荷しました。

Round Pin Stubbie Quadは、当店で扱う
Shapes and Hullsのフレックスフィンシリーズ
の中でも、最もバランスの取れたモデル。

rp2


rp3
テイクオフの早さは、フレックスフィンツインや
クワッドには敵いません。

rp4
ターンの軽さに於いては、サマーピンツインの方が
上でしょう。

でも、バランスでは、Round Pin Stubbie Quadが
一番と断言できます。
サーファーのサーフボードに対するニーズは、それぞれ違いがあります。
ですので、オールラウンドな1本を!という方でしたら、
迷わずオススメしたいモデルな訳です。

そもそもが、サーフボードに求められる全ての要素が、
異次元のレベルと言えるティム・ボウラーシェイプ。

どのモデルも、それぞれの魅力があり、そして、
今まで乗ってきたサーフボードとの差を、
はっきりと感じていただけるハズ。

如何でしょうか。

rp6

rp5
少し、乗り込んだボードではございますが、
極上でしたら、プラス4万円は予算を見ておかなければならない
人気のモデルですので、是非、この機会にご検討してみてください。




CHECK!!




ティムさんのボードが気になってる方は、
是非、ポチってください!!

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川




中古入ってます

FullSizeRender

はい、こちらのShapes and Hulls。
ユーズドボードで入荷しております。

こちらは、人気のRound Pin Quad Stubbie。
程度はボチボチですが、その分、お安く出す事になりました。

明日、アップしますので楽しみにしてて下さい。


IMG_2961


FullSizeRender
そして、こちら。
Jimmie HinesのWisky Bonzer。

こちらは、私の試乗ボード。
販売はしませんが、カッコ良いですね〜。

FullSizeRender
オリジナルのWiskyは、テールがアークテールですが、
こちらは、アレンジを加えスワローにしていただいております。

FullSizeRender
チェリーウッドのフィンも
これまた堪らんすよ。

FullSizeRender
なんせ、このボードのカッチョいい所は、
ノーズエントリーとレイル形状。

ノーズの先端から30センチぐらいは、
相当な捲り系で、ボトム側から反り上がっちゃってます。
(ノーズ付近のボトムが丸っこいのが分かるでしょ。)

そんで、レイルは、テーパー気味のダウンレイル。

メリハリが効いてて最高ですよ。

はい、私は、このボードに試乗する予定ですが、
当店には、ジミーさんのボンザーが、まだ、3本ございます。

ジミーさんのボンザーは、本当に良いボードです。
テイクオフが本当に早くて、ターンのキレがヤバヤバ。

ここ数年、ボンザーいハマってる方急増中!!
って程でもないですが、かなり多くの方が注目しています。

ほら、勇気を出してポチってやっちゃいましょうよ。

指でポチって押すだけ。簡単ですよ。




それでは、みなさん、ごきげんよう。




にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村



ホーリー梶川





ダンパーパラダイス

01151
本日は、南房総へ。
いやいやいや〜、全ポイントチェックしましたわ〜。

01152
こうやって、写真見てると、
結構、良さそうに見えるじゃないですか。

いやいや、今日は、何処も大変なダンパー日和。

後から考えると、最初にチェックしたこのポイントが、
一番マシだったかな〜。

まあ、それでも、切れた波は、ほぼ無かったですが・・・・。

01153


01154
基本、何処もこんな感じ。
サイズは、頭ぐらいあって十分だったんですが、
なんせ、このダンパーじゃあ手も足も出ませんよ。

結局、一か八か、少し離れた最後のポイントに移動。

ヒョエ〜、ここ、もっとダンパーじゃんか〜。

もう、写真を撮る気にもなりませんでした。

戻るわけにもいかないし、結局、そこで入水する事に・・・・。

01156
ボードは、こちら。
Shapes and Hullsのプロトタイプ。

ティムさんが70年台前半にシェイプしたビンテージのフィッシュをベースに、
完全ハルスタビー化させた、その名も、Hull Stubbie Flex Fin Twin。

これを、70年代にシェイプしたことがあるってんだからスゴイっすよね。
カスタムオーダーでシェイプしたらしいですよ。

40年以上ぶりの復活ってわけですね。

01157
レイル、結構、捲られてます。

01158
テールのVeeは、かなり強い。

01159
コンベックスっぷりも、かなりのもの。

こりゃ、楽しそう。

はい、でも、今日のコンディション。

何も分からんかった・・・・。

この波、手も足もでんわ・・・。

このボードのレポートは、仕切り直しでやりますんで、
その時をご期待下さいね。

さ〜せんした〜っ。



それより、若者よ。
人間ってのは、こうやって生きていくんだ。

FullSizeRender
バスタオルを忘れた?

そんなもんでビビってんじゃね〜。

体を拭くのは、タオルだけじゃね〜って事を覚えとけ。

見ろ!男はサーマルだ。

水を効率よく吸うサーマル。

タオルなんか無くたって、サーマルで充分なんだよ。

サーマル2枚持ってりゃ、袖んところ縛りゃ前と後ろを隠せて
外でも着替えられるってんだよ。最高だろ?

ボサッとしてね〜で、頭使っていけよ〜。

頭使ってたら、タオル忘れない?

うっせ〜!


にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





Hull Stubbies

IMG_2919
先日入荷した、Shapes and Hullsのハルスタビー。

マイルドな仕上がりとなっている。とお伝えしたところですが、
どんなもんか。ってのを、画像でお見せしようと思い、
写真を撮ってみました。

FullSizeRender
ロッカーは、ハルスタビーとしてスタンダード。
ローロッカーで、スピードが出そうな感じです。

Sデッキだとかそうじゃないとかてのは、
ハルスタビーとしての概念には関係ありません。

このボードも、Sデッキではないですが、
それを言うなら、こちらもそうです。

IMG_2930


IMG_2929


IMG_2931


IMG_2932
70年代前半のLiddle。

近年のLiddleとは違い、ボリュームもしっかりあって、
Sデッキではないですね。

今の感覚で見ると、普通にクラシカルなエッグボード。
って感じ。

でも、これが、本来のハルスタビー。

近年になって、薄くされたレイルに魅力を感じ、
ナイフィーだとか、ピンチレイルなんて言われ、
それが、カッコいいとされていますね。

うん。

どっちもカッコ良いです。


はい、それでは、ボトム。

IMG_2921
ノーズ。

IMG_2922
センター。

IMG_2924
フィン周り。

IMG_2925
テール。

若干、緩やかではありますが、ボトムは、しっかりと、
ラウンドしておりますね。

でも、やはり、穏やか。

IMG_2926
因みに、こちらは、LiddleのBurrito DX。

IMG_2927


IMG_2928
Burrito Dは、Liddleの中でもコンベックスっぷりの強いシェイプが特徴。

比べると、やはり、違いが分かりますね。
特に、ノーズのエントリーが違う様です。

まあまあ、Shapes and Hullsのティムさんが、
それが出来なかったと言う訳では決してありません。

当然、全てを知り尽くした上での判断。

結局、ボードってのは、見た目のカッコ良さも重要ですが、
何しろ、一番大事なのは乗り味と性能。

ティムさんのシェイプの理由ってのが、ちゃんと
ある訳です。

楽しみじゃないですか。

FullSizeRender
ついでに楽しみなもんだから、
フィンも色々と乗っけてみました。

FullSizeRender


FullSizeRender
これは、付属のフィン。
結構、ベースもしっかりしてて短めですね。
ティムさんは、山ほどのフィンのテンプレートを持ってるのですが、
今度、何種類か商品化してもらおうと考えてます。

FullSizeRender


FullSizeRender
Greenough Speed Fin
私、このフィン結構好きです。
細くて立ってて、見た目がカッコ良いですよね。

FullSizeRender


FullSizeRender
Power Blade
ウォ〜、これも、試したいですね〜。
そりゃ、調子がいいに決まってますよね。

FullSizeRender


FullSizeRender
GL Flex Narrow
一番の定番っすかね。

最初は、これからテストするのが良いかも知れませんね。
いつも使ってるフィンで初乗りしたら、ボードの特徴が
よく分かりますから。

ティムさんは、私達にのちゃんと機能するボードを
提供したかったんですね。
薄くてナイフィーレイルのハルスタビーは、
ハマれば爆発的なスピードが得られ最高に楽しめる反面、
多くの波のコンディションでは、パフォーマンスを発揮してくれません。

それは、グレッグ・リドルも同じ様な事を言っています。
ハルスタビーは、乗り難いと言うサーファーが多くいるが、
それは、マッチしたコンディションで乗っていないから。
そもそもが、簡単に手を出すボードでは無い的な言い方もしています。

ついでに、私も同様な事を思います。

まず、初めに乗り方が全く違う。
それを理解しないで手を出すとエラい目に遭います。
ハルスタビーに憧れ、スタイルも乗り方も全て学んだ
サーファーこそが楽しむ道具であり、あのスピードは、
そう言った限られたサーファーだけの特権だと。

一部のマニアックなハルラーは、そんなマニアックな
ハルスタビーにハマり、ハルスタビーにしか乗らない
サーファーも少なくありません。
でも、本来は、コンディションを選ぶハルスタビーが
1号機だとしても、ハルスタビーに合わない波のコンディションで
楽しめるボードを、ちゃんと、用意すべきだと思います。

話を戻しますが、ティムさんは、日本に入る最初のハルスタビーだけに、
トータルバランスの優れたデザインを選ばれたのでしょう。

50年もの間、ハルスタビーに関わり、その中で、
一番オススメしたいデザインが、今回入荷した
ハルスタビーという事ですね。




最近、真面目ブログ頑張ってます。

ご褒美ください!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川









フィッシュテールからのピンテール

01121
ここんところ、どこの海に行っても
見かける機会の増えたフィッシュボード。

ここ数年で、一気にフィッシュ人気が高まり、
多くのサーファーが、フィッシュの魅力に
ハマっている様ですね。

フィッシュは、その広いテール幅により、
後ろから受ける水の力を最大限に受ける事が出来る為、
スピードの乗ったサーフィンが魅力のサーフボード。

その反面、ターンに梃子摺るサーファーがいる事も事実。

その多くの原因は、テール側の足が、テールの上に足が
乗っかっていない事。
意識して改善していけば、必ず、理想のスタンスを習得し、
クリックなターンを楽しめる様になるものですが、
やはり、フィッシュのウイークポイントである事に
変わりありません。

現在、フィッシュに乗っているサーファーの皆さん。
次のボードは、ズバリ、ピンテールをお勧め致します。

ピンテールのボードは、フィッシュとは反対の細く尖った
テールを持っています。
水からの力を逃がす為、物理的にはテイクオフは遅くなります。
ですが、そこは、ボードを長くすれば良いだけの話。

そうですね。フィッシュと同じ感覚で乗りたいのでしたら、
6インチから1フィート程長いものを選べば良いと思います。

何しろ、ピンテール系のボードは、ターンが軽い。
例え、後ろ足がテールを捉えていなくても、
体重移動だけで軽いターンが出来るほど。

クイックでレスポンスの良い乗り味は、
きっと、フィッシュからの乗り換えにより、
ハマる事だと思います。

私の場合は、特にバックサイドでその差を強く感じます。
バックサイドは、ヒール側に体重を乗せ波にレイルやエッジを
引っ掛けていく感覚ですが、フィッシュの様にテール幅があると、
思う様にコントロール出来ないんです。

でも、ピンテールの特にツインやクワッドのボードは、
簡単にレイルが入り、自分が上手くなったんじゃないかって思うほど、
差を感じるんです。


フィッシュテールもピンテールも
それぞれの魅力があり、私も特にお勧めする
テール形状ですが、このフィッシュからのピンテール。

マジで刺激的。

お薦めです!!




こんな内容いかがでしょうか?

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村



ホーリー梶川




ホンマモンのボンザー

ジミー・ハインズのボンザーは、やはり、抜群にかっこいい。

ボンザーの生みの親、キャンベルブラザーズの一人、
ダンカン・キャンベルが、インスタグラムで、
ジミーさんのボンザーを投稿しちゃうぐらいですから。

jimmiehines3

ボンザーと呼ばれる為のレギュレーションを完全に維持しながら、
ジミー・ハインズ流の新しい良さを取り込んだ、ニュースタイルの
5フィンボンザー。

レイルは、ジミーさん憧れのスキップ・フライ氏そのもの。

jimmiehines2

ターン時に邪魔となるノーズエリアのエッジは、
全て排除し、スムースでスピードの乗ったターン
を実現してくれるボード。

私も1本、ウイスキーボンザーをキープってしまいました。
予定ではなかったのですが、あまりにも美しい
そのシェイプに一目惚れしてしまいました。

そうですね。

5’10”のそのボード。
私のイメージでは、胸肩ぐらいの波から楽しませてくれそうなイメージ。
カッチコチのフェイスの波をかっ飛んでみたいですね。



はい、これらが、今回、ストックボードとして
入荷したボードです。


ROUND PINTAIL BONZER 6'9"
bonzer691



ROUND PINTAIL BONZER 6'3"
bonzer631



WISKY BONZER 6'4"
bonzer641




ボンザーも気になるけど、やっぱ、流行りのフィッシュかな〜。
そういう方は、フィッシュに乗って安心して下さい。

そりゃ、フィッシュもいいですが、ボンザーでしか味わえない
最高のフィーリングや、ボンザーでしか出来ないサーフィンってのが
あるんです。

ど迫力のボトムターン、このボードで見せつけちゃって下さい!!




CHECK!!




よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





Bonzer

jimmiehines1
突然ですが、ジミー・ハインズが入荷しました!!

ボンザーの生みの親、マルコム・キャンベル氏が絶賛した、
ジミーさんがシェイプの5フィンボンザーです。

jimmiehines2


jimmiehines3
ジミーさん、細かいところに拘るんだな〜。

今回のフィンには、チェリーウッドをコアに使用し、
見た目も抜群、機能も抜群に仕上がっています。

そう、このフィン、メチャクチャ軽くて凄いフレックス。

コアとなる木の部分はジミーさんが仕上げ、それを、
TRUE AMESに持ち込み、社長のチャックさんが
ラミネートさせ完成させたという、これまた、
手間のかかった贅沢仕様。

まず、一発目目に入った時に、ウォ〜ッ!!って唸るぐらい、
とにかく、見た目がカッコいいボンザーっす。

私は、今回、初の入荷となる、ウイスキーベースの
スワローテールボンザーに乗ってみようと思っております。

それにしても、ジミーさんのボンザーは、
マジでシェイプがカッコいい。

レイルとかボトム触ったら、誰でもピンコダチ
しちゃう事間違いありません。


ホームページへのアップは、明日を予定しています。

楽しみにしてて下さいね。



そうそう、話は変わって、ティムさん。
昨晩もハルスタビーについて、追加の説明をして下さいました。

この件につきましては、ゴイス〜にディ〜プな話なので、
また、改めてどっぷりとお話しするとしましょう。


それでは、皆さん、ごきげんよう!!

3連休、調子こいて遊びすぎんなよ〜。

すみません。
お客様に対する言葉遣いじゃないですね。



ポッチってから、一杯やって下さいね〜。

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川










Huntington Fish

rocketfish
スティーブ・ブロムさんから写真が送られてきました。
オーダーしていたハンティントンフィッシュが完成し、
明日には、シッピングカンパニーにボードを引き渡すとの事。

来ましたよ来ましたよ〜。

いよいよですね〜。

今まで私は、フィッシュたるもの5’代が一番でしょ。
って、思い込んでた部分が強かったのですが、
今乗ってる、6’8”のハンティントンフィッシュにより、
その考えが180度ひっくり返ってしまいました。

テイクオフの速さ、加速力の違いを常に感じながら、
ターンも全くストレスが無く軽い事軽い事。

波のコンディション次第では、ショートレンジのフィッシュでは、
攻め切れないセクションを思い切って攻め込める、
アグレッシブな一面もあったりしてね。

その反面、力を抜いたクルーズも気持ちが良いんですよ。

ジョシュのフィッシュシモンズも6’代中盤が
面白いという事に気付いた2018年でしたが、
今年は、ショートレンジのフィッシュに加え、
6代中盤から後半のショートの動きが出来る、
ギリな長さのロングフィッシュを、皆さんに
ご提案させていただこうと考えております。

マジで、貴方の中のフィッシュボードの概念が変わりますから。

今回の4本、恐らく、到着は、来週末。

それまで、この1枚の写真で我慢しててください。


毎日、ブログチェックしてくださってるSteveさん、
今日は、ここのボタンをClickして下さいね。

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





Shapes and Hulls

昨日から、多くのお問い合わせをいただいている
Shapes and Hulls。

既に、数本のボードが嫁入りしてしまいました。

まだ、当店では、取り扱いを開始し歴史の浅い
このブランドですが、多くの反響と注目を集め始めているのは、
間違いなく私・・・。
じゃなく、既に買われた方の口コミからだと、私は推測します。

実際に乗ってみて、その素晴らしさに感動するのは、私だけではありません。
買われた皆さんが、ターンの伸びの違いを感じ、そして、そのサーファーの
ライディングを見た、周りの人間も、以前との違いを明確に感じているからだと思います。

私は、本当に凄いシェイパーの方とお会いしたんですね〜。
ティムさんに、心から感謝しなければなりません。

そう、ティムさんは、今年でシェイプ歴50年を迎えます。

50年ですよ!!

半世紀前にシェイプをスタートし、今日まで、
ず〜っと、続けて来られたのです。
そして、ティムさんの強い探究心が、この様にサーフボードに
現れているのでしょう。


はい、それでは、今回入荷したボード達です。


FLEX FIN FISH

FLEX FIN QUAD FISH 5'6"
QUADPINK1



FLEX FIN QUAD FISH 5'6"
QUADBLUE1



FLEX FIN QUAD FISH5'7"
QUADLEMON1



FLEX FIN QUAD FISH 5'8"
QUADGOLD1



FLEX FIN QUAD FISH 5'11"
QUADTURQOISE1



FLEX FIN TWIN FISH 5'7"
TWINGOLD1



FLEX FIN TWIN FISH 5'11"
TWINLIME1



フレックスフィンフィッシュのツインとクワッドの差。

はい、単純に、クイック希望ならクワッド。

ターンの伸びを希望するならツイン。

どっちもクイックだし、ターンの伸びは素晴らしいですが、
どちらかと言うと、こういった乗り味の傾向がありますので、
その辺りを目安にしてみて下さい。


HULL STUBBIES

7'6" WIDE
HULL761


7'0" WIDE
HULL71


6'8" WIDE
HULL681


7'0" NARROW
HULL7B1


6'10" NARROW
HULL6101


今回、初の入荷となるティム・ボウラー氏シェイプのハルスタビー。
1968年にグレッグ・リドル氏がハルスタビーのシェイプを始め、
その翌年には、同ファクトリーでティム・ボウラー氏も、
ハルスタビーのシェイプに取り掛かっています。

私は、彼のシェイプルームで見た、F1級のバッキバキな
ビンテージハルスタビーに目を惹かれ、今回、5本のハルスタビーをオーダー。

昨日、実際に手にし、イメージとはかなりかけ離れた
ボードに仕上がっていました。

レイルは、そこまでのピンチレイルではありませんし、
ボトムのコンベックス具合も控えめな感じ。

何か、意図する事があるのだろうと、本日、早速、ご本人に確認してみました。

彼の考えるハルスタビーは、多くの波のコンディションに対応出来る事。
そして、最終的にサーフィンを楽しめる事が、ボード作りの条件。

ティム・ボウラー氏は、言ってみれば、ハルスタビーのスペシャリスト。
50年も前から、ありとあらゆる種類のハルスタビーをシェイプしてきました。

そんな、大レジェンドのご意見。

嬉しいではありませんか。

本物のハルスタビーに乗るのが、楽しみでしょうがありません。


私の予想では、WILDERNESSのハルスタビーの様な
乗り味じゃないのかなぁ〜って読んでます。

乗り易くて波のコンディションを選ばない
オールラウンダーの顔を持ちつつ、ハルスタビーの
”あの加速感”が満喫できる乗り味。

楽しみです。

と言うか、実は、70年台前半のハルスタビーって、
結構、レイル厚いんですよね。


今回、本当は、6'8"か7'0"のワイドノーズモデルに
乗りたかったのですが、6'10"のナローモデルに
ダメージがあったんです・・・・・。

そりゃ、それに乗るしかないですよね〜。

はい、ワイドモデルは、分かり易く言うと、
デスモデル(デスマシーン)的なアウトライン。

ナローモデルは、マイケルピーターソンモデル的な感じですね。
ナローって言っても、全然、ナローではありません。
普通のボードと比べたらワイドです。




それでは、皆さん。

チェックしてみて下さい!!





CHECK!!


本日のマケオ

今日は、半端なく寒いっすね〜。
寒いと、何かと食べたくなるじゃないですか。
今日、エリちゃんは休みなんですが、
エリちゃんの置き菓子のカントリーマーム。
一個いただこうって食べたら、止まらなくなっちゃって・・・。
気が付いたら、もろバレレベルまで無くなってる〜。

途中で、軽く気付きだしたけど、もう、
止まんなかったよ〜。ヤベ〜。

なんか、別なの買って置いとかないと、
明日、お仕置きされちゃうよ・・・。
いや、わざと、お仕置きされちゃおっかな〜笑。

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村





ホーリー梶川






Shapes and Hulls

01092
Shapes and Hullsピックアップ完了しました!

01093
こちら、私が、オーダーした、
'70 ビンテージフィッシュテンプレートハルスタビーツインフィッシュ。

名前が長過ぎますね笑。

期待通りのティムさんらしいシェイプ。

開梱するや否や、真っ先に引っ張り出してしまいました。

アウトライン

ロッカー

レイル

フィンセッティング・・・。

全てが完璧じゃないですか!

そして、見た事もない強烈なテールのVee。

こういうのは、高い経験値を持つ人間(シェイパー)
のみが成し得る業。

ティムさんは、確実にこのボードには乗った事が無いハズ。
でも、ティムさんの経験をベースに、これが、一番、調子が良いハズ。
って、出して来た答えが、こんなにも魅力的なボードという訳なんですよ。

ティムさんが、過去に乗って来たデカい波、最高の瞬間。そして、感動。
その反面、間違った判断や悔やみ。そんな事も、たくさん経験した事でしょう。

それが、現在のティムさんの全てであり、シェイプに表現されているのです。

どう思いますか?

経験値の高いサーファーでありシェイパーの方が
シェイピングしたサーフボード。

堪らないじゃないですか!

と言うか、それが一つの答えだし、
未熟者は、それを経験するべき。

今回、そこそこの難題をティムさんに
お願いしてしまいましたが、ティムさん、
完璧に答えを出してくれましたね。

私がよく使う”経験値”と言う言葉。

人生の中で、一番大事じゃないかと考えてます。

すみません、ここでやめときましょう。
入荷情報じゃなくなり始めましたので笑。

それくらい、ティムさんのボードが、
”経験値”溢れたボードだったもので、
つい、興奮してしまいました。


01095
ガッツリ入荷しましたよ〜。

こちら、フィレックスフィンクワッド&ツインフィッシュ。

2018年の試乗ボードナンバーワンに輝いた、
ホーリー梶川のイチ押しボード!!

このボードは、自信持ってオススメ致します!!


01094
ジャジャ〜ン!!

日本初上陸のティム・ボウラーハルスタビー。

こちらは、予想外というか、
究極バキバキハルスタビーではありませんでした。

全てのシェイプに差があり、レイル形状もボトム形状もバラバラ。

いえいえ、ティムさんのシェイプにばらつきがあるというんじゃないですよ。

一発目は、敢えて、バリエーションを見せに来たのでしょう。

こちらについては、1本1本、細かくチェックし、
ホームページへアップの際も、その特徴をボード毎に
ご説明したいと思います。



本日は、陽の向きの都合上、撮影が出来ませんでした。
明日、撮影し商品アップを進めていきたいと思います。



若僧よ

おじさんから一言。
ネットばかりだと、何にも意味ね〜んだよ。
実際そこに行って、肌で感じ体で覚えろ。

現場じゃなきゃ分からね〜ってもんが、
世の中にはたくさんあるって事を覚えとけ。

分かったか!

分かったら、
ポチしていただけませんでしょうか〜。

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





ピックアップ

FullSizeRender


いよいよ、明日は、Shapes and Hullsのピックアップで成田に。
楽しみですね〜。ハルスタビーが早く見たいです。


その他、スティーブ・ブロムさんからも、
本日、連絡があり、今週には完成するとの事。
パッキング前に、写真を送るから待っててね〜。
って、仰ってましたよ。

ジョシュも、多分、今週には出荷してくれるんじゃないかな。
今回は、12本って言ってました。

年始早々、サーフボードの入荷ラッシュが続きますよ〜!!

ブログチェック、マメにお願いいたします!




にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村





ホーリー梶川




Revolver Maps
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
人気BLOGランキング
人気ブログランキングへ
SURFSIZE
サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中
ブログ村 サーフィン
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
ブログ村 マリンスポーツ