豆知識

日曜日

IMG_3515


IMG_3517


IMG_3518


IMG_3526


IMG_3527


IMG_3538


FullSizeRender


IMG_3549


FullSizeRender


IMG_3560


FullSizeRender


IMG_3570


FullSizeRender



こっちは、今日が日曜日。

海は、まだ、オンショでアグシャグシャ。

ジョシュとトーリーと、
あっち行ってこっち行って。

サインディエゴ最高!!



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





5'10" The Tablet Twin

02071
こちら、先日、Josh Hallがインスタグラムにアップした写真。

@holysmokejpってなってたから、
アレ!?こんなんオーダーしたっけ・・・。

ってなっちゃった訳ですよ。

だって、ミニシモンズみたいなテールしてるし、
先っちょとんがってるし・・・。

お客さんのカスタムオーダーも、こんなの無かったはずだし、
これ、何なんよ〜。って、オーダ用紙をひっくり返して確認。

ありました、ありました。

自分用にオーダーした、5'10"のタブレットツインでした。

だって、テールがバカデカいし、
分かんないっすよね〜?
テール側から寄って撮ったから、
余計にテールがデカく写ったんでしょうね。

何気にこのタブレット、期待してんです。

タブレットは、今までミッドレングスで展開してきましたが、
5'10"という短さにしても面白いんじゃ無いかと思った訳ですよ。

テール幅があるから、暴れる様な事もないだろうし、
テイクオフが早くて、小波で使えそうじゃないですか。

ジョシュには、薄くてワイドに作ってくれ。
ってお願いしてます。

カラーは、ゴールドティントで、フィニッシュは、
グロス&ポリッシュ。

フィンは、ゲッピーフィンをグラスオンしてもらう予定。

アレッ!?よく見たら、ウェッジストリンガーじゃないね。
まあまあ、その辺は、愛嬌って事で・・・。

いや〜、オッサンになっても新しいサーフボードって
ワクワクしますね〜。

サーフボードは、想像の世界を現実化させる事が一番大事。
こうやって、日々、サーフボードのポテンシャルを想像し、
色々、アレンジしていきながら進化していくもの。

ちゃんとサーフィンして、ボードの癖や特徴を感じて、
常に次の事を考えていかなきゃならない、大変なお仕事なんです。
海に行って、遊んでるばかりじゃないんですよ笑。


若人よよく聞くんだ

現状維持したいなら進化しろ。
現状維持していたら退化する。

ビシッと決まった!!



良い事言ったね。って思われた方も、
ウルセ〜、って思った若人も、
ポチッとお願い致します!!

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村



ホーリー梶川






Egg Twin

02061
はい、サーフィンオタクでお馴染みのホーリー梶川です。

今日、なんとな〜く、天井に並べてるボードを眺めていました。

このボードは、カリフォルニアで発掘した
スキップさんシェイプのエッグツイン。

70年代にシェイプされた、大変レアなツインモデル。
基本、市場に出回っているエッグは、シングル、2+1、
トライの3種類。

地元で顔見知りなサーファーからのリクエストを聞き、
ツインザーをやったりしてる様ですが、ツインってのは
あまり見かけた事が無いですね。

そうね〜。このボードね〜。

02062
なんて、懐かしく眺めてたら、そう言えば、このボード、
フィンが片面フォイルじゃ無いですか。

02063
恐らく、70年代のその当時の流行というか、
主流だった片面フォイルのツインフィンを参考に
このグラスフィンを選んだんですかね。

はい、益々、気になってきました。
近づいて、ちゃんと確認しましょう。

02065
ラダーに登って、近距離でチェックしてみました。

うん。間違いなく片面フォイル。

02066
しかも、フィンの寝かせ方やセットする位置が、
今のスキップさんのやり方と随分違うな〜。

うんうん・・・。

このエッグ、ボトムは、ほぼフラット。

同じ時期のシングルエッグだったら、Veeボトムですので、
ツイン用にアレンジしたのでしょう。

はい、直ぐに、こっちが気になり再チェックです。
(オタクですので。)

02064
ジョシュのバットテールエッグツイン。

はい、当然分かってますが、
ジョシュは、ダブルフォイルですね〜。

02067
ジョシュは、クワッド系は、片面フォイルを使ってますが、
ツインフィンは、全モデル共通で両面フォイルしか使いません。

スキップさんも、今の考えなら、エッグツインには、
ダブルフォイルフィンを乗っけてくる様な気がしますが、
当時は、片面フォイルも使ってたんですね。

まさか、フィッシュに片面フォイルは無いと思いますが、
その辺の当時の話。ご本人に直接聞いてみたくなりました。



それでは、本日もジャンジャン
お願い致します!!

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川








Fish

02053

For Sale!!ではございません。笑

ご安心下さい。

命の次に大事な、釣り道具のその次に大事な
リズフィッシュですから。
(ウソ、こっちの方が大事です。)

私は、ショートボードでサーフィンを知り、
サーフィンの事しか頭に無い30代前半の頃、
初めて、サンディエゴフィッシュに出会いました。

このブログでも、その時の感動は、何度か書いた事がありますが、
私のサーフィン人生を全て変えてしまったのが、このサンディエゴフィッシュ。

02057


02058

ズングリしてて、変なフィンが付いてて、
レイルがぶっとくて、メチャ重い。

それまで乗ってた、ペラッペラの暑さ2インチしかない
ショートボードからのフィッシュボード・・・。

そりゃ〜、衝撃的でした。

早いテイクオフと異次元のスピードは、
一瞬にして、オルタナティブ系ボードの
虜、いや、完全に捕虜にされてしまいましたね。笑

その後、私は、シングルフィンやボンザー、
そして、ハルスタビーなど、数え切れない本数のボードに乗り、
サーフボードの可能性というものを、体で感じ覚えていきました。

昨日も乗りましたが、シングルフィンのニュートラル感。

ボンザーの究極に正確なターン性能。

いやいや、他にも、印象的に残る大好きな
サーフボードは沢山あります。

02059

でも、やっぱり、なんやかんや言って、私は、
ツインフィッシュが大好き。

波への対応能力が高くて、ショートボードの延長線上的な
動きが可能で、なんせ、スピードが堪りませんよね。

02052


02051
そう思うと、やっぱり、スティーブ・リズ氏は、
天才なのだと思います。

そして、心からサーフィンを愛したサーファーなんでしょうね。

毎日、海に通い、毎日、道具の事を考えた結果、
誕生したフィッシュボード。

毎日サーフィンしてるサーファーなんて、世の中、
いくらでも居ると思いますが、そんな中、発明したってのは、
やっぱ、天才以外の何物でも無いと思います。

最近、カリフォルニアの海でも、フィッシュが再燃焼し、
どこのサーフスポットに行っても、本当に多くのサーファーが
フィッシュに乗っています。

日本もここ数年、増えてますね。

もっともっと、多くの方にフィッシュの良さを
知ってもらいたいと、心から思います。

サーフィンの本当の楽しさを教えてくれるフィッシュ。

サーフィンの上達の手助けをしてくれるフィッシュ。

もし、貴方の周りにフィッシュに乗ってるお友達がいて、
フィッシュを強く勧めて来なかったら・・・。

貴方にいい思いをさせたく無いって
事かも知れませんよ。笑



今日は、一気に寒いっすね。
ポチの方は、寒くならない様に
お願い致します!!

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川








Pintail

IMG_3152
本日は、ピンテールについて。

こちらに並んだ、2本のピンテールシングルフィン。

Josh Hall Surfboards/Punta Model

Andreini Surfboards/Selena Pintail

どちらも、最高のプロポーション。

ピンテールのミッドレングスはカッコ良いですね。

でも、よく見ると、2本には大きな差があります。
基本コンセプトの差から来る差とでもいうのでしょうか。

IMG_3153
ノーズはばは、完全にセレナピンテールの方がありますね。

セレナピンテールは、どちらかと言うと、
ラウンドノーズにポイントを後から引っ付けた感じ。
基本アウトラインは、ラウンドノーズって感じです。

一方、プンタモデルの方は、シュッとした感じ。
とは言っても、決して細い訳ではなく、
無理のないバランスの良いアウトライン。

IMG_3154
逆に、テールエリアの細さは、
若干ではありますが、セレナピンテールの方が細い。

共に綺麗なアウトラインのピンテールである事に違いないのですが、
トータルで見ると、プンタモデルの方が、シンプルと言うか、
癖のないアウトラインにまとまっていると言えます。

続いて、ボトムデザイン。

IMG_3155


IMG_3156


IMG_3157
セレナポケットは、ノーズからラウンドで始まり、
テールでVeeで抜けていく感じ。

IMG_3159


IMG_3161


FullSizeRender
一方、プンタモデルは、ノーズは、しっかりと捲りが入ってますね〜。

そんで、捲りを軽く残しつつ、センター付近では
ディープなシングルコンケーブ。

そして、テールは、強烈リバースVee。


リバースVeeってのは、ダブルコンケーブみたいなものですが、
センター(ストリンガー部分)が、一番高い状態のものを言います。
要は、Veeボトムとダブルコンケーブのいいとこ取り的なデザイン。

IMG_3158


IMG_3165
そしてレール。

最後にレール。
セレナピンテールは、マーク・アンドレイニ氏
らしい、ナチュラルなボキシーレイル。

プンタモデルは、スキップさん譲りの完璧なサンディエゴスタイル。
はい、触ってインパクト大なダウンレイルでございます。

なんとなく、この流れ、プンタの方が良いよ!
って言ってる様でもありますが、そんなつもりは全くナシ。

分かり易く言うと、プンタモデルは、サンディエゴスタイルの
クラッシックな雰囲気を持ちつつ、実は、かなりのモダンスタイル。

実は、最新鋭のスーパーマシーンで、現代のサーフィンにマッチした
ミッドレングスモデルと言えます。

例えば、シングルフィンと言えども、キレッキレなアップス&ダウンも
可能だし、鋭く豪快なカットバックもメイクし易い、抜群の運動性能を
備えたシェイプデザインにまとまっています。

一方のセレナピンテールは、シンプルイズベスト!!

シングルフィンの基本とも言えるボトムデザインや
アウトラインを頑なに守り切ったシェイプデザイン。

加速するには、ワイズのあるノーズ寄りに体重を乗せ、
そして、急激なターンが必要なさいは、細いテールに
足を乗せ、ギュッと踏み込めば、一瞬でノーズが方向転換。

ぱっと見、よく似たアウトラインを持つ、シンプルなピンテール
シングルフィンですが、根本から異なるデザインで仕上げられ、
全く別物の乗り味となるこれらの2本なのです。

はい、ここから先の話は、完全に好みの問題。

ボードの優れた性能を頼りにサーフィンをするのか、
それとも、シングルフィン本来の良さを、
ダイレクトに感じながら波に乗る事を楽しむのか。

どちらも、本当に良いボード。
個人的にも、共に大好きなモデルの一つです。



サーフィンって、こうやって、ボードについて
色々と考えるのも楽しみのひとつ。

結局、オタク的な頭が必要なスポーツでもあるのです。

特に、オルタナティブ系のミッドレングスボードは、
ロングボード、ショートボードのジャンルとは、
桁外れにサーフボードにバリエーションがありますよね。

だから、フィンがどうしたとか、アウトラインが
なんじゃらこうじゃらとか、もう、キリが無いほど
想像も膨らんでしまう訳なんです。



皆さん、分かりましたか?

サーフィン行って家に帰ったら、
ホーリースモークのブログ見て、
オタクオヤジが、ほざく記事をしっかりと読んで、
自分に本当に合ったボード選びってものを
身につけましょうね。



皆様のご協力あって、950,000ブログが登録された
ブログ村内で、現在、なんと、244位!!

サーフィンを含むマリンスポーツ部門では、
ブログ開設時以来、常に1位をキープ
させていただいておりましたが、ブログ全体で244位ってのは、
14年以上ブログやって来て初となります!!

皆様、いつも有難うございます!!
そして、今後ともよろしくお願いいたします!!
(すみません。自分、いつも、人に感謝するマジメな男なもので・・・)



それでは、今日も〜!!

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村



ホーリー梶川





ロービング

01312
はい、本日は、サーフボード豆知識。

皆さん、こちらが何だかお分かりですよね?

はい。ロービングと言えば、一番伝わるでしょうか。

カリフォルニアでも、いろんな言い方をします。

例えば、ブリッジとかレジンループ。

レジンループが、一番ポピュラーな言い方かもしれませんね。

はい、こちらのレジンループ。

クラッシックな見た目でカッコいいですよね。

クラッシックなボードには、やはり、レジンループが
一番しっくり来ますよね。

特に、腕の良い職人によるレジンループは、
飴細工の様でしゃぶりつきたくなるほど。
(実際にしゃぶりついたら異常者ですが・・・)

01311
だけど、こちらのレジンループ。

実は、見た目が美しいだけじゃないんです。

何気に強度面でもダントツ性能で、オルタナティブ系ボードの様に
重さのあるボードには、必須と言っても過言ではありません。

リーシュを繋ぐ方法としては、カップ、ドリルスルー
(センターボックスからデッキにかけて穴が開いてるやつ)
レジンループの3つが代表的な種類となりますが、
一番強度があるのがドリルスルー。
(そりゃ、ベースがボックス丸ごとですからね。)

続いて強いのが、こちらのレジンループなんです。

ドリルスルーは、ボックスがないといけないので、
ツインフィンとかクワッドでは使用する事が出来ませんね。

なので、全般的にみると、ドリルスルーが、一番汎用性が高く
強度も充分。
そして、見た目も美しいバランスのとれたリーシュ
アダプターと言われています。


見た目はカッコいいけど、強度的に心配だな〜。
って思われてた方も多いと思いますが、
実は、性能も抜群なんですよ。

今日も一つ、お利口になりましたね。


ご褒美のポチ、お待ちしております!

スマホ、タブレット、PCのどこからでも
オッケーですよ〜!!

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川







Fin

IMG_3113


FullSizeRender
サーフボードとフィンの組み合わせ。

これがまた、奥が深い。

まずは、ボードとの組み合わせってのが一番大事だけど、
テール幅とフィンの高さのバランスや
ボードの特性を活かせるフィン形状なのか・・・。

なんて、餡がえてたら、ホント、キリがない。

波のサイズやコンディションによっても、
選び方も変わってきますからね〜。

どうしましょ。

まあ、基本は、定番とされるフィンを選ぶ事。

例えば、Greenough 4AとかCalifornia Classic辺りですかね。

そんで、自分の好みのフィンをまずは見つける事です。

そして、新しいボードに乗るときなんかは、
まずは、そのフィンで試してみると良いですよ。

ボードの特徴が、よ〜く分かりますから。

それから、あ〜じゃね〜こ〜じゃね〜って、
イマジンしながら新しい発見をしていけば良いんです。

まあ、結局、最終的には試して感じる事が一番ですよ。
周りがこれが良いよ。って言ってても、好みってのも
ありますからね。

僕は、初心者だから。

そんなの関係ありませんよ。

個性的なフィンは、自分の癖を補ってくれる事もあるし、
一般論とはかけ離れたフィンの方が、あなたに合ってる
って事も、全然、普通にあります。

私も、よくフィンをボードにセットして、
店の前でニタニタやってますよ。

IMG_3105


IMG_3107
パワーブレード8.8。

これ、合いそう〜。

IMG_3108


IMG_3109
いやいや、8.2をセンターに付けて、
サイドにブーメランでしょ〜。

IMG_3110


IMG_3111
ステージ6だって、絶対に合うよ〜。

IMG_3114


IMG_3115
ステージ6の5インチをセンターに持って来て、
サイドは、ブーメラン。

これも、試してみたいね〜。

IMG_3116


IMG_3117
じゃあ、これはどうよ。

・・・・・・。


それにしても、オタクだね〜。

でも、それで良いと思いますよ。

色々考えて、色々試して・・・。

そしたら、自分好みってのが、
見つかる筈ですから。



そうそう、ブレードフィンは、来月入荷します。
気になってた方は、絶対に試していてください。

本当に、ヤバいフィンですので。




それでは、皆さん、ごきげんよう。





なんか、いつもポチをしていただいてる、
こちらのポチシステム。

ブログ村ってとこが運営してるのですが、
システムの改善で、ガラケー以外なら、
どこからポチしてもオッケーになったみたいです!

なので、PCでもタブレットでもスマホでも。
どんどん、遠慮なくポチっちゃって下さいね〜。

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





いつまでも

FullSizeRender


ホーリースモークは、今年でオープン17年目。
時が経つのは早いものですね。

当然ながら、私も17歳分歳をとってしまいました笑。

ホーリースモークがオープンした頃、
周りの皆さんは、ウチの店を見て不思議そうな顔をしてました。
そして、よく質問されましたよ。

ここは何屋ですか?って。

何やら、アメカジもコッテコテだし、
サーフボードも見た事もない様な、
ヘンテコなヤツばかり・・・。

当時のサーフショップは、サーフブランドアパレルしか
置いてなかったし、アメカジショップだって、
サーフボードを売ってるなんてあり得ませんでしたから。

随分と変わった店がオープンしちゃったって感じでした。

そして、2019年。

どうにか繋いでこれたホーリースモークですが、
アメカジスタイルとヘンテコサーフボードのスタイルは、
今でも、全く変わっておりません。

常に追求し、そして、一切ブレる事なく、
このまま、突き進んで行く事が許されるまで、
同じスタンスで進めて行くつもりでございます。

はい、今日は、何が言いたいのか。

最近、私は、一切、アパレル系のブログをやっていません。
それは、エリちゃんが仕事を完璧にこなしてくれるから。

そりゃ、私の様な、ど変態クラスのアメカジオタクスピリットは、
彼女には持ち合わせていません。

でも、私を横目に見て、彼女は、皆さんに何を伝えるべきか。
そこは、しっかりと、理解してくれています。

まだまだ、彼女には、アメカジの基本から
勉強しなければならない部分も、沢山あるかと思いますが、
その辺は、陰ながら私がフォローしていけば、
ホーリースタイルは、皆さんに、しっかりと
伝わる事と信じております。

何で今日、この記事なん?

はい、特に意味はありません笑。
いつか、こんな内容を皆さんにお伝えしたいなって、
日々、考えていたものですから・・・。


ホーリースモークが提案する、
今後のコテコテアメリカンスタイル
にご期待ください!





にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川








Pink

01271
はい、こちらの2本のピンク。
実は、私のボード。

こんなの海で乗ってるところ見られたら、
周りの人達は、何て思うのでしょうか・・・。

初めは、Shapes and Hullsの1本だけでしたが、
先日、Josh Hallも届いちゃったもんだから、
ちょっと、心配になってきました。

変人だし変態な人間だってのは、自分でも
よ〜く分かっていますよ。

でも、もし、海で、コオボードを乗ってるところを見かけた時、
この変態野郎が!!って目では見ないで下さいね。

ただでさえ、敏感になってるので。


対して意味のないブログですみません。

でも、先に言っといた方が楽かと思いまして・・・。





にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村





ホーリー梶川









Hulls

0126a


Liddle Designs

Wilderness

Shapes and Hulls

当店で取り扱っている、ハルスタビー3ブランド。

世界中見ても、3ブランドもハルスタビーを
扱う店は、他に存在しないのではないでしょうか。

何故、クセが強くて扱い難いと言われるハルスタビーに
ここまで拘り続けているのでしょう・・・・。

流行りのブランドを扱ってた方が、黙っても売れるし
楽なのに。ねっ。

答えは簡単。

01263
単純に乗ってて気持ちが良いから。

これまで、何百本もボードを試乗させてもらった私ですが、
そりゃ、色んな良いボードはありました。

ターンが抜群に気持ちが良いボードもあったし、
ボード全体のバランスが堪らないのもあった。

ハルスタビーの場合、ターンが凄いとか、
テイクオフが早いとか。
そんなのは、実は、何もありません。

ただひたすらに、乗ってて気持ちが良い。

それだけ。

7942434b
面ツルのカッポれた波。

そりゃ、どんなボードに乗っても
ボードはカッ飛んでくれ、気持ちいい事でしょう。

b17e2f9e-2
でも、
あのシンプルに五感に伝わって来る気持ち良さってのは、
他のどのボードにも無い、独特なものがあるんです。

もう、堪らんのですよ。

私は、無理にハルスタビーをお客様にオススメいたしません。
普通のレイルを持ったボードとは、乗り方がまるで違いますので。

7f2b0a32
でも、その、五感に響く感動を味わってみたい!
っていう、ちょっと変態な心の持ち主がいらっしゃいましたら、
是非、その扉を開いてみてください。

中で変態なオジサンが待ってますから笑。



そして、この春から、新たにハルスタビーのブランドが
追加されます。

詳細はナイショですが、私も、今から楽しみでしょうがありません。
そう、この春から、4つのハルスタビーブランドを引っさげて、
益々ハードコアなショップとして突き進んでいきます。


3dff8eb0-2


それでは、皆さん、ごきげんよう。




本日もよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





Twin Fin

01262
Josh Hall Surfboardsのツインフィン三種を並べてみました。
長さは、全て6'6"。

皆さんが思い浮かべるツインフィンって、
まあ、普通、フィッシュボードですよね。

世の中に出回っているツインフィンの大方が、
ツインフィッシュである事に間違いありません。

実際、フィッシュテールとツインフィンってのは、
抜群に相性が良く、ターン時にボードが傾くと、
水に接している側のフィンとテールの組合せは、
シングルフィンと同じ状況を作り、
そこで、軽いターンが生まれるのです。

しかも、シングルフィンは、サーフボードの
センターにフィンがセットされているのに対し、
ツインフィッシュの場合、フィンが、テールエッジの
すぐ近くにフィンがセットされている事で、
フィンの作用力が増し、より、軽い力で効率よく
ターンする事が出来る。

それが、ツインフィッシュの一番の魅力ですね。

でも、実は、フィッシュテールとの組合せだけが、
調子が良いツインフィンと言うワケではないのです。

01261


例えば、ピンテールのプンタモデル。
このセッティングは、とにかく、ターンが軽くなります。
ツインフィッシュの場合、テールの二つに分かれた先端同士は、
かなり、離れていますね。はい、因みに、
サンディエゴフィッシュの基本は、1フィート。
約30,5センチのテール幅となる訳ですが、この幅が、
逆にターンの邪魔と感じることもあるのです。

でも、ピンテールは、極限まで絞り込まれたテールデザイン。
余計な踏ん張りが邪魔する事なく、軽快なターンが可能となります。
(余計な踏ん張りと書きましたが、それが必要な時もあるし、
それがスピードとなる事もあります。)

と言う事は、ピンテールツインを持つプンタモデルは、
ターンを軽快に楽しみたいと言うサーファーや、
デカ波を制覇したい時に乗るのに向いていると言えます。

続いて、バットテールエッグツイン。
ラウンドピンテールは、最もクセの無い万能テールデザイン。
例えば、ショートボードの一般的なテールはスカッシュテール。
これは、絶妙な幅と角を有する事で、水のパワーを適度に受け、
尚且つ、テールの角を利用し、ターンのきっかけに出来ます。

ショートボードの様に、元々、軽い仕上がりで動きの軽い構造
となっていますので、スカッシュがベストな組み合わせとなるのですが、
ミッドレングスを中心とするオルタナティブ系のサーフボードは、
重さもあるし長さもあります。
なので、もう少し、ターンを軽くさせる角の無い
ラウンドピンテールの相性が良いのです。

ラウンドピンテールとツインフィンの組み合わせは、
とにかく、文句なし。

この3本の中でも、最もクセがなくバランスが良いと言えます。
小波からビッグウエーブ、メローからホロー。
全ての波で、70点以上のパフォーマンスを発揮してくれるでしょう。

1本で、全ての波に対応したいという方には、
最高のボードって事ですね。

最後にタブレット。
このボードは、ジョシュが、昨年考案した
ビーチブレイク用モデル。

スタンダードなアウトラインを持つエッグに対し、
更に幅を持たせたモデルで、波のパワーを最も
効率よくスピードに変える事の出来るデザイン。

テールは、ほぼスカッシュテール。
エッグのラウンドと見比べてみてください。
フィン付近のテール幅はほぼ同じなんです。
幅があるのは、そこから前の部分。
特に、ノーズワイドに差がありますね。

話をテールに戻しますが、同じくらいの幅ながら、
テールエンド部に角が付いたタブレットは、
水の力をより受け易い構造となっています。

ターンの軽さに関したら、ラウンドピンテールの方が上。
それを言ったら、ピンテールはもっと上。

ですが、このタブレットのテール形状と
全体のアウトラインの組み合わせは、
この長さ(6'6")でも、物凄いグライド感を感じる事ができます。

そうですね。
ターンの軽さという見方で言えば、フィッシュと同クラスです。
決して、悪い訳ではありません。



この様に、それぞれのアウトラインにより、
サーフボードの乗り味は大きく変わり、サーファーが、
何を求めているかによって、チョイスが変わってきます。



最後に一つお伝えしたい事。

ミッドレングスのツインフィンは、
まだまだ、サーフィンの新しい楽しみや感激を得る事の出来る、
可能性を大きく秘めたフィンセッティング
である事に間違いありません。

ツインフィンの可能性は、
まだまだ、この先も続き進化していくでしょう。



金曜日のお忙しいところではありますが、
何卒、ポチッとお願いいたします!
土曜日に見ても日曜でもオッケーです。
ポチッとお願いいたします!!

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村





ホーリー梶川





ナメクジ

FullSizeRender
2本のビンテージボード。
70年代前半にシェイプされたこちらの2本ですが、
ナメクジを意識してシェイプしたとしか思えないぐらい、
ナメクジシェイプなんです。

FullSizeRender
左側のHANSENはシングルフィン。
そして、右のSUNSETはツインフィン。

FullSizeRender


FullSizeRender
歴史を感じますね〜。

ところで、どこがナメクジなのか。

この2本は、70年代の前半、一部のボードに見られた
ナメクジシェイプ。

基本、ダメだったという事で短命で終わった
シェイプデザインですね。

当時は、色々と試され、失敗と発見の繰り返しを重ねてきた時代。
とんでもないボードが、次々に生み出された時代です。

FullSizeRender


FullSizeRender
横から見ると、分かりやすいかと思いますが、
ボトムはペッタンコでデッキ部のみがラウンドした感じ。

HANSENなんか、テールロッカーゼロ!
真っ直ぐのペッタンコですよ。

IMG_3014

FullSizeRender


IMG_3020

FullSizeRender
こうやってみると、もっと良く分かりますね。
デッキ側が思いっきりラウンドしてて、
ボトム側からは、一切、デッキ側に向かって丸みを帯びないレイル。
(普通は、ボトム側も落とされていますからね。)

完全に100/0のスーパーダウンレイル、
しかも、センター極厚なのです。
(SUNSETは4インチ笑)

FullSizeRender

ボトム側を下にして、地面にボードを置くと、
ナメクジにしか見えません。

共にカリフォルニアで発見した、
実に奇妙なボードなのですが、
何気に、普通に乗れるんですよ。

FullSizeRender
特にSUNSETなんか、アップスとかも軽くて、
普通に楽しめるボード。

こんなのを見てると、70年代って良い時代だったな。
って思いますね。

全てが完成してなくて、もっと良いものを。
って、みんなで試行錯誤して新しいものを生んで。

間違いや無駄も沢山あった時代だったかも知れませんが、
勢いがあって、人間が生き生きしてて。

だから、私は、70年代のカルチャー全般が好きなんです。

ファッションも、車も、音楽も、サーフボードも。

どこか未完成で完璧じゃないんだけど、
魅力が詰まったパワーを感じるんですよね。


はい、私のつまらん話はこれぐらいにして、
明日は、Liddle DesignsのDMが4本入荷します!!

最近、オリジナルのシェイプにグ〜ンと近づき、
目を瞑ってボードを触っただけじゃわからないレベル。

ハルスタビーに興味がある方は、入荷情報要チェックですよ。

因みに、今週は、スティーブ・ブロムとジョシュ・ホールも
入荷する予定です。



にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川













カスタムオーダー

01194
当店では、多くのサーフボードブランドを取り扱っています。

01192


01191


01193


店内には、常に100本以上のサーフボードを取り揃えています。
そりゃそりゃ、大変ですよ。
ボードの管理だってそうだし、お金の方だって、そりゃ、大変大変。

でも、何故、そんなに店にストックするのか。

皆さんに、直接、ボードを見たり触ったりしていただき、
気に入ったボードを買っていただきたいから。

サーフボードって、フィーリングというか
これいい〜!!って、直感で感じるもの。

そう思うと、やっぱり、実際にボードを見て、
それで決めていただくのが、一番、望ましいのだと、
私は、そう信じやらせていただいております。

でも、どうしても、カスタムオーダーしたいという
お客様がいらっしゃいますよね。


自分の好きな色でオーダーしたい。

普段ストックしてるボードより、
ロッカーを強くしたいとか弱くしたいとか。

ロゴの位置が、どうしても、ここじゃないと困る。

生まれた子供の名前をそのボードにサインしてもらいたい。

などなど。

ただ、闇雲にカスタムオーダーってかっこ良くない?
って、そんな理由では、あまりお勧めしませんが、
ボードに対する、何かしらの拘りがあるなら、
カスタムオーダーする事によって、より、満足して
いただける事と思います。

基本、当店で扱っているブランドの全てが
カスタムオーダー可能です。

長さや幅、厚み。ロッカー、カラー、ロゴの位置やロゴカラー。
何でも、カスタム可能です。

納期は、ブランドによって様々。
およそ、3ヶ月前後といったところでしょうか。

SNSなどで見た事のあるモデルで、
当店で取り扱っていないボードが欲しい!
って場合でも、承りますので、
もし、ご希望な方がいらっしゃいましたら、
いつでも、遠慮なくお申し出下さい。

それでは、皆さん、また明日。



にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川






ウッドコアフィン

FullSizeRender
先日入荷した、ジミー・ハインズに付属する
チェリーウッドをコアに使用したセンターフィン。

コレ、見た目じゃ分からないんですが、
軽さがハンパないんですよ。

なので、量ってみましたよ〜。

FullSizeRender
こちら、ノーマルのソリッドグラス。
227グラム!

卵3つ分と思えば、かなりの重さです。

FullSizeRender
デタ〜!!

チェリーウッドコアは、なんと、103グラム〜!!

半分以下です。

だから・・・?

ダメダメ〜、そういうこと言っちゃダメ〜。

見た目は抜群だし、軽さも抜群。

最高じゃないですか。ねぇっ。


その内、スペシャルオーダーしといた、
チェリーウッドのボンザーフィンが入荷しますので、
楽しみにしてて下さいね。

でも、値段もスペシャル〜笑。


FullSizeRender
はい、ついでと言っちゃなんですが、
5フィンボンザーのフィンセッティングについて。

ボンザーは、後ろのサイドフィンの後ろ側と
センターフィンの前が一直線で繋がる感じが理想的。

FullSizeRender
こんな感じ。

多少の前後で、好みの乗り味が出てくると思いますが、
基本は、一直線って言われてますよ。

もし、このセッティングでターンが重く感じる様だったら、
フィンを前にセットするのではなく、
フィンのサイズを落とす事をお勧めします。



そう感じてた方は、
この勢いで買っちゃえ。

BONZER



今日も、お勉強になりましたね〜。



ポチしてください・・・。

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





リサイクル

01181
こちら、年末年始の突貫工事の際に作った、
カッチョ良いテーブル。

01183
元々は、この合板の天板で作られた70年代のレトロなテーブルでした。

それはそれで気に入ってたのですが、今回使用する場所には
サイズが大き過ぎたのと、丁度、古材を組み合わせて作られた、
いい天板を持っていたので、それを適当なサイズにカットし
組んでみたんです。

カッコいいでしょ?

そんで、今日は、天気も良いことだし、
表に出て最終の仕上げをしてみましたよ。

01185
最終の仕上げって言っても、木材用のオイルをぶっ込むだけですが・・・。

小っぽけな豆知識ですが、コレ、オススメなので、
頭の片隅にでもしまっといて下さい。

こちらは、オールドビレッジという、アメリカの木部用ワックスや
塗料を扱うブランドが作った蜜蝋ワックス。
無垢の天板や家具だったら、体に無害で本当にオススメです。
(自分、人の健康が気になる、そういう優しい男なもんで・・・)

01184
使い方は簡単で、適量をそのまま木に擦り込むだけ。

01186
右半分だけ塗ってみました。

分かりますよね。

染み込んだ部分は、ワックスが木に入り込み、
色が濃くなっています。

特にこの天板は、古材なので油や水分が完全に抜けてるから、
油の入りが凄いこと凄いこと。

油が入る事で、木の保護にもなるし、汚れも付き難くなります。

01187
全部塗り終わりました。

011810


01189
一気に色の濃さが増し、カッコ良くなりましたね〜。

01188
写真で見ても、1枚目の写真の時とは
まるで違うのが分かります。

初めは、油でベタベタなのですが、油はすぐに染み込み、
短時間で表面はサラッとしますよ。

例えば、ダイニングテーブルとかだったら、寝る前にやっとけば、
翌朝には、何も気にしないで食事が取れるくらい。


如何でしょうか。
本日、ご紹介のオールドビレッジ/ワックスポリッシュ。

1本、税抜きで1,800円でございます。

当店では扱ってませんので、よそで買って下さ〜い笑。





こうやって、良いモノを長〜く大事に使うって
良いと思いませんか?

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




たまには、こういうブログも
良いじゃないですか。ねぇ。
ホーリー梶川








Hull Stubbies

IMG_2919
先日入荷した、Shapes and Hullsのハルスタビー。

マイルドな仕上がりとなっている。とお伝えしたところですが、
どんなもんか。ってのを、画像でお見せしようと思い、
写真を撮ってみました。

FullSizeRender
ロッカーは、ハルスタビーとしてスタンダード。
ローロッカーで、スピードが出そうな感じです。

Sデッキだとかそうじゃないとかてのは、
ハルスタビーとしての概念には関係ありません。

このボードも、Sデッキではないですが、
それを言うなら、こちらもそうです。

IMG_2930


IMG_2929


IMG_2931


IMG_2932
70年代前半のLiddle。

近年のLiddleとは違い、ボリュームもしっかりあって、
Sデッキではないですね。

今の感覚で見ると、普通にクラシカルなエッグボード。
って感じ。

でも、これが、本来のハルスタビー。

近年になって、薄くされたレイルに魅力を感じ、
ナイフィーだとか、ピンチレイルなんて言われ、
それが、カッコいいとされていますね。

うん。

どっちもカッコ良いです。


はい、それでは、ボトム。

IMG_2921
ノーズ。

IMG_2922
センター。

IMG_2924
フィン周り。

IMG_2925
テール。

若干、緩やかではありますが、ボトムは、しっかりと、
ラウンドしておりますね。

でも、やはり、穏やか。

IMG_2926
因みに、こちらは、LiddleのBurrito DX。

IMG_2927


IMG_2928
Burrito Dは、Liddleの中でもコンベックスっぷりの強いシェイプが特徴。

比べると、やはり、違いが分かりますね。
特に、ノーズのエントリーが違う様です。

まあまあ、Shapes and Hullsのティムさんが、
それが出来なかったと言う訳では決してありません。

当然、全てを知り尽くした上での判断。

結局、ボードってのは、見た目のカッコ良さも重要ですが、
何しろ、一番大事なのは乗り味と性能。

ティムさんのシェイプの理由ってのが、ちゃんと
ある訳です。

楽しみじゃないですか。

FullSizeRender
ついでに楽しみなもんだから、
フィンも色々と乗っけてみました。

FullSizeRender


FullSizeRender
これは、付属のフィン。
結構、ベースもしっかりしてて短めですね。
ティムさんは、山ほどのフィンのテンプレートを持ってるのですが、
今度、何種類か商品化してもらおうと考えてます。

FullSizeRender


FullSizeRender
Greenough Speed Fin
私、このフィン結構好きです。
細くて立ってて、見た目がカッコ良いですよね。

FullSizeRender


FullSizeRender
Power Blade
ウォ〜、これも、試したいですね〜。
そりゃ、調子がいいに決まってますよね。

FullSizeRender


FullSizeRender
GL Flex Narrow
一番の定番っすかね。

最初は、これからテストするのが良いかも知れませんね。
いつも使ってるフィンで初乗りしたら、ボードの特徴が
よく分かりますから。

ティムさんは、私達にのちゃんと機能するボードを
提供したかったんですね。
薄くてナイフィーレイルのハルスタビーは、
ハマれば爆発的なスピードが得られ最高に楽しめる反面、
多くの波のコンディションでは、パフォーマンスを発揮してくれません。

それは、グレッグ・リドルも同じ様な事を言っています。
ハルスタビーは、乗り難いと言うサーファーが多くいるが、
それは、マッチしたコンディションで乗っていないから。
そもそもが、簡単に手を出すボードでは無い的な言い方もしています。

ついでに、私も同様な事を思います。

まず、初めに乗り方が全く違う。
それを理解しないで手を出すとエラい目に遭います。
ハルスタビーに憧れ、スタイルも乗り方も全て学んだ
サーファーこそが楽しむ道具であり、あのスピードは、
そう言った限られたサーファーだけの特権だと。

一部のマニアックなハルラーは、そんなマニアックな
ハルスタビーにハマり、ハルスタビーにしか乗らない
サーファーも少なくありません。
でも、本来は、コンディションを選ぶハルスタビーが
1号機だとしても、ハルスタビーに合わない波のコンディションで
楽しめるボードを、ちゃんと、用意すべきだと思います。

話を戻しますが、ティムさんは、日本に入る最初のハルスタビーだけに、
トータルバランスの優れたデザインを選ばれたのでしょう。

50年もの間、ハルスタビーに関わり、その中で、
一番オススメしたいデザインが、今回入荷した
ハルスタビーという事ですね。




最近、真面目ブログ頑張ってます。

ご褒美ください!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川









フィッシュテールからのピンテール

01121
ここんところ、どこの海に行っても
見かける機会の増えたフィッシュボード。

ここ数年で、一気にフィッシュ人気が高まり、
多くのサーファーが、フィッシュの魅力に
ハマっている様ですね。

フィッシュは、その広いテール幅により、
後ろから受ける水の力を最大限に受ける事が出来る為、
スピードの乗ったサーフィンが魅力のサーフボード。

その反面、ターンに梃子摺るサーファーがいる事も事実。

その多くの原因は、テール側の足が、テールの上に足が
乗っかっていない事。
意識して改善していけば、必ず、理想のスタンスを習得し、
クリックなターンを楽しめる様になるものですが、
やはり、フィッシュのウイークポイントである事に
変わりありません。

現在、フィッシュに乗っているサーファーの皆さん。
次のボードは、ズバリ、ピンテールをお勧め致します。

ピンテールのボードは、フィッシュとは反対の細く尖った
テールを持っています。
水からの力を逃がす為、物理的にはテイクオフは遅くなります。
ですが、そこは、ボードを長くすれば良いだけの話。

そうですね。フィッシュと同じ感覚で乗りたいのでしたら、
6インチから1フィート程長いものを選べば良いと思います。

何しろ、ピンテール系のボードは、ターンが軽い。
例え、後ろ足がテールを捉えていなくても、
体重移動だけで軽いターンが出来るほど。

クイックでレスポンスの良い乗り味は、
きっと、フィッシュからの乗り換えにより、
ハマる事だと思います。

私の場合は、特にバックサイドでその差を強く感じます。
バックサイドは、ヒール側に体重を乗せ波にレイルやエッジを
引っ掛けていく感覚ですが、フィッシュの様にテール幅があると、
思う様にコントロール出来ないんです。

でも、ピンテールの特にツインやクワッドのボードは、
簡単にレイルが入り、自分が上手くなったんじゃないかって思うほど、
差を感じるんです。


フィッシュテールもピンテールも
それぞれの魅力があり、私も特にお勧めする
テール形状ですが、このフィッシュからのピンテール。

マジで刺激的。

お薦めです!!




こんな内容いかがでしょうか?

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村



ホーリー梶川




本年もよろしくお願い致します!

01031
新年、明けましておめでとうございます!

ギリッギリでオープンに間に合いました!
店は、素晴らしく生まれ変わりましたよ〜。

年末年始の突貫工事。

一生の中で、こんな事は二度と無いと思うし、
二度とやりたく無いです笑。

本日から、エリちゃんと、
ホーリースモーク2019、
全開でスタートさせます!!


それにしても、この私の垂直跳び。

軽く80センチは飛んでます。
バケモノとしか言いようがありません。

01033
まだ、完璧なレイアウトではありませんが、
これが、通称、”俺の壁”。

全幅4メーター42センチの汗と涙で作られた壁。
こんなもんで4日も工事?

ノンノンノ〜ン、ノンノンよ〜!!

実は、”俺の壁”の向こう側には、
”俺のオアシス”があるんだ〜!!

拘って拘り抜いて作り上げた、
”俺のオアシス”。

まあ、その件については、いずれという事で・・・。



はい、本日から始まる2019年のホーリースモーク。

もちろん、初めは、初売りでしょ。
っちゅう事で、本日から1月6日までの4日間、
アパレルと小物関係の全商品を対象に

30%オッフ〜!!

(クレジット決済の場合は25%オッフ〜!!


今回は、アウトレット商品は対象外となりますが、
サーフボードとサーフグッズ以外の全ての商品が対象となります。

一応、カテゴリーで申し上げますと・・・。

オリジナル、アウター、トップス、ボトムス、
アクセサリー、フットウエアー、キャプ/ハット、バッグ


こちらの商品全てとなります。

お買物方法は簡単。

クリスマスプレゼント企画の際と同じく、
ご購入後に、こちらから金額訂正の内容を
メールでご案内させていただきます。

店頭でも、同様の内容で30%オフにて対応させていただきますので、
皆さん、どしどし、お越しくださいね!!


それでは、6日の深夜23:59分までの
新春初売りを思う存分楽しんでくださ〜い!!




CHECK!!



初ポチ、よろしくお願い致します!

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川

本年も宜しくお願い致します!

40452161-3067-4DFF-A34C-1EA3F47C66EB

新年、明けましておめでとうございます。

2019年になりました。

皆さんは、初乗りへ行って来たでしょうか。

私は、元旦だというのに、作業に追われヘトヘトでございます。
最高の2019年を迎える為に!と、自分に言い聞かせながら
頑張っておりますが、このペースだと、
オープンは、成人式辺りになるかもしれません笑。

いえいえ、2019年のオープンは、明後日の三日。

初売りも考えていますので、楽しみにしてて下さいね。

それでは、皆さま、本年も、何卒、宜しくお願い致します!!


にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村



新年早々、こんな写真ですみません。
ホーリー梶川






2018年試乗ボードベスト10 後編

2018年の営業も明日が最終日。

30日、31日、元旦、2日の4日間は、
店の方は営業しておりませんが、
私は、店舗改装でほぼ休み無し・・・・。

たまに、私の仕事を見て、羨ましいと
思ってくださる方もいますが、とんでもないことです。
それは、大きな誤解というか間違いというか。

確実な休みがあって、確実に安定した給料が入るという事が、
私は、全然良いと思います。

まぁ、お互い無いものねだりと言えるかもしれませんね。


はい、愚痴はこれぐらいにしといて、
2018年試乗ボードベスト10の後半をやらせて頂きます。

それでは、早速、スタート!!


第5位

Josh Hall Surfboards/The Tablet 7'6"

2018-12-26 16.44のイメージ
ジョシュ・ホールサーフボードの中で、
最もグライド感が強いボードはフィッシュシモンズ。
長い間、そう信じていた私の考えを覆したのがこのボード。

ビーチブレイクに標準を合わせて開発されたタブレットは、
全体的に幅のあるアウトラインが特徴的。

レイルは、ほぼ、エッグと同じでノーズからセンター付近まで、
軽く捲り上がったデザイン。
そして、ジョシュ・ホールお得意のメリハリの効いたダウンレイル
とのコンビネーションで、ホント、宙に浮いているかの様な
強いグライド感を感じながら滑空していく感覚が、
とにかく最高なんです。

来年は、もっとメリハリをつけたシェイプで、
自分用に1本オーダーしてみたいですね。


第4位

Steve Brom/Huntington Fish 6'8"

2018-12-26 16.33のイメージ


2beb3835


最近のブログで、度々登場した、こちらのボード。
元々、ブロムさんのフィッシュは、大好きなボードでしたが、
このボードには驚きましたね。

とにかく、トータルバランスが素晴らしい。
小波でもサイズがある時でも、どんなコンディションにも
対応してくれる、私にとって、本物のオールラウンダー。

楽で速くてよく動く。

サーフボードに一番求められる要素を、全て高い次元で
満たしてくれる素晴らしいボードです。


いやいやいや〜、ここまでのランキング付け、
迷いましたよ〜。

トップ3は、結構、すぐに思い付きましたが、
4位から10位は難しかった〜。

サーフボードの評価って、点数じゃないですからね。
それなら簡単だろうけど、なんせ、感覚で
ランキング付けするんすから、そりゃ、悩んじゃいますよ。


はい、それでは、トップ3の発表です!!


第3位

Josh Hall Surfboards/Fish Simmons6'4"

IMG_0723


IMG_3627

ちょっと前も、このボードに対する高評価は、
こちらのブログで語らせて頂きましたが、
このボードの最大の魅力は、ショートボードの動きが可能な事。

要するに、ショートボードの動きが出来るギリギリの長さなんです。
長い分、テイクオフが早いから、余裕を持ったサーフィンが出来る。
それで、動きは完全にショートボード。

もっと短いレングスの方が、正直、より軽い動きが出来るのは確か。
でも、自分の中で、このボードの動きとスピードのバランスが、
本当にハマりましたね〜。

4位のブロムより、よりアグレッシブな感じ。
どちらも、とにかく、すごいインパクトを感じたボードでしたが、
こっちは、最初のインパクトがデカすぎた・・・。
なんせ、スコーピオンベイの最高の波でしたから。

そんな事もーあっての3位確保って感じかも知れませんね。


はい、ここでおしまい。

普通だったら、トップ3を残して次回へ続くというパターンが普通かも知れませんが、
3位まで発表したところで、力尽きました・・・。すみません笑。


2位と1位は、最終日の明日
発表させて頂きます!!


ごきげんよう。


残りの2本、何でしょうね〜。
はい、皆さんお分かりですよね。
ポチが少なかったら、発表しません笑。

ヨロピク〜

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





Revolver Maps
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
人気BLOGランキング
人気ブログランキングへ
SURFSIZE
サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中
ブログ村 サーフィン
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
ブログ村 マリンスポーツ