豆知識

男ブラック大作戦

FullSizeRender
Shapes and HullsのR/P Stubbie Quad。

そう、このボードは、私がキープしているボード。

長さ、レイル形状など、シェイプに一目惚れしたのですが、
ちょっと・・・。

そう、色が・・・。

オッサンが乗るには、ちょっと、可愛らしすぎて・・・。

IMG_0432
そんな思いが、このボードの初下ろしを
先に先に延ばしていたのは事実。

IMG_0437
思いつきましたよ〜!

染めQで塗装しちゃえば、いい感じに男のブラックな
フィンに生まれ変わり、ビシッと締まり上がって
カッコ良くなるんじゃないのか〜!

IMG_0439
はい、思い立ったらすぐに作業。

染めQってヤツは、普通のスプレー塗料とは違って、
元の素材にすごく馴染む塗料なんです。

IMG_0440
今まで、結構、これに世話になっていて、
そのスゴさを知ってた私は、ワクワクしながら
作業してみました〜。

FullSizeRender
ほら!どうですか〜?この仕上がり。

ボードの上に乗っけたら、一気に男のブラックが
ボード全体の雰囲気を引き締めて、男らしさが漲っておりますよ。

IMG_0443
いい感じでしょ〜。

IMG_0444
あらっ!?
光にかざしてみたら・・・。

ムラムラのゲキダサな仕上がり・・・。

ヒョエ〜。

FullSizeRender
手を真っ黒にしながら、アセトンで拭き拭き。

そのあと、取り切れなかった塗料は、サンドペーパーでゴシゴシ・・・。

結局、元のど変態ピンクエロジジィ仕様に戻ってしまいました〜。


オッケ〜、こうなったら、覚悟を決めて
堂々とそれで行ってやろうじゃないですか〜。


皆さ〜ん!

染めQは、フィンには使えませ〜ん。




それでは、みなさん、ごきげんよう。



今日もヨロピク!

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村



どうせなら、ピンクのフィンが欲しいところです。
ホーリー梶川







ニューロゴ

IMG_0386
ホーリースモークオリジナルのキャップ。

これ、結構、売れ筋商品なんです。

そんで最近、色々とニューアイテムを考案中〜。

そんな中、新しいロゴも考えてみました。

デザイナーは、ホーリー梶川。笑

プロのデザイナーさんにお願いする方が、
もっとカッコイイのが出来ると思うのですが、
HOLYSMOKEのイメージを一番知っているのは私。

だから、フォントとか色使いなども、
人に説明して作ってもらうより、自分で考えた方が
イメージしてるものがそのまま形になって、
結構、良かったりする訳なのです。多分

コンピュータの画像送付使って、色々とアレンジしながら
デザインを決めていく・・・・。



FullSizeRender
そして、今回、完成したのがこちら。

出来る前に言っちゃって良いの?

良いんです。どうせ、そのウチ出るし、
誰も真似なんてしないだろうし。

このロゴは、HOLYSMOKEって今やってるヤツがありますよね。
(Tシャツ、キャップ、ステッカーに使っているタイプ)

ただ、それを短縮しただけなのですが、
今回は、このロゴを使って、ニットキャップとハットを作る予定です。

キャップ系は、デカデカとロゴが入っても良いけど、
ニットキャップとかハットって、ワンポイントが良いじゃないですか。

という訳で、新しいこのデザインを・・・。

多分、私の想像の中では、結構、良い感じに
なるのではないかと思っております。


いつも、品切れ気味なオリジナルのメッシュキャップですが、
今回、デザインをちょっと変更し、秋にはデビューしますので、
そちらの方も併せてご期待下さいね。


それでは、皆さん、ごきげんよう。



夏休みに突入しましたが、
ポチには夏休みはございません。
今日も、何卒、宜しくお願い致します!

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





Shapes and Hulls

57fdf454
取り扱いをスタートし、1年が経過したShapes and Hulls。

取り敢えず、試しに。

そんな気持ちでオーダーした、2本のボードに初めて乗った時の衝撃は、
今でも色褪せる事なく記憶に残っております。

648f7005-2
シェイパーのティムさんは、
カリフォルニア・サンタバーバラの大レジェンドシェイパー。

ティムさんの存在を知った時、まだまだ、カリフォルニアには、
日本で紹介されていない凄いシェイパーが居るんだな〜。
と、素直に感じましたよ。

6c953b9f


c69ea073
現在、当店で取り扱っているサーフボードのメインは、
フレックスフィンを搭載した、R/P Stubbie QuadとFlex Fin Fish。

フィンのセッティングにアレンジを加えたり、
色んな事をして日本のサーファーに好まれる
素晴らしいサーフボードに仕上がり、スタート時以上に
熟成されたラインナップとなりました。

5e822700


95dc556d

ここで、そろそろ始動したいのがこちら。

はい、ティムさんのハルシェイプです。

ティムさんは、若かりし頃、グレッグ・リドル氏との交流が深く、
お互いに、多くの情報交換をしています。

そして、当時からハルスタビーのシェイプは、積極的に行っていたのです。

そりゃそうですよ。

サンタバーバラと言えばリンコン。

あのパッキパキに掘れ上がるロングショルダーの波には、
ハルスタビーがドンピシャ。

沢山の種類のサーフボードが溢れる現代に於いても、
やはり、リンコンで乗るハルスタビーは、別格に気持ちが良いものです。

3ab38502


08e7786e


56b9df1f


75298690
これらは、ティムさんがシェイプした、
70年代当時のハルスタビー。

これを見た時、興奮しましたね〜。

遠慮無しの本物の男スタイル。

スーパーピンチレールでペラッペラでしたよ。

そこで、ここからが本題。

そろそろ、ティムさんに次のオーダーをしようと考えております。

R/P Stubbie Quad、Flex Fin Fishがメインとなる予定ですが、
この、ハルスタビーも初チャレンジする予定です。

まずは、私が試してみたいサイズでお願いする予定ですが、
もし、オレのも頼む!って、おっしゃる方がいたら、
この機会にオーダーしちゃいましょう!


大丈夫。

このボードを見た時、私、散々チェックしておりますので。
シェイプは、生粋のハルシェイプ。

そして、一切妥協のない、ビンビンの男仕様です。

優しいレールでオーダーする事も出来ますので、
もし、ご希望の方がいらっしゃいましたら、
ご連絡ください。

併せて、R/P Stubbie QuadとFlex Fin Fishの
カスタムオーダーも受け付けます。


オーダーの締め切りについては、8/19とさせていただきます。



それでは、気になる事がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。



ごきげんよう。



こちらも、宜しくお願い致します。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





STAB IN THE DARK

IMG_0344
アメリカのSTAB MAGAZINEが企画する
2016年にスタートした企画、STAB IN THE DARK。

WCTのトップサーファーが、トップシェイパーがシェイプしたボードに乗り、
どれが一番良かったか選んでもらうという企画。

シェイパーの方は、WCTの選手だって事と、大体の体格だけ知らされ
サーフボードをシェイプします。

一方、サーファーは、ロゴの入っていないサーフボードですので、
誰がシェイプしたボードか分かりません。先入観ゼロでボードを試乗するのです。

IMG_0343
そして今回、STAB MAGAZINEの方から、
ジョシュ・ホールに1本のボードのシェイプ依頼が入りました。
ジョシュ・ホールは、自信作のフィッシュシモンズツインの6'9"をシェイプ。

ここに出てるボードです。

IMG_0332
今回、サーファーに選ばれたのは、デーンレイノルズ。
現時点では、VIMEOからトレーラーしか公開されていませんが、
デーン・レイノルズがフィッシュシモンズに乗ってるシーンも
ちょろっとではありましたが確認できましたよ。

IMG_0340
やはり、彼はバケモノです。
6'9"のフィッシュシモンズが、こんなになっちゃうの〜?
って動きを簡単にしちゃいますね。

そして、今朝、ジョシュからも写真が送られてきました。

IMG_0328
昨日、ハンティントンで試写会があり、
呼ばれたので行ってきたそうです。

IMG_0327
右側が、そのボード。
6'9'のフィッシュシモンズです。

左は、なんと、リドルだそうですよ!
それも面白そうですね〜。
デーン・レイノルズ、ちゃんと、ハルスタビーに
乗れたのでしょうか・・・。


ちゃんとした動画は、あと一週間ほどで公開されるそうですが、
一先ず、トレーラーの方をご確認してみてください。



これトレーラー


どんな事になっているのか、1週間後が楽しみです。
そう、一応、そのフィッシュシモンズ。
売ってもらえないか聞いております!



それでは、みなさん、ごきげんよう。



本日も宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村





ジョシュのフィッシュシモンズは一級品。
他のシェイパーでは、同じ乗り味をマネする事は、
絶対に出来ませんよ。

ホーリー梶川





出動準備完了!

FullSizeRender
先日、4oz Sクロスをデッキに貼っつけてもらったこちらの2本。

カウアイに引き取りに行って、そのまま乗った
5フィンのスピードエッグは、想像以上の凹みっぷり。

例えスティーブ・リズだからといって、飾っておくのでは
あまりにも勿体ない。
普段から、ガンガン乗るつもりでいる私は、思い切って、
デッキに追加のクロスを入れてもらったのです。

実際のところ、デッキは、6オンスと4オンスがラミネート
されていましたが、結構、軽く仕上がっていて、
個人的には、もっと重い方が好み。

程よい重さがあった方が、ボードは走りますから。


IMG_0230
フットマークが、ちょこちょこあったんすけどね〜。

新品同様になっちゃいましたよ〜。



この、追加クロスラミネートは、基本、新品のボードしか
作業してくれないんです。

凹みがボッコボコにあると、レジンの量もハンパなくなるし、
最終的に綺麗に仕上げるのが難しいんです。

なので、このボード、気に入って乗ってるんだけど、
ボッコボコになっちゃったから、クロスを乗っけてください!
ってのは、基本は無理。
仕上がり無視でやることは可能ですが、作業の手間も倍増するので、
金額も一気に跳ね上がってしまいます。

IMG_0232
デッキの強度もバッチリになった事だし、
そろそろ、下ろしちゃいましょうかね〜。

私は、ニューボードを年に何十本も下ろして
試乗しますが、やっぱ、乗ってるボードは、
売り物っていうのが、常に頭にあります。
自分の物じゃないし、大事に乗らなきゃって・・・。

だけど、この2本のリズもそうですが、
ビンテージを含め、パーソナルボードに乗る時って、
いつもとはまた違った新鮮な気持ちでサーフィンが出来て、
ワクワクしちゃって最高なんですよ〜。


そうですね〜。

次回、海に行く時は、リズに乗っちゃいますか。





みなさ〜ん、毎日、暑いですね〜。
しっかりと、ビール飲んで水分と栄養を補給してくださいね〜。




本日も宜しくお願い致しま〜す!

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川




サンディエゴスタイル

FullSizeRender
こちら、Josh Hall Eggのレイルとオッサンの手。

本日は、サンディエゴスタイルについてサラッと。

サンディエゴは、ディープなサーフカルチャーを古くから発信する、
カリフォルニアでも最もディープな地域。

サンディエゴフィッシュ、サンディエゴスタイル、
この2つしか思い浮かばなかったけど(笑)、サンディエゴから
発信されるものって、何気に多いんです。

例えば、ミニシモンズもそうだし、ビッグボードのグライダー系もそう。
多くのレジェンドサーファーやシェイパーも生み出した、
サーフィン業界のモンスターシティー。

そこで、本日は、サンディエゴのサーフボードの中で、
最も特徴的だと思うレイルデザインについてご説明したいと思います。

サンディエゴスタイルのサーフボードは、基本、ダウンレイル。
スッパ〜ン!って、メリハリのあるレイルなのですが、
これは、サンディエゴの多くのポイントがリーフブレイクだったり、
ビーチブレイクでパワーのあるブレイクが中心だった事で
生まれたものかと想像します。

この写真では分かり辛いですが、レイルの先端は、尖ってますよ〜。

ダウンレイルと言うのは、デッキ側から急な角度で
ボトム側に向かっているレイル形状。

ですが、サンディエゴスタイルは、一般的なダウンレイルとは、
ちょっと、違う。

IMG_0064
こちら、テール付近。

ボトム側を撮った写真ですが、ボトム側からも
若干の捲りがあるんですね。

分かりますか?

デッキ側からスッパ〜ン!ってレイルが落ちているだけではなく、
ボトム側もデッキに向かって反り上がっているのです。

FullSizeRender
こちらは、センター付近。
シングルコンケーブの深さも目に付くところですが、
ボトム側から、1センチ近くはデッキ側に向かってますよね。

FullSizeRender
ノーズも同様に反り上がっています。
ノーズだけを見ると、一般的に言う50/50に近いレイルとなります。

IMG_0060
もう一度、違う角度から。

こちらはセンター付近。指の位置は、一番張り出したレイルの先端部分。

そうですね。70/30ぐらいの割合で、ボトム側から捲り上がっていますね。

IMG_0061
ノーズ付近になると、
ほら、指の位置はレイルの真ん中ぐらいになりますよ。

この独特なレイル形状は、乗り味にどういった影響を与えるのでしょうか?

はい、スピードと優れたターン性能を生み出すのです。
そして、全てのサーファーが、グライド感という新しい感激を感じます。

グライド感・・・・・。

言葉では分からないですよね〜。

ハルスタビーも、同様、いや、ハルスタビーは、この写真以上に
ボトム側からデッキ側に向かって、レイルが捲り上がっています。

そして、ハルスタビーもグライド感がたまりませんよね〜。

そうなんです。

この手の捲り上がり系レイルは、グライド感とスピードを生むのです。

コンケーブの方が速いのでは?

いえいえ、こちらの方が、もっともっと速いんです。

ショートボードの場合、このレイルにしてしまうと
大暴れしちゃって、大変な事になるのですが、
ミッドレングス、または、ロングボードの場合、
重量があり安定感があるので、逆に、軽い動きを
得意とする、捲り上がり系レイルってのは、
大きなアドバンテージとなるってワケなんですね。


サンディエゴスタイルのレイル。

パワーのある波も、実は、そうでない時も。
実は、圧倒的なスピードと軽いターンを生む
マジカルレイルなのです。




本日の男の1日
IMG_0088
本日は、3週間ぐらい前から、トラクターみたいな排気音になり
困り果てていた、私の可愛いノッポさんの点検および修理。

FullSizeRender
こないだも、ちょろっと下に潜りましたが、
本日は、本格的にやりましたよ〜。

原因不明のワーゲンバスのトラクター化。

完全に排気漏れって感じの音の症状なのですが、
下に潜っても、一向にその箇所が特定できない・・・。

もう、こうなったら、可能性のある箇所を一つずつ
潰していくしかない・・・。

パーツ屋さんで、いくつかパーツを注文し、まずは、
一番疑いの濃い、ヒートエクスチェンジャーから取り外し。

FullSizeRender
これ、結構、重いんだわ〜。

油まみれだし泥まみれだし、外した後が大変でしたよ。

FullSizeRender
アレ?
エグゾーストパイブのとこに煤がついてる。

FullSizeRender
エンジン側をチェックしたら、
もっとハッキリ分かるよ。

FullSizeRender


IMG_0086
ガスケットが割れてましたね〜。

割れた部分がすっ飛んで、その隙間から排気が漏れて、
トラクターのエグゾーストノートになってたんですね〜。

良かったわ〜。

原因追求出来て。

ここじゃなくて、他んところだったら、また振り出しで
可能性を考え、パーツ買って試してみる・・・。

そんな繰り返しが続きますから。

FullSizeRender
取り寄せていた新しいガスケットに交換し・・・、

エンジンスタート!!

バタバタバタ〜・・・・。

相変わらず、トラクターみたいなもんだって
言われちゃったらそれまでですが、
心地よい空冷フラット4サウンドが
帰ってきましたよ〜。

最悪は、エンジン載せ替えまで想像していただけに、
この直った時の嬉しい事ったらありませんね〜。


これで、しばらくの間、2軍入りしていたノッポさんでしたが、
1軍に完全復帰して本当に良かったです。




ちょっと長くなりましたが、
最後までお付き合いいただき
ありがとうございました!


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川







Flex Fin Quad Fish

07214
こちら、Shapes and Hullsのニューモデル、Flex Fin Quad Fish。

前回の入荷分の中に、私が試乗するボードを
1本忍ばせていただいたモデルですが、
これがまた、実に調子が良い。

特に、私の場合、バックサイドで明らかな違いを感じます。
ヒール側に体重を乗せた際、フィンが繊細に反応してくれるのです。

なんて言えば良いのでしょうか。

最初のヒール側のレイルの反応がメチャクチャ早い。
乗り手が、一瞬でも遅れて反応した場合、一瞬で
波は状況を変え、サーファーは取り残されたり失速してしまいます。
しかし、Flex Fin Fish(トィンも含む)は、最初の一瞬の反応を手助けしてくれるので、
一番大事なファーストボトムターンが、まるで違う動きに変えてくれるのです。

似た様な感覚を体験出来るボードは、他にもありますが、
Shapes and Hullsは別格。

初めて乗ったツインフィンで、まず、このボードのポテンシャルを感じ、
クワッドフィンの可能性に期待し、このモデルをオーダーしたという流れ。

私が乗った試乗ボードは、抜群に調子の良いボードでした。
ツインより反応が良く、タイトでクイックなターンが
楽しめるボードに仕上がっています。

でも、少しだけ気になった点もあったのです。

07211


07212
黄色が旧タイプで、オレンジが今回入荷したもの。

その差、分かりますか?

07213
はい、フィンを全体的に1インチセットバックしたのです。

オレンジの方が、テールよりにフィンが付いていますよね。

過去に試乗した2本のツイン、そして、この黄色いクワッド。

動きは抜群だし、加速性能も抜群。

9d50db6c
正直、何も申し分ない乗り味で大満足だったのですが、
それは、あくまでも私の感覚の中での判断。

やはり、商品として完成させる為には、
お客様全体のお好みやご要望にお応えしないといけません。

そんな事を踏まえた上で、フィンの位置を変更したという訳なんです。

1インチセットバックされた事により、
もっと、スピードが出るでしょうね〜。
(間違いありません。)

ターンの方は、人によっては、若干、重く感じる方も
いらっしゃるかもしれません。
(ショートボードと同様なターンがしたい方にとって。)

でも、オルタナティブな世界を提唱するホーリースモーク。
伸びのある、大きなドライブターンとスタイリッシュな
ラウンドハウスカットバックが、メイクし易いボードを
ご提案する方が正解じゃないですか。

そんな訳で、今回、アレンジを加えたFlex Fin Quad Fish。


熱く皆様にお勧めしたいと思っております!


そう、SOLDOUT!になっていた、5'9"のオレンジ。
(はい、こちらに写ってるボードです。)
色がたまんなかったので、つい、私がキープしてたのですが、
先ほど、触り込んだら、私には、少し大き過ぎました。

5'7"のアップルグリーンに乗り、オレンジの方は、
販売する事にいたしました。


もし、

なんだよ〜。

って、思っていた方がいらっしゃいましたら、
再チェック、宜しくお願い致します!



CHECK!!






本日のオマケ

FullSizeRender
どインパクトなこちらの写真。
先日の釣行で撮ったもので、同行した釣り友の星野さんから、
ボート屋さんの釣果情報に、是非、投稿してもらいたいと、
強く懇願されました。

色々と考えましたが、今後も通うボート屋さんの
ホームページに、この様な写真が掲載される事により、
何かのバランスが崩れてしまう恐れがあると判断し、
丁重にお断りさせていただきました笑。

でも、このブログなら全然オッケー。

私がど変態野郎だって事は、周知の通りですので。




それでは、みなさん、ごきげんよう。

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村



この写真見て
熱中症にならないでね〜。
ホーリー梶川





16周年記念キャンペーン

16周年記念で何もやらないってのも寂しいな〜。
という事で、急遽、キャンペーンを考えました。

本日から次の日曜日、7月15日までの1週間の間に
ニューボードをお買い上げの方で、現金振込みにしていただいた場合
送料無料にさせていただきたいと思います。


全国どこでも送料無料のビッグな内容となっておりますので、
今回もどしどしご利用ください。

尚、店頭では、ニューボードを現金でお買い上げいただいた方全員に、
ホーリースモークオリジナルのニットケースをプレゼント!!


こちらも、タダで貰えちゃうちょっとおいしい話ではありませんか?


日頃の感謝の気持ちを形にさせていただきました。
是非、ニューボードをご検討されていた方は、
この1週間のお得なキャンペーンをご利用ください!


こちらも宜しくお願い致します!

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村



ホーリー梶川




16周年

IMG_3504
ホーリースモークは、本日、16周年を迎える事が出来ました。
(実は、さっきまで忘れておりました。)


それにしても、16年ってあっという間でしたね〜。

毎日、店に出ていつもと変わらぬ仕事の繰り返し・・・。

先の事も終わった事も、一切、何も考えず・・・。

とにかく、その日を全力で生きていくだけ。

実にシンプルな16年間でした。

今は、とにかく、皆様に感謝する気持ちをお伝えしたいです。

16年間、お付き合いいただき有難うございます!
皆様には、心より感謝いたします。


明日から始まる17年目。

何も変わる事なく、日々を大事に生きていくだけです。

ただ、いつも心がけている事。

昨日と同じでは、ホーリースモークは退化するのと同じ。
毎日、1ミリでも良いから、進歩、前進しないといけません。

今は、エリちゃんとかっちゃんという、素晴らしいスタッフに恵まれながら、
ホーリースモークも一歩一歩前進し、皆様に楽しんでいただけたら何よりです。


今後とも、ホーリースモークにご期待下さい。
何卒、お付き合いのほど宜しくお願い致します!




今日は、特別な日。
特別なポチをお願いいたします!

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





ボード選び

FullSizeRender
本日は、サーフボードの選び方について。

サーフボードには、沢山の種類があります。

どれにしたら良いのか、分かんなくなっちゃいますよね。

でも、結局のところ、自分がカッコイイと思うボード
を選べば良いだけなんです。

皆さん、自分の頭の中で描いている、カッコイイサーフィンだったり、
理想のサーフィンスタイルってのがあるハズです。

そうすると、よほどの初心者ではない限り、自分がかっこいいと思うボード
ってのは、自分が理想とするサーフィンのスタイルにあったボードを
無意識のうちにカッコイイと思うハズ。


FullSizeRender
ロングボーダーが、ノーズライドを極めたいっていう理由で、
フィッシュボードに乗ってやってみたいな〜。なんて、有り得ませんもんね。

なので、およそのボードのカテゴリーってのは、
自然に決まってくるのではないでしょうか。


FullSizeRender
大事なのはここから。

ボードのサイズ選びです。

オルタナティブボードの世界に
オーバーフローって言葉は存在しません。

同時に適正体重ってのも、ほぼ、存在しません。

基本は、ボードの浮力を利用したサーフィン。
そう、浮力によって生まれるスピードを活かすことが、
オルタナティブボードの魅力なのです。

早いテイクオフ、大きなボトムターン。
流れる様なアップス&ダウンからのラウンドハウスカットバック!

カッコイイですよね〜。

全ては、強い浮力がサーファーをフォローし実現させるものです。

そして、日本のサーフポイントは、人が多いという事を忘れてはいけません。
いつもガラガラの海でサーフィンしている方でしたら、
自分にドンピシャのフィーリングの浮力感を持つボードサイズ
でサーフィンを満喫できますが、常に混んだ海でサーフィンをしている方は、
貴方が思っている以上に強い浮力のサーフボードに乗る事が、
楽しみにも繋がるし、結局、上達にも繋がります。

だって、ドンピシャサイズのサーフボードに乗ってたって、
いつまでも波を取れずに指を咥えてたんじゃ、
あなたは、海に浮かぶブイと同じ。

サーフィンは、朝から晩まで波待ちしてたって、
乗ってなかったら、ただのブイ野郎。

波に乗って、初めてサーフィンが成立するって事を
忘れてはいけません。



あと、長いボードに乗ってるヤツらは初心者だ〜!
そんな考え方は、20年も前の古臭〜い考え。

今は、余裕の浮力を持ったサーフボードで、
よりスピードの乗ったサーフィンを楽しむ時代。
混んでる海でも、ストレスなく波に乗れるボードサイズを選ぶ事が
いかに重要な事か。


今年の夏は、自分が思っているよりワンサイズ大きいボードを選び、
よりたくさんの波に乗って、サーフィンを楽しんでください!




毎日毎日、南風が強いですね〜。
本日も、ポチッとお願いいたします!

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





Lis Fish

lis1
フィンナップと最終仕上げに出していた
3本のリズフィッシュが店に戻ってきました!

lis2
オーラの塊・・・。

3本並べるだけで、強烈な存在感を放っております。

lis4
皆さんも、この機会にじっくりと拝んでおいてください。

lis3
これが、世の中にある全てのツインフィッシュの源。

全ては、ここからスタートしたのです。

lis7


lis8


lis10


lis11


lis12


lis13


lis6


lis5



どっから見ても、どうひっくり返してもカッコイイ。
問答無用にカッコイイ。

自分もそろそろ、フィッシュ乗らなきゃですね。



本日もよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村





サーフボードを物色してる方が、一気に増えて参りました。
ボーナスが出るのを意識しての行動なんでしょうね笑。

来週辺りには、ティムさんのボードも入荷する予定です。
皆さんも、チェックしまくってボーナス出たら
買い捲っちゃって下さいね〜!

ホーリー梶川




ボク、かっちゃん。

FullSizeRender
先月から、当店で働き始めたかっちゃん。

1ヶ月の仮採用期間を終え、無事、
正式なスタッフとして仲間入りしました。

途中、エリちゃんからの”かわいがり”も受けておりましたが、
しっかりと、乗り越えてくれた様です笑。

FullSizeRender
見ての通り、かっちゃんは、ど変態級の70's野郎。

その異常っぷりは、私でも引いてしまう程。

ボードは、ハルしか乗らない。
洋服は、70年代の古着しか着ない。

70年代のカルチャーが大好きなかっちゃん。

でも、音楽は、乃木坂46笑。
(これ言っちゃマズかったかな。でも、マジ笑)

そんな、かっちゃんですが、今後のホーリースモークでの
活躍に期待したいですね。
(音楽も昔の覚えてもらって・・・。)


こんな、ど変態級なオタク野郎かっちゃんを、
何卒、宜しくお願い致します!




そのうち、かっちゃんブログとかも始めると思います。
ど変態野郎のブログ・・・。楽しみですね〜。



かっちゃんに、頑張れ〜!
って、ポチってあげてくださいね〜。

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川






続カウアイ

FullSizeRender
本日は、カウアイショット第二弾。

カウアイに行って、まず最初に食べたのはポキ。
ウマいんすよね〜。これ。

今回も何度かポキは食べましたが、
これ、スーパーで買ったヤツなんですが、美味かったですよ〜。
手前がマグロの牡蠣油風味ポキ。そんで、奥がシュリンプポキ。

ビールとの相性が抜群なんですよ〜。

IMG_2955
そうそう、カウアイにはあまりないのですが、セブンイレブンに入った時、
レジ前に肉まんがありましたよ〜。

買って食べてみましたが、肉の量が日本の肉まんの
10倍はあるんじゃないかってぐらいボリューム満点でした。
確か、照り焼き風味のポーク肉まん。

ウマかったです。

一緒に買ったシュウマイはイマイチ〜。
繋ぎがたくさん入ってて、半分かまぼこ的な感じで
ガックシテイストでした。

IMG_2956
ハワイといえばスパムおにぎり。

これも買ってみましたが、流石本場。
ウマいですね〜。ちょっと、米がタイ米風でパサついてましたが・・・。

IMG_2959


IMG_2960
向こうの方は、四駆のトラックが好きですね〜。

アメ車の四駆もたくさん見かけましたが、
私としては、この手の古いトヨタが好きですね〜。

特に2台目のシェル付きのヤツなんか、
マジで欲しいぐらいカッコよかったです。

99E5FF4E-88A3-4C36-B4F7-6C3882A65362
はい、こちら、スティーブ・リズさん。

いい写真が撮れました。

FullSizeRender
サンディエゴで生まれ、サンディエゴで育ち・・・。

そして、自然豊かなカウアイに移住し
今は、のんびりと生活しています。

今回も、4本のオーダーを入れさせていただきましたが、
次回はどうだろう・・・・・。

そろそろ、引退するって仰ってましたよ〜。


まあまあ、今回出したオーダーボードも何時になるかは分かりませんが、
多分、2年後ぐらいには出来上がる事だと思います。

また、その日が来る事を楽しみに、
日々、頑張って暮らしていきたいと思います。



それでは、みなさん、ごきげんよう。




にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





カウアイスナップ

06231
本日は、先日行ったカウアイで撮った写真のご紹介。

カウアイ島は、とにかく、自然豊かな島。

直径50キロの小さな島に人口6万人が住む、
ハワイ諸島最北端の島。

06232


06222


FullSizeRender
雨が多く、日本人からすると旅行中に降ったりすると
残念な気持ちになったりもしますが、カリフォルニアの人なんかは、
逆にそこが良かったりするみたいですね。

FullSizeRender
カウアイ島は、波の良いサーフスポットが沢山あります。

直径50キロの円形の島だから、
風向きやスウェルの方向で、どっかしら良い波がある。
でも、外洋だからデカいウネリがヒットすると、
とんでもないサイズの波となります。

でも、日本のサーファーとは、根本が違うカウアイサーファーは、
皆んなチャージするんですよ。ハンパじゃありません。

IMG_3067
こちら、今回お世話になったジミーさん。
この人も本物のウォーターマン。

バカデカい波なんて、ちっとも怖がりません。
毎朝、数マイル泳ぐのが日課だし、息止めのトレーニングもしている。
そうなんですよ〜。彼らは、デカい波に巻かれ数分息が出来ない事を想定し、
日々、息を止めるトレーニングをしているそうです。

ジミーさんは、5分間オッケーだそうですよ〜。

IMG_3059
こちら、ジミーさんの息子ミゲル。

ミゲルもビッグウエーバー。

ちゅうか、親父のジミーさんに強制的にチャージしろ!
って、子供の頃から言われ続け、気が付いたらデカいのに行ける様になったみたい。
カウアイじゃ、おやっさんの教育もワイルドですね〜。

以前、ミゲルが20フィートの波をチャージしてる
写真を見せてもらった事がありましたが、
いやいや、馬鹿デカいどころか、ビルの上から飛び降りてる様な写真でしたよ。

ミゲルのお姉ちゃんも、子供の頃、ジミーさんにサーフィンを始めたい
ってお願いしたところ、なんと、ジミーさん。
あの島まで泳いで帰ってこい!それが出来たらオッケーだ!って言ったそう。
確か、数マイルって聞いたと思いますが、そこを、彼女は根性で
泳いで来たそうですよ〜。

言う親父も凄いですが、それをやる娘も半端じゃないですよね。

サメがウジャウジャいる海を沖に向かって泳いでいくんですからね〜。

まあまあ、カウアイサーファーは、こんな感じのど変態野郎ばかり。
サーフィンに対する感覚が、日本とはあまりにも違います。



突然ですが、やっぱ、今日はここまで笑。

他にもご紹介したい写真がありますが、
続きは明日にしときましょう。



わかってますよね〜。
ポチが少なかったら、ここで終了ですよ〜笑。

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





Legend

FullSizeRender
カウアイから持ち帰ってきた、2本のスティーブ・リズ。

心配だった輸送中のクラッシュもなく、お店で大事に保管されております。

お客様からいただいていたオーダーボードは、現在、職人さんのとこで
フィンを乗っける作業を進めております。

オルタナティブボードと言われる、変態系スタイルボードの
火付け役的存在とも言える、キールフィンフィッシュ。

その生みの親と言えば、なんたって、スティーブ・リズさん。
はい、スティーブ・リズさんが、ツインフィンを生み出したのです。

それまで、シングルフィンだったサーフボードでしたが、
ニーボーダーだったスティーブさんが開発した、
二ーボードのツインフィンがサーフボードにも
採用される様になり、現在に至ります。

年間で25本程度しかシェイプしないスティーブ・リズさんですが、
こうやって、お客様からオーダーをいただき、シェイプをしていただけるなんて、
本当に本当に有難い話です。

紹介してくれたジョシュ・ホールには、先日、これらのボードを受け取った時、
感謝の気持ちを伝えましたが、今度、極上の寿司でもご馳走しないといけませんね。

FullSizeRender
いやいや、それにしても、何度見直しても飽きないですね〜。

別格ですね。別格のオーラを放っています。

スティーブ・リズさんと言えば、やはり、ツインフィンの生みの親
と言うイメージが強いですが、今回、カウアイでも乗ったスピードエッグも
素晴らしい乗り味でしたね〜。

2年前にカウアイに初めて行った時、スティーブ・リズさんの
パーソナルボードのほとんどが、この5フィンの設定だったんですね〜。

もう、それから、気になっちゃって気になっちゃって。

そんで、オーダーした私でしたが、今回、カウアイで初めて乗って、
5フィン、全然、アリじゃんか〜。って、確信しました。

それぞれのフィンの働きが分散される事で、波が掘れた時もそうでない時も、
常に安定したフィーリングでターンが出来るんですね。

そりゃ、1本より2本、2本より3本の方が、フィン1本あたりの負担が減るというか、
みんなで力を合わせてターンをするので、波が掘れた時はイマイチだとか、
波がタルくなるとこうなっちゃう、とかいう状況になりづらいんですよね。

5フィンだと、ボンザーがありますが、スピードエッグは、
全く構造が違います。でも、少し、ボンザーに似たターン時の
キッチリ感を感じる。そんな、乗り味なんです。

スムースでクセがなくて、足の裏から下の事は、全く考えなくていい。
サーファーは、波だけを見てそれに合わせて、体を自然に動かせばいい。

これって、サーフボードの理想な形ですよね。

いや〜。こうやって考えると、スティーブ・リズさんは、
ツインフィンを偶然に開発した方では無かったって事が
証明されますね。

ツインフィンを発明した後も、常に新しいデザインをサーフボードに取り入れ、
5フィンが素晴らしいという事を見つけ出しているんです。

レジェンドとして歴史に名を残す人間に偶然やラッキーは無い。
本物は、タイミングや方法が変わっても、結局、どこかで結果を残すんです。

もし、スティーブ・リズさんが、ツインフィンを発明しなかったとしても、
何か違う発明をして、結局、レジェンドとして歴史に名を残す事に
なったんじゃないかって、私は、スティーブ・リズさんとお会いし、
そして、サーフボードに乗りそう感じました。



次回、お会い出来るのはいつになるでしょうね。
また、その時が来るのが今から楽しみでしょうがないですね。



ツインに乗るのが楽しみ〜。



今日は、エリちゃん大会に出てます。
がんばれ〜!ってポチってあげてくださいね〜。

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





ホーリー梶川到着

FullSizeRender
ホーリー梶川は、丸半日の移動により

FullSizeRender
カウアイに無事到着。

FullSizeRender


FullSizeRender


FullSizeRender
夕方近くになった本日は、ゆっくり休んで、
明日の朝イチ、波乗りして一日が始まります。

何時だか、前もご紹介したことのある
カウアイヘビーロコのジミーさんに
ご案内して頂き、朝イチサーフィンからの
スティーブ・リズさん宅訪問。

波もボードも楽しみで仕方ありません。

明日の波はちっこいよ。って聞いてますが、
それでも充分胸ぐらいはありそうです。

明後日からは、南ウネリが反応するとの事ですので、
サイズアップに期待したいですね。


それでは、皆さん、ごきげんよう。



明日に期待し、ポチッとお願い致します!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





LIGHTNING 7月号

06021

バキバキのアメリカンカルチャー誌ライトニング。

先日発売された、最新号の7月号にホーリースモークと私が紹介されました。

今回は、『カリフォルニア気分』をテーマに様々な店や人を紹介。

その中で、私のおバカな車癖が紹介されてるって訳です。


06022

こんな感じで、店や私について紹介して頂いたり、


06023
変態車コレクションが4ページに渡り出ていますよ〜。

やっぱり、ライトニングは面白いですね〜。

アメリカンカルチャーをダイレクトに感じる事の出来る、
素晴らしい雑誌だと思います。


こういう雑誌は、天気のいい日、家の庭にゆっくりと寛げる
キャンピングチェアでも出して、ビール片手に読むのが最高。

本屋で立ち読みなんかしたって、ちっとも、良さを感じる事は出来ませんぞ。

早速、本屋に行ってLIGHTNINGを買って来ましょう!



よろしくお願いします!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



次は、またまた、ビートル欲しいな〜。
ホーリー梶川








Fin

IMG_2848
今日は、久々のマジメブログ。

IMG_2849
はい、フィンのサイズについてお話ししてみましょう。

お客様から、よく、フィンのサイズに関する
お問い合わせをいただきます。

8フィートのシングルフィンに乗ってるのですが、
オススメのフィンの長さを教えてください。


はい、全く私には分かりません・・・・。

と言うのも、フィンのサイズは、ボードの長さとは
全く関係がありません。全くです。

そのサーフボードにマッチしたフィンを選ぶポイントは、
そのサーフボードのテール幅が全て。

なので、お客様からボードの長さをお聞きしても
全くお答え出来ないのです。

写真や具体的なモデル名が分かれば、判断出来ますけどね。


はい、それでは、写真を見ながらご説明させていただきます。

今回、撮影に使ったボードは、ジョシュの8’エッグ。

すごくシンプルなアウトラインのエッグボードで、
テール幅もごく平均的。

今回は、このボードでご説明させていただきます。

IMG_2858

IMG_2850
まずは、9.5インチのフィンをセットしてみました。

IMG_2851
こうやって、棒を水面に見立てます。
フィンのティップとフィン横のレイルを棒で結びます。

はい、こんな三角形が出来ました。

要するに、ターンの際にボードが倒れますよね。
その時に、この三角形が平たくなるとフィンが抜けちゃうと言うわけ。
抜けないとしても、フィンの効果が薄れてしまいますね。

どうでしょう。

9.5は、少し、長いですね。
長い場合は、フィンが抜けるという事はありませんが、
余計な分、時によっては抵抗になってしまうという事もあります。

その反面、掘れた大きな波の時は、このくらい大きなフィンの方が
良い時もございます。

でも、この三角形は、ちょっと、尖りすぎかな・・・。


IMG_2861
因みに、自分の持ってるフィンが、少し大きいと思った場合。

そう、こんな感じに前にセットしてみましょう!

IMG_2859
すると、ほらっ!三角形が少し低くなり、
いい感じになったじゃないですか。

ジャストサイズのフィンをセットするのがベストですが、
こうやる事で、フィンの働きを和らげる事ができますので、
こんなやり方で対応する事もアリなんです。


IMG_2856

IMG_2855
続いて、6.5インチをセットしてみました。
まあ、あり得ないけど、分かりやすいかと思って。

IMG_2857
三角形がペッタンコですね。

今までの写真と比べたら一目瞭然です。

これでは、ボトムターンで確実にフィンは抜けてしまうでしょうね。


IMG_2853


IMG_2852
はい、こちらは、8.5インチ。
このボードの一番のオススメサイズですね。

IMG_2854
三角形の角度も申し分無し!

このサイズのフィンだったら、前後に移動する事で、
波に合わせたセッティングが可能です。

ボードを動かしたい時はフィンを前に。
波のパワーがある時はフィンを後ろに。


今回は、ジョシュのエッグでご説明しましたが、
例えば、6フィートのバンビロテールのシングルフィンだったら、
場合によっては、9.5インチとか10インチのフィンが
必要ですし、その反対に、細幅ピンテールの10フィートだったら、
8インチで十分だったりする訳ですね。

フィン選びって、初めは、結構、難しいのですが、
分かってきたら、テール見て感覚で分かってくるもの。

いろいろ試していろいろ感じて、
あなたのベストなセッティングを見つけて下さいね!




それでは、今日のポチタイム!

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川






'05 Liddle Surfboards Point Breaker 7'9 1/2"

IMG_2828
本日、戻ってきたこちらのボード。

はい、ジョージくんにデッキ強化をお願いしていました。

2005年にシェイプされたこちらのポイントブレイカー。
もう、ずいぶん前に手に入れたボードなのですが、
勿体なくて、ずっと、キープしていたのですが、
ようやく、乗っちゃえ!って思えるようになって来たのは良いのですが、
デッキが、見るからに弱そう・・・・なんだよ。

多分、数ラウンドでべこべこになる事間違いなし。

そんで、4ozクロスをデッキに追加してもらったのが、
今日、帰ってきたという訳です。

いつもは自分でやってるのですが、今回は、時間がないのと
最近、雨も多いからお願いしちゃいましたよ。

IMG_2829
このボード、相当、ペラってます!

FullSizeRender

レイルは、かなりのナイフィーレイルで、
テールなんか、見た事もないほど薄〜い。
ホント、ペラッペラなハルスタビーなんです。
それが最高な訳なんですが・・・。

FullSizeRender
ロゴもカッコイイでしょ〜。

一昔前の旧ロゴですよ。
高さのあるロゴで、古臭さが堪らんです。

IMG_2833
やっぱ、ハルは最高っすね〜。

The Simple

波のパワーを一番感じるというか、
波に一番近づけるボード・・・。

ハルなんて、ああじぇねぇ〜こうじゃね〜
とか言ってるオッサンには到底分からない、
サーフィンというスポーツの楽しさの原点を
ハルは教えてくれます。

フルレイルで深〜い本気のターン。
フィンでは、あのターンは出来ませんよ。
はい、出来ません!


ハル最高!!

リドル最高!!

サーフィン最高!!




ポチして寝てください。
にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





Josh Hall Surfboards

FullSizeRender


当店で取り扱いしているJosh Hall Surfboardsについてのご案内。

先日、Josh Hall Surfboardsのホームページがリニューアルされました。
そして、今回、ウェブショップが併設され、
誰でもダイレクトに注文する事が出来る様になっております。

ですが、これは、アメリカ本土のみへ発送を対象としたもので、
日本への発送は、一切行っておりません。
同時に、日本でのJosh Hall Surfboardsに関する全てのハンドリングは、
当店が行っておりますので、日本に入ってくるサーフボードの全ては、
当店を経由するという約束をジョシュ・ホールと取り交わしております。

ケチな事言ってんじゃね〜とか、思わないで下さいね。

ブランドのイメージを長期に渡りキープするというのは、
大変、難しい事なんです。

ひとつのブランドを徐々に大切に、伸ばして行く事が如何に難しいか。
特に、日本のマーケットは、せっかくの高い技術で作られているボードにも関わらず
一瞬で沸騰しすぐに冷めてしまうといった傾向にあります。

そうならないよう、販売するボードの数の調整をしたり、
販売価格のさじ加減をみたり・・・。

常にリアルタイムの空気を感じ、バランスを保つという事は本当に大変ですが、
良いサーフボードの技術を守るためにも大事なことなのです。

その信念で、日本のマーケットについては、私の方で、
一貫したブランド管理をさせてもらっています。

ジョシュは、その点を理解してくれていて、
日本からの問い合わせや注文がある場合は、全て、当店に任せてくれています。

もし、ジョシュのウェブサイトに出てるサーフボードが欲しいという方は、
当店にお問い合わせください。

またその際には、手数料や送料などが別途必要になりますので、
何卒、ご了承ください。

ただ、ひとつ。
アメリカのストックボードは、レイルがぶっとかったり、
全体のボリュームがごっつい事が殆どですので、その点もご注意いただいた上で、
ご検討をお願いいたします。


そんなこんなのJosh Hall Surfboardsのお話。

何卒、ご理解のほど宜しくお願い致します!




にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川





Revolver Maps
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
人気BLOGランキング
人気ブログランキングへ
SURFSIZE
サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中
ブログ村 サーフィン
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
ブログ村 マリンスポーツ