2022070921
二人でリンコンを満喫した翌日は、
ジェイコブのシェイプルームに訪問。

ヴェンチュラから内陸に車を走らせ、
30分ほどで到着するオハイという綺麗な
街中にシェイプルームを置くJIVE SPACE CRAFT。

2022070919


2022070920
家も自分で建てたというジェイコフが、
自ら作り上げた雰囲気のあるシェプルームでした。

2022070915
そして、約束だった自分のボードのシェイピング。

何をシェイプしてもらうか、前日から凄く迷っちゃったけど、
結局、今、一番乗ってみたかったSpace Elevatorに決定!

2022070916
今回、初めて彼のシェイピングを
終始拝見させてもらいましたが、
彼のシェイピングは本当に丁寧ですね〜。

プレーナーの扱い方を含め、細かい処理が実に丁寧。

多くのシェイパーのシェイピングを見てきましたが、
彼は、一本一本、魂を込めてシェイピングしてるなぁ。
って、ずっと見ながら感じてました。

2022070917
自分の好み通りにシェイプしてもらったSpace Elevator。

これは、乗るのが楽しみですね〜。

実は、その後、Opening Doorsも自分用に
カスタムオーダーしてきたので、それも、
同時に入荷するでしょう。

2022070918
どうやってやってんだろう?
っていつも疑問に思ってたステインシルアート。

これも、作業の全てを見せてもらいましたが、
彼は本物のクラフトマンですね〜。
感激しっ放しでしたよ。

細かい手法については、公表することは出来ませんが、
工具や部材を上手く使い、手際良く仕上げておりました。



今回、初めて対面したジェイコブ。

届いたサーフボードを見て、いつも、
その内容の素晴らしさを感じておりましたが、
実際に会ってサーフィンを見て、そして、
彼のライフスタイルや仕事っぷりを拝見させてもらい、
益々、彼の魅力を感じさせられましたね〜。

現存する、数少ない現代のヒッピーサーファー。

そんな感じの、個性豊かなジェイコブは、
彼独自のスタイルで、今後、世界で認められる
シェイパーに成長して行くと私は確信しました。

次回訪問した時は、招待してもらってたご自宅の訪問を
実現してみましょう。

泊まっていきなよ。って言われてたのですが、
なんか、初めて会う人の家に泊まるのって、
ちょっと、オジサン引けちゃうよ。って思っちゃって、
お断りしちゃったから・・・笑。




それでは、みなさん、ごきげんよう。





本日も宜しく
お願い致します!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川