5645635a


532974fb-2
いやいやいや〜、何度見ても思い出す波。

多分、ハルスタビーじゃなかったら、
抜けれなかった波だったと思うなぁ。

この日は、オーバーヘッドの波でミドルは巻き巻き。
アウトからフルパドルでテイクオフしたら波にレイルをセット。

底掘れしてくるパワー全開の波に、
私の7'1"DMは、完全に波と一体化し
とんてつもないスピードで走り抜けていく。

ミドルのチューブセクションで周りは捕まる中、
ハルスタビーに乗った自分だけが、
その先の景色を満喫できた日。

これが、ハルスタビーの魅力。
乗った人にしか分からない異次元のスピードを
体感出来る唯一のスピードマシーン・・・。



FullSizeRender
当店では、リドルの唯一の正規取扱店として、
10年以上取り扱わせて頂いております。

ハルスタビーのシェイプデザインの基本は、
1960年代後半に主流だったラウンドボトム。

その後、時代を重ね薄いレイルを持った
ハルスタビーが誕生し、益々、独自のスタイルを
確立していく事になりました。

ハルスタビーは、よく難しいと言われますが、
それは、現代のサーフボードの乗り方で操ろうとするから。

テールを踏み込んでターンをする現代のサーフボードの
乗り方では、絶対にコントロール出来ません。

当時のシェイプデザインそのものを、今尚再現し続ける
ハルスタビーは、両足同じ重量配分でボードをターンさせる感じ。

テールを踏む事なく、レイルを使ってターンするのです。

でも、これをマスターしてしまえば、他のどんなボードに乗っても、
レイルワークが格段に上達している事に気付くはずです。

そんなに大変な事ではありません。

現代のサーフィンの常識が邪魔をしてるだけ。

乗り方、操り方が違うだけ。

ショートボードとロングボードで
乗り方が違うのと同じ様なものです。


こんな魅力のあるハルスタビーなのですが、
LIDDLEに関して、ちょっとした問題が・・・・。

詳細は申し上げられませんが、当面、LIDDLEは
入って来ないと予想されます。

当店からも沢山のボードをオーダーしていますが、
現在、ストップしているのが現状で、いつ、仕事が
始まるのか目処が立っていないという事なんです。


このまま黙って、ずっと入荷しないのは不自然。

だから、この場で皆様にお知らせしておきます。




まだまだ、在庫はございます。
気になるボードがあったら、早めに抑えて下さいね。







それでは、みなさん、ごきげんよう。







今日もMPさんは怒り狂ってます。
ポチで慰めてあげて下さい。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川