07091
こちら、先日入荷した試乗ボード。

モデル名は、ポインテッドノーズエッグ。

今まで、ポインテッドノーズエッグピンテールってモデルがありましたが、
あれは、ピンテールモデルでしたが、こちらはラウンドテール。
ノーズ形状は、同じですね。

まあ、基本になるのはスタンダードなエッグなのですが、
並べてみると大きく違いますね。

07092
センター付近からテールにかけては、
ほぼ同じアウトラインですが、ノーズエリアがまるで違います。

ノーズ幅があってテイクオフが速そうですね。
そう、ノーズ幅があるボードは、テイクオフが早く
特にビーチブレイクで活躍してくれます。

とは言っても、そこはジョシュ・ホール。

ちゃんとアレンジを加え、掘れた波にも対応する様に
考えられているのです。

07095
ノーズ幅があるボードは、軽くロッカーをつけてあげれば、
ノーズが引っかかる事は無くなります。

07097
併せて、ノーズ付近のレイルを軽く捲り上げる事で、
より掘れた波でのコントロール性を高めてくれます。

07096
色が濃いから、コンケーブが良く分かりますね〜。

ジョシュ・ホールのお得意パターン!

シングルからリバースVeeに繋がるボトムデザイン
を採用しておりますが、ノーマルのエッグほど
ディープなコンケーブでは無い様ですね。

特に、テールはフラットね抜けて行く感じ。
(その手前のリバースVeeは、かなり強いですが・・・)

07098
こうやって見ると良く分かりますね。

フィンの前方は、強いコンケーブが入っていますが、
テール側は、穏やかなVee。フラットでは無いですが、
本当に緩やかな感じです。

ジョシュのシェイプの特徴は、
一言でメリハリが強い。

あのダウンレイルにしてもそうですし、
センター厚がしっかりしてても、ノーズとテールは薄目。

これ、どういう事かと言うと、センター厚で浮力を確保し、
パワーのない波や波のセクションでスピードが
落ちない様になっているんです。

そして、ノーズとテールが薄い事で、ターンが軽くなる。
そう、テールに体重が乗った際、薄くキレキレのエッジが、
波をガッチリと噛むのです。

フィッシュシモンズもエッグも何もかも、

共通して、この特徴が見られますが、
このニューモデルのポインテッドノーズエッグツインも、
メリハリしっかりしてますね。
横からの写真で、それが良く分かると思います。



昨日の釣行で、魚の神様が私に罰を与えました。
はい、スネ皮全剥け大事件。

昨日、私は、風呂でしっかりと傷口をすすぎ、
防水キズパッドのLサイズを4枚継ぎ足し患部に
ペッタンコしときましたので、明日あたり、千葉にでも行って
このボードをテストしてきましょうかね〜。

昔もな〜、一人で1週間、静岡トリップした時、
車のバンパーに乗っかろうとしたら、踏み外しちゃって、
その時もスネ皮全剥けやっちゃったんだよな〜。

あの時は、防水キズパッドって無かったから、
確か、そのまま、毎日、海に入っちゃって・・・・。

お陰で、1週間後は、スネはジュブジュブ〜、
治るのに1ヶ月以上掛かったっけな〜。



それでは、みなさん、ごきげんよう。



本日もお願い致します!
にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村





ホーリー梶川