04181
何が何だか分かりませんね。
こんなもん見せられても・・・。

こちら、モノタロウで買った、内径16mm、外径18mmのアルミパイプ。

そのパイプをシートベルトの幅に合わせカットし、
先っちょに切り込みを入れてみました。

04182
その中には、これが入り・・・。

04183
組み合わせるとこんな感じ・・・。

オリジナルと全く同じ形状に仕上がりました。

ピッタンコです。

どう言うことかと言うと、このアルミで作ったパーツ。

元々は、樹脂製のパーツなのですが、経年変化でボロボロに割れ、
それが原因で、シートベルトの巻き取り機能を失っていたのです。

04184
シートベルトをこんな感じで組み合わせ、先ほど作った、アルミパイプの部分のみを
グルグルと回す・・・。

スプリングの戻ろうとする力をタップリと溜め込み・・・。

04185
最後に、この留め具で抑え込む・・・。

はい完成!!!

04186
ビヨ〜ンって伸ばし手を離すと・・・。


04187
クルクルピ〜、ガッチャ〜ン!!

スプリングの力でシートベルトが、
ケースの中に収まりました〜!!

バンザ〜イ!!

一昨日は、シートを車から取り外し、シートカバーも引っ剥がし。

一部、シートカバーに破れかけていた箇所があったので、
ミシンを使って縫い直し。

ついでに、シート下の誇りやなんやらをクリーニングし、
オリジナルシートの方は完璧状態。

そして、本日が、こちらの作業だったと言うワケ。

新車みたいに綺麗なF-100とは言っても、
やはり、細かいところで気になる箇所はあるもの。

とは言っても、これで、ほぼ完了かな・・・。

あとは、アメリカで買ったベッドの上の部分に貼る
プロテクターを貼ったり、ドアのウエザーストリップを交換するくらい。

04189
そうそう、ストライプ柄の素敵な素敵な
オリジナルシートを守る為、シートカバーを
買ってみました。

これ、アメ車に乗ってる方なら誰でも知ってるアレ。

自分も以前同じモノを使った事がありますが、
やっぱ、中々いい感じですね。

これなら、オリジナルシートが痛む事なく、
この先、何十年も今の状態をキープできるんじゃないかな。


041810
現在、”キャンパーシェルを作っちまうかプロジェクト”を検討中。

また、派手なことを検討しちゃいますね〜笑。

案は2通り。

一つは、当時のキャンパーシェルの様に、アルミで作っちゃう。
これは、私がデザインし、アロハキャリアでお世話になってる
業者の方にパーツを作っていただき、それを、私が組み込むと言うもの。

そしてもう一つは、木で作っちゃおうっていう案。
アルミの加工は、素人では正直厳しいですが、木だったら、
私にお任せ下さい笑。
カーブだって捻りだって、そんなの御構い無しで形にしちゃいますから笑。

ただ、木の場合、防水の処理に大量のグラスファイバーと
レジンを使用し、ラッピングしてあげないといけないという、
結構な、手間が掛かるんだな〜。

どっちも見た目はカッコいいと思うんだけど、
どうしましょうかね〜。

その前に大きな問題も・・・。

こういう大掛かりな作業をやりだすと、
店の売上落としちゃうんだよ〜笑。

頭の中が、それだけになっちゃって、
自分の本業を完全に忘れちゃうっていうか、
放棄しちゃうっていうか・・・笑。

メガノッポの時、ブログのアクセスは爆発したけど、
売上ガタ落ちだったからね〜笑。



それでは、みなさん、ごきげんよう。




にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川