11171
はい、本日は、究極を極めた優良店ならではの
嬉しい嬉しい豆知識を皆さんにお披露目したいと思います。

こちら、昨日お世話になったブロムフィッシュ。

11172
よ〜く見ると、ボトムにエクボがあるんです。

まあまあ、性能に影響するものではございませんが、
あなたの大事なボード、せっかくなら綺麗な方がいいですもんね〜。

はい、任せてください。

誰でも簡単に治せる方法を教えてあげますから。

11173
用意するものはこんな感じ。

レジン
硬化材
紙コップ(透明のやつはダメです。)
割り箸
ハサミ
マスキングテープ
クリアファイル
紙やすり(#320前後。適当でいいです。)

それでは、作業開始〜!!

11174
まず、凹んだ箇所を紙やすりを使って表面を荒らします。
これは、レジンの密着を高める為。

コツは、なるべく凹んだ箇所だけサンディング。
(まあまあ、そんなに慎重になる必要はありません。
後でどうにでもなりますので。)

11175
レジン少々に、硬化材適量。
はい、このくらいの量だったら、通常は、数的で良いのですが、
今回、使用するレジンの量が少ない為、硬化材は多め。

そうだな〜、7、8滴ってところでしょうか。
(気温が低い時は、もうちょい多くても問題ないですよ。
でも、入れすぎにはご注意を!熱持って怖いっすよ〜。)

11179
硬化材を混ぜる時は、泡立たない様にしましょうね。
泡立ったレジンを使用すると、仕上がった時、泡が残りますから。

レジンの量は、今回のチビエクボだったら半滴で十分。
割り箸で、チョンって感じでボードにタッチです。

11176
次に、クリアファイルの登場!
こんな感じに、その箇所の大きさに合わせたクリアファイルを
カットして用意しましょう。

ここで、優良店ならではの異次元裏技!!

実は、クリアファイルには、表裏がありまして・・・。

11177
こちらが裏側ですね。

写真じゃ分かり難いですが、表はツルツルで裏はつや消し。

こっからですよ〜。今、ポチっちゃう〜?

ツルツルな表面は、グロス&ポリッシュのボードで使いましょう。

つや消しな裏面は、サンドフィニッシュのボードに使いましょう。

ボードの仕上がりに合わせて使用する事で、スンゴイ差が出るんです。
分かるか?若者〜。こういうのはな〜、経験して学ぶんだよ。
インスタばっかり見てる場合じゃないぞ〜!
(でも、ウチのは見てくださいね。)

11178
そんで、こんな感じでクリアファイルをペッタンコン。
続いて、クリアファイルが反ったりしない様に、
マスキングテープでガッチリ固定。

オッケ〜、オッケ〜。

そうっすね〜。

気温が20度もあれば、30分でパカ〜って剥がしちゃって大丈夫。
でもご注意を!!まだ触っちゃダメですよ〜。

111710
矢印のところ。
ここが、エクボのところだったんだけど、
ホント、ほとんど分かんなくなったでしょ〜。
何だったら、このままでも良いぐらいな感じ。

さっきのクリアファイルの表裏の話。
あの時、裏側をペタンコしてたら、そこだけ、
サンドフィニッシュみたいになっちゃうんす。

まあ、最終的には仕上げちゃうんで
どうでもいいっちゅう話かもしれませんが、
まあ、ここは、優良店なもんで・・・笑。

レジンの完全硬化には、少なくても2日はかかるので、
このまま、少し待ちましょう。

今回のリペア方法は、レジンの量を極力抑える事により、
あとの仕上げの作業が100倍楽になるという素晴らしいやり方。
この状態でも、ほとんど面は出来ているので、ほぼ硬化してる明日にでも
使用する事はできるし、その後の面だし作業も一瞬で終わっちゃう。

リペアをやった事がない方も、このやり方なら、
簡単に綺麗に直せちゃいます。
是非、試してみてくださいね。
仕上げる時もHow toを記事にしますので
楽しみにしていてください!!


ポチんない人は、このやり方マネしちゃダメ〜。なんて笑

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川