1104A
間が開いてすみませんでした。
本日は、うちの変態ボード ツイン&クワッド 後編
をやらせていただきます。

そもそも、改めて、変態ボードって何なん?
って話から。

一般的に変態ボードというには、見た目がとんでもないヤツ。
そう、見た目が普通じゃないボードっていう解釈で良いんじゃないかと・・・。

但し、注目を集める事が目的に作られた、
全く見当違いのヘボボード。

あれは、変態ボードとは言えませんね。

変態ボードは、見た目が変態でも、
実際の乗り味が凄いとか、ちゃんと、
内容が伴っている事が条件。

正統派変態ボードは、世の中にたくさん存在します。
そして、そのどれもがサーファーに感激を与えています。

癖が強く、乗りこなす迄に少々の時間を要するものもあるでしょう。
でも、乗りこなせた時、そりゃそりゃ、優等生ボードでは味わう事の出来ない、
大きな大きな感動がそこにあるのです。

それでは、残りのご説明を・・・。


1104J

PENDOFLEX/RUBBER DUCKY 5'9"

最近、ラバーダッキーに関しては、そこそこ説明してきたから、
これは、説明抜きで良しとしましょうか・・・笑。

まあまあ、簡単にまとめると、ラバーダッキーは、
頭までの波のサイズでは、爆発ジャジャ馬カッ飛び野郎。
という訳です。

シェイパーのスティーブ・ペンダービスさんは、
かなり古くから、ラバーダッキーのシェイプをされていて、
ご自身でも、相当数を乗り込んでいます。

その都度、改良され、現在では、本当にバランスの良い
ボードに仕上がっています。

いや、バランスは悪いですね。

サーフボードというものは、スピードが出る仕組みにすれば、
ターン性能が落ちるし、ターン性能を高めた仕上げにすると、
スピードが乗らないボードになりがち。

でも、ラバーダッキーは、メチャ速のメチャ軽ターンなのです。

はい、そういう意味で、バランスが悪い。

たまにあるんですね〜。

こういう、いい意味でのバランスを崩したボードというものが。

そういう意味じゃ、乗り味は違いますがミニボブもそんな感じですね。

まあまあ、とにかく良い板ラバーダッキー。
買っちゃえ乗っちゃえのラバーダッキーです。


1104B

PENDOFLEX/ARC TAIL EDGE BOARD 5'7"

元々、ペンドフレックスのラインナップにあった
アークテールをベースに、ボトムデザインを全面的に
アレンジしたボード。

レイル付近のエッジは、かなり控えめで、恐らく、
ボトムを見ずに乗ったら、エッジが入ってるなんて
気がつかないんじゃないかと思います。

でも、実は、このエッジが良い仕事をするんです。

1104C
レイルを入れた時のレイルの波の食いつきがまるで違います。
波をしっかりとホールドし、レイル自体がフィンと同じ様な
機能を果たすのです。

まあ、これは、乗ってみないとピンと来ないと思いますが、
すごくカッチリしているというか、踏み込んだ際のボードの
横スライドが無くなり、その分、力が進行方向に集中するので、
ノーマルのモデルに対し、こちらの方がスピードが出る。

スティーブ・ペンダービスさんは、こういった、
オリジナリティー溢れる素晴らしいサーフボードを
クリエイトする本物のシェイパー。


1104G

G&S/'71 G&S TWIN FIN 5'11"

このボードは、現代ではど変態扱いされますが、
70年代初期、ツインフィッシュがツインフィンの主導権を握るまでは、
多くのシェイパーが、このタイプをシェイプしていました。

ていうか、このアウトラインのシングルフィンが、
結構、多くのブランドからリリースされていたのですが、
一気にツインの流れが来た時、遅れをとらない様に、
無理やりフィンだけツインにしたのかという噂も・・・笑。

恐らく、そんな流れだと思うのですが、このボード、
昔から乗ってみたかったんですね〜。

それで、G&Sを取り扱う様になった時、このモデルを
復刻してくれるっちゅうんで、お願いしたのが始まり。

実際乗ってビビりましたよ〜。

見た目は変態だけど、乗り味は至って正統派。
ターンは、サンディエゴフィッシュより軽いし、
ボリュームがあるのでスピードも出る。

ミニシモンズをストレッチした感じですよね。
そう、なので、ストレートラインが長いから、
スピードが出るんです。

しかも、テールがフィッシュボードの様に張っていないから、
もの凄く動きが軽い。

まあ、当時と同じフィンセッティングにしてたら、
全然ダメなボードに仕上がっていたと思いますが、
フィンの位置や寝かせ具合のバランスが絶妙なんですね。

こんな、ど変態なボードなのに癖がなくて乗りやすいって、
最高に良いじゃないですか。

みんなが注目している中、パンパンパ〜ン!パンパァ〜ン!!
なんて、カッコよく乗ってたら、ヒーローっすよ。

はい、買いましょう笑。


1104L

SHAPES AND HULLS/FLEX FIN QUAD FISH 6'8"


1104H

SHAPES AND HULLS/ROUND PIN STUBBIE QUAD 6'8"

はい、最後となりました。
え?!まとめるんかい・・・。

はい、シェイプス&ハルズのこの2本の最大の特徴はフィン。
なので、まとめて分かり易く説明したいと思います。
決して、手抜きではありませんよ〜。

1104K
以前のブログで、シェイパーのティム・ボウラーさんについて、
詳しく触れた事がありましたね。
その時にも、お話ししましたが、ティムさんは、
普通のシェイパーではないんですね。

水の流れや抵抗を本格的に学び、それをシェイプに繋げている
数少ないシェイパー。

ティムさんのサーフボードは、どれも、実にシンプル。
水の抵抗を一番受け難い、無駄を全て省いた構造になっています。

そこに、長年の研究で完成したフレックスフィンを組み合わせています。

このフィン、何度も何度も言ってきましたが、
マジでヤバいです。

ボトムターンの加速と伸びは、別格といっても過言ではありません。

フィッシュテンプレートと組み合わせると、
特にターンのスピード感が増す感じがしますね。

反面、ラウンドテールのボードと組み合わせると、
ターンが軽い事軽い事。しかも、速いんですね〜。

そうですね。変態ボード特集のこの記事ですが、
この2本は、乗り味に関しては、癖があるかないかという意味では、
全くない優等生くんってところでしょうか。

いいボードです。

あなたも是非!!




こんな感じで、今回、3回に渡って変態ボードを
特集してみました。

次回は、優等生くんボード特集でもやってみますかね〜。



それでは、みなさん、ごきげんよう。


気に入っていただけたら、
ポチッとお願いいたします!

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川