Holy1
スティーブ・ブロムさんから2枚の写真が送られてきました。

オーダーしていた、6本のハンティントンフィッシュが
完成し、出荷準備完了との事です。

ハンティントンフィッシュは、スティーブさんのオリジナルデザイン。

1970年代初頭には、フィッシュボードがサンディエゴから発信され、
多くのサーファーに強烈なインパクトを与えたとされていますが、
同時期にサンタバーバラでもフィッシュボードが誕生しているのです。

正確に言うと、当時、スティーブ・ブロムと仕事を共にしていた
クライド・ビーティーと共同で開発した”北のフィッシュボード”は、
サンタバーバラから一気に広まり、多くのシェイパーが、
”北のフィッシュボード”をシェイプする様になりました。
はい、有名なシェイパーの名もたくさん挙がってきます。

全く違った2つの生い立ちを持つ両フィッシュボードですが、
シェイプデザインやその乗り味も全くの別物。

サンディエゴフィッシュは、シングルコンケーブと長いストレートラインにより、
タメの効いたドライブターンが得意なのに対し、スティーブ・ブロムが開発した
フィッシュボードは、丸みを帯びたアウトラインとVeeボトムにより、
優れたマニューバビリティーを生むボードに仕上がっています。

乗り味は、全くの別物。
はい、同じフィッシュボードとは思えないほど性格の違う
この両フィッシュボード。

その辺りは、完全にそのサーファーの好みとなる訳ですが、
私の場合は、先にサンディエゴフィッシュと出会い、
そこで、思いっきりオルタナティブボードの世界にハマりました。

でも、その後、スティーブ・ブロムさんがシェイプする
フィッシュと出会った途端・・・。
そうですね〜。5年近くは、サンディエゴフィッシュに
乗る機会がなくなってしまった程、どハマりしちゃいましたね〜。

全体的にボリュームがあり、もっさりしたイメージのボードなのに、
動きがメチャクチャ軽いんです。
テイクオフも楽だしスピードも出るし・・・。

バランスのとれた本当に素晴らしいフィッシュボードです。

HOLY2B
ここ最近、フィッシュボードに興味を持たれた方が
多くなった様に感じます。
そして、その殆どの方が、サンディエゴフィッシュに興味を持っている様です。

恐らく、スティーブ・ブロムさんのフィッシュの存在を知らないのでしょう。

ホーリースモークでは、この素晴らしい”北のフィッシュボード”を
一人でも多くのサーファーに知っていただきたく、今後も、
店の大事な軸として展開して参りたいと考えております。


サンディエゴフィッシュしか乗ったことの無いアナタ、
”北カリフォルニアのフィッシュボード”の素晴らしさを、ぜひ、体験してみてください!




入荷は、私が帰国するタイミングに合わせる予定。
入荷まで、今しばらくお待ちください!



今日も宜しくお願い致します!

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川