FullSizeRender
本日は、サーフボードの選び方について。

サーフボードには、沢山の種類があります。

どれにしたら良いのか、分かんなくなっちゃいますよね。

でも、結局のところ、自分がカッコイイと思うボード
を選べば良いだけなんです。

皆さん、自分の頭の中で描いている、カッコイイサーフィンだったり、
理想のサーフィンスタイルってのがあるハズです。

そうすると、よほどの初心者ではない限り、自分がかっこいいと思うボード
ってのは、自分が理想とするサーフィンのスタイルにあったボードを
無意識のうちにカッコイイと思うハズ。


FullSizeRender
ロングボーダーが、ノーズライドを極めたいっていう理由で、
フィッシュボードに乗ってやってみたいな〜。なんて、有り得ませんもんね。

なので、およそのボードのカテゴリーってのは、
自然に決まってくるのではないでしょうか。


FullSizeRender
大事なのはここから。

ボードのサイズ選びです。

オルタナティブボードの世界に
オーバーフローって言葉は存在しません。

同時に適正体重ってのも、ほぼ、存在しません。

基本は、ボードの浮力を利用したサーフィン。
そう、浮力によって生まれるスピードを活かすことが、
オルタナティブボードの魅力なのです。

早いテイクオフ、大きなボトムターン。
流れる様なアップス&ダウンからのラウンドハウスカットバック!

カッコイイですよね〜。

全ては、強い浮力がサーファーをフォローし実現させるものです。

そして、日本のサーフポイントは、人が多いという事を忘れてはいけません。
いつもガラガラの海でサーフィンしている方でしたら、
自分にドンピシャのフィーリングの浮力感を持つボードサイズ
でサーフィンを満喫できますが、常に混んだ海でサーフィンをしている方は、
貴方が思っている以上に強い浮力のサーフボードに乗る事が、
楽しみにも繋がるし、結局、上達にも繋がります。

だって、ドンピシャサイズのサーフボードに乗ってたって、
いつまでも波を取れずに指を咥えてたんじゃ、
あなたは、海に浮かぶブイと同じ。

サーフィンは、朝から晩まで波待ちしてたって、
乗ってなかったら、ただのブイ野郎。

波に乗って、初めてサーフィンが成立するって事を
忘れてはいけません。



あと、長いボードに乗ってるヤツらは初心者だ〜!
そんな考え方は、20年も前の古臭〜い考え。

今は、余裕の浮力を持ったサーフボードで、
よりスピードの乗ったサーフィンを楽しむ時代。
混んでる海でも、ストレスなく波に乗れるボードサイズを選ぶ事が
いかに重要な事か。


今年の夏は、自分が思っているよりワンサイズ大きいボードを選び、
よりたくさんの波に乗って、サーフィンを楽しんでください!




毎日毎日、南風が強いですね〜。
本日も、ポチッとお願いいたします!

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




ホーリー梶川