08201
ルアーの写真を撮ってみました。
こうやってみると、バスフィッシングのルアーって、
精巧に出来ていて感心しますよね〜。

08203
もっともっと、本物の魚に近いものもたくさんあります。
これなんかは、敢えて目立つ様、派手な色合いにしたルアー。

綺麗ですね〜。

何回も塗装を繰り返しこの様な柄になるのですが、
随分と手間が掛かっている事は確か。

だから、値段も結構するんですよ。

昔、やってた頃とは、状況も変わり、
一個2,000円近くもするんですよ。
デカくて高いヤツなんか、5,000円以上もするヤツもあったりして・・・。

先日の話。

釣り具店に行って、気に入ったルアーを買いました。
と言うか、釣りビジョンとか見て、プロがバンバン釣っちゃってる
ルアーとか、マジで欲しくなっちゃうんですよ〜笑。

もう、楽しみで楽しみで。

数日後に釣りに行って、早速、そのルアーを投げる。

ギョエ〜!!

一発目で根がかり・・・。

クッソ〜!!

同じの2個買ってたから、2個目でリベンジ〜!!

ギョ、ギョ、ギョエ〜!!

またまた、一発目で〜!!

たったの2投で4,000円近くもロスト。

しかも、どんなルアーなのか、何も分からずじまいで終了〜!チーン!!

惨すぎますよね。

08202
釣りのマーケットってバブル全盛期が頂点で、
その後は、徐々に縮小傾向にあるそうなんです。

でも、ブラックバス業界は元気がいいですね〜。

08204
そもそも、釣りのマーケットってのは、凄く特殊なマーケット。
特にルアー業界は、特殊ですね〜。

こいつは釣れるとか釣れ無いとか。

正直、そんなもん、明確に答えを出すのが難しいっちゅうか、
掴み辛いっちゅうか・・・。

天候だとか様々な要素で魚の活性も変わり、何投げても釣れるって日
もあれば、これは良いですよ〜、お客さ〜ん。って、カモられて買った
ルアーを完璧な場所に放り投げたって、全く魚が反応しない日もある。

サーフィンとかも似てる要素はありますが、コンディションが悪い日に
初めて乗ったボードだって、今までのボードに比べ、スピードが出るとか
安定性があるとか、何かしら手応えが感じられますよね。
それに、乗り続けて言ったら、ちゃんと、自分に合ってるとか
このボードは素晴らしいとか、はっきりと感じるものがある。

08205
でも、ルアーの場合。魚っていう気まぐれな相手もいるし、
しかも、ほとんどの場合、そのルアーが働いてるところが、
実際には見え無い事が多い。

だから、そのルアーが、本当に良いのか悪いのか。
結構、判断し辛い部分も多い様な気がします。
(当然、私が下手クソだから、ちゃんと、機能させていないって話もありますが。)

08206
そもそも、ルアーって、魚を騙して釣る道具なのですが、
メーカー側は、消費者を釣る事の方が優先順位としては
上と考えてるんでしょうね〜笑。

だって、ブラックバスって、ここまで、精巧に作んなくたって
バッコ〜ン!!って、食ってくると思うし、これ、新色じゃんかよ〜!
とか無いっすもんね。
(見た事無くて、スレてなくてリアクションバイトってのはあるのでしょうが・・・。)

そりゃ、実際に釣れなきゃリピートも無いだろうし、
その後の新製品にも影響してくるから、良いものだって事には
間違い無いでしょうけど、何より、一番大事なのは、
釣れそうじゃんかよ〜、コレ。って、釣り人を釣る事が一番大事ですもんね〜。


結局、バスを釣りに行く釣り師は、
バスを釣る前に釣り業界に釣られてるって訳ですな。


私みたいなカモ野郎が、ルアーマーケットにたくさんいたら、
多分、一瞬で数倍のビッグマーケットに膨れ上がるんだろうな〜。なんて。。


釣り業界の皆さん、もう許してください。



本日もPCですよ〜!
写真綺麗でしょ?
にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村



オタク野郎
ホーリー梶川