2016-06-13-14-44-36
先日入荷した、HESSの3モデル。
入荷時にもご説明致しましたが、以前に比べ、随分とシェイプが変わっていますね〜。

05271856_574819b866b59
基本アウトラインに変わりはありませんが、
まず、ロッカーが強くなったというのが第一印象。

いままで、デッキに使ってるウッドシートは、
基本、一枚ものを使っていたのですが、それでは、
縦と横を同時に曲げてフォームに圧着させるのが困難だったのです。
分かりますよね?ロッカー分反らせながら、
横方向もレイルに向かってラウンドさせなければなりません。

これが、相当、難しいみたいで、HESSは、
フラットロッカーのボードが中心でした。

ですが、今回入荷したボードを見ると、デッキのウッドシートを
縦に3分割し、それを上手い事、隙間が出来ない様に貼り合わせているのです。

そうすれば、一枚あたりの負担が減り、ロッカーと横方向の曲げを
同時に出来るって訳ですね。

実は、その技術は、NINE LIGHTSのジェフさんは、
ずっと、昔からやっておりました。

もしかしたら、ダニーは、研究したのかも知れませんね。

まあまあ、それは、いい事じゃないですか。
お互いが切磋琢磨し向上していくのは、
素晴らしい事ですから。


そして、今回、変わったのがレイル。

2016-06-13-14-48-08
こちら、Kunkel。
ノーズ付近は、随分とラウンドしたボトム形状になってて、
レイルも下から捲り上げさせていますね〜。


2016-06-13-14-48-55
こちらは、Ranger。
これも、随分とラウンドしております。

2016-06-13-14-49-21
しかも、ノーズ付近は、こんなにボトム側を落としています。

このレイルの持って行き方は、北カリフォルニアのシェイパーが、
古くからやってる手法で、ボードコントロールが一気に軽くなり、
そして、惚れたセクションで、ノーズが引っ掛からなくなるんです。

私が、サーフボードを販売する様になって以来、
サーフボードの研究をずっと続けてきました。

そうですね。いまから、5年くらい前までは、こんな事してるのは、
一部のレジェンドだけだったのですが、最近では、
多く見られる様になって来たように思います。


2016-06-13-14-51-05
続いてこちらは、ニューモデル、Easy Lover。
これも、スケールの両サイドが浮いていますね。
ラウンデッドボトムって事ですね。

2016-06-13-14-51-15
やはり、同様にノーズ付近のレイルは、
上を向いちゃっていますね。
(デッキ側に反っている。)


私は、KunkelもRangerも過去に試した事があります。
でも、新しく生まれ変わったシェイプは、まだ乗っていないので、
試したくてしょうがないですよ。

でも、今回は、まだ、乗った事のないEasy Loverを
試しちゃおっかな〜。なんて、現在、思案中。
定番のRangerも捨て難いんすよ・・・。


明日は、ジョシュのボードをピックアップしに成田に行きます。
その前に、低気圧が抜けた千葉のしっかりとした波を、
どちらかで試してみようかと思っておりますよ〜。




今日の湘南方面。
サイズアップ、遅れましたね〜。

これから、日没前にドドンッ!って来るかもですが、
今日は、諦めるしかありません。

明日は、間違いないんじゃないですか〜?
でも、久々の波だから、海は、結構、ヤバくなるんじゃないですか?

とにかく、皆さん。

怪我の無いよう、ルールとマナーをしっかりと守って
楽しんでくださいね〜。




それでは、今日も、宜しくお願いします!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川